死亡保険は掛け捨てがお得って本当?メリットや注意点などまとめ!

掛け捨ての死亡保険を解約しても返戻金はありませんが、積立型とと比較してお金をどぶに捨てているから損をしているわけではありません。掛け捨ての死亡保険も理にかなっている死亡保険となっているので、掛け捨ての死亡保険で保険料も安くリスクに備えることができます。

死亡保険は掛け捨てがお得って本当?メリットや注意点などまとめ!のイメージ

目次

  1. 死亡保険の掛け捨てとは?
  2. 死亡保険は掛け捨てがお得?
  3. 死亡保険の掛け捨てのメリット
  4. 死亡保険の掛け捨ての注意点
  5. 死亡保険の掛け捨ての保険料が安い理由
  6. 死亡保険以外にも掛け捨て保険はある
  7. 死亡保険は掛け捨てで大丈夫?
  8. 死亡保険は損得で考えない
  9. 死亡保険の掛け捨てのメリットや注意点まとめ

死亡保険の掛け捨てとは?

出典: https://hoken-teacher.jp

死亡保険は一般的に期間が決められていて、掛け捨てと呼ばれる定期保険を指します。定期保険は保証期間が一定となっていて、その期間中の死亡や高度障害になった場合に死亡保険金を受け取れる保険となってます。

出典: https://gentosha-go.com

契約開始から満期まで一定額の保証料を支払うのが一般的となっていて、保証期間が定まっているので保証期間が一生涯の終身保険とは異なる性質を持っています。掛け捨てという理由には、支払った保険料が途中で解約しても解約払戻金がないので、保証期間が一生涯の終身保険のような貯蓄性のある商品と比べられます。

保険は大きく分けて2種類

出典: https://hoken-youth.com

死亡保険の種類で代表的なのが積立型と掛け捨て型があります。根本的な部分で共通しているのは死亡時の負担をカバーしてくれる事です。積立型は保証と貯蓄の両方ができるハイブリットプランとなっているのですが、掛け捨て型では保証のみを受けることができるプランと考えてください。

出典: https://manetasu.jp

積立型の死亡保険を勘違いしている方が多いようです。積立型の死亡保険では今までのお金がすべて戻ってくると思っている方が多くいるのですが、積立型でも保障に対しての掛け金が戻ってくるわけではないので、掛け捨てと変わりません。

出典: https://www.money-press.info

積立型では保証の部分があるので、掛け金の他の保証が戻ってくる形になります。死亡時の保証と同じようにお金の貯蓄をしたいという声に答えた商品となっているのです。死亡時の保証だけを考えるのであれば、掛け捨て型でも全く問題ありません。

死亡保険の積立タイプとは?

出典: https://hoken-youth.com

バブル期にあった死亡保険では、積立型の死亡保険を10年続けると支払った保険料が2倍になって戻ってくる保険商品もたくさんありました。そのころの死亡保険に加入していた人であれば、掛け捨ての生命保険は損をするイメージかもしれません。最近では積立型の生命保険は銀行に預けるよりも効率はいいのですが、10年で倍になるようなものではありません。

出典: https://life.oricon.co.jp

リーマンショック以降は、生命保険に入る動機が必要な保障の対価として保険料を支払う方向にシフトしてきています。商品開発と企業努力で掛け捨てと呼ばれる生命保険は損をする商品ではなくなりました。掛け捨てという言葉で誤解されてしまわれがちですが、掛け捨て型の死亡保険にはメリットが大きくあります。

出典: https://bank.epark.jp

掛け捨て型の死亡保険は、保険料が安いメリットがあり、解約時に戻ってくるお金を保険料で積み立てる必要もないので、積立型の保険と同じ保障内容で比べるのであれば、半分以下の保険料になっていることが多いです。掛け捨て型では損をするといわれてきました。掛け捨ては安いのですが必要な保障を用意することができるイメージです。

死亡保険の掛け捨てタイプとは?

出典: https://www.recordchina.co.jp

死亡時の保証のみに特化している保険で、途中で解約した場合に返戻金は支払われません。商品によって払戻金が戻ってくるものもあるのですが、積立型と同じような金額とではなくわずかな金額となってます。

出典: https://hoken-teacher.jp

積立型と比較してしまうと保証額が掛け捨て型の方が高めに設定されているので、積立型でお金が戻ってくるか掛け捨て型でお金が戻ってこないということに注目されがちです。保証金に注目した場合には掛け捨て型の方がお得です。

Thumb死亡保険金に掛かる税金とは?所得税・相続税・贈与税など詳しく解説!

死亡保険は掛け捨てがお得?

出典: https://zenkoku-column.jp

掛け捨て型の死亡保険では、大きな保証を安い保険料で入ることができるので保証を大きく受けたいのであればお得となっています。死亡保険を掛け捨てで加入するきっかけとなるときは、どんな時がいいのか見ていきましょう。

掛け捨てがお得な例①子供が小さい家庭

出典: http://tottori-hoken.com

子供が小さい家庭でもお得で、親に万が一のことがあった場合を想定して大きな保障が必要です。子育てには教育費などいろいろな費用がかかるので、高い保険料を支払うことは家計を圧迫してしまうこともあります。そのような場合に最適といえるのが死亡保険の掛け捨て定期保険です。

出典: https://www.fincy.jp

定期保険では安い保険料で大きな保障を得ることができるので、子供が独立した後には、保険料を抑えることができ保障内容を減らすこともできます。掛け捨ての生命保険に加入するほとんどの人は子供のためなので、家族のためを考えてる人がほとんどとなってます。

出典: https://www.aflac.co.jp

子供が大きくなるまでの保証があればいいのであれば成人を迎えるまでの契約にしておき、あとは老後に備えた保険に選びなおすこともできるので、柔軟な対応ができるのも掛け捨ての魅力です。

掛け捨てがお得な例②資産運用を別にする場合

出典: http://mylifemoney.jp

老後や教育資金の備えを考えるのであれば、終身保険を活用することもいいでしょう。保険以外の不動産、貯金、預金、投資信託、株などの資産運用で資金をまかないたい時もあります。そのような場合にも、掛け捨ての定期保険が一時的に必要な時だけ保障を得ることができるので、掛け捨てが向いていることもあります。

掛け捨てがお得な例③保険料を抑えたい場合

出典: https://hoken-owl.jp

保険に全く入ってないのは不安になりますが、まだ独身で年齢も若いのであれば将来に対する備えは考えていないでしょうから、掛け捨ての死亡保険がお得です。保険の見直しについて、結婚や出産などで守るべきものが増えたタイミングでライフステージを変化させるといいでしょう。

死亡保険の掛け捨てのメリット

出典: https://hokenselect.jp

掛け捨ての死亡保険には、お得なメリットがたくさんあるのですが大きく分けると3つあるので紹介します。保障の期間も自分の生活に合わせることができるメリットがあるので、メリットを理解して無駄な保険を利用しないようにしましょう。

メリット①掛け捨ては保険料が安い

出典: https://limo.media

掛け捨て型の死亡保険では、月々の保険料が非常に安いのでお得です。家計を圧迫してしまうことがないように備えておきたいので、非常に選びやすい保険契約の形になっています。自分の生活している状況に合わせて保証期間を設定することもできます。

出典: https://hoken-minaoshi.online

特定の時期まで手厚い保証が欲しいをいう要望にも対応することができます。掛け捨ての死亡保険と組み合わせることで、貯蓄型とのいいところどりしたお得な保険プランにすることもできます。

メリット②掛け捨ては分かりやすい

出典: https://moneytimes.jp

掛け捨ての死亡保険で大きなメリットとなっているのがシンプルな仕組みになります。肝心な時に機能しないことがないように、こういう場合は保証できませんというような注釈がないものを選ぶようにすることで掛け捨ての死亡保険でのお得なメリットが分かりやすくなります。一生涯保険料が変わらないような掛け捨ての死亡保険を選ぶ方がお得です。

メリット③保険に加入しやすい

出典: https://hoken-teacher.jp

少ない負担で万が一に備えることができるのが掛け捨て型の死亡保険の大きなメリットになっています。保障期間が短いので、途中解約によって損することもないので定期保険では、保険を見直したい時に終身保険と比較することでどちらがお得かをみくらべることもできます。

メリット④見直しがしやすい

出典: http://days-works.xsrv.jp

一度積立型の死亡保険を契約してしまうと、解約するタイミングが分からなくなってしまいます。独身のうちに契約すると、結婚や出産のタイミングだったり、家族のトラブルなどでその状況は変わってきます。そんなときに掛け捨ての死亡保障付生命保険であればその切り替えもすぐ行うことができます。ライフステージに合わせることができるのも掛け捨てだからできるお得なメリットといえます。

出典: https://mamari.jp

積立型の死亡保険を途中で解約すると、解約返戻金が保険料の支払い総額を下回ってしまうこともあります。掛け捨ての死亡保険は満期保険金がないんで、途中解約によってのデメリットもないので、ライフスタイルの変化に応じてスムーズに見直しを行うことができます。

死亡保険の掛け捨ての注意点

出典: https://laif.jp

掛け捨て型にもデメリットはあって、保証期間が過ぎれば保証はなくなってしまい、支払った保険料の返戻金はありません。掛け捨ては未来のある機関における保障に対して保険料を支払っているので、その期間に何もなければ保険料を捨ててしまう感覚になります。他にも注意点がたくさんあるので、順に紹介していきます。

注意点①80歳以上は更新できない

出典: http://agora-web.jp

死亡保険の掛け捨ての注意点として覚えておきたいのは、80歳以上になってしまうと更新できないことがあります。死亡保険を掛け捨てで購入したい場合だとしても80歳を超えてしまうと、更新できないことがあるので更新する前に確認してください。

注意点②更新時に保険料が上がる

出典: https://muda-life.com

掛け捨ての死亡保険を更新するごとに保険料が上がってしまうというデメリットがあります。保険期間を10年で、保証金額を3000万円に設定されていたとすると、最初の10年は月額3500円となっていますが、10年経過したころには更新すると月額7900円となってしまい、2倍以上に保険料の金額がなってしまうようなケースもあります。

出典: https://allabout.co.jp

年齢を重ねるごとに健康状態が悪化してしまい病気のリスクも高まるのですが、長期間掛け捨て型を利用する場合であれば、保険料が高くなってしまうリスクがあるという注意点を理解したうえで検討していきましょう。満期時や解約時に返戻金を受けられる積立型と比較することで注意点を参考にして保険を選んでください。

注意点③満期時に保険金の支払いがない

出典: https://www.fincy.jp

支払ったお金が戻ってこない注意点があるのですが、人によっては保険料を支払うのがもったいないという感じを持たれる方にはデメリットになってしまいます。掛け捨て型の保険では、しっかりしている保障を安い予算で受けることができるので、安い保険料で安心を買っていると考えることでデメリットは少なくなります。

注意点④返戻金が無いかかなり少ない

出典: https://mbp-japan.com

掛け捨ての保険では万が一の保障も手厚く受けることができるのですが、積立型と比較して保険料も安い設定となっています。保障が受けられる期間が設定されていて、10年間や60歳までと制限されている場合もあるのが注意点として挙げられます。途中解約したり、何事もなく満期を迎えてしまうと返戻金もないのが注意点ですが、掛け金は非常に少額で安い設定とされています。

死亡保険の掛け捨ての保険料が安い理由

出典: https://uranus.news

掛け捨て生命保険では、その保険料の安さが最大の魅力となっているお得な保険です。住宅ローンやお子さんが学費などで出費が多い子育て世代の方には、保険料が抑えられてお得感を感じることもできます。貯蓄性はありませんが、万が一の保障が手厚く受けることができるので、保険料がお得な設定になっています。

出典: https://hoken-teacher.jp

保証が受けられる期間も定められています。途中解約したり、何事もなく満期を迎えて帰ってくるお金はありませんが、あったとしても小額な返戻金となります。支払ったお金に返戻金がないからと、人によって保険料を支払うことがもったいなく感じるかもしれませんが、掛け捨て型の保険はしっかりした保障をお得な予算で受けたい方に向いているといえます。

安い理由①貯蓄部分が無い

出典: https://manetasu.jp

保険を選ぶときは、保健そのものの機能があるリスクに備える保障を優先しなくてはいけません。積立型保険だと、保険料に保障の費用が含まれているので、他の保険で保障を備えなければいけない場合もあります。

過剰な保障と費用を負担することになってしまう場合も出てきます。保障と蓄積を分けているからこそ、家計にも優しい考え方となるのです。積立型の保険商品は想定通りに物事が進めば有利となりますが、そうでなければ対応するために他の金融商品を利用して準備しておかなければいけません。

出典: https://life.oricon.co.jp

掛け捨て型保険の商品は、保障を重視したものを選択することで、死亡保障と医療保障で必要な生きていくための保障を合理的に準備することができるので、家計への負担を抑えて保障をしっかり確保することができますが、つみたての計画を立てることが必要となります。

安い理由②解約返戻金が無いまたは少ない

出典: https://okane-mikata.jp

積立型の死亡保険を解約したときにお金が返ってくるシステムとして解約返戻金があります。積立型の死亡保険は解約することでお金が返ってくるのはうれしいことですが、解約返戻金がある死亡保険の場合は途中で解約するとそれまで支払った保険料がすべて返ってくるということではないのです。

出典: https://bank.epark.jp

途中で解約してしまうと積み立てたお金から解約控除が差し引かれて、解約返戻金としてお金が戻ってくるのでお得な気分になります。解約控除は、生命保険に加入するサイン保険会社に発生した様々なコストのことを言います。早期の解約となるとこの解約控除も大きくなってしまうため、解除返戻金のお金も少なくなってしまいます。

出典: http://incomeandsaving.info

掛け捨て型は解除返戻金がなくて損というわけではなくなります。掛け捨て型の死亡保険の場合には解約返戻金がないか小額となってしまうので、保険料を払うのがもったいないと感じる方も多くいるようですが保険の仕組みを知るとそうではないことが分かります。

出典: https://hokenpedia.jp

掛け捨てという言葉を誤解して読んでしまうこともありますが、その保険料は捨てるわけではないことを理解してください。その支払っている保険料は保障の代金に充てられているので、万が一の時に保険金を受け取るための保障を購入していると考えてください。

死亡保険以外にも掛け捨て保険はある

出典: https://hoken-minaoshi.online

掛け捨ての保険として死亡保険が代表的なものとして取り上げられることが多いのですが、死亡保険以外にも掛け捨ての保険はあります。掛け捨て型の保険についてそれぞれの注意点とともに保険の種類を説明していきます。

定期保険

出典: https://ukano.me

掛け捨て型の代表的なものとなっているのが定期保険です。契約がシンプルになっていて、期間中に契約者が死亡または重度な障害が発生してしまった場合に、保険金を受けられるプランとなっています。月々の保険料は保障に充てられているので、解約したときの返戻金がないのが注意点となっています。

出典: https://money-cake.net

保険商品によっては返戻金があるものがあるのですが、わずかな金額の返戻金となってしまいますので、貯蓄には向いていません。定期保険のメリットとしては、保険料が安いのですが大きな保障を受けられるという点になるのですが、貯蓄性がない代わりに終身保険と比べても月々の保険料が安い設定とされています。保険料の負担を減らして、しっかり保障を受けたい人に向いている保険といえます。

出典: http://topics.smt.docomo.ne.jp

定期保険の注意点としては、契約更新のときに保険料が高くなってしまうケースもあります。保険料は、年齢や性別などから算出されているので、死亡率によって決められているので、リスクに応じた保険料となっているので高くなってしまいます。契約を更新するときに高くなってしまい保険料が払えないという注意点あるので長期的に考えて選択しましょう。

逓減定期保険

出典: https://home-kensetu.com

定期保険の場合と同じプランなら年齢にかかわらず、死亡したときに支払われる保険料はほぼ一定に設定されています。小さな子供がいる30代男性が亡くなってしまったときと、子供が独立していて年金生活をしている70歳の男性がなくなってしまったときでは、経済的なリスクは大きく変わってきます。

出典: https://hoken-room.jp

逓減定期保険は、必要な保険金は生活スタイルによって変わってくるという考えを元に作られている保険です。期間の経過によって死亡保険金や高度障害保険金を過不足にならいように削減していくことで、月々の保険料を安い設定にしたプランとなっています。更新のたびに保険料が高くなってしまう注意点がある定期保険と比べても合理的な保険となっています。

出典: https://www.verivalid.com

収入保障型定期保険と似ているのですが、年金形式で徐々に受け取れる形となっているのではなく、逓減定期保険はまとまった金額で受け取ることができるという大きな違いとなっています。注意点としては、取り扱ている保険会社が少ないことが挙げられます。

収入保障保険

出典: https://www.fincy.jp

大黒柱となっている旦那に万が一のことがあったときに、残された遺族は経済的な負担がのしかかってきます。子供一人にかかる学費として幼稚園から高校まで、すべて公立だった場合では約143万円かかるといわれていて、すべてが私立を選択した場合には約436万円かかるといわれています。

出典: https://dport.daihatsu.co.jp

これには生活費が含まれていないですし、大学に進学したときの費用も含まれていないのでより多くのお金が必要となってきます。学費や生活費のすべてを終身保険でまかなおうと考えるのであれば、必然的ですが、月々の保険料が高額になってします。そこで収入保障型定期保険が役に立ちます。

出典: https://hokenpedia.jp

被保険者が死亡してしまったり重篤な障害が発生してしまったときに、保険金を年金のように毎月受け取ることができるプランとなっているのです。保険金は加入直後に死亡してしまったときが最も多く、加入期間に応じて保険料が下がっていきます。掛け捨てになってしまいますが、安い保険料で教育費や生活費などを保証してもらえるため、子育て世代が選んでいる保険となっています。

がん保険

出典: https://keieinourawaza.com

がんによる手術や入院費用などを備えるための保険で、生命保険で掛け捨ての保険というより、定期タイプとなっていて保険期間が決まっている保険となっています。医療保険では、保険期間が定期のものと終身のものが用意されているのですが、主流となるのは終身の掛け捨て保険となっています。

出典: https://ukano.me

テレCMでもよく聞く医療保険やがん保険ですが、最近では安くて大きな保証が受けられるということで掛け捨て型が主流になってきています。医療保険では、治療が長引いてしまうときに出費をなるべく抑えたい保険です。保障内容は主に入院給付金や手術給付金の2つがあり、長期入院などの治療費の拡大に対応できます。

出典: https://hoken-teacher.jp

医療保険に加入することで、高額医療費制度についても理解しておかなければいけません。高額医療費制度は公的医療制度のひとつとなっていて、1ヵ月に個人が負担する医療費の上限を定められているので、それを超えてしまった分の払い戻しを受けることができます。

出典: https://www.hokenmarket.net

限度額は年齢や所得によっても決まっているのですが、70歳未満であれば年収約370~約770万円であれば、限度額は約9万円になっています。その他の会社員であれば傷病手当金もあるので、医療保険への加入が必要なのか注意点も考慮して検討してください。がん保険を選ぶうえで、診断給付金を確認してください。

出典: https://girlschannel.net

診断給付金はがんと診断された場合に給付される一時金となっているのですが、保険会社によって変わってきて、100万円ほど給付されます。保険会社ががん保険の対象としているのは上皮内心生物と悪性新生物の2種類があります。ただ、上皮内心生物は転移の可能性が少ないので、悪性新生物に比べて保証額が少なくなっているか対象外となる保険もあります。

出典: https://www.fincy.jp

2人に1人ががんにかかるといわれているのですが、各保険会社でどれだけ手厚い保証が用意されているのかも違うので、がん保険に加入する前に比較してから判断しなくてはいけないのが注意点といえます。

医療保険

出典: https://hoken-navi01.com

病気に備えるための医療保険ということは知っているはずですが、病気になったときに自分の生活にどのような影響があるのでしょう。病気によってリスクがあり注意点となっているのですが、大きな病気になった場合、その程度によっても手術などの治療費がかかり入院費が必要となると20万円~30万円の負担が発生することもあります。

出典: https://hoken-room.jp

胃腸炎や脳卒中で入院してしまったのであれば、有給休暇が残っていればいいですが、すべて消化しきっているのであれば入院期間は欠勤扱いとなってしまい無収入となってしまいます。実際に大きな病気になったときに、数十万円の貯蓄がなければ治療を受けられなくなってしまいます。

出典: https://lessq.jp

日本では、公的機関が医療費の一部を負担してくれる制度として国民皆保険制度があるので、公的医療保険に加入しなければいけません。代表的な公的医療保険としては、社会保険や国民健康保険があるのですが自己負担額は、小学校入学前までなら2割となっていて小学校入学後から70歳までは3割、70歳以上では2割となっています。

出典: https://headlines.yahoo.co.jp

ここで注意点として、たとえ3割負担といっても治療費が100万円かかるとしたら30万円を負担しなければいけなくなります。しかし、日本の公的医療保険には高額医療費の自己負担しなければいけない上限が所得で決まります。

死亡保険は掛け捨てで大丈夫?

出典: https://hoken-minaoshi.online

保険料が安い設定で手厚い保証が受けられることで掛け捨ての死亡保険が選ばれていることが多いのですが、本当にそれだけで保健は大丈夫なのか不安になります。積立型の死亡保険と比べても掛け捨て型の方が安くて保証も手厚くなっていますが注意点もあります。

掛け捨てと積立を比較する

出典: https://ma-net.jp

保険料が安い設定になっている掛け捨て型に魅力はありますが、性別や年齢、保健機関によって保険料は変わってきてしまいます。死亡保険の効果は若いうちに契約して、契約後早期に万が一の事態が起こってしまったときに効果がとても高く感じられますが、注意点となってくるのが、掛け捨てでは支払った保険料が一部の返戻金をのぞいて戻ってこないことになります。

出典: http://lifewithhappiness.info

積立型には、それまで支払った保険料の総額を上回るお金が、定期期間を経過したときに返ってくることが魅力としてあります。ですが、注意点として挙げられるのは掛け捨てと比べると積立は保険料が大幅に高くなってしまうので検討してからにしましょう。

掛け捨てだけにする人とは?

出典: http://assetsjin.com

保健を必要だと考えているが、生活に余裕がないと感じている人には、安い掛け捨てだけにとどめておいた方がいいでしょう。給与にもさほど余裕がなかったり、就職して間もなくで家族を持っているような方は安い設定となっている掛け捨て保険を利用することで、もしものことがあった場合に備えるべきです。

出典: https://mamanoko.jp

給与が一般水準よりも低い場合や不安定な方には安い設定されている掛け捨て型がお得で家計を圧迫することなく安心となります。

保険の必要性を考える

出典: https://how-match.jp

掛け捨て型では、死亡や高度障害状態、就労不能状態になった場合に、一定の条件をあてはめるとこで給与相当額を受け取ることができる保証が備えられています。公的保険で不足してしまう額を比較的や安い保険料で満たしてくれます。

出典: https://zenkoku-column.jp

積立型であれば、お金を貯めることが苦手だという方で、保証と積立性の両方を保険を利用して兼ね備えている必要性があるのであれば、選択肢の一つとして知積立型もいいでしょう。返戻率は一定期間内に解約している場合は相当低くなってしまい、契約直後はほぼ半分しか戻ってこないことを承知しておきましょう。

死亡保険は損得で考えない

出典: http://hoken-sagashi.com

死亡保険を大きく分けて積立型と掛け捨て型に分けられますが、死亡や高度障害状態などのような万が一に備えたい保険です。生命保険のひとつとなっていて、医療保険と並ぶ人気商品となっているので多くの商品が扱われています。

出典: https://buzzbull.jp

同じ保険会社であっても複数の死亡保険の商品を取り扱っていることからも、これから加入したいと思っているのであれば、どの保険が自分にあっているかよくわからないという人も多いでしょう。死亡保険を選ぶときに知っておかなければいけない積立型と掛け捨て型がどのように違いがあるのか理解していないのであれば、保険選びの基礎となる知識を覚えて損はしません。

保険はリスクに備えるもの

出典: https://hittobito.com

死亡保険もリスクに備えるものであり、保障を得られると同時に積み立てをすることができる積立型だと途中で解約したとしても解約返戻金が支払われます。掛け捨て型と積立型を比較してみると保障額は掛け捨て型の方が高くなります。掛け捨て型は保険料が安い設定になっているのですが、商品によっては返戻金が戻ってくるものもあります。

出典: https://gentosha-go.com

積立型と比較すると返戻金は少ないのですが、保障額は積立型より高く保証が受けれるようになっています。積立型と掛け捨て型の比較をするときに、返戻金が戻ってくるか来ないかに注目されるのですが、保険料はや保証金に注目したときには掛け捨て型が圧倒的な保障と安い保険料が見込めます。

どの保険にもメリットデメリットはある

出典: https://hoken-owl.jp

積立型と掛け捨て型を比較して返戻金があるかどうかでお得か損かを比べられがちですが、条件が全く同じだとした場合は、お金が返ってくる方が有利となります。ですが実際に、月々の保険料や支払われる金額などを確認すると、細かい点ですが差があります。それぞれにメリットとデメリットは当然ありますし、どちらがお得だからということはいえません。

出典: http://god-of-money.com

保険を選ぶときに最も重要となるのが、必要な保障を受けられるかになります。万が一の事態に備える保険ですから、保障外だったから保険金が下りなかったという事態になっては大変です。お金が戻ってくるかこないかではなく、判断するのはどのようなリスクに備えることができるかが重要です。

保険選びで重要なのは「必要保障」

出典: https://hoken-minaoshi.online

死亡保険は積立型でも掛け捨て型であっても、根本的な部分は死亡時の負担をカバーしてくれるかどうかの点が共通しています。積立型では保障に積立をセットにしているハイブリットプランの商品なのですが、掛け捨て型は保険料を安い設定にした保障のみのプランと考えてください。

出典: http://usefulog.com

よくある間違いなのですが、積立型はすべてのお金が戻ってくると勘違いしているようですが、積立型も掛け捨て型も保障に関してのお金は戻ってこない掛け捨てなのです。積立型は死亡時の保障と一緒に、お金を貯めたいというニーズにこたえている商品となっているので、死亡時の保障だけを考えるのであれば、掛け捨て型でも問題ありません。

死亡保険の掛け捨てのメリットや注意点まとめ

出典: https://bank.epark.jp

掛け捨ての死亡保険は月々の保険料が積立型よりもお得になっていて、死後の葬式代などを確保したり将来に備えて貯蓄したいのであれば積立型の方が向いています。掛け捨て型は解約時や満期時にお金が返ってこない保険で、捨てるという言葉で誤解をしてしまうことがあるかもしれませんが、積立型であっても保険部分に関するお金が返ってくることはありません。

出典: http://nijiiro-hoken.com

積立型でも戻ってくるのは積立の部分のお金なので、そちらは保険料の上乗せとして徴収されています。掛け捨て型の死亡保障であれば保障部分だけのお金を支払う形になっているコンパクトな保険となっています。積立型の死亡保障と比べても月々の保険料がお得で少なくなっています。安い保険料で大きな保障を受けることができるので、終身の時に保険料が高くなります。

出典: http://umhahockey.org

特定の期間だけ加入したいのであれば、掛け捨て型を検討するといいでしょう。どちらが優れている保険であるかは人によっても違ってきますが、商品によって目的が大きく変わるので、まずは自分が死亡保険に何を求めているかを考えてから検討してプランの見極めていきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ