Amazonに就職するには?難易度や学歴・必要なスキル・年収まで徹底調査!

Amazonに就職するには何が必要なのかを解説した記事です。ネットショッピングでおなじみのAmazonですが、このAmazonに就職したいという人がいます。しかし、その難易度や必要な学歴、スキル、資格などがわからないでしょうから、その辺に迫ってみます。

Amazonに就職するには?難易度や学歴・必要なスキル・年収まで徹底調査!のイメージ

目次

  1. Amazonってどんな会社?
  2. Amazonに就職するのは難易度が高い?
  3. Amazonに就職するために必要な学歴や資格・スキルは?
  4. Amazonに就職したいけど年収はいくら?
  5. Amazonに就職に転職したい!中途採用って可能?
  6. Amazonに就職した人の口コミ
  7. Amazonに就職する方法まとめ

Amazonってどんな会社?

ネットショッピングを利用している人はみんな知っているAmazon

出典: https://www.amazon.co.jp

パソコンでもスマホでもネットショッピングを利用している人でAmazonを知らない人はいないでしょう。それほど有名なAmazonですが、どんな会社かと聞かれてこういう会社であると答えられる人はあまりいません。それほどネットショッピングサイトとしての面ばかりが目立ち、会社概要についてはあまり知られていません。そこで、Amazonへの就職について考える前に、会社の特徴に関してまず解説しましょう。

Amazonの設立と名前の由来

出典: https://diamond.jp

Amazonのホームページを運営するAmzon.comが創設されたのは1995年で、創設者はジェフ・ベゾスという人です。現在(2019年3月時点)はAmzon.comのCEO(最高経営責任者)兼取締役会長兼社長です。Amazonの名前の由来ですが、見ればすぐわかるようにアマゾン川から取られたもので、アマゾン川が世界一の流域面積を持つことに関連があります。つまり、世界一の品数を誇るネットサイトを作ろうということが始まりだったのです。

もともとは書籍のネットショッピングサイト

出典: https://www.walkerplus.com

1995年にAmazon.comが創業された当時は、書籍を扱うショッピングサイトでした。そのころはまだインターネットができたばかりで、それほどの売り上げはなかったでしょうが、その後ネットの広がりを受けどんどん事業拡大を図り、現在では書籍以外の幅広い商品を扱うネットショッピングサイトとなっています。

Amazonの基本情報

出典: https://www.amazon.co.jp

2000年11月に開設された日本のサイトAmazon.co.jpを運営するアマゾンジャパンの基本情報を見てみましょう。まず、アマゾンジャパンの設立は2000年7月で、本社の所在地は東京都目黒区下目黒1-8-1にあり、支社が大阪にあります。本社と支社のほかに、フルフィルメントセンターという物流拠点が日本各地にあります。社長は二人いて、ジャスパー・チャンとジェフリー・ハヤシダです。

Amazonの業務内容

出典: https://jmty.jp

Amazonは、現在では、衣料品から食品、電化製品、玩具などをはじめさまざまなジャンルの商品を販売し、ネット通販の最大手としての位置を維持しています。そのほか、音楽配信サービス(Amazon Music)や動画配信サービス(Amazon Prime Video)などの事業も展開しています。意外なところでは、法人向けクラウドサービスも行っています。Amazon Web Service(AWS)というサービスで、かなりの利益を上げています。

Amazonの合言葉

出典: https://www.amazon.co.jp

Amazonの合言葉は、「地球上で最も豊富な品揃え」と「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」の2つです。前者については現在のAmazonの取り扱い商品数を見れば、実現されていると見て間違いありません。後者については、Amazon自体が判断することではなく利用者が決めることですが、お客様を大事にしていることは事実です。

理想のキャリアを切り開いていく

出典: https://matome.naver.jp

Amazonで仕事をしている人の中にはさまざまなタイプがありますが、基本理念である「お客様を大切にする企業」という気持ちでは一致しています。その理念のものとそれぞれが掲げる理想のキャリアを切り開いていくべく皆が努力しています。理想のキャリアと言っても人それぞれですが、Amazonに勤めることで、それを実現させられる可能性があるのです。

ThumbAmazonでクレジットカードのおすすめ比較!ポイントなどお得なのは?

Amazonに就職するのは難易度が高い?

倍率が高い

出典: https://youthplanet.co.jp

大手通販サイトのAmazonを利用する人は非常に多く、人気企業の一つでもありますが、それだけに就職しようという人の数も決して少なくなく、倍率は60倍ともいわれています。したがって、倍率という点だけを見たら、難易度が相当高いことがわかります。

アマゾンジャパンの選考難易度

出典: https://www.cafeglobe.com

入社倍率が高いAmazon(アマゾンジャパン)ですが、面接時の選考難易度という点では思ったほど厳しくないといわれています。というのも、アマゾンジャパンの場合、離職率が意外に高く、新規採用を多くする傾向にあるからです。したがって、それほど期待もしていなかったのに入社できたというケースも少なからずあります。ただ、離職率が高いということは解雇される可能性もあるということで、入社できたからと言って安心はできません。

Amazonの人間関係は?

出典: http://omoitsukumama.com

Amazonの人間関係については否定的な意見もあります。困った人がいても上司をはじめ従業員はだれも応援してくれないとか、会話をするときは面と向き合わずに話すとか、電子機器を使った通信が主で話自体をすることが少ないなどの意見です。確かにそういう面がないとは言えませんが、実際にAmazonに勤めている人の話では、人間関係についてはそれほどひどいものではないとのことです。

男女差別はある?

出典: https://uranaru.jp

Amazonの部署によって男性と女性の比率は異なりますが、全体的にみると男性の従業員のほうが多いようです。そして、管理職についている人も男性の割合が多くなっています。しかし、男性のほうが多いからと言って、男女差別があるというわけではありません。個別の案件まで調査したわけではありませんが、基本的に男女差別をする人はあまりいません。

アマゾンジャパンでの仕事はかなり厳しい

出典: https://wired.jp

入社の難易度という点では高い倍率になっているアマゾンジャパンですが、仕事そのものは厳しいです。Amazon自体が徹底的な合理化とコストダウンで成長してきた企業だけに、社員にも厳しさを要求するのです。そのせいか離職率はかなり高く、人の流れが激しいですが、その厳しい仕事内容にもまれて生き残った人はそれだけ実力も能力も備わった人だと言えます。

厳しくても楽しい仕事

出典: http://www.amazon-jobs-jp.com

アマゾンジャパンにはさまざまな仕事内容があります。いくつか例を挙げると、データサイアンス、デザイン、フルフィルメントアソシエイト、IT&サポートエンジニアリング、ソフトウェアディベロップメントなどです。これだけではありませんが、いずれも仕事内容は厳しく高い能力を要求されます。しかし、厳しいというだけでなく、利用者の多いAmazonを支えるという意味では楽しさも兼ね備えた仕事でもあります。

ThumbAmazonギフト券の換金方法とは?仕組みや優良店などまとめ!

Amazonに就職するために必要な学歴や資格・スキルは?

必要な学歴は?

出典: https://re-katsu.jp

一口にAmazonと言ってもいろいろな部署があり、その部署により必要とされる学歴が違います。学歴不問としている部署があるかと思えば、大卒で専門の課程を修了している者を求むとしている部署もあります。したがって、学歴に関しては一概に難易度が高いとか低いとかは言えませんが、Amazonへの就職を考えているのなら、自分が希望する部署でどのような学歴が求められているのかあらかじめ調べておかなくてはいけません。

学歴が不問の部署は?

出典: https://www.amazon.co.jp

Amazonの部署の中で、学歴不問、資格不要、未経験者歓迎としているのは、お客様対応スタッフや物流・倉庫管理スタッフなどです。これらの部署では学歴という点では難易度が低く、それよりも実際の業務能力が問われます。したがって、学歴が十分でないためにAmazonに就職ができないのではと思っている人は、これらの部署にまずは当たってみましょう。

ソフトウェアディベロップメントエンジニアに必要な資格とスキル

出典: https://www.amazon.co.jp

ソフトウェアディベロップメントエンジニアは、いくつかの分野に分かれ、ソフトウェアの新規開発、改善を行っていく仕事です。ソフトウェアディベロップメントエンジニアの就職難易度は高いです。まずTOEIC800点以上の英語力やJavaか他のオブジェクト指向言語におけるプログラミング経験が必要です。そのほか、Linux環境での開発経験、Java Script、CSSの知識なども求められますが、学歴についてだ大卒以上が対象です。

サーチエンジニアに必要な資格とスキル

出典: https://senpai-engineer-search.tokyo

Amazonの検索エンジンの利用者は非常に多いですが、その運用や改善を行うのがサーチエンジニアです。この仕事には高度な資格とスキルを求められますが、まず3年以上の大規模なLinuxやUNIX環境でのシステム管理経験、プログラミングに役立つC++、Perl、Pythonなどスクリプト言語でのディベロップメント能力などが必要です。英語力も重要で、TOEICで800点以上のスコアは最低条件です。

営業に必要な資格とスキル

出典: https://www.amazon.co.jp

Amazonの営業には3つの部門がありますが、それぞれの部門である程度経験を持った人材を募集しています。必要な資格やスキルについていうと、業界は問いませんが、まず3年以上の営業、またはコンサルティングの経験が欲しいところで、学歴よりも経験重視とも言えます。そのほか、パソコンスキル、新しいマーケットを開拓する積極性、お客様とのコミュニケーソン能力なども求められます。英語力があればなおいいとのことです。

エコノミストに必要な資格とスキル

出典: https://www.amazon.co.jp

Amazonのエコノミストは、経済学の分野で学んだことを実践に生かせるのですが、それだけに経済に関する知識や資格、スキルは十分でなければいけません。まず学歴についていうと、経済やそれに関連した博士号を取得している必要があります。次に、経験として5年以上の政府や学術研究機関、コンサルティング会社、マーケティング会社、金融機関などでの市場調査、および分析をしたことがないといけません。TOEICは700点以上が目安です。

デザイナーに必要な資格とスキル

出典: https://www.amazon.co.jp

Amazonのデザイナーにはさまざまな職種がありますが、どの職種でも優れたデザイン能力が求められます。したがって、そのデザイン能力を測る資格やスキルが必要です。たとえば、Adobe PhotoshopやIllustratorを使った制作経験、HTML/CSSやJavaScriptを使ったウェブサイト制作経験などです。顧客視点に立ったデザインや細かい部分へのこだわり、複数のプロジェクトを同時進行する能力なども求められます。

マーケティングマネージャーに必要な資格とスキル

出典: https://www.amazon.co.jp

新サービスや新ストアの浸透に欠かせないのがAmazonのマーケティングマネージャーの存在です。マーケティングマネージャーの場合は、具体的な資格やスキルというよりも、マーケティングの経験、プロジェクトリーダーやチームリーダーの経験、ハイレベルな分析力などを要求されます。やや抽象的なスキルですが、どれも重要なものばかりです。学歴については、MBA取得者は歓迎するということですが、ビジネスレベルの英語力も必要です。

広報に必要な資格とスキル

出典: https://www.amazon.co.jp

Amazonの広報は、重要なメッセージをお客様に伝える大切な役割を演じています。その広報に必要な資格とスキルは、5年以上の広報経験、メディアとのネットワーク構築力、日本語での作文能力や会話力、厳しい条件に置かれても冷静に判断できる能力、強い意志力などです。これらの資格やスキルは、学歴というよりも経験がものを言う能力なので、我こそはと思う人は広報に応募してみるのも悪くはありません。

法務に必要な資格とスキル

出典: https://www.amazon.co.jp

Amazonは大変大きな企業であるため、複雑な契約や法令を正しく実施する必要がありますが、その役割を担うのが法務です。法務という以上、法律や裁判などについての高度な知識、資格、スキルが必要です。まず学歴は大学の法学部かロースクール卒業、日本か外国の弁護士資格、法曹資格取得後5年以上の実務経験、TOEIC800点以上のスコアなどが要求されます。したがって、非常に就職難易度の高い部門がAmazonの法務です。

オペレーションに必要な資格とスキル

出典: https://www.amazon.co.jp

Amazonのオペレーションは、いかに品質を向上させるか、運用をスムーズに行うかなどを考える部署です。オペレーションの場合も必要な資格やスキルについて具体的な指示はありませんが、業務改善をリードした経験、自らが中心になって素早く業務を行える能力、コミュニケーション能力などが求められます。なお、Word、Excel、PowerPointなどのパソコンスキルは必須で、英語力については基本的な能力があれば歓迎とのことです。

Amazonの求める人間像

出典: https://www.amazon.co.jp

Amazonでは、リーダーになるかならないかにかかわらず、全員がリーダーの自覚をもって仕事をするように求めています。その規範として、「Our Leadership Principles」という信条を参考にしています。その中からいくつか例を挙げると、まず「Customer Obsession」といってお客様本位の考えで業務にあたります。それから、「Learn and Be Curious」という信条では、好奇心を持って常に学ぶ姿勢でいる重要性を説いています。

Amazonの就職説明会の内容

出典: https://blog.sr-inada.jp

Amazonの就職説明会では、Amazonが求める人物像について詳細な説明があります。この人物像に自分が合うと感じたのならば、入社を考えてもいいでしょう。また、実際の仕事を行う状況などを見せてくれる場合もあり、入社後どのように業務を進めていくのかある程度予測ができます。さらに、Amazonの社員にその場で質問ができるので、気になる点や疑問点を解消できます。

ThumbAmazonギフト券のEメールタイプとは?購入や換金方法・メリットなど紹介!

Amazonに就職したいけど年収はいくら?

Amazonの平均年収

出典: https://job-q.me

海外転職サイトによると、Amazonの平均年収は857万円とのことです。もちろん、Amazonといっても職種がたくさんあり、その職種に応じて平均年収も違ってきます。平均年収が多い職種では、軽く1000万円台を超える場合もあり、Amazonは年収という点ではかなり恵まれた職場であると言えます。

Amazonのボーナスの額

出典: https://trend-town.info

Amazonの従業員の平均ボーナス額は196.8万円ですが、これも職種や年齢に応じて変わってきます。今度は年齢別で検証してみましょう。まず、20~24歳の平均ボーナス額は122.1万円、30~34歳代の平均額は167.1万円、40~44歳代の平均額は214.3万円、50~54歳代の平均額は257.1万円です。ボーナスの平均額は夏冬を合わせて4か月分として計算していますが、額が多いことは確かです。

Amazonの推定生涯年収

出典: https://toyokeizai.net

Amazonの推定生涯年収を平均年収の年齢別の推移を参考に算出してみると、だいたい3億6851万円となっています。と言われても、これがどのくらいの値だかわからないでしょうから、日本の平均生涯年収と比較してみましょう。日本の平均生涯年収は1億7845万円で、その差は1億9006万円となっています。これを見ると、Amazonの生涯年収の高さがわかります。

Amazonアメリカの年収

出典: https://syokulink.com

Amazonアメリカの平均年収は1070万円くらいです。日本のアマゾンジャパンよりも少し平均額が高いです。もちろんこの平均年収も職種によって違ってきます。いくつか例を挙げると、ソフトウェア開発エンジニアの平均年収額は950万円、テクニカルプログラムマネージャーは1080万円、エリアマネージャーは650万円、運用管理者は1000万円です。エリアマネージャーの平均年収がやや低いようです。

アマゾンジャパンの年収は株の保有数で変動?

出典: https://amkabu.com

アマゾンジャパンでは、給料のほかに株の支給もしています。従業員の評価により株の支給数も違ってきますが、アマゾンジャパンはこれからも成長が期待されるので株価も上がる可能性が高いです。それだけにアマゾンジャパンの株をたくさん保有している人は平均年収や生涯年収が高くなる場合があります。もちろん、株価が下がった場合は、年収の額もそれ応じて減少します。

ThumbAmazonの平均年収やボーナスの額はどれくらい?役職や年齢別に調査!

Amazonに就職に転職したい!中途採用って可能?

中途採用は難しい?

出典: https://type.jp

大学新卒のAmazonへの入社は倍率という点では難易度が高いですが、中途採用の難易度はそれほど高くはありません。ただし、職種によっては高度な資格やスキルを必要とするものがあり、その場合は資格やスキルなしでは採用されません。それ以外の一般職なら学歴、資格、スキルなどをあまり問われないことが多いです。一般職では資格やスキルよりも人物像ややる気がものを言うので、その点で難易度を測れます。

Amazonの労働環境

出典: https://www.hatalike.jp

Amazonの労働環境はかなり厳しいと言われ、従業員一人一人に徹底的なコストダウンと作業の能率化が求められます。しかし、休暇の取りやすさという点では、有給休暇も消化しやすいし、具合が悪くなった時も電話連絡だけでOKとなっています。長期休暇を取って、旅行に行ける部署もあります。残業も部署によって違いますが、サービス残業などということはないので、安心して業務に励めます。

社風はどんな感じなのか?

出典: https://employment.en-japan.com

労働環境が厳しいと言われるAmazonですが、社内の雰囲気は決してぎすぎすしたものではありません。皆明るく、前向きに仕事に取り組み、協力し合うという環境ができあがっています。Amazonの特徴として、新卒の就職組に比べて中途採用で入社してくる人もかなりいるのですが、転職者が職場になじみやすい雰囲気が十分に作られています。そういう意味では、仕事自体は厳しくても社風という点では悪くはありません。

Amazonに転職成功するポイント

出典: https://caree-r.com

Amazonは人気企業であり、転職希望者が集まる傾向にあり、入社難易度は決して低くはありません。その難易度の中で転職に成功するには、自己分析を正確に行い、面接時にアピールすべきポイントをしっかりアピールすることです。他の応募者も一定以上のレベルの人が多いので、資格やスキルなどの点で自慢できるところがあれば遠慮せずに担当官に伝えましょう。

会社訪問して東大卒社員インタビュー

出典: http://todai-umeet.com

Amazonは学歴ばかりを重視する企業ではありませんが、高学歴の人が多いことも事実です。その中から東大卒の社員へのインタビューがあるので、その概略を見てみましょう。この方の場合は農学部出身ですが、優秀な人と仕事をしたいという希望もあり、アマゾンジャパンへ就職したそうです。入社してみると、素晴らしい人たちが周りにいて刺激を受けたとのことです。チャンスを求めている人にはおすすめできる会社だとも語っておられました。

アマゾンジャパンのコンシューマーとコーポレート部門のキャリア採用について

出典: https://caree-r.com

アマゾンジャパンのコンシューマーとコーポレート部門のキャリア採用については公式サイトでも多くの情報が載せられています。アマゾンジャパンでは、新卒者も採用しますが、中途採用にも門戸を広く開いているので、自分の資格やスキルに自信がある人はぜひ応募してみましょう。多くの職種ではこれまでの経験と実績も重視して採用しているので、自分に合ったところがあれば、トライしてください。

ThumbAmazonギフト券は有効期限がある?調べ方や復活方法などまとめ!

Amazonに就職した人の口コミ

ブラックな人事管理

Amazonでは、PIP (Performance Improvement Program)というものを行います。これは成果改善計画とも翻訳されますが、Amazonの場合、成果改善というよりも二者択一となり「辞めるか転勤するか」のどちらかを選ぶように迫られます。ただ、社員は口に出して言いませんが、退職者の口コミではこのPIPを悪く言う人も多いです。このブラックな人事管理はまぬがれたものの、もっとやりがいのある仕事を求めて転職したという人もいます。

社員はレベルで評価されている

出典: https://gendai.ismedia.jp

Amazonの社員はレベルで評価されています。そのレベル評価が非常に厳しく、耐えられずに辞職したという人もいます。一方で、厳しい評価を乗り切った人の場合は、満足している、給料も上がるのでいいという口コミもあります。また、評価された者は株を多く支給されますが、Amazonの株価が上昇気味なので、これについても納得しているという意見があります。

就職しても長く続かない人が多い

出典: https://togetter.com

AmazonによるPIPの恣意的解釈もあり、Amazonに就職しても長く続かない人が多いです。そのためにAmazonでは中途採用を多くしているのですが、この点についても不満はあるようです。人材の長期育成に関するプログラムがないという口コミもかなりあります。

社員を競争させているため離職率が高い

出典: https://www.kktisc.co.jp

Amazonの社内環境は決して悪いわけではありませんが、そうは言っても社員同士は厳しい競争にさらされています。同じ部門でも成績がいい社員と成績が悪い社員では評価が大きく違い、成績が劣る社員はいづらくなります。そのために離職率も高くなりがちですが、この競争が嫌でAmazonを辞めたという口コミも多く寄せられています。

やりがいがある

出典: https://blog.aboutamazon.jp

競争という厳しい環境にさらされ、厳格な評価がされるAmazonですが、それがかえってやりがいにつながっているという口コミもあります。また、新規プロジェクトが多く、メディアの注目も浴びやすいことがやりがいであるという意見もありました。Amazonは結果さえ出せば高い評価を受けられる会社なので、そのような人には満足度も高いようです。

ThumbAmazonギフト券をコンビニで購入する方法!使い方など徹底解説

Amazonに就職する方法まとめ

出典: https://www.vorkers.com

ここまで、Amazonとはどんな会社なのか、Amazon就職の難易度、Amazonの年収、中途採用などについて紹介しました。通販サイトとして人気があるAmazonに就職しようという人も多いですが、難易度は非常に高いです。しかし、いったん就職ができても辞めていく人が多い職場でもあります。つまり、仕事がかなり厳しいということですが、自分の能力やスキルに自信がある人には向いている職場なので、そういう人はトライしてみましょう。

ThumbAmazonでクレジットカード登録は危険?回避と変更・削除の方法を伝授!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ