消費税の中間納付の申告時期とは?計算方法や基準などまとめ!

多数の税金を支払っている私たちですが、今回は消費税と、その中間納付についてまとめてみます。事業・会社内容により、それぞれ消費税や、中間納付の計算等は違ってきます。そして、支払時期等も変わってきますので、それぞれについて詳しくまとめて紹介していきます。

消費税の中間納付の申告時期とは?計算方法や基準などまとめ!のイメージ

目次

  1. 消費税の中間納付・中間申告について解説!
  2. 消費税の中間納付・中間申告とは?
  3. 消費税の中間納付・申告のタイミングや回数について
  4. 消費税の中間納付税額の計算方法について
  5. 消費税の中間納付・中間申告についてのまとめ

消費税の中間納付・中間申告について解説!

一般的な個人の確定申告の時期は1月1日から12月31日までの1年間の収支を3月15日に申告して、3月31日に納付します。ですが前年の消費税が48万以上の個人事業や、サラリーマンの副業、中小企業、法人企業等の消費税の申告や納付に関しては、多少異なることなります。その消費税についての「中間納付」・「中間申告」を国税庁の情報を詳しくわかりやすくまとめて紹介していきます。

Thumb消費税の使い道をわかりやすく解説!増税の理由や具体例まとめ!

消費税の中間納付・中間申告とは?

さて、この消費税の「中間納付」「中間申告」ですが、前年の地方消費税等を含まない国税分の確定消費税額が48万円以上を納める課税者や法人企業が次年度に納めるべき消費税が負担にならないように、前年の確定消費税額に応じて、基準、回数、時期を設けて、仕訳、計算して申告し消費税を、一部前納する制度です。それを次からそれぞれ詳しく「中間納付」と「中間申告」を紹介していきます。

前年の消費税額を基準に申告を行う

前年の確定消費税額を基準に仕訳・計算して、その一部を前納しておくのが中間納付です。前年の消費税額48万円以下の個人や企業に対しては、中間申告の必要はなく、48万以上の場合は中間申告の必要がありますが、それぞれの段階を国税庁の情報を元に詳しく、「中間申告」が必要な業種や企業、「中間納付」が必要な場合をそれぞれ詳しく紹介していきます。

消費税額の中間納付・申告の時期とは?

個人事業の消費税の中間納付・中間申告の時期などは、前年の確定消費税額が48万円以下の場合、申告は必要ありませんが、48万円以上、400万以下の場合、課税期間の末日の翌日から2カ月以内に申告して、直前の確定消費税額12分の6を納めます。それ以上の確定消費税額については、更に細かい基準が設けられていますので、次から紹介していきます。

中間報告を行う目的とは?

一般的な確定申告は、1月1日から12月31日までの収支を3月15日までに申告し、3月31日までに納付することになっています。しかし、納税者の負担を軽減させる為の制度が「中間申告」と「中間納付」の制度です。それが国税庁で詳しく定められています。基準となる確定消費税額が48万となりますが、この確定消費税額に地方消費税等は含まれてはいません。この確定消費税金額が「中間報告・納税」を行う上で重要です。

中間納付

消費税の「中間申告」をすることで消費税の「中間納付」を行います。その基準となる確定消費税額は48万であることは紹介してきましたが、次からはそれぞれの「中間納付」について、詳しく紹介していきます。基準となるのは前年の確定消費税額に応じて「中間申告」の回数、「中間納付」の回数も変動して、次年度分を前納します。

Thumb消費税還付の条件とは?不動産投資の仕組みや申告方法などまとめ!

消費税の中間納付・申告のタイミングや回数について

消費税には、前年の確定消費税額が48万円を越える納税者や個人事業者、法人企業に対して、国税庁で定める「中間申告」・中間納税」の制度があります。その仕訳や計算の仕方、申告や納税時期には、国税庁の定める基準がありますので、それに従って各「確定消費税額」の範囲から紹介していきます。それに応じて「中間申告」の回数が定められてきます。

中間申告が不要な会社の場合

「中間申告」が不要な会社は、前年の確定消費税額が48万円以下の法人会社や・中小企業企業等個人事業主です。中間申告の必要はなく、年に一度の確定申告のみで、3月31日に消費税を納めることになります。これも、国税庁にて詳しく基準が決められておりますが、ただし、自主的に任意の年に一度の中間申告を提出する制度もあります。

中間申告の回数が1回の場合の会社

前年度の消費税が48万以上400万未満の場合、年に1度の中間申告が必要になり、前年の2分の1を前納しなければいけません。この場合の中間申告の期間は、事業年度の開始から6か月間です。この末日の翌日以降から2カ月以内に仕訳・計算して申告します。そして、直前の課税期間の「地方消費税額」を含まない確定消費税額の12分の6を、中間申告と同じく2カ月以内に納付します。

中間申告の回数が3回の場合の会社

前年度の消費税額が400万を越え4,800万以下の場合、中間申告は3回です。納付税額は前年の消費税額の4分の1を納付しなければいけません。中間申告と納付に関して、各中間申告の対象となる課税期間の末日の翌日から2カ月以内です。そして中間納付税額は、直前の課税期間の確定消費税額の12分の3を納めることになります。この課税期間が12カ月に満たない場合は、計算方法が異なりますので、詳細は所轄の税務署に確認して頂く必要があります。

中間申告の回数が11回の場合の会社

前年度の確定消費税金額が4,800万を越える場合は、確定申告は1回で、年11回の中間報告が必要となります。そして、前年の確定消費税額の12分の1を納付することになります。更に、この消費税の中間申告が11回の場合は、個人事業者と法人企業により異なりますので次に紹介していきます。

中間申告回数が11回の個人事業者の場合

消費税の「中間申告」回数11回の個人事業者は、1月から3月分を5月末日までに申告し、確定消費税額の12分の1を5月末日までに納付します。4月から11月分までの中間申告対象期間の末日の翌日から2カ月以内に申告し、確定消費税額の12分の1を納税します。

中間申告回数が11回の法人企業

中間申告回数が11回の法人企業の場合では、その課税期間開始後の1月分からその課税期間開始後の2月を経過した日が対象です。この2カ月以内の分を申告した上で、直前の課税期間の確定消費税額の12分の1(前年度の消費税額4800万円超え)を納付します。そして、先の1月分以後の10月分から、中間申告対象期間の末日の翌日から2カ月以内に申告し、直前の確定消費税額の12分の1を納めるようにします。

消費税の中間納付税額の計算方法について

消費税の中間納付額の計算には、大きく仕訳して2種類あります。その一つに中間申告の回数に応じて、前年の納付額の実績から簡単に計算する方式の「予定申告方式」と、中間申告の期間に仮決算を行うことで、中間納付額を抑えることのできる「仮決算方式」の種類があります。この2つの特徴を紹介していきます。

仮決算方式

それぞれの、中間申告期間内で、仮決算を行うことにより、売上や仕入れ、材料費や外注費等の仕訳がより正確に売り上げ等の増減することにもなり、中間納付額を抑えることができるのが、この仮決算方式の特徴です。そう仮決算方式にすることにより、資金繰り等の見通しが立て易くなります。しかし手間がかかるというデメリットもあります。

予定申告方式

中間報告の回数に応じて、前年の納付額から簡単に計算する方式が「予定申告方式」です。計算がしやすく、税務署から納税のタイミングで中間納付書が送られてくるので、そのままを納税するだけですで良いので簡単です。もっとも多く各種企業に用いられている消費税の「中間申告」「中間納付」の仕方です。

消費税を中間納付した場合の仕訳とは?

ここで、消費税を、中間納付した場合の帳簿上の仕訳について説明致します。これまでも述べているように、中間納付は前年の納税額により回数がことなります。年度末の負担を軽減するために中間納付をしていますので、帳簿上は「仮払い法人税等」の勘定科目で処理します。

Thumb消費税の計算方法って簡単なの?求め方や課税率について紹介!

消費税の中間納付・中間申告についてのまとめ

ここまで、消費税の中間申告・中間納付についてまとめてきましたが消費税の中間申告・納付とは、納税者や納税期企業に年に一度納めるべき税金の負担を、無理なく収めれる様にする制度のことです。基準となるべきは48万以上の消費税の国税が基準で、48万以下と、以上で大きく計算の仕方も、基準も、変わってきます。

現在の商売に於いての消費税の負担率は高く、各種企業にとっては重荷になりかねない税金です。この税負担を年間、数回に分けて前納する制度がこの消費税の「中間申告」「中間納付」であるとまとめてきました。一概に税務署から送られてくる納付書を納める「予定申告方式」でも「仮決算方式」にしろ年間のトータル「消費税額」は変わりませんが、月々の資金繰りには活用すべきです制度です。

Thumb個人事業主の消費税基礎知識!免除の条件や申告期限などを徹底解説!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ