生活保護受給者の医療費や入院費は自己負担?支給される費用や注意点を解説!

日々の生活の中で、働けなくなるリスクは誰にでもあります。生活に困窮した時、利用できる制度が生活保護です。生活保護では、医療費の扶助等の様々な扶助が受給できます。ここではその医療費扶助についてご紹介します。いざという時のための知識として覚えておきましょう。

生活保護受給者の医療費や入院費は自己負担?支給される費用や注意点を解説!のイメージ

目次

  1. 生活保護受給者の医療費や入院費は自己負担?
  2. 生活保護で支給される費用は?
  3. 生活保護で医療扶助を受けたときの注意点
  4. 生活保護で医療費支払いが請求される場合
  5. 生活保護受給者の医療費や入院費まとめ

生活保護受給者の医療費や入院費は自己負担?

生活保護を受給することになると、様々な扶助を受けることができます。生活保護で受けられる扶助の一つが医療扶助です。生活保護受給者は、国民健康保険の加入者の場合その保険証は返納し保険資格を失い、それ以外の健康保険組合の加入者の場合その資格を保有しつつ「医療券」を利用することになります。

医療費や入院費の自己負担はない

生活保護受給者は、加入する保険組合などに拘らず「医療券」を発行してもらい、医療サービスを受けることになります。この生活保護がもらえる「医療券」を持参すれば、窓口での支払いがゼロになる仕組みです。「医療券」が利用できる医療機関は各福祉事務所によって決まっていますが、殆どの保険診療ができる医療機関で受診ができるようです。医療機関については、各福祉事務所などの担当に確認してみましょう。

Thumb生活保護申請の収入条件を徹底解説!最低生活費の基準額はいくら?

生活保護で支給される費用は?

生活保護では、「住宅扶助」と「生活扶助」「医療扶助」などを受給することができます。要件によって金額はまちまちですが、「医療扶助」に関しては保護受給者は対象になります。では、実際にどの様に支給されるのか、また、どのようなものが対象になるのかをご紹介します。

医療扶助では現物で支給される

生活保護における医療扶助とそれ以外の扶助の支給の仕方は少し違います。医療扶助においては、原則「現物支給」となります。「お金を預かってから」や「後で払い戻し」などの現金支給ではないのです。まずは、受診したい医療機関を福祉事務所などの担当に確認をし、その後「医療券」を発行してもらいます。

この「医療券」を医療機関の窓口に出すことで支払いをせずに受診を終えることができます。受診後、薬をもらう際にも支払いはありません。医療扶助を受ける際には大切なものになりますので「医療券」の存在は忘れないようにしましょう。

医療扶助で支給されるもの

次に、医療扶助で支給されるものについてご紹介します。医療扶助で支給されるのは診察費だけではありません。診察の後に受け取る薬剤や、治療材料についてもその対象になります。受診中の医学的処置や手術なども含め、入院費もその対象となっています。

また、通院できない場合の在宅診療・在宅看護の費用についてもその対象になります。もちろん、通院する上での移送費に関しても支給の対象です。移送費に含まれるものは、通院・入退院・医療上に必要な外出時の交通費などです。

一時扶助で支給されるもの

医療を受けるにあたって、定期的に必要なものではなくても、例えば入院中の寝間着や長期入院後の退院の際の平常着、養護施設入所者を除いた場合において必要な紙おむつ代等は、その都度一時扶助で支給されます。また出産の際にも、出産準備被服費として新生児の寝具や産着、おむつ代などが一時扶助として支給されます。

入院しているときの外泊における生活費に関しても支給の対象です。高度先進医療に関して、保険適応外であっても医療費の支給がある場合もあります。このときは、厚生労働大臣に特別基準の情報提供を行うことになるため、主治医に相談することが重要になります。

Thumb生活保護の申請方法を徹底解説!必要書類や受給までの期間・注意点は?

生活保護で医療扶助を受けたときの注意点

生活保護における医療扶助を受給する上で、いくつか注意しなければならない点があります。ここでは二つのポイントについてご紹介します。医療扶助を受ける場合には、必ず引っかかる部分でもありますので、知識を身につけておいてください。

保険証を身分証明書にできなくなる

保険証を身分証明書として使用している方も多いです。生活保護で医療扶助を受ける場合、保険証は返納しなければならないため身分証明書となるものがなくなる場合があります。その際は身分証明書として運転免許証が最も有効ですが、持っていない場合は住民基本台帳カード(住基カード)を発行してもらうようにしましょう。

医療費に上限はある?

生活保護で医療扶助を受けるにあたって気になるのが、その上限があるのかどうかでしょう。指定された医療機関で正当な診療を受ける場合には上限はありません。ですが医療扶助を受けるときに本当に気を付けなければならないのは上限額ではなく、受けた診療が医療扶助の支給対象となる治療かどうかです。

もし、医療扶助の対象にならない治療であれば、もちろん支給されません。この場合、全額が自己負担となり保険証もありませんので10割負担で支払いをしなければならなくなってしまいますので注意して下さい。

Thumb生活保護受給者の家賃上限額はいくら?住宅扶助について徹底解説!

生活保護で医療費支払いが請求される場合

前項でも少し触れましたが、生活保護で医療扶助が支給される治療とそうでない治療があります。後述する四つの場合、医療費の支払いを全額自己負担で賄わなければなりません。ここは最も注意すべき点なので覚えておきましょう。

世帯収入が生活保護費を上回る

生活保護の制度上、その世帯の収入(給与・年金等)が生活保護費を超えている場合は、その超えている金額を限度に自己負担が発生します。その自己負担額を超える医療費がかかってしまった場合に医療扶助が支給されるという仕組みです。

例えば、月の収入が15万円あり生活保護費が12万円の世帯があるとすれば、医療費における自己負担額は3万円になります。ですが、この月の医療費が7万円かかったとすると自己負担額3万円を差し引いた4万円が医療扶助として支給されるということになります。自己負担額を超えた医療費の支払いに関しては上限はありません。

国民健康保険の保険給付対象外の治療

国民健康保険の給付対象外の治療にあたるものはいくつか挙げられます。例えば代表的なものとしてケンカや事故など第三者が原因となる怪我の治療があります。このような場合は、生活保護費からは医療扶助は支給されません。特にケンカで怪我をした場合、全額負担で支払いを求められるので注意しましょう。

交通事故などの場合も医療扶助の対象にはなりませんが、事故の加害者が加入している保険会社などに請求がいきますので、医療費の支払いの心配はないと思って良いでしょう。

個室を利用したとき

入院時、個室を利用した場合には差額ベッド代が医療費に含まれます。ですが、この差額ベッド代は医療扶助からの支給はありません。特別に病院側から個室での入院の指定がある場合や、入院の指定の日時に個室しか空いていない場合には、差額ベッド代は基本的に病院側が持つものとされています。

しかし、その範囲を超えて個室を利用する場合は差額ベッド代は自己負担になり窓口で支払いをしなければならなくなりますので、病院側ともきちんと話をして選んだ方が良いでしょう。

指定医療機関以外で受診したとき

医療扶助の支給を受けるにあたっての留意点として、指定医療機関で診療してもらうことが大前提であるということがあります。医療扶助を受ける際には事前に「医療券」を発行してもらい、診察を受けるのが原則です。しかし、緊急事態のために運ばれた病院などの場合は、後ほど「医療券」を発行してもらうことになります。

ですが、運ばれた病院が指定医療機関でなかったり、急に体調を崩し指定医療機関ではない医療機関を受診する場合、医療機関の方でも指定医療機関ではない旨の説明があるようですが、それでも受診したい場合は全額自己負担となり、支払いを求められることになります。この時、保護受給者は保険証を持っていませんので3割負担ではなく10割負担になってしまうことに注意して下さい。

Thumb生活保護受給中に入院した際の注意点まとめ!費用の自己負担は?

生活保護受給者の医療費や入院費まとめ

今回ご紹介した生活保護受給者の医療費についてですが、一般的に働いて収入のある人たちにはあまり馴染みのないことかもしれません。ですが最初にも説明したように、いつ怪我や病気で働けなくなり経済的に困窮するかは誰にも分かりません。

経済的に困窮しているときに医療機関を受診するのは少し勇気がいります。ですが、医療扶助を受けることができると、きちんとした医療サービスを受けることができそれによってまた収入を得ることができるようになるというメリットがあります。医療サービスを受ける点でも、医療扶助における上限はありませんので、ゆっくりと体を回復させるのにも良いでしょう。

保険証が手元になくなりますので、「医療券」の発行のお願いをしなければならないのが少し面倒だと思う方もいるでしょうが、上限額を気にせず治療に専念できる環境というのは制度として良いものなのではないでしょうか。このような身近に感じられない情報ではありますが、いざというときに知っておいて損のない情報でありますので、ぜひ確認しておいて下さい。

Thumb生活保護は持ち家がある場合受給できない?支給条件を徹底解説!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ