一人暮らしの節約方法!食費や生活費を抑えて貯金ができる!

一人暮らし節約するのは簡単そうで実は難しいものです。それは全部自分で出費を管理しなければならないからです。そこで一人暮らしでも確実に節約するために、節約の基本的なやり方やおすすめの節約方法についてまとめました。これで生活費を抑えて貯金を増やしましょう。

一人暮らしの節約方法!食費や生活費を抑えて貯金ができる!のイメージ

目次

  1. 一人暮らしの節約方法はこれで決まり!
  2. 一人暮らしで節約するのは簡単そう?
  3. 実は難しい、一人暮らしでの節約
  4. 一人暮らしで節約したいなら理由を明確にする
  5. 計画を立てて長期的に節約生活を!
  6. 家計簿をつけて一人暮らしの生活費を管理
  7. 専用の財布を用意するだけ、一人暮らしの簡単節約方法
  8. あると便利!一人暮らしの節約にクレジットカード
  9. 一人暮らしの光熱費、平均出費額は?
  10. 不要なものは処分!究極の一人暮らし節約術
  11. 家賃を節約して一人暮らしの出費を抑える
  12. 家賃以外にも注目する一人暮らし節約方法
  13. 一人暮らしで簡単に電気代を節約するには?
  14. 一人暮らしでガス代を節約するための基本知識
  15. 一人暮らしなら水道代も節約したい
  16. 自炊して食費節約は一人暮らしの基本?
  17. 外食より中食で一人暮らしの簡単食費節約
  18. 一人暮らしの食費節約のポイント
  19. 嗜好品は一人暮らしの節約の敵
  20. 冷凍庫を活用して食費の節約をしよう
  21. スマホ代を節約すると一気に生活が楽に
  22. 一人暮らしならネット代を少しでも節約
  23. 一人暮らしの節約に新聞は不要
  24. 一人暮らしで節約するなら交際費は予算を決める
  25. おしゃれも予算内に収めて節約
  26. 節約するならコンビニは使ってはいけない
  27. ポイントを利用して一人暮らしで節約
  28. 節約のためにはポイントや割引に騙されないことも大切
  29. 自分で節約できない!一人暮らしでも強制的に貯金を作る方法
  30. 節約だけじゃなく収入も増やしたい!
  31. 一人暮らしの節約のためのポイント

一人暮らしの節約方法はこれで決まり!

27573921 403210123436177 8663997386009346048 n
hapi_yyyさんの投稿

実家を離れて一人暮らしを始めると、驚くほどお金がかかるものです。実家にいれば不要だった出費が沢山でてきます。少しでも節約して貯金を心がけないと、油断するとすぐにお金がなくなってしまいます。そこで今回は一人暮らしの節約方法について、その考え方からおすすめの方法、具体的な節約方法に貯金の方法等々、調査してまとめました。

一人暮らしで節約するのは簡単そう?

26070752 578303805844996 6189993062693863424 n
_______7070さんの投稿

一人暮らしを始めると家賃や水道光熱費、食費や交際費など予想以上にお金がかかって驚く人も多いでしょう。もちろんそれらの出費を十分に賄える収入があれば問題はありません。しかし普通は限られた収入の範囲内でやりくりするものです。節約をしなければ生活できない、貯金できないということも多いでしょう。でも一人暮らしで節約や貯金をするのは簡単です。

それは一人暮らしの場合、出費は全部自分で管理できるからです。必要なものや不要なものは全て自分の判断で決めることもできます。これが2人以上の場合はそうはいかないでしょう。自分にとって不要なものでも、他の人にとって必要なものならその分を購入しなければなりません。まして家族がいて子どももいて、となると自分以外の出費が増え、節約も難しくなってきます。

実は難しい、一人暮らしでの節約

26870090 1973853242628041 2360094987397365760 n
_______ateria.xxさんの投稿

一方で一人暮らしで節約するのは難しいともいえます。先ほどの真逆のことですが、難しい面があるのも本当です。なぜなら全ての出費を自分で管理するということは、自分の欲しいものやお金の使い方がきちんと管理できていないと、いくらでも生活費が増えてしまうからです。自分で簡単に節約できるということは、同時に自分でいくらでも無駄遣いできるということでもあります。

例えば男性ならつい友達の飲みにいってしまったり、自分の趣味にお金を使ってしまいがちです。女性の場合は男性より必要な出費が多いことがあるのでさらに注意が必要です。女性ならどうしてもおしゃれに気を遣いたいもの。そのため女性の方がファッションや化粧品、スキンケア用品などの出費は多くなります。

そういった商品を売る企業も当然女性の方が購入してくれることがわかっています。そのため女性向けの広告宣伝には非常に力をいれています。結果的に女性をターゲットにした宣伝が多くなり、その分誘惑も多くなります。喫茶店などの外食系の店も最近は女性向けのメニューやレイアウトが増えています。それだけ女性の社会進出が進んだということでもあるでしょう。

そのため一人暮らしできちんと節約して、貯金もして、と考えるのであれば無計画に始めても失敗に終わってしまう可能性も高いものです。節約するつもりで生活していても、ついつい誘惑に負けて買ってしまったり、本当に必要でないものを購入してしまったりしてしまいます。一人暮らしで節約して貯金するなら、こういった難しい面もあることを自覚して、準備しましょう。

26872614 1525621457487508 7500978357455028224 n
126742_さんの投稿

そこでまずは、一人暮らしでの節約や貯金に必要な準備の方法から紹介していきます。一人で生活しているとついその場の気分や欲求で無駄な出費が増えがちになりますので、それをいかに自分で生活費をコントロールするか、そしてそのために事前にどういった準備をしておくのか、これが一人暮らしでの節約を成功させる最初のポイントです。

Thumb家計の節約術まとめ!主婦や一人暮らしの大学生でも簡単にできる!

一人暮らしで節約したいなら理由を明確にする

26866325 415131358922705 1087945409696890880 n
aa_aaa2018さんの投稿

一人暮らしで節約を始めようと思うなら、まずは節約する理由を明確にしましょう。何の理由もなく、ただ何となく始めるとすぐに諦めてしまったり、ちょっとお金が貯まるとついつい使ってしまったりして貯金も増えることはありません。そうならないために、なぜ節約しなければならないのか、についてきちんと整理して節約する理由を明確にしていおいてください。

26866818 1759214297720145 4592975036352036864 n
3421.kさんの投稿

一人暮らしで節約しなければならない理由は様々なものが想定されます。例えば明らかに収入より生活費が多い場合は節約の理由は深刻です。毎月赤字が続いていればいずれ貯金がなくなって、生活できなくなってしまうことは明白です。一刻も早く節約を開始して、生活費を収入の範囲内におさえましょう。

26864400 576836169330808 2508614436802002944 n
kiina77さんの投稿

それに対して現在収入の範囲内で生活できているけど、貯金がしたいという場合もあります。例えば将来の結婚のため、学校に通う学費を貯金するため、車などの高級なものが欲しい、将来独立するための資金の準備等々、人によって様々な理由があるでしょう。そういった理由を明確にして、貯金の目標金額をまずは設定しましょう。

計画を立てて長期的に節約生活を!

節約する理由を明確にしたら、その理由に応じて貯金の目標金額を設定し、そのための計画を立てましょう。例えば100万円貯金したいなら、月に5万円節約した場合は20ヵ月かかることになります。目標の貯金金額にもよりますが、節約は一時的なものではなく、基本的には長く、長期間わたって続けていかなければならないことが多くあります。

26865811 1776344162662577 7617819004257697792 n
happymamalife2011さんの投稿

そのため目標と計画が曖昧だとしばらくして諦めてしまったり、つい面倒になってやめてしまったりしがちです。そうならないためにも自分の節約する理由は忘れないように紙などに書き出して置き、目標の貯金金額も具体的な数字として記録しておくことをおすすめします。どんなことでも自分の思いを書き出して記録しておくのは、新しい行動を始めるときには効果的です。

家計簿をつけて一人暮らしの生活費を管理

月々に節約しなければならない金額が5万円だとしましょう。しかしただこの目標金額を設定しただけでは、実際の節約にはつながりません。目標の金額を達成するためには、現在の自分の収入がいくらで、支出はいくらなのかを正しく把握しなければなりません。それに総収入と総支出だけでなく、毎月生活の何にいくら使っているのか、それを正確に把握することが肝心です。

26867253 1647428635325281 589645498743259136 n
y_aki_trさんの投稿

そのためにおすすめなのが家計簿をつけることです。家計簿をつけることで日々の生活で自分がいくら何に使っているのかが明確になります。実際につけてみて初めて分かることもあります。例えば月に食費が5万円かかっていたり、女性なら化粧品などで毎月3万円以上使っていたり、毎日の生活に必要な出費や毎日使うものについては、細かく記録していかないと把握が難しいものです。

26868497 2052883498330221 2485116013595590656 n
asuhapiさんの投稿

実際に家計簿をつけながら、現在の出費の中から節約できるところを考えましょう。月に5万円使っていた食費を3万円に減らすとか。もっと細かいレベルでも家計簿をつけていると考えることができます。例えば電気代を月に1000円節約する、毎日飲むコーヒーをやめて月に3000円節約するなどです。月に数千円のレベルの節約も積み重ねていけば大きくなります。

Thumb家計簿のつけ方で節約できるコツを大公開!初心者でも簡単にできる方法とは?

専用の財布を用意するだけ、一人暮らしの簡単節約方法

26306096 794664844054737 9074687261274013696 n
maaaai0111さんの投稿

一番のおすすめは家計簿をつけて月々の出費を正確に把握することですが、なかなか完璧な家計簿をつけることは難しいものです。そのため詳細な家計簿をつけることが難しい場合は、特定の項目に関しての出費だけを記録して、そこを節約することをおすすめします。例えば食費だけに注目して記録をつけていき、月に5万円使っていてそれを3万円に減らすことにしましょう。

26377792 1008565599281541 6675498931792642048 n
sakuranboyamagataさんの投稿

そういった場合は何も生活全体の家計簿をつけなくても、もっと簡単にできておすすめの方法があります。それは食費専用の財布を用意することです。食費を3万円以内にしたいなら、毎月その財布に3万円だけ入れましょう。そして日々の生活の中で食べるものについては全てその財布から支払います。そして財布のお金が無くならないように注意していればいいのです。

26868372 164170824215280 503249706143449088 n
3___kiiさんの投稿

結局のところ食費や女性の化粧品にお金がかかりがちなのは、毎日必要なものだから管理が大変で総額を把握できていないため、ついその時の気分次第で高いものを買ったりしがちだからです。そのため手軽に節約したい場合はそういった特定の項目についてのみ支出の上限を決め、それ専用のお金を準備して、それ以上使わないことです。

あると便利!一人暮らしの節約にクレジットカード

22280250 1740912586214603 3051643305407283200 n
m.izuki_さんの投稿

計画的に節約を始めるならクレジットカードの利用もおすすめです。節約するのにクレジットカードというのは疑問に思うかもしれません。クレジットカードはその場でお金を払わなくていいので、むしろ際限なく使ってしまって、どんどん出費が増えそうに感じるかもしれません。しかしそれはクレジットカードの使い方が間違っているだけです。

正しく使えばクレジットカードを利用することは節約のためのおすすめの方法の一つになります。それは特定の出費に対して、いつも同じクレジットカードを使うという使い方です。例えば自分の趣味のために購入するものは必ずこのクレジットカードで支払うという風にあらかじめ決めておきます。そうすれば毎月利用明細が送られてくるので、簡単に総額が把握できます。

26330182 552323698464816 7245293448176074752 n
ichizokubotaさんの投稿

クレジットカードの明細はネットでも利用登録をしてあれば簡単に確認することができます。そのため月の途中でも今月自分がいくら使ったのかが、家計簿をつけていなくても簡単に把握できることになります。詳細な家計簿をつけることはおすすめですが、やはり面倒な場合はクレジットカードの明細を家計簿代わりに利用しましょう。

一人暮らしの光熱費、平均出費額は?

26872191 1561615353885972 7936089051692531712 n
happymamalife2011さんの投稿

一人暮らしので必ず必要なのは家賃や水道光熱費などの生活の基本となる出費です。家賃は引っ越しをしなけば変動はしませんが、水道光熱費に関しては使い方次第で簡単に節約できます。しかし水道光熱費にいくら使っていれば使いすぎなのか、他の人はいくら払っているのか、いくらに抑えれば節約しているといえるのか、などは判断が難しいところです。

そこで他の人が水道光熱費にいくら使っているのか、一人暮らしの月平均を確認することで目安を作りましょう。まず電気代については一人暮らしのの場合平均金額が4,199円となっています。続いてガス代が3,145円となります。電気代とガス代で月に7,000円程かかるのが一人暮らしの平均値ということになります。そうすると7,000円以内が節約の目安となります。

これに加えて水道代です。水道代は賃貸マンションだと2,000円から3,000円で一律というところも多いでしょう。その場合は節約のしようがありませんが、そうでない場合は一人暮らしの月平均は2,473円です。これを超えない金額に抑えることが水道代の節約の目標ということになります。合計で考えると水道光熱費全てで、9,000円以内が節約の目安でしょう。

不要なものは処分!究極の一人暮らし節約術

26396940 858965277597083 7665443474241486848 n
mujihouseさんの投稿

一人暮らしで本気で節約するなら生活に使うものや、身の回りのものをとにかく減らすことがおすすめです。不要なものは処分して必要最低限のもので生活することを目指しましょう。でもせっかくあるものを処分するのはもったいないと思うかもしれません。なぜものを減らすことが節約につながるか、その理由も説明しておきましょう。

26871957 148828715742761 6042976422346096640 n
mozu_1123さんの投稿

人のものに対する欲求というは連鎖的に次々と繋がっていきます。一つのものを手に入れると、次のものが欲しくなるという感じです。例えばテレビを購入したら、次にそれを置くためのテレビ台も欲しくなります。テレビを自動で録画できるDVDも欲しくなるかもしれません。テレビの前でゆっくりくつろぎたい場合はソファーも欲しくなるでしょう。

33473490 2168982876663991 6805400032976568320 n
sino_m0719さんの投稿

まだまだ続きます。ソファーを置いたらその下にはやわらかい絨毯が欲しくなります。そうするとソファーと絨毯とのセットでテーブルもあると便利です。さらにはだんだん部屋のスペースが足りなくなってきたのでもっと広い部屋に引っ越したくなってきます。こうなるともう節約どころではなく、単純な浪費です。

26345222 148316032484048 1271678016061177856 n
___yuimyhome32___さんの投稿

非常に極端な例ですが、人の欲求とはこういうものです。一つのものを手に入れてもそれで満足することはありません。それで無駄な出費が増えていくのであれば、初めから何ももたない、必要最小限のもので生活するというのが究極の節約方法となるのです。一時期「ミニマリスト」というのが流行りましたが、そういった人たちのなかには月に10万円以内で暮らしている人もいます。

家賃を節約して一人暮らしの出費を抑える

26864793 1845647825735118 6793118548223852544 n
neocity.iioheyaさんの投稿

さらにこれも本気で節約を考えて、年単位の長期的な計画で節約を考える場合には家賃は非常に大きな生活費の節約のポイントとなります。いうまでもなく家賃は一度契約して住み始めれば普通は変動しません。毎月の固定費として決まった金額が必要になるだけです。そこを安く抑えれば簡単に節約ができることは誰にでも思いつくことでしょう。

しかし家賃を節約するために安い物件に引っ越すといっても、家賃以外の出費もあるので誰にでもおすすめとも言えません。引っ越しの費用はもちろんかかります。それに新しく契約をすれば敷金や礼金、保証会社に払う補償金、鍵の交換費用などを一緒に請求されるのが一般的です。最近は敷金、礼金なしの物件も地域によっては増えていますが、それでも他の費用はかかります。

26274855 1946451935682529 3781772262370181120 n
neko8626さんの投稿

家賃での節約を考えるなら、こういった引っ越しや他に付随する費用まで計算して、それで何年で元がとれるかまで判断しなければならないでしょう。そこまで計算してもきちんと元がとれるのであれば、家賃を抑えるために引っ越しをするのは、一人暮らしの節約にとって非常に有効な方法となります。

家賃以外にも注目する一人暮らし節約方法

住んでいる物件を変えることで節約できる例は他にもあります。例えば水道代金です。これはマンションごとに2,000円から3,000円の範囲で定額となっているところが多いですが、中には家賃に含まれていて無料というところもあります。同じくインターネットの接続料もです。これもマンションによっては設置から毎月の利用まで完全に無料のところもあります。

26867846 1012108855622771 2997402099001589760 n
piikaariiさんの投稿

ただ家賃だけに気を取られるのではなく、こういった水道代や通信費といった固定費が無料で利用できるマンションに住んでいれば、水道代で3,000円、インターネットの接続料で5,000円節約できたとして、月に8,000円も節約できます。節約のために引っ越しまで考える場合は、こういった点にも注目して物件選びを行うことがおすすめです。

一人暮らしで簡単に電気代を節約するには?

一人暮らしの節約で電気代は節約しやすいものの一つです。自分の使い方次第で簡単に安くなるからです。おすすめの電気代の節約方法は待機電力の節約です。待機電力は全体の使用の10%になるといわれています。そのため使わないときは電化製品のコンセントを抜いておくという方法です。月平均で4,000円の電気代がかかるとすれば、月に400円の節約になります。

これだけでは節約するにしても金額が低すぎて節約している気にならない人は、冬ならエアコンの設定温度を下げる、夏なら設定温度を上げるという方法もおすすめです。夏場や冬場のエアコンにかかる電力は、生活全体の半分以上にもなります。それを節約できればかなりの節約が可能でしょう。目安として設定温度を1℃変えると10%の電力消費が変わることを覚えておいてください。

電力の節約と併せてエアコンの節約も行えば、月によっては1,000円~2,000円の節約は簡単にできます。特にエアコンの電力の消費が多い夏場では月に5,000円以上節約できることもあります。電気代の節約は少し気を付けるだけで手軽に始めることができ、さらに確実に出費を減らすことができるので節約を始めるなら最初に実行したいことの一つです。

一人暮らしでガス代を節約するための基本知識

26864666 573992389604247 7265055279899738112 n
mune_eriさんの投稿

電気代と同様にガス代も節約しやすいものといえます。ガス代の節約の基本は、料理の際やお湯を沸かす際に中火で使用するということです。鍋やフライパンの底に満遍なく熱があたることで、最も無駄なくガスを利用できるのが中火での使用になります。また細かいところではお湯を沸かす際などに鍋などの水気をきちんと拭き取っておくことも節約方法の一つです。

しかしガス代の最も大きなものは入浴やシャワーにかかるガス代です。一回入浴で浴槽にお湯をためた場合、約70円のガス代がかかります。そうすると一か月で2,100円がお湯を溜めるだけにかかっていることになります。シャワーを利用する場合は15分で50円程となります。一日15分のシャワーだとして、一か月に1,500円くらいになります。

12568873 1689519221262570 244420798 n
yukinyan0829さんの投稿

毎日お風呂に入る人は大体お湯に浸かって、その後シャワーで体を洗ってという流れて浴槽とシャワーの両方を使用する人が多いでしょう。そうすると最も安くても月に3,600円くらいは入浴に使っていることになります。これに加えて朝起きたときに目覚ましのためにシャワーを浴びる場合はさらに1,500円プラスされて5,100円のガス代を使ってる計算になります。

ちなみに男性と女性ではガス代の平均額が500円くらい違います。女性の方がガス代が高いのです。これは女性の方が毎日入浴したりシャワーを頻繁にする人が多いためでしょう。特に入浴とシャワーを両方することはコストがかかるので、お湯を貼るならできるだけシャワーは使わないなどの工夫は必要になります。

26225757 179271762823833 7202098442389159936 n
buburepublicさんの投稿

入浴やシャワーの使い方は人それぞれでしょうが、こういった一回当たりの金額を知っておくことで、節約はやりやすくなります。浴槽にお湯を溜めるのをやめてシャワーだけにするとか、朝はシャワーを浴びるのをやめる、もしくは時間を短くするなど様々な方法でガス代の節約ができるでしょう。

一人暮らしなら水道代も節約したい

26263174 1881644262166310 6834029468927918080 n
kaoriri.chanaveさんの投稿

一人暮らしでは水道代を節約する場合はやはりお風呂です。水道代に占める割合のうち半分近くは入浴につかう水道代です。そのため水道代の節約を心がけることは、同時にガス代の節約にもつながります。浴槽にお湯を溜めてお風呂に入る習慣のある人は、一番簡単な節約方法は浴槽の水かさを増やすことです。ペットボトルなどに水を入れて、浴槽の中に入れておくだけです。

26068917 266244607240105 7980909719780851712 n
2mmamaさんの投稿

こうすることでより少ない水で浴槽を一杯にすることができます。シャワーだけの人の場合でも、シャワーの時間を短くしたり、細かく蛇口を止めることで簡単に水道代を減らすことができます。他にも洗濯の際に風呂の残り湯を使うことも一般的な節約方法です。残り湯を洗濯に利用することで1回あたり10円の水道代が節約になるので、1か月で300円の節約ができます。

自炊して食費節約は一人暮らしの基本?

26073641 141457269879189 4592218422028271616 n
okome.mogumoguuさんの投稿

一人暮らしで節約する場合、外食ではなく自炊をすることは基本となります。食費の節約を考えた場合、外食と自炊の差が最も大きくなることはいうまでもありません。例えば特に高級な食材を購入しないで、一人暮らしで自炊した場合、食費はおおむね15,000円から20,000円となります。それに対して外食は一日あたりいくらで外食するかでかなり変わります。

例えば朝300円、昼500円、夜1,000円で外食したとします。すべてを外食で済ませようと思うとどうしてもこれくらいはかかります。これを1か月続けると54,000円の食費が毎月かかることになります。そのうえ外食による食費は気を付けないと際限なく増えていきます。例えば夜にちょっと贅沢したり、お酒を一緒に飲んだりすると夜の食費が2,000円になります。

もし夜の食費が2,000円毎日かかるとすれば、朝3,00円、昼500円だとしても月の合計は84,000円です。さすがに普通の給料で払える金額ではないので、ここまで食費がかかっている人は珍しいでしょう。しかし実際月に10万以上食費に使っている人もいます。自炊をしていれば食費が15,000円から20,000円で済むことを考えるとその差は歴然といえるでしょう。

Thumb食費を節約する方法!買い物のコツとは?基本的なポイントを紹介!

外食より中食で一人暮らしの簡単食費節約

26868332 931378520352471 202517302963339264 n
takaakikobayashiさんの投稿

外食が高いことは当然わかっていても、実際には仕事で忙しくて自炊はできない、そもそも料理ができないという人もいるでしょう。最近は女性も仕事で忙しくて料理をしない人も増えています。女性だから料理くらいできて当たり前という時代でもありません。そういった場合はいわゆる「中食」の方が外食よりも出費は少なくて済みます。

26869374 151821255611627 6333185756219047936 n
masami5123さんの投稿

中食というのは外食とは違い、スーパーやコンビニなどでお惣菜やお弁当などを買ってきて自宅で食べることです。コンビニよりもスーパーの方が断然安く済みます。例えばコンビニで500円くらいのお弁当などはスーパーなら300円くらいで売っています。こうした安いものを上手く利用して中食で節約という方法もおすすめです。

中食であれば例えば朝は時間がないのでコンビニのおにぎりなどで300円。昼はスーパーのお弁当で300円。夜はお惣菜でおかずだけ購入してきてご飯は自宅で炊くと400円くらいで済みます。そうすると1日1,000円の食費になるので、1か月で30,000円です。自炊に比べると高いですが、外食よりは随分安く済むことがわかります。

一人暮らしの食費節約のポイント

自炊、外食、中食のいずれの方法で生活をするかは、その人の仕事の状況やライフスタイルによって異なってくるでしょう。しかしどの方法をとるにしても食費を節約する際のポイントになることは同じです。それは月々の食費の上限をあらかじめ設定しておいて、それ以上は使わないと決めておくことです。先ほど上で紹介した専用の財布を作ることと基本的には同じです。

27574743 201094173962302 6180108775282704384 n
toru328さんの投稿

食費は毎日出費するものなので、上限を設定しておかずにその時の気分次第で好きなものを食べていると際限なく増えてしまいます。そのうえ毎日支払うものなので支出の管理も大変です。日々の食事のレシートを家計簿に転記するのはそれだけでも一苦労となります。そのため専用の財布を用意してもいいですし、食費にしか使わないクレジットカードを用意するのもいいでしょう。

27576840 1667694179943465 1144719658964746240 n
f.oheyaさんの投稿

そうして月に使う上限を超えそうになったり、使いすぎだと感じたら出費を抑えるように安いもので済ませることで、食費の管理が簡単にできるようになります。食費に限らず特定の出費に対して上限を設定しておくことは節約の基本となりますので、どんな出費にでも利用できます。

嗜好品は一人暮らしの節約の敵

26867499 1551331081652924 7482672120212750336 n
alpinecellarさんの投稿

一人暮らしの節約にとって嗜好品は当然最大の敵となります。例えばお酒やたばこ、女性ならお菓子や甘いものが好きな人も多いでしょう。こういった嗜好品は生活する上ではなくても何とかなるものです。そうゆう嗜好品にかかる出費をいかに減らすかも重要になります。

26229017 2118894821673695 2053556913714495488 n
dominolikesさんの投稿

可能ならお酒もたばこも甘いものも完全にやめてしまうのが一番いいでしょう。しかし実際には嗜好品はなかなかやめることが難しいものです。それにそういった楽しみがないとストレスが溜まるばかりで逆に節約生活が続かない可能性もあります。そのため嗜好品には自分なりのルールを決めることがおすすめです。

例えば複数の嗜好品がある場合にはどれか一つだけ残して、他のものはやめる。食費と同様に月々の出費の上限をきめてそれ以上は購入しないようにする。こういった自分なりのルールを設定することで、無理のない範囲で節約をしていけるようにしましょう。

冷凍庫を活用して食費の節約をしよう

26865097 536778230017368 419821886269030400 n
nozomuokadaさんの投稿

一人暮らしの節約に冷凍庫は非常に便利です。特に仕事が忙しくて普段は自炊などしている場合ではない人や、料理はできるけど平日は疲れていて作る気にならない人には冷凍庫の活用がおすすめです。冷凍庫があれば休みの日などにご飯をまとめて炊いておいて、小分けにして冷凍保存をしておくことができます。それを必要なときに電子レンジで温めるだけです。

ご飯を小分けにして保存しておいて、そのまま電子レンジにも使える容器は沢山売っていますし、高いものでもありません。数百円レベルで簡単に購入できます。それに冷凍庫はご飯に限らず、カレーやシチューなどのおかずも保存しておけるので、まとめて作って保存することを習慣にすれば、かなりの食費が節約できるでしょう。

スマホ代を節約すると一気に生活が楽に

26864136 577500842593422 2803971550972215296 n
aisugar2018さんの投稿

最近はスマホを持っていない人の方が珍しいでしょう。そして大手キャリアを利用してスマホを使っていると、安くても月々6,000円から10,000円くらいはかかります。通信量の上限を高めに設定していて20,000円以上使っている人も珍しくありません。こういったスマホにかかる通信費を節約できるとかなり大きな節約になります。

27578473 1820819194602979 7032159982489436160 n
kozueitotoさんの投稿

スマホの通信費の節約方法は大きく2つです。通信量が多くて、高額のパケットプランに加入しているのであれば、それを安いプランに変更し、自宅にwi-fiを設置するだけ10,000円くらいは簡単に安くなります。今はPCを持たずにスマホとタブレットだけという人も増えています。その場合パケット通信だけ利用している例が多いので、月に20,000円以上払っていたりします。
 

もう一つは大手キャリアのスマホではなく、いわゆる格安スマホを利用することです。格安スマホというと不安に思う人もいるかもしれませんが、通信エリアは大手キャリアのものとまったく同じです。料金は大体2,000円くらいで済むところが多いので、かなり安く通信費を抑えることができます。

一人暮らしならネット代を少しでも節約

27578683 194669987781027 4871674785584644096 n
gomaringoさんの投稿

スマホだけでなくPCを中心にインターネットを使っている人でも、ネット代を簡単に節約することができます。最近は光回線が主流になってきていますので、光回線で考えた場合でもネットに接続するのにかかる費用は、どの会社と契約するのかによってかなり変わってきます。

26868676 336269413556090 7005039248290086912 n
_kodee1018_さんの投稿

例えば一番高い会社だと月々7,000円以上かかっている場合もあります。それに対して一番安い会社では4,000円以下です。契約している会社次第で最大で3,000円も違いがでるのが光回線の特徴です。もし現在のネット代が高いようなら見直しを検討してみてもよいでしょう。

一人暮らしの節約に新聞は不要

26870238 1982213291992748 8860130211497246720 n
yuzu.yuzu03.20さんの投稿

最近は随分新聞を取る人も減っていますが、やはり一人暮らしで新聞は不要だと思ってよいでしょう。それしか情報を得る手段がない場合はともかく、いまはPCやスマホで十分に日々必要な情報やニュースはみることができます。新聞は3,000円から5,000円毎月かかるので、取っている人は本当に必要かどうかを検討しなおして、節約するなら解約も考えましょう。

一人暮らしで節約するなら交際費は予算を決める

26869851 163003147677936 8006827566784577536 n
mayurereさんの投稿

人と付き合う以上どうしても必要になるのが交際費です。友達と飲みに行ったり、遊びに行ったり、恋人とデートしたりする費用のことです。こういった交際費も本当に節約するならできるだけ削りたいところですが、完全に0円にしてしまうと人間関係に支障をきたす恐れもあります。

26869251 1997015167234596 5102918556400484352 n
zeppinsocalさんの投稿

それに男性なら恋人とデートした際にデート代を負担することも多いでしょう。考え無しに出しているとあっという間に何万円にもなります。その点女性は上手く奢ってもらうという方法もありますが、関係性によっては人間関係が悪くなるのであまりおすすめはしません。女性の場合も交際費を自分で管理する必要はあるでしょう。女性同士の付き合いも多くありますし。

26866407 412386052532598 1065093108485586944 n
hksaruさんの投稿

しかし男性、女性を問わずこうした交際費は削りやすいのも事実です。できるだけ抑えるようにしましょう。気軽に話せる友人関係なら現在節約していることを素直に話して、コストのかからない遊びや食事をするにもより安い店を選ぶようにしてください。そしてこれも月々の上限はあらかじめ設定しておきましょう。

Thumb節約デートのテクニックまとめ!無料で楽しめる人気スポットなど!

おしゃれも予算内に収めて節約

26868989 179633092805208 5325353229033144320 n
nouvellenorme0605さんの投稿

女性ならおしゃれのための服や靴など衣料品にかかるコストは削りたくないかもしれません。しかしこれも放っておくと際限なく増えていく傾向にあります。予算の上限をあらかじめ決めておくことは当然としても、さらに節約する方法も考えましょう。例えば服であれば頻繁にセールを行っている店も多くあるので、定価では購入しないという方法もおすすめです。

26866514 215468725667184 4994684985404293120 n
ships_harajukuさんの投稿

またフリーマーケットやネットのオークションの利用もおすすめです。これも定価よりもかなり安い金額で購入できます。最近はスマホのアプリでも簡単にネットオークションが利用できます。こういったセールやオークションをできるだけ利用して、少しでも安く抑えるようにすることも節約では大切になります。

26864838 2033279933583353 7166414883431383040 n
_____imuret_さんの投稿

また女性の場合はどうしても化粧品やスキンケアにもお金がかかります。最近は女性だけでなく男性用のスキンケア用品も増えてますが、一般的に女性向けのものの方が高額です。女性向けのものは高額でもよく売れるためです。そのため少しでも安く抑えたいなら値段の安いものに変えましょう。値段は高いけど実は成分は安いものとあまり変わらないという場合もあります。

節約するならコンビニは使ってはいけない

27575440 652349431602092 1546138250320543744 n
tsure13さんの投稿

コンビニはどこにでもあり、24時間営業しているのでつい使いがちです。しかし改めて言うまでもなくコンビニは料金が高いうえに、手軽に買えるのでつい無駄なものまで購入しがちです。節約をするのであればコンビニは基本的に一切利用しないという気持ちを持ちましょう。生活に必要な日用品はスーパーの方が断然安くなります。

ポイントを利用して一人暮らしで節約

26378452 2010131545678561 5555518494906253312 n
akihinaricoさんの投稿

節約のためにポイントを利用するのもよいでしょう。圧倒的におすすめなのはクレジットカードのポイントです。例えば毎月の光熱費や通信費などをクレジットカード払いにしておけば、放っておいてもポイントが貯まります。そのポイントをキャッシュバックという形で換金すれば、一度に数千円ほどの節約になります。

光熱費や通信費だけでなく、仕事の出張でかかる交通費などをクレジットカード払うことでポイント貯めるという方法もあります。出張が多い仕事の人はおすすめです。頻繁に出張のある人などではこれだけで年に数万円分のポイントが貯まることもあります。

節約のためにはポイントや割引に騙されないことも大切

26867682 1794153210597899 896106877195124736 n
menchinteiさんの投稿

一方でなんでもポイントを利用しようとすることは、節約にとって逆効果となる場合もあるのでおすすめできません。お店のスタンプカードなどでもらえるポイントなどは逆に出費が増える原因になる可能性が高いものです。例えばポイントが貯まるからといって本当は必要ではないのについ買ってしまうことになりがちです。

26072882 311182319391767 6024726913031864320 n
su386778さんの投稿

同様に割引されているからという理由で不要なものまで購入してしまう人もいます。割引されているとついうれしくなったり、お得な感じがして購入してしまいます。しかしいくら割引されていても、不要なものを購入してしまったらそれは単に無駄遣いしているだけです。こうしたポイントや割引は本当に必要なものかどうかを見極めて活用してください。

自分で節約できない!一人暮らしでも強制的に貯金を作る方法

一人暮らしではなんでも自分の好きなように行動できるため、人によってはどうしてもお金があると使ってしまって、まったく貯金が貯まらないという人もいるでしょう。そういった場合におすすめなのは銀行の積立式定期預金の活用です。ほとんどの銀行ではこの積立式定期預金は利用できるので、自分の給料の振り込まれる口座のある銀行で利用できます。

仕組みは単純に毎月決まった日に自動的に通帳からお金が引き落とされて、定期預金に回されるのです。放っておいても勝手に引き落としてくれるので自分で管理する必要はありません。こうして給料をあらかじめ強制的に貯金しておいて、簡単に使えないようにしてしまうのも貯金をする方法です。

節約だけじゃなく収入も増やしたい!

最後に節約だけでなく自分の収入を増やすことことも考えてみましょう。例えば投資を行うことは効果的です。これまで投資などは考えたことがないという人もいるでしょうが、いまは銀行に預けておいてもほとんど利息がもらえない時代です。ただ貯金するだけでなく投資をして資金を増やすことも検討する価値はあります。

初心者でも始めやすくおすすめの投資は投資信託や株式投資でしょう。投資信託はお金を預けておけば勝手に運用してくれます。株式投資は短期的には利益がなくても、株主優待や分配金などの形で長期的な利益を得ることが可能です。ただし資金を失うリスクがあるので誰にでもおすすめというわけでありません。自己責任で行える人だけが投資に挑戦しましょう。

Thumb初心者のための投資入門とポイントをやさしく解説!少額からがおすすめ?

一人暮らしの節約のためのポイント

一人暮らしでの節約方法についてまとめました。節約の基本は目的を明確にして、計画を立て、出費を正確に管理するところから始まります。そしてそのうえで個々の具体的な節約方法を実践していくことが最も効果的で長続きする節約のポイントになります。きちんと節約して確実に貯金を増やせるように上記記事をぜひ参考にしてみてください。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ