死亡保険のおすすめ商品はどれ?死亡保障の役割や重要性についても紹介!

死亡保険は万が一の時のために非常に重要な保険です。この記事では死亡保険による死亡保障の比較、おすすめの死亡保険を厳選して紹介しています。また死亡保障の重要性についても解説しています。死亡保障の役割や重要性、厳選しておすすめする理由についても解説しています。

死亡保険のおすすめ商品はどれ?死亡保障の役割や重要性についても紹介!のイメージ

目次

  1. 死亡保険のおすすめ商品
  2. 死亡保険の死亡保障の役割や重要性
  3. 死亡保険だけを選べない理由
  4. 死亡保険の掛け捨てタイプ
  5. 死亡保険の積立タイプ
  6. 死亡保険を相談できる窓口を厳選
  7. 死亡保険は目的に合わせて選ぶ
  8. 死亡保険の種類
  9. 死亡保険のおすすめ商品と役割や重要性まとめ

死亡保険のおすすめ商品

メットライフ生命のスーパー割引定期

出典: https://hoken.rakuten.co.jp

死亡保険の厳選したおすすめ商品として、メットライフ生命の「スーパー割引定期保険」があります。おすすめの理由としては、健康レベルを4つのクラスに分ける事により該当するクラスの割引を受ける事ができます。主契約として死亡保障と高度障害保障の他、特約も充実しているおすすめの死亡保険の1つとなります。メットライフの「スーパー割引定期」の1番のおすすめポイントは該当するクラスによって保険料が最大で50%以上安くなる事です。

出典: http://usjapantomodachi.org

該当するクラスの分け方は主に喫煙、血圧、体重で分類され、保険金額が高い順に説明すると、標準、喫煙優良体、非喫煙標準体、非喫煙優良体と標準が保険料が1番高く、非喫煙優良体が保険料が1番安井事が重要です。2018年の場合で保険料の例を挙げると、標準で保険料が3700円の場合、喫煙優良体では2780円、非喫煙標準体では2510円、非喫煙優良体の場合は1740円と、標準体と非喫煙優良体では保険料に52%も差がでてきます。

出典: https://海外生命保険相談.com

タバコを吸う人がスーパー割引定期保険に入った場合、もし喫煙をする事によって、毎月支払う保険料が吸わない人より1000円以上高いのであれば、喫煙するのをやめようとする人もいるかもわかりません。これからたばこの値段も将来的には高くなりますので、是非この際に禁煙に挑戦したい人にはおすすめの死亡保険です。クラスによって保険料が変動するのは非常に画期的な保険ですので、死亡保険に迷っている方は是非おすすめします。

オリックス生命のRISE

出典: https://hoken-sikkari.net

死亡保険のおすすめ厳選商品として、オリックス生命の終身保険「RISE」があります。理由としては終身保険なので毎月支払う保険料が定額で一生涯死亡保障が続きます。払い込み方も終身払いと短期払いで選ぶ事ができ、死亡保障の金額も200万円から5000万円まで設定できる点がおすすめのポイントです。他の死亡保険と違って貯蓄タイプになっており、保険料は割高になりますが、解約した場合でも解約返戻金がある点もおすすめです。

出典: https://digitalpr.jp

オリックス生命の「RISE」をかけ始めてから30年経過した時点で解約返戻金は100%を超えますので、保険をかけている途中で死亡保障が不必要になった場合は、死亡保険を解約してもお金を別の目的で使える点もおすすめです。オリックス生命の「RISE」は死亡保障の他に重い要介護状態になった場合や、余命宣告された場合などは前払いで保険金を受け取る事ができますので、死亡保障の他にも特典が付いているのも重要なポイントです。

出典: https://www.nissho-ele.co.jp

各保険会社から出されている死亡保険にもいろいろな種類がありますが、オリックス生命の「RISE」をおすすめした理由としては、死亡保障に他に特典が付いていることが重要なポイントです。死亡保障に他の保証が同時に付加されていることは少なく、基本的に別々の保障が組み合わさっているので保険料も高くなります。「RISE」の場合は死亡保険の役割と障害保険の役割、2つの役割を持っていますので、おすすめの死亡保険としました。

オリックス生命のbridge

出典: http://women.japantimes.co.jp

おすすめの死亡保険として、オリックス生命の掛け捨て型の死亡保険「bridge」があります。おすすめの理由として5つの特徴があります。1つめの特徴は、「bridge」という保険に限っては窓口を通じて申し込みができず、ネットを通じて申し込みをする保険です。ネット専用の保険にすることで、毎月の保険料が他の保険より安くなっています。2つめのおすすめの特徴としては、保険金額と保険期間を自由にカスタマイズする事ができます。

出典: http://puratonkabu.net

3つめの特徴として、病気、事故、災害で死亡の場合も保険が支払われます。保険会社によっては病気で死亡の時は3000万円でも事故や災害による死亡の場合には1500万円などと、死亡した原因によって死亡保障金額が異なる場合があります。オリックス生命の「bridge」をおすすめする理由として病気以外の死亡の場合にも同額の保険料が支払われるという点です。何の理由で死亡した場合に保険金が支払われるか知っておくことは重要です。

出典: https://prtimes.jp

4つめの特徴として、重い高度障害状態になった場合には以後の保険料が免除されます。保険料を支払うことなく保証を受け続ける事ができます。高度障害状態になってまで保険料を払わないといけない事を考えると保険料を払う側としては助かる特徴です。5つめの特徴として余命宣告をされた場合、所定の金額を差し引いた保険金が支払われます。余命宣告された人に好きなことをさせてあげることは非常に重要だという事がわかります。

アクサダイレクトの終身保険

出典: https://www.i-hoken.com

厳選するおすすめの死亡保険として、アクサダイレクトの死亡保険があります。おすすめの理由としては、死亡保障額が100万円からできる貯蓄タイプの死亡保険で、貯蓄を考えている方にはおすすめの死亡保険です。

出典: https://hoken-teacher.jp

また、医師と看護師を利用した健康相談を24時間受け付けている点もおすすめした理由です。24時間健康相談を受け付けているので夜中に家族や自分に万が一何かあった場合でも相談できます。会社も安定性が高く、死亡保険を迷っている方にはおすすめする死亡保険です。

Thumb死亡保険金に掛かる税金とは?所得税・相続税・贈与税など詳しく解説!

死亡保険の死亡保障の役割や重要性

死亡保障は本当に必要?

出典: https://www.hokennomadoguchi.com

死亡保障の役割とは万が一自分が死亡した場合に、保険金受取人が死亡した人にかけられていた保険金を受け取れる保険です。疑問に思う方が多くいると思いますが「自分は健康だから必要ないのではないだろうか」という疑問が出てきます。しかし人生いつ何が起こるかわかりません。生死だけは自分では選ぶ事はできないので、常に万が一の時のための準備として自分で厳選した死亡保険に入っておくことをおすすめします。

出典: https://suumo.jp

お葬式をする方法にもよりますが、お葬式も安い金額ではないので死亡保険に入っているだけで残された家族や親戚には金銭面に関しては迷惑をかけなくてすみます。自分に守るものがない場合でも、自分が死亡してからまで家族に迷惑をかける事になりますので、死亡保険には入っておく事をおすすめします。自分が家庭を持っていたり、家族を養っている場合には当然死亡保険としての役割がでてきますので、必ず死亡保険に入る事をおすすめします。

死亡保険は遺族に対しての保険

出典: https://liberaluni.com

死亡保険の役割としては残された家族に対しての保障が重要です。自分が万が一事故や病気で死亡してしまった場合に、残されてしまった家族が困る事は間違いありません。男性の方はもし自分が結婚して子供が生まれて間もない時には、これから先子供を育てていくには大きなお金が必要となります。死亡保険の役割とは万が一自分が死亡してしまった場合でも、残された家族が金銭的に助かるための死亡保険です。

出典: https://brightreach.co.jp

死亡保険を自分で使おうと思ってかける人はいないですが、死亡保険でおりてきた保険金は残された遺族に対しての思いやりといったところでしょうか。残される遺族の中に大切な人がいる場合はもちろんの事、親や兄弟がいる場合には死亡保険をかけておくことをおすすめします。ほとんどの場合、生命保険の保障の中に死亡保障がセットになっていますので、他の保障をつける時に勝手につきます。

万が一の具体例

出典: http://www.jili.or.jp

万が一の具体例として、世帯主が年収400万円、配偶者が年収100万円だったと仮定します。5歳の子供が1人いたとして、もしも世帯主が何らかの理由で死亡してしまった場合、死亡保障としては金額的にいくらあればいいのでしょうか?文部科学省の日本学生支援機構によると、1人の子供にかかる教育費として、幼稚園から大学まですべて公立の場合は760万円、全て私立の場合は2200万円となっています。あくまでも教育費のみの金額です。
 

出典: https://www.tdf-life.co.jp

全国消費実態調査によると、30歳代の平均支出は1ヵ月あたり約30万円、単身世帯の場合には18万円という結果が出ています。あくまでも生活費だけで18万円から30万円が必要となってきます。あくまでもデータ上の数値ですが、とても死亡保障として1000万円では足りないといえます。

出典: https://www.youtube.com

自分に万が一の事があった場合に家族を養う役割がある死亡保険の保証金額を決める事も重要で、死亡保険やその他の保険に入る場合には家族などで金額等を話し合っておくことをおすすめします。

死亡保険の必要性は高い

出典: https://www.hokennomadoguchi.com

死亡保険は非常に重要な役割を果たす保険の1つです。死亡保険が重要な理由として、自分が死亡した後の残された家族に負担を残すことは避けたいという理由からです。死亡保障が何もない保険に入っている場合には、自分が死亡した場合でも何も残すことができません。

出典: https://hajimete-mama.jp

自分は死亡していますからどうする事もできませんが、自分が死亡した後の後の金銭的な始末をするのは残された家族です。家族に迷惑をかけないためにも死亡保障は必ずつけておく事をおすすめします。

死亡保険だけを選べない理由

保険は様々な種類がある

出典: http://hoken-shiritai.com

いろいろな保険会社がある中で、金銭的な援助を果たす役割の死亡保険だけを選ぶことができない理由として、死亡保険と障害保険は基本的にセットになっており、死亡保障だけをつけることはできない場合が多いです。会社によっては死亡保険だけを扱っている会社もありますが、基本的に誰でも事故等の急死でない限り、何らかの病気を患ってから死亡します。こういった理由から死亡保険には入院保険などがセットになっていることが多いです。
 

出典: https://www.lifenet-seimei.co.jp

2018年現在でも多くの保険があり、次々と新しいスタイルの死亡保険が出始めています。これから時代の流れと共に新しいタイプの保険が多く出てきます。基本的に新しいタイプの保険が出てきた場合でも前に契約した時点の保険内容や特約となりますが、2019年になってから保険会社によっては保険に新しい特約が出てきたときには新しい特約が適用されることも少なくありません。

世帯ごとに必要な保障は違う

出典: https://www.survive-m.com

世帯ごとに必要な生命保険の保障は違うため、本当に必要な保障を厳選して契約をするべきです。死亡保険の保険料を多くしたほうがいい世帯や、病気や障害などの医療保障を多くしたほうがいい世帯など、世帯の構成や家族構成によっても必要な保障は変わってきます。自分の世帯や家族構成をかんがみて本当に必要な保険を厳選しましょう。

死亡保険の掛け捨てタイプ

保険料は安いが保障は大きい

出典: https://www.medicarelife.com

掛け捨てタイプの死亡保険は、毎月の保険料金は安いですが、死亡保障は最低でも数百万円とかなり大きいです。掛け捨てタイプですので、何もなく平凡に毎日を健康で暮らしているのであれば、大げさに言えば毎月保険会社に対して寄付をしているようなものです。しかし死亡保険だけではなく生命保険や自動車保険に関しても同じようなもので、起こってほしくない万が一の場合を保証してくれるのが死亡保険の役割です。

出典: https://www.smtb.jp

生命保険の見直しを行った事がある方であればお分かりかもわかりませんが、家庭によっては毎月支払う保険料が少しでも安くなるように、積み立てタイプの死亡保障を掛け捨てタイプに変える方もいらっしゃいます。掛け捨てでない場合にはどうしても積み立てタイプの死亡保険になってしまうので、毎月の保険料が家計を圧迫する事も珍しくありません。保険料を見直すために死亡保険を見直すのであればよく検討して厳選しましょう。

保険を切り替えやすい

出典: https://smile.re-agent.info

掛け捨てタイプの死亡保険の場合は、毎月支払う保険料が返ってくることがないので、返戻率などを気にせずに保険を切り替える事ができます。貯蓄タイプの死亡保険の場合は解約した時期が返戻率に関係してきますので、簡単に解約する事ができません。簡単に切り替える事ができるとは言っても生命保険会社としては引き止めにかかってきますので、しっかりとした保険を切り替える理由を明示する事が重要です。

保険の設計がしやすい

出典: https://toyokeizai.net

独身であればライフステージの変化はそこまで変わる事はありませんが、結婚した後というのはライフステージの変化に富んでいます。子供が生まれた時期や子供の成長段階、生まれた子供の数などによって必要なお金も変わってきますし、家庭環境も変化してきます。そういった場合にライフステージの変化に合わせて死亡保証額を見直すことができるのも、掛け捨てタイプの死亡保険の魅力といえるでしょう。

保険料は返ってこない

出典: https://kjshintani.com

掛け捨てタイプの死亡保険の場合、毎月の保険料自体は安いですが、解約した場合に保険料が1円も返ってくることはありません。死亡保険自体に貯蓄性がないため、毎月支払う保険料と別に貯蓄に備える必要があります。解約等した場合でも保険料が返ってこないため、毎月支払っている保険料は健康でいる場合は丸丸損している形になりますので、個人の考え方によっては毎月お金を捨てているように感じる方もいらっしゃいます。

資産を別に作る必要がある

出典: https://gentosha-go.com

掛け捨てタイプの死亡保険の場合、貯蓄をする事ができないので貯蓄としての資産を別に用意する必要があります。掛け捨てタイプの死亡保険の場合、死亡したり高度の障害状態になっていない場合は、保険料をまるまる毎月損する形です。貯蓄タイプの死亡保険であれば支払った保険料を丸損はしませんが、貯蓄タイプの死亡保険の場合は毎月支払う保険料が掛け捨てタイプの死亡保険のように安くありません。

更新で保険料が上がる

出典: https://setsuyaku-monogatari.net

死亡保険の掛け捨てタイプで重要なことは、更新型なので年齢を重ねるごとに保険料が上がっていくことです。1年ごとの更新というタイプはありませんが、5年、10年と年齢を重ねるごとに病気や死亡するリスクは増えていきますので、年齢に対する保険料も増えていきますので、保険料に関する知識も重要といえるでしょう。

死亡保険の積立タイプ

貯蓄として老後に活用もできる

出典: https://www.aeonssi.co.jp

死亡保険の積み立てタイプの場合には、毎月支払う保険料の一部を貯蓄として貯める事ができるため、自分が若いころから貯蓄していた分は老後の蓄えとして活用する事ができます。ただいつでも好きな時に引き下ろすことはできず、どうしても貯蓄分を下ろしたい場合には解約する以外に方法はありません。基本的には現在掛けている生命保険が10年や20年などの、かけ始めてから満期になった時に一括で降りてくるようなケースが多いです。

出典: https://www.clearthlife.com

死亡保険の積み立てタイプの場合は、満期になるまで払い込んだ場合には返戻率が100%を超える場合が多く、支払った金額よりも増えて返ってきます。結果として返戻率が100%を超えて返ってくることがわかっているのであれば、掛け捨てタイプよりも積み立てタイプのほうがいいように見えますが、保険料が高い分家計に対して影響が出てくるのも事実です。

保険料が変わらない

出典: https://www.lifedot.jp

積み立てタイプの死亡保険の場合は、更新型と違って保険料が上がる事がありません。毎月同じ金額を支払う事によって貯蓄もされていきます。家計をやりくりする立場の場合は計画を立てやすいです。毎月いくら保険料に支払うのかをあらかじめわかっているのであれば、年間の額も計算できるので前もって用意しておく事もできます。

解約しなければ保障は一生涯

出典: https://osd-souzoku.jp

貯蓄タイプの死亡保険は解約しない限り、保証は保険料の払い込みが終わっても一生涯続きます。貯蓄タイプの死亡保険のメリットで、死亡保険としての役割、貯蓄の役割、一生涯保障の役割と、1度に3つの役割を果たすことができる点もおすすめです。貯蓄タイプなので保険料は変わらない分、年齢に対して保険料が高い場合には、非常に高額の保険料の払い込みが無駄と思う部分がありますが、金銭的に余裕があれば貯蓄タイプをおすすめします。

出典: https://www.meijiyasuda.co.jp

更新型でない一定の保険料のため、年齢を重ねていくことによって年齢を重ねていけば重ねていくほど年齢に対しての保険料は安くなっていきます。年齢が若いときに辛抱して払い込みを続けているのであれば、払い込みが終わっても保証が死亡するまで続きますので、解約等する場合にはよく考えて行動する事をおすすめします。

保険料が高い

出典: https://www.fukoku-life.co.jp

貯蓄型の死亡保険の金額が高い理由としては、毎月支払う保険料の中に積立額が加算されますので毎月の保険料が高くなります。単純に積立額が加算されるわけではなく、生命保険会社も利益を得る必要がありますので、満期等で返ってくる積立額の金額よりもかなり高い金額を支払う必要があります。それを生命保険会社に毎月支払う手数料込みの保険料と考えるか、金額が高い分保障がしっかりしていると考えるかは個人の自由です。

出典: https://www.sankei.com

貯蓄型の死亡保険を最初に契約する際には保険料が高いことに驚きますが、高い保険料を支払うけど後から返ってくると考える事をおすすめします。貯蓄タイプの保険料はどこの生命保険会社も高いですが、保険会社を厳選して満期で返ってくる保険料が高い生命保険会社を探す事をおすすめします。自分で探せない場合は保険相談窓口などに相談するのもおすすめです。

途中解約で損する場合がある

出典: https://www.hokepon.com

貯蓄タイプの死亡保険を途中で解約した場合には損する可能性があります。途中で解約した場合に損をする理由としては、貯蓄タイプの場合は満期の場合にいくら返ってくるという金額、つまり返戻率がはっきりしている場合が多いですが、途中で解約する事によって本来返ってくるべき金額から手数料などを引かれるため返戻率が悪くなってしまい、本来返ってくるべき金額より安くなってしまう場合があります。

金利の上昇リスクが生じる場合がある

出典: https://zuuonline.com

貯蓄タイプの死亡保険には「積立利率固定型」と「積立利率変動型」の2種類があります。利率固定型を選択した場合には、積み立てている保険料に対しての利率は固定です。積立利率変動型の場合には景気の状況に応じて決まった時期に積み立てている保険料に対しての利率が見直されます。一見すると利率固定のほうがいいように感じますが、利率は変動するため将来的に今の固定金利の利率より上がってくる可能性も考えられます。

死亡保険を相談できる窓口を厳選

保険見直し本舗

出典: https://www.tainavi-switch.com

厳選した保険相談窓口として「保険見直し店舗」があります。「保険見直し店舗」をおすすめする理由として全国に店舗数が250店舗以上あり、店舗型でありながら訪問対応もしてくれるという点がおすすめです。相談料は完全無料となっており、提案してから契約した後までしっかりサポートしてくれます。取扱保険会社はトップクラスの40社以上を有しており、取扱保険会社が多いので自分に合った保険を探しやすくなります。

保険市場

出典: http://panaapp.net

厳選した保険相談窓口として「保険市場」があります。「保険市場」をおすすめする理由は、全国に圧倒的な店舗数を持っています。全国に直営店が12店舗、協力会社332店と日本全国に協力店を構える大型の保険相談窓口です。取扱保険会社も83社と業界でもトップクラスとなっています。「保険市場」のホームページを見る事によって各種保険や保険会社の商品が詳細に記載されています。顧客に合った保険を厳選してくれる点もおすすめです。

保険相談ニアエル

出典: http://www.asset-guardian.co.jp

保険相談ニアエルは店舗型や訪問型の保険相談窓口ではなく、保険相談窓口を検索、予約できるポータルサイトですが、おすすめする保険相談窓口の中に「保険相談ニアエル」が入っている理由として、ニアエルは全国1200店舗の保険相談窓口と契約しており、最短1時間でピッタリな保険相談窓口を検索してくれる点があり、保険相談窓口に困っている方にはぜひおすすめです。保険相談ニアエル自体で保険の相談はできませんが活用してみましょう。

保険見直しラボ

出典: https://imachika.com

厳選した死亡保険を相談できる窓口として「保険見直しラボ」があります。「保険見直しラボ」は訪問型の保険相談窓口で、ベテランのフィナンシャルプランナーが揃っているので保険の新規契約や見直しを行う場合はおすすめです。他のおすすめの理由として取扱保険会社が30社以上に上り、自分に合った保険を厳選して自分に合った自分だけの保険を持つことができます。保険で困った時は「保険見直しラボ」に相談するのがおすすめです。

保険マンモス

出典: https://matchbow.com

厳選する保険相談窓口として「保険マンモス」があります。「保険マンモス」は数十社の保険会社の中から厳選して自分に合った保険を提供してくれます。押し売り等が一切なく自分で気に入ったように保険を契約する事ができます。さらに「保険マンモス」をおすすめする理由として、日経BPコンサルティング3部門で1位という実績を持っています。わかりやすく言えばフィナンシャルプランナーの質が特段いいという事です。

出典: https://www.kumamotobank.co.jp

保険相談窓口に勤務するフィナンシャルプランナーの能力が高いと、結果的にいくつもある死亡保険の種類の中から自分に合った死亡保険を紹介してくれますので、無駄なお金を払わない保険を持つことができます。保険相談窓口のフィナンシャルプランナーが、自分の保険の悩みに対して親身になって相談に乗ってくれることで相談する側としても相談しやすくなります。

保険コネクト

出典: http://www.jl-support.com

厳選した死亡保険を相談できる窓口として「保険コネクト」があります。「保険コネクト」の場合は4000種類以上ある保険の中から最適な保険を提案してもらう事ができます。保険料を見直す段階での悩みとして多いのが「保険の種類が多すぎる」「保険の事がよくわからない」「今の保険の適用条件が複雑でよく理解していない」などの悩みですが、保険コネクトは厳選した生命保険の中から死亡保障を含む各保障の役割を説明してくれます。

出典: https://lify.jp

保障内容や保証の役割がよくわからない場合は、納得いくまで説明してくれるので安心して保険を見直すことができます。自分が気に入らない保障があっても他の厳選した保険を提示してくれるので安心して是非1度相談してみましょう。

死亡保険は目的に合わせて選ぶ

月々の掛金で選ぶ

出典: https://kaigaiizyufp.com

毎月の掛け金によって死亡保険を選ぶ方法もあります。死亡保険の役割は万が一自分が死亡した時に残された家族に対しての金銭的な援助なので、家族と話し合って死亡保障額を減額する事で毎月の保険料は安くなりますし、逆に死亡保障額を増額する、つまり追加加入する事で毎月の保険料は高くなります。毎月の掛け金と今の収入を照らし合わせる事によって、死亡保険の金額やプランを選ぶ方法もあります。

貯蓄性を考えて選ぶ

出典: https://zuuonline.com

貯蓄タイプの死亡保険の場合は更新がないので毎月の保険料は変わる事がありません。貯蓄タイプの死亡保険を貯金と思ってするのであれば貯蓄性を考えて貯蓄タイプの死亡保険を選んでもいいでしょう。死亡保障としての役割と、貯金としての役割、2つの役割を果たすことができます。

外資系と国内の会社で比較する

出典: http://gakushihoken.xyz

死亡保険を契約する場合に国内保険会社と海外の保険会社を比べてみるのも1つの手です。国内の保険会社のメリットとしては、ライフステージに合わせた商品提供やアフターフォローがしっかりしている点が挙げられます。逆にデメリットとしては、保険料が割高である点、いろいろな保険をセットにして販売しているので、自分が入りたい保険に対して厳選する必要がある。といった点が挙げられます。

出典: https://www.orixlife.co.jp

海外の生命保険会社の場合のメリットとしては、保険料が安く、オーダーメイドで保険の設計をしてもらえる点です。逆のデメリットとしては、アフターフォローに対して不足感を感じたり、自分である程度の商品知識を有しておく必要がある点が挙げられます。海外保険会社の場合は状況によっては日本から撤退する可能性もありますので、国内保険会社と海外保険会社のメリットとデメリットに関してあらかじめ知っておく必要があります。

支払いが難しい場合は?

保険料の支払いが難しい場合には、保険料の見直しをおすすめします。家計に対してどれくらいの%を保険料が占めているのかを考えて、保険料の見直しを図るようにしましょう。家計が苦しい時こそ死亡保険に入っておくことをおすすめします。もしも保険料が高いという理由で解約してしまった場合、もし死亡した時には1円も手元には残りません。保険料を安くする方法として外資系にしたり、掛け捨てタイプに変更する事も重要です。

独身と既婚で掛け方が変わる

出典: https://www.hokende.com

独身と既婚では保険の掛け方が変わってきます。お金が必要となる部分そのものが変わってくるので死亡保障内容の見直しも重要といえるでしょう。周りの環境にもよりますが独身の場合は1000万円程度の金額がおすすめで、結婚して家庭を持った場合には金額を見直すのがおすすめです。最初独身の時は低い保険金で契約しておいてライフステージに合わせて変動していくのもおすすめです。

死亡保険の種類

終身保険

出典: https://www.f-l-p.co.jp

死亡保険の種類に終身保険があります。「低解約返戻金型」というのは保険料自体は安いが途中で解約した場合には返戻金が少ない保険の事です。他にも「定期付終身保険」や「有機払込終身保険」があります。終身保険とは「定期保険」と比べて加入時の保険料は高いですが、保険料が途中で上がることなく保証も一生涯続く保険です。保険料が上がらない事は重要で、厳選した死亡保険の中に終身保険が入っていることも少なくありません。

定期保険

出典: https://www.miolaw.jp

死亡保険の中の「定期保険」とは一定期間で保障が終了するタイプの死亡保険で、保障期間が10年や15年の場合は満期になるたびに一定年齢まで更新される「更新型」が一般的です。

出典: http://www.sumitomolife.co.jp

更新型の定期保険は若い時は終身保険より保険料が安いのでおすすめです。ただ年齢を重ねてくると保険料が上がってくることは注意が必要です。保険料を上げたくないという人にもおすすめの死亡保険です。

養老保険

出典: https://seniorguide.jp

死亡保険の中に養老保険という種類があります。養老保険とは満額保険金と死亡保険金が同額という変わった保険です。基本的に貯蓄が目的で、保険をかけていた人が万が一亡くなった場合には、契約成立日から目標金額を死亡保険金として受け取る事ができます。完全に貯蓄タイプなので、貯蓄をメインとして死亡保険をかける方にはおすすめの死亡保険です。

その他

出典: https://www.money-motto.com

他にも死亡保険の種類としては、外貨建て保険というハイリスクハイリターンタイプの死亡保険や、健康状態の審査基準が緩和された引受基準緩和型の死亡保険、健康状態の如何に関わらず死亡保険に入れる「無選択型」などあまり聞いたことがないような死亡保険があります。保険の事をあまり知らない人があまり聞いたことがない死亡保険に入る事はおすすめできません。

死亡保険のおすすめ商品と役割や重要性まとめ

出典: https://www.hokende.com

ここまでおすすめの死亡保険やおすすめの保険相談窓口、死亡保険や死亡保障をつける重要性について解説してきました。死亡保障の役割や厳選した死亡保険を選ぶ重要性についても解説してきました。

出典: https://www.meijiyasuda.co.jp

死亡保険のタイプを選ぶ重要性がわかっているだけで、自分で死亡保険について考える事ができます。保険料が高くて家計を圧迫している場合などは保険相談窓口に相談する事をおすすめします。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ