SEへの転職を成功させる方法まとめ!必要なスキルや資格・年収は?

SEへの転職を成功させる方法について、具体的にご紹介していきます。さまざまな仕事を経験する中でSEへの転職を目指している人も少なくありません。SEへの転職に際して必要となるスキルや資格、年収やおすすめのエージェントなども解説していきます。

SEへの転職を成功させる方法まとめ!必要なスキルや資格・年収は?のイメージ

目次

  1. SEへの転職を成功させる方法
  2. SEへの転職に必要なスキルや資格
  3. SE転職で年収アップは大きなメリット
  4. SEへの転職を未経験から成功させるには?
  5. SE転職に強いおすすめ転職エージェント
  6. SE転職を30代が行う場合に大切なこと
  7. SE転職で大手SEを目指す場合の注意点
  8. SE転職で失敗する人とは?
  9. SEへの転職を成功させる方法まとめ

SEへの転職を成功させる方法

SEの転職について確認

出典: https://se-kuma.com

SEへの転職を成功させる方法について焦点を当てて、おすすめの方法や考え方を具体的にご紹介していきます。現在SEとして活躍されている方も、未経験の方も含めてSEへの転職を検討しているという方は少なくありません。その中で年収アップや残業時間の短縮といったニーズを叶えたいと思うこともあります。そうした内情にも詳しく触れていきます。

今すぐプロに相談する

出典: https://tenshoku.mynavi.jp

SEの転職に関して亜は今すぐにプロに相談することがおすすめです。SEの転職に関しては1歳でも若いほど良いと言われています。それは、若い方が求められる期待値が低くなるため、転職も成功させやすくなるからです。30代、40代と年齢を重ねるに連れて、転職の難易度も上がっていきます。そのため、今すぐにでもプロに相談をすることがおすすめです。

転職が決まっていなくても相談可能

出典: https://journal.fosternet.jp

SEの転職に関しては、転職が決まっていなくてもプロに相談をすることができます。これはSEに限った話ではありませんが、転職相談をする人の全員が転職を決意しているわけではありません。自分の市場価値を知りたい、他の企業情報も知りたいといった簡単なニーズで問題ありません。まずはプロに相談をすることで、客観的な視点を養うことが重要です。

行動しないことは避けたい

出典: https://career.levtech.jp

最も避けたいことは転職しようかどうか迷っているのに行動しないことです。転職のプロやアドバイザーに相談をしたからと言って、必ず転職しなければならないというわけではありません。相談した結果、今の会社に残るという選択をするのであれば、それはそれでベターです。転職したいという気持ちがあるならば、まずはプロに相談することが賢明です。

遠慮はもったいない

出典: https://www.it-career-navi.com

また、プロや転職アドバイザーへの相談に際して遠慮することはもったいないという認識を持っておくことも大切です。プロを活用するぐらいの意識を持って、聞きだせる情報を全て聞いておくことが大切です。転職するにしてもしないにしても、今後の社会人人生を大きく左右する時期であることは間違いありません。自分のために行動することがポイントです。

本心からニーズを伝える

出典: https://andcareer.co.jp

転職のプロやアドバイザーについては、転職先の情報を数多く持っています。これまで多くの人たちを転職に導いてきた経験もあり、基本的にSEへの転職に関しても熟知しています。自分が求めることや大切にしたいことなどを、本心から伝えることが重要です。ここで遠慮して当たり障りもないことを言ってしまうと、転職しても後悔することになります。

SEへの転職に必要なスキルや資格

必要なスキルや資格を確認

出典: http://se-forum.info

まずは、SEの転職に際して転職を成功させる方法や考え方を理解して実践していくことが求められます。未経験の方も含めて、プロのアドバイザーに相談をすることでその後の道を切り拓いていくことが重要です。その上で、SEへの転職に必要なスキルや資格について確認していきます。20代や30代といった若いうちに資格を取得しておくのもおすすめです。

WEBエンジニアに必要なITスキル

出典: https://se-kuma.com

WEBエンジニアに必要なITスキルとしては、とにかくコードを書くスキルです。中には管理職や上流工程といった仕事に全く興味がなく、WEBエンジニアとしてコードを書き続けていたいという方もいます。その場合は、プログラミングの知識やコードを書くスキルを高めていくことがポイントです。経験を重ねるに連れて、着実にスキルアップも目指せます。

管理やコミュニケーションが必須のSIer

出典: https://career.levtech.jp

WEBエンジニアとは対照的に、管理やコミュニケーションといったスキルが求められるのがSIerです。SIerの場合は、自分自身がプログラミングやコードを書くというよりも、数人から数十人単位のプロジェクトチームをまとめることが大きな役割となります。より上流工程を担当する機会も多くなるので、要件定義や詳細設計などの書面作成も求められます。

一通りの経験をする

出典: https://www.elbridgefreelibrary.org

最初から管理やマネジメントといった仕事をできる人も多くないので、まずはプログラマーやエンジニアとしてコードを書くスキルを身につける必要があります。これはSIerにも共通して求められることであり、下流工程から経験をつけていくことで上流工程の仕事ができるようになります。設計や開発、試験や運用といった一通りを経験することも重要です。

社内SEはITとしての経験を積んでから選ぶ

出典: https://ptnimz.site

SEとしての転職の中でも、社内SEになりたいという人も少なくありません。企業規模や企業文化に合わせた働き方を求められるのが社内SEの存在です。社内SEになるためには、ITとしての経験を積んでから選択することがポイントです。企業や風土によって求められる役割は異なります。そのため、一通りITに関する知識や経験を積んでおくことが大切です。

幅広い知識が求められる

出典: https://itjobjapan.com

社内SEの場合は、会社のパソコンや携帯電話を管理する仕事や業務フローの改善、社内システムの構築といったことを求められることもあります。幅広い知識や経験が求められる仕事でもあり、得意分野と不得意分野がはっきり分かれているようだと、なかなか仕事になりません。広く浅い知識を持ちつつ、担当業務はしっかりとこなせるスキルが求められます。

コミュニケーション能力が高いならセールスエンジニア

出典: https://mynavi-agent.jp

さまざまな職種があるSEの転職事情ですが、コミュニケーション能力が高い方であれば、セールスエンジニアをおすすめすることができます。セールスエンジニアになると、受注前にシステムの要件や概要について顧客に説明する機会が多くなります。いかにわかりやすく伝えるかも重要な部分です。その点でコミュニケーション能力の高さは武器になります。

話すスキルと聞くスキル

出典: https://it-neta-4u.com

こちらから顧客にシステムについて説明するだけではなく、顧客からの悩みや改善したいポイントについて聞くこともセールスエンジニアには求められます。顧客の悩みを聞いた上で、どのようにすればそれを解消できるのか提案していくことも重要な点です。そのため、話すスキルと聞くスキルが求められます。その部分に自信があれば十分に活躍できます。

独立したいならフリーランス

出典: https://career-picks.com

SEとしての経験を積んできて、ある程度の知識やスキルがあるのであればフリーランスとして活躍することも難しくありません。SEとして独立したいケースや、開発者として独立したいケース、専門知識を活かして仕事をしたいケースではフリーランスという働き方もあります。自ら仕事を獲得する必要はありますが、ある程度自分の裁量で仕事ができます。

SE転職で必要な資格はない?

出典: https://min-ten.com

SEの転職に関して、必要な資格はあるのかという疑問を抱く方も少なくありません。しかし、SEの転職で必要な資格はないというのが実際のところです。資格を持っているに越したことはありませんが、それが絶対的な採用基準にはならないということです。資格を持っていることは当事者のスキルを知るための補助資料に過ぎないと考えるのが賢明です。

資格は目立つ

出典: http://proengineer.internous.co.jp

SE転職において資格は絶対的なものではありませんが、それでも資格を持っていると目立つケースもあります。それは、新卒や第二新卒と言われる人がSEへの就職を目指す場合です。30代や40代など、経験を重ねてくると資格よりも実績や経験が重視されます。しかし、新卒や第二新卒に経験はありません。そこで資格を取ることに価値が出てくるのです。

若いほど資格に意味が出てくる

出典: https://se-tenshokucenter.com

同じような学歴や志望理由、スキルを持った新卒や第二新卒の応募者がいた場合、資格を持っていることが選考に有利に働くことはあります。学生時代に資格を取るために努力したことの証にもなりますし、一定のスキルを保有していることの証明にもなります。若ければ若いほど、資格を持つことに意味が出てきます。その点を理解しておくことも重要です。

資格は情報の一つ

出典: https://neolog30.com

新卒や第二新卒の場合は、資格を保有していることで選考が有利に働くこともあります。一方で、ある程度経験を積んできた30代や40代といった方たちについては、資格は情報の1つだと考えておくのが無難です。キャリアや経験を裏づける参考情報の1つということです。保有している資格をアピールするよりも、現在のスキルをアピールする方が有効です。

最低限取得しておきたい資格

出典: https://takaxtech.com

資格は絶対的なものではありませんが、それでも最低限取得しておきたい資格もあります。SEとしてキャリアや経験を積んでいきたいと考えている場合、基本情報技術者試験の資格を確実に取得しておきたいです。3年以上SEとして経験を積んでいるのであれば、持っておきたい資格です。取得していることが前提であり、選考に有利になるとは言い切れません。

SE転職で年収アップは大きなメリット

SE転職のメリットを確認

出典: http://se-jobs.com

SE転職において必要なスキルや資格について確認してきました。SEへの転職では、資格は絶対的なものではないと頭に入れておくことがポイントです。資格を持っているに越したことはありませんが、それだけで選考が有利に働くわけではありません。その上で転職することが重要です。ここからはSE転職においてメリットとなる点について紹介していきます。

年収を上げたいなら企業規模と業界

出典: https://it-neta-4u.com

SE転職で年収を上げたいと考えている場合は、企業規模と業界を見ることがポイントです。SE転職を成功させることのメリットとして、年収が上がるという点も含まれます。年収が下がっても自分がやりたい道に進みたいという方もいますが、基本的には年収アップを狙う方が多くなっています。その際は、企業規模と業界を冷静に分析することが大切です。

大手企業や金融業界がおすすめ

出典: https://itjobjapan.com

年収を上げるためにおすすめの業界や企業規模という点では、大手企業や金融業界をおすすめすることができます。特に管理職やマネジメント職としてSEのキャリアを積んでいきたいのであれば、大手企業への転職を目指すことがおすすめです。年収も上がりますし、仕事で求められるニーズもマッチします。金融業界への転職も年収アップにはうってつけです。

福利厚生で手当てが増える

出典: https://www.be-system-engineer.com

SE転職によって年収が上がるという点では、福利厚生で手当てが増えることも挙げられます。大手企業や金融業界では福利厚生が充実している企業も少なくありません。家族手当や資格手当などによって、基本給とは別でもらえるお金も増えていきます。そうなると総合的な年収も上がっていくのです。転職の際は福利厚生を確認しておくこともおすすめです。

残業代の満額支給

出典: https://minimalist.pinamoto.com

また、SE転職を成功させることのメリットとして、残業代の満額支給も挙げることができます。現在勤めている企業ではサービス残業が一般化している場合、転職によって残業代をもらうことができれば、その分年収アップにもつながります。募集要項を確認する際に残業代の取り扱いを見ることも重要です。そうした細かい部分が年収アップに貢献します。

労力にあった給与

出典: https://it-upper.com

SE転職で年収がアップすることは大きなメリットですが、それだけではなく労力に見合った給与をもらえることも重要なポイントです。仕事をして対価を得ることによって、人間は充実感を得る部分もあります。その対価に不満があると転職したいと思うこともあります。転職によって、自分のスキルや実力、労力にあった給与をもらえることもメリットです。

定時帰りも期待できる

出典: http://www.engineer-careerguide.com

年収をアップさせられることがSE転職の大きなメリットとなりますが、年収アップ以外にも大きなメリットを享受できる可能性があります。例えば、定時帰宅などもその1つです。管理体制がしっかりとしていて、業務フローも細分化されている企業では無駄に残業をする習慣がありません。空いた時間でスキルアップを目指せるなど好循環を期待できます。

キャリアアップも目指せる

出典: https://tenshoku-plus.com

また、SE転職によって新たな仕事を任されることによってキャリアアップに期待することもできます。主担当だけではなく、リーダー職を任されたりマネジメント職を任されたりすることもあります。そうした経験を積んでいくことで、個人のスキルとして年収アップを勝ち取ることもできます。30代になった時に経験してきたことが花開くことになります。

SEへの転職を未経験から成功させるには?

未経験からの成功ポイントを確認

出典: https://job.careerconnection.jp

SEへの転職を成功させることによって、年収アップを勝ち取ることも大きなメリットとなります。年収アップをつかみとるために必要な考え方を習得して、実践していくこともおすすめです。ここからは未経験でSEへの転職を成功させる方法についてご紹介していきます。未経験でもSEとして活躍する人は増えてきているので、参考にすることが重要です。

IT知識とコミュニケーション能力が必要

出典: https://se-tenshokucenter.com

未経験でIT転職を成功させるためには、IT知識とコミュニケーション能力が必要になると言えます。IT未経験の方でも、現在の仕事と並行してITに関する知識を身につけることは可能です。それだけではなく、コミュニケーション能力も求められます。パソコンに向かっているだけではなく、顧客とのやり取りや提案などを行う機会も少なくありません。

論理的に説明する力

出典: https://note.mu

SE未経験であっても、顧客に対して未経験であることを悟られてしまうと、それだけで印象が悪くなってしまいます。顧客に対してシステムの要件や使いやすさといった部分を論理的に説明する能力も求められるのです。経験を積んでいけばマネジメント能力も求められることになります。SEへの転職を検討している場合は、その辺を意識することが重要です。

まずはプログラマーの経験を積む

出典: https://tenshokustudy.com

未経験の方がSEへの転職を目指す際には、まずプログラマーとしての経験を積んでいくことが求められます。コミュニケーション能力も重要ですが、未経験の方がいきなり顧客と交渉するというのはなかなかありません。まずは、プログラマーとして経験を積んでからSEになるというケースが多いです。まずプログラミングスキルを身につけることが重要です。

研修の充実した企業を選ぶ

出典: https://www.it-career-navi.com

SE未経験の方が転職を成功させるという意味では、研修の充実した企業を選ぶこともおすすめです。未経験でも独学でプログラミングについて学んだり、プログラミングスクールに通ったりできればそれがベストです。しかし、全員がそういうわけにもいかないので、研修が充実した企業を選ぶのが賢明です。入社してからスキルを身につけるのも効果的です。

基礎から学べる土壌があるか

出典: https://itjobjapan.com

企業としても未経験の方に即戦力となってほしいとは考えていません。即戦力が欲しい企業は、そもそも見経験者を採用しません。SE未経験でも入社できるということは、基礎から学べる土壌がある可能性も高いです。そこでコツコツと努力していくことで、SEとしての道が拓かれていきます。学びの場も含めて、面接等で確認しておくことが求められます。

未経験者がSE転職で活かせる自己PRとは?

出典: https://uzuz-college.jp

SE未経験者でも、自己PRを活用することで企業への効果的なアピールにつなげることができます。例えば、「前職で顧客管理システムが導入されたことをきっかけに、業務効率がアップするという経験をしました。そこでシステムに興味を持って、独学でプログラミング言語について学び、PHPに関しては使いこなすことができます。」といったものが有効です。

SE転職に強いおすすめ転職エージェント

おすすめ転職エージェントを確認

出典: https://www.seit.jp

未経験の方がSEへの転職を目指す場合に必要なスキルや考え方について、理解を深めておくことがポイントです。その上で、ここからはSE転職に強いおすすめの転職エージェントについて解説していきます。年収アップを含めて、より良い条件を勝ち取るためにはエージェントの活用も欠かせません。おすすめの中から実際に利用してみることも効果的です。

おすすめ転職エージェント①マイナビエージェントIT

出典: https://www.best-w.com

まずおすすめの転職エージェントとして、マイナビエージェントITを挙げることができます。マイナビエージェントITは上流工程を目指したい方には最適な転職エージェントとなっています。その他、WEBエンジニアの求人数も多くなっており、ニーズを満たせる可能性が高いです。未経験の方も含めて安心して相談できるエージェントとしておすすめです。

おすすめ転職エージェント②type転職エージェント

出典: https://creative-bible.com

続いては、type転職エージェントをおすすめ転職エージェントとしてご紹介することができます。type転職エージェントは社内SEの転職に強みを持っていることが特徴です。これまでのSE経験を活かして社内SEとして活躍していきたい場合は、type転職エージェントに相談するのがおすすめです。また、セールスエンジニアとして転職したい場合も最適です。

おすすめ転職エージェント③レバテックキャリア

出典: https://www.best-w.com

ITやSEの転職として有名なのがレバテックキャリアです。実際に、上流工程やWEBエンジニア、社内SEへの転職に強みを持っており、レバテックキャリアを活用して転職を成功させたという方も少なくありません。未経験から上流工程への転職を成功させた方もおり、より実用的なエージェントとなっています。年収アップ交渉にも強みを持っています。

おすすめ転職エージェント④レバテックフリーランス

出典: https://shibamasa26.com

転職や就職というよりも、SEとして独立して働きたいという方は、レバテックフリーランスに相談してみるのがおすすめです。レバテックフリーランスでは、SEのフリーランスや個人事業主として活躍したい方たちを支援しています。仕事の獲得方法や給与アップの交渉方法にいたるまで、細かい指導をしてくれるのでフリーランスを目指す方には最適です。

おすすめ転職エージェント⑤メイテックネクスト

出典: https://jobhopperxengineer.com

メイテックネクストもおすすめの転職エージェントとして挙げることができます。メイテックネクストでは、製造系のエンジニアの転職で高い実績を誇っており、製造系への転職を考えている方にはおすすめの転職エージェントです。企業の内情をキャッチしていることもあり、面談することで教えてもらえます。ニーズにマッチした企業を紹介してもらえます。

おすすめ転職エージェント⑥ギークスジョブ

出典: https://agent-box.jp

ITやSEといった職種や業界においては、ギークスジョブも知られた存在となっています。一般企業への転職はもちろんのこと、フリーランスや個人事業主として活躍したいと考えている方にとっても、ギークスジョブはおすすめの転職エージェントです。これまで多くの人を支援してきたノウハウや実績をもとに、最善の道を提案してくれるエージェントです。

おすすめ転職エージェント⑦ポテパンフリーランス

出典: https://success-job.jp

SEとしてフリーランスや個人事業主の道を模索したいと考えている場合は、ポテパンフリーランスの活用もおすすめすることができます。ポテパンフリーランスでは高単価の案件を紹介してくれることが定評となっています。独立しても高年収を目指したいという方には最適です。企業担当者のニーズも聞きつつ、最善の仕事を紹介してもらうことができます。

複数のエージェントを利用する

出典: http://proengineer.internous.co.jp

IT業界やSEへの転職に際しては、頼りになるエージェントを見つけて転職活動を成功させることがポイントです。未経験の方も含めて、複数のエージェントを利用するのがおすすめです。2社から3社程度利用することで、各社の特徴や違いを確認することができます。その中で、自分にとって最もマッチすると思うエージェントを頼ることが効果的です。

SE転職を30代が行う場合に大切なこと

30代に求められることを確認

出典: https://min-ten.com

未経験のSE転職や年収アップを目指すSE転職など、SE転職にもさまざまなパターンやニーズがあります。その中で、できるだけ自身のニーズを満たしていくためには転職エージェントも上手く活用しつつ活動を進めていくことがポイントです。ここからはSE転職を30代が行うケースに焦点を当てていきます。30代には30代としての考え方が求められます。

自己分析が重要

出典: https://websites-manual.com

30代でSE転職を目指す場合は、自己分析がとても重要なポイントです。自己分析は30代に限らず重要ですが、30代の転職では特に重要だと考えておくのが賢明です。転職市場において自分の価値を冷静に見極めることが求められます。30代の転職は20代の転職とは異なります。より即戦力が求められるのであり、今現在のスキルや実力が評価されます。

自分の価値を見直す

出典: http://career-theory.net

30代では現時点での実力やスキルが重視される中で選考活動が進んでいきます。その中で、自分の価値を見直すことも求められます。数社の面接を受けて落とされてしまうこともあります。その場合は、自己評価が高いと判断して現実を見つめ直すことが重要です。自分には何ができて何ができないのか、スキルのたな卸しをすることで価値を判断できます。

自己分析がアピールポイント

出典: https://www.it-career-navi.com

30代でSEの転職をする際には自己分析や自分の価値を見直すことが重要なテーマになっていきます。その中で、自己分析をすることが効果的なアピールポイントにつながるのです。自分が何が得意で何ができるのか、そうしたスキルを持って会社にどのように貢献できるか説明することが重要です。会社に活躍できるイメージを持ってもらうことが効果的です。

キャリアプランを明確にする

出典: https://www.it-career-navi.com

また、30代でSE転職を成功させるためには、今後どうなっていきたいのかというキャリアプランを明確に提示することも求められます。20代でもキャリアプランを描くことは重要ですが、30代になってくるとより現実のものとして評価されることになります。5年後、10年後、20年後といった将来を明確にすることが転職への道を拓くきっかけになります。

実際に努力していることを伝える

出典: https://www.it-career-navi.com

また、そのキャリアプランを実現するために、現在努力していることも伝えることが重要です。30代で選考に落とされる理由として、年齢の割に考えが甘いといった評価があります。こうなりたいという思いだけでプランを実現することはできません。そうなるために具体的に努力することが重要です。その点まで踏み込んだ上でアピールすることが大切です。

SE転職で大手SEを目指す場合の注意点

大手SEの注意点を確認

出典: https://se-tensyoku.net

30代でSE転職を目指す場合の考え方について理解を深めておくことが求められます。30代の場合は、20代と違って、経験やスキルが重視されることを頭に入れて即戦力とした活躍できるようなイメージを持っておくことが大切です。その上で、ここからは大手SEを目指す場合の注意点について解説していきます。大手SE転職のデメリットも理解が必要です。

プログラミングしたいなら大手は避ける

出典: https://career.levtech.jp

SE転職を目指す方の中には、大手でキャリアを積んでいきたいと考える方も少なくありません。ただし、プログラミングをしたいのであれば大手への転職は避けておくのが賢明です。大手SEのデメリットとして、プログラミングをする機会が少ない点が挙げられます。大手の場合は管理やマネジメント業務がメインとなるので、コードを書く機会が減ります。

自分がやりたいことを再確認する

出典: http://sisutemuenjinia.com

管理職やマネジメント職としての経験やキャリアを積んでいきたい方にとっては、大手SEへの転職は最適です。しかし、技術者やエンジニアとしてプログラミングスキルを磨いていきたいのであれば、そもそもの仕事内容が合っていません。自分がやりたいことを再確認することが重要です。その上で大手SEを目指すかどうかを決めることがポイントです。

優秀な人材がかなり多い

出典: https://career-engineer.net

大手SEとしての転職を目指す場合の注意点として、優秀な人材がかなり多いところも理解しておく必要があります。大手ならではの特徴ですが、従業員数がとても多くなります。ベンチャー企業の場合数十人から多くても100人程度ですが、大手の場合は数千人規模の従業員がいることも少なくありません。そうなれば、優秀な人材の数も多くなって当然です。

良い仕事をしても目立ちにくい

出典: https://www.it-career-navi.com

それまでは従業員の少ない会社で実力やスキルを認められてきたという方でも、大手に転職することで、なかなか評価されにくくなってしまったというケースもあります。スポーツ選手がチームを移籍する際にもよく見られることですが、SEの転職に関しても同様です。良い仕事をしても目立ちにくくなるので、その点を我慢できるかどうかがポイントです。

フットワークの重さ

出典: http://sisutemuenjinia.com

大手SEとしての転職を目指す場合はさまざまな注意点を理解しておく必要がありますが、そのうちの1つとしてフットワークの重さを挙げることもできます。大手の場合は、稟議や承認といった作業をするのに多くの人を通さなければならないことがあります。課長や部長、担当役員や役員、社長など、何人もの承認を受けないと前に進まないことも多いです。

大手の風土があることを理解する

出典: http://manekoro.cocolog-nifty.com

ベンチャー企業であれば数分程度で承認が下りていたことも、大手となると数日から数週間単位の時間がかかることもあります。全ての従業員が画一的なルールを守らされることも大手の特徴です。その風土に働きにくさを感じる人も少なくありません。大手には大手のルールや風土があることを理解した上で、転職に向けて動き出すことがポイントです。

SE転職で失敗する人とは?

SE転職で失敗する人の特徴を確認

出典: https://se-tenshokucenter.com

30代の転職や大手へのSE転職も含めて、注意点やデメリットなどをしっかりと理解しておくことが大切です。その中で、ここからはSE転職で失敗する人の特徴に焦点を当てて解説をしていきます。30代や40代といった年齢に関係なく失敗する人には共通点があります。少しでも良い転職を勝ち取りたいと考えている場合は、反面教師にすることが大切です。

転職を後回しにする人

出典: https://se-tenshokucenter.com

SE転職を失敗してしまう人の特徴として、転職を後回しにする人を挙げることができます。特に現時点でSEとして勤務していると、プロジェクトに配置されてなかなか転職を切り出しにくいと考えてしまう人も少なくありません。転職は会社のことではなく自分のことです。自分のことよりも会社を優先して後回しにしてしまうと、チャンスを逃します。

自分だけで行動する人

出典: https://se-tennsyoku.com

SE転職を失敗してしまう人の特徴として、自分だけで行動する人も挙げられます。SEに限った話ではありませんが、自分で情報を調べたり会社について理解したりするのは限界があります。転職に際してはエージェントを活用することが重要です。自分だけで行動する人は失敗しやすいです。

使えるものは使う

出典: https://se-career.com

エージェントに相談することで、自分のニーズを聞いてもらうこともできますし、そのニーズに合った企業を紹介してもらうこともできます。これは個人ではなかなかできません。知人や友人に仕事を紹介してくれる人がいれば別ですが、そういう人も多くありません。使えるものは使って転職への道筋を立てることがポイントです。

SEへの転職を成功させる方法まとめ

出典: https://tenshokustudy.com

SEへの転職を成功させる方法と題して、必要なスキルや資格、考え方について具体的にご紹介してきました。SEへの転職を検討している場合は、未経験の方も含めて早め早めに行動をすることが重要です。若ければ若いほど転職も成功させやすくなります。30代や40代となると実績も求められます。年相応の対応をすることも転職を成功させるポイントです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ