楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にするとお得?メリットは?

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にするとどれくらいお得なのでしょうか?ポイントが貯まるだけでなく高い預金利率にする楽天カードと楽天銀行の使い方について徹底解説します。手続きに便利な楽天e-NAVIの操作方法や万が一に備えた安心のセキュリティもまとめました。

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にするとお得?メリットは?のイメージ

目次

  1. 楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にするとお得!
  2. 楽天銀行を楽天カードの引き落とし口座にするメリット
  3. 楽天銀行を楽天カードの引き落とし口座にすると預金利率が倍!
  4. 楽天銀行を楽天カードの引き落とし口座にする手続きは楽天e-NAVIで簡単
  5. 楽天銀行カードのセキュリティを強化されている
  6. 楽天銀行を楽天カードの引き落とし口座にするメリットまとめ

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にするとお得!

楽天カードを楽天銀行口座でお得に使う

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にすると様々なお得なサービスを受けられることを知っていますか?他のクレジット会社にはない、楽天カードの充実したサービスをご紹介します。

利用可能額への反映が素早い

楽天カードは利用可能額への反映が他社より素早いことで知られています。通常のクレジットカードですと反映までに2~4営業日を要しますが、楽天カードの場合は楽天銀行を引き落とし口座に設定することで、反映が即日行われます。

楽天カードは毎月27日が引き落とし日です。引き落とし日が土日祝日など休日の場合は翌営業日が引き落とし日になります。楽天カードは引き落とし後、入金の確認ができると即日にて利用可能額へ反映されるので、限度額いっぱいまで利用される方にとっては大きなメリットではないでしょうか。

リボ払いと分割払いの振込手数料が無料

さらに楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にすると、リボ払いや分割払いの残高返済を振込に変更することで手数料が無料になります。一括返済や繰り上げ返済を行う際は支払いコースを変更することもできますが、少しでも金利手数料を抑えるには振込にして入金するのがお勧めです。

振込入金にすると、毎月10日頃の仮確定日より前に入金することになり、リボ払いの手数料を無料で返済することができるからです。支払いコース変更の場合は残高金額に手数料が加算されて約定日に引き落とされます。できるだけ高い手数料を支払って返済することは避けたいものです。

出典: https://support.rakuten-card.jp

また、分割手数料も2回払いなら無料です。その他の支払回数は「3、5、6、10、12、15、18、20、24、30、36回」まで選ぶことができ、実質年率は12.25~15.00%です。手数料は手持ちのカードにより異なるので事前に確認するとよいでしょう。

ネットキャッシングも素早く入金

また、楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行に設定すると、ネットキャッシングの入金も素早く行えます。ネットキャッシングとはキャッシング利用可能額がある人が対象で、申請した金額をそのまま引き落とし口座に振り込み、入金してくれる便利なサービスです。

ATMやコンビニで出金する手間が省けるだけでなく、楽天銀行では即入金されるというメリットがあります。他の金融機関ですと、申請する日時によって入金までに多少の時間を要することが多いようです。

Thumb楽天銀行カードローンの審査基準は?評判や落ちた時の打開策も解説!

楽天銀行を楽天カードの引き落とし口座にするメリット

楽天カードと楽天銀行を利用するとよい理由

さらにここからは楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にするとよい理由を具体的な例を交えてご紹介します。楽天銀行口座を賢く利用してさらにポイントを貯めましょう。

メリット➀楽天スーパーポイントが貯まる

楽天銀行の「ハッピープログラム」は知っていますか?エントリーすると、楽天銀行口座で取引すると楽天スーパーポイントが貯まったり、会員ステージに応じて、ATMでの入出金手数料や他行への振込手数料が一定回数無料になるなどの特典が受けられるサービスです。また、貯まったポイントを振込手数料として利用できるなど様々なメリットがあります。

出典: https://www.migaki1203.com

この「ハッピープログラム」の中でも、楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にしておくと引き落としの度に楽天スーパーポイントが貯まるというサービスがお勧めです。毎月の口座引き落としで溜まるポイントはハッピープログラムの会員ステージにより異なりますが、ベーシック会員で3ポイント、スーパーVIP会員なら最大の9ポイントが手に入ります。

メリット②一体化カードが便利

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にするなら、一体化した「楽天銀行カード」がお勧めです。二枚のカードを「楽天銀行カード」一枚にしておけばどちらかを忘れる心配がありません。「楽天銀行カード」はJCBをカードブランドにしており、JCBマジカルへの申し込みが可能です。

楽天カードから「楽天銀行カード」に切り替えるには一度、楽天カードを解約する必要があります。少し面倒ですがそれ以上のメリットや特典を受けられるので、ぜひ「楽天銀行カード」をお勧めします。

メリット③楽天銀行カードはキャンペーンが多い

楽天銀行カードは楽天グループが発行を促していることからキャンペーンが多いのも魅力の一つです。新規入会特典では2000ポイントが手に入ります。さらにカードを利用すると3000ポイントもらえるというのです。楽天銀行カードを作って最初にカードを利用して買い物するだけで合計5000ポイントももらえる非常にお得なキャンペーンです。

楽天銀行カードは上記のようなキャンペーンを実施していますが、高額利用を求めたり、公共料金引き落とし指定を条件にするということはありません。楽天カードにて公共料金引き落としキャンペーンなどを別に実施しているので、タイミングを見計らって利用するとさらに特典が得られます。

メリット④残高不足をメールで事前に通知してくれる

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にしておけば、残高不足をメールで事前に通知してくれるサービスが受けられます。入金するのを忘れていたり、知らない間に残高が底をついていて引き落としができないという事態を未然に防いでくれます。

一度や二度くらいならカード会社も多めに見てくれるかもしれませんが、それ以上になるとブラックリストに載ってしまうかもしれません。楽天カードや楽天銀行カードは強い味方と言えるでしょう。このサービスを利用するには、事前にサービス用のメールアドレスを登録する必要があります。

メリット➄当日に入金しても間に合う

楽天カードや楽天銀行カードで楽天銀行を引き落とし口座にするメリットはまだあります。クレジット会社は銀行に引き落としの依頼をするのですが、引き落とし依頼をするのはせいぜい1日に1、2度です。それまでに口座に入金されていなければ引き落としができず未納になってしまいます。

ところが楽天カードは楽天銀行に1日に4度引き落とし依頼を行ってくれます。引き落とし日の15時以降も引き落としがあるので当日に入金しても間に合うというメリットがあります。うっかり入金し忘れた時でも当日入金できるのは楽天カード、楽天銀行の強みではないでしょうか。

メリット⑥引き落としが出来たらメールが来る

楽天カードや楽天銀行カードで楽天銀行を引き落とし口座にしておけば、「引き落としが出来たらメールが来る」という嬉しいサービスがあります。クレジットカードの引き落としがきちんと気になる方もいるのではないでしょうか。前述のように当日入金した場合は正常に引き落とされたかどうか、確かめる手段があれば安心でしょう。

楽天カードは楽天銀行から正常に引き落とされたことをメールで通知してくれます。公共料金や住宅ローンの返済、保険料の引き落としなどもリアルタイムでお知らせしてくれるので、利便性が高いと言えるでしょう。

メリット➆楽天市場の商品がさらにポイント+1倍

楽天市場のサービスに「SPU」というキャンペーンがあるのをご存知でしょうか。楽天サービスを利用すればするほどポイントが貯まる嬉しい制度です。例えば、楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行に指定して、楽天市場で買い物をすると支払い金額の1倍分のポイントが付与されます。

楽天市場で10万円の買い物をして楽天カードで支払うと1000ポイントがもらえるということになります。楽天カードをぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

Thumb楽天銀行の金利はいくら?普通預金・定期預金の金利を徹底解剖!

楽天銀行を楽天カードの引き落とし口座にすると預金利率が倍!

預金利率が年0.04%になる

楽天銀行を楽天カードの引き落とし口座にすると預金利率が倍になるのをご存知でしょうか。楽天カード会員の特典として楽天銀行口座から引き落とすと預金利率が「0.04%」になります。これは大手都市銀行の普通預金利率の40倍になります。

普通預金利率が年「0.04%」ですと税引き後でも「0.031%」になりかなりの高金利が適用されることになります。仮に半年間100万円を普通預金に預けたとしましょう。大手都市銀行の預金利率「0.001%」ですと利子は「4円」にしかなりませんが、楽天会員の場合は預金利率「0.04%」となり、半年間で「160円」利子を受け取ることができます。

楽天カード会員で引き落とし口座を楽天銀行にしておけば、毎月27日に利用代金の引き落としがあれば翌月の一カ月間は「0.04%」の預金利率が優遇されます。公共料金などの支払いを楽天カードにしておくと年間を通して「0.04%」の預金利率が適用されることになりますので、非常にお得だと言えます。楽天カードの引き落とし口座は忘れすに楽天銀行に設定しましょう。

通常でも金利は0.02%と高利率

楽天銀行の普通預金利率は「0.02%」と大手都市銀行の「0.001%」に比べると20倍もお得です。バブル期には普通預金利率は「2%」を超えていましたが、バブル崩壊後、1990年後半から2000年代初めには預金利率は「0.001%」にまで激減しました。

その後、2010年台には預金利率が「0.02%」にまで回復したものの、2016年に再び大手都市銀行が普通預金利率を「0.001%」に下げました。楽天銀行の普通預金利率「0.02%」はネット銀行でもトップクラスの高利率です。店舗を持たないネット銀行ならでは魅力と言えるのではないでしょうか。

Thumb楽天銀行スーパーローンの評判は?特徴や審査・返済など人気の理由を調査!

楽天銀行を楽天カードの引き落とし口座にする手続きは楽天e-NAVIで簡単

手続きは楽天e-NAVIでできる

楽天銀行を楽天カードの引き落とし口座に指定する手続きは、インターネットで簡単に行うことができます。引き落とし口座の変更は「楽天e-NAVI」にて行いますが、「楽天e-NAVI」では取引内容の確認や楽天カードの各種変更手続きなどができます。

楽天e-NAVIでの変更方法

ここからは「楽天e-NAVI」での変更方法についてご説明します。はじめに、「楽天e-NAVI」にログインします。「楽天ログイン画面」にてユーザーIDとパスワードを入力しログインします。続いてトップページの「お客様情報の照会・変更」をクリックします。画面左寄りの「お客様情報」の下にある「お支払い口座の照会・変更」をクリックしすると、現在登録されている口座情報が表示されます。

楽天e-NAVIで口座を楽天銀行に変更する

出典: https://rakuten-help.com

「楽天e-NABI」にて現在登録されている口座情報が確認出来たら画面を下へスクロールします。そうすると、提携先の金融機関一覧が表示されるので、画面最上段左端にある「楽天銀行」を選択します。楽天銀行のページに移動するので、そちらで楽天銀行にログインします。楽天銀行のページでは内容を確認し暗証番号を入力のうえ「実行」ボタンをクリックすると手続きは完了です。以上が「楽天e-NAVI」での口座変更手続きになります。

楽天e-NAVIで口座変更後のポイント付与

楽天e-NAVIにて口座変更手続きを行った後、SPUのポイント付与について気になるのではないでしょうか。SPUの反映は変更手続き完了の翌々日になります。その間に楽天市場で買い物をして楽天カードで決済し、楽天銀行にて引き落としされた場合も対象になるので安心して買い物できます。また、楽天銀行SPUのポイント付与は当月25日までに売上情報が届いた場合は翌々月15日頃と、他のSPUよりも遅いようです。

Thumb楽天銀行アプリの使い方まとめ!「プリン」を使うと送受金が無料に?

楽天銀行カードのセキュリティを強化されている

楽天カードや楽天銀行カードのセキュリティは?

楽天銀行はネットバンクで店舗を持たないため、楽天カードや楽天銀行カードのセキュリティ面が心配だと思われる方もいるかもしれません。楽天カードや楽天銀行カードはそのような不安を解消してくれる万全のサポートを行っています。

楽天銀行カードのセキュリティは万全の体制

楽天銀行カードでは楽天銀行口座を利用する際、ログインが必要です。ログイン後に取引画面の利用やお客様情報の変更手続きなどが利用できます。また、ネット上で取引する際や国内ATMを利用する際には予め設定しておいた暗証番号の入力を求められます。さらに重要な取引ではランダムに生成された1度限りのパスワードを用いたワンタイム認証や事前に登録しておいた合言葉を使用した合言葉認証など強化されたセキュリティがあります。

アクセス制限設定でセキュリティを強化

パソコンからの不正なログインを防ぐため、認証項目を追加してセキュリティを強化することができます。また、モバイルアクセス制限を設定することで、普段使っている携帯端末以外からの第三者の「なりすまし」によるアクセスを未然に防ぐことができます。

モバイルのセキュリティ強化も忘れずに

初期設定では「すべてのモバイル端末からのアクセスが可能」な設定になっているため、「クイックログインによるアクセスのみ許可」に設定します。万一モバイルを紛失したり、盗難にあっても第三者による不正なログインを食い止めることができます。
 

カード不正利用を防ぐセキュリティ対策

楽天カードや楽天銀行カードのセキュリティ対策として、万一の紛失や盗難に備えて「カード盗難保険」が付帯されています。早急に楽天カード紛失・盗難ダイヤルに電話して楽天カード利用停止の手続きを行います。楽天カード利用停止の手続きは紛失や盗難が発覚したら早急に行うことが肝心です。これにより、第三者による不正利用を防止することができます。

楽天カードのセキュリティを盤石にするために、楽天カード紛失・盗難の無効手続きが完了すると、仮に楽天カードが見つかってもそのカードは利用することはできません。手元にある楽天カードの利用を再開する場合や楽天カードを停止され、新たに楽天カードを作り直す場合はコンタクトセンターにて問合せをするとよいでしょう。また、楽天プレミアムカード付帯のプライオリティ・パスを持っていてそちらも紛失した場合は楽天e-NAVIで申し込みが可能です。

カード盗難保険がついている

万が一楽天カードが不正利用されてもカード盗難保険がついているので、損害額が補償されます。不正利用があった場合には紛失・盗難の連絡から60日前にさかのぼり、それ以降の損害額を補償してくれます。楽天カードの紛失・盗難が発覚したら早急に連絡することや保管義務に違反しないよう留意します。また、自身で警察への届出が必要です。このように楽天カードや楽天銀行カードはセキュリティ面が充実しているため安心して使用できます。

Thumb楽天銀行の口座開設の流れを解説!お得なキャンペーン情報も!

楽天銀行を楽天カードの引き落とし口座にするメリットまとめ

楽天銀行を楽天カードの引き落とし口座にするとポイントが貯まりやすいことや高い預金利率が適用されるなど様々なメリットがあります。楽天カードは持っているが楽天銀行を引き落とし口座にしていない方には簡単に手続きができる楽天e-NAVIがお勧めです。万が一に備えてセキュリティ面が強化されている点も見逃せません。楽天銀行カードを持っていない人はぜひこの機会に検討してみてください。

Thumb楽天銀行の定期預金金利をお得にするには?1週間・2週間・一ヶ月別で紹介!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ