ANAの就職に必要な学歴や資格は?仕事内容や年収・難易度まで徹底調査!

かっこよさ・華やかさなどから数ある職業の中でも航空会社に職を希望する人は男女とも多くいますが、ANAの就職にはどのようなものが必要なのでしょうか。そこで今回は、仕事内容や年収・難易度まで調査しながら、「ANAの就職に必要な学歴や資格」についてまとめています。

ANAの就職に必要な学歴や資格は?仕事内容や年収・難易度まで徹底調査!のイメージ

目次

  1. ANAの就職する前に会社について知ろう
  2. ANAの就職に必要な学歴や資格は?
  3. ANAの就職後にできる職種と仕事内容とは?
  4. ANAの就職する時に気になる年収は?
  5. ANAの就職したいけど難易度はどれくらい?
  6. ANAの就職したい!求められる人物像や必要なスキルは?
  7. ANAの就職するために確認したい募集内容
  8. ANAの就職に必要な学歴や資格まとめ

ANAの就職する前に会社について知ろう

ANAってどんな会社?

出典: https://www.airticket-center.com

ANAは就職先として多くの人から人気を集めている企業です。では、ANAに就職するに必要な学歴や資格、スキル等をみていく前にANAとはどういった会社なのかを説明していきます。ANAは正式名称を全日本空輸株式会社といい日本最大手となる航空会社です。世界からの評価も非常に高くなっており、エアラインの格付けにおいて最高評価となります。

国内最大手の人気航空会社

出典: https://www.ana.co.jp

ANAは1952年に設立された会社で歴史もあります。またANAはグループ会社も多く日本の中でマーケットシェアがトップです。さらに、年間でおよそ5,200万もの人を飛行機にて輸送をしています。従業員数はおよそ40,000人となっており大規模な会社です。年収の高さも評価に繋がっておりANAに就職をすると安泰とまで言われる信頼性のある企業となります。

もう一つの国内大手のJALとは?

出典: https://www.sukesuke-mile-kojiki.net

そして、日本にはANAだけでなくもう一つ大手とされる航空会社があります。その会社がJALで、ANAとは2強となるライバル会社です。JALの正式名称は日本航空株式会社となり、1951年に設立されているためANAよりも1年先です。国内はもちろん世界からの評価が高い航空会社であり、ANAと同じく就職希望者も多い人気の企業となります。

高い年収にも期待ができる

出典: http://www.jal.co.jp

また、ANAと同じくJALも高い年収に期待ができる会社として知られています。多い人では年収2,000万円ほどになるため国内のあらゆる仕事と比較をしてもトップクラスです。そして、JALはクレジットカードも展開しておりマイルを貯めることでお得に飛行機を利用できるなどの対策もしています。ANAとJALの2強は日本国内において揺るがない存在です。

ANAとJALを比較

出典: https://www.smiletravel.info

ANAとJALは同じ航空会社として地位を確立している人気企業ですが、比較をしてみるとどういった違いがあるのでしょうか。あまり航空会社について詳しくない方からすると同じように感じてしまうため、異なる点を調査することは大切です。まずANAとJALの会社概要から売上高を調査します。ANAの連結売上高は1,971,799百万円という非常に多い数字です。

就職にはANAとJALどちらがおすすめ?

出典: https://www.haneda-airport-server.com

そしてJALの売上高は1,337兆円となるためANAの方が売り上げは多いです。非常に多い売上高を記録している企業には違いありませんが、ANAの方が年間での利用者が多いため売り上げにも繋がっています。またANAとJALの運行路線についてはANAが通らない離島にJALは運行しているなど細かく両者には違いがあります。いずれにせよ欠かせない存在です。

航空会社に就職したいなら業界研究が大事

出典: http://takeka.hatenablog.com

航空会社としてANAもJALも二大巨塔となっているため多くの人が就職を希望します。航空会社への就職を希望するにあたって、業界を研究することが非常に重要です。会社のことだけでなく、業界全体として就職においてどのような流れとなっているか、採用の倍率はどうなのかなど細かく分析を行い、いかに情報を多く集められるかは鍵になってきます。

あらゆる角度から調査を

出典: https://kenjasyukatsu.com

就職をするにあたって多くの人は仕事内容や年収などの金銭面を意識します。しかし、それだけでなく業界がこれからどのように進んでいくかなど長い目でみて考えることが大切です。企業によっても今後の動向についての展望を記していることがあります。あらゆる角度から企業・業界のことを理解し自分で事前に調べておくことが就職活動には大切です。

ThumbANAのマイルでおすすめの使い方や交換方法!貯め方も徹底解説!

ANAの就職に必要な学歴や資格は?

4年制大学以上の学歴が必要

出典: http://ainow.ai

ANAの就職に必要とされている学歴や資格について紹介していきます。まず学歴についてですが、ANAでは4年制のの大学を卒業していなければ応募ができません。会社の採用詳細にも4年制の大学卒は条件として指定されているため、満たしていなければ書類選考の時点で即落選です。また、大学院を卒業または修了する見込みの人も応募をすることができます。

ANAでは幅広く採用をする

出典: https://diamond.jp

ANAでは就職において条件に学部や学科の指定はされていないため、4年制の大学以上という条件を満たしている人であれば採用される可能性はあります。また、大手とされる会社では大学の名前を一つのステータスとされる傾向がありますが、比較的広めにターゲットをおいて採用している傾向です。しかし、有名大学出身の人の方が有利になることは確かです。

客室乗務員は資格は必要?

出典: https://www.uridayo.com

航空会社への就職をする人の中でも人気な職種が客室乗務員、つまりキャビンアテンダントです。通称CAと言われており海外では男性の客室乗務員もいますが日本では主に女性から人気がある憧れの職業として位置付けられています。客室乗務員として採用をされるためには特に資格は必要とされていません。また、学歴についても客室乗務員は例外があります。

専門学校卒でも就職可能

出典: https://www.ana.co.jp

客室乗務員の場合は資格は必須とはなりませんが、多くのお客様と接することから手話や看護系の資格を有している人は採用される可能性も高くなります。そして、客室乗務員の場合は専門学校卒でも応募をすることができ条件を満たしているためANAの採用試験を受けることが可能です。客室乗務員を育成するための専門学校も日本には存在します。

運航乗務職は資格は必要?

出典: https://www.ana.co.jp

客室乗務員は必須となる資格はありませんが、運航乗務職となればどうでしょうか。運航乗務職とは難しい言い方をしていますがいわゆるパイロットのことを言います。パイロットを目指す人は非常に多く、就職をするにあたっても難易度が非常に高い職業です。パイロットとして働くには所持するべき資格があるため把握をしておくことが大事になります。

資格がなければ仕事はできない

出典: https://www.ana.co.jp

ANAだけに限らずパイロットとして仕事をするには、操縦士技能証明と航空身体検査証明という資格を持っておく必要があります。両者が揃っていることでパイロットとしての免許を所持しているということです。さらに、操縦をする旅客機によっては資格が異なるため確認が必要となります。上記以外の資格には計器飛行証明というものもあり種類が多いです。

その他の事務職や技術職に資格は必要?

出典: https://enagent.com

パイロットや客室乗務員以外の事務職や技術職に必要となる資格はあるのでしょうか。まず事務職については必須となる資格の記載はANAの公式ホームページにも記載はされていません。入社をしてから様々な教育を受けて成長をしていくプログラムが組まれています。技術職においても必須の資格はなく入社をしてから国家資格取得に向けて勉強する流れです。

身体条件がパイロットと客室乗務員にある

出典: https://www.iza.ne.jp

そして、意外に知らない人が多いANAへの採用条件として定められているものが身体的な条件になります。まずパイロットへの就職を希望する人であれば視力が1.0以上、そして両眼の屈折度がー6.0から+2.0あることです。そして、飛行機に乗る業務であるため心身ともに健康であるというANAの規定をクリアしていなければ就職は確実にできません。

客室乗務員の条件も確認

出典: https://ddnavi.com

客室乗務員の場合はコンタクトによる矯正視力が両眼1.0以上であること、さらに呼吸器等に異常がなく心身ともに健康であることが最低条件となります。これらを満たしていなければパイロット・客室乗務員として働くことは不可となるため就職活動の中でもANAを希望することができません。飛行機に携わる仕事は能力だけが全てではないと言えます。

客室乗務員はTOEIC600点以上でなければならない

出典: https://www.iibc-global.org

また、客室乗務員は視力や身体的なことだけでなく、英語力がどれだけあるかも就職にあたっては非常に重要な要素となります。客室乗務員になるにはTOEICを600点以上で合格をしておくことが条件です。そのため、それ以下の人の場合は就職活動において応募資格を満たしていないため採用されることはまずありません。客室乗務員には重要な要素です。

就職にあたり語学力は求められる

出典: http://career-english.net

飛行機に乗り接客を行う業務になるため、海外のお客様も多くいます。その際に公用語とされている英語を話すことができなければ接客はできません。そのため、客室乗務員には必須となる資格とも言えます。航空会社の仕事は外国人と触れ合うことが多いため、お客様を接客しないところでも求められる能力です。高い語学力が求められる仕事と言えます。

ThumbANAアメリカンエキスプレスカードの概要まとめ!マイルの貯め方は?

ANAの就職後にできる職種と仕事内容とは?

運航乗務職

出典: https://www.ana.co.jp

ANAに就職をする上で必要な資格やスキルを踏まえて、非常に難易度が高いことがわかります。しかし、就職前だけでなくANAに就職をしてからできる職種やその仕事内容について知ることも大切です。まず運航乗務員、つまりパイロットから紹介していきます。運航乗務員の仕事内容でメインとなるのは飛行機の操縦です。憧れる人も多いものになります。

花形となるメインの仕事

出典: http://www.hosei.ac.jp

ANAだけでなく航空会社に就職をする上で花形と言える職種であり、運航乗務員になることは難易度の高い試験に合格して資格を得ることや、様々なスキルを身につけておく必要があります。運航乗務員として就職をするには操縦に関するスキルや資格だけでなく、英語力も必要です。国際線のパイロットともなれば管制官とのやり取りに用いることがあります。

客室乗務員

出典: https://car.watch.impress.co.jp

では、運航乗務員と同じく航空会社へ就職する人から人気がある客室乗務員の仕事内容とはどういったものになるのでしょうか。まず、客室乗務員は当然ながら飛行機内で接客をすることがメインとなる仕事です。高い接客スキルとともに英語力も求められます。英語だけでなく中国語やスペイン語など各国の言葉が話せると接客スキルの向上が可能です。

就職にて人気がある

出典: https://kenjasyukatsu.com

また、客室乗務員は接客だけでなく緊急事態が発生した際にお客様をサポートすることも大事な仕事内容です。仕事へのやりがいを非常に感じることができるため就職先として人気がある職業で、女性には特に憧れとなります。語学力や接客などの高いスキルが必要となり、資格としてTOEIC600点以上の取得がANAでの条件になるため就職難易度も高いです。

エキスパートスタッフ職

出典: https://www.ana.co.jp

では、エキスパートスタッフ職の仕事内容とはどういったものになるのでしょうか。まずエキスパートスタッフ職はエアラインビジネスを支える基幹実務を行うものです。ANAではエクスパートスタッフ職の採用にも力を入れており、就職において難易度は高いですがやりがいを感じることができる仕事として人気があります。

事務職

出典: https://www.ana.co.jp

ANAの事務職は日本国内だけでなく海外でも業務を行っている人がいます。仕事内容は非常に幅が広く、就職をするには4年制の大学を卒業するか大学院の終了見込みが無ければ入社できません。また、様々な分野にて仕事を担当するため、ANAのグループ会社との連携も求められます。スキルとして広い視野で物事を考えられる逸材が求められる職種です。

技術職

出典: https://shingakunet.com

そして最後になる職種は技術職です。いわゆる航空整備士は技術職としてANAにて活躍します。飛行機が安全に飛行をするためには欠かせない職種であり、航空会社において重要な存在です。技術職は裏方での仕事になるため目立ちませんが、ANAのような大手航空会社に就職をすると高い年収にも期待ができます。そのため人気を集めている仕事の一つです。

就職には仕事内容の把握も重要

出典: https://www.lifehacker.jp

ANAに就職をするにあたって仕事内容を確認することは非常に重要です。年収に意識は向きがちになってしまいますが、仕事をするにはお金がいくら良くてもやりがいが無ければ責任感を持って働き続けることが難しくなります。航空会社として第一線を走るANAは就職において難易度は高い企業ですが、どの職種においても高いやりがいがあると言えます。

ThumbANA VISA プラチナの魅力!プレミアムカードはマイル貯めに最適!

ANAの就職する時に気になる年収は?

平均年収

出典: https://souzokuzeihiroba.com

ここからは気になるANAの年収について紹介をしていきます。ANAは社会的にみても高い年収であり、平均ではおよそ818万円となります。日本の平均年収がおよそ430万円となるためほぼ倍となる高い数字です。ANAの年収は年度によって差はありますが、年々増加傾向にあります。就職をすることは難易度が高いですが入れば安泰と言える年収を確保できます。

ANAは社会的にみても高い年収

出典: https://www.smiletravel.info

社会的にみても非常に高い年収となるANAですが、もちろんこれはあくまで平均値です。そのため、職種によっては年収にも差があります。特に年収が多いのはパイロットとなり、多い人ではおよそ2,000万円にもなるため国内でも最高水準です。厳しい訓練や難易度の高い資格の取得、さらには高い操縦スキルを持った人のみ獲得できる数字となります。

初任給

出典: https://www.shukatsu-note.com

では、ANAに就職をしてからの初任給はどれくらいの金額になるのでしょうか。ANAの初任給はおよそ21万円となります。一般的な企業と比較しても特に初任給に差はなく高い数字と言えません。しかし、将来的に考えると非常に給料もよくなるため、最初はしばらく我慢が必要となります。20代の後半からは給料も40万円を越えるため高い水準です。

ボーナスは出る?

出典: https://tonarinokakeibo.com

年収や給料とともに気になるのがボーナスです。ボーナスがあるからこそ仕事を頑張れるといっても過言ではないため、極めて重要なものになります。ANAではボーナスもきちんと支給され、多い人では260万円ほどの高い数字です。そのため、年収にも大きく反映し高い金額を記録しています。様々なスキルや資格を所持しキャリアアップをすることが大事です。

男女別平均年収

出典: http://pointsite-osusume.com

ANAの社員は男性と女性で年収に差はあるのでしょうか。まず男性の平均年収からみていくと、入社当初はおよそ309万円から339万円です。20代の中頃を過ぎるあたりから年収はおよそ605万円から655万円まで上がります。高いスキルや難易度の高い資格を取得し、キャリアアップをし出す30代になると年収はさらにアップし700万円を越える数字です。

年齢とともに差が生まれる

出典: https://job.career-tasu.jp

一方で女性ですが、入社当初の年収については男性と変わらず同じ数字です。しかし、20代になると最高でも605万円ほどになるため男性とは少し差が生まれます。さらに、30代になると673万円となるため徐々に男性との差も広がり最終的には100万円以上の差ができることから、長く勤務することが多い男性の方が高い年収を確保が可能とわかります。

業種別年収

出典: https://shingakunet.com

業種別の年収についてみていきます。ANAだけに限らず多くの企業において言えることですが、高いスキルを有する職種の方が当然年収は高いです。難易度の高い資格を取得することで年収にも影響を与えるため、パイロットであれば1,000万円を越えることが可能となります。他ではCAでおよそ700万円、技術職で600万円から700万円といったところです。

職種によって大きく変わる

出典: https://shingakunet.com

行う業務が異なるため当然年収にも違いは出てきます。学歴によって年収には差が出てくるため、就職をする上では大学卒が有利です。航空学校に入学をして学んだりと様々な入り方がありますが、何においても難易度の高い資格試験に合格し、スキルを有することが給料に反映されてくるため年収にも差を生みます。どの業務にしてもスキルは非常に重要です。

生涯年収

出典: https://www.bengo4.com

最後にANAの生涯年収について説明をします。生涯年収とは入社をしてから退職するまでにいくら稼ぐかという数字です。ANAの生涯年収はおよそ3億7,558万円となっており、日本の平均が1億8,380万円となるため大きく上回っています。学歴やスキル、さらには難易度の高い試験に合格をして得た資格などによっても変動しますが高い数字であるのは確かです。

年収は長い目でみることも大切

出典: https://www.ken-kaku.com

学歴等でも年収には影響をしてきますが、結局は入社したてではなく長い目で年収について考えることが大事になります。入社当初は学歴等関係なく、ANAでもそこまで高い数字とは言えません。しかし、徐々に必要なスキルを習得したり、難易度の高い資格を獲得することでキャリアアップに繋がるため年収にも影響します。日々の積み重ねが非常に大切です。

ThumbANAカードマイルプラスの提携店でマイルもポイントもお得に貯める方法!

ANAの就職したいけど難易度はどれくらい?

ANAの倍率

出典: https://travel.watch.impress.co.jp

ここからはANAに就職をする上で重要となる倍率についてみていきます。ANAに就職をすることは一般的には難易度の高いことと認識されていますが、実際はどうなのでしょうか。まず、ANAに入社するにあたって面接は3回から4回は行われます。そこで、いかに自分をアピールすることができるかが内定を決めるために必要な要素です。

高い倍率で就職も狭き門

出典: https://alis.to

倍率については100倍と言われており、就職内定を決めるには相当難易度が高いです。学歴等も少なからず就職には関係してきます。また、学歴だけでなくいかに高い英語スキルを身につけているかも非常に重要です。職種によっては語学力が必要となるため、就職における書類選考の時点でスキルがなければ落とされることも決して珍しくありません。

大学や学歴フィルターは関係しているのか?

出典: https://careerticket.jp

では、学歴によるフィルターは関係しているのでしょうか。基本的にANAは学歴で人を選ぶことはしないとされていますが、決して全く関係しないとも言えません。大卒という学歴があることは例外を除き基本必須とされていますが、有名大学卒の人はやはり就職には強いです。学歴は関係ないとは言え、名前が有名な大学であれば内定率も高くなります。

書類選考で落とされる可能性も

出典: https://revolverblastblog.com

大卒という学歴では同じ土俵に立ててはいますが、その中でも都内の有名大学や国公立とされる大学等の人は書類選考を突破することが多いです。しかし一方で、有名大学とは言えない人の場合は書類選考の時点で落とされる傾向にあります。最終学歴は同じでもふるいにかけられてしまうと、どうしても名前のある学校が選ばれることは他企業と同じです。

中途採用の募集はあるのか?

出典: https://www.shukatsu-note.com

新卒にばかりスポットがあたりがちですが、ANAでは中途採用の募集は行っているのでしょうか。時期にもよって変わってくる部分はありますが、ANAは積極的に中途採用を行っています。パイロットについては中途採用の応募はされておらず、基本的には事務職・技術職・客室乗務員の中途採用は公式ホームページにも情報として掲載されていることが多いです。

中途採用もあるため随時確認を

出典: https://news.mynavi.jp

パイロットについては非常に難易度の高い資格を取得しておかなければいけない点と、ANA社内で育成するカリキュラムがあることから中途採用を行っていないのではとみられています。上記にある募集している職種について、いずれも高いスキルが求められる仕事です。一流企業となるANAなだけに、中途採用で内定をもらうのは難易度の高いことと言えます。

ThumbANA VISA ワイドゴールドカードのおすすめ度!マイルの貯め方も!

ANAの就職したい!求められる人物像や必要なスキルは?

人物像①ホスピタリティ

出典: https://www.englishpedia.jp

100倍という倍率に勝ち残らなければいけないANAへの就職ですが、高い難易度を突破するためには会社が求めている人物像を把握しておく必要があります。まずANAが求めている人物像はホスピタリティのある人です。ホスピタリティとはコミュニケーション能力です。特に客室乗務員には必要なスキルであり、気持ち良く利用いただくには欠かせません。

人物像②チームワーク

出典: http://team-work-program.com

続いてのANAが求める人物像はチームワークを大事にできる人です。航空業界は様々な人が協力し合い初めて安全に飛行機を飛ばすことができます。そのため、業務内容は違っても関係各所が力を合わせて仕事に取り組む結束力が大切です。チームワークを重んじることができない人は、ANAの就職試験にて勝ち残ることは不可能に近いということができます。

人物像③自責思考

出典: http://and-plus.net

そして続いては自責思考です。自責思考とは失敗をした際に責任を感じきちんと受け止め、解決に向けて考えて行動することができる人を言います。ANAは自責思考を非常に意識しており、人命を預かる仕事内容なだけに中途半端な意識で業務にあたらすわけにはいきません。難易度の高いANAの就職活動で勝ち残るには大事な要素の一つと言えます。

人物像は就職の際重要視される

出典: https://www.recme.jp

ANAでは上記にあったように面接が何度も行われます。もちろん学歴やスキルなども大切ですが、人間性を意識してチェックをされていることが多いです。そのため、いかに会社が求めている人物像に近付くことができるかは難易度の高い倍率に生き残る上で大事なポイントと言えます。就職活動前に自身で求められている人物像を確認することは大切です。

運航乗務職に必要なスキル

出典: https://shingakunet.com

では、運航乗務職に必要なスキルとは一体どういったものになるのでしょうか。パイロット経験者は強い精神力は必要であると口を揃えて言います。多くの人を乗せて飛行するだけに人命を預かっている責任は重大です。利用する人が安全に飛行して目的地に到着するという当たり前を常に行わなければいけません。また、当然のことですが操縦スキルは必要です。

客室乗務員に必要なスキル

出典: https://shingakunet.com

そして、客室乗務員に必要なスキルは接客能力やコミュニケーション能力、語学力などが代表的なものとして挙げられます。また、国際線の客室乗務員となる場合は不規則な生活が続くため、自己管理を行うスキルも非常に重要です。さらに、どの職種にも言えることですが、常に向上心を持って仕事に励むことがお客様への満足度に繋がるため大事になります。

ThumbANA VISA Suicaカードの評判!マイル初心者もお得に貯めよう!

ANAの就職するために確認したい募集内容

募集内容は確認するべき

出典: https://studio728.jp

非常に難易度の高いANAへの就職ですが、押さえておくべき企業が求める人物像などは把握をしておくことが大切です。では、ANAに就職をするために確認しておくことが大事な募集要項について説明をしていきます。募集要項は就職活動をする上で非常に重要で、あてはまらなければそもそも応募すらできません。また、ANAの福利厚生等も紹介していきます。

運航乗務職の募集内容

出典: https://travel.watch.impress.co.jp

運航乗務員となるパイロットの募集要項については、4年制の大学または大学院の文系・理系を卒業もしくは修了するものが第一の条件です。そして、視力については矯正視力が両眼ともに07以上あることとなります。さらに、屈折度がプラスマイナスともに8ジオプトリーを超えないことという条件もあり非常に複雑です。

客室乗務員の募集内容

出典: https://www.aviationwire.jp

人気の職業である客室乗務員の募集要項については、まず学歴は専門学校・高等学校・短期大学・4年制大学の文系または理系を卒業か修了していることが必要です。そして、上記にあったように両眼の視力が1.0以上であること、さらには語学力がスキルとして求められるためTOEIC600点以上を有していることが求められます。

事務職の募集内容

出典: https://jinjibu.jp

続いては事務職になります。事務職においてもパイロットと同じで4年制の大学または大学院を卒業するもしくは修了する見込みがあることが基本となる条件です。事務職についてはそれ以外特に求められている内容はなく、実際に飛行機に乗るわけではないため視力等は関係ありません。しかし、有名大学卒などで就職内定をもらえる可能性は変わってきます。

技術職の募集内容

出典: https://www.ana.co.jp

最後に紹介をするのは技術職になります。ANAの技術職では4年制の大学または大学院において、文系か理系の学科を卒業もしくは修了する見込みがある人が応募可能です。事務職と募集要項は同じになっており、こちらも飛行機に乗り込むわけではないためパイロットや客室乗務員とは異なります。

福利厚生はある?

出典: https://jobrass.com

では、ANAの福利厚生について紹介していきます。福利厚生は就職先を選ぶ上でも非常に重要で、しっかりと意識をして選ぶべきことです。ANAでは各種保険制度に加えて、ANAグループの優待搭乗制度が設けられています。この制度は飛行機に空きがある場合、社員の家族は無料で乗ることができるという非常に魅力的なものです。

充実した内容で評価も高い

出典: http://hr-welfare.jp

保険制度についてもさすがは大企業というだけあり年金や共済会制度など手厚くなっており完璧と言えます。若い頃は福利厚生についてあまり考える人はいません。しかし、将来的に考えると非常に重要になってきます。会社の福利厚生が手厚いほど老後にお金で困ることはないため、きちんと確認をしておくことが大切です。

休暇や休日はある?

出典: https://freetonsha.com

仕事だけでなくきちんと休みを取れるかどうかは会社選びにおいて重要です。働き方が問われている今の時代だからこそ、しっかりと把握をしておくべきと言えます。ANAでは有給休暇や夏季特別休暇、さらにはリフレッシュ休暇などもあり仕事とプライベートのメリハリがつけやすくなっているため気持ちの切り替えも容易です。

インターンの選考対策ポイントは?

出典: https://www.kees-net.com

インターンの選考対策ポイントは、ズバリ面接です。インターンでの就職は一般的には難易度が高いとされています。もちろんANAにおいてもそれは同じですが、きちんと面接対策をしておくことで採用率は大きく変わるため、会社が求める人物像を把握することが大切です。面接が全てではありませんが、ANAの採用では重視される傾向にあります。

航空業界内定者のESを確認しておく

出典: http://out-elite.com

ANAへの就職内定を決めるためには、まずは書類選考をクリアすることが大切です。そのため、どのようにすれば書類選考をパスすることができるかを知っておく必要があります。そこで活用することができるのが内定を勝ち取った人のESです。参考にすることで書類審査を通過することができる可能性は上がります。

ANAの評判

出典: https://news.mynavi.jp

ANAは誰もが知っていると言っても過言ではない有名な航空会社です。まさに一流という言葉がふさわしい会社で、評判も非常に高いものがあります。特にANAは安全意識の高さを評価されており、プロ意識を感じさせてくれるため利用者にとっても安心感に繋がっています。日本国内だけでなく、ANAは海外からも評価が良い世界に誇れる企業です。

世間的にも高い評価の企業

出典: https://travel.watch.impress.co.jp

高い評価は実際に数字としても現れており、日本国内の航空会社で2強とされるJALとは年間の利用者数にも現れています。世間からの高い評価はその会社で仕事をしたいという意欲にも繋がるため、社会的な貢献をしている企業です。多くの人の憧れとされているANAは今後も世界を舞台に活躍することが期待されている会社と言えます。

ThumbANAのマイルは事後登録でも貯めることが出来る?方法や期限も解説!

ANAの就職に必要な学歴や資格まとめ

出典: https://www.mag2.com

ANAに就職するにあたってどのような人物を求めているか、また必要とされる学歴やスキル、資格等はきちんと確認をしておくことが大切です。内定を勝ち取るには難易度の高い会社となるため、しっかりと日々の積み重ねを行い調査をすることが必要となります。募集内容も新卒やインターンで異なるため会社のホームページで確認することも大事です。

ThumbANA VISAワイドゴールドカードのメリット!ラウンジも使用可!審査は?

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ