Tポイントカードのアプリとは?Tポイントを貯める方法や使い方などまとめ!

Tポイントカードのアプリでの使い方を知っていますか?今回はTポイントカードのアプリの使い方やTポイントを貯める方法、Tポイントが貯まるアプリなどを紹介します。またTポイントカードの危険性やモバイルTカードを使う際の注意点についても解説します。

Tポイントカードのアプリとは?Tポイントを貯める方法や使い方などまとめ!のイメージ

目次

  1. Tポイントカードのアプリとは?
  2. TポイントカードでTポイントを貯める方法
  3. Tポイントカードの使い方
  4. Tポイントを貯められるアプリ
  5. Tポイントカードを使うと危険?
  6. Tポイントカードが複数ある場合のポイント移行
  7. TポイントをモバイルTカードで使用する注意点
  8. TポイントカードのアプリやTポイントを貯める方法まとめ

Tポイントカードのアプリとは?

出典: https://tsite.jp

Tポイントカードをスマートフォンで利用できるアプリがあることを知っていますか?最近ではポイントカードを持たずスマートフォンで利用できるアプリが増えており、Tポイントカードのアプリが気になっているという人も多いかもしれません。そこで、Tポイントカードのアプリでの使い方やポイントを貯める方法を解説します。

アプリの基本的な使い方やTポイントの貯め方から、Tポイントを貯めることができるアプリの紹介、Tポイントカードの危険性について、複数のTポイントカードのポイント移行方法、Tポイントカードをモバイル利用する際の注意点などについて詳しく説明します。便利なTポイントカードのアプリを使いこなしましょう。

スマホで使えるモバイルTカード

Tポイントカードのアプリとは、スマートフォンでTポイントを貯めたり使ったりすることができるモバイルTカードのことを言います。Tポイントはご存知のとおり、共通ポイントサービスで、TSUTAYAやファミリーマート、EDION、Yahoo!JAPANなど様々なお店で使えることから多くの人が利用しています。

Tポイントカードをアプリで利用すれば、ポイントカードを持ち歩く必要がなく、財布がかさばる事なくすっきりします。レジの際に財布からポイントカードを探す手間も省けるためスムーズに手続きできます。ポイントの利用履歴の確認ができたり、お得なキャンペーン情報やクーポンなどもアプリで配信されポイントカード以上に便利です。

スマホでTポイントを貯められる

Tポイントカードアプリではこれまでのポイントカードと同じようにTポイントを貯めることができます。コンビニ、スーパーやドラッグストア、ガソリンスタンド、飲食店など、Tポイント加盟店であれば使うことができます。また貯まったTポイントは、アプリであってもポイントカードと同様に1ポイント1円として加盟店で利用することができます。

TポイントカードでTポイントを貯める方法

TポイントカードでTポイントをたくさん貯めるにはどのような方法があるのでしょうか?TSUTAYAの店舗で貯まるというイメージのあるTポイントですが、他にもTポイントを貯める方法があります。ポイントカードと比べ、アプリを使えばよりお得に貯めることが可能です。アプリなどを利用しTポイントを賢く貯めましょう。

店舗利用でTポイントを貯める

TポイントカードでTポイントを貯める最も基本的な方法は、加盟店の店舗を利用することでTポイントを貯めるということです。Tポイントの還元率についてですが、これは加盟店により異なります。100円につき1ポイント貯まる店もあれば、200円につき1ポイントの加盟店もあります。TSUTAYAであれば200円利用するごとに1ポイント貯まります。

加盟店を利用することで貯まったポイントも、もちろん使うことができます。Tポイントは1ポイント1円として利用することができます。またTポイントの加盟店を利用することで、ポイントが貯まるのはもちろん、レシートと一緒にお得なクーポンがもらえることもありますのでしっかりチェックするようにしましょう。

モバイルTカードが使える店舗

出典: https://www.netmile.co.jp

Tポイントに加盟している店舗であっても、アプリで利用できるモバイルTカードにはまだ対応していない店舗もあるという点に注意が必要です。アプリで使えるモバイルTカードはこれまでのポイントカードとは違いバーコードなどを読み取るため、従来のポイントカードが利用できてもモバイルTカードであれば利用できない、という加盟店があります。

アプリで使えるモバイルTカードが使える店舗には、TSUTAYA、蔦屋書店、ファミリーマート、ウエルシア、ウエルシアダックス、ハックドラッグ、EDION、ガスト、バーミヤン、牛角、ステーキ宮、洋服の青山、スーツカンパニー、ヤマト運輸、カメラのキタムラ、スタジオマリオなどがあげられます。

吉野家やドトールコーヒー、エクセルシオールカフェ、ロッテリア、眼鏡市場、コンタクトのアイシティ、ソフトバンク、Yahoo!JAPAN、ENEOSなどもTポイントを使ったり貯めることができますが、現在のところモバイルTカードには対応していないため注意してください。

キャンペーンで貯める

TポイントカードでTポイントを貯める方法として、加盟店での利用を紹介しましたが、それ以外にもキャンペーンなどでTポイントを貯めることができます。Tポイントでは様々な加盟店でキャンペーンが開催されています。Tポイントの公式サイトやアプリで確認ができます。キャンペーンにエントリーすることでもTポイントを貯めることが可能です。

期間限定ポイントとは?

キャンペーン等で貯まるTポイントは、期間限定ポイントであることも多いです。この点には注意が必要です。期間限定ポイントは、使う期間と利用先が決められているポイントのことで、期間固定Tポイントと呼ばれています。Tポイントにより期限や使う先が異なり、通常のTポイントとは違うため注意しましょう。

期間固定Tポイントの期限は短いこともあるため、失効する前に使うようにしましょう。期間固定Tポイントと通常のTポイントがある場合、期間固定Tポイントが使える加盟店であれば、有効期限が短いポイントから自動的に使われるようになっているので安心してください。

ThumbTポイントカードが無料で発行できる作り方!ポイントが貯まる使い方も!

Tポイントカードの使い方

Tポイントカードアプリを使えばポイントカードを持ち歩く必要がな便利であることが分かりましたが、使い方が分からないという人も多いでしょう。続いては、Tポイントカードをアプリで利用する際の使い方について説明します。アプリの使い方が分からず利用していないという人も、簡単ですのでこれを機に利用してみてください。

モバイルTカードは2種類ある

出典: https://tsite.jp

Tポイントカードのアプリでの使い方には2種類あります。1つはTポイントカードのアプリを開いてバーコードを読み取るという使い方です。もう1つはおサイフケータイ機能を使い、スマートフォンをかざすという使い方です。それぞれの使い方について詳しく確認しておきましょう。

バーコードタイプの使い方

まずはTポイントカードのアプリを使うバーコードタイプの使い方についてです。モバイルTカードに対応しているアプリをダウンロードし、アプリにログインします。続いて利用するTポイントカードをアプリに登録します。あとはモバイルTカードに対応している加盟店のレジで、支払い時にアプリ上のバーコード画面を提示すると読み取ってくれます。

このように、バーコードタイプのTポイントカードの使い方は、毎回アプリを立ち上げてバーコード画面を見せるという使い方です。ちなみにTカードに対応しているアプリとは、Tポイントの公式アプリだけではありません。後ほどTポイントが貯まるアプリについて紹介します。

おサイフケータイタイプの使い方

出典: https://card.kinri.jp

続いてはTポイントカードをおサイフケータイで利用する場合の使い方です。モバイルTカードに対応しているアプリから、おサイフケータイの登録をすることができます。バーコード画面を開き「登録」をタップします。規約を確認し次に進み、確認画面が出て登録が完了します。

店頭での使い方は、レジの方にモバイルTカードを利用することを伝え、読み取り機にスマートフォンをかざすだけなので簡単です。おサイフケータイはスマートフォンをかざすだけで良く、アプリの登録画面などを開いておく必要はないため便利です。ただおサイフケータイでの使い方を利用できるのは、おサイフケータイ対応機種の場合に限られます。

以上、バーコードタイプの使い方とおサイフケータイとしての使い方をそれぞれ説明しました。Tポイントカードをモバイル利用する使い方はこの2種類がありますが、使える店は異なるという点には注意が必要です。バーコードタイプが利用できてもおサイフケータイには対応していない店舗もあるため注意してください。

Tポイントを貯められるアプリ

Tポイントを貯めることができるアプリは、Tポイントの公式アプリだけではなく様々なアプリがあります。ここではTポイントを貯められるおすすめのアプリを紹介します。ぜひインストールしてみてください。

Tポイントアプリ

出典: http://hazuki77.seesaa.net

まず紹介するアプリはTポイントアプリです。Tポイントアプリとは、Tポイントの公式アプリのことです。お店で提示してポイントを貯めるのはもちろん、アプリ上で様々な方法でTポイントを貯めることができます。アプリ限定のスロットに毎日挑戦できTポイントを貯めたり、アプリからの通知を受け取ることでTポイントがもらえたりします。

ファミリーマートアプリ

出典: https://sumahosupportline.com

続いてのアプリは、ファミリーマートアプリです。アプリ名のとおりファミリーマートの公式アプリです。ファミリーマートアプリでもモバイルTカードを利用することができます。このアプリではTポイントやTマネーの残高、ファミランクの確認はもちろん、Tカード会員限定サービスもあり、キャンペーン情報やアプリ限定クーポンが受け取れるなどお得です。

ガストアプリ

出典: https://play.google.com

ガストのアプリもおすすめです。すかいらーくアプリというすかいらーく公式のアプリがあり、ガストの他にもバーミヤンや夢庵など利用が可能で、モバイルTカードにも対応しています。すかいらーくアプリでは、お得なクーポンを受け取ることもできます。またこのアプリでは、位置情報を利用すれば近くの店舗を簡単に検索することができ便利です。

ウェルシア・HACアプリ×Tポイント

出典: https://play.google.com

ウェルシアグループアプリ×Tポイントも、Tポイントを貯めることができるおすすめのアプリです。ウェルシアグループの公式アプリです。TポイントやTマネーの残高が確認できるのはもちろん、ウェルシアグループで使えるお得なクーポンを利用することができます。アプリから位置情報に基づいたお得情報を知ることもできるためぜひ利用しましょう。

TSUTAYAアプリ

続いて紹介するアプリはTSUTAYAの公式アプリである、TSUTAYAアプリです。CDやDVDをよくレンタルする人におすすめです。TSUTAYAアプリもモバイルTカードに対応しています。アプリを利用しスマートフォン一つでCDのレンタルをしたり、TポイントやTマネーの利用が可能です。TSUTAYAのお店に行く前に在庫確認などもでき便利なアプリです。

DRUGユタカアプリxTポイント

続いてのアプリはDRUGユタカアプリ×Tポイントというアプリです。ドラッグユタカの公式アプリで、こちらもモバイルTカードに対応しています。ドラッグユタカを利用するという人はぜひアプリをインストールしましょう。このアプリでも、保有ポイントの確認やTマネーの残高確認、履歴を確認できます。アプリ利用者の限定クーポンなどももらえます。

スマホサイフ

出典: https://tpoint-tcard.com

最後に紹介するアプリは、スマホサイフアプリです。ポイントカードを一つにまとめることができるアプリで、モバイルTカードにも対応しています。このアプリではTポイントカードに限らず、マツモトキヨシポイントやモスカードなど様々なポイントを管理することができるためお財布の整理もでき便利です。365日クーポンが届くのも魅力のアプリです。

Tポイントカードを使うと危険?

Tポイントは最も多くの人に知られているポイントサービスの1つで、様々な店舗で利用でき便利ですが、Tポイントカードを使うと危険だと聞いたことがある、という人もいるかもしれません。共有ポイントサービスであるTポイントカードを使うことにどういった危険やリスクがあるのでしょうか?Tポイントの危険性について解説します。

2人に1人が使っていると言われている

Tポイントは共有ポイントサービスの中でも特に有名で、知らないという人はいないでしょう。コンビニや飲食店、ドラッグストアなど様々なお店で利用できることもあり、Tポイントカードは2人に1人が使っていると言われているほど規模の大きいポイントサービスです。皆が使っており、どこが危険なの?と感じる人もいるでしょう。

Tポイントカードのリスクとは?

それほど多くの人が利用しているTポイントカードにどういった危険があるのでしょうか?Tポイントカードのポイントサービスを運営しているのは、カルチュア・コンビニエンス・クラブという会社です。カルチュア・コンビニエンス・クラブでは個人情報の第三者提供について、グループ会社、提携先に、お客様の個人情報を利用する、としています。

Tポイントが貯まる店舗やアプリなど紹介しましたが、これら提携先に個人情報が共有されるということがTポイントに潜む危険性・リスクだと言えます。登録の際にこういったことが記載されている規約を確認し同意することになります。必ずしも危険だというわけではありませんが自己責任であることをきちんと理解したうえで同意しましょう。

メールが頻繁に来る

Tポイントカードを使うと危険、という声が聞かれた原因には、メールが頻繁に来る、ということもあげられます。Tポイントカードに登録をすると、様々なメールマガジンが頻繁に来る、ということです。最近ではこういったポイントサービスを登録する際に、メールマガジンを受け取るかどうか選択するチェックが設けられていることが多いです。

お客様のために活用されており、危険だというわけではありませんが、グループ会社などにメールアドレスなどの個人情報が提供されているということを認識しておきましょう。チェックを外さなければ自動的にメールマガジンが送られるようになっていることが多いですが、確認した上で同意しているため自己責任となります。

DMや電話が来ることもある

Tポイントカードを使うと危険だと言われたのには、DMや電話が届いたというのも理由の1つになっています。入会した覚えのないベネッセから入会案内のDMが届くなどと、話題になったことがあります。Tポイントサービスでは個人情報を提供することを規約に記載しているため、名前や住所が流出するという危険性についても理解しておくことが大切です。

Tポイントカードの危険性について解説しました。カルチュア・コンビニエンス・クラブは個人情報の件で何度か話題となっています。危険だと言われてるのはTポイントに限らず、スマートフォンが普及した今、日頃から様々な企業に何かと個人情報を提供しています。危険性やリスクについて自分自身でしっかりと理解しておくことが必要です。

Tポイントカードが複数ある場合のポイント移行

Tポイントカードは様々なお店で使える共有ポイントサービスであり、いくつかのお店でTポイントカードを作ってしまい複数枚ある、という人もいるかもしれません。Tポイントカードが複数あり管理できていないという人もいるでしょう。そういった場合Tポイントを別のTカードに移行することはできるのでしょうか?

Yahoo! JAPAN IDに登録が必要

Tポイントカードを複数保有している場合、1つのTポイントカードから別のTポイントカードにポイントを移行することは可能です。複数保有しているという人も安心してください。ただ、ポイントの移行をする場合には、Yahoo!JAPAN IDが必要です。そのためYahoo!JAPAN IDに登録していないという人は新たに登録する必要があります。

手続き前に必要な準備

Tポイントカードから別のTポイントカードへTポイントを移行するための準備として、まずポイント移行するTポイントカードを2枚準備しておきます。また用意した2枚のTカードが、情報登録が済んでいる本人のTカードであるか再度確認しておきましょう。結婚などで1枚の名前が違う、というような場合には登録情報の変更が必要です。

また、移行元のTカードに登録している電話番号を確認し、電話発信ができる状態になっているかどうか確認してください。移行手続きの際に、移行元のTカードに登録している電話番号を使って本人であるかの確認を行います。手続き前に電話番号を確認し発信できる番号でない場合には、登録の電話番号を変更しておく必要があります。

ポイント移行する場合のYahoo! JAPAN ID

1つのTポイントカードから別のTポイントカードへTポイントを移行する場合、Yahoo!JAPAN IDへの登録が必要だとお伝えしました。新たにYahoo!JAPAN IDの登録をする人は、ID取得をした後に登録するTカード番号には、移行元のカード番号ではなく、Tポイントをまとめたい移行先のカード番号を入力してください。

Yahoo!JAPAN IDを保有している人の中で、元々Yahoo!JAPAN IDに登録しているTポイントカードにTポイントをまとめるのではなく、別のTポイントカードにまとめたい、という人も手続きが可能です。Tポイント移行手続きの最初にYahoo!JAPAN IDを入力する画面で、新たに登録したいカード番号を入力することで変更することができます。

ポイント移行の手続き方法

ここまで準備ができたらTポイントの移行手続きに入ります。まずYahoo!JAPAN IDとパスワードを入力します。案内に従い、移行元のTカード番号と文字認証、続けて移行先のTカード番号と文字認証を行います。「Tカード認証ダイヤル」に、移行元のTカードに登録している電話番号から発信します。

発信すると、音声ガイダンスが流れます。案内があったら「ポイント移動する」というボタンを押すと、移行手続きが完了します。移行手続きが完了すると、即時にTポイントが移行します。Tポイントの履歴にも表示されるため心配であれば確認するようにしましょう。

TポイントをモバイルTカードで使用する注意点

TポイントをアプリのモバイルTカードで利用すると、スマートフォンを提示したりかざすだけでポイントを貯めることができとても便利であることが分かりました。ではモバイルTカードを利用する際にはどういったことに注意すれば良いのでしょうか?アプリでモバイルTカードを使用する際の注意点について説明します。

コンビニはバーコードのみ対応

モバイルTカードで利用できる方法は、バーコードタイプとおサイフケータイタイプの2種類があり、バーコードタイプが利用できるお店とおサイフケータイが利用できるお店は同じではありません。バーコード利用できてもおサイフケータイ利用できない店もあります。特によく利用するファミリーマートは、バーコードのみ対応しているため注意しましょう。

複数のスマホで同じTカード番号は使えない

続いての注意点は、複数のスマートフォンで同じTカード番号は使えないという点です。1つのTカード番号で家族それぞれがアプリをダウンロードし履歴を確認したい、という人も多いかもしれません。しかし現在のところ、1つのTカード番号に対しては1つのスマートフォンでのみ利用できる、となっています。

サークルK・サンクスでTマネーは使用できない

TマネーとはTカードにチャージをして利用できる電子マネーのことで、アプリを利用しスマートフォンで簡単に決済できるためとても便利なのですが、Tマネーが利用できるかどうかについても加盟店により異なるため注意してください。ちなみにサークルKサンクスではTマネーが利用できませんでした。ファミリーマートでは利用可能です。

TポイントカードのアプリやTポイントを貯める方法まとめ

Tポイントカードのアプリでの使い方やTポイントを貯める方法を紹介しました。Tポイントカードをアプリで利用すれば、財布がすっきりするだけでなくお得な情報なども得られるため賢くTポイントを貯めることができます。個人情報を提供する危険性・リスクなどを理解した上で、お得にTポイントアプリを活用していきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ