iDeCoの確定申告・年末調整の書き方を解説!証明書はいつ届く?

iDeCoは資産形成に効果的な「個人型確定拠出年金」で、所得控除などメリットの多い貯蓄方法です。ただしiDeCoの所得控除を受けるためには、年末調整や確定申告を提出しなければなりません。このコーナーでは、iDeCoの年末調整や確定申告の書き方を解説します。

iDeCoの確定申告・年末調整の書き方を解説!証明書はいつ届く?のイメージ

目次

  1. iDeCoの年末調整や確定申告について解説!
  2. iDeCoは年末調整が必要?
  3. iDeCoの年末調整のメリットとは?
  4. iDeCoの年末調整の手続きのやり方:会社員や公務員の場合
  5. iDeCoの年末調整の手続きのやり方:自営業の場合
  6. iDeCoの年末調整の手続きのやり方:申告を忘れていた場合
  7. iDeCoの年末調整や確定申告についてのまとめ

iDeCoの年末調整や確定申告について解説!

出典: https://www.freee.co.jp

iDeCo(イデコ)とは「個人型確定拠出年金」のことで年金の一種ですが、現在貯蓄から資産形成の流れが強まる中、iDeCo(イデコ)はメリットが多いことから多くの人に注目されています。会社員や公務員で掛け金を給料天引きにしている人以外は、年末調整や確定申告で控除証明書を一緒に提出することで還付金が発生します。このページではiDeCoの年末調整の書き方やメリット、確定申告の方法について解説いたします。

ThumbiDeCo(イデコ)をSBI証券で始めるメリットとは?おすすめ投資信託も!

iDeCoは年末調整が必要?

iDeCoに年末調整が必要な理由とは?

出典: https://www.ideco-koushiki.jp

iDeCo(イデコ)の大きなメリットの一つが、その年1年間で掛けた金額の全額が所得金額から控除され、税金が戻ってくることです。税金が戻ってくる金額は人によって変わりますが掛け金が多ければ多いほど還付金が多く、一生の還付金を合計すると数百万円にもなる人もいます。所得税を支払っている人でiDeCo(イデコ)に加入している人は、全員が所得税控除の対象者です。

出典: http://houritsu-madoguchi.com

iDeCo(イデコ)には、元本保証の預金タイプや投資信託タイプがありますが、両方とも掛け金の総額は所得税控除の対象となります。ただし、iDeCo(イデコ)による所得税控除を受けるためには、正しい方法で「年末調整」の手続きを行わなければなりません。公務員や会社員など勤め先が給料からiDeCo(イデコ)の掛け金を天引きしている場合は、基本的には年末調整の手続きは不要です。

所得のズレを直すために年末調整を行う

出典: https://www.officestation.jp

しかし、給料天引きではない公務員や会社員は、iDeCo(イデコ)による所得税控除を受けるためには年末調整が必要です。状況によっては確定申告が必要になることもあります。いずれにしてもiDeCo(イデコ)による還付金は自動で受取るものではなく、年末調整などで申請する必要があることを覚えておきましょう。

出典: https://blog.moneykit.net

年末調整をわかりやすく説明しますと、年末に扶養控除や各種控除の提出により所得税を正しく計算し直し、給与所得者が1年間毎月の給料に応じて概算で支払ってきた所得税を、正しい所得税に照らし合わせて調整する作業です。つまり所得税のズレを直す作業で、年末調整の結果還付金として手元に税金が帰ってきます。iDeCo(イデコ)は積立金全額が所得金額から控除されますのでメリットは大きいです。

出典: https://eigo.plus

例えば毎月2万円をiDeCo(イデコ)で積み立てた場合、1年間で合計24万円の積立金となりますので、年末調整で所得金額から24万円の所得控除として差し引かれ、所得税額が計算し直されます。年末調整時に所得控除の金額が多ければ多いほど税金が戻ってきますので、iDeCo(イデコ)の掛け金全額の所得税控除は税金対策としてメリットが大きく、iDeCo(イデコ)を利用する人が年々増えています。

iDeCoの年末調整で戻ってくる金額とは?

出典: https://sirabee.com

iDeCo(イデコ)を年末調整して戻ってくる金額は、税金の税率や収入、家族構成、各種控除によっても違ってきますので、iDeCo(イデコ)で戻る金額は一概にいくらだということはできません。個人によって状況が違いますので、同じ金額を積み立てていてもシュミレーションの節税額と同じとは限りませんが、参考までにご紹介します。大まかな金額を「節税メリットシュミレーション」で見てみましょう。

出典: https://seniorguide.jp

年齢が20歳の自営業者で年収500万円の人がiDeCo(イデコ)を毎月68,000円積み立てた場合、1年間の節税額が244,800円となります。60歳時点では合計節税額は9,792,000円となり税金対策としてのメリットは非常に大きいです。年齢が20歳の会社員で年収500万円の人がiDeCo(イデコ)を毎月23,000円積み立てた場合は、1年間の節税額が55,200円となり、60歳時点では合計節税額は2,208,000円となります。

出典: https://makomotake.com

年齢が20歳の主婦で年収が103万円の人がiDeCo(イデコ)を毎月23,000円積み立てた場合は、1年間の節税額が0円となります。年収が103万円以下の人がiDeCo(イデコ)に加入しても毎年の節税効果はないのですが、iDeCo(イデコ)には60歳以降の年金受取時の税制優遇や運用益非課税がありますので、老後の資産形成目的でiDeCo(イデコ)に加入するメリットは大きいです。

控除証明書はいつ送られてくる?

出典: https://internet.watch.impress.co.jp

iDeCo(イデコ)をしていると、9月までの実際に支払った掛け金と12月までの予定支払い金額を証明する「小規模企業共済掛金払込証明書」が、国民年金基金連合会より基本的に11月ごろに発送されます。「小規模企業共済掛金払込証明書」は確定申告で所得控除を受けるために必要な書類ですので、控除証明書を受け取ったら年末調整や確定申告する時期まで大事に保管しておいてください。

出典: https://biz.moneyforward.com

iDeCo(イデコ)の場合、初回の掛け金額を払い込んだ月によっては控除証明書が手元に届くのが遅れる場合もあります。iDeCo(イデコ)の控除証明書の種類は、小規模企業共済等掛け金控除です。10月を過ぎると国民年金や小規模企業共済などいろいろな控除証明書が各団体より発送されますので、これらの控除証明書は年末調整や確定申告まで同じ場所に大事に保管しておいてください。

出典: https://www.netbk.co.jp

給与所得者の年末調整でのiDeCo(イデコ)の控除申請は、会社から「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」を受け取り、iDeCo(イデコ)の控除証明書と一緒に会社へ提出します。自営業者の場合は、年末調整は行わず確定申告で行いますので、確定申告の書類を取り寄せiDeCo(イデコ)の控除証明書と一緒に税務署へ持参するか郵送します。書き方に間違いがなければ5月前後に税金は還付されます。

Thumb公務員がiDeCo(イデコ)に加入するとこんなメリットが!注意点も!

iDeCoの年末調整のメリットとは?

所得税の控除・節税

出典: https://www.kintaisystem.com

iDeCo(イデコ)で資産運用している間は、1年間に掛けた掛け金全額が控除対象となりますので、節税対策としてメリットの大きいiDeCo(イデコ)ですが、掛け金額は個人の希望がすべて通るわけではないようです。iDeCo(イデコ)の掛け金は上限が決められており、その範囲内であれば希望通り自由に設定できます。

出典: https://momonestyle.com

iDeCo(イデコ)の掛け金の上限は、会社員や自営業者、専業主婦など業種や立場によって違っており、企業年金などがない自営業者がもっとも高く設定されています。自営業者のiDeCo(イデコ)の上限金額は月額で68,000円、年額にすると816,000円となります。会社員の場合は、企業年金に加入しているがいないかでiDeCo(イデコ)の上限金額は変わります。企業年金加入者では上限金額が月額12,000円で、年額にすると144,000円となります。

出典: https://www.matsui.co.jp

企業年金未加入者の上限金額は企業年金加入者よりも少し高めに設定されており月額で23,0000円で年額にすると276,000円となります。専業主婦の場合は、会社員の企業年金未加入者の上限金額と同じで、月額で23,0000円で年額にすると276,000円です。個人年金保険に加入している場合、最大でも1年間に40,000円の所得控除ですので、iDeCo(イデコ)の節税対策のメリットが大きいことが伺えます。

出典: https://tyoukitousi-fp.com

例えば所得税率が20%の企業年金未加入会社員がiDeCo(イデコ)に月額20,000円を給料から天引きした場合の具体的な節税メリットを見てみますと、1年間のiDeCo(イデコ)掛け金総額が240,000円となりますので、戻ってくる所得税は240,000円×20%で48,000円となります。

運用益の控除・節税

出典: http://seitai-sanwa.com

iDeCo(イデコ)の資産運用方法は、金融機関によっていろいろなコースが準備されていますが、大きく分けて定期預金や保険などの預金タイプと投資信託などの運用タイプに分けられます。通常は預金やNISA以外の株式資産運用で得られた収益には、収益に対し20%の税金が課せられますが、どのような商品であってもiDeCo(イデコ)で得られた収益は非課税とされていますので、税金はかかりません。

出典: https://bank.epark.jp

iDeCo(イデコ)は積立式になっていますので運用益が発生すると毎年積み立てられ、節税対策としてメリットが大きいですが、運用の仕方によっては税金の非課税を生かせなかったり損切りなど損失となるリスクもあるため、初心者にとってiDeCo(イデコ)の資産活用の選択が難しいところです。

現代は定期預金の利息が少ないですので投資信託に人気が集まっていますが、株式はリスクを伴いますので、初心者が投資信託を購入する場合は、損失の可能性を考えて安全なものとリスクのあるものとの配分が大事となります。

年金に関する所得税の控除・節税

出典: https://anahotel-kumamoto.com

iDeCo(イデコ)を年金として受け取る方法は二通りあります。iDeCo(イデコ)の年金の受け取り方法は、生活状況に合わせて分割と一括のどちらかを自由に選ぶことができますが、受け取る方法によって所得税の控除や節税メリットが違ってきます。分割で受取る場合は公的年金控除が適用され、一括で一時金として受取る場合は退職所得控除が適用されますが、計上された金額は雑所得となり税金の対象となります。

出典: https://allabout.co.jp

具体的に説明しますと、iDeCo(イデコ)を分割で受け取る場合は、iDeCo(イデコ)で受取った1年間の金額と他の1年間の公的年金を合算した合計額が受給した1年間の年金総額となります。税金対象となる雑所得の計算式は「受取年金年額×割合ー公的年金控除額」で、割合や控除額は年齢や年金総額によって変わります。例えば65歳未満の場合を見てみますと、年金の受給額が70万円~130万円未満の場合は、割合は100%で控除額は70万円です。

出典: https://www.mag2.com

年金の受給額が130万円~410万円未満の場合は、割合は75%で控除額は37万5千円です。つまり、65歳未満の場合、公的年金とiDeCo(イデコ)で受取った1年間の金額の合計が70万円以下であれば雑所得は0円ですが、それ以上になると雑所得が計上されていきます。また65歳以上の場合を見てみますと、年金の受給額が120万円~330万円未満の場合は、割合は100%で控除額は120万円です。

出典: https://www.e-shimada.com

年金の受給額が330万円~410万円未満の場合は、割合は75%で控除額は37万5千円です。つまり、65歳以上の場合、公的年金とiDeCo(イデコ)で受取った1年間の金額の合計が120万円以下であれば雑所得は0円ですが、それ以上になると雑所得が計上されていきます。

出典: https://getnavi.jp

一括で一時金として受取る場合は、受取り金額から退職所得控除を引いた金額が税金対象となりますが、iDeCo(イデコ)の積立年数によって退職所得控除の算出の仕方が違ってきます。iDeCo(イデコ)の積立年数が20年を超える場合は「800万円+70万円×(積立年数ー20年)」で、iDeCo(イデコ)の積立年数が20年を下回る場合は「40万円×積立年数」で算出されます。

出典: https://biz.moneyforward.com

このようにiDeCo(イデコ)は、老後の生活資金として貯蓄しながら積み立て金全額が所得控除となり、その上運用益も非課税となりますので、大変メリットの大きい制度です。年々iDeCo(イデコ)を利用している人が増えており、現在では厚生労働省の発表によると確定拠出年金の施行状況は全国で85万人とされています。

年末調整や確定申告をする際の注意点とは?

出典: http://rikon-bengoshi.jp

iDeCo(イデコ)の年末調整や確定申告のときの注意点を、3点ほどお知らせします。1点目は年収が103万円以下の主婦の場合です。年収が103万円以下であれば所得税の対象とならないため、iDeCo(イデコ)の年末調整や確定申告をする必要はありません。ただし、主婦に税金対象の収入がある場合は、夫が会社で年末調整をしても夫とは別にiDeCo(イデコ)の確定申告を行いましょう。

出典: https://kotaemasu.com

2点目はiDeCo(イデコ)の控除証明書と実際の掛け金の相違がある場合です。10月から11月にかけて発送される控除証明書の小規模企業共済掛金払込証明書には、9月までの支払い掛け金と10月から年末までの支払い予定金額が記載されていますが、実際の10月以降の予定掛け金と控除証明書の予定金額に相違がある場合は、年末調整のときに預金通帳のコピーを一緒に提出して確かな内容を証明しましょう。

出典: https://fei-ren.com

3点目が控除証明書である小規模企業共済掛金払込証明書を失くした場合です。控除証明書を失くした場合は、独立行政法人中小企業基盤整備機構に問い合わせて速やかに再発行しましょう。給与所得者は年末調整の時に「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」と小規模企業共済掛金払込証明書を一緒に会社に提出しますが、再発行が会社の年末調整に間に合わない場合は、自分で確定申告を行ってください。

ThumbiDeCoの金融機関を徹底比較!手数料や口座管理料が一番お得なのは?

iDeCoの年末調整の手続きのやり方:会社員や公務員の場合

小規模企業共済等掛金払込証明書とは?

出典: https://manetasu.jp

小規模企業共済掛金払込証明書とは、iDeCo(イデコ)を取りまとめている国民年金基金連合会から発送される、iDeCo(イデコ)の加入者が1年間に支払った掛け金トータルを証明するための書類です。小規模企業共済掛金払込証明書には9月までの実際に支払った金額が記載され、10月から12月までは払い込み予定金額が記載されています。

小規模企業共済掛金払込証明書は、年末調整や確定申告で所得控除を受けるための大事な控除証明書ですので、失くさないように大事に保管しておきましょう。ただし、公務員や会社員でiDeCo(イデコ)の掛け金を給料天引きしている場合は、iDeCo(イデコ)の年末調整は不用ですので小規模企業共済掛金払込証明書は発行されません。

確定申告をしなければいけないケースとは?

出典: https://yuubinya.com

小規模企業共済掛金払込証明書が年末調整に間に合う場合はiDeCo(イデコ)の確定申告は必要ないのですが、iDeCo(イデコ)の月払い選択で初回の掛け金支払い月次第では確定申告が必要になるケースがあります。iDeCo(イデコ)の初回の掛け金を11月に支払った場合は、控除証明書の送付予定は12月下旬ですし、12月に初回の掛け金を払った場合は払い込み証明書の送付予定は翌年1月下旬となります。

出典: https://www.nuri-kae.jp

この場合控除証明書が年末調整までに間に合いませんので、確定申告を行ってください。また、控除証明書の発送後に掛け金変更を行った場合は、後日変更後の掛け金が記載された控除証明書が発送されますが、年末調整に間に合わない場合はこの場合も確定申告を行ってください。

出典: https://www.tantonet.jp

ただし、iDeCo(イデコ)の掛け金支払いが月別であっても「年単位拠出」を選択している場合は、2018年度より1年間のトータル予定金額が記載された小規模企業共済掛金払込証明書が、10月下旬頃発送されます。

給与所得者の保険料控除申告書の書き方とは?

出典: https://www.tantonet.jp

給与所得者のiDeCo(イデコ)の書き方をお知らせします。給与所得者は、会社から給与所得者の保険料控除申告書をもらって、正しい書き方で必要事項を記入します。「給与所得者の保険料控除申告書」の右下に「小規模企業共済掛金控除」を書く欄があります。

出典: http://bubbles.whdno.com

給与所得者のiDeCo(イデコ)の書き方は非常に簡単で、項目が4つに分かれていますので「確定拠出年金法に規定する個人型年金加入者掛金」の欄に当年のiDeCo(イデコ)で支払った年額を記入してください。年末調整時に給与所得者の保険料控除申告書と一緒に控除証明書の小規模企業共済掛金払込証明書を一緒に会社へ提出します。

ThumbiDeCoに潜むデメリットとは?個人型確定拠出年金のメリットも解説!

iDeCoの年末調整の手続きのやり方:自営業の場合

自営業者は年末調整ではなく確定申告を行う

出典: https://entrenet.jp

自営業者がiDeCo(イデコ)の控除を受ける場合の書類の書き方をお知らせいます。自営業者は、年末調整ではなく確定申告で行います。確定申告書Bの書類を取り寄せ、正しい書き方でiDeCo(イデコ)の控除を申請してください。次の項目で確定申告書Bの書き方をお知らせします。

確定申告書Bの書き方とは?

出典: https://www.tantonet.jp

確定申告書Bの書き方は、初心者でも一度覚えておけば簡単です。確定申告書B第一表の左下「所得から差し引かれる金額」の中の13番が、iDeCo(イデコ)の金額を書く欄です。「小規模企業共済等掛金控除」と記載されていますので、その横に1年間にiDeCo(イデコ)で支払った総額を記入してください。

出典: https://www.monodanekaikei.com

「所得から差し引かれる金額」欄に書いた控除は、控除の詳細を確定申告書B第二表に記入するのが確定申告の正しい書き方です。iDeCo(イデコ)で支払った総額を「小規模企業共済等掛金控除」欄に記入したら、確定申告書B第二表の13番の「小規模企業共済等掛金控除」欄の「掛金の種類」欄に「個人型確定拠出年金」と書いてください。

出典: https://www.sansaibooks.co.jp

また「支払掛金」と「合計」欄にiDeCo(イデコ)で支払った総額を書きます。確定申告の期日は2月16日~3月15日となっていますので、確定申告書Bと小規模企業共済等掛金払込証明書を一緒に税務署へ提出してください。後は還付金を待つだけです。

iDeCoの年末調整の手続きのやり方:申告を忘れていた場合

年収が103万以上の主婦や主夫も同様の手続き

出典: https://callcenternavi.jp

会社員や公務員の人が年末調整をし忘れていたり、年末調整に小規模企業共済等掛金払込証明書が間に合わない場合は、確定申告で税金の還付を受けることができます。また、年収が103万以上の主婦や主夫も同様の手続きで還付金を受けることができます。確定申告書Aの書類を取り寄せ、正しい書き方でiDeCo(イデコ)の所得控除を申請してください。次の項目で確定申告書Aの書き方をお知らせしましょう。

確定申告書Aの書き方とは?

出典: http://alliancellp.net

確定申告書Aの書き方は、初心者でも一度覚えておけば難しくはありません。確定申告書A第一表の左中央部にある「所得から差し引かれる金額」の中の7番が、iDeCo(イデコ)の金額を書く欄です。「小規模企業共済等掛金控除」と記載されていますので、その横に1年間にiDeCo(イデコ)で支払った総額を記入してください。

出典: https://manetasu.jp

「所得から差し引かれる金額」欄に書いた控除は、控除の詳細を確定申告書A第二表に記入するのが確定申告の正しい書き方です。iDeCo(イデコ)で支払った総額を「小規模企業共済等掛金控除」欄に記入したら、確定申告書A第二表の7番の「小規模企業共済等掛金控除」欄の「掛金の種類」欄に「個人型確定拠出年金」と書いてください。

出典: https://keiei.freee.co.jp

また「支払掛金」と「合計」欄にiDeCo(イデコ)で支払った掛け金の総額を書きます。確定申告の期日は2月16日~3月15日となっていますので、確定申告書Bと小規模企業共済等掛金払込証明書を一緒に税務署へ提出してください。

iDeCoの年末調整や確定申告についてのまとめ

出典: https://moneytimes.jp

DeCo(イデコ)は、老後の生活資金のための貯蓄や積み立て額の控除、運用益の非課税、受け取り時の控除など大変メリットの大きい制度といえます。iDeCo(イデコ)人気は年々深まり、現在ではiDeCo(イデコ)の利用者は全国で85万人といわれています。iDeCo(イデコ)のメリットを受け取るには年末調整や確定申告を行う必要がありますので、申告書と送られてくるiDeCo(イデコ)の控除証明書を一緒に所定の場所へ提出しましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ