CA(客室乗務員)の年収はどれくらい?業種や年齢別に徹底調査!

CAとはなることが難しい職業で有名です。そんなCAの年収はどのくらいの金額なのかをご紹介していきたいと思います。CAの年収を業種や年齢別にもご紹介しており、CAの年収について詳しくご紹介していますので、CAの年収が気になる方は要チェックです!

CA(客室乗務員)の年収はどれくらい?業種や年齢別に徹底調査!のイメージ

目次

  1. CAになるには?
  2. CA(客室乗務員)の年収は?
  3. CAの業種・企業別年収
  4. CAの年齢別年収と給与・ボーナスは?
  5. CAの年収・日本の航空会社編
  6. CAの年収・外資系航空会社編
  7. CAの給料は国際線と国内線で違う?
  8. CA(客室乗務員)の年収まとめ

CAになるには?

出典: http://www.kanko-gaigo.ac.jp

CAとはキャビンアテンダントの略称となっており、CAは美人な方が多い職業として知られています。CAに憧れているという女性の方は多いのではないでしょうか。

出典: https://www.skb.ac.jp

そんなCAの年収・ボーナス等についてご紹介していきたいと思います。CAは華やかなイメージの強い仕事で、誰でも簡単にCAに成れるわけではないようです。CAの年収・ボーナスを航空会社事に分けてご紹介していきますので、CAに憧れているという方はCAがどれほどの年収・ボーナスを頂いているのかをチェックしてみてください!

応募資格と合格率

出典: https://www.studyplus.jp

CAは非常に人気が高い職業となっており、航空会社の採用試験に合格することが出来ればCAになることが出来ます。しかしCAへの道のりは険しく、簡単にCAになる事は出来ません。応募資格は航空会社によって条件は様々なで、中には学歴に加えてTOEICでの高スコアや中国語をマスターしている必要があるなどの条件もあります。そして応募倍率は数十倍~数百倍とも言われており、CAになる事が出来るのはほんの一握りの人物だけです。

CAに必要な身長

出典: https://ca-media.jp

CAになる為には身体的な条件をクリアする必要があります。CAになるにはある程度の身長が必要なようです。航空会社からは身長は何センチ以上という明確な条件は記載されていませんが、CAとして勤務している方は低身長の方は殆んどいません。接客するうえで荷物を上棚に置いたりすることもあるので、余りにも低身長の方ですとCAの採用試験に合格することは難しいのかもしれません。

ThumbCA(客室乗務員)になるには?採用基準や条件・仕事内容・年収まで徹底調査!

CA(客室乗務員)の年収は?

出典: https://www.studyplus.jp

CAの年収・ボーナスについてご紹介していきたいと思います。日本に限らず、世界中で成る事が難しい職業というのは高い年収・ボーナスを貰っている方が多いです。CAも簡単になることは出来ない高難易度の試験を突破する事で成れる職業です。そんなCAに成った方はどれほどの年収・ボーナスを貰っているのでしょうか?CAの年収・ボーナスに迫ります。

CAの平均年収と平均給料

出典: https://airline.gr.jp

CAの平均年収・平均給料について調査してみると、平均年収は約480万円で給料は29万円~31万円程だそうです。CAはなることが難しい職業ですが、就職難易度と比較すると平均年収・給料は低いと言えます。日本の平均年収は約400万円なので、CAは平均よりも若干だけ高いという位置づけです。CAのボーナスは給料の4か月分で支給されるようで、35歳頃からボーナスは100万円を超えるようになって来るそうです。

CAの業種・企業別年収

出典: https://townwork.net

CAにも様々な業種・企業があります。CAの年収を業種や企業ごとに分けてご紹介していきます。CAの年収は努めている企業や業種によってどれほどの違いが出てくるのでしょうか。CAになりたいという方で、就職先を迷っている方は今からご紹介していく情報を参考にしてみてください。

業種別年収

出典: https://www.f-hospitality.ac.jp

まずは業種別にCAの年収についてご紹介していきたいと思います。CAの業種というのは大きく分けると4つに分類することが出来ます。「国内大手航空会社」「外資系航空会社」「格安航空会社」「コミューター系航空会社」の4つです。この4つの業種の中で最も高いCAの年収は国内大手航空会社だそうです。国内大手航空会社の平均年収は約540万円程となっており、他の業種の航空会社よりも圧倒的に高い数字を記録しています。

出典: http://career-sketch.com

CAの業種ごとによる年収は、以前は現在よりも高かったようです。格安航空会社という業種が台頭して来た時代に、航空会社同士の激しい競争が始まってCAの需要も高まり年収はどんどん上がって行ったという事があったようです。そういった時代のCAの年収・ボーナスは非常に高く、平均年収は約680万円程だったと言われています。ですが現在が200万円も平均年収は下がって、ボーナスも以前よりは落ち着いた金額になっています。

企業別年収

出典: https://www.ana.co.jp

現在航空会社には様々な企業があります。国際線の航空会社で有名なのは「ANA」「JAL」「スカイマーク」「ソラシドエア(旧スカイネットアジア)」などが挙げられます。国際線も様々な航空会社があり、企業ごとに機内で受けることが出来るサービスなどにも違いがあり、他の航空会社の企業に差を付ける為に日夜努力されています。そんな国際線の航空会社の中で最も年収・ボーナスが高いのはJALだそうです。

出典: https://www.ana.co.jp

航空会社の年収は実は社会人1年目などはかなり低いと言われており、どの企業の航空会社でもCAなり立ての時には研修社員という扱いになるようです。研修社員の時は時給性という事も有り、給料は20万円に到達しないことが殆どとなっています。国際線の航空会社はまだ年収などは良いと言われており、外資系の航空会社は国際線の航空会社よりも非常に低い年収・ボーナスだという事はCAの間では常識のようです。

CAの年齢別年収と給与・ボーナスは?

出典: https://news.mynavi.jp

CAの年収・給料・ボーナスを年齢別にご紹介していきたいと思います。CAの年収・給料・ボーナスは年齢を重ねていくとどのように変化していくのでしょうか。CAを生涯続けていきたい!と考えている方は要チェックです!

CAの年齢別年収と給与・ボーナス

出典: http://www.jcfl.ac.jp

CAの年収・給料・ボーナスについてですが、年齢を重ねて経験を積んでいくとCAの年収・給料・ボーナスがどんどん増えていきます。CAの年収・給料・ボーナスは5歳刻みでアップしていき、年収・給料・ボーナスが最も高くなるのは50歳代だそうです。50歳代は男性も女性も最も年収・給料・ボーナスが高くなる年齢だと言われており、CAで50歳代の方の平均年収は約560万円程だという結果になっています。

CAの推定生涯賃金

出典: https://shukatsu-mirai.com

CAの生涯賃金をご紹介していきます。CAの生涯賃金を平均年収を参考にして算出すると、約2億円程になるようです。日本の平均的な生涯賃金が約1.7億円と言われており、CAの方の生涯賃金は日本の平均生涯賃金を3000万円程上回っています。女性しかいないCAですが、CAは女性の方専門の職業の中ではかなり高額の年収を獲得することが出来る職業だと言えます。

出典: https://shukatsu-mirai.com

生涯賃金というのは新卒の方が定年までに働いた場合に稼ぐことが出来る合計の金額となっています。CAの方は大手航空会社に勤めることが出来れば、平均以上に高い生涯賃金を獲得することも可能です。女性の方の社会進出も目立つ日本社会は、今後も女性労働者の待遇等は良くなっていくことが予想されています。CAは航空会社に必要不可欠な存在なので、今後年収などが上がることがあるかもしれません。

CAの年収・日本の航空会社編

出典: https://www.nenshuu.net

日本の航空会社に勤めているCAの年収を今からご紹介していきたいと思います。日本の航空会社の中で最も有名な企業は「JAL」と「ANA」です。日本を代表する大手航空会社であるJALとANAに勤めているCAの方の年収はどのような金額になっているのでしょうか。JALとANAに就職してCAなる事を目標にしている方は、知っておきたい情報なので要チェックです!

ANA

出典: https://www.anaschool.jp

まずは大手国内線であるANAにて勤務しているCAの年収からご紹介していきます。ANAはCAになりたての頃は研修社員として研修機関からスタートすることになります。そして研修中のANAのCAの年収は非常に安いようで、月収は20万円に到達せず、15万円~17万円程だと言われています。ANAの研修中は時給性になるという事も年収が低くなる理由となっており、研修機関は1年~3年程だそうです。

出典: https://www.ana.co.jp

ANAのCAで研修期間が終わると、実際に飛行機に乗って乗務勤務を開始します。ANAのCAは研修期間が終わると一気に年収は上がるようで、給料の手取りは約28万円程になります。ANAのCAは搭乗時間が長くなれば長くなるほど、給料は上がるという仕組みになっています。研修中の場合は、フライトに搭乗したとしても、フライト費が給料に反映されることが無いので年収が低くなってしまうようです。

JAL

出典: https://www.aviationwire.jp

ANAと対をなす国内線の大手航空会社であるJALに勤務しているCAはどのような年収内容になっているのでしょうか。JALに勤務しているCAは新卒ですと約18万円の給料が支払われるようで、年収は約250万円ほどになります。JALもANAと同じく、研修期間が終わると給料が一気に上がる仕組みになっており、JALの年収は日本の航空会社の中でもトップクラスの平均年収を記録しています。

出典: https://news.mynavi.jp

JALの平均年収は600万円~800万円となっており、最高年収は50代のCAの約850万円となっています。JALの平均年収はANAの平均年収と比較すると、若干安い価格になっていますが、それでも非常に高い年収で女性の方でCAになる場合はANAとJALに就職したい!という方が多いようです。JALもANAも新人の頃は年収が安いという特徴がありますが、新人時代を乗り越えると高い年収を獲得出来るので頑張りがいのある会社だと言えます。

CAの年収・外資系航空会社編

出典: http://www.jcfl.ac.jp

外資系航空会社に勤めているCAの年収をご紹介していきたいと思います。外資系航空会社に勤めているCAの年収はどれほどの金額になるのでしょうか。日本のJALやANAのような大手航空会社のCAよりも年収は高いのか気になります!

カタール航空

出典: https://www.youtube.com

外資系航空会社である「カタール航空」は日本人のCAも募集している外資系航空会社となっています。カタール航空のCAの給料は研修中は日本の航空会社と比較にならない程安く、何と日本円に換算すると約11万円程の給料になってしまいます。研修が終了すると一人前のカタール航空のCAも一気に給料が上がるので年収もアップします。カタール航空のCAは研修が終了すると給料は日本円で24万円~34万円程だそうです。

出典: https://www.jiji.com

カタール航空の場合は、年収に関しては日本のCAよりも高いなどという事はありませんが実は非常に好待遇で水道光熱費や家賃などは全て会社が負担してくれるというメリットがあります。生活するうえで必ず必要になる家賃&水道光熱費が全て無料というのは大きく、給料&年収は日本のCAと大きく変わりませんが実際に自由に使えるお金には相当な差が出ています。

シンガポール航空

出典: http://kansaigaidai-alumni.com

シンガポール航空は外資系の航空会社の中でもかなり高い給料・年収を新人の頃から貰うことが出来る航空会社として知られています。外資系であるシンガポール航空は新人ですら年収が500万円だそうで、直ぐに昇給して600万円に上がると言われています。シンガポール航空は美人なCAの方が非常に多いと評判で、世界一乗りたいエアラインとまで称されています。そんなシンガポール航空は簡単に入社してCAになることは出来ません。

出典: https://www.iccworld.co.jp

シンガポール航空はCAとしての接客技術だけでなく、自身の美容などにも非常に気を使う必要があります。シンガポール航空のCAは日頃から美意識を高める必要があり、お化粧を始めとしてスタイル維持なども大変のようです。給料・年収はCAの中では高いですが、その分仕事で求められる内容はそれ相応の内容となっています。

KMLオランダ航空

出典: https://www.pinterest.jp

ヨーロッパの外資系航空会社であるKMLオランダ航空は、日本人CAを募集している会社でもあり日本に住んだまま働くことが出来る外資系航空会社として知られています。外資系の航空会社で働きたいという日本人CAの方にはおすすめ出来る航空会社です。そんなヨーロッパの外資系航空会社であるKMLオランダ航空は頭脳面・身体面で採用条件が細かく決められており、CAとして採用されるには高難易度な航空会社となっています。

出典: https://ameblo.jp

KMLオランダ航空のCAの年収ですが、給料は約31万円程となっているようです。KMLオランダ航空は日帰りのフライトは無いようで、一度飛行機に乗るとロングフライトになってしまいます。KMLオランダ航空のCAは月に8回のフライトスケジュールで働いており、海外に滞在する時間は非常に長くなります。海外に憧れている日本人CAには持って来いの航空会社と言えます。

フィンエアー

出典: https://www.youtube.com

フィンエアーはCAから人気の高い外資系航空会社で知られており、日本人のCAも多く募集されている外資系の航空会社となっています。そんなフィンエアーの年収は手取りで30万円以上だそうですが、詳しい情報は秘密となっているようです。フィンエアーがCAから人気の外資系航空会社というのは、年収などの金銭的な事が理由ではありません。

出典: https://dailynewsagency.com

フィンエアーが人気の外資系航空会社なのには、フライトスケジュールがCAに優しいという事がポイントになっています。フィンエアーのCAは1か月に4往復だけとなっており、CAの方の健康面が非常に大事にされているスケジュールになっています。そんな事も有り、フィンエアーは長く安定して仕事を続けることが出来るのが魅力です。年収も他の航空会社より低いという事もありません。

CAの給料は国際線と国内線で違う?

出典: https://tabizine.jp

CAの年収や給料は国際線と国内線で変化するのかを調査してみました。

基本給は変わらない

出典: https://www.nenshuu.net

CAの基本給は国際線と国内線で変化するという事は無いようです。CAの給料は基本的に国際線と国内線で変わるという事はありませんが、国際線の方が過酷な勤務環境になりやすいという事も有り、フライト時間の長さも加味されて給料は高くなりやすいようです。給料を少しでも多く貰いたい!というCAの方は、国際線のフライトに乗れるような勤務形態になる事をおすすめします。

CA(客室乗務員)の年収まとめ

CAの年収に関する情報をまとめてご紹介しました。CAとは非常になる事が難しい職業として知られており、CAとして働ける人はほんの一握りだけです。そんなCAの年収は女性の職業の中でも非常に高い部類となり、ANAやJALなどの日本の大手航空会社に勤めると650万円~850万円程の年収になるようです。CAの年収は日本の平均年収を大きく上回る結果になっています。

出典: https://ca-media.jp

CAには国際線と国内線という勤務形態があり、国際線は外国と日本を行き来するようなフライトになります。一方で国内線は国際線のように海外ではなく日本国内を移動するフライトです。CAの給料は国際線と国内線で大きく変化することは無いですが、国際線の場合は国内線よりも長時間フライトになるので給料は若干高くなります。女性の社会進出が目立つ日本は今後のCAのように、高給を貰える女性の仕事に注目していきたいですね!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ