Amazonギフト券がもらえるふるさと納税は?還元率やキャンペーン紹介!

Amazonギフト券がもらえるふるさと納税に焦点を当てて、具体的に解説を行っていきます。返礼品の競争も過激になっているふるさと納税ですが、Amazonギフト券をもらえるケースもあります。還元率やキャンペーンも含めてご紹介していきます。

Amazonギフト券がもらえるふるさと納税は?還元率やキャンペーン紹介!のイメージ

目次

  1. Amazonギフト券がふるさと納税でもらえる?
  2. Amazonギフト券がふるさと納税でもらえなくなった理由とは?
  3. Amazonギフト券を返礼品としていた都道府県の自治体とは?
  4. Amazonギフト券がなくてもふるさと納税はお得な制度である
  5. Amazonギフト券がポータルサイトでもらえるキャンペーンとは?
  6. Amazonギフト券がもらえる「ふるさと本舗」とは?
  7. Amazonギフト券はなぜ人気なのか
  8. Amazonギフト券はふるさと納税でもらえない可能性が高い

Amazonギフト券がふるさと納税でもらえる?

Amazonギフト券とふるさと納税の関係

出典: https://my-furusato.com

ふるさと納税でAmazonギフト券がもらうことができるのかという点に注目をして、その実態について具体的にご紹介していきます。ふるさと納税寄付にはさまざまな返礼品があり、少しでもお得な返礼品を得るために各都道府県や自治体に寄付をする人が多くなっています。その中で、Amazonギフト券が返礼品としてもらえることが話題になっています。

返礼品としてのAmazonギフト券は2018年まで

出典: https://pokkorikaisyo.com

しかし、ふるさと納税の返礼品としてAmazonギフト券をもらうことができるのは2018年までとなっています。そこにはさまざまな理由がありますが、いずれにしても今後ふるさと納税を通してAmazonギフト券をもらえる可能性は低いと考えておくのが妥当です。還元率が最大で46%とも言われていた返礼品だっただけに、残念に思う人も少なくありません。

返礼品の比較もおすすめ

出典: https://urutike.com

ふるさと納税を通じて都道府県に寄付をするためには、ふるなびやさとふるといったふるさと納税のサイトに登録をすることが有効です。ふるさと納税サイトからの申し込みによって、簡単に都道府県や自治体に寄付をすることができます。Amazonギフト券以外にもさまざまな返礼品を扱っているので、そうした返礼品を比較してみるのもおすすめです。

Amazonギフト券がふるさと納税でもらえなくなった理由とは?

Amazonギフト券がもらえない理由を確認

出典: https://saveor.hatenablog.com

ふるさと納税の返礼品として人気があったAmazonギフト券ですが、2018年を最後に返礼品として受け取ることができない可能性が高まってきました。Amazonギフト券が返礼品としてもらえなくなったことにはいくつかの理由があると考えられます。政府からの注意などもその理由の1つです。なぜAmazonギフト券がもらえないのか、その理由に迫ります。

高額な返礼品に規制がかかったため

出典: https://www.youtube.com

ふるさと納税の返礼品としてAmazonギフト券が認められない理由として、高額な返礼品に規制がかかったという点を挙げることができます。寄付する側としては少しでも質の良い返礼品や高額な返礼品を求めたい気持ちがあります。しかし、それではふるさと納税の制度に合わないという意見もありました。高額な返礼品で競い合う自治体が増えたからです。

そもそもふるさと納税とは?

出典: https://news.cardmics.com

そもそもふるさと納税とは、現在住んでいる都道府県や自治体に納める分の税金を、好きな地方自治体に寄付する制度として創設されました。2,000円の手数料がかかりますが、それ以上の納めた寄付については税金から控除される仕組みとなっています。寄付を納めた都道府県や地方自治体から返礼品がもらえるという仕組みが、ふるさと納税の考え方です。

ふるさと納税の趣旨に反する

出典: https://smart-investlife.com

しかし、できるだけ多くの寄付を集めたい都道府県や自治体としては、高額な返礼品や豪華な返礼品を用意することに躍起になってしまい、寄付集めの競争のような形になってしまったのです。そうなると一部の自治体ばかりに寄付が集まることになります。これではふるさと納税の趣旨に反するということで、返礼品の見直しを求める声が上がってきたのです。

総務省による度重なる注意

出典: https://money30life.com

政府や総務省としても、高額な返礼品や豪華な返礼品が支給されることを良く思っておらず、何度も何度も注意を重ねてきたという現状があります。特に換金性が高いものや地域の特産品から程遠いもの、寄付に対する還元率が3割を超えるようなものについては、返礼品にしないように通達してきたのです。Amazonギフト券も自主規制の対象となります。

注意を無視する自治体も

出典: https://www.amazon.co.jp

総務省や政府からの呼びかけによって自主規制に応じる都道府県や自治体も出てきて、一定の効果は見られました。しかし、これはあくまでも自主規制であり高額な返礼品を支給し続けていても、法的に罰せられることはありません。総務省からの注意を無視して、高額な返礼品やAmazonギフト券などを提供し続ける自治体もあったことが問題となっています。

法によって規制される可能性が高い

出典: https://snowball-effect.jp

総務省からの度重なる注意があったにも関わらず、その注意を無視し続ける自治体も出てきたため、政府としては法律を変えることでAmazonギフト券などの返礼品を削除させようとしているのです。それが2019年6月から施行を予定している法律です。具体的には、調達費用が寄付額の30%以下の地場産品だけをふるさと納税の返礼品として認めるものです。

Amazonギフト券は地場産品ではない

出典: https://www.heymilelab.com

もともと地域の特産品や地場産品を返礼品として送るというのがふるさと納税の趣旨でもあり、その趣旨を明文化して法律として規定しようという試みです。この基準を守っていない都道府県や自治体に関しては税金に関する優遇措置が受けられなくなるという法案を作っています。もちろんAmazonギフト券は地場産品ではないので、法律違反の対象となります。

寄付額の30%以下に抑える

出典: https://furusato.manetatsu.com

また、返礼品の価値を寄付額の30%以下に抑えるところも法律のポイントです。Amazonギフト券自体も返礼品として認められませんが。これまで寄付額の40%を超えるようなAmazonギフト券を返礼品として支給してきた自治体もありました。これは良識ある行動とは言えません。あくまでも30%を目安とした還元率を意識することが求められます。

他の返礼品を検討する

出典: https://ideco-ipo-nisa.com

ふるさと納税には上記で取り上げたような背景や事情があって、Amazonギフト券の返礼が認められなくなってきたということになります。これまでふるさと納税を通してAmazonギフト券をもらっていたという方も、今後はもらえる可能性が低くなります。そのため、法律を守っている自治体の中から、別の返礼品を受け取ることを検討することがポイントです。

ThumbAmazonギフト券のEメールタイプとは?購入や換金方法・メリットなど紹介!

Amazonギフト券を返礼品としていた都道府県の自治体とは?

都道府県の自治体を確認

出典: http://tongari-tent.blue

今後、ふるさと納税でAmazonギフト券をもらえる可能性は低くなりますが、かつてAmazonギフト券を返礼品として提供していた都道府県の自治体もあります。その都道府県の自治体に関する情報についても、詳しく解説を進めていきます。Amazonギフト券を返礼品とすることで高額な寄付を集めていました。しかし、その見直しが迫られています。

静岡県小山町

出典: https://my-furusato.com

これまでふるさと納税の返礼品としてAmazonギフト券を提供していた都道府県の自治体は、静岡県小山町(おやまちょう)です。小山町は静岡県の北東部にある町で、富士スピードウェイがある場所としても知られています。ルマンやスーパーGTといったレースも開催されています。その静岡県小山町がふるさと納税の返礼品で注目を集めることになりました。

富士山も含まれる

出典: https://side-hustle-parallel-work.com

静岡県小山町には富士山も含まれており、世界的に知られたスポットとしても名を馳せています。人口に関しては2万人程度と小さな町となっていますが、富士山があることで魅力的な町として見られることもあります。その静岡県小山町にはこれといった特産品がないのも実際のところです。そのため、ふるさと納税の返礼品に困っている部分もありました。

Amazonギフト券以外の返礼品

出典: http://aboutmoney.hateblo.jp

そこで、静岡県小山町として少しでも寄付を集めようと考えたのが、Amazonギフト券を返礼品とすることでした。Amazonギフト券以外にJCBギフトーカードやリンガーハットグループで使えるギフト券、サーティワンアイスクリーム商品券なども返礼品の対象としていたのです。できるだけ金券に近いもので、多くの寄付を集めようとしてきました。

特産品がない自治体にとっては頼りになるAmazonギフト券

出典: https://blog.goo.ne.jp

静岡県小山町のように地元の特産品がないというケースでは、Amazonギフト券を中心とした金券に近いものを支給することによって多くの寄付を集められたという背景があります。これもふるさと納税の趣旨に反することであり、Amazonギフト券が規制対象となる理由となりました。静岡県小山町としては苦しいところですが、仕方がない部分もあります。

実際に渡していたAmazonギフト券の金額

出典: https://www.fnn.jp

実際に静岡県小山町が渡していたAmazonギフト券の金額についても、具体的にご紹介していきます。静岡県小山町が渡していたAmazonギフト券の金額としては、1万円分と2万円分、4万円分と8万円分の4種類があります。年収が1,000万円を超えるようになってくると、最大で8万円分のAmazonギフト券に寄付をしても税額控除を受けることができます。

ふるさと納税において人気の自治体に

出典: https://note.mu

年収1,100万円の独身や共働きの世帯であれば、寄付金の限度額が21万3,000円で、Amazonギフト券を8万円分もらうことができます。これだけ大きな金額のAmazonギフト券をもらえるということもあり、静岡県小山町はふるさと納税の対象としても人気のある自治体でした。2018年には、ふるさと納税で249億円集めたことでも有名になっています。

今後の返礼品の検討が必要

出典: https://minatoku-time.com

しかし、2019年6月以降に関してAmazonギフト券をはじめとした金券類を返礼品として認められない可能性も高まってきています。静岡県小山町としても見直しを迫られており、これまでのように高額な寄付を集めるのが難しくなるのではないかと予想されています。その他の都道府県や自治体も含めて、法律の範囲内で返礼品を検討することが大切です。

ThumbAmazonギフト券をコンビニで購入する方法!使い方など徹底解説

Amazonギフト券がなくてもふるさと納税はお得な制度である

ふるさと納税のお得な点を確認

出典: https://furusatoplus.com

静岡県小山町のように、Amazonギフト券などを返礼品とすることで高額な寄付を集めてきた都道府県や地方自治体にとっては、法律の施行を恐れている部分もあります。しかし、Amazonギフト券がなくてもふるさと納税自体は魅力的な制度だと言えます。都道府県にとっても利用者にとってもお得な制度について、その内実を具体的に解説していきます。

クレジットカード決済ができる

出典: http://delsol-p.com

Amazonギフト券がなくてもふるさと納税がお得な制度と言える理由の1つに、クレジットカード決済ができることが挙げられます。ふるさと納税をクレジットカード決済によって利用することで、クレジットカードのポイントを貯めることができるのです。ふるさと納税で税金の控除を受けつつ、クレジットカードポイントを貯められるところがお得です。

決済方法は事前に確認を

出典: https://www.genkin-ka.info

ただし、都道府県や自治体によってはクレジットカードによる決済ができないところもあるので、事前に確認しておく必要があります。基本的に都道府県の自治体のホームページを見れば、決済方法を知ることができます。また、ふるさとチョイスなどのポータルサイトを利用すれば、クレジットカードの利用が可能です。そうしたサイトを利用するのも賢明です。

好きな市町村に寄付が可能

出典: https://www.furusato-tax.jp

さらにふるさと納税のお得な制度として、好きな都道府県や市町村に寄付ができるという点も挙げることができます。ふるさと納税をする市町村や都道府県については、必ずしも自身の出身地である必要はありません。北海道から沖縄にいたるまで、好きな都道府県や市町村に寄付をすることができます。その市町村の財源として活用してもらうことができます。

地域経済を活性化できる

出典: https://furusatoplus.com

返礼品が魅力的な都道府県の市町村に寄付をするのも良いですし、配偶者の出身地に一緒に寄付をするといった行動を取ることもできます。また、特に思い入れのある都道府県の市町村に寄付をして活用してもらうこともできるのがふるさと納税の魅力的なポイントです。より地域経済を活性化できるというところも、ふるさと納税ならではの魅力と言えます。

上限額までなら何度でも寄付が可能

出典: https://nomad-sloth.com

好きな都道府県や市町村に寄付をできることもふるさと納税の魅力ですが、さらに上限額までであれば何度でも寄付できるところもふるさと納税のお得なポイントです。ふるさと納税をする際には2,000円の負担金が必要となります。その負担金については、年間で1回だけ納めれば大丈夫です。何回寄付しても負担金は2,000円のまま利用することができます。

数回に分けて寄付もできる

出典: https://hitujinoiineta.com

ふるさと納税で控除される税金については、個人や世帯での年間所得によって変わってきます。その上限金額一杯までであれば、年間何回寄付しても問題ない制度となっています。返礼品をもらう時期をわけたいといったニーズで、数回にわけて寄付をする人もいます。人によってさまざまな活用方法をできるのが、ふるさと納税ならではの魅力と言えます。

ふるさと納税の魅力を知る

出典: https://furusato.manetatsu.com

Amazonギフト券がもらえないとしても、ふるさと納税はお得で魅力あふれる制度であることを理解しておくことがおすすめです。自分が応援したい自治体や市町村があれば、そこにふるさと納税として寄付をするのもおすすめです。Amazonギフト券以外にも、美味しい食べ物や地場産品が返礼品となっていることもあるので、それらを確認するのも有効です。

Amazonギフト券がポータルサイトでもらえるキャンペーンとは?

ポータルサイトのキャンペーンを確認

出典: http://jizodo.jp

Amazonギフト券がもらえなくても魅力的な制度と言えるのがふるさと納税です。そんなふるさと納税の魅力として、ポータルサイトの活用もおすすめです。中にはふるさと納税のレビューを書くことでAmazonギフト券をもらえるポータルサイトもあります。Amazonギフト券とふるさと納税の関係について知る上でも、おすすめのサイトをご紹介していきます。

レビューでAmazonギフト券がもらえる「さとふる」

出典: https://miyakojima.news

ふるさと納税のポータルサイトとして人気があるサイトに「さとふる」を挙げることができます。さとふるでは、レビューを書くことによってAmazonギフト券がもらえるというキャンペーンを実施しています。期間限定ではありますが、毎年数回程度レビューを書くことで、抽選でAmazonギフト券が当たるのです。300文字程度のレビューで問題ありません。

キャンペーン期間中にレビューを書く

出典: https://tokuhodai.jp

さとふるで寄付受付をした方を対象として、300文字以上のレビューを書くことで、Amazonギフト券が当たるチャンスがあるのです。レビューを書いた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券1万円分が当たるといったチャンスがあります。1つの返礼品に対してレビューは1投稿が原則です。複数レビューを投稿しても1レビューと見なされます。

レビューの投稿がおすすめ

出典: https://city.living.jp

レビューを投稿したい返礼品の「お礼品レビューを投稿」というボタンをクリックすれば、レビューを記載する画面に遷移します。さとふるを活用してふるさと納税をした方は、このレビューキャンペーンを利用するのがおすすめです。簡単に300文字以上のレビューを書くことによって、Amazonギフト券1万円分が当たる権利を手に入れることができます。

納税でAmazonギフト券がもらえる「ふるなび」

出典: http://money-magazine.org

レビューの投稿によってAmazonギフト券が当たるチャンスもあるふるさと納税のポータルサイトですが、納税によってAmazonギフト券をもらえるチャンスもあります。それが「ふるなび」と呼ばれるふるさと納税のポータルサイトです。ふるなびでは、一定の条件を満たすことでAmazonギフト券がもらえます。このチャンスを利用するのもおすすめです。

Amazonギフト券をもらえる条件

出典: https://blog.furunavi.jp

具体的にふるなびでAmazonギフト券をもらう条件としては、ふるなび会員に登録していることが求められます。その上で、ふるなび関連サービスのサイトから寄付をする必要があります。最後に、クレジットカード決済による寄付が条件となります。これらの条件を満たすことでAmazonギフト券がもらえます。簡単に取得できる方法としても人気があります。

寄付金額の1%分のAmazonギフト券がもらえる

出典: https://www.change-your-tomorrow.com

具体的にどのくらいのAmazonギフト券がもらえるのかと言うと、ふるなびを活用して寄付した金額の1%分に当たるAmazonギフト券が受け取れる仕組みとなっています。比較的簡単にAmazonギフト券をもらうことができるので、利用者の数も多いのがふるなびの特徴です。Amazonギフト券が欲しいという方は、ふるなびを活用して寄付するのが効果的です。

レビューでもAmazonギフト券がもらえる

出典: https://toushi-biyou.com

また、ふるなびでもさとふると同様に返礼品のレビューを書くことによって、Amazonギフト券をもらえるチャンスもあります。ふるなびのマイページからレビューをする返礼品を選びます。そこで100文字以上のレビューを書くことで、Amazonギフト券50円分を受け取れます。これは抽選ではなくレビュー投稿者全員がもらえるキャンペーンとなります。

簡単にレビューを書く

出典: https://dagashiya-bitcoin.com

ふるなびのレビューキャンペーンに関しては予告なく終了となる可能性もあるので、キャンペーンが実施されているうちにレビューを投稿しておくのがおすすめです。Amazonギフト券は気軽に使えて便利な面もあります。100文字程度のレビューであれば簡単に書くことができます。ふるさと納税のメリットを活かすためにも、レビューの投稿はおすすめです。

「ふるさとプレミアム」のAmazonギフト券

出典: https://my-furusato.com

ふるさと納税のポータルサイトを活用してAmazonギフト券を手に入れるという点では、「ふるさとプレミアム」の活用もおすすめすることができます。ふるさとプレミアムでもキャンペーンを実施していることがあり、期間限定でAmazonギフト券をもらえることがあります。キャンペーン期間についてはふるさとプレミアムのホームページから確認できます。

寄付金額の3%分もらえる

出典: https://coin-girls.com

例えば、2019年3月1日から3月31日までにふるさとプレミアムを通じてふるさと納税を行った方全員に、寄付金額の3%に上るAmazonギフト券がプレゼントされるというキャンペーンが実施されています。通常であれば寄付金の1%というケースが多いですが、今回は3%となっているのでとてもお得です。こうしたチャンスを利用してみるのも有効です。

クレジットカード決済が対象

出典: https://furusatomania.com

ふるさとプレミアムでふるさと納税をする場合も、クレジットカード決済をした方が対象となります。現金や銀行振込などでふるさと納税を行った場合は、Amazonギフト券のキャンペーン対象外です。キャンペーン期間中であれば何度でもAmazonギフト券をもらうチャンスがあります。まとめてふるさと納税をしたい人にとっても魅力的なキャンペーンです。

お得にAmazonギフト券をもらえる

出典: https://hedge.guide

ふるさと納税自体でAmazonギフト券を手に入れることは難しくなってきましたが、ふるさと納税を管轄しているポータルサイトを利用することで、Amazonギフト券をもらえるチャンスはあります。自治体のホームページから寄付をするのではなく、ポータルサイトから寄付をするのが有効です。そうすることでお得にAmazonギフト券がもらうことができます。

Amazonギフト券がもらえる「ふるさと本舗」とは?

「ふるさと本舗」の魅力を確認

出典: https://fuyumikan.com

ふるさと納税による寄付だけでなく、ふるさと納税を取り仕切っているポータルサイトの活用によってAmazonギフト券をもらえるチャンスがあることを理解しておくこともポイントです。そのポータルサイトとして、「ふるさと本舗」にも人気があります。ふるさと納税を通してAmazonギフト券をもらいたいと考えている方には、魅力的なサイトです。

ふるさと本舗の返礼品は魅力的だと有名!

出典: https://point.p-bandai.jp

ふるさと納税を行うために、ふるさと本舗を活用するという人も多くなっています。ふるさと本舗の魅力として返礼品が充実していることを挙げる人も少なくありません。ふるさと本舗の返礼品のジャンルとして、食べ物の種類が豊富にあります。肉や魚、フルーツや野菜、お米やパン、麺類や卵といった食べ物が多くなっており、飲料品も充実しています。

地場産の美味しい食べ物が手に入りやすい

出典: https://www.furusato-tax.club

ふるさと納税を通してAmazonギフト券が欲しいという方も多くなっていますが、地場産の美味しい食べ物が欲しいという方も少なくありません。そうした方たちについてはふるさと本舗を活用することで、自分に最適な返礼品を見つけやすい環境が整っていると言えます。お肉だけを見ても、牛肉や豚肉、鶏肉や羊肉など、さまざまなお肉を堪能できます。

クレジットカードで決済が可能

出典: https://toyokeizai.net

ふるさと本舗を活用してふるさと納税をする方も多くなっていますが、ふるさと本舗の魅力としては、クレジットカード決済が可能という点も挙げることができます。徐々にキャッシュレス化も進んできている日本社会ですが、ふるさと本舗でふるさと納税をすることでクレジットカード決済もできるのです。そのことが人気の要因として挙げられます。

5つのブランドをカバー

出典: https://invoice.moneyforward.com

ふるさと本舗でふるさと納税を行う際には、JCB・VISA・Mastercard・Amex・DinersClubの5つのブランドをカバーしており、使い勝手も良いところが特徴です。クレジットカードを利用してふるさと納税を行うことで、返礼品を受け取れるだけでなくクレジットポイントも貯まります。それが利用者にとっての魅力につながり活用する人も多いです。

自治体の選定が多様

出典: https://limia.jp

ふるさと納税をふるさと本舗から行う人も多いですが、その人気の理由として自治体の選定が多様になっていることも挙げられます。ふるさ本舗では、ふるさと納税に関する選び方が豊富にあります。よくあるふるさと納税の人気ランキング以外にも、地域やカテゴリ、配送回数や自治体Newsといった導線で選択できます。これも人気の秘訣として挙げられます。

隠れた名産品を探せる

出典: http://www.komatsuyutaka.com

配送回数でのふるさと納税の選定についてはふるさと本舗ならではの取り組みであり、1回や3回、6回や12回といった回数から選択することができます。定期便の検索を効率的に行えるところも任期の要因となっています。ふるさと納税における隠れた名産品を探すという点でも魅力的です。さまざまな切り口があることが、利用者の増加につながっています。

ふるさと本舗の使い方・キャンペーンとは?

出典: https://www.imgrumweb.com

ふるさと納税を行えるポータルサイトとして人気のあるふるさと本舗ですが、その使い方やキャンペーンについても確認していきます。ふるさと本舗の使い方としては、トップページに遷移してキーワード検索を行います。そこでは、寄付金額や配送回数、カテゴリや自治体といった括りで検索することができます。検索をすると多くの返礼品が出てきます。

自治体を決めてからふるさと納税をする

出典: http://toyota-marche.jp

ふるさと納税ができるふるさと本舗の画面中央には、カテゴリページがアイコンつきで登場しています。人気ランキングに関しても総合ランキングの他、カテゴリーごとのランキングもあって使い勝手が良いです。その他、新着商品や特集、自治体やお知らせといった導線の中から好きな自治体を選べます。自治体を決めたら、ふるさと納税を行う流れとなります。

キャンペーン内容も充実

出典: https://tokusuruinfo.jp

ふるさと本舗ではキャンペーン内容も充実しています。例えば、寄付金額の3%から5%にも及ぶAmazonギフト券をプレゼントしてもらえるといったキャンペーンもあります。ふるさと納税の返礼品としても人気のあるAmazonギフト券が手に入るチャンスです。キャンペーンの開催時期や対象商品については、ホームページでの確認が必要です。

思わぬチャンスにめぐり会える可能性も

出典: https://venture-finance.jp

また、2018年9月から2018年12月31日にかけては、ふるさと本舗を通じてふるさと納税を行った方の中から抽選で5名様にBALMUDA スチームオーブントースター(黒)が当たるというキャンペーンも実施されていました。定期的に行っているので、逐一ホームページを確認しておくことが賢明です。思わぬチャンスにめぐり会える可能性もあります。

Amazonギフト券はなぜ人気なのか

Amazonギフト券の人気の理由を確認

出典: https://tukaerune.com

ふるさと納税を通して、Amazonギフト券を手に入れたいと思う方も少なくありません。ふるさと納税をしつつAmazonギフト券を手に入れられることに魅力を感じて寄付をしてきたという方も多いのが実際のところです。そのAmazonギフト券がなぜ人気なのかという点にも迫っていきます。還元率や有効期限といった点が注目ポイントとして挙げられます。

還元率の高さ

出典: https://oldno07.com

ふるさと納税においてAmazonギフト券が人気の理由として、還元率の高さを挙げることができます。2018年12月時点のデータではありますが、ふるさと納税の寄付に対するAmazonギフト券の還元率は40%程度となっています。政府としては還元率を30%以内に収めるように求めていますが、その還元率を上回っています。それが人気の理由です。

高い還元率は魅力的

出典: https://enjoy-retirement.com

ふるさと納税において還元率は重要な要素を占めます。2,000円を超える部分について、税金を控除してもらえることも大きなメリットですが、できるだけ高い還元率を誇る返礼品に寄付をしたいと考えるのも利用者心理です。例えば10万円分の寄付をして4万円分のAmazonギフト券がもらえれば、還元率40%となります。こうした還元率は魅力的です。

40%を超えるような還元率を出すのは難しい

出典: https://fujita3.com

Amazonギフト券自体も使い勝手の良い返礼品ですが、高い還元率を提供しても自治体にとっては利益が出るというところがふるさと納税の盲点となってきました。地場産品で高い還元率を出しても問題ありませんが、なかなか40%を超えるような還元率を出すのは難しい部分もあります。その点で、Amazonギフト券は提供者にとっても魅力的な返礼品です。

有効期限が10年

出典: http://hitoriblog.com

ふるさと納税でAmazonギフト券が人気となっている理由としては、その高い還元率を挙げることができます。それ以外にAmazonギフト券は有効期限が10年間となっている点も人気の理由です。有効期限が10年もあるので、とりあえずもらっておいて損をすることがないと考えられるのです。そのため、ふるさと納税においても人気の返礼品となっています。

有効期限の長さは魅力的

出典: https://torisedo.com

食べ物や海産物などを返礼品としている自治体も多いですが、食べ物の場合は消費期限や賞味期限があり、比較的短期間で消費しなければならないケースもあります。その点において、10年間というAmazonギフト券の有効期限はとても長い期間利用可能となっています。還元率の高さと合わせて、有効期限に着目して寄付する自治体を選ぶ人も多いです。

今後の返礼品選びも頭に入れておく

出典: https://www.itmedia.co.jp

還元率や有効期限といった点に魅力があるふるさと納税のAmazonギフト券ですが、今後はふるさと納税を通じてAmazonギフト券をもらえなくなる可能性も高くなってきました。還元率についても30%を上限とするような法律が施行される可能性が高まっています。それらの事情を考慮した上で、今後の返礼品選びを進めていくことが求められます。

ThumbAmazonギフト券は有効期限がある?調べ方や復活方法などまとめ!

Amazonギフト券はふるさと納税でもらえない可能性が高い

出典: https://news.cardmics.com

ふるさと納税とAmazonギフト券の関係に注目をして、具体的な解説を進めてきました。これまではふるさと納税による寄付を通してAmazonギフト券をもらうこともできましたが、今後はAmazonギフト券をもらえない可能性が高いことを視野に入れておく必要があります。ふるさと納税本来の趣旨を理解した中で、寄付をする自治体を決めることが重要です。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ