マイホーム購入で後悔しないための対策まとめ!ローン地獄にならないためには?

マイホーム購入というのは人生の中で1番大きな買い物なので後悔する事がないようにしたいです。マイホーム購入にあたりどういう失敗があるのかや貯金の額はいくらあればいいのか、間取りはどんな風にすれば失敗して後悔しないのかについて解説しています。

マイホーム購入で後悔しないための対策まとめ!ローン地獄にならないためには?のイメージ

目次

  1. マイホーム購入で後悔しないための対策
  2. マイホーム購入でローン地獄にならないためには?
  3. マイホームで借金せず貯金する
  4. マイホーム購入で間取りの失敗とは?
  5. マイホームを購入後に後悔すること
  6. マイホームを後悔せずに購入する方法
  7. マイホーム購入で後悔しないための対策まとめ

マイホーム購入で後悔しないための対策

マイホームは資産ではなく負債?

出典: https://www.universalhome.co.jp

結婚して家族がいる人に「今1番手に入れたいものは何ですか?」と聞いた場合に答えが多いものとして「マイホーム」と答える人は多いでしょう。それぞれの環境にもよりますが、家族で賃貸住宅に住んでいる人は特にマンションやマイホームを購入を検討したことがあるのではないでしょうか。男性の中には「男として一国一城の主」という考えのもとマイホーム購入を検討している人も多くいるのが事実です。 

出典: http://www.flec.jp

マイホームを購入する事によって得られるものは確かに多く、借家などではないので子供が生まれた場合に家をどんなに汚しても、自分の家ですので汚れを気にする必要はありません。自分で購入したマイホームは自分の資産と感じる事ができますが、実際には数十年をかけて返済する負債いわゆる借金となっているのも事実です。今回はマイホーム購入失敗しないための方法について解説しています。

マイホームは高度成長期にできた?

出典: https://iwau.epark.jp

マイホームという言葉は今から数十年前の高度経済成長期に誕生しました。高度経済成長期には国民の所得は大きく増え続ける一方、地方の人間がどんどん都会に出ていって働き始めたため、住宅地が少なくなっていきました。そんな時に多摩ニュータウン、大阪・千里ニュータウン、名古屋・高蔵寺ニュータウンといった新興住宅地が登場し始めました。家を買う人が徐々に増加していってマイホームという概念が出始めました。

マイホームで恩恵を受ける業界

出典: https://www.tenpodesign.com

マイホームを建てる事によって恩恵を受ける業界が多数あります。誰かがマイホームを建築する事によって不動産会社やローンを組んでもらう銀行はもちろん、設備会社や電気工事業など多くの業界がマイホーム1件に関わる恩恵を受ける事ができます。誰かがマイホームを購入する事は政府としても社会刺激策として非常に有効です。マイホーム1件に対して政府を含む多くの業界や業者が恩恵を受ける事ができるのです。

マイホームは投資ではない

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

マイホームに対する考え方で、「住んでいるうちに土地の価格が上昇して儲かるかも知れない」という方がいますが、根本的な考え方としては誤りです。マイホームの購入にあたって「投資」という考え方で見た場合には、金額的に大きすぎる上に予想等をしてくれる人が存在していないのであまりにもリスクが大きすぎます。地価が上がった場合に土地を売って貯金をする人も増えていますが、実際には地価はなかなか上がりません。

出典: https://www.mitojuhan.co.jp

マイホームの購入にあたっては、「投資」という考え方は捨てて「目的」を持って購入するほうがいいでしょう。マイホームの購入の目的としては子供が生まれた場合に近所に迷惑をかけられない場合や、どうしても一軒家に住まないと行けない場合などを目的として、全額ローンは大変なので貯金している額や時期などに関して家族で十分に話し合って検討した上で購入しましょう。

マイホーム購入でローン地獄にならないためには?

高いマイホームは長期ローンで購入する

出典: https://www.o-uccino.jp

マイホームは金額が安いものではないので、多くの人が住宅ローンを組んで購入するでしょう。マイホームローンを組むときに失敗する例としては、数十年間に及ぶ借金を背負う事になりますのでローンを組んで借金する期間をあまりにも短くしていると毎月の返済に追われてしまいます。マイホームの購入金額にもよりますが、長い年月をかけて支払う借金ですので長期ローンを組んでマイホームを購入するようにしましょう。
 

出典: https://h-shoken.com

1950年に制定された「フラット35」という住宅金融公庫の融資では、マイホームを一括で購入できなくても毎月一定額を返済する事で数千万のマイホームを購入できるため、1980年代には非常に魅力的でした。しかし現代ではフラット35を利用していたにも関わらず、景気悪化に係る雇用体系や賃金制度の変化によりマイホームの購入を後悔した人もいるかもわかりません。

長期ローンは現代に向いていない

出典: http://carrot-home.co.jp

マイホーム購入の際に長期ローンを組んだほうがいいとは言っても2018年現在の雇用体系では長期ローンは後悔する可能性を多くはらんでいると考えてもいいでしょう。1980年代は「終身雇用制」が当たり前で、一度企業に入社すると定年まで勤務できるのが当たり前でした。同じく1980年代は「年功序列型賃金制度」も多くの企業が採用しており、勤務年数が多くなれば多くなるほど給料も増えていくのが当たり前でした。

出典: https://www.megasoft.co.jp

2018年現在からすると、1980年代の「終身雇用制」や「年功序列型賃金制度」はとてもうらやましい限りです。今のように再就職や転職が多いわけでもなく、企業より人材のほうが余っているほどでした。バブルが絶頂期だった頃には、1年間に3回の賞与や賞与や昇給の額も今とは比べ物にならないほどの金額でした。

今は終身雇用が当たり前ではない

出典: https://www.lancers.jp

2018年現在では終身雇用が当たり前ではなくなり、企業にとって必要がない人には企業側から早期退職をお願いする時代です。景気の悪化に伴って給与支払いにかかる費用を削減しようと大幅なリストラを実施する企業もあり、1度企業に就職したからといっても、いつ退職しなければならないのかは不透明な部分であるのが事実です。マイホームローンの借金を長期で組んでいるため、現代の雇用制度からすると長期ローンは不向きといえるでしょう。

出典: http://u-note.me

景気の悪化に伴ってバブルがはじけて以来の中小企業の倒産数というものも増えてきています。1990年代にバブルがはじけた影響を受けて多くの企業が倒産したのですが、誰も銀行が倒産するとは考えてもいなかったでしょう。同時に派遣社員制度が始まってからは、給料が低いのに賞与がない派遣社員も増えてきて、マイホーム購入のために貯金していたお金を生活に回している人も多いのではないでしょうか。

歳を重ねても年収は上がらない

1980年代の「年功序列型賃金」と2018年現在の賃金制度は大きく違っており、2018年現在では能力がある人材に給料を多く払う「能力主義」を採用している企業がほとんどです。会社にとって必要でない人材に対しては給料を多く払わないという考え方のため、場合によっては貯金の額や毎月の借金の返済額に影響する事も少なくありません。

マイホームは購入しないほうが良い?

出典: http://www.sumarepi.jp

マイホームを夢と見ている人が多いのは事実ですが、考え方によってはマイホームを購入しないほうがいいかも知れません。マイホーム購入しないほうがいい大きな理由としては、フラット35の当初の目的の「年功序列型賃金」と「終身雇用制」が崩れている事にあります。その他にも「少子高齢化による空き家の増加」「団塊世代の家の手放し」も理由として挙げられます。

マイホームで借金せず貯金する

中古の戸建てが安い時代

出典: https://www.pinterest.jp

マイホームを新築するのが夢という人が多いですが、マイホームで借金ではなく貯金をするという考え方もできます。マイホームを購入する際には土地も購入しないといけないため、マイホームを購入せずに中古物件を購入したほうが毎月の借金が少なくなり、場合によっては貯金をする事もできる事は間違いありません。新築のマイホームを無理な借金をして購入するより、中古の戸建てを購入して貯金するほうが効率的といえるかもわかりません。

団塊世代の家も空き家になる

出典: https://www.concs.com

これから徐々に空き家も増えてきます。団塊世代の子供達がマイホームを建てていく中で、団塊世代の人が住んでいる家は次々と空き家になっていきます。住宅メーカーの販売競争も激化していく中で、中古住宅の値段はそこまで高くありません。住宅メーカーが増えれば増えるほど中古住宅の値段は下がっていきますので、中古住宅を購入して貯金する事も視野に入れてみてはどうでしょうか。

生産緑地の満了日がくる

出典: http://www.mitsuihome-ibaraki.com

今から30年以上前に制定された法律に生産緑地法という法律があり、指定の住宅地のある農地について宅地並みの固定資産税を課して農地から宅地へと促すことです。生産緑地法のメリットとして「安い価格で農地を所有できる」という点が挙げられます。生産緑地には期限が設けられており、期限を過ぎると土地の税金が跳ね上がってしまいます。

出典: http://www.mitsuihome-hse.co.jp

生産緑地を申請した人は団塊世代の人が多く、農地の税金が増えてしまうので生産緑地の期限が過ぎる前に農地を手放す人も多いです。2022年に生産緑地が解除された場合には住宅地並みの固定資産税がかかってしまうため、土地の売却や土地活用をする人が増える事が予想されます。土地などの価格が2022年以降下がるかもわかりません。

新築を買わず格安物件を自分で直す

出典: http://www.keimei.ac.jp

新築のマイホームを購入することなく、格安の物件を購入して自分でリフォームする方法も、借金が少ないマイホームで貯金をする方法として有効です。新築マイホームは数千万円が当たり前ですが、当然その分は借金として残ります。収入金額にもよりますが貯金とは縁遠い話になってしまうので、自分の考えている理想のマイホームとは異なりますが、格安物件を自分で直す事で借金を少なくしてなおかつ貯金をする事ができます。

マイホーム購入で間取りの失敗とは?

玄関が暗く収納がない

出典: http://www.mitsuihome.co.jp

マイホームを購入したり中古物件を購入するにあたり、失敗したと後悔するケースとして、玄関が真っ暗な上に収納がない場合があります。玄関が真っ暗になる原因としては玄関に明かりが入るスペースがない事が挙げられます。玄関に置くものとしてはいろいろありますが、収納スペースの間取りが悪いと多くのものが置けなくなり、生活の快適さに支障をきたしてしまいます。

キッチンが丸見え

出典: http://www.inos-ie.com

マイホームを購入する場合にキッチンの間取りが悪いと快適さの象徴でもある「料理をしながら家族と会話ができる」キッチンにほど遠くなってしまいます。逆に客人が来た時などもキッチンの中が丸見えになってしまうという難点があり、家事は主に女性が毎日行う大事な作業で、快適さを求めるのであればキッチンの間取りには十分な気を配る必要があります。

安心できないトイレの場所

出典: https://www.kyotobank.co.jp

マイホームを購入する際にトイレの設置場所に対して失敗したと後悔する事があります。特定の部屋の横にトイレが設置されている場合などは、排水音やトイレットペーパーを巻き取る音が聞こえてしまって不快に感じる事もあります。最悪の間取りだとキッチンの横にトイレが設置されている間取りがないとも限りません。マイホームを購入する際にはトイレの場所や間取りにも気を配る必要があります。

収納の数

出典: https://fevecasa.com

マイホームを購入する際に収納の数が少なすぎて失敗したと後悔するケースがあります。家庭によって収納する物は様々ですが、収納スペースが少なすぎると家が散らかってしまう原因となる場合があります。特に洗面台などでは収納スペースが余分にあっても困らないので、収納スペースの間取りには十分気を使う必要があります。

収納が暗い

出典: https://suvaco.jp

マイホームを購入した際に収納スペースが暗い場合も失敗したと後悔するケースがあります。ウォ―クインクローゼットなどは明かりについては意外と確認しておいた方がよく、部屋の電気をつけないと真っ暗で中が何も見えないという事にもなりかねません。間取りによっては収納スペースの中が真っ暗になるケースもありますので十分間取りについては確認しておきましょう。

コンセントの位置

出典: https://kaigo.homes.co.jp

マイホームを購入する際の失敗事例として、コンセントの位置が必要な場所にないことが挙げられます。コンセントの位置は日常的に使う生活家電においては非常に重要な役割を果たしており、失敗する事がないようにしたいものです。特に子供部屋などはいたずら防止のために高い位置にコンセントが設置されていたり、リビングには数か所のコンセントが設置されていることを確認しておきましょう。

音の漏れ

出典: https://www.pinterest.jp

マイホーム購入の際に失敗しないためには、壁がある程度の厚さを持っていることも確認しておきましょう。壁の厚さが薄かったり吹き抜けがある場合には音が漏れてしまう原因となり、場合によっては話し声まで筒抜けになってしまう事が考えられます。1階と2階の板が薄い場合も足音が気になって眠れなかったりするので、建売を購入する場合には間取りをよく確認した上でマイホームを購入しましょう。

外から丸見え

出典: https://dream-myhome.blog.so-net.ne.jp

マイホーム購入の際に、間取りによっては浴室などが通りから丸見えになる場合があります。家の中ばかりに気を取られてしまって外との関係を考えていない場合に間取りで失敗します。マイホーム購入の際には間取りをよく確認して部屋の位置による失敗をしないようにしましょう。

マイホームを購入後に後悔すること

住宅ローンの金額

出典: http://arc-associates.jp

マイホームを購入した後に後悔する事として、住宅ローンの金額があります。住宅ローンの毎月の返済額は一度決めてしまうと変更は簡単にはできないため慎重に決める必要があります。最初の段階でのローン金額よりもオプション等にお金がかかってしまいローンの金額が増えてしまって後悔するケースがあります。

立地による問題

出典: https://navinavi-mortgage.com

マイホームを購入した後に後悔することとして、立地の問題があります。立地に関する利便性によって通勤時間や通学時間に影響が出てきます。特に県境などにマイホームを建てる場合には、利便性は一見いいように感じますが、通学の場合には近くに別の県の学校があるのに、県が異なるため遠くに通学しないといけない場合もありますので注意しておく必要があります。

家の種類

出典: https://news.yahoo.co.jp

マイホームを購入した後に後悔する事として、購入した家の種類があります。購入するマイホームの種類としては、注文住宅、マンション、中古物件などありますが、自分の収入に見合ったローンを組んで借金しておかないと後からローンを払えないなどの後悔をする事があります。失敗しないためには自分の身の丈に合ったローンを組むことが重要です。

間取りや構造

出典: https://www.megasoft.co.jp

マイホームを購入した後に後悔する事として、間取りや建物の構造があります。家の間取りはこれから生活していくうえで非常に重要な部分になってきますので、少し借金が増えるようであっても間取りや構造設計をきちんとしておいた方がいいかもわかりません。毎日の快適性にも影響が出てきますので間取りはよく考えてからマイホームローンを組むようにしましょう。

業者選び

マイホームを購入する際には、後から後悔しないための業者選びも非常に重要です。有名なメーカーや業者であればお金はかかる分しっかりとした作業をしてくれます。信頼性としても個人経営の業者よりもメーカーのほうが高いのが事実です。個人経営や小さい業者に頼んだ場合は融通がききやすい分作業内容に不満を感じてしまう場合があります。

マイホームを後悔せずに購入する方法

後悔しないローンとは?

出典: https://www.universalhome.co.jp

後から後悔しない住宅ローンの組み方として、住宅ローンの毎月の支払額は手取り月収の5分の1にするのが目安です。貯金している自己資金を使う場合にはマイホーム購入金額の4分の1までにして、残りは手元に持っておきます。専門家等に相談して住宅ローン完済までのシミュレーションを行っておくと、マイホームローンを組む際に非常に参考になります。

出典: https://www.daishi-bank.co.jp

マイホームを購入するにあたって支払うお金はマイホームローンだけではなく、いろいろな出費が出てきます。ローン以外の出費が貯金で対応できるのであれば問題ないですが、貯金も全額使ってしまった場合には残りの分をすべて借金して支払わなければいけなくなります。失敗しないためにも前もって計画性を持って貯金して購入金額に関してはシミュレーションしておくことをおすすめします。

立地は予算と相談する

出典: https://nisshin-h.co.jp

マイホームを立地する場所に関しては、自分の身の丈を超えて求めすぎると後から失敗したと後悔する事にもなりかねません。必ず立地に関しては予算と相談して無理をしない程度の立地場所にしましょう。ローンを組むから大丈夫と思っていても結局は借金として残る事を覚えておきましょう。

現地調査を必ずする

出典: https://www.nomu.com

マイホームを建てる場合には必ず現地調査をしておかないと後悔する事になります。現地調査をする事でしかわからない事があるかもわかりません。調査するポイントとしては、日当たりのバランス、害虫、自然災害、子供の教育環境、治安、騒音などがあります。近所の人におかしな人がいないかなども調査しておくとマイホームを建てた後もスムーズに生活する事ができます。

新築と中古を選ぶポイント

出典: http://sweden.style-space.com

新築のマイホームを購入する場合は土地と家含めての購入金額が高いのが難点です。新築のマイホームを購入したのはいいが毎月のローンの支払いが大きく、かなり負担になっているという話も少なくありません。逆に中古物件を購入した場合には、マイホームの購入価格自体は低いものの、家の設備や立地に関して不満が多く、全てが新品でないために買い替える必要がでてきます。

出典: https://realize-home.com

新築のマイホームか中古のマイホームを選ぶポイントとしては、新築を購入するのであれば住宅ローンのシミュレーションを十分に行って、将来的に借金が大きくならないようであれば購入してももいいでしょう。中古のマイホームを購入する場合のポイントとしては、建物そのものの間取りや構造をよく確認しておきましょう。買い替える必要性がある家具なども念頭に入れておくと、新築と中古の購入金額を比較しやすくなります。

戸建てとマンションを決める方法

出典: https://www.megasoft.co.jp

戸建てにするかマンションにするかを選ぶポイントとしては、短所をあげると、マイホームの場合は「近所付き合い」「自宅のメンテナンス」「自治会などに参加する」といった普段の生活に避けては通れない短所があります。マンションの場合には「騒音」「トラブルがあっても引っ越せない」「大規模な改修の場合は想定外の修繕費用が必要」といった短所があります。どちらがいいかはよく考えて決める事をおすすめします。

建売と注文住宅の違い

出典: http://homes-area.jpn.panasonic.com

建売と注文住宅の違いは、購入価格の差にあります。建売の場合はすでに完成しているため注文住宅と比べて購入価格が安くなります。間取り等によっては変更できる場合もありますが、気に入らない部分があっても我慢する必要がでてきます。注文住宅の場合は自分が思うように建てる事ができるため購入価格に関しては高くなります。間取りや設計にこだわり過ぎて予算オーバーになりやすいのも事実です。

間取りで後悔しないためには?

出典: http://fanblogs.jp

間取りで後悔しないためには、ライフスタイルの変化を考えて間取りを後から変える事ができるような間取りにする。自分の実現したい間取りについてメリットとデメリットをよく確認して検討する。それぞれの部屋でメインとなる人としっかり話し合って希望を取り入れる。などが挙げられます。高いお金を払って購入するマイホームですので、間取りで後悔しないためにもよく話し合ってから購入しましょう。

業者は複数から検討する

出典: http://daiwa-xevo.com

マイホームを購入する場合に業者は複数から検討するようにしましょう。インターネットで前もって調べたり、実際にその業者で家を建てた事がある人に話を聞くのも1つの手です。失敗が多いような業者に頼んでしまった場合には後から後悔する事になります。高いお金を払ってメーカーにお願いするのか、お金が安い個人業者にお願いするのかは慎重に検討したいところです。

マイホーム購入で後悔しないための対策まとめ

出典: http://suumo.jp

ここまでマイホーム購入で後悔しない方法について解説してきました。マイホーム購入は人生の中で大きな買い物ですので、ローン地獄と隣り合わせである事は間違いないですが、後悔する事だけは避けたいです。マイホーム購入をしつつ貯金をする方法や、マイホーム購入後に後悔するポイントについても解説してきましたので、この記事がこれからマイホームを購入される予定の方の参考になれば幸いです。

Thumb貯金を300万円貯める!投資や資産運用で増やすには?結婚やマイホームに!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ