イデコの運用に手数料はかかる?証券会社を選ぶポイントも解説!

イデコの運用をする際には、各証券会社によって異なってくる手数料やサービス内容などを事前に把握しておくことが重要となります。今回は、イデコの運用時における手数料の有無や、証券会社を選ぶ際のポイントなどについて、初心者にも分かりやすくまとめています。

イデコの運用に手数料はかかる?証券会社を選ぶポイントも解説!のイメージ

目次

  1. イデコの運用に手数料はかかる?
  2. イデコを運用する証券会社を選ぶポイント
  3. イデコの運用商品選びのポイント
  4. イデコでSBI証券がおすすめな人
  5. イデコで楽天証券がおすすめな人
  6. イデコでマネックス証券がおすすめな人
  7. イデコの運用手数料と証券会社を選ぶポイントまとめ

イデコの運用に手数料はかかる?

手数料①口座開設時

出典: https://www.tantonet.jp

個人型の確定拠出年金という運用商品に分類されることでも知られているイデコには、いくつかの手数料が発生する傾向にあります。手数料が発生する主なタイミングとしては、口座開設時に手数料がかかるといった点が挙げられます。また、マネックスや楽天などといった証券会社を介してイデコの運用を行う場合は少額の口座開設費用となりますが、国民年基金の法人には2777円の手数料を支払う必要があります。

手数料②運用時

出典: https://manatopi.u-can.co.jp

イデコでは、口座開設時に加えて運用時にも手数料が発生する仕組みとなっています。例えば、国民年金基金の法人に月々100円ほどの手数料を支払う必要があり、イデコ運用に関する事務作業を委託している各金融機関にも1年で800円弱の手数料を支払うこととなります。また、口座管理の手数料として証券会社にも料金を支払う必要がありますが、各証券会社によって金額は異なってくるので注意してください。

手数料③給付時

出典: https://minnkane.com

イデコの運用を行う際には、給付時にも手数料が発生するといった点も十分に考慮しておく必要があります。給付時における主な手数料の支払い先としては、資産管理をしている信託銀行が一般的となっており、その金額は430円ほどとなる傾向にあります。また、給付のたびに手数料がかかる仕組みとなっているので、事前に給付時期を把握しておくことも大切とされています。

イデコを運用する証券会社を選ぶポイント

手数料が安い証券会社

出典: http://yukihiro.hatenablog.com

イデコを運用する際に証券会社を選ぶポイントとしては、手数料が安い証券会社にするといった点が挙げられます。国民年金基金や信託銀行に支払う手数料の金額はある程度定められている傾向にありますが、証券会社に支払う手数料は提供しているサービスによって異なるケースもあります。例えば、マネックス証券における手数料は、概ね170円ほどとなっているとされています。

運用商品が豊富な証券会社

出典: https://www.tantonet.jp

手数料の安い証券会社を選ぶといった方法と同様に、運用商品が豊富な証券会社を選ぶといった方法もおすすめのポイントとされています。運用商品の数は各証券会社によって大きく異なってくるケースがあり、SBI証券では70本ほどの運用商品を取り扱っていますが、楽天証券では30本ほどとなっているため、自分の投資プランに合った証券会社を選ぶことが重要となります。

サポートが充実している証券会社

出典: https://www.osaka-ue.ac.jp

イデコを運用する証券会社を選ぶおすすめのポイントとして、サポートが充実している証券会社を選ぶといった点も挙げられます。現在、イデコの運用が可能となる証券会社はいくつか存在していますが、どの証券会社もアフターサービスに力を入れている傾向にあるので、それほど大差はないと言われています。そのため、手数料や運用商品の豊富さを加味したうえで、自分が使いやすい証券会社を選ぶことがおすすめとなります。

イデコの運用商品選びのポイント

信託報酬が安いものを選ぶ

出典: https://bg-mania.jp

イデコの運用商品選びにおけるおすすめのポイントとしては、信託報酬が安いものを選ぶといった点が挙げられます。信託報酬の額は各証券会社によって異なってくることとなりますが、マネックス証券は他社よりも安い金額が設定されていることでも有名です。また、SBI証券ではセレクトプラント呼ばれる独自の仕組みを取り入れているといった特徴があります。

商品の拡張性を比較する

出典: https://fukudafp.net

信託報酬の安さと同様に商品の拡張性を比較するといった点も、イデコ運用をする際のポイントとなってきます。初めてイデコの運用を行う人におすすめとされている証券会社としては、SBI証券が挙げられます。SBI証券では、セレクトプランと呼ばれる運用商品が提供されており、35種類ほどの商品を取り扱っているため、非常に拡張性の高い仕組みとなっています。

資産を増やしたいなら元本変動型

出典: https://ecoeco-taizen.com

イデコの運用でアクティブに資産を殖やしたい場合には、元本変動型のイデコを選ぶことがおすすめと言われています。イデコでは、主に元本確保型と元本変動型の2種類に分けられているといった特色があり、どの証券会社も元本変動型のイデコに重点を置いている傾向にあるため、初心者でも自分の目的に合ったイデコの商品を簡単に探すことが可能となっています。

コストがイヤなら信託報酬た低いもの

出典: https://shisan-investment.net

イデコの運用時に、とにかくコストを低く抑えたいという場合には信託報酬の安い証券会社を選ぶことが最も重要なポイントとなってきます。イデコ運用の対象となる資産の種類によって異なってきますが、日本国内の株式を運用する際にはマネックス証券でイデコの運用をすることがおすすめとされています。一方で、非常に知名度が高い楽天証券のイデコ運用では、全体的に高い信託報酬となっているので注意してください。

投資信託が分からないならバランス型

出典: https://manechie.so-net.ne.jp

初めてイデコ運用を行う人の中には、投資信託の仕組みなどが把握できていないといったケースも少なくありません。そのため、投資信託が分からない場合はバランス型と呼ばれる運用商品を選ぶことも有効とされています。バランス型では、イデコの運用方法に偏りが出ないような組み合わせがされている特徴があるので、初心者でも安心して運用ができる仕組みとなっています。

お金が減るのがイヤなら定期預金

出典: https://ginkou.jp

イデコの運用は金融商品のひとつに分類されるため、場合によっては元本割れが生じるといったケースもあります。そのため、自身の資産が減るリスクを避けたいという場合には、定期預金を利用して少しずつお金を殖やしていくという方法も有効とされています。

イデコでSBI証券がおすすめな人

すでにSBI証券でイデコ口座がある人

出典: https://www.money-press.info

イデコの運用が可能となる証券会社としてSBI証券が挙げられますが、いくつかの特徴を理解しておくことがポイントとなります。イデコでSBI証券がおすすめとなる人として、すでにSBI証券でイデコの口座がある人は口座開設の手間が省けるので特におすすめとなります。

口座管理を簡単にしたい人

出典: http://zatugaku1128.com

口座管理を簡単にしたいという人にも、SBI証券を使ったイデコの運用がおすすめとされています。SBI証券では他社よりもシンプルな管理方法となっている特徴があるため、初心者にもイデコの運用がしやすい証券会社となっています。

オリジナルプランでイデコをしている人

出典: http://www.jsda.or.jp

SBI証券では、オリジナルプランというイデコの商品が用意されています。オリジナルプランでは60種類を上回る商品を取り扱っている点に加えて、途中からイデコの運用プランを変更することもできるため、すでにSBI証券でイデコの運用を行っている際には、他社に移行することなくそのままイデコの運用を続けた方が良いと言われています。

イデコで楽天証券がおすすめな人

楽天証券を利用している人

出典: https://motzmotzz.hatenablog.jp

イデコで楽天証券がおすすめな人としては、すでに楽天証券を利用しているといったケースが挙げられます。証券会社やイデコの口座を開設する際にはある程度時間がかかることとなるため、無駄な手間が省けるといったメリットがあります。

利用のしやすさを求める人

出典: https://bit-start.com

イデコの運用において利用のしやすさを求めている人にも、楽天証券がおすすめとされています。楽天証券は数多く存在する証券会社の中でも、特に利便性が高いと言われているため、イデコの運用に加えて株式の短期売買や中長期投資などの際にも利用されているといった特徴があります。

イデコでマネックス証券がおすすめな人

複数証券口座に抵抗がない人

出典: http://ichiokuen-wo.jp

イデコでマネックス証券がおすすめな人としては、複数証券口座に抵抗がないといったケースが挙げられます。また、長期間にわたってイデコの運用を行う際にも、マネックス証券が適していると言われています。

SBIをまだ使っていない人

出典: https://overseas-realestate.jp

複数証券口座に抵抗がない人と同様に、SBI証券をまだ使っていないという人にもマネックス証券がおすすめとなってきます。また、日本国内株式における手数料も低く設定されているため、現在でも数多くの人々に重宝されている傾向にあります。

イデコが初めてな人

出典: https://www.smbc-card.com

イデコなどといった金融商品の運用経験が無い人にも、マネックス証券はおすすめと言われています。また、口座開設時の手順も比較的簡単とされているため、初心者の際にも安心して利用することが可能となっています。

イデコの運用手数料と証券会社を選ぶポイントまとめ

イデコの運用における手数料の有無や、証券会社を選ぶ際のポイントなどについて紹介してきました。現在、イデコに関する運用商品はいくつかの証券会社で提供されている傾向にあり、各証券会社によって取扱商品やサービス内容も異なってくるため、事前にそれぞれの特色を調べておくことが重要です。今回紹介したイデコの情報などを参考に、自分に合ったイデコの運用方法を見つけてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ