積立投資信託のメリットとデメリットを徹底解説!おすすめの始め方は?

積立型投資信託は少額から無理なく積み立てられる投資商品ですので、投資が初心者の人にはおすすめの投資方法です。NISA口座を利用するとお得な上、積立型投資信託にはたくさんのメリットやデメリットがありますので、このコーナーで詳しくご紹介します。

積立投資信託のメリットとデメリットを徹底解説!おすすめの始め方は?のイメージ

目次

  1. 積立投資信託とは?
  2. 積立投資信託のメリット
  3. 積立投資信託のデメリット
  4. 積立投資信託のおすすめの始め方
  5. 積立投資信託でかかる手数料は?
  6. 積立投資信託は一括投資よりお得?
  7. 積立投資信託のメリットとデメリット・始め方まとめ

積立投資信託とは?

積立投資信託は積立型の投資信託

出典: https://www.tantonet.jp

積立型投資信託とは、名前の通り投資信託を毎回積み立てていく金融商品です。積立型投資信託は運用を専門としているファンドマネジャーが株や債権など組み合わせて投資リスクの軽減を行っている商品で、少額から積立可能ですので初心者が株式に参加するのにおすすめの商品といえます。ただし、株の運用は自己責任で行うのが原則ですので、積立型投資信託を行う前に積立型投資信託のメリットやデメリットをよく知っておきましょう。

積立投資信託のメリット

少額から始められる

出典: https://studysapuri.jp

株式投資は100株など最低購入株数が決まっているため例外はありますが、少なくても十万円以上のまとまった投資費用が必要です。それに比べ積立型投資信託は少額から株式運用ができますので、投資商品に興味が出た時点で自分の収入状況に合わせてだれでも比較的簡単に始めることができます。

出典: https://entrenet.jp

例えば銀行の定期積金の替わりに毎月1万円ず積立投資信託に積み立てるのでもよいですし、金融機関によっては100円からでも積立投資信託を受け付けているところもありますので、株式投資の初心者が最初に始めるのにおすすめの投資商品といえます。

毎月自動で積立される

出典: http://www.shinkin.co.jp

積立型投資信託のメリットに、毎月自動で投資信託商品が購入されるシステムがあります。積立型投資信託は、最初に購入したい投資信託商品や希望する積立コース(毎日・毎週・毎月など)、積立金額を設定しますと、後は自動的に積立コースに従って投資信託が積み立てられていきます。

出典: https://nowstate.jp

自分で運用する株式投資やFXを成功させるには、株式やFXに対する知識や購入するタイミングが重要であり毎日の価格変動を意識しておく必要があります。積立型投資信託の自動積立は、自動で積み立てられますので投資商品の選択や価格変動などによるストレスを最小限に抑える他、投資にかける時間がほとんど必要ありませんので初心者や忙しい人におすすめの資産運用商品といえます。

分散投資できる

出典: https://kabu-lounge.com

積立型投資信託は、一つの種類だけでなく国内外の多くの株や債権などを組み合わせて分散投資されていますので、リスクを避けるため自分で投資商品を分散して運用する必要がなく初心者にはおすすめです。投資商品を一種類だけに集中させていると、その商品が企業内部の影響で下落した場合損失は大きくなりますが、多くの種類に分散して投資すると一つが下落しても株価が上昇した商品で損失をカバーすることができます。

出典: https://kakaku.com

そのため自分で株式を運用をしている人はリスク軽減のため自分で分散投資している人が多いのですが、投資商品を選ぶ手間や値動きなどの管理に時間をかけている人は多いです。積立投資信託はこの煩雑な作業をプロに任せた分散投資商品ですので、初心者にはおすすめの商品といえます。

出典: https://diamond.jp

積立投資信託には、日経平均株価と連動する株中心のものや、株と債権を程よく組み合わせたもの、独自の方針により投資商品が組み合わされたものなど分散の仕方もいろいろありますので、積立投資信託を購入する時は分散の内容も確認して利用しましょう。

ドルコスト平均法が使える

出典: https://fudousan-kyokasho.com

積立型投資信託の積み立て方には、一定の金額で投資商品を購入し続ける方法のドルコスト平均法と購入資金がそのつど変わる投資商品の購入数を一定に保ち続ける方法があります。ドルコスト平均法では、投資商品の価格が高くなると商品数の購入が少なくなり、投資商品の価格が低くなると商品数の購入が多くなります。

出典: http://research-usa.xsrv.jp

それぞれをトータルすると、指定した期間ごとに一定数の投資商品を購入するよりもドルコスト平均法を使った方が、平均購入単価が下がるといわれています。積立型投資信託はドルコスト平均法を選択できますので、投資リスクを減らすことができます。

売却益を出せる

出典: https://gentosha-go.com

銀行預金は現在低金利が続いていますので、資産運用としてはあまり期待できません。それに比べ積立型投資信託は元本保証はないものの株式投資のように値動きが大きくなく、投資のプロによる分散投資で売却益や損失のデメリットに配慮した投資商品ですので、銀行預金の金利よりは売却益が出やすいです。また、分配金を出す積立投資信託の商品だと、1年に決められた回数の分配金も受け取ることができますので、収益は大きくなります。

計画が立てやすい

出典: https://tsukurukun.smrj.go.jp

積立型投資信託は毎月積立を選択した場合、毎月指定した額の投資商品が購入されますので計算しやすく、将来の目標の計画が立てやすいメリットがあります。たとえば10年間で300万円積み立てることを目標に掲げれば、運用益が0と考えて単純に300万円を120(12カ月×10年)で割ることで計算でき、毎月2万5千円の積み立てで10年後には300万円の目標が達成できることになります。

出典: https://www.ifinance.ne.jp

また、金利を想定して目標期間中に一定額を積立する場合の計算は、「減債基金係数」を利用して毎年の積立額を算出するとよいでしょう。たとえば、トータルの平均金利が年利2%と考えて10年間で300万円積み立てることを目標に掲げたとします。減債基金係数は0.091ですので計算式は300万円×0.091となり、毎年27万3千円の積立金となります。

出典: https://www.tensyoku-hacker.com

毎年積立額を12カ月で割ると22,750円となりますので、つまり毎月およそ2万3千円を積み立てていくと金利が年利2%で10年後に300万円資産を持てる計算になります。計算サイトを利用すると減債基金係数を簡単に知ることができますので、計画的な資産形成に利用してください。

手間が少ない

出典: https://sumaho-sensei.com

積立型投資信託は、投資商品の選択や値動きの管理などの手間が少ないメリットがあり、初心者におすすめの投資商品購入方法です。自分で投資商品を運用してある程度の運用益を得るためには、株の値動きの特徴や投資の仕方など勉強する必要があります。また、実際に投資商品を購入して運用するためには、ある程度まとまった資金の準備や運用する商品の見定めと選定に時間がかかります。

出典: http://www.redeyeondemand.co

しかも株価の推移を毎日観察しタイミングを見計らって投資商品を購入しなければなりませんので、投資商品の購入手間は煩雑です。それに引き換え積立型投資信託は、投資のプロが企業や世界の動向を調査し分析して組み合わせた投資商品を、積立金額や買付日など設定するだけで指定した日に自動で購入できますので、比較的手間のかからない投資商品購入方法としておすすめです。

複利効果が期待できる

出典: https://fx-today.com

積立型投資信託は売却時に収益か損失かが確定しますので、定期預金のように満期日に利息が計算されるものではありません。しかし、分配金が出る積立投資信託の商品の場合、分配金を同じ積立投資信託商品の購入に当てることで、積立投資信託と分配金を長期的に投資することができ複利効果に期待がもてます。「単利」と「複利」の二種類の利息の違いを見てみますと、単利の場合年利3%で元金100万円を1年間預けた場合利息は3万円です。

出典: https://kanepedia.com

毎年単利で元金のみ預けていきますと、年利3%の場合何年たっても受取利息は3万円ですが、元金や年利を同じ条件として複利で預けた場合、1年目の利子は単利と変わらず3万円ですが、2年目は利息が元金に含まれて元金が103万円となりますので、2年目の利息は3万900円となります。このように複利では毎年利息が元金に加えられていきますので、長期預け入れになると最終的な受取利息が「単利」と「複利」では大きく違ってきます。

出典: https://inqup.com

ただし、積立投資信託の場合損失の可能性があり、複利になると分配金で購入した投資商品も損失を受けることになりますので、損失の場合は分配金を現金で受け取ったほうが有利です。しかし、一般的には将来の成長を見込んで積立投資信託を利用しますので、複利効果を見込んだ分配金の使い方がおすすめです。

積立投資信託のデメリット

手数料がかかる

出典: https://satei-mycar.com

積立型投資信託のデメリットに手数料の問題があります。積立型投資信託だけに関わらずほとんどの投資信託にはさまざまな手数料が発生しますが、積立型投資信託の手数料の金額は全体的に統一されたものではなくファンドや投資信託商品によって異なっています。一つの手数料が数パーセントであっても一つの投資商品で手数料が重なると合計の手数料の負担が大きくなりますので、投資商品を決定する際には注意しておきたいでデメリットです。

価格変動の要因をつかみにくい

出典: https://cn-seminar.com

単体の株式や債権は日々の価格変動やその要因がわかりやすいのですが、積立型投資信託は複数の投資商品が組み込まれていますので、価格変動のはっきりとした要因がわかりずらいデメリットがあります。世界情勢や政治的影響で株式市場全体が下落方向にあるときに、積立型投資信託が下落した場合は同じ要因が考えられます。

出典: https://jp.marketo.com

しかし、株式市場が上昇や平行線であるにもかかわらず積立型投資信託が下落した場合は、下落の要因が分かりずらく、積立投資信託に組み込まれている投資商品を個別に分析する必要があります。積立型投資信託の中には日経平均株価の推移と連動しているインデックス型の投資商品がありますが、インデックス型の投資商品は比較的株価変動の要因がわかりやすいです。

短期間でのリターンが期待できない

出典: https://news.cardmics.com

積立型投資信託は、長期にわたり少金額で投資商品を購入し続けることで将来のまとまった資産を手にしようとする金融商品ですので、積立型投資信託には短期間でのリターンは期待できないデメリットがあります。たとえば、100万円で株を購入したとして運良く短期間に株価が2倍になった場合、100万円の資金で200万円手にすることができます。

出典: http://yagi-coach.com

しかし、積立型投資信託の場合は積立金が2万円であれば4万円になるだけですので、短期間での大きいリターンは望めません。ただし、逆に下落率が大きい場合は積立型投資信託の場合損失も小さいですので、短期間でのリターンが望めないデメリットがあるものの短期間での下落をくい止めることができます。

元本割れのリスク

出典: https://blog.paid.jp

積立型投資信託のデメリットに元本割れのリスクをあげることができます。銀行預金は1000万円までは元本保証があるものの利息に期待が持てない金融商品ですが、積立型投資信託は国内外の政治・経済・貿易・災害などで大きな株価変動が起こりやすく、場合によっては元本割れの可能性があるなどデメリットも存在する金融商品です。

出典: https://www.queensway-group.jp

ただし、積立型投資信託の株価は日々上下しながら推移していますので、一時的な株価の急激な変動を一喜一憂することなく、長期的な視野にたって積立型投資信託を積み立てましょう。積立型投資信託の資金は余裕のある金額で積み立てることが重要で、急激な下落は同じ金額で投資商品を多く購入することにつながりますから、マイナスばかりではありません。

売却益や分配金への課税

出典: http://yagi-coach.com

投資商品を売却して得た売却益や分配金には申告分離課税が適用されますので、積立型投資信託の売却益や分配金には税金が発生します。投資商品の税金は、基本的に所得税15%+住民税5%の合計20%の税金が課税されますが、2037年までは復興特別所得税として2.1%の税金が追加課税されますので、現在は投資商品の売却益や分配金に対し20.315%の課税が発生します。

出典: https://www.freee.co.jp

税金の支払いをデメリットとして捉えるかは個人の考え方にもよりますが、投資商品の運用益から支払われる税金ですし日本に貢献していると考えることもできます。現在、投資商品から得られた売却益や分配金など収益が非課税となる少額投資非課税口座(NISA)がありますので、節税対策には効果的です。

積立投資信託のおすすめの始め方

つみたてNISAは投資初心者におすすめ

出典: http://majimetoushi.com

「つみたてNISA」で運用された積立型投資信託は、売却益や分配益の税金が非課税になりますので、「つみたてNISA」は投資初心者が積立投資信託を始めるのにメリットの大きいシステムとしておすすめです。「つみたてNISA」には投資可能期間や非課税投資枠などさまざまな決まりごとがありますので、投資初心者が「つみたてNISA」を使って投資信託商品を購入する場合、「つみたてNISA」についてもきちんと内容を把握しておきましょう。

つみたてNISAの特徴

出典: https://www.survive-m.com

「つみたてNISA」について特徴をお知らせします。NISAには「つみたてNISA」と「一般NISA」があり、日本在住で20歳以上であればだれでも利用可能です。ただし、「つみたてNISA」と「一般NISA」のどちらかの一方しか利用できません。「つみたてNISA」のメリットは、投資積立信託から得られる売却益や分配金の非課税です。投資可能期間は2018年から2037年までの最長20年間で、1年間に40万円を上限として利用できます。

出典: https://shufu-no-teppen.com

NISA口座の開設金融機関や「NISA」と「つみたてNISA」の口座は、1年ごとに変更可能です。ただし、どちらかのNISAで投資商品を購入中でしたら、その年の金融機関やNISA口座変更はできません。「つみたてNISA」の投資対象は、金融庁が定めている一定条件を満たした投資信託のみが投資対象で、長期運用に適しており購入時の手数料が無料の投資信託に限定されています。

つみたてNISA口座の開設手順

出典: https://imakabu.net

つみたてNISA口座を利用するためには、まず銀行や証券会社、ネット証券会社の中から金融機関を選択し、NISA専用口座を開設する必要があります。つみたてNISA口座開設の開設手順をお知らせしますので①~⑥に従って作業を進めてください。①、まず金融機関からNISA口座開設の書類を取り寄せ、口座開設を行ってください。

出典: https://www.zenginkyo.or.jp

②、NISAの専用口座が開設されましたら、NISA口座を開設している金融機関からつみたてNISA口座開設申込書を取り寄せます。③、つみたてNISA口座を開設するためには、運転免許書などのコピーなど本人確認書類やマイナンバーのコピーが必要ですので、つみたてNISA口座開設申込書を取り寄せている間に必要書類をそろえておきましょう。

出典: https://imakabu.net

④、つみたてNISA口座開設申込書が手元に届いたら、金融機関に申込書と必要書類を一緒に返送します。⑤、金融機関がつみたてNISA口座開設の申請を税務署へ提出します。⑥金融機関からNISA口座開設の完了通知書がきましたら、NISA口座で運用を開始してください。金融機関へつみたてNISA口座開設申込書と必要書類を返送した後、およそ1~2週間後にはNISA口座開設の完了通知書が届くでしょう。

積立投資信託でかかる手数料は?

手数料の種類

出典: https://zuuonline.com

積立型投資信託を購入する時にはさまざまな手数料が必要となりますが、主なものから①販売手数料②信託報酬③解約手数料についてお知らせします。①販売手数料とは金融機関に支払う手数料ですが、金融機関によっては窓口や電話を通じての投資商品購入の場合に販売手数料を徴収し、金融機関のネットバンクやネット証券を通じての投資商品購入では販売手数料を無料としているところもあります。

出典: https://www.hs-sec.co.jp

近年では、「ノーロード」ファンドという販売手数料無料の投資信託もネット証券を中心に登場しています。②信託報酬とは投資商品購入者の代わりに運用を行っている信託銀行や販売会社に支払われる手数料です。積立投資信託の運用は顧客の代わりに運用会社が行いますが、顧客から徴収した信託報酬は銘柄選定の調査費用や運用などの人件費に当てられます。

出典: https://www.soldi.jp

信託報酬は年率で表され、目論見積書などで見ることができます。③解約手数料とは積立投資信託の投資商品を解約した時に支払う手数料で、積立投資信託を購入した銀行へ支払います。信託報酬は投資商品を解約する時に徴収され、受け取る金額から差し引かれます。

手数料以外の費用

出典: http://male-pensiero.com

積立投資信託にかかる費用には、販売手数料や信託報酬、解約手数料など手数料以外にも信託財産保留額が徴収される場合があります。積立投資信託は多くの投資家による資金で運用が行われています。積立投資信託の投資商品によっては償還日が設けられているものがあり、償還日前に積立投資信託を売却すると他の投資家へ不利益を与えたとみなされ、信託財産保留額を徴収される場合があります。信託財産保留額は運用会社に支払われます。

手数料と費用を抑えるには

出典: https://allisons-english.com

初心者が積立投資信託で資産運用を行う場合、手数料や費用を最小限に抑えることは大事です。近年インターネットで積立投資信託が販売できるようになったことから積立投資信託の販売コストが下がり、販売手数料が無料のノーロードの積立投資信託が登場しました。初心者が積立投資信託商品を選ぶ場合、ノーロードの投資商品を購入することをおすすめします。

出典: https://money-knowhow.com

次に手数料削減で初心者におすすめな積立投資信託は、日経平均株価の指数に連動しているインデックス型の積立投資信託です。インデックス型の積立投資信託は、運用銘柄の選択や調査費用が少なくてすみますので、信託報酬の年率が低く抑えられています。たとえば、比較的人気のある「ひふみプラス」の信託報酬は年率1.0584%(500億円まで)ですが、インデックス型の「ニッセイ日経225インデックスファンド」の信託報酬は年率0.27%です。

出典: https://www.hs-sec.co.jp

インデックス型の方がかなり費用が低く抑えられています。他にも初心者におすすめのシステムが、NISA(少額投資非課税制度)です。通常投資商品の売却益や分配金に対し20.315%の税金がかかりますが、NISA口座を活用すると売却益や分配金にかかる税金が0になりますので、手数料の削減ではありませんが受け取る金額は多くなります。

積立投資信託は一括投資よりお得?

積立投資と一括投資のシミュレーション

出典: https://gentosha-go.com

積立投資信託と一括投資の運用を比べて、どちらがお得なのかシュミレーションしてみましょう。投資信託を1万円分を10回購入する場合と10万円で一括購入する場合では、株価変動のあり方によってメリットとデメリットが混在します。株価が上昇し続ける場合は両方とも収益が出ますが投資信託を一括で購入した方が有利です。しかし、逆に株価が下降し続けると両方とも損失が出ますが、積立投資信託の方が損失が少なく有利です。

出典: https://mykikankou.com

どちらが有利なのかわかりにくいのが、株価が上下に変動した場合です。たとえば1回目が株価1万円2回目が株価9千円、5回目が株価最低価格の6千円、6回目が上昇して株価7千円、10回目が株価1万1千円というようにV時に株価が変動したとして計算して見ましょう。1回目に一括10万円投資した場合は最終的に1万円の利息になりますが、1万円ずつ10回投資信託を購入すると株価が安いところはたくさん投資信託の口数を購入できます。

出典: https://docoic.com

最終的なシュミレーションでは口数は121,551口となり、3.4万円の利息となりました。積立投資信託と一括投資の運用のお得度を比べた場合、結論としては株価の動きによってメリットやデメリットがありますが、一般的に株価は上下に変動していきますので積立投資信託の方が口数が多くなり有利と考えられます。

積立投資がおすすめの理由

出典: https://asset-formation.com

積立投資信託は株式や債券などの投資運用ですので、デメリットがないわけではありません。しかし、売却益や分配金、リスクだけでは語れないメリットがあります。積立投資信託は無理のない積立金額を設定でき、毎月の収入から少しず資産を増やしていけますので、日本人に合った初心者向きの投資手法といえます。

出典: https://zuuonline.com

また、まとまった金額の一括投資の場合株価の上下の動きが気になり急激に下がった場合は精神上穏やかではありませんが、積立投信の場合は下がった時でも購入口数が増えますので、精神衛生上悪くありません。積立投資信託の場合株価の動きに一喜一憂することがありませんので、初心者も落ち着いて取り組めるおすすめな運用方法と考えられます。

積立投資信託のメリットとデメリット・始め方まとめ

出典: https://www.sodan-lp.jp

積立投資信託にはさまざまな投資商品やメリットやデメリットがありますが、積立投資信託は株式の初心者におすすめの投資方法といえます。積立投資信託のデメリットに手数料や手数料以外の費用がありますが、近年手数料無料の積立投資信託やNISAなど売却益や分配金が無税になる口座もありますので、初心者はなるべく費用のかからない方法と精神的に落ち着いていられる積立投資信託がおすすめです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ