みずほ証券の年収をリサーチ!初任給やボーナス・残業代はいくら?

就職先を決めるうえで職場や福利厚生などさまざまな要素がある中で「年収」は非常に重要なものとなりますが、高給取りと噂のある「みずほ証券」はどのようなものなのでしょうか。そこで今回は初任給やボーナス・残業代の実態とともに「みずほ証券の年収」についてまとめています。

みずほ証券の年収をリサーチ!初任給やボーナス・残業代はいくら?のイメージ

目次

  1. みずほ証券の平均年収が気になる
  2. みずほ証券の平均年収・役員の年収は?
  3. みずほ証券の年収の初任給やボーナス・大卒の場合は?
  4. みずほ証券の年収の残業代や福利厚生
  5. みずほ証券の年齢別の平均年収
  6. みずほ証券の男性女性別の平均年収
  7. みずほ証券の年収の生涯賃金と業界の傾向
  8. みずほ証券のアナリストの平均年収
  9. みずほ証券の平均年収などまとめ

みずほ証券の平均年収が気になる

出典: https://www.sankei.com

仕事探しをする上で年収を意識して探すことは大切です。好きな仕事をしてお金を稼ぐことも大事ですが、生活をするために高い給料の会社を選ぶ人も多くいます。そして、証券会社は高い年収を得ることができるという印象がありますが、みずほ証券はどうなのでしょうか。そこで今回はみずほ証券の年収やボーナス、役員クラスの報酬等を解説していきます。

みずほ証券の平均年収・役員の年収は?

年収は仕事をする上で重要

出典: https://www.eizo.co.jp

就職活動や転職など、仕事探しをする上で年収を意識することは大切です。なぜ仕事をするかといえば生きていくためになります。仕事内容や職種、待遇面ももちろん重要な要素ではありますがやはり年収は外せません。みずほ証券は証券会社として大手となります。そのため、世間の印象としては高い年収と給与、さらにはボーナスも良いと認識されています。

金額を把握しておこう

出典: https://www.zeroapa.com

しかし、実際のところはどうなのかまで知ろうとしない人は少なくありません。あくまでイメージで年収は良いなどと予想をしていることが多いです。就職活動においても大手とされる企業であるみずほ証券は人気を集めています。証券会社というブランドもあるため期待が持たれますが、一体みずほ証券の平均年収はどれくらいの金額となるのでしょうか。

みずほ証券の平均年収

出典: https://momonestyle.com

みずほ証券の平均年収はおよそ730万円となります。職種など関係なく日本全体の平均年収がおよそ400万円ほどなのに対して非常に高い数字です。やはりみずほ証券は証券会社として大手であるため、就職をすると生活は安定し将来安泰となりそうな年収となっています。しかし、ここ数年でみずほ証券の年収は大きく変わってきているのが現状です。

サラリーマンよりは高い数字

出典: https://www.techmatrix.co.jp

みずほ証券の年収はサラリーマンよりは高い数字となっていますが、2009年の平均年収はおよそ770万円となっています。また、2015年と2016年に関しては年収の平均が900万円代となっていることから徐々に下がりつつあることがわかります。みずほフィナンシャルグループの証券会社であるみずほ証券でも、年収には安定性がない時代です。

総合職や一般職や技術職の年収や給与

出典: https://www.hitachi.co.jp

みずほ証券に就職をして年収を高くするには総合職や一般職、技術職によって差があることを理解しておく必要があります。まず、最も年収や給与、ボーナスが並となるのは一般職です。みずほ証券の一般職として働いている社員の給与はおよそ48万円が平均となっています。また、ボーナスはおよそ200万円となっており社会の平均からみると悪くありません。

職種によってボーナス等に差がある

出典: https://yutorisaifu.com

しかし、一般職ではなく技術職になると給与やボーナス等は少し下がります。技術職の給与はおよそ47万円となっており、ボーナスは195万円ほどです。これでも一般的なサラリーマンよりは高い数字ですが、一般職に比べると劣ります。総合職は給与はおよそ67万円でボーナスについては278万円となるため平均値でも圧倒的に高い年収を記録します。

役員の平均年収

出典: https://newswitch.jp

みずほ証券では役員になると年収や給与、ボーナス等は一気に変わってきます。役員といっても全ての人が高い平均給与を手にしている訳ではありません。例えばみずほ証券にて主任となった場合の給与はおよそ47万円でボーナスについては194万円が平均となります。役員として位が上がり係長に就任すると、主任と比較して年収等にも違いが生まれてきます。

役員の年収やボーナスは高い

出典: http://pocketmoney.xyz

係長になると給与はおよそ53万円でボーナスは220万円ほどになります。さらに上の役員となる課長になった場合は給与の平均が53万円ほどでボーナスはおよそ219万円です。そしてみずほ証券の役員として部長に昇格した場合は給与が平均で77万円、ボーナスは320万円ほどになるため非常に高い数字です。あくまで平均ですが役員になると生活に余裕が出ます。

大卒や短大卒・高卒の平均年収

出典: https://news.careerconnection.jp

では、学歴による年収の変動はどうなのでしょうか。仕事をしだすと大卒と高卒でも大きく変わってくるため、念のため大卒という肩書きを持っておこうと考える人は大勢います。みずほ証券の場合は、まず高卒で就職した場合の平均年収はおよそ720万円です。この年収でも十分な数字となりますが、やはり短大卒や大卒となると金額は変わってきます。

学歴は年収に差を生む

出典: https://www.asunarolife.net

みずほ証券に短大卒で就職した場合の平均年収はおよそ847万円です。非常に高い数字となっており生活をする上でお金に困ることはあまりない金額となります。そして、大卒でみずほ証券に就職した場合の平均年収はおよそ990万円です。ほぼ1,000万円に届くといってもよい年収となっており、さすがは証券会社として大手に君臨するだけあるという印象です。

同業他社と比べると高くない?

出典: https://h50146.www5.hpe.com

みずほ証券はみずほフィナンシャルグループの証券会社ということもあり、役員クラスになると年収は非常に高い平均値を誇ります。そして、高卒・短大卒・大卒でも高い年収となっているため生きていく上で十分な稼ぎとなりますが、証券会社として同業他社と年収やボーナスなどを比較した場合は高いのかを調査してみます。

ボーナスも高くない

出典: http://iloveme.blog.jp

みずほ証券と同業他社の給与やボーナス等を比較すると、決してみずほ証券が高いとは言えない数字となります。世間的な平均年収に比べるとみずほ証券は高い数字ですが、証券会社としてのくくりでみると少ないくらいです。三菱東京UFJ銀行と同じくらいの数字となります。また証券会社のなかでも外資系企業は高い給与水準です。

みずほ証券の年収の初任給やボーナス・大卒の場合は?

みずほ証券の新卒の初任給

出典: https://www.newsweekjapan.jp

みずほ証券は証券会社としてのくくりで考えると平均年収やボーナス、給与等は決して高い水準ではありませんが、社会全体で考えると年齢が若くても稼ぐことができる仕事です。では、ここからは大卒のお金事情に迫っていきます。まず大卒の初任給ですが、およそ20万円となっており決して低くない数字で、これは大卒で国内での勤務となった場合です。

年齢からしても決して悪くない

出典: https://www.asunarolife.net

大卒で新卒入社をすると年齢からしても悪くない初任給となります。そして、仮に大学卒でも院生の場合は少し初任給も高くなり、およそ23万円です。大卒でみずほ証券に入社をすると、初任給は決して高くない数字ですが今後に期待が持てます。役員になっていくと年収もおよそ1,000万円近く稼ぐことができる場合もあるため仕事に励む人が多いです。

みずほ証券のボーナス

出典: https://news.cardmics.com

そして、年収等も気になりますがボーナスのことを忘れてはいけません。社会人として働く上で最も楽しみにしていることの一つといっても過言ではないものです。みずほ証券のボーナス金額は年齢によって大きく変わってきます。まず、大卒として入社した当初はおよそ82万円です。しかし、25歳をすぎると平均額も大きく上がりおよそ140万円となります。

ボーナスは年齢によって大きく変わってくる

出典: https://kyoto-shijo.or.jp

年齢が30歳から34歳であればボーナスはおよそ160万円です。年齢が40歳代になってくるとおよそ180万円から210万円となってくるため、大卒として入社をした当初に比べると非常に高額となる金額を手にすることができます。また、みずほ証券のボーナスの金額は役員とうになれば変わってきますが、決して年齢が上だからといって高いわけではありません。

年齢が高いからボーナスが良い訳ではない

出典: https://gentosha-go.com

年齢が高いからといってボーナスが良いわけではない理由として、みずほ証券で働く50歳から54歳の年齢となる人のボーナスはおよそ225万円となります。しかし、55歳から59歳になると234万円、さらに60歳から65歳になると152万円と大きく下がる傾向です。これに応じて年収や給与についても、みずほ証券では年齢が上がるほど徐々に下がっていきます。

ボーナスを知ることも就活をする上で大事

出典: https://hataractive.jp

年齢が上がっていくと仕事量も減ってくるため若い世代には敵わない部分です。役員として会社の上層部に居座るとなれば別ですが、証券会社だけに限らず退職する年齢が近くなるほど少しずつ給与や年収は低くなります。それまでの間に高い給与やボーナスで稼いでいるため、生活をする上では特に心配はいらない金額ということができます。

みずほ証券の年収の残業代や福利厚生

年収に関わる内容

出典: https://shori.info

みずほ証券は一般的にみて給与も多く、高い年収を期待できる会社です。そのため年齢によっては転職を希望する人も多く人気があります。しかし、勤務する会社を選ぶ上で年収など金銭面だけではなく福利厚生も重要です。また、残業をした際にどれだけきちんと給与に還元してくれるかも大事な点となります。その面でみずほ証券はどうなのでしょうか。

待遇面の把握が大切

出典: https://gotcha.alc.co.jp

就職活動をする上で、多くの人は会社の名前や給与面を意識しています。しかし、自分が働いた分はどれだけ還元してくれるのか。また、福利厚生による手当などもしっかりと把握をしておくことが大切です。ここからは、みずほ証券に勤務をする上で知っておくべき残業代はきちんと支払われるのか、また休みの取りやすさなどを紹介していきます。

残業代はきっちり支払われる?

出典: https://www.zangyou.jp

まずは気になる残業についてです。みずほ証券では昔は夜遅くまで働き詰めでなかなか平日は厳しい環境下で多くの社員が働いていましたが、ここ最近では19時頃にはきちんと仕事は終わるような方針に移り変わっています。しかし、いつもきちんと業務時間内に仕事を終わらせれるとは限りません。その際は残業した分きちんと管理をして給与に反映されます。

支店によって違いが

出典: https://roudou-pro.com

みずほ証券では仕事をする時間は支店によって異なる部分があります。ある支店ではきちんと業務時間内までに終了して帰宅できることもあるが、別の支店になると朝の早い時間から夜遅くまで残業をして働くことが多いです。しかし、みずほ証券では残業についてきちんと管理がされているため無駄に労働しているということにはならないため安心できます。

残業時間も厳しく管理される?

出典: https://www.mag2.com

みずほ証券では残業の管理についてパソコンを使って行っています。つまりパソコンがオンになっている時間は業務時間外でも残業をしているとみなされしっかりと給与に加わり、オフにしていると業務は終了していると判断されるということです。証券会社は風潮として朝早くに出勤して働く印象がありますが、みずほ証券では8時から勤務が多くなっています。

役員クラスになると長時間になるケースも

出典: https://enjin-classaction.com

そして、残業等について気になるのは役員クラスの場合です。役員になると一般の社員とは違い管理をすることも多くなります。そのため必然的に仕事内容も増えますが、みずほ証券では支店によって役員は夜遅くまで残業をしていることが多いです。その分きちんと給与に反映はされますが、肉体的・精神的に厳しい状況になってしまうことも少なくありません。

土日は休めるが勤務時間が長い場合も?

出典: https://www.mag2.com

そして、平日は仕事を行うみずほ証券ですが土日はどうでしょうか。最近では業績の悪化に伴い休日出勤をしなければいけない会社も多くなっています。しかし、みずほ証券ではプライベートの確保はしやすくなっており土日はきちんと休めるためリフレッシュすることが可能です。基本的にみずほ証券の勤務はカレンダーに則って行われています。

どこの会社でもあり得ること

出典: https://osaka.vbest.jp

しかし、土日にきちんと休みを取るためには平日に仕事をきちんと片付けておく必要があります。そのため、土日を休む代わりに平日は夜遅くまで残業する人も少なくありません。特に役員クラスになってくると業務時間外で行う仕事も多くなります。これについてはみずほ証券だけに限らず多くの会社で言えることになるため、決して例外ではありません。

住宅手当など福利厚生は充実?

出典: https://www.bloomberg.co.jp

では、残業や土日はしっかり休めるのかという日々の業務に関することだけでなく、住宅手当等の福利厚生についてみずほ証券はどうなのでしょうか。これは実際にみずほ証券で働いている人からも声が挙がっているように充実した福利厚生制度となっています。細かい部分でいうと交通費はもちろん全額会社から支給され住宅手当もあります。

福利厚生は社員にとって大事

出典: https://www.reloclub.jp

みずほ証券の住宅手当については若手社員の総合職であれば全額支給されるます。そのため、年齢的に若く大卒等で入ってきたばかりの社員でもそれなりに良い家に住むことが可能です。あまり福利厚生について意識をしない人もいますが、社会に出て働く上で非常に重要な部分となります。生活を支えてくれる制度になるためきちんと確認することが大切です。

みずほ証券の年齢別の平均年収

年齢別の平均年収の推移

出典: http://pocketmoney.xyz

みずほ証券は社会全体でみたときに高い水準の年収をキープしています。では、年齢別でみる年収の推移についてはどうでしょうか。大卒で入社した場合の平均年収として発表していくと、まず年齢が24歳での年収はおよそ328万円となります。一般的な企業に勤務するサラリーマンと同じくらいの年収であり、証券会社だからといい特別高いわけではありません。

年齢は20代後半からが年収も高くなる

出典: https://eikaiwa.dmm.com

しかし、みずほ証券の年収は20代後半から一気に変わってきます。25歳から29歳の年収は513万円から563万円です。そして30歳から34歳であれば最大で645万円まで平均額が上がります。さらに40歳になると700万円を超えてくるため高い年収金額です。年齢が50歳になると900万円ほどの年収になりみずほ証券で最も高くなりピークを迎えます。

年齢別の給与やボーナスの推移

出典: https://www.zenginkyo.or.jp

年収は年齢によって大きく変わってくることがわかりましたが、給与やボーナスについてはどうでしょうか。まず大卒として入社した24歳まではおよそ20万円です。社会的にみても特に高い数字ではありません。しかし、25歳からは一気に上がり35万円ほどに達します。また、ボーナスについても当初は80万円ほどだった部分が140万円まで跳ね上がります。

年齢30代での給与は少し生活に余裕がある

出典: https://www.businessinsider.jp

30歳を迎えると給与は40万円を超えボーナスについても160万円ほどになります。年収と同じくみずほ証券では年齢が少し違うだけで大きく給与やボーナスにも反映するため、日々の仕事において働く意欲が増してきます。役員になるとさらにボーナスや給与もアップするため、将来性のある会社です。30歳を過ぎると生活にも余裕が出るほどの給与となります。

みずほ証券の男性女性別の平均年収

男性女性別の平均年収

出典: https://hataractive.jp

みずほ証券の給料は大卒・年齢によって年収が変わってくることがわかりましたが、性別ではどうでしょうか。あまり考える人はいませんが気になります。最近では男性でも女性でも社会に出ると平等に活躍することができる時代となっています。そのため、証券会社というくくりに限らず多くの女性が働いておりキャリウーマンという言葉も聞くことが多いです。

非常に興味深い内容

出典: http://www.viamechanics.com

男性と変わらないほど社会で仕事をして活躍する女性は、多い人では700万円などの年収を叩き出している人もざらにいます。それはみずほ証券でも例外ではないと言えますがどうなのでしょうか。ここからは、男性と女性に分けてみずほ証券における給与やボーナス、年収などの金銭事情を調査して紹介していきます。

男性の年齢別の年収推移

出典: http://www.renobest.co.jp

まずは、みずほ証券で働く男性の年収等からみていきます。まず、大卒で入社したと仮定すると24歳の場合年収はおよそ328万円です。高くもなく低くもないという一般的な年収と言えます。そして、25歳から29歳になると年収は大きく変わり、およそ551万円から601万円です。少し年齢が高くなるだけで大きく年収には開きが出るため生活も一変します。

年齢は20代半ばから期待

出典: https://entrenet.jp

また、みずほ証券で働く男性の30歳から34歳では年収がおよそ610万円から710万円となります。最も高い年収となるのは役員になる人が多くなる50歳前後で、およそ852万円から962万円です。この数字からもわかるように、みずほ証券では20代の後半から一気に年収が大きくなるため、長い目で見て働き役員を目指すことが重要であると考えられます。

女性の年齢別の年収推移

出典: https://www.pasonacareer.jp

男性はやはり高い年収を確保することができるとわかりましたが、では一方で女性の平均年収はどうでしょうか。まず大卒等で入社した24歳までは男性と同じく298万円から328万円となります。そして、20歳の後半になると一気に上がり年収の最大平均が513万円です。しかし、男性に比べると女性の場合30歳になってもあまり高くなる傾向がありません。

年齢によって大きく変化

出典: https://www.mag2.com

みずほ証券に勤務する女性は男性と同じく年齢によって年収は大きく変わってきますが、男性ほどの伸び代がないのはなぜでしょうか。これには女性特有の妊娠等が関係しています。結婚をして妊娠し産休に入る人が多くなる30歳前後では男性ほど年収の伸びがないため平均が低い数字になっています。しかし、女性でも男性ほどの年収を稼ぐことも可能です。

男女ともに30代からは状況も変わる

出典: https://president.jp

しかし、上記の数字からもわかるようにみずほ証券に勤務する男性・女性は30代から一気に年収が高くなりお金を稼いでいる人が多いです。役員クラスになるとさらに給与やボーナスは高くなるため、年収の大幅アップも期待ができます。入りたての頃は決して良い年収ということはできない数字ですが、働き続けることに意味がある会社です。

先を見据えて年収は調査しておこう

出典: https://iekau-saving.com

それはみずほ証券に限らず、どの会社に勤務をしても同じことが言えます。新卒として入ってきたときは決して給与等がよくないにしても、数年経てば状況は一変することは多いです。そのため、職探しをする際は長い目でみて年収のことを考えることも大切になります。ボーナスも年齢によって大きく変動するため、きちんと確認をしておくことが重要です。

みずほ証券の年収の生涯賃金と業界の傾向

そもそも生涯資金とは?

出典: https://venture-finance.jp

みずほ証券は高い給与やボーナスなどによって年収も良いため、多くの就職希望者がいる証券会社です。また、みずほフィナンシャルグループという大手になるため福利厚生も手厚く働く方も安心できます。では、ここからはみずほ証券の年収における生涯賃金と業界の傾向についてみていきます。まず、そもそも生涯賃金とは何か知らない人は少なくありません。

きちんと理解をしておこう

出典: https://gakumado.mynavi.jp

生涯賃金とは字の通りの意味ですが、働いている人が一生の内で稼ぐことができるお金のことを言います。つまり、みずほ証券に勤務をして退職するまでに稼ぐことができる金額のことです。仕事をする期間は非常に長いため、先を見据えて就職先を選ぶことも大切になります。そのため、きちんと理解をした上で様々な会社の金銭事情を調査することが大事です。

みずほ証券の生涯賃金

出典: https://canaeru.usen.com

では、生涯賃金とは何かについて理解できたところで実際にいくらほどになるかを紹介していきます。みずほ証券で働いた人の生涯賃金はおよそ2億8,000万円となり、一般的な企業に勤務する人よりは非常に多い数字です。証券会社は高い年収をもらうことができるため、やはり生涯賃金にして表すと一般のサラリーマンと比較した際違いがわかりやすいです。

一般的なサラリーマンよりは良い

出典: https://s-cubism.jp

証券会社に限らず全体の平均となる生涯賃金の平均はおよそ2億8,000万円となるため、みずほ証券と比較すると4,000万円の差があります。一生涯の内で稼ぎが4,000万円違うというのは非常に大きな数字になるため、やはりみずほ証券に勤務をすると日々の生活もゆとりが生まれることが数字からわかります。役員クラスになるとさらに実感できることです。

証券業界の生涯賃金

出典: https://www.bloomberg.co.jp

みずほ証券の生涯賃金はおよそ2億8,000万円で、社会全体で見ると平均が2億4,000万円になります。では、社会全体ではなく証券業界の生涯賃金と比較するとみずほ証券はどうなのでしょうか。みずほ証券は社会的にみると高い年収となる企業ですが、証券会社というくくりではあまり高いとは言えません。そして、これは生涯賃金にも反映されています。

みずほ証券の数字よりも高い

出典: http://holisticvoice.ciao.jp

証券業界の生涯賃金の平均はおよそ3億2,500万円となります。みずほ証券の生涯賃金と比較すると3,000万円ほどの差が開いているため、いかに証券業界の中でみずほ証券の給与が高い水準でないことがわかります。みずほ証券の年収でも十分社会的に考えると高いものがありますが、それでも3,000万円ほどの開きがあるとなれば証券業界は稼げる仕事です。

証券業界の賃金の傾向

出典: https://www.recme.jp

証券業界の賃金の動向はどのようになっているのでしょうか。お金の動きはだいたいみずほ証券と同じで、大卒として考えた場合の年収は24歳でおよそ413万円となります。そして、25歳から29歳になると一気に上がり545万円です。また、30歳になるとさらに年収は高くなり平均でおよそ670万円ほどになります。この時点でみずほ証券との差は大きいです。

40代後半からは高額となる

出典: https://gaishishukatsu.com

証券業界は40歳になるとさらにアップし年収の平均はおよそ814万円です。みずほ証券はおよそ700万円となるため、100万円ほどの開きが出ています。お金の流れはみずほ証券も証券業界も同じですが、金額には大きな差があるため生涯賃金にも関係してくるということです。毎月の給与だけでなく生涯賃金について知ることも長い目で考えると大切になります。

みずほ証券のアナリストの平均年収

アナリストの仕事とは?

出典: https://biz-journal.jp

では、最後にみずほ証券のアナリストの平均年収について調査をして紹介していきます。まず、アナリストとはどのような仕事を行うかというと証券投資において深く幅広い知識のもと投資をする価値があるかなどの分析・評価を行うことです。証券会社にとっては欠かせない存在となる仕事内容であり、みずほ証券にももちろんアナリストは在籍しています。

みずほ証券のアナリストは評価が高い

出典: https://www.nri-secure.co.jp

そして、みずほ証券のアナリストは証券業界において非常に高い評価を受けており、金融投資における情報誌の人気アナリストを掲載しているなかで、3年連続で1位を獲得しています。つまりみずほ証券のアナリストは業界においても優秀な人材が揃っていることを意味しているため、この結果からも年収には期待が持てますがどうなのでしょうか。

アナリストの平均年収

出典: https://gakumado.mynavi.jp

では、まずはアナリストの平均年収についてみていきます。みずほ証券に勤務をするアナリストの平均年収は23歳から25歳でおよそ500万円から700万円です。一般的な職種となる社員に比べると高い数字となっている印象を持ちます。専門的な知識を有することは給与にも反映されるため、年収にも大きく関係してくることがわかります。

若くして高い年収となる仕事

出典: https://furikake.doda.jp

アナリストは年齢が若いなかでも多く稼ぐことができる仕事になります。もちろん人によって差はありますが、25歳で年収が700万円となれば非常に世間と比較しても多い数字です。つまり、これだけの若い年齢で多くの年収を稼ぐということは、将来性を考えると高い給与を毎月受け取ることができるため、生活は安定したものになると予想できます。

アナリスト以降の役員の年次や年収

出典: https://www.mag2.com

では、アナリストよりも上になる役員クラスの年次や年収はどうなるのでしょうか。アナリストの一つ上にはアソシエイトがあり、年次にすると26歳から28歳になります。そして、年収についてはおよそ600万円から1,000万円です。20代の後半にして多い人は1,000万円を稼ぐ仕事になるため、社会的に考えても非常に高い給与水準ということができます。

役員クラスは非常に高い年収

出典: https://momonestyle.com

そして、アソシエイトの上にはヴァイスプレジデント通称VPがいます。ヴァイスプレジデントは年次が29歳からとなり、平均の年収は1,000万円から1,500万円です。こちらの役職でも非常に高い数字の年収となり、一般的なサラリーマンの平均年収は悠に超えています。そして、もう一つ上にはディレクターがあり、年次は35歳からで年収はさらに多いです。

給与水準が非常に高い

出典: https://biz-journal.jp

みずほ証券のディレクターになった場合、年収はおよそ1,500万円から2,000万円です。30代半ばで2,000万円の年収となれば生活は余裕が出ます。さらに、最も上の役職となるマネージングディレクターであれば年次が45歳からで年収の平均は2,000万円からという数字です。多くのお金を稼ぐことができるみずほ証券のアナリストは人気がある職種となります。

アナリストは年収1000万円稼げる?

出典: https://doda.jp

みずほ証券のアナリストやアソシエイトなどの役職につくと、年齢に応じて非常に高い年収を獲得することが可能です。全国平均による年収にも大きな差が生まれており、40歳前後になるとおよそ1,400万円の開きがあります。みずほ証券のアナリストとして勤務をすると年収1,000万円以上を稼ぐことは十分可能であり、生涯賃金も高いものにできます。

キャリアアップをして働く必要がある

出典: http://www.futanami-sec.co.jp

みずほ証券で年収を1,000万円以上にしようとした場合、役員として働く必要があります。役員になると手当がつき給与は大幅にアップするため一般社員と比べて大きく差が生まれるからです。アナリストとしてみずほ証券で働く上でも役職が上がっていくにつれて年収は大幅にアップするため、まずはキャリアアップを目指すことが重要となってきます。

みずほ証券は就職しやすい?

出典: https://job.career-tasu.jp

これだけ年収にも満足感が得られるみずほ証券ですが、果たして就職はしやすい企業になるのでしょうか。証券会社に勤務すること自体が難しいため、みずほ証券も同じく簡単に採用される会社ではありません。給与だけでなく福利厚生など社員としては働きやすい環境も整っているため人気がありますが、厳しい就職戦線に勝ち残る必要があります。

高い年収は人気の理由に

出典: https://foreignlang.ecc.co.jp

みずほ証券に勤務を希望する人の多くは高い年収に期待を膨らませて入社をしてきます。仕事をする上で金銭面を重視して考える人は多いため当然です。そして、みずほ証券は学歴ではなく人を重視して選考をするため、決して名前のある大学を出ていない人でも希望を持てます。採用人数は300人ほどとなり、様々なコースに振り分けられます。

ホームページの確認が大切

出典: https://ferret-plus.com

いくら人気がある企業でも毎年就職を希望する人の人数は変わります。そのため、少ない年に就職活動を行っている人は運が良いです。みずほ証券のホームページではリアルタイムに採用情報を確認することができるため、目を通しておくことが大切になります。

みずほ証券の平均年収などまとめ

出典: http://ichiokuen-wo.jp

みずほ証券は証券会社として国内でも高い知名度と人気を誇ります。年収の高さや手厚い福利厚生など社員にとっては働きやすい環境が整っていることも人気の理由です。しかし、職種や年齢などで大きく年収も変わってくるため、目の前のお金にとらわれず自身の適正とともに、長い目で将来を考えることが重要になります。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ