つみたてNISA(積立NISA)のおすすめ銘柄・商品6選!

積立NISAでは特定口座で購入した投資信託などの商品を運用して出た利益が非課税扱いになるのですが、小資金から始めることができるので初心者にもおすすめな銘柄や商品を紹介します。積立NISAをこれから始めるためのおすすめな銘柄や証券会社を紹介します。

つみたてNISA(積立NISA)のおすすめ銘柄・商品6選!のイメージ

目次

  1. つみたてNISA(積立NISA)のおすすめ銘柄や商品が気になる
  2. つみたてNISAのおすすめファンド・銘柄や商品6選
  3. つみたてNISAのおすすめの銘柄や商品の組み合わせ
  4. つみたてNISA(積立NISA)のおすすめの口座の選び方
  5. つみたてNISA(積立NISA)のおすすめの証券会社
  6. つみたてNISA(積立NISA)には元本割れのリスクが
  7. つみたてNISA(積立NISA)のおすすめ銘柄・商品まとめ

つみたてNISA(積立NISA)のおすすめ銘柄や商品が気になる

出典: https://setsuyaku-monogatari.net

投資をしていくために活用していきたいのが積立NISAです。投資できる商品の種類が限られていて約160種類といわれているのですが、これから投資を始めるのであれば多すぎると感じてしまい、選び方がわからないはずです。積立NISAで運用することができるおすすめする投資信託の商品や選び方を紹介します。

Thumb積立NISAのデメリットを徹底解説!失敗しない資産運用のコツは?

つみたてNISAのおすすめファンド・銘柄や商品6選

出典: https://zuuonline.com

おすすめする投資信託で、積立NISAを一番お得に運用するための選び方に必要となるのが証券会社です。積立NISAを証券会社によってお得に運用することもできます。初心者向けの投資信託で、安心して運用できるリスクの少ないものの選び方も紹介していきます。

出典: https://setsuyaku-monogatari.net

報酬は限りなく低いノーロード型は、基本的にインデックスファンドという日経平均やTOPIXなどの株価指標と同じような動きをするものが選ばれます。

①楽天バンガードファンドシリーズ

出典: https://stock-bitcoin.com

米国投資会社バンガード社のETFを買い付けている投資信託である楽天バンガードファンドは、バンガード社という米国でも超人気の会社で運用資産額が第2位の実績を誇っている企業となってます。運用資産残高が530兆円を誇っている再開催大雄の運用会社で、インデックスファンドでは世界ナンバー1のシェア率を誇っているので、積立NISAの対象商品の中でも人気の高いETFとなっています。

出典: http://masakisuge.blog.jp

全米株式全域に投資していることで、信託報酬が約0.17%と非常に低コストなのも特徴となっていて、純資産が右肩上がりとなって伸びていることから、積立NISAの長期運用をする選び方としてはおすすめできる商品です。楽天は何もしなくても米国ETFを国内投資信託で運用しているというものです。

②eMAXISシリーズ

出典: https://googmei.com

これ1本の投資信託を利用することで、全世界の株式にまとめて投資することが可能となっていて、それぞれ均等に株式を保有するわかりやすいコンセプトのバランスファンドです。実質的な投資先はすべて株式になっているので、インデックス投資に忠実で全体の9割以上が海外株式という内容になっているので、株式への国際分散投資をすることができます。

出典: https://yamacorp.hatenablog.com

株式だけに単体で投資するのもいいのですが、他のファンドとの組み合わせで株式比率を高める選び方をしてもいいでしょう。為替リスクの小さい日本株と高い成長率が期待できる新興国株をオーバーウェイトしたいと考えているのであれば十分有力なので、投資方針選び方を考えていきましょう。

出典: https://nisa-shosinsya.com

分類上はバランスファンドなのですが、債券やREITは一切含まれていないので、株式型ファンドとして選び方がいいかもしれません。年々成長し続けている世界経済なので、米国以外にも投資していくと利益が得られる可能性も高くなります。純資産の大きさは、楽天全米株式インデックスファンドに匹敵するほど大規模なので、それだけ投資家からの需要もあることがわかります。

出典: https://www.aeonbank.co.jp

先進国株式インデックスは、信託報酬が約0.12%と最安レベルとなっていることも大きなメリットになっています。維持コストが安いので、積立NISAを運用していくには効果的となっていて、手軽ながら幅広く分散投資することができます。

③ひふみプラス

出典: https://akilog.jp

ひふみプラスでは、国内外の上場株式を主要となる投資対象としていて、市場価値が割安だと思える銘柄の選び方して投資を行っている商品となっています。アクティブ型の投資信託として、基本的に信託報酬が高めとなっているので敬遠されてしまいがちですが、ひふみプラスでは圧倒的なリターンがあることで人気を集めています。

出典: https://deru.site

純資産が6300億円以上もあることから、他と比べても規格外のレベルとなっています。ひふみプラスの純資産は1000億円をはるかに超えているので、実際に0.8424%の信託報酬で運用できているのです。インデックス型に比べるとコストが高くなってしまいますが、その分リターン率が期待できる商品となっているので、積立NISAを利用するときにひふみプラスを組み込んむのもおすすめです。

出典: https://www.crowdport.jp

運用益が非課税となる積立NISAのメリットを最大限に利用することができ、利益率が高くなれば節税効果も大きくなります。インデックス型の商品と組み合わせることで、リスクとリターンのバランスを取る選び方をしましょう。

④ニッセイ外国株式インデックスファンド

出典: http://dollarplant.seesaa.net

積立NISAでニッセイ外国株式インデックスファンドでは、MSCIコクサイインデックスをベンチマークしているインデックスファンドなのです。信託報酬改定が施行されてから、年0.189%から年0.109%に変更されました。日本を除いた先進国22か国の株式に、年0.109%という非常に低いコストで国際分散投資できる時代になりました。

出典: https://www.tantonet.jp

今後も信託報酬がさらに価格競争になりそうなので注目を集めています。ニッセイ外国株式インデックスファンドでは、MSCIコクサイインデックスという指数に連動しているインデックスファンドなので、このファンドが購入すると、日本を除いた先進22ヵ国で約1300社の株式にまとめて投資する選び方ができます。

出典: https://zuuonline.com

アップルやマイクロソフト、アマゾンなどの世界的な企業の株を買うこともできます。指数に含まれている銘柄や国は、時代によって変わるのでずっと同じではありません。

出典: https://www.crowdport.jp

積立NISAの対象商品となっている約160本は、大きく9つのカテゴリーに分かれていて、ニッセイ外国株式インデックスファンドはその中から最もおすすめされている指定されているインデックスファンド、株式のみ、海外型カテゴリーのファンドの選び方となっています。

出典: https://el-lab.jp

このカテゴリーにはさまざまな商品があるのですが、なぜこの商品が1位に選ばれているのかは、MSCIコクサイインデックスに連動されているので、信託報酬が安く資産残高が大きいためです。

⑤大和-iFree S&P500インデックス

出典: http://k-julia.hatenablog.com

この銘柄ではS&P500指数に連動した成績を目指すインデックス投信をしている投資信託の選び方になってます。S&P500は、米国投資情報会社であるスタンダードアンドプアーズ社が算出している米国の代表的な株価指数となっています。NASDAQのような有名なところに上場している銘柄のうち、代表的なもの500銘柄の株価を基にして算出する選び方をしています。

出典: https://fpcafe.jp

S&P500指数に組み込まれている銘柄は誰もが知っているような有名企業ばかりです。世界1位でもある投資家のウォーレンバフェット氏も、S&P500に連動されているようなインデックスファンドへの投資をすすめているので、単純な考え方かもしれませんが、投資の神様が行っているのですから素人が考えるよりうまい選び方をします。

出典: https://manetasu.jp

S&P500を積立NISAで積み立てをしていくのであれば投資素人でもプロのような成績が出せる選び方ということです。

⑥楽天インデックスバランスファンド

出典: https://money-knowhow.com

国際分散が基本となっている楽天インデックスバランスファンドですが、30%ほどの債券が組み込まれているバランスファンドとなっています。全体の70%が全世界株式で残りの30%は全世界の債券となっているので、世界中の株式や債券に投資することができます。信託報酬が0.2456%と最安値ではありますが十分な水準となってます。

出典: https://moneytimes.jp

バランスファンドは多数存在していますが、その多くが日本株と日本債券の割合が高くなる選び方をしているのですが、国際分散が重視された投資信託は少ないです。類似商品の中では圧倒的な低コストとなっているので、国際分散型のバランスファンドとして優秀です。

出典: https://www.hanzawa-banker.com

注意しておきたいのは、債券部分に為替ヘッジが付いているので好みが分かれてしまいます。株式比率が50%のものや株式比率が30%となっている姉妹商品もあるので、長期投資で選び方のメインは株式であると考えることをおすすめします。

Thumb積立NISAとは?仕組みやリスク・注意点までわかりやすく解説!

つみたてNISAのおすすめの銘柄や商品の組み合わせ

出典: https://www.tantonet.jp

ファンドそれぞれの投資先の選び方と信託報酬年率を見てみると、投資先がアメリカ中心になっています。アマゾンやGoogle、マイクロソフトのような世界でもトップクラスの企業が上場している国がアメリカなので、投資先の選び方としては最高です。

出典: https://zuuonline.com

この投資先に信託報酬年率を考えるのであれば、ひとつの銘柄に投資す方がいいのか、組み合わせて投資する方がいいのか個人の投資スタイルも考えなければいけません。あくまでも投資先の選び方と信託報酬率のみでの考えとなりますが、銘柄がひとつの場合と組み合わせた場合の年率リターンは考えておきましょう。

世界中へ投資でリスクを減らす方法

出典: http://wave-ichigaya.com

アメリカを含めている全世界の株式となる約8000銘柄に投資することを可能にすることで、リスク分散ができるというメリットもあるので、全世界株式インデックスファンドがいいでしょう。組み合わせて投資するのであってもインデクスの方がよく、アメリカ大型株が投資対象となっているので利益のプラスが見込めます。

コストを最小限に抑える方法

出典: https://dc-startclub.com

積立NISAでコストを最小限に抑えたいのであれば、楽天全米株式インデックスファンドのようなコストを抑えることのできる株式ファンドを選びましょう。信託報酬年率が低いこともあり長期運用に向いているといえます。投資先がそれぞれ異なるのであれば、個人投資スタイルに合わせた選び方をしてもいいでしょう。楽天全米株式インデックスファンドは投資先がアメリカ上場約4000株となっています。

出典: http://www.kabu-hajimeru2017.com

アメリカの成長力はまだあるので、積立NISAの20年という期間なら間違いなく利益が見込めます。全世界の株式への投資なので、リスク分散が可能となっているので、安定的な利益が狙えます。低コストという面から見ても無理に組合すことをするのではなく、ひとつの銘柄を買い続ける選び方もいいでしょう。

不動産にも投資する方法

出典: https://www.fincy.jp

国内や先進国の不動産に投資することができる、eMaxis Slinバランスがおすすめです。この銘柄は国内への投資割愛が高めということもあり、この辺はそれぞれの投資スタイルによりって、どう考えるか違いが出ます。投資先を分散することで、楽天全米株式インデックスファンドやニッセイ外国株式インデックスファンドなどを組み合わるのもいいです。

リスクを抑えて大きなリターンを狙う方法

出典: https://ideco-ipo-nisa.com

リスクをできるだけ抑えてリターンを大きなものにしたいのであれば、ひふみプラスとともにニッセイ外国株式インデックスファンドがおすすめの組み合わといえます。

出典: https://www.lay-up.net

信託報酬年率は低いのですが、日本を除く世界主要先進国Lに投資できるニッセイ外国株式インデックスファンドと、信託報酬年率が高いのですが、大きなリターンを狙うことのできるひふみプラスは国内株式中心としているので、結果として投資先が世界全体になる最適な組み合わせになります。

投資先を決められない場合は?

出典: https://cktt.jp

銘柄をひとつに絞れないのであれば、積立NISAで楽天全米株式インデックスファンドを選択してください。アメリカはまだ成長が見込める国ですし、過去数十年以上が持続的に安定成長が実現していることによって、経済規模が歴史上出も史上最高値を更新してい手最大となっています。

ThumbSBI証券の積立NISAメリットまとめ!買い方からおすすめ商品まで!

つみたてNISA(積立NISA)のおすすめの口座の選び方

出典: https://manetasu.jp

積立NISAをどこで始めるべきなのか迷ってしまいます。口座を開く前にチェックしておかなければ言えないポイントを紹介していくので、自分にあったものを選ぶようにしてください。積立NISAは、銀行や証券会社で始めることができるのですが、銀行よりも証券会社の方が、使い勝手がいいのでおすすめです。

出典: https://shisan-investment.net

積立NISAの口座は、原則1人1口座の開設しかできないので、非課税期間の20年という長期間となっていることから、必然的に長期的な付き合いをしていくことに暗るので、金融機関選びは重要なポイントになってきます。自分に合った金融機関を選ぶためのポイントを解説していくので、自分に合った金融機関を見つけてください。

取引したい商品があるか

出典: https://matsunosuke.jp

積立NISAで投資することのできる投資信託は100本以上が対象となっているのですが、それらの中からどれをラインナップしているかは各金融機関によって決められます。ということは、どの銀行やどの証券会社であっても同じ商品に投資できるということではないのです。

出典: https://www.crowdport.jp

積立NISAの口座を開設した後から、自分が投資したい商品が見つからないということがないように、あらかじめ確認してから口座開設するようにしてください。たとえて言うなら、新興国株式に投資してみたいと考えているのに、口座を開いた金融機関で取り扱いがないということもあります。

出典: https://roudou-kigyou.com

ですから、おすすめの商品ラインナップが豊富な金融機関を戦tカウすることで、投資信託を購入する選択肢の幅も広がるので、商品選びで困ることが少なくなります。

金融機関独自のサービス

出典: https://money-bu-jpx.com

金融機関によって、積立NISAの使い勝手も変わってきます。ある証券会社の投資信託である積立日を月1回しか指定指定のが、違う証券会社では毎週設定できるという感じで、サービスの内容がそれぞれで違いがあります。また、資産運用をアドバイスしてくれるツールなどのほかにも、取引を便利にしてくれるツールも用意されている金融機関があります。

出典: https://www.aeonbank.co.jp

積立NISAの口座開設後のサポートが充実しているかも、比較するポイントの一つとなってきます。積立NISAを運用し始めると、途中からわからないこともたくさん出てくるかもしれません。ネット上で解説してる記事や動画もありますが、コールセンターに問い合わせたときに親切な対応をしてもらえるかも、事前に確認してください。

出典: https://okanenokozuchi.com

サイトや電話だけでのサポートだけでは不安を感じている方には、対面で質問や相談をすることができる窓口が用意されているのかも金融機関を選ぶポイントにしてもいいでしょう。メガバンクやゆうちょ銀行、証券会社などの窓口では、積立NISA以外でもお金に関する相談に乗ってもらうことができます。

出典: https://luluntory.com

営業時間中に窓口に行くことができなくても、平日夜間や休日にセミナーや相談会を開いているところもあります。ネット証券を選ぶのであればSBI証券や楽天証券を選択するのがおすすめです。投資信託を買い付けする日を1か月の中で複数日に設定することもできるので、他のネット証券を利用するよりもリスク分散を重視したいのであればおすすめです。

特典やキャンペーン

出典: https://net-shoken.com

金融機関によってですが、口座を開設することで特典を受けることができるキャンペーンが実施されている時期があります。自分が注目している金融機関があるのであれば、キャンペーンが実施されている時期にうまく活用していきましょう。

出典: https://zuuonline.com

金融機関によっては、積立NISAの口座を開設するだけでキャッシュバックが付いているものがあったり、プレゼントがもらえたりする特典もあるので、せっかく始めるのであればキャンペーンをきっかけに始めるのもおすすめです。

税金優遇は1つの金融機関のみ

出典: http://ichiokuen-wo.jp

口座を選ぶときのポイントにもなりますが、NISAの口座を開くときに覚えて起きたいことですが、通常の証券外車の口座を利用するときには、一度に複数の金融機関で開設することができます。積立NISAや一般NISAのような税金が優遇される口座の場合には、2つ以上の金融機関で並行して運用することができません。

出典: https://sensis.jp

例えるなら、2018年にある証券会社のほかに別の証券会社で積立NISAの口座を開設していたて、年間80万円分の非課税投資枠を両方の証券会社の口座でもらうことはできません。

銀行か証券会社か

出典: https://money-laboratory-ryoma.net

銀行で積立NISAは限られた投資信託しか購入することができないのですが、将来的なことを見据えてETFや株の運用も考えてるなら、株も購入することができる証券会社を選択してください。最低購入金額や積立頻度を選択ることも、各金融機関で違います。

出典: https://www.cubmaga.com

最低購入金額は、ネット証券では月額100円からスタートすることができので、資金に余裕がない方でも投資自体が初めてで大きな金額を投資で起案方にもおすすめです。最低購入金額が月額1000円からとなっている金融機関が多くありますが、中には月額1万円からという金融機関もあります。

出典: https://all-in-one-investment.net

どの金融機関でも毎月の積立はできるのですが、毎日や毎週のような積立は一部のネット証券でしか取り扱っていません。金融機関によって積立頻度も異なるので確認してください。積立NISAを始めるときに銀行よりネット証券を利用することをおすすめします。最近は銀行系の金融機関であっても、インターネットで取引することができるようになってきています。

出典: https://manepigu.com

しかし、ネット証券の場合にはインターネットで口座情報を確認することもできますし、取引をすることもできるので、店頭まで出向くという手間もかからいメリットもあるネット証券がおすすめです。

つみたてNISA(積立NISA)のおすすめの証券会社

出典: https://tsuker.net

積立NISAを活用するためには通常の証券口座ではなく、専用の積立NISA口座を開設しなければいけません。現行のNISAの口座と併用することもできないし、同一年中に両方の口座を持つことができなくなっているのですが、年ごとに口座を変更することはできます。

出典: https://miyavi.net

投資初心者向けに積立NISA口座を一度開設すると1年間は金融機関を変更することもできないので、どの金融機関で積立NISA口座を開設するか選び方も重要となってきます。購入可能な積立NISA対象商品の銘柄、取扱数やサービス内容も変わってくるので、おすすめな証券会社の選び方を紹介します。

楽天証券

出典: https://www.miletraveling.tokyo

ネット証券で最大手となる楽天証券では、積立NISAでおすすめな証券会社として最有力候補となっています。取扱いのある投資信託が162銘柄のうち、150銘柄と業界最高クラスの商品ラインナップとなっています。これだけ豊富だからこそ選択肢に困ってしまうことがあります。

出典: https://www.crowdport.jp

積み立てするタイミングも毎日と毎月が選択でき、こうにゅうかいすうを増やすことで分散できる数少ないネット証券となってます。一度積み立て設定をすれと、あとは放置でも自動的に積み立てしているので、購入回数が増えても手間が増えることがありません。

出典: https://ideco-ipo-nisa.com

楽天証券はファンドごとに100円から積み立てすることができ、楽天スーパーポイントで投資することができるので、楽天カード決済で積み立てするとポイントを貯めることもできます。ポイント還元率でも強い楽天証券ですが、貯まった楽天ポイントで投資信託を買い付けや積み立てに使用することができるので、現金余力を残して効率のいい投資をすることもできます。

出典: https://moneytimes.jp

楽天銀行と併用することもでき、投資信託の保有残高が10万円ごとに毎月4ポイント付与され、銀行の普通預金金利がアップする優遇も受けられます。楽天グループのサービスをフル活用することで、賭けているものがあれば準備しておきましょう。

出典: http://www.takokichi.com

楽天証券では他に、投資商品をまとめて設定することができるまとめてつみたて機能があり、完全放置で積立投信が可能となっていて全自動ロボアドバイザーである楽ラップも利用することができます。積立NISAを始める初心者であれば、楽天証券に口座を開設することで最もメリットを感じることができます。

SBI証券

出典: https://www.money-press.info

積立NISAを始める初心者が選択肢に入れておきたいのがSBI証券です。SBI証券もネット証券の中で人気の証券会社で、金融業界で最大手ということもあり、資産運用する際の安心感があります。取り扱い商品数も150本とトップクラスの銘柄数となっているのですが、楽天証券よりもポイントサービスがやや見劣りすることろがあります。

出典: https://chisoku.me

積み立てするタイミングも5種類から選択できるので、より細かく積立日を指定することができるので、幅広い設定に対応することができます。銀行口座として人気の高い住信SBIネット銀行と相性がよく、SBIハイブリッド預金で普通預金よりも高金利になります。SBI証券にカートつみたてという積立NISA専用の便利なツールも用意されています。

出典: http://www.cubmaga.com

この機能は年間投資枠の利用状況をグラフにして確認でき、複数投資商品の積立設定が一括で設定することができるので、投資初心者であっても使いやすいメリットがあります。証券会社を使い慣れていないのであれば管理も大変ですが、積立設定の確認や変更を行うのに時間はかかりません。一目でわかりやすい積立NISA専用画面が用意されています。

カブドットコム証券

出典: https://minkabu.jp

カブドットコム証券では積立NISAの取り扱いは開始されたばかりですが、取り扱いされている商品数がすでに141本まで増えています。最低投資額が500円から1円単位となっているので、小額から投資ることができます。銀行口座振替にも対応しているので、金融機関は三菱UFJ銀行や三井住友銀行を含む7社のみに限定されているので、選択肢は少なくなってしまいます。

出典: https://www.crowdport.jp

カブドットコム証券はパソコン以外でも、スマホやタブレットからも積み立てすることができるシンプルな設定となっているので、外出先からでもつみたてせっていを行うことができます。カブドットコム証券の大きな特徴としては、ゆうちょ銀行以外の金融機関で100億円未満の即日出金をすることができます。

出典: http://ichiokuen-wo.jp

楽天証券では1000万円で楽天銀行のみとなっていて、松井証券では200万円までが上限となっているので、圧倒的な大口出金が即日可能となっています。カブドットコム証券では大口投資ができるのであれば、メリットが大きなネット証券となっています。

松井証券

出典: https://sin-savingmoney.com

松井証券では新しいサービスが展開されていて、使いやすさが向上しているネット証券となっています。最低投資額が100円~となっていて、投資信託のラインナップも引けを取らない豊富さがあります。積立設定も3種類から選べることで、時間分散投資ができるのも魅力となってます。松井証券の積立NISAは、定期自動入金サービスが開始されてたことで初回設定後は入金の手間が省けます。

出典: http://alpaca-assets.com

振替するときの手数料が無料なのも魅力のひとつです。松井証券ポイントが保有残高に応じて、年率0.1%貯まるようになっていて、松井証券ポイントはAmazonギフト券や3000種類以上ある各種商品と交換することができ、投資信託3銘柄にに限ってですがポイント投資をすることができます。

出典: https://startnisa.com

投資に関するニュースやマーケット情報のほかに、リアルタイムな株価情報や注文が簡単に行えるので便利な取引アプリなどの初心者向けツールも充実しています。サポート体制も万全で、疑問やトラブルがあっても安心して対処することができます。松井証券は積立NISAと併せて利用したいロブアドバイザーの投信工房があるので、投資信託の最適な組み合わせを提案してくれるサービスがあります。

マネックス証券

出典: https://www.lay-up.net

マネックス証券は比較されることが多いネット証券ですが、投資信託の銘柄が非常に多いです。少し見劣りする面もあるのですが、同じファンドでもマネックス証券だ信託報酬が安い場合があります。これは隠れたメリットといえます。最低投資額は100円~可能となっていて、銀行口座振替を利用する場合は1000円~となっています。

出典: https://www.fincy.jp

それでも少額つみたてができるので特に問題はないでしょう。少し残念な点もあってNISA口座ではポイント対象外となっています。一般講座や特定口座などで購入した投資信託であれば、平均保有残高に応じて年率0.08%のポイントが付きますが、積立NISAの口座ではポイントが付きません。

出典: https://kakakumag.com

資産設計をアドバイスしてくれる独自ツールを利用することができるので、自分に最適な投資信託をアドバイスしてもらえる便利なサービスです。一括管理サービスを利用することもでき、他の金融機関に預けている様々な資産をまとめて管理することもできます。

つみたてNISA(積立NISA)には元本割れのリスクが

出典: https://www.sankeibiz.jp

リスクをできるだけ抑えたいのであれば、債券やリートへの投資をメインで購入するといいでしょう。それでも元本割れするリスクがゼロになるわけではないのですが、株価が下落したときの損失額を最小限に抑えることができます。リスク分散をして投資することは必要なので、理解してから積立NISAを始めるようにしてください。

元本割れのリスクがある

出典: https://daily-ands.jp

積立NISAは、金融庁が数選以上ある投資信託の中から長期運用に適している商品が厳選されているので、銘柄を選ぶときに大きなミスをすることがありません。

出典: https://www.tantonet.jp

株式を中心に、景気が悪化してしまうような時期が一時的に損失を抱えてしまうこともあるので、投資資金の元本が下回ってしまうこともあります。株式投資を中心にしている積立NISAであれば、債券やリートの投資に比べるとリスクは高くなってしまいます。

リスク分散も必要

出典: https://ffp2diet.com

リスクをできるだけ抑えたいのであれば、債券やリートへの投資をメインで購入するといいでしょう。それでも元本割れするリスクがゼロになるわけではないのですが、株価が下落したときの損失額を最小限に抑えることができます。リスク分散をして投資することは必要なので、理解してから積立NISAを始めるようにしてください。

つみたてNISA(積立NISA)のおすすめ銘柄・商品まとめ

出典: https://ideco-ipo-nisa.com

積立NISAは国内だけでなく、先進国や新興国などの全世界に投資することができます。日本の経済成長は190ヵ国ある中で、150位となり下位に位置しているので、国内だけの投資では不安しかありません。先進国や新興国は伸びしろの大きな国がたくさんあるので、世界経済を成長させているのはそういった国が多くを占めています。

出典: https://startnisa.com

積立NISAは成長率の高い先進国や新興国のかぶしきをメインに購入することができるので、ネット証券を利用して100円~でも積み立てするのもいいでしょう。投資信託を選ぶのが難しと思うなら、バランス型の商品も用意されてるので、手軽に分散投資できるものを選択するのもおすすめです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ