マネーフォワードfor〈みずほ〉とは?違いや使い方から口座連携まで解説!

様々な場面で活躍しているマネーフォワードfor〈みずほ〉を利用するためには、いくつかの仕組みや使い方を理解しておくことが重要となります。今回は、マネーフォワードfor〈みずほ〉における仕組みや使い方から、口座連携の方法などについてまとめています。

マネーフォワードfor〈みずほ〉とは?違いや使い方から口座連携まで解説!のイメージ

目次

  1. マネーフォワードfor〈みずほ〉とは?
  2. マネーフォワードfor〈みずほ〉の無料版とプレミアム版の違い
  3. マネーフォワードfor〈みずほ〉のアプリ登録と入力方法
  4. マネーフォワードfor〈みずほ〉の使い方と便利機能
  5. マネーフォワードfor〈みずほ〉の銀行口座の登録と連携方法は?
  6. マネーフォワードfor〈みずほ〉の使い方まとめ

マネーフォワードfor〈みずほ〉とは?

金融機関・特定サービス向けのマネーフォワードとは何?

出典: https://biz.moneyforward.com

マネーフォワードとは、資産の管理や家計簿を自動で作成することが可能となるサービスのことで、主に個人を対象として提供されていることでも知られています。また、現在では金融機関や特定のサービス向けに提供されるケースも増えている傾向にあり、多岐にわたる場面で利用されているサービスとなっています。特に、日本国内の大手金融機関でもあるみずほ銀行におけるマネーフォワードは、数多くの人々からの注目を集めています。

通常版と何が違うのか?

出典: https://eigo-box.jp

現在では、みずほ銀行以外に静岡銀行や東邦銀行などといった地方の金融機関でもマネーフォワードのサービスを利用することができますが、その種類によって使い方に違いが生じることとなります。また、マネーフォワードの機能を利用する際には、通常版との違いも把握しておく必要があります。主な違いとしては、入出金や残高などの情報を一括で管理できるという点や、各サービスとの連携の可否といった違いが挙げられます。

みずほ銀行とマネーフォワードが連携

出典: https://www.aisei.co.jp

さまざまな場面で重宝されているマネーフォワードの機能ですが、みずほ銀行とマネーフォワードの連携によって、2018年からマネーフォワード for〈みずほ〉というサービスが提供開始されました。また、現在ではみずほ銀行を利用する顧客数は2000万人を超えると言われているため、マネーフォワードとの連携によって、今後はさらに利便性の高い使い方が可能になってくると予想されています。

マネーフォワード for〈みずほ〉のサービス概要

出典: https://sidatta.com

2018年に提供が開始されたマネーフォワード for〈みずほ〉における主なサービス概要としては、自身のメールアドレスとパスワードを事前に登録するだけでサービスの利用が可能となる点や、各クレジットカードなどの使用履歴や残高を一括で管理することができるといった点が挙げられます。また、みずほ銀行が運営しているみずほ証券の口座情報も一緒に管理することができる点も魅力のひとつとされています。

マネーフォワードfor〈みずほ〉の登録でキャンペーンがある

出典: https://jp.stanby.com

非常に利便性の高いサービスが提供されているマネーフォワードfor〈みずほ〉では、登録時のキャンペーンが実施されているケースも多く見られます。主なキャンペーン内容としては、マネーフォワードfor〈みずほ〉に登録すると抽選で2000円相当のギフト券が当たるといったキャンペーンが挙げられます。また、サービスの提供当初は、定められた期間内に登録すると当選確率が約5倍になるといったキャンペーン内容でした。

コピー機能とは?

出典: https://biz.moneyforward.com

マネーフォワードfor〈みずほ〉に登録して、実際に各サービスを利用する際には、コピー機能というサービスの使い方を理解しておくことも重要とされています。コピー機能とは、マネーフォワードと連携している金融機関の口座情報などをマネーフォワード内にコピーすることが可能となるサービスのことを言います。しかし、連携がされていない登録情報や手入力が必要となる情報などは、コピーできない仕組みとなっています。

コピー機能の操作手順は?

出典: https://www.consultsourcing.jp

マネーフォワードfor〈みずほ〉における操作手順としては、まずマネーフォワードにログインしてから、「登録口座をコピーする」という項目を選ぶことがポイントとなります。また、項目を選んだ後は事前に登録したメールアドレスやパスワードを入力して、確認のメールを送ることとなります。さらに、マネーフォワード側から送られてくるメール内で「登録口座のコピー実行」という項目をクリックすることで作業が完了します。

コピー機能の注意点は?

出典: http://www.dai-gaku.org

マネーフォワードfor〈みずほ〉で提供されているコピー機能を利用する際の主な注意点としては、マネーフォワードの機能のひとつである家計簿作成のサービス間での連携はできない仕様となる点が挙げられます。また、不動産関連に分類される各種情報においても、コピー機能が利用できないこととなるので、マネーフォワードfor〈みずほ〉を登録する際には注意が必要となってきます。

マネーフォワード未利用者は利用すべきか?

出典: https://bg-mania.jp

マネーフォワード未利用者が利用すべきかどうかは、各利用者のタイプなどによっても違いが生じてくると言われています。主なタイプとしては、通常版の有料会員や古参ユーザーとなる通常版の無料会員といったタイプが挙げられます。また、古参ユーザー以外の無料会員においてもメリット・デメリットが異なってくる傾向にあるため、自身のタイプに応じてマネーフォワードfor〈みずほ〉の必要性を判断する必要があります。

通常版有料会員は利用するべきか?

出典: http://sue-tax.com

通常版有料会員の場合、金融機関や特定のサービス向けに提供されているマネーフォワードを利用するメリットはあまり無いと言われています。その理由としては、通常版の有料会員においても使用履歴などといった各情報を自由に見ることができるといった点が挙げられます。そのため、自身の使い方や目的に合わせて必要性を見極めることも重要なポイントとされています。

古参ユーザーは通常版無料会員は利用すべきか?

出典: https://meaning.jp

古参ユーザーと呼ばれる通常版無料会員の際は、金融機関や特定のサービス向けに提供されているマネーフォワードを利用することで、いくつかの恩恵を受けることとなります。主なメリットとしては、登録口座のコピーにおける無駄な手間が省けるといった点が挙げられます。また、使用履歴などを自由に見たい場合にもマネーフォワードへの登録が有効とされています。

古参ユーザー以外の通常版無料会員は利用すべきか?

出典: http://www.golf-compensation.com

古参ユーザー以外の通常版無料会員は、金融機関や特定のサービス向けに提供されているマネーフォワードの利用がおすすめとされています。古参ユーザー以外における通常版の無料会員の場合には、登録が可能となる金融機関が10行までといった制限が設けられているので、登録枠を広げるためには、その目的に応じたマネーフォワードに登録する必要があるため注意が必要となってきます。

使いこなすコツはカード払いを徹底する

出典: http://life-create-lab.com

マネーフォワードfor〈みずほ〉を使いこなすコツとしては、カード払いを徹底するといった使い方が挙げられます。マネーフォワードでは、カード払いの履歴を各ジャンルごとに管理することが可能となっており、さまざまな設定を手入力で行うことができます。そのため、個人における利用の際にも、利用金額や頻度をより正確に管理することができる点も魅力となっています。

Thumbマネーフォワードの使い方完全ガイド!年間100万円の節約も可能?

マネーフォワードfor〈みずほ〉の無料版とプレミアム版の違い

プレミアム版の機能は?

出典: https://mechalog.com

マネーフォワードfor〈みずほ〉には無料版とプレミアム版の2種類が設けられていますが、その種類によって使い方や特徴にも大きな違いが生じることとなります。プレミアム版に搭載されている主な機能としては、各種データの閲覧や可能となる連携数に制限が設けられていないといった特徴があります。また、家計簿の自動診断や資産などの推移を把握することも可能となりますが、月あたり500円ほどの費用がかかります。

無料版とプレミアム版の違い

出典: https://www.gbs.co.jp

マネーフォワードfor〈みずほ〉における無料版とプレミアム版の違いとしては、家計簿の診断や資産推移の閲覧の可否といった違い挙げられます。また、付与されるポイントの有効期限やクレジットカードの残高確認といった機能の有無も、2種類の違いのひとつとされています。さらに、連携が可能となる数にも違いが生じることとなるため、自身の使い方に合ったプランを選ぶことが重要となります。

マネーフォワードfor〈みずほ〉のアプリ登録と入力方法

マネーフォワードfor〈みずほ〉のアプリ登録とログイン方法は?

出典: https://www.eizo.co.jp

マネーフォワードfor〈みずほ〉を利用するためには、アプリへの登録方法や入力方法を理解しておくこともポイントとなってきます。主な手順としては、マネーフォワードfor〈みずほ〉のアプリをダウンロードしてから画面内に表示されるアカウント作成ページでメールアドレスと8文字から100文字以内のパスワードを入力することでマネーフォワードfor〈みずほ〉を利用することが可能となります。

アカウントの統合はできるの?

出典: https://lms.gacco.org

さまざまな機能が搭載されているマネーフォワードfor〈みずほ〉を利用する場合には、登録方法や入力方法といったいくつかの手順を把握しておくことが重要となりますが、アカウントの統合の可否についても知っておくことがポイントです。現在、マネーフォワードでは各アカウントのデータを移行したり、アカウントを統合することはできない仕組みとなっているため、利用の際には注意が必要となります。

手入力の支出の入力方法

出典: https://www.justmyshop.com

さまざまな支出をマネーフォワードに記録する際には、手入力による入力方法が必要となってきますが、使用している端末の種類によって入力方法がやや異なってくる傾向にあります。例えば、Androidの場合には画面内の右下に設けられている項目から各支払い状況を記入するといった入力方法となり、iPhoneの際には、画面内の下側に設置されている項目から記入するといった入力方法となります。

レシートの支出の入力方法

出典: https://orange-operation.jp

マネーフォワードを利用する際には、レシートの支出の入力方法についても知っておく必要があります。主な入力方法としては、自身のスマホ端末でレシートの情報を読み込んでから手入力で各項目を記入していくといった入力方法となっています。また、各項目への入力を済ませてから、「保存」という項目を選ぶことでマネーフォワードへの記帳が完了することとなります。

マネーフォワードfor〈みずほ〉の使い方と便利機能

家計の確認方法

出典: https://tokubai.co.jp

マネーフォワードfor〈みずほ〉では、家計簿の管理といった便利な機能が搭載されています。この機能の主な使い方としては、スマホ画面の下側に設けられている「家計簿」という項目をタップすることで、さまざまな詳細データを閲覧することが可能となるといった使い方が挙げられます。また、各支出の種類によって分類することもできる仕様となっているため、非常に利便性の高い機能とされています。

便利機能①予算管理

出典: http://place-le.jugem.jp

マネーフォワードfor〈みずほ〉には家計簿の管理以外にも、予算管理といった機能も搭載されています。主な使い方としては、月々の収入や住居形態などといった情報を入力することで、それぞれの生活スタイルに合った予算額や貯金の目安を定めることが可能となります。

便利機能②財布機能

出典: https://www.cotogoto.jp

予算管理と同様に財布機能を搭載しているといった点も、マネーフォワードfor〈みずほ〉における便利な機能のひとつとして挙げられます。財布機能では、スマホ画面内の上部に設けられている財布作成の項目からいくつかの入力方法を行うことで、財布の残高が簡単に確認できる仕組みとなっています。

便利機能③グループ機能

出典: https://job.rikunabi.com

マネーフォワードfor〈みずほ〉における便利な機能のひとつとして、グループ機能というものもあります。グループ機能とは、生活費などの支出や資産管理など、用途に応じて区別することができる機能のことで、主に配偶者や両親などといった家族の間で用いる際にとても便利な機能と言われています。

便利機能④振替機能

出典: http://www.sogokeiei.co.jp

グループ機能と同様に振替機能も、マネーフォワードfor〈みずほ〉に搭載されている非常に便利な機能のひとつとして挙げられます。振替機能は、主にATMなどでお金を引き出す際や金融機関の間で資金を移す場面などで使われることが一般的となっており、日々の生活に欠かせない機能のひとつとも言われています。

便利機能⑤家計診断

出典: http://happyheart-happylife.com

マネーフォワードfor〈みずほ〉で利用することができる機能の中でも、特に利便性が高いとされている機能として、家計診断という機能が挙げられます。主な使い方としては、「家計診断」という項目をタップすることで利用することが可能となります。また、プレミアム版に登録することで、細かいジャンル分けをすることもできます。

便利機能⑥指紋認証

出典: https://gigazine.net

マネーフォワードfor〈みずほ〉では、指紋認証のシステムを導入しているといった魅力もあります。そのため、通常よりもセキュリティ性が非常に高くなっており、初心者でも安心して利用することができます。しかし、自身が使用している端末のバージョンによっては指紋認証の機能が使えないケースもあるので注意してください。

スマホとPC版では違いはある?

出典: https://www.jibunbank.co.jp

さまざまなニーズに応えるために、マネーフォワードfor〈みずほ〉ではスマホ版とPC版の2種類が提供されています。スマホ版とPC版の主な違いとしては、表示画面が異なってくるといった点が挙げられます。PC版では残高や使用履歴などが一括で閲覧できる仕様となっており、CSVファイルなどを利用して外部データを読み込むことも可能となっています。

退会方法は?

出典: http://twitter-kiwami.com

マネーフォワードfor〈みずほ〉の退会における入力方法として、Android版ではアプリ内に設けられている「設定」という項目から「アカウントの設定」という項目をタップしてから退会の手続きを行うこととなります。また、iPhoneでは、「その他」という項目から入力を進めて退会の手続きをしていくことになります。

マネーフォワードfor〈みずほ〉の銀行口座の登録と連携方法は?

銀行口座の登録と連携方法は?

出典: https://www.karigo.net

マネーフォワードfor〈みずほ〉を利用する際には、銀行口座の登録や口座連携の方法を理解しておくことも重要です。口座連携などの方法としては、API連携という口座連携サービスを用いて各必要事項を入力したうえで、口座連携の確認や各種設定を行うこととなります。

連携可能な金融機関とサービス

出典: https://tenpo.casio.jp

口座連携が可能となる金融機関としては、みずほ銀行や三菱UFJといった大手金融機関が挙げられます。また口座連携ができる金融機関の主なサービスとしては、JALマイレージなどのポイント付与や、nanacoや楽天Edyといった電子マネーの使用も可能となっています。

無料で金融機関と連携数を増やす方法

出典: https://gaishishukatsu.com

金融機関の口座連携をすることでいくつかのサービスを受けることができますが、無料で口座連携の数を増やすことも可能とされています。口座連携を無料で増やす方法としては、静岡銀行や住信SBIネット銀行などが提供しているアプリを利用するといった方法が挙げられます。

マネーフォワードfor〈みずほ〉が連携できない原因は?

出典: https://192abc.com

いくつかの金融機関の口座連携が可能とされていますが、マネーフォワードfor〈みずほ〉が連携できないケースもあります。主な原因としては、システム上の不具合や正しく設定が行われていないといった点が挙げられます。そのため、口座連携をする際には、それらの点を十分に考慮したうえで、口座連携などの手続きを行う必要があります。

マネーフォワードfor〈みずほ〉の使い方まとめ

マネーフォワードfor〈みずほ〉の仕組みや使い方から、口座連携の方法などについて紹介してきました。多岐にわたる場面で利用されているマネーフォワードは、個人に限らず金融機関や特定のサービス向けにも提供されており、今後はさらに需要が高まると言われています。今回紹介したマネーフォーワードの情報などを参考に、自分に合った利用方法を見つけてください。

Thumbマネーフォワードの評判まとめ!メリット・デメリットも解説!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ