アメリカへ移住する方法まとめ!仕事の探し方やビザの種類・取得条件は?

アメリカ移住したいという日本人は沢山います。旅行などで行ったのをきっかけにアメリカ移住を考える人もいます。しかし、旅行と移住ではビザの問題や生活の違いなどがでてきます。アメリカ移住をする方法や仕事の探し方、ビザの種類や取得条件についてご紹介していきます。

アメリカへ移住する方法まとめ!仕事の探し方やビザの種類・取得条件は?のイメージ

目次

  1. アメリカ移住をする方法
  2. アメリカ移住するための仕事の探し方
  3. アメリカ移住のビザの種類と取得条件
  4. アメリカ移住するメリット
  5. アメリカ移住するデメリット
  6. アメリカ移住に失敗する原因
  7. アメリカ移住に必要な英語力は?
  8. アメリカ移住をする方法まとめ

アメリカ移住をする方法

旅行やホームステイをしたのをきっかにアメリカへ移住したいと考える人たちは沢山います。旅行では、アメリカを存分に楽しむことができても、アメリカへ移住となるとずっと生活していかなければいけません。生活するまでにかかる費用についても気になるところです。アメリカ移住をする方法についてご紹介していきます。

海外駐在・現地に就職する

アメリカ移住する方法の一つとして、日本の企業の海外駐在です。その他にもある程度のスキルさえ身につけていれば現地に就職しアメリカ移住することは可能です。現地で就職した場合には、会社側がビザや費用を一部負担してくれる場合もあります。さらに、日本の企業の海外駐在の場合には、ビザの手配をし住む場所も会社側が探してくれます。

日本の企業で海外駐在する場合には、海外手当が付く会社がほとんどです。自分で現地に就職し仕事をする場合は、自分で居たいだけアメリカで生活することができますが、仕事でアメリカ移住した場合には、途中で帰国しなくてはいけない場合もあります。仕事でいく場合には、それは理解しておくようにしましょう。

国際結婚する

国際結婚もアメリカ移住する方法の一つでもあります。アメリカ国籍の人と結婚すれば、相手が日本で暮らしたいという人でなければアメリカ移住できる可能性もあります。結婚相手がアメリカ国籍の場合は、永住権がとりやすくなります。

移住にかかる初期費用

アメリカ移住したいけど費用がどれぐらいかかるのかと疑問に思う人も多くいます。アメリカ移住する際は、日本から荷物を送らなければいけなくなります。さらに、ビザ関係、飛行機代、予防接種代など様々な費用がかかります。荷物の郵送代が約10万円、飛行機代が10万円~20万円、ビザ関連6~7万円、予防接種代が8万円かかります。アメリカ移住するための移動費用だけでも34万円~45万円かかります。

さらにアメリカ移住した後にもさまざまな費用がかかります。アメリカに着いてから生活にする上で準備するものもあります。例えば、アパートなどの賃貸費用です。さらに健康保険、生活費がかかります。全て合わせると100万円~150万円はかかります。アメリカ移住しても仕事が決まっていない場合には、決まるまでの生活費がかかります。

アメリカ移住にはかなりの費用がかかるという事がわかりました。日本からの移動とアメリカに着いてから仕事をするまでの生活費など全て合わせると約200万円ほどかかります。アメリカに行く前にどんな仕事があるのかリサーチし、すぐに就職活動ができるようにしておくとよいでしょう。

アメリカ移住するための仕事の探し方

アメリカに来ても生活費を稼ぐために仕事を探さなければいけません。日本でどんな仕事があるのか下調べしてくる人とも多いですが、基本的には実際にアメリカに来てから探すことになります。自分に出来る仕事はあるのかと不安に思う人も沢山います。アメリカ移住するための仕事の探し方についてご紹介していきます。

通訳や翻訳

通訳には高い英語能力が求められます。英語で話ている人の言葉を分かりやすく日本語に通訳しなくてはいけません。そのため、英語能力だけでなく日本語の能力も求められます。通訳の仕事は需要が高まっているため、人気を集めています。さらに、最近では翻訳の需要も高くなっています。

翻訳は、日本語を英語に直して話すだけでなく書類を取り扱う仕事もあります。そのため、正確に日本語を英語に直せるだけのスキルが必要となります。あまり失敗はできない仕事ですが、人気の仕事なのでおすすめです。

日本語教師

日本語教師は、アメリカだけでなく世界中で需要があります。日本語を習いたいという人は沢山います。アメリカには日本語学校、大学には日本語学部などがあります。日本語教師であれば、こういった場所で就職できる可能性があるので、確認してみるとよいでしょう。

駐在員

アメリカ移住したからといって、必ずしも仕事で英語が話せなければいけないという訳ではありません。アメリカの企業や日本の企業の駐在員として働くことになりますが、英語を話せない人は沢山います。駐在員の場合、本社採用された中から子会社へヘルプとして送りこまれることがほとんどです。駐在員としてアメリカに異動させられた場合には、会社都合のためほとんど会社が費用を負担する形になります。

日本で生活していた時とあまり変わらないように、同じレベルに生活を保証しようとしてくれるため、費用面でもバックアップしてくれます。ビザについても会社側が発行してくれますが、アメリカの駐在員に発行されるビザは、「就労ビザ」となります。

日本食レストランの店員

アメリカだけでなく世界中で日本食レストランが人気を集めています。アメリカで寿司などの日本食は人気があり、食べにくる外国人は沢山います。アメリカ移住をしている人の中には、日本食レストランなどに就職している人も多くいます。

厳しい就職事情

2008年末のリーマンショック以降からアメリカの景気が悪くなっています。そのため、アメリカでの失業率が上がり就職できないという人が多くいます。アメリカに移住し、アメリカの大学や大学院に進学する人も多くいます。アメリカで短大以上を卒業した場合には、OPT制度に切り替わります。しかし、かなりの費用を投じたのにOPTが終わると就労ビザが下りなかったという人も多いです。

就労ビザが下りずに日本へ帰国し就職活動をしている人は沢山います。アメリカの景気が悪いため、日本人の就職が厳しいと言えます。どうしてもアメリカで就職したい場合には、自分のスキルを上げることです。例えば、英語力のアップ、日本語能力や他言語のスキル、アメリカ人とコミュニケーションを取りスキルをアップさせるなど自分のスキルを磨くことが大切です。

アメリカの仕事は成果主義

アメリカの仕事は成果主義のため、日本とは少し考え方が異なります。最も異なる部分は評価制度です。アメリカではどんなに良い企画を提案しても、その人が美しい精神を持っていたとしても1mmも評価されることはりません。一番に結果をださなければいけないのです。日本では、仕事の全てを評価されています。遅刻をすることもいけません。

しかし、アメリカでは遅刻しようが仕事で結果を出していれば何も言われることはありません。日本とは仕事の考え方が違うため、初めてアメリカで就職するという人はこのギャップについていけない人も多いです。アメリカの仕事の制度を十分に理解し、就職するとよいでしょう。

アメリカの大学を卒業して就職する場合

アメリカには沢山の有名な大学があります。アメリカ移住をしたいという人の中にはアメリカの大学や大学院に進学する人も多くいます。この方法は、アメリカ移住する上で有効と言われています。その理由として、アメリカの短大以上の学校を卒業すると1~1.5年間ほどのインターン可能な制度に切り替えることができます。この制度を「OPT」といいます。

このOPTが終了した後は、就職先と自分の条件が合えば、就労ビザを取得することができるかもしれません。やはり大学に通うとなると問題となってくれるのは、費用面です。アメリカの大学にもコースがあり、語学研修からカレッジ、大学編入というコースを選択した場合の費用をご紹介します。

半年間の語学研修費用として約150万円~、2年間のカレッジ費用が約320万円~、2年間の大学費用が約800万円~、航空券、保険、ビザ申請費などの初期費用で約100万円はかかってしまいます。4.5年間の合計で約1,400万円かかってしまい、マンションを買えてしまうほどの費用がかかります。

費用などは地域によってお異なります。学費や生活費用などを少しでも抑える方法として、物価が安い田舎に住んだり、語学研修費用を安く抑えるために日本で学んだり、学費が半分ですむ短大を経由して大学に編入するなど、いろんな方法があります。

アメリカ移住のビザの種類と取得条件

アメリカに移住する際にはビザが必要となります。ビザがない場合には不法滞在となってしまうので、必ずビザを取得する必要があります。しかし、ビザは誰でも簡単に取得できるというものではありません。ビザにもいくつか種類があり、取得条件もあります。それでは、アメリカ移住のビザの種類や取得条件についてご紹介していきます。

就労ビザ

就労ビザを取得するには、大学4年生を卒業している必要があります。大学ではなく短大の場合には、6年の実務経験があれば取得可能となります。就労ビザはアメリカの企業に就職する際や専門の職種に就職する際に必要となるビザです。基本的に就労ビザの有効期限は3年となります。3年以上アメリカに滞在する場合には、延長申請をすることも可能です。その場合は、最長で6年延長することができます。

学生ビザ

日本人の中には、アメリカの大学や短大に通いたいという人は沢山います。そんな時に学生ビザが必要となります。基本的に学生ビザを取得しても、仕事をすることは禁止されています。アメリカで仕事をしたい場合には、就労ビザというものがあるため、学生ビザでお金をもらって仕事をすることは基本的にできません。

アメリカに知り合いがおり、お金が発生しないお手伝いなら問題はありません。しかし、大学や短大に通っていても生活費用などがかかり、生活が困難となった場合には、仕事をしても良いということになっています。学生のビザの有効期限は最長で5年となります。

研修・インターンシップビザ

インターン先のアメリカの企業と仲介する企業がいることを条件に研修・インターンシップビザを取得することが可能です。研修・インターンシップビザは最長で18か月となります。研修・インターンシップビザの取得は簡単ではないので、条件を良く確認しておくようにしましょう。

永住権

永住権は、ずっとアメリカに住みたいという人が得ることができるビザです。永住権を取得するには、アメリカ国籍の人と結婚するか雇用を通して永住権を取得するかの2種類があります。アメリカ国籍の人と結婚して永住権を取得する場合には、相手に十分な収入があることが取得の条件となります。

さらに、雇用を通して取得する際には、4年生以上の大学を卒業しているか、2年以上仕事をした事があることが条件となります。その他にも専門のスキルを持っていれば永住権を取得することが可能です。ビザを取得するのは簡単なものではありません。かなり厳しい条件があることを覚えておくとよいでしょう。

ビザ取得の条件は厳しい

インターンシップの場合のビザは、専門学校以外の短大以上に通っている人やインターン企業に就職している人などが取得することができます。トレーニングの場合のビザ取得の条件は、基本的に35歳ぐらいを目安としています。さらに、最終学歴が短大や大学以上の場合には、インターン企業などに就職し1年以上の職歴がなければ取得することができません。

さらに、最終学歴が専門学校卒業の場合には、インターン企業などに就職し5年以上の職歴がなければ取得することができません。このようにビザ取得には厳しい条件があります。簡単に誰でも取得できるという訳ではありません。理解した上でアメリカ移住を考えるようにしましょう。

ビザを取得できたとしても期限には十分に注意しましょう。ビザの期限が近づいてきた場合には、延長の手続きが必要となります。万が一延長の手続きをしなかった場合には、不法滞在となり強制的に日本へ返されてしまうので注意しましょう。

アメリカ移住するメリット

アメリカ移住をしたいけど、アメリカってどんなところか知らない人も沢山います。旅行で楽しかったからアメリカに住んでみたいと考える人も沢山います。実際アメリカに移住した場合、どんな良いことがあるのか気になるところです。それでは、アメリカに移住するメリットについてご紹介していきます。

日本人が多い

世界で日本人が多く生活している国はアメリカと言われています。初めての国で何を話して良いのか分からない人もいるかもしれませんが、積極的にコミュニケーションを取れば、その人が日本人という可能性もあります。何と話しかけてよいのかわからない時は、道を尋ねるという方法もあります。そこから話が盛り上がるかもしれません。

アメリカ移住する日本人が多いため、アメリカでは日本人が利用しやすいよう、日系のスーパーを設置したり、病院に日本人の医者を配属しているところもあります。日本のものが手に入りやすいというメリットがあります。アメリカで生活すると決めたら、簡単に日本へ帰ることはできません。

コミュニケーションは生活していく上で大切な方法の一つです。コミュニケーションを取るにはある程度の英語を身に付けておくべきです。友達もいない、知り合いもいないアメリカで日本人をみつけるためにもどんどんコミュニケーションを取るようにしましょう。

たくさんの文化に触れられる

アメリカで生活していくと、まず初めに感じるのは文化の違いや習慣の違いです。アメリカは多国籍国家のため、大都市ではいろんな人種や宗教、民族の人が生活しています。日本では味わう事の出来ない文化や人々と出会うことができます。孤独感をなくすためにも、そういった文化を楽しむのも方法の1つです。

その他にもアメリカでは雄大な自然を楽しむこともできます。日本では、住んでいる地域によって自然が少ないところも沢山あります。アメリカの大都市で生活していたとしても車があれば数時間で、州立公園や国立公園に行き自然を楽しむことができます。1人でアメリカで生活するのは、寂しいと感じる人もいるかもしれませんが、休日などを利用してアメリカの自然などを楽しむのも方法の1つです。

教育水準が高い

アメリカには、アイビーリーグやハーバード大学などの名門学校が沢山あります。そのため、研究施設や図書館など勉強できる施設が沢山あります。世界大学ランキングというものがあり、アメリカの大学は毎年上位に入っています。毎年優秀な生徒が集まり、学力などを学んでいます。アメリカにいる人たちばかりではないので、その他の国から来ている人たちともコミュニケーションを取ることができます。

アメリカ移住するデメリット

将来はアメリカに住みたいと考える人も多くいます。アメリカは、世界の中でも日本人が生活している国とも言われています。アメリカへ移住する場合には沢山のメリットがありますが、良いことばかりではなく、デメリットもあります。アメリカに移住する上でどんなデメリットがあるのかご紹介していきます。

治安が悪い

日本と比べるととても治安が悪いです。日本はとても安全な国と言われているため、初めてアメリカに行ったら治安の悪さを実感するかもしれません。普段、日本で生活しているととても安全なため、治安が悪いかどうかを考える事は少ないかもしれません。アメリカの全ての地域が治安が悪いという訳ではありませんが、犯罪の被害や何かトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

アメリカ移住する前に治安の悪い地域はどこなのか事前に調べておくことをおすすめします。さらにアメリカでは日本と違い、家に銃を置いているところもあります。良くニュースでも銃乱射事件というものも目にします。アメリカ人は防御のために自宅に銃を置いているところがほとんどです。そのため、不審者がいれば銃を持ち出すこともあります。

お酒によって家を間違えたら、銃を向けられるだけでなく最悪の場合、撃たれる可能性もあります。ちょっとしたトラブルから銃で撃たれるといった事件にもなりかねません。アメリカで生活する際には十分に注意しましょう。

医療費が高い

日本では、1つの保険に入っていれば基本的に保険内で治療することができます。しかし、アメリカでは保険に加入していても、その保険によってカバーできる治療とできない治療があります。1つの保険に加入するだけではダメということです。

日本では歯医者や眼科に通った際、独別な保険に入る事はなく健康保険証があれば一部負担してくれます。しかし、アメリカでは1つの保険ではカバーできないため、歯医者で治療する際には別の保険に加入しなくてはいけない場合もあります。アメリカで行うどの治療よりも歯医者での治療が高額になる可能性があるので、虫歯や何か歯に不安がある人は日本で治療してからアメリかに行くとよいでしょう。

保険や年金・税金が複雑

アメリカで生活する際の保険や年金、税金は複雑と言われています。日本の公的年金制度には、社会保障と一緒に社会福祉の機能もあります。仕事を辞め生活が苦しい人などに対して、保険料が免除となる制度など、国民に対しての制度が沢山あります。それに対してアメリカの制度は、働いている人を対象としている制度です。

そのため、働いてもらった報酬に応じて保険料を支払い、その金額に応じた年金をもらうことができます。日本の老後は基本的に公的年金で支えていますが、一方でアメリカは公的年金だけでなく、企業年金でも支えていることになります。日本とは考え方が違うため、理解するのが難しいかもしれません。

人種差別される

アメリカに住む日本人の多くは、アメリカ人と仲良くやっていけているというイメージを持つ人も多いです。しかし、残念なことにアメリカでは日常的に人種差別が起きています。人種差別というと白人の人が黒人の人にすることと思われがちですがそうではありません。

日本の場合はアジア人であるために、「アジア人差別」される可能性もあります。もしも、差別された場合の対処方法としては、人種差別されたとしても反応しないというのが一番の方法です。反応してしまうと逆に酷くなる可能性もあります。

アメリカ移住に失敗する原因

仕事でアメリカに移住する人やアメリカに住みたいということから移住を考えている人も沢山います。アメリカに移住する際には、アメリカの事について理解しておかなければいってから後悔することもあるかもしれません。アメリカ移住に失敗する原因についてご紹介していきます。

「旅行」と「生活」とのギャップ

各地域によって生活スタイルは異なります。日本では、24時間営業のお店があったり、有名な全国チェーンのお店でも22時頃まで営業しているお店は沢山あります。それに対してアメリカは、早いところで17時には閉店するところもあります。遅くても20時、21時にはほとんどのお店が閉店します。

仕事が終わってから夕食を食べに行こうとか買い物に行こうというのは、難しいかもしれません。日本と同じくアメリカの都市部は物価が高くなる傾向にありますが、逆に田舎の地域は物価が安いところもあります。その他にも旅行と違ってずっとアメリカで生活していかなければいけないので、我慢しなくてはいけないことも沢山あります。

日本の都会で暮らしている人達は、車がなくても生活していけます。しかし、アメリカではニューヨーク以外は車がないと生活していけません。買い物に行くにもどこか仕事に行くにも車が必要な場面が多々あります。今の日本はウォッシュレットが当たり前のようになっています。アメリカにもあると思っている人もいるかもしれませんが、アメリカにはウォッシュレットはないので我慢しましょう。

アメリカの挨拶はキスやハグをする人も沢山います。日本では公衆の面前でキスやハグをすることはほとんどありません。そのため、最初は焦ると答える人も多いです。アメリカの夕飯はピザとポップコーンが当たり前です。日本では、米が当たり前と思っている人にとっては辛いかもしれません。

孤独に耐えられない

アメリカ移住すれば、すぐに日本に帰ることは不可能です。帰れたとしても行って戻ってとかなりの費用がかかってしまいます。初めて海外で1人で移住するという人の多くは、ホームシックになっています。仕事のため、家族で移住した場合には孤独を感じる事はほとんどないかもしれません。

しかし、単身赴任をしなくてはいけない人もいます。そういった人は孤独を感じてしまう人が多くいます。初めて日本からアメリカ移住するという人は、アメリカに知り合いがいない人がほとんどです。そのため、ホームシックになり帰国する人も沢山います。英語力が低ければ現地の人たちとコミュニケーションを取ることもできません。

コミュニケーションが取れれば、友人や知り合いを作ることもできます。知り合いができれば、孤独感も少しはなくなるかもしれません。そのためにも、ある程度の英語力は身に付けておくとよいでしょう。

アメリカで生活するという事は、アメリカに旅行に行くのとは訳がちがいます。旅行なら旅行期間が過ぎれば日本へ帰国することができます。しかし、アメリカ移住となると文化も習慣も違う異国の地で生活しなくてはいけません。

結婚して子供ができ、仕事でアメリカ移住しなくてはいけないとなった時、自分だけでなく子供や妻も夫の返りを待つ日々となってしまいます。家族を置いて自分だけがアメリカで生活となったとき、みんながどうやって乗り越えるのか方法を見つけておくとよいでしょう。

英語力の不足

アメリカ移住する人の中には、英語が全く話せないまま移住する人も沢山います。アメリカには、英語が話せなくても働ける就職先もあります。しかし、必ず英語が話せなくても良いというところに就職できるとは限りません。そのため、ある程度の英語力を身に付けておいた方が、就職する際に有利になります。

アメリカ移住でおすすめの都市

アメリカ移住でおすすめの都市はロサンゼルスです。ロサンゼルスは、アメリカの中でも人気の移住先のため、日本人も多く生活しています。温暖な気候が続く地域です。ロサンゼルスは観光するところが沢山あるため、移住してても全て周りきれないかもしれません。日本からの直行便を利用しても少し時間がかかるのと、車がないと生活するのに不便というデメリットはあるので、理解して生活するようにしましょう。

次におすすめな都市はハワイです。ハワイは、世界の中でも有名なリゾート地で多くの日本人が生活し、旅行にも訪れる場所です。日本人が多いことから、日本語に対応しているお店も沢山あるので、住みやすい地域でもあります。デメリットとしては、アメリカの中でも物価が高いので、理解して移住するようにしましょう。

アメリカ移住に必要な英語力は?

必要な英語力

アメリカで生活している人の中には、英語を話せない人も沢山います。しかし、アメリカで生活する上で英語が話せないとなると誰ともコミュニケーションを取ることができません。どんどん孤独になってしまい、アメリカに来たことを後悔してしまうかもしれません。さらに、アメリカ移住したら生活費を稼ぐために仕事もしなくてはいけません。

就職するためには、日本と同じように面接があります。アメリカで仕事をしていく上で、他の社員と会話できるだけの英語力をもっているかを見られます。仕事の中では、どれだけコミュニケーションを取れるのか判断されるため、ビジネス会話などはできなくてはいけません。

アメリカで就く仕事によってもどれぐらいの英語力が必要なのかは変わってきます。ある程度の英語力があり、周りと会話できるだけでも問題はありませんが、営業や商社の場合には、コミュニケーション能力が発揮される仕事でもあるため、とても高い英語力が必要とされます。仕事によって必要な英語力が異なるということを覚えておくようにしましょう。

英語以外の言語も必要になる

アメリカだから英語だけ話せればよいと思っているのは間違いです。アメリカには様々な人種や国籍の人たちが集まり生活しています。そのため、英語以外の言葉を日常生活に用いています。英語のみを家庭の中で使っている人たちの割合は、「サンフランシスコで55.8%」、「ロスで39.5%」、「ニューヨークで52.5%」と半分にみたない地域もあります。

アメリカで用いられている言語は、英語の次にスペイン語です。その次は、中国語となっています。カリフォルニアは、アジア人やヒスパニック系の人たちが多いため、英語以外の言語も一緒に習得しておけば、就職にも有利に動くはずです。しかし、英語も話せない人がいきなり他の言語も覚えるのは簡単なことではありません。

勉強もせずのすぐに話せるような方法はありません。他の言語を習得する前に方法としては、しっかりと英語を話せるようになるということです。基本的に英語がしっかりと話せていればある程度は生活していけます。その後に、スペイン語や中国語をマスターするとよいでしょう。一人で覚えるのが難しいという人は、スペイン人や中国人に教えてもらうというのも一つの方法です。

アメリカ移住をする方法まとめ

アメリカへ移住する方法や仕事の探し方、ビザの種類や取得方法についてご紹介してきました。アメリカへ移住する方法はいくつかあり、アメリカ国籍の人と結婚したり、現地で就職するかアメリカで駐在員として働くという方法です。アメリカ国籍の人と結婚した場合には、永住権を取得できる可能性もあります。ビザは誰もが簡単に取得できるものではないので、取得条件について確認しておきましょう。

その他にもアメリカと日本では沢山の違いがあります。アメリカについて良く調べずに行ったら、後悔することもでてきてしまうかもしれません。日本にあるものがアメリカにはないということもあります。さらに、アメリカは日本に比べると治安が悪い地域もあるため、犯罪に巻き込まれる危険もあります。アメリカへ移住する前に事前に下調べしておくようにしましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ