「陰ながら応援」の意味や使い方を例文で解説!ビジネスメールに使える?

「陰ながら応援」という言葉を知っているでしょうか。この記事では「陰ながら応援」の意味や使い方や「陰ながら応援」の「陰ながら」の使い方、「影ながら」との違い、ビジネスやメールにおいての使い方について、さらに「陰ながら応援」の英語表記について幅広く解説しています。

「陰ながら応援」の意味や使い方を例文で解説!ビジネスメールに使える?のイメージ

目次

  1. 「陰ながら応援」の意味とは?
  2. 「陰ながら応援」の「陰ながら」の使い方
  3. 「陰ながら応援」の「陰ながら」を使った例文
  4. 「陰ながら応援」の敬語での使い方とは?
  5. 「陰ながら応援」の「陰ながら」の類義語・言い換え表現・対義語
  6. 「陰ながら応援」の「陰ながら」と「微力ながら」の違いとは?
  7. 「陰ながら応援」の「陰ながら」の英語表現
  8. 「陰ながら応援」の意味や正しい使い方のまとめ

「陰ながら応援」の意味とは?

「陰ながら応援」という言葉を聞くと、草葉の陰からひっそりと応援しているようなイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。この「陰ながら応援」にどんな意味があるのか、正確に理解できているでしょうか。ここでは「陰ながら応援」の意味や「陰ながら応援」の「陰ながら」の意味について詳しく解説していきます。

「陰ながら」の意味

「陰ながら応援」という言葉は、自身が使ったり相手から言われたりした事が必ずある言葉であると言えます。この「陰ながら応援」の「陰ながら」には『陰から、表立たずに、人知れずこっそりと、裏方として、密かに、人の見えないところで』などの意味を持ち、読んで字のごとく『隠れながら何かをする』様子を表す意味を含んでいます。

陰で相手を手伝う

「陰ながら応援」とは『ひっそりと人目に触れず応援します』という意味合いでとることができます。この「陰ながら応援」の「応援」の意味として、エールであったり、その人の知らない部分でその人を助けることに繋がる手伝いであったりします。「陰ながら応援」には『心ではいつも応援していますよ、見えない所でお手伝いしますね』などの意味で捉える事ができ、陰から相手を手伝うという意味での使い方になります。

「陰ながら応援」の「陰ながら」の使い方

「陰ながら応援」の「陰ながら」には『人目に触れず、隠れながら何かをする』の意味で捉えることができます。この「陰ながら応援」の「陰ながら」は単体では使用しない言葉になります。では「陰ながら応援」の「陰ながら」はどのような使い方が適切なのでしょうか。ここでは「陰ながら応援」の「陰ながら」のビジネスでの使い方やメールでの使い方、日常会話での使い方や「影ながら」との違いなど、例文を交えながら詳しく解説していきます。

「影ながら」は間違いなので注意

「陰ながら応援」の「陰ながら」に同じ読みの漢字として「影」があります。「陰ながら」なのか「影ながら」なのかどちらが正しいのか悩む人もいるでしょう。この「陰ながら応援」の「陰」の漢字には『日の当たらないところ』の意味と『かくれたところ、人に知れない』の意味が含まれています。

それに対して「影」には『物が当たって光が遮られた暗い部分』の意味になります。このようなことからも「影ながら」の「影」の漢字は、物の形にできる影の意味であり「陰ながら応援」の「陰ながら」の意味とは全く違います。さらには「影ながら」という表現は既成語にはありません。

したがって「陰ながら応援」の「陰ながら」の「陰」の意味は「影ながら」の「影」の意味とは全く異なる意味であり、「陰ながら応援」の「陰ながら」を「影ながら」にしてしまうと「暗い所から」になってしまいます。「陰ながら応援」が「影ながら応援」に変換ミスしてしまわないように注意が必要です。

「陰ながら」はどんな時に使う言葉?

「陰ながら応援」の「陰ながら」の使い方は「陰ながら○○する」となります。この○○には動詞を持ってくることで、相手に対して『ひっそりと表立たないが○○する、している』の意味で伝えることができます。この「陰ながら応援」の「陰ながら」は『人知れず努力していること』や『ひっそりと目立つような事はしないけれども○○さんを応援すること、支えること』の意味になり、そのことを伝える時に使われる言葉になります。

このことからも「陰ながら応援」の「陰ながら」は、ビジネスや日常に関係なく幅広い使い方ができる意味の持つ言葉であるといえます。「陰ながら応援」の「陰ながら」は自身を謙虚に見せりする時や、相手に対して具体的に何をするわけではないけれども、貴方のことを応援しているよ、支えているよといった気遣いや思いやりを伝える場面での使い方ができる意味を持つ言葉といえます。

ビジネスでの使い方

「陰ながら応援」の「陰ながら」は、ビジネスの場面においても使用できる心遣いのある言葉になります。この「陰ながら」の言葉は、エールにしても何かするにしても言ってしまえば”縁の下の力持ち”的な意味があります。発言に責任を持たなければならないビジネスの場面において「陰ながら」という言葉は、その言葉によって何かをしなければならないような責任や義務が発生しないため、気軽に使うことができます。

注意点として「陰ながら応援させていただきます」と言われた場合に、相手によっては『何故表立って応援してくれないのか』や『積極的に応援しないのか』と捉えられてしまう場合も考えられます。ビジネスの場面では「陰ながら」は責任や義務が発生せずに気軽に使う事のできる言葉といえますが、相手によってはマイナスの意味で捉えられてしまうことも考えられます。

例文の「陰ながら応援させていただきます」とビジネスで相手に伝えたいのならば、「陰ながら」を取って「応援させていただきます」とだけでも十分に気持ちが伝わるでしょう。ビジネスの場面で「陰ながら応援」の「陰ながら」の意味で相手に何かを伝えるならば、「陰ながら応援」の「陰ながら」で伝えても大丈夫な相手かどうか見極めましょう。

もし伝えたい相手が「陰ながら応援」の「陰ながら」の意味をマイナスの意味で捉えられてしまう相手の場合は「陰ながら応援」の「陰ながら」と同じような意味をもつ類義語などの違う言葉で伝えるようにしましょう。

メールでの使い方

「陰ながら応援しています」などと「陰ながら」の表現で、相手にメールを送る際には注意が必要です。「陰ながら応援」の「陰ながら」には『ひっそりと人目に触れず、隠れて何かをする』の意味があります。こちらが謙虚に控えめに相手に伝えているつもりでも、この言葉を受け取った側からは『何故陰からなのか』などの印象を持たれてしまうことも考えられます。特にメールは電話や対面と違い、メールの文章として形に残ってしまいます。

例文として「陰ながら応援しています」と相手へメールで送ろうと考えた時に、注意したいのが「陰ながら応援しています」をメールの文章のどこに入れるかによって、相手へ与える印象に違いが出るという点になります。

メールの冒頭に「陰ながら応援しています」と入れた場合に、その後のメールの文章の構成として何を応援するのかを具体的に書くことになります。このことから、メールの冒頭に「陰ながら応援しています」を持ってくる使い方では、相手を強く応援したいということを一番伝えたい内容の時が良いでしょう。「陰ながら応援しています」を冒頭に持ってくることで、相手の目を引き後に綴られている内容も心に残りやすいでしょう。

また「陰ながら応援しています」をメールの文章の途中で入れた場合には、メールの文章の途中で相手の目に入ることになります。そのことからも、あまり相手の目を引くことはなく繋ぎ言葉として見られてしまう可能性もあります。

では「陰ながら応援しています」をメールの文章の最後に入れるとどうでしょうか。メールの最後に「陰ながら応援しています」と入れる事により、メールの文章全体の締めの挨拶となり上手くメールの文章を終えることができます。また、相手からしても丁寧な挨拶の印象で受け取ることができます。

このように「陰ながら応援しています」はメールの文章のどこに持ってくるかで、メール全体の印象が大きく変わってきます。しかし、先にも述べたようにメールは文章として形に残ってしまいます。「陰ながら応援しています」をメールの文章に入れたい場合には、よく考えてからメールに入れるかどうか判断するのが良いでしょう。

日常会話での使い方

日常会話における「陰ながら応援」の使い方として、相手に対して丁寧さを出したいときなどに使います。「陰ながら応援」の「陰ながら」には、自身を謙虚に見せつつも相手の成功やチャレンジなどを応援しているよの意味で捉えることができます。具体的に言うならば、相手の成功やチャレンジの為に、自身は何かしてあげられることがないかもしれないけれどきちんと応援していますの意味で丁寧に伝えることができます。

「陰ながら」という表現は失礼にあたる?

「陰ながら応援」の「陰ながら」の表現は、人によっては『何故影からなのか』『表立ったしてくれないのか』などの意味で捉えられてしまうこともあります。「陰ながら応援」で相手に伝えると、こちらは謙虚なつもりであっても、相手にしてみれば消極的な意味で捉えらる事も出来でしまいます。

このことからも「陰ながら応援」の「陰ながら」という表現は失礼に当たるのではないかと考える人もいます。またビジネスの場面などにおいて消極的な姿勢では評価されにくく、誤解を招いてしまうことも考えられます。心配な場合はビジネスにおいては「陰ながら応援していま」ではなく「応援しています」とストレートに伝えた方が無難と言えるでしょう。

「陰ながら応援」の「陰ながら」を使った例文

「陰ながら応援」の「陰ながら」という表現は、ビジネスや日常など幅広い使い方ができる言葉になります。ここでは「陰ながら応援」の「陰ながら」を使ったいろいろな表現を、例文と共に意味についても詳しく解説していきます。

例文①陰ながら応援しています

「陰ながら応援しています」という例文は、ビジネスや日常問わず一番よく使う「陰ながら」の使い方といえるのではないでしょうか。この「陰ながら応援しています」の例文には『ひっそりと人の見ていないところで、貴方の成功を祈ってる・貴方の事を応援しているよ』と特定の人へ向けた言葉になります。「陰ながら応援しています」の例文は、言わば縁の下の力持ちで貴方を応援します・支えますの意味で捉えることができます。

例文②陰ながら支える

「陰ながら応援」の「陰ながら」の使い方として「陰ながら支える」があります。この「陰ながら支える」という言葉には『ひっそりと裏方として、貴方をしっかりと支えます』の意味で捉えることができます。「陰ながら応援」と同じような意味での使い方になりますが、この「陰ながら支える」には特定の人をずっと援助したり励ましたりするような意味も含まれています。

「陰ながら支える」とは『目には見えないが役に立っている』や『前からしてきた事が後になって役に立つとき』など『視覚として具体的には捉えられないその力が、何かの役に立つ』ような場合に「陰ながら支える」の言葉の使い方として挙げられます。

例文③陰ながら努力しています

「陰ながら努力しています」の例文も「陰ながら応援」の「影ながら」の使い方として挙げられます。この例文の「陰ながら努力しています」は自身に対しての使い方になります。『人知れず、人目に触れないような場所で努力を積み重ねています』などの意味で捉えることができます。

この「陰ながら努力しています」の例文は、自身を下に置いた表現であり、遠回しな言い方でもあります。また「陰ながら努力しています」は現在進行形ですが、「陰ながら努力した」や「陰ながら努力していきます」などと言い方を変えれば時系列に関係ない使い方ができる言葉になります。

例文④陰ながら見守る

「陰ながら見守る」の例文からは、”草葉に隠れて見守る”といったイメージが沸いてくる人が多いのではないのでしょうか。この「陰ながら応援」の「陰ながら」を使った「陰ながら見守る」とは『(貴方の)見えないところから、人知れず見守っています』や『人知れず、貴方の安全や成功を祈っています』の意味での使い方になります。

「陰ながら応援」と「陰ながら見守る」は似たような意味で捉えることができます。しかしこの例文の「陰ながら見守る」には”私があなたを見守っていますよ”と相手に安心を与えることのできる意味を含んだ表現となります。

例文⑤陰ながら尊敬しています

「陰ながら応援」の「陰ながら」を使った例文として「陰ながら尊敬しています」が挙げられます。「尊敬」とは『特定の人物の言動などが高いと認め、その人を敬いついていきたい様な気持ちになること』の意味があります。この例文の「陰ながら尊敬しています」からは『表立って尊敬しているような素振りはしていないけれども、人知れず貴方の事を高く評価しており貴方の事をずっと敬っています』の意味で捉えることができます。

この「陰ながら尊敬しています」の例文は、過去から現在かけて特定の人物を尊敬していまいたといった意味での使い方になります。例えば、いつも分け隔てなく接する人に対してや自身を育ててくれた親、ビジネスの場面では尊敬できる上司などに対して、過去から現在に至るまでの姿勢に対して「陰ながら尊敬しています」と言い表すことができます。

例文⑥陰ながら案じております

「陰ながら案じております」の例文はあまり聞きなれないフレーズかもしれません。この例文の「陰ながら案じております」も「陰ながら応援」の「陰ながら」の意味として捉えることができます。この「案じる」には『心配する』の意味があります。

このことから例文の「陰ながら案じております」からは『表立ってはいないけれども、とても貴方の事を心配しています』や『人知れず、貴方の身を案じ将来的に良くなることを祈っています』などの意味で捉える事ができます。何か大きな挑戦が控えている相手や、病気や怪我になってしまった相手に対しての使い方ができます。

「陰ながら応援」の敬語での使い方とは?

「陰ながら応援」とは『人目に付かないところで貴方を応援・手伝いします』の意味で捉えることができます。この「陰ながら応援」の意味を、目上の人やビジネスでは上司などに対して伝える場合には敬語に直す必要があります。ここでは「陰ながら応援」の意味の敬語での使い方について解説していきます。

陰ながら応援しています

「陰ながら応援」を丁寧語に直すと「陰ながら応援しています」と表現できます。丁寧語とは、相手に対して丁寧に伝える言葉になります。「陰ながら応援」と意味は同じですので、相手や内容を問わないので、ビジネスや日常に関係ない使い方ができます。相手に対して「陰ながら応援しているね」よりも「陰ながら応援します」と伝えた方が、砕けた感じになりすぎずに真剣に応援してくれているんだという印象を相手に与えることができます。

陰ながら応援しております

「陰ながら応援しております」は「陰ながら応援」の謙譲語になります。謙譲語とは、自身の言動を低くすることで結果的に相手を高く表現する敬語になります。要は、自身をへりくだる、意味として他人を敬い自身は控えめにする表現となります。「陰ながら応援」の謙譲語の「陰ながら応援しております」は、自身を低くするので目上の人やビジネスでは上司に対して使うことができます。

陰ながら応援させていただきます

「陰ながら応援」の敬語の表現として「陰ながら応援させていただきます」があります。この「陰ながら応援させていただきます」の「させていただきます」は謙譲語になりより丁寧な言い方で相手に「陰ながら応援」を伝えることができます。

この「陰ながら応援させていただきます」の謙譲語は①自身の言動が相手や第三者の許可を受けている場合②自身の言動によって恩恵を受けたりする場合、の2つの条件を満たした場合に「させていただきます」の謙譲語が使えます。ビジネスの場面では「させていただきます」の謙譲語で、上司など目上の人に対して許可を求める場面が多いです。

しかしこの「陰ながらを応援させていただきます」で相手に伝える場合には注意が必要です。この「陰ながら」には『ひっそりと、人知れず』など実際の行動を伴わない意味が含まれています。この「陰ながら応援しております」は謙譲語で敬語になりますが、相手に対して「してもいいか」と許可を得る意味での表現となっています。なので相手によっては「陰ながら」が偉そうに感じたり相手を敬う表現としては適切でないと感じる人もいます。

「陰ながら応援」の「陰ながら」の類義語・言い換え表現・対義語

「陰ながら応援」の「陰ながら」には『人知れず、ひっそりと、裏方として』などの意味を含みます。ではこの「陰ながら応援」の「陰ながら」には、どんな類義語があるのでしょうか。ここでは「陰ながら応援」の「陰ながら」の意味の言い換えや「陰ながら」の意味での類義語、さらには「陰ながら」の意味での対義語について詳しく解説していきます。

類義語にはどんな言葉がある?

「陰ながら応援」の「陰ながら」の同じような意味として捉えることのできる類義語として「こっそり」や「ひっそり」、「密かに」などたくさんの類義語が挙げられます。「陰ながら応援」の「陰ながら」の類義語は約20語句ほどあります。ここでは代表的な「陰ながら応援」の「陰ながら」と同じような意味をもつ類義語について紹介していきます。

「陰ながら」の類義語①こっそり

「こっそり」という言葉は、常日頃よく使う言葉ではないでしょうか。この「こっそり」には『人に知られないように隠れる様子』の意味が含まれており、「陰ながら応援」の「陰ながら」と同じような意味を含むと類義語といえます。

「陰ながら」の類義語②そっと

「そっと」は「こっそり」と同じくらい常日頃使う言葉になります。この「そっと」も「陰ながら応援」の「陰ながら」と同じような意味をもつ類義語になります。この類義語の「そっと」には『周囲を乱さないように、静かに』などの意味を含んでいます。この類義語の「そっと」は「そっと歩く」や「そっとドアを閉める」など、動作に対しての意味で使われることが多い言葉になります。

「陰ながら」の類義語③人知れず

「陰ながら応援」の「陰ながら」の意味に『人知れず』というのがあります。この「人知れず」という言葉も「陰ながら」の類義語になります。この類義語の「人知れず」には『ひそかに、人に知られないように』の意味があります。要は『秘密に何かする』という意味でも捉えることができます。

「陰ながら」の類義語④内々に

たまに「内々に処理してしまおう」などのフレーズを聞くことがあります。この「内々に」は「ないない」とも「うちうち」とも読むことができる言葉になります。どちらの読み方でも「内々に」の意味は同じになり『物事の内側や内部』の意味があります。「陰ながら応援」の「陰ながら」と同じような意味として「内々に」には『表立たず』の意味があり「陰ながら」の類義語であると言えます。

「陰ながら」の類義語⑤ひっそりと

「ひっそりと」には『物静かに、物音がせずに静かな様子』と、情景を表すような意味があります。またこの「ひっそりと」には『静かに目立たないようにする様子』の意味もあり、「陰ながらに応援」の「陰ながら」と同じような意味をもつ類義語といえます。「陰ながら」は『ひっそり』の意味でも捉えることができます。

「陰ながら」の言い換え表現とは?

「陰ながら応援」の「陰ながら」には『表立たずに、ひっそりと』の意味で捉える事ができます。しかし人によっては『何故陰からなのか』や『表立ってしてくれない』とあまりいい印象として捉えられてしまうことも考えられます。特にビジネスの場面においての「陰ながら」という表現は注意が必要です。「陰ながら」の意味で、ビジネスなどの場面に相応しい言葉で言い換える必要があります。

「陰ながら」の言い換え「差し出がましいようですが」

この「差し出がましいようですが」は「陰ながら」の言い換えとして使うことができる言葉になります。「差し出がましいようですが」の「差し出がましい」には『出しゃばる、余計なことをする印象を与える』の意味があります。

つまり「差し出がましいようですが」は『余計なことをするようですが』の意味で捉えることができます。ビジネスの場面においての「陰ながら」の言い換えとして「差し出がましいようですが」を使うことにより、この「差し出がましいようですが」がクッション言葉となり、相手に丁寧な印象を与えることができます。

対義語にはどんな言葉がある?

「陰ながら応援」の「陰ながら」には『人知れず、ひっそりと』などの意味があります。では「陰ながら応援」の「陰ながら」の対義語にはどんな言葉が挙げられるのでしょうか。この「陰ながら」の対義語にも類義語が多く存在したように、たくさんの対義語が挙げられます。「陰ながら」の対義語の意味をよく理解することで、より「陰ながら」の意味を深く理解できるでしょう。

「陰ながら」の対義語①際立つ

「際立つ」という言葉は「陰ながら」の対義語になります。この「際立つ」には『他と区別されてはっきりしている』の意味があります。また良い意味として『他よりも目立つ』の意味があり、このことから「陰ながら応援」の「陰ながら」の対義語であるといえます。

「陰ながら」の対義語②表立つ

「陰ながら応援」の「陰ながら」には『表立たずに』の意味があります。この「表立つ」には 『物事が表面化する』や『改まった形をとる』などの意味を持ちます。この「表立つ」も「陰ながら」の対義語になります。

「陰ながら」の対義語③特徴的に

「特徴的に」の「特徴的」には『目立っている様子、明らかな様子』の意味が含まれています。この「特徴的」という言葉はビジネスや日常問わずよく使う言葉になります、「陰ながら応援」の「陰ながら」が『ひっそりと、表立たずに』と隠れながらの」様子に対して、「特徴的に」は『目立つように』などの意味で捉える事ができ、対義語であるといえます。

「陰ながら」の対義語④抜群に

「あの人は抜群にスタイルが良いね」などでよく聞く「抜群に」の言葉も「陰ながら」の対義語であるといえます。この「抜群に」には『たくさんの中でも目立って、ずば抜けて優れている』の意味があります。「抜群の」の『目立つ』の意味から「陰ながら」の対義語であることがわかります。

「陰ながら」の対義語⑤著しい

「陰ながら応援」の「陰ながら」の対義語として「著しく」が挙げられます。この「著しく」には『はっきりとわかる様子』や『明白である』、『目立つ』の意味があります。「陰ながら」が『表立たず、ひっそりと』の意味に対して「著しく」には『明白である』や『目立つ』の意味から、対義語の関係にあることがわかります。

「陰ながら応援」の「陰ながら」と「微力ながら」の違いとは?

「陰ながら応援」をビジネスの場面で使用したい時の「陰ながら」の言い換えとして「微力ながら」が挙げられます。「陰ながら応援します」を「微力ながら応援します」と言い換えることは、ビジネスの場面では適切であると考えられます。ではこの「陰ながら応援」の「陰ながら」と「微力ながら」にはどんな意味の違いがあるのでしょうか。

「微力ながら」の意味とは?

「微力ながら」の「微力」とは『力が乏しい、弱い力』の意味があります。さらにこの「微力ながら」は謙譲語になります。このことから「微力ながら」には『(私は)少しの力しかありませんが』や『(私の力量では)ろくな足しにはならないですが』といった、自身の力量を低くして相手に伝える意味で捉えることができます。

「微力ながら」の使い方とは?

「微力ながら」という言葉はビジネスにおいてよく使う定型語になります。ビジネスなどの場面において、相手を手伝う時にただ「手伝います」だけだと傲慢な印象として受け取られてしまうことがあります。「手伝います」に「微力ながらお手伝いいたします」と「微力ながら」を付け加えることにより、相手の力量や能力を敬った上で手伝いますよの意味で伝えることができます。

意味合いの違いとは?

「陰ながら応援」の「陰ながら」には『表立たないで、人知れず』などの意味で捉えることができます。言ってしまえば「陰ながら」とは『人に知られることなく』や『人の見ていないところで』相手に対して何かをするの意味になります。それに対して「微力ながら」には『相手の力量や能力を上にあげて、認めた上で』や『相手の力量や能力をメインに』の意味で考えることができます。

「陰ながら応援」の「陰ながら」が『人目を避けて○○する』に対して、「微力ながら」は『相手の力量や能力を認めて、自身は補助的な役割として○○する』といった意味合いの違いがあります。

「陰ながら応援」の「陰ながら」の英語表現

「陰ながら応援」の「陰ながら」を英語に表記する場合にはどのような語句が適切なのでしょうか。ここでは「陰ながら応援」の「陰ながら」の英語表記について、また「陰ながら」の英語表現での例文などを紹介していきます。

「陰ながら応援」の「陰ながら」の意味での英語

「陰ながら応援」の「陰ながら」の意味での英語には「on the quiet」や「in secret」、「secretly」が挙げられます。「on the quiet」には『こっそりと』の意味があります。この「on the quiet」に似た表現に「on the qt」がありますが、意味は「on the quiet」と同じ『こっそり』で使うことができます。

「in secret」には『秘密に』や『内々に』、『内緒で』や『こっそり』などの意味があります。また「secretly」は『隠れて』などの意味に訳すことができ「陰ながら」の持つ意味として捉えることができます。

「陰ながら」を英語表現にした例文

「陰ながら応援しています」を英語にすると「I'll support you secretly.」となり『私は陰ながらあなたを応援します』の意味で捉えることができます。さらに「陰ながら応援」の「陰ながら」を使った例文として「I am playing for your success. 」があり『私はあなたの成功を陰ながら祈っています』の意味で捉えることができます。

「陰ながら応援」の意味や正しい使い方のまとめ

「陰ながら応援」には『人知れず応援』や『ひっそりと成功を祈る』などの意味で相手に伝えることができます。また「陰ながら応援」の「陰ながら」という言葉は、様々な言葉と一緒に使うことができ使う言葉により意味合いも少しずつ変わっていきます。この「陰ながら」という言葉の意味や使い方、類義語の意味や対義語の意味をよく理解して「陰ながら応援」の「陰ながら」の言葉を使うことが大切です。

相手によっては「陰ながら応援」」の「陰ながら」は『何故かげからなのか』とあまり良くない意味として捉えられてしまうこともあります。特に目上の人やビジネスの場面、さらに文章として形に残るメールで「陰ながら応援」の「陰ながら」の意味で使う場合には注意が必要です。「陰ながら」と同じような意味で捉えられる言葉で言い換えることも時には必要になります。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ