投資信託で大損しないための対策まとめ!失敗した時の対処法は?

投資信託で大損しないための対策について、具体的にご紹介していきます。自身の資産運用の手段として投資信託を行う人も増えてきています。その中で大損しないための対策や、万が一失敗してしまった場合の対処法などについて解説を行っていきます。

投資信託で大損しないための対策まとめ!失敗した時の対処法は?のイメージ

目次

  1. 投資信託の大損とはどれくらいなのか?
  2. 投資信託で大損しないために知っておくべきこととは?
  3. 投資信託はコストカットが大切!
  4. 投資信託での損失をチェックするには?
  5. 投資信託で大損してしまった場合の対処法とは?
  6. 投資信託での大損のリスク回避のための対策を紹介!
  7. 投資信託で大損しないための対策のまとめ

投資信託の大損とはどれくらいなのか?

投資信託の大損について確認

出典: https://chopitaro-kodure-travel.net

投資信託で大損をしないための対策や考え方について、具体的にご紹介していきます。株式投資もそうですが、初心者の場合、投資信託で大損をしてしまうこともあります。大損とはいったいどれくらいのことなのかを含めて、理解を深めておくことが求められます。投資信託で大損をしないための対策も重要です。初心者にもわかりやすく解説していきます。

投資信託で大損することは実際にある?

出典: https://fudousan-kyokasho.com

初心者の場合は特に投資信託で大損してしまうことは実際にあるのかといった疑問を抱くこともあります。投資信託で大損してしまうことはあると言えます。投資信託は元本保証の金融商品ではないので、必ず投資した額以上のお金が戻ってくるわけではありません。リスクについて明記されているので、投資する前には必ずリスクを確認することが大切です。

大損について見方が分かれる

出典: https://lifecycle.work

また、投資信託での大損については人によって見方が分かれることもあります。株式投資やFXでは初心者の時に全資産を失ってしまったという経験をお持ちの方もいます。しかし、投資信託においては投資したお金を全て失うということはそれほど多くありません。その点で初心者でも安心して投資ができます。投資家自身の判断や決定が重要な要素を占めます。

投資信託で言う大損は資産が減ることを意味する

出典: https://www.crowdport.jp

投資信託で言うところの大損とは、資産が減ることを意味しています。資産が減るのと、資産を失うという言葉には大きな違いがあります。株式投資やFXで資産を失ってしまった場合、資金を再投資しなければそのまま退場となり、投資生活に終止符を打つことになります。これが資産を失うということです。資産が減る場合は、すぐに退場にはなりません。

長期投資が基本

出典: https://limo.media

投資信託では一時的に資産が減ることはあっても、そのまま保有し続けることで資産が増えていくこともあります。大切なのは、どのタイミングで解約したり売却したりするかです。投資信託は基本的に10年や20年といった長期的なスパンで持ち続けることが良しとされています。その中で、一時的に資産が減っていってもそれほど気にする必要はありません。

短期間での利益拡大は難しい

出典: https://oh-ya.jp

反対に投資信託で短期的に大きな利益を得ようと考えていると大損につながってしまうリスクもあります。2年や3年といった短期間では、投資信託で大きな利益を望むことは難しいです。ハイリターンを得るためには長期的な投資が重要になってくるからです。その場合、一時的な資産の減少が気になってしまいます。結果的に損失が膨らむ可能性もあります。

大損の目安はどれくらい?

出典: https://el-lab.jp

投資信託で大損をしてしまうことは実際にあり得ることですが、その大損の目安に関しても確認していきます。投資信託で言うところの大損の目安としては、投資した資産が半減することを挙げられます。例えば、100万円を投資した場合は資産が50万円になってしまったら、大損と考えられます。実際に大損をしても、保有し続ければ回復することもあります。

リーマンショックの事例

出典: https://www.crowdport.jp

資産が半減することが大損の目安と言えるのは、2007年に発生したリーマンショックの事例を根拠とできるからです。リーマンショックが発生した翌年には、日系平均株価が42%ほどの下落に転じました。2年間の転落幅を合計すると53%ほどの下落となっています。過去に例を見ないほどの下落が53%程度ということで、半減が大損の目安とされています。

資産が半減することは珍しい

出典: https://mokudaikouji.com

つまり、投資信託初心者の方も含めて、投資信託における大損の目安は資産が半減することだと覚えておけば問題ありません。それもリーマンショック級の金融危機が発生しなければ、簡単に資産が半減するようなことはありません。リーマンショックからも立ち直り、現在は経済も好況に転じています。そのことを考えても、長期投資がカギを握っています。

Thumb投資信託初心者向けの選び方と始め方!おすすめファンドも紹介!

投資信託で大損しないために知っておくべきこととは?

大損しないために知っておくべきことを確認

出典: https://mokudaikouji.com

投資信託における大損の考え方について具体的にご紹介してきました。投資信託で大損することはありますが、長期投資を基本線としておくことで、簡単に資産が半減するような事態を防ぐことも可能です。その点も踏まえた上で投資信託を活用することがポイントです。ここからは、投資信託で大損しないために知っておくべきことについて解説していきます。

目論見書をしっかりと理解すること

出典: https://www.crowdport.jp

初心者の方も含めて投資信託で大損をしないためには、目論見書をしっかりと理解することが求められます。目論見書とは投資信託の購入を検討している人に対して、商品購入に当たって必要とされる判断材料を記した説明書のことです。投資信託を購入する前に投資家に渡される書類です。投資家は目論見書を読んだ上で最終的に投資を決断することになります。

投資判断の参考になる

出典: https://mokudaikouji.com

目論見書には投資商品に関しての運用実績や投資リスク、ファンドの特色や信託報酬なども含めて、さまざまな情報が記載されています。そうした情報を丁寧に確認しておくことで、投資するべきかどうか判断をすることにつながります。この目論見書を理解しないうちに投資してしまうと大損のリスクも高まります。特に初心者は用心深く読んでおきたいです。

購入後も大切に保管しておく

出典: https://toushiku.com

目論見書に関しては、投資信託の購入前に確認しておくことも大切ですが、購入後の商品見直しを検討する際にも大切になっていきます。したがって、購入後も捨てることなく大切に保管しておくことが求められます。投資信託は定期的に投資商品の見直しをすることもポイントです。商品見直しの際の指標としても、目論見書を比較することがおすすめです。

偏ったファンドを組むのはリスクが高い

出典: https://oh-ya.jp

投資信託初心者も含めて、大損を避けるために理解しておきたいこととして、偏ったファンドを組むのはリスクが高いという点を挙げることができます。投資信託ではリスクヘッジとして、さまざまな金融商品を組み合わせるという手法が実践されます。見方を変えれば、偏ったファンドや金融商品に投資するのはリスクが高いと考えることができるからです。

経済危機に強いファンドを組む

出典: https://2barikinami.com

投資信託の原理原則として、長期投資によってコツコツと利益を積み上げていくという考え方があります。そのためには、なるべくリスクを抑えながら投資をしていくスタイルを身につける必要があります。それが分散投資の考え方につながっていきます。国内の金融商品のみならず海外の金融商品も組み合わせることで、経済危機に強いファンドを組めます。

投資信託の金融商品を確認

出典: https://sekokan-navi.jp

一言で投資信託と言っても、さまざまな金融商品があります。国内株式や国内債券、外国株式や外国債券、J-REITと呼ばれる国内不動産投資信託や海外REITなどがあり、それらの中からさまざまな商品を組み合わせることで、リスク回避につなげていくことがポイントです。ファンドの種類を理解した上で分散投資をすることが、大損を避けるための方法です。

初心者にはノーロード投資信託がおすすめ

出典: http://fukumizon79.com

投資信託初心者も含めて、大損を避けるための投資スタイルやリスクヘッジについて理解を深めていくことが必要です。その上で投資信託初心者の方には、ノーロード投資信託がおすすめだと言えます。ノーロード投資信託とは、手数料無料で投資できるタイプの金融商品です。投資信託では手数料が利益の邪魔をする部分もあるので、ノーロードはおすすめです。

ノーロード投資信託なら手数料の不安がない

出典: https://logomk.com

投資信託については元本保証があるわけでもなく、一定のリスクがある金融商品となっています。さらに、利益が出ていてもいなくても、毎月一定の信託報酬や手数料が取られるので、それほど大きな利益につながりにくいという側面もあります。そこで、ノーロード投資信託を活用するのが有効です。初心者の方でも安心して投資を続けることができます。

損切りの徹底

出典: https://www.crowdport.jp

初心者にはノーロード投資信託がおすすめですが、さらに投資信託で大損をしないという点においては、損切りの徹底を図ることも重要なポイントです。株式投資やFXにおいては損切りの重要性を理解している方も多いですが、損切りの重要性は投資信託においても同じです。どこまでなら許容範囲なのかを決めて、それを超えたら素早く損切りをすることです。

損切りルールを決めて行動につなげる

出典: https://mokudaikouji.com

投資信託の販売店からは一時的に損失が出ていてもすぐに回復しますといった声を聞くことがあります。しかし、そうした声に惑わされていては損切りのタイミングを失っていきます。自分なりの損切りルールを決めることも大切です。例えば、総資産の10%損失が拡大したら損切りをするといったルールです。ルールにしたがって行動することが大切です。

ファンドのリバランスを定期的に再考察

出典: https://www.okane.online

損切りルールを決めて徹底することも重要ですが、投資信託で大損をしないためには定期的にファンドのリバランスを再考察することもポイントです。投資信託は長期保有と分散投資が基本となりますが、ずっと同じ金融商品に投資を続けていれば良いという問題でもありません。定期的に資産配分をメンテナンスすることで、利益を増やすことがポイントです。

1年に1回程度見直す

出典: https://miraimo.com

リバランスをして再配分をする際の考え方として、増えている資産は売却をして利益にすることが基本です。また、資産が減っている金融商品は追加購入をして回復を待つのも基本的な考え方となります。基準価格が下がっている時は、積み立てのチャンスでもあります。その辺も踏まえた中で、1年に1回程度のペースでリバランスを実行するのがおすすめです。

Thumb投資信託の分配金利回りランキングTOP11!資産はどれくらい増える?

投資信託はコストカットが大切!

投資信託とコストカットの関係を確認

出典: https://cktt.jp

投資信託初心者の方も含めて、投資信託で大損をしないための考え方や対策を理解して実行に移していくことが求められます。その中で、ここからは投資信託とコストカットの関係について焦点を当てて解説を進めていきます。投資信託では無駄なコストをカットすることも大切です。その点において、NISAの活用も視野に入れて投資信託をすることが賢明です。

NISAの活用がおすすめ

出典: https://www.82bank.co.jp

投資信託を行う上では、NISAを活用するのがおすすめです。NISAとは少額投資非課税制度のことを指しており、年間120万円以下であれば、投資で得た利益が非課税として扱われる制度となっています。そのNISAを活用して投資信託をすれば、資産拡大にもつなげやすくなります。少しでも利益を拡大するために、コストカットを実現する手段として最適です。

NISAにはどんなメリットがある?

出典: https://toyokeizai.net

初心者の方も含めてNISAを使って投資信託を行っていくことがおすすめです。NISAにはさまざまなメリットがあります。まずは、何と言っても120万円までの投資信託であれば利益に対して税金がかからないことが大きなメリットです。一般的に、投資信託や株で得た利益には20%程度の税金がかかってしまいます。それが非課税になるのはとても魅力的です。

NISAの非課税期間

出典: https://www.chibakogyo-bank.co.jp

また、NISAで得た利益が非課税になる期間としては、最大5年間となっています。最大5年間非課税のまま運用を続けられることもNISAならではの大きなメリットと言えます。さらに、NISAにはロールオーバーという仕組みも整っています。5年を過ぎても、ロールオーバーをすることで最大10年まで非課税の期間を伸ばすことができるようになっています。

NISAにはどんなデメリットがある?

出典: https://toushi-shintaku-mama05.com

NISAには複数のメリットがあって便利ですが、一方でデメリットもあるので理解しておく必要があります。NISAを活用して投資信託を行った場合、損益通算ができないことがデメリットとして挙げられます。NISA以外の口座で投資信託をしていた場合、損失と利益を相殺する損益通算を活用できます。NISAにおいてはそれができないことがデメリットです。

損失繰り越しができない

出典: http://www.kiyobank.co.jp

また、NISAでは損失繰り越しを活用することもできません。特定口座や一般口座といった口座で投資信託をしている場合、損失が出た時に確定申告をすれば3年間にわたって税金の繰り越し控除を受けることができます。しかし、NISAで損失が発生しても損失繰り越しを行うことができないのです。損失が出た場合の対策がないのがNISAの残念なところです。

NISAを利用する際の注意点

出典: https://dagashiya-bitcoin.com

NISAを活用して投資信託を行う場合は、さまざまなメリットやデメリットを理解した中で、投資活動を続けていくことがポイントです。その中で、NISAを利用する際の注意点についても確認していきます。NISA口座を開設した場合は、配当金の受け取り方式を株式比例配分方式にすることが重要です。そうすることで課税対象から外れることができます。

金融機関の変更

出典: https://www.akita-bank.co.jp

配当金の受け取り方式を株式比例配分方式ではなく、それ以外の方式にしてしまうと、配当金に対して課税されてしまうことになります。この点は注意が必要です。また、NISA口座に関しては金融機関の変更が可能となっています。しかし、2014年にNISAで買った投資信託や株式は新しい金融機関に移せません。この点も注意をして理解する必要があります。

NISA口座の開設方法を解説!

出典: https://okanenokozuchi.com

初心者の方も含めて、投資信託のコストカットを実現する上ではNISAの活用がおすすめです。その中で、実際にNISA口座の開設方法について確認していきます。NISA口座を開設する上では、手数料や商品数などを勘案してネット証券をおすすめすることができます。特にSBI証券やカブドットコム証券といったネット証券は、初心者の方にもおすすめできます。

2週間から1ヶ月程度かかる

出典: https://www.kotsu2life.com

実際に開設する口座を選ぶことができたら、証券サイトから総合口座を開設します。その後、NISA口座開設のための書類を請求する段階に入っていきます。その後、申込書が輸送されてくるので、必要事項を記入して返送します。税務署での書類確認作業が行われると晴れてNISA口座が開設されます。2週間から1ヶ月程度の時間がかかることが一般的です。

NISAで買うべき銘柄とは?

出典: https://www.chibakogyo-bank.co.jp

NISA口座を開設できたら、実際に買うべき銘柄について検討する段階へと入っていきます。銘柄選びのポイントとしては、配当金が多く出るような株を買うか、企業成長を期待して売却益が狙えそうな株を買うことがおすすめです。こうしたポイントを踏まえて分散投資をすることが賢明です。分散投資をすればリスクを軽減できて安全な投資につながります。

Thumb投資信託にかかる税金について徹底解説!分配金や売却益の税率は?

投資信託での損失をチェックするには?

トータルリターンサービスを利用する

出典: https://www.kotsu2life.com

投資信託で損失が出てしまった場合に関しては、トータルリターンサービスを利用するのがおすすめです。トータルリターンサービスとは、投資信託における現在の損益金額がわかる機能のことです。ただし、手数料や信託報酬、税金関連については計算に含まれていません。その点を踏まえた中で、現時点での損失をチェックすることがポイントです。

定期的なチェックが重要

出典: https://20sinvest.com

トータルリターンサービスは口座開設を行っている証券会社のサイトからログインをすることができます。損失をチェックする中で、損切りが必要だと考えた場合は、素早く損切りを行うこともポイントです。毎日チェックする必要はありませんが、定期的に損失や収支状況を確認することが大切です。そこでリバランスや損切りのタイミングを見定めていきます。

Thumb投資信託で失敗しないための対策や選び方を解説!投資成功の秘訣は?

投資信託で大損してしまった場合の対処法とは?

損切りで大損のリスクを回避

出典: http://tukura.blog.jp

投資信託においては大損をしないための対策や考え方を頭に入れた上で、安全に投資を継続していくことがポイントです。その中で、万一投資信託で大損をしてしまった場合の対処法について確認していきます。まずは、損切りで大損のリスクを回避することがポイントです。損切りの考え方については、株式投資やFXと同様であり、大損を回避する対策です。

損切りルールを決めて行動につなげる

出典: https://stockstuck.com

投資信託は株式投資やFXと異なる部分として、さまざまな金融商品に分散投資しやすいという側面があります。したがって、ちょっとした損失や下落であればそこまで慌てる必要はありません。しかし、それでも損失が拡大しないという保証があるわけでもありません。自身の中で損切りルールを決めて、そのタイミングが来たら損切りをすることも大切です。

長期保有をしておく

出典: https://zuuonline.com

投資信託で大損してしまった場合の対処法として、長期保有をしておくという考え方も挙げることができます。投資信託の前提として、長期で分散投資をすることで利益を拡大していくという考え方があります。そのため、短期的な価格変動で動きを変えるのはナンセンスという見方もできます。したがって、損失が出ても長期保有しておくのが効果的です。

確定申告での繰越控除

出典: https://www.crowdport.jp

投資信託で大損をしてしまった場合の対策として、確定申告での繰越控除を挙げることもできます。投資信託に関しては「上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除」という特例を適用することができます。損失と所得を通算することで、税金を安くできるのです。こうした制度を活用することによって、手持ちの資産を少しでも守ることが大切です。

Thumb積立投資信託のメリットとデメリットを徹底解説!おすすめの始め方は?

投資信託での大損のリスク回避のための対策を紹介!

インデックス型投資信託を中心にする

出典: https://media.moneyforward.com

投資信託では大損をリスクするための対策もあります。その対策の1つとして、インデックス型投資信託を中心にすることもポイントです。投資信託にはアクティブ型とインデックス型がありますが、インデックス型であれば安全性が高い状態で投資を続けることができます。その分リターンも小さくなりがちですが、資産を守りながら運用を続けられます。

NISA・つみたてNISAを利用する

出典: http://switch-fair.com

投資信託で大損を回避するための対策として、NISAやつみたてNISAを利用することもおすすめすることができます。NISAのメリットについては本文中でも解説した通りですが、つみたてNISAも同様に非課税の状態で運用を続けることができます。つみたてNISAに関しては年間40万円まで非課税で運用できます。こうした制度を活用することもおすすめです。

分散投資の徹底

出典: https://headlines.yahoo.co.jp

投資信託で大損をしないための対策としては、分散投資を徹底することが挙げられます。投資信託の基本として長期投資と分散投資の2種類を挙げることができます。その1つとして分散投資の重要性を理解して、安全性を担保することがポイントです。国内株式や国内債券のみならず、海外株式や海外債券なども利用しつつリスクヘッジを取ることが有効です。

他人の勧めに惑わされない

出典: https://gentosha-go.com

投資信託で大損を避けるための対策として、他人からの勧めに惑わされて商品選びを進めないことも重要なポイントとして挙げられます。特に投資信託初心者の方は注意しておきたいポイントです。金融機関によっては、自らの利益になるような商品しか勧めてこないことがあります。あくまでも最終的に判断をするのは自分だと認識して行動することが大切です。

毎月分配型はスルーして構わない

出典: https://toshi.life

投資信託で大損をしないための対策として、毎月分配型はスルーして構わないという考え方も挙げることができます。毎月分配型の金融商品に魅力を感じて投資してしまう人もいますが、基本的にはスルーするのが賢明です。毎月運用益から分配することで、総資産が目減りしていくことも多いです。結果的に利益がなくなることもあるので注意が必要です。

短期的な値動きで売買しない

出典: https://zuuonline.com

投資信託における基本的な考え方につながる部分でもありますが、短期的な値動きで売買しないことも重要なポイントと言えます。株式投資やFXでは短期売買で利益を上げられることもありますが、投資信託では難しいと言えます。短期的に利益を得られたとしても少額にとどまることが多いです。中長期的な視点を持って投資を続けることが求められます。

Thumb投資信託のリスクやデメリットを徹底解説!損失を避ける対処法は?

投資信託で大損しないための対策のまとめ

出典: https://mokudaikouji.com

投資信託で大損をしないための対策に注目をして、具体的な対策や考え方についてご紹介してきました。投資信託では大損をするリスクもあることを認識しておく必要があります。そのリスクを回避するためにできることを自ら実践していくことが求められます。損切りもその1つの方法です。投資信託初心者も含めて、適切に資産を管理していくことが大切です。

Thumb投資信託の基準価額とは?計算方法や個別元本との違い・注意点まで徹底解説!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ