iDeCo(イデコ)をSBI証券で始めるメリットとは?おすすめ投資信託も!

iDeCo(イデコ)をSBI証券で始めるメリットに注目をして、具体的に解説を進めていきます。投資信託や将来の年金積み立てという視点でもiDeCo(イデコ)に注目が集まっています。SBI証券で行うことのメリットやデメリット、おすすめの商品もご紹介していきます。

iDeCo(イデコ)をSBI証券で始めるメリットとは?おすすめ投資信託も!のイメージ

目次

  1. iDeCo(イデコ)とは?
  2. iDeCo(イデコ)をSBI証券で始めるメリットとは?
  3. iDeCo(イデコ)のSBI証券のおすすめ投資信託
  4. iDeCo(イデコ)をSBI証券で始めるデメリット
  5. iDeCo(イデコ)の商品数を金融機関ごとで比較
  6. iDeCo(イデコ)のファンドの選び方
  7. iDeCo(イデコ)を老後の積立にすすめる理由
  8. iDeCo(イデコ)の注意点
  9. iDeCo(イデコ)をSBI証券で始めるメリットまとめ

iDeCo(イデコ)とは?

老後資金を作るための制度

出典: http://shintaro-money.com

iDeCo(イデコ)とは何かというところに注目をして、iDeCo(イデコ)の特徴やメリット、デメリットなどを具体的にご紹介していきます。iDeCoとは老後資金を作るための制度であると考えることができます。個人型確定拠出年金という愛称がありますが、老後資金をお得に作るための制度だと考えて問題ありません。将来の年金不安を解消する制度でもあります。

60歳まで毎月一定額を掛ける

出典: https://www.tantonet.jp

iDeCoの特徴としては、60歳になるまで毎月一定額を掛けるという部分を挙げることができます。その掛金を使って、投資信託や定期預金、保険などの商品を選んでコツコツと老後の資金を運用していくのです。実際にどのくらいの資産が貯まるかは60歳になってみるまでわかりません。生活に支障のない範囲内で掛金を拠出していくことが求められます。

60歳以降に資産を受取れる

出典: https://asagi-mattari.com

60歳になるまで毎月一定額を掛けるiDeCoですが、実際に資産を受け取ることができるのは60歳以降になってからです。もともとも老後の資金を作ることを目的として始まった制度であるため、資産の受け取りに関しても60歳を過ぎるまではできません。一定額を積み立てていくことで、60歳を過ぎたときに受け取れる金額も大きくなることがあります。

iDeCo(イデコ)をSBI証券で始めるメリットとは?

メリット①商品数が多い

出典: http://from-g-to-r.com

iDeCoの仕組みや特徴について理解することができたら、続いてはiDeCoをSBI証券で始めることのメリットについて確認していきます。iDeCoをSBI証券で始めることのメリットとしては、商品数が多いことが挙げられます。iDeCoの商品数は上限が35本になっていますが、その35本の商品数がSBI証券にはあります。選択肢が増えることがメリットです。

メリット②SBI証券の手数料は最低水準

出典: https://mezaoku.com

iDeCoをSBI証券で始めることのメリットとして、商品数が多いこと以外に手数料が最低水準であることも挙げられます。SBI証券でiDeCoを始めた場合、運用管理手数料が無料になっており、無駄な出費を重ねる必要はありません。加入時や積立時にかかる手数料は一律に決まっています。SBI証券のiDeCoについては手数料が業界においてもとても安いのです。

メリット③運用管理の手数料無料

出典: https://www.money-press.info

最低水準の手数料であることがメリットのSBI証券ですが、運用管理の手数料が無料になっているところも大きなメリットと言えます。iDeCoを運用している金融機関は200以上あると言われています。その中で運用管理手数料を無料にしているのは、現時点で6つの金融機関のみです。そのうちの1つにSBI証券が含まれており、メリットとして認識できます。

メリット④2つのプランから選べる

出典: https://umelog.biz

SBI証券でiDeCoを始めることのメリットとしては、2つのプランから選べることも挙げられます。SBI証券では、オリジナルプランとセレクトプランの2つのプランが用意されています。自分で商品を選択していきたい場合は、セレクトプランが便利です。一定の決まったプランで良ければオリジナルプランが最適です。こうした柔軟性も大きなメリットです。

メリット⑤バランスが充実しているインデックスファンド

出典: https://naruhodosouka.net

SBI証券のiDeCoのメリットとしては、バランスが充実しているインデックスファンドが揃っていることも挙げられます。iFreeやニッセイなど、低コストで運用できる人気商品が数多くラインナップされており、利用者のニーズに十分に応えていると言えます。バランスファンドの商品数にも優れており、資産を守りながら運用していく際にもうってつけです。

メリット⑥放置できるバランスファンド

出典: https://manelite.jp

iDeCoをSBI証券で始めることには大きなメリットがありますが、放置できるバランスファンドが用意されていることもメリットの1つとして挙げることができます。運用者のリスク許容度に応じてさまざまな選択肢を用意してくれるのが、SBI証券の魅力です。経済危機に備えつつ、少しずつでも確実に資産を増やしていきたい方には最適な金融機関と言えます。

メリット⑦新興国株式・先進国株式の指標を選択できる

出典: https://tony0721.com

新興国株式・先進国株式の指標を選択できることもSBI証券でiDeCoを始めることのメリットです。SBI証券では、新興国株式と先進国株式の指標が充実しており、選択する際の参考としても内容が揃っています。株式の構成国数や特徴といった部分も細かく知ることができます。構成比率を参考にして投資商品を選びたいという方にとっても魅力があります。

メリット⑧人気のアクティブファンドへの投資

出典: https://www.g-someday.com

また、SBI証券では人気のアクティブファンドへの投資が可能であることもメリットとしてご紹介することができます。SBI証券のiDeCoでは商品数が多いだけでなく、ひふみ投信やジェイリバイブといったアクティブファンドへの投資も可能となっています。守りながら攻めることを基軸においたひふみ投信は人気の投資商品であり、利用者も多くなっています。

iDeCo(イデコ)のSBI証券のおすすめ投資信託

三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドS

出典: https://money-laboratory-ryoma.net

iDeCoをSBI証券で始める際にはさまざまなメリットがありますが、おすすめの投資信託も数多くあります。そのおすすめの投資信託としては、三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドSを挙げることができます。こちらはインデックスファンドとしても有名で人気があります。信託報酬も安くなっているので、効率的に資産運用できます。

DC外国債券インデックスファンド

出典: https://money-laboratory-ryoma.net

DC外国債券インデックスファンドもおすすめの投資信託として取り上げることができます。DC外国債券インデックスファンドは先進国債券として人気のある投資商品となっており、日本株式よりも低リスクで安全に資産を運用していくことができます。為替ヘッジありか為替ヘッジなしかを選択することも可能です。投資スタイルに合わせられて便利です。

EXE-i グローバル中小型株式ファンド

出典: https://www.kotsu2life.com

さらに、EXE-i グローバル中小型株式ファンドもおすすめの投資信託としてご紹介することができます。EXE-i グローバル中小型株式ファンドは、時価総額の小さい中小型株に投資できることが最大の特徴です。大型株だけでなくバランス良く投資したい人にとっては、魅力的な商品です。オリジナルプランでもセレクトプランでもどちらでも選択可能となります。

DCニッセイ外国株式インデックス

出典: https://oneinvest.jp

SBI証券におけるおすすめの金融商品という意味では、DCニッセイ外国株式インデックスも欠かせない存在です。DCニッセイ外国株式インデックスは先進国株式を中心として投資先を選定しています。信託報酬も年率で0.21%と安くなっているところがおすすめポイントです。Amazonやアップル、マイクロソフトといった有名企業の組入れも行っています。

三菱UFJ国内債券インデックスファンド

出典: https://www.a-bout.jp

三菱UFJ国内債券インデックスファンドもSBI証券で投資信託商品を決める上では、選択肢として入れておきたい存在です。三菱UFJ国内債券インデックスファンドは、信託報酬が年率0.12%と安く設定されているところが特徴的です。日本の公社債を投資対象とした金融商品として安定感もあります。安全で堅実に資産を増やしたい方にはおすすめできます。

iFree NYダウインデックス

出典: https://tsumitatetoushi.com

SBI証券のおすすめ投資信託という点では、iFree NYダウインデックスも挙げることができます。iFree NYダウインデックスは、オリジナルプランでもセレクトプランでも選択することができます。アメリカの大型株30銘柄に投資することができて、着実に資産を拡大できます。長期的な投資期間があって、攻めの投資をしていきたい方にはおすすめです。

iFree 8資産バランス

出典: https://timeishoge.com

SBI証券にはさまざまなおすすめの投資信託や金融商品がありますが、その中でiFree 8資産バランスもおすすめすることができます。iFree 8資産バランスは、その名の通り8つの資産クラスにバランス良く投資できるところに特徴があります。国内株式や国内債券、新興国株式や新興国債券、国内リートや海外リートも含めて、バランスの良い投資ができます。

SBI・全世界株式インデックス・ファンド

出典: https://oneinvest.jp

SBI証券でiDeCoを行う際に覚えておきたい金融商品として、SBI・全世界株式インデックス・ファンドも挙げることができます。こちらはセレクトプランでのみ選択可能となっているので、オリジナルプランでは投資することができません。全世界の大型株や小型株まで幅広くカバーしています。投資の教科書のような商品であり、初心者の方にもおすすめです。

eMAXIS Slimシリーズ

出典: https://mitamaro.com

SBI証券で投資信託を選ぶという点では、eMAXIS Slimシリーズも考慮しておくべき金融商品です。eMAXIS Slimシリーズもセレクトプランでのみ投資できるようになっています。国内株式や先進国株式、新興国株式や先進国債券などを含めて、7つの金融商品を取り揃えています。インデックス投資を目指している方であれば十分に選択の余地があります。

ニッセイの購入・換金手数料なしシリーズ

出典: https://www.oyagakoniosieyou-fosterassets.com

ニッセイの購入・換金手数料なしシリーズもおすすめの投資信託としてご紹介することができます。日経平均インデックスファンドと外国株式インデックスファンド、新興国株式インデックスファンドとJリートインデックスファンドの4つの商品を販売しています。いずれも購入や換金にかかる手数料が無料になっているところが魅力的な金融商品と言えます。

ひふみ年金

出典: https://oneinvest.jp

SBI証券で投資信託選びをする場合はひふみ年金も外せない存在です。レオス・キャピタルワークスが運用している金融商品としても有名で、投資家たちからの注目度も高い商品となっています。日本の中小型株を基軸においた運用を行っているところが特徴的です。アクティブファンドとして定評があり、高リターンを期待できる投資信託の1つとなっています。

iDeCo(イデコ)をSBI証券で始めるデメリット

デメリット①給付面が自由でない

出典: https://stock-bitcoin.com

iDeCoをSBI証券で始めることにはメリットもありますが、デメリットもあります。そのデメリットの1つとして、給付面が自由でないことが挙げられます。SBI証券のiDeCoは他の金融機関と比較しても受け取りの自由度が高くありません。年金と一時金の併用ができないところもデメリットです。運用自体は問題ありませんが、給付面に不安が残っています。

デメリット②ポイント特典がない

出典: https://money-growing.com

SBI証券でiDeCoを始めることのデメリットとして、ポイント特典がないことも挙げられます。SBI証券のiDeCoについては、投信マイレージの対象外となっています。単純に投資をして積み立てていく点では問題ありませんが、それ以上の優遇措置はありません。楽天証券であればポイントを付与してもらうこともできるので、SBI証券はやや劣る部分です。

デメリット③最安ではないインデックスファンド

出典: https://www.tantonet.jp

SBI証券のインデックスファンドが低コストになっていることは間違いありませんが、それでも最安値ではないところを理解しておきたいです。マネックス証券や松井証券の方が安い部分もあり、SBI証券が絶対的に勝っているわけではありません。iDeCoは10年や20年といった長期スパンで運用することになるので、投資コストも頭に入れておきたいです。

デメリット④セレクトプランなら最安水準になる?

出典: http://shintaro-money.com

インデックスファンドに関しては最安ではないSBI証券ですが、セレクトプランを選べばより低コストで最安水準になると言えます。国内株式や全世界株式、先進国株式や新興国株式なども含めてラインナップが充実しているSBI証券ですが、最安水準にするためにセレクトプランにする必要があります。オリジナルプランを選択する方にとってはデメリットです。

デメリット⑤スマホ非対応で使いにくい

出典: https://money-laboratory-ryoma.net

さまざまなデメリットがあるSBI証券のiDeCoですが、スマホ非対応で使いにくいこともデメリットとして挙げられます。楽天証券やマネックス証券といった証券会社に関しては、スマホ対応もなされておりサイト全体が見やすくなっています。しかし、SBI証券はパソコンと同じ画面が表示されます。スマホの利便性がないところは大きなデメリットと言えます。

iDeCo(イデコ)の商品数を金融機関ごとで比較

SBI証券

出典: https://prtimes.jp

SBI証券でiDeCoを開始するにあたっては、メリットやデメリットを理解しておくことも大切です。その上で、iDeCoの商品数を金融機関ごとに比較していきます。まずSBI証券に関しては、35本の商品数があります。これまでは67本の商品数があったSBI証券ですが、金融庁が35本以内にするように指定しました。それでも最高規模の商品数を誇っています。

イオン銀行

出典: https://netrank-nefpi.com

イオン銀行に関しては、iDeCoの商品数が24本となっています。パッシブ型が14本でアクティブ型の商品が9本となっています。また、元本保証型の金融商品が1本あります。イオン銀行にすでに口座を持っていれば、イオン銀行でiDeCoを始めるのもおすすめです。

楽天証券

出典: https://prtimes.jp

楽天証券では全部で32本の金融商品が揃っています。元本保証型の投資信託が1本で、パッシブ型が13本、アクティブ型の商品が18本となっています。楽天証券はSBI証券に次ぐ商品数を誇っています。ポイント付与の特典や手数料無料といったメリットもあるので、楽天証券での資産運用もおすすめです。

三菱東京UFJ銀行

出典: https://www.bk.mufg.jp

iDeCoの商品数という点では、三菱東京UFJ銀行でもiDeCoの運用を行うことができます。三菱東京UFJ銀行では合計で10本の商品を運用しています。内訳としては元本保証型の商品が2本で、パッシブ型の商品が8本となっています。三菱東京UFJ銀行ではライトコースと称して、気軽にiDeCoを開始できるような体制を整えています。

りそな銀行

出典: https://www.pointtown.com

りそな銀行におけるiDeCoの商品数は、全部で26本となっています。銀行系の金融機関では商品数が多い金融機関としてご紹介することができます。元本保証型の商品が2本でパッシブ型が13本、アクティブ型の商品が11本となっています。選択肢の多さという点ではおすすめできます。

大和証券

出典: http://www.daiwa.jp

大和証券のiDeCoの商品数は22本となっています。元本保証型の商品が1本で、パッシブ型が10本、アクティブ型が11本あります。大和証券でも金融資産の運用に力を入れています。口座を開設している方は、iDeCoの運用を開始してみるのも効果的です。

ゆうちょ銀行

出典: https://twitter.com

ゆうちょ銀行では、全部で31本の商品数があります。元本保証型が8本と多くなっているところが特徴的です。また、パッシブ型が14本、アクティブ型が9本となっています。ゆうちょ銀行の口座を持っている方も少なくありません。その口座を利用してiDeCoを開始するのもおすすめです。

三井住友銀行

出典: http://www.kirarinakeiokichijoji.jp

三井住友銀行では、合計で16本の商品があります。元本保証型が2本、パッシブ型が10本、アクティブ型が4本となっています。三井住友銀行をメインバンクとして利用されている方は、そのままiDeCoの運用を行う選択肢もあります。

マネックス証券

出典: https://america-kabu.com

マネックス証券では23本の商品を取り扱っています。元本保証型が1本、パッシブ型が14本、アクティブ型が8本となっています。株式投資やFXなどでも利用者が多いのがマネックス証券の特徴です。余剰資金をiDeCoに投資して老後の資金としていくのも有効です。

松井証券

出典: http://investorsheart.com

松井証券では全部で12本の商品があります。元本保証型が1本、パッシブ型が9本、アクティブ型が2本となっています。楽天証券やマネックス証券と並んで、松井証券も人気の証券会社となっています。実際に口座を持っていればそのままiDeCoの運用に使うのも賢明です。

iDeCo(イデコ)のファンドの選び方

信託報酬が低いものを選ぶ

出典: https://oneinvest.jp

iDeCo(イデコ)の運用や金融機関選びという点では、メリットやデメリットも踏まえた上で理解を深めていくことが重要です。その上で、ファンドの選び方についても確認していきます。ファンドの選び方としては、信託報酬が低いものを選ぶことが基本です。2%以上の信託報酬はやや高めと認識されているので、それを基準にすることもおすすめです。

毎月の積立金額を決める

出典: https://enjoy-100years-life.com

毎月の積立金額を決めることによって、効果的にiDeCoを使って運用していくことができます。iDeCoの掛金については、毎月5,000円から設定することができます。積立できる金額によってもおすすめのファンドは変わっていきます。シミュレーションなども活用しつつ、資産を預けるファンド選びを進めていくことがポイントです。

ポートフォリオを作る

出典: https://401k.sawakami.co.jp

毎月の積立金額を決めることができたら、実際にポートフォリオを作成する段階へと移行していきます。国内株式や先進国株式、国内債券や海外債券など、どういった投資先にどのくらいの割合で掛金を掛けていくのか決めていきます。ポートフォリオを作ることで、具体的なファンド選びも進んでいきます。まずはこの段階を目指すことが求められます。

年に1回は運用状況を確認する

出典: https://zuuonline.com

実際に運用するファンドや金融機関を決めてiDeCoを開始した後も、年に1回は運用状況を確認することがポイントです。iDeCoはその時の運用状況や経済情勢によって、投資資産が増えたり減ったりしていきます。こまめにチェックする必要はありませんが、少なくとも年に1回は確認する必要があります。場合によっては投資先の変更なども必要となります。

iDeCo(イデコ)を老後の積立にすすめる理由

掛金は所得控除になる

出典: https://ideco-online.jp

iDeCoにはさまざまなメリットや特徴があるわけですが、老後の積立におすすめできる理由もあります。iDeCoは掛金が所得控除になることがポイントです。税金が安くなることで現役時代の出費も抑えることができるのです。これがiDeCoをすすめる理由の1つです。

月額5000円から始められる

出典: https://401k.sawakami.co.jp

iDeCoは、月額5,000円から始められるところもおすすめできるポイントです。投資信託や資産運用と聞くと、お金持ちがするというイメージを持つ方も少なくありません。しかし、iDeCoならば月額5,000円から開始できます。この手軽さがおすすめできる理由です。

運用中の利益に税金がかからない

出典: https://media.rakuten-sec.net

iDeCoをおすすめする理由として、運用中の利益に税金がかからないことも挙げられます。一般的な株式投資や投資信託では、利益に対して約20%の税金がかかります。iDeCoの場合はそうした税金がかからないところも魅力的です。

コストが安い

出典: https://www.udemy.com

iDeCoをおすすめする理由として、コストが安いことも挙げられます。通常の投資信託と比較してもiDeCoの信託報酬は安く設定されていることが多いです。管理手数料が無料な金融機関もあり、より低コストで資産を拡大させることができます。

資産受取り時も控除がある

出典: https://senect.jp

iDeCoでは資産の受け取り時にも控除を活用できるところが魅力的なポイントです。退職所得控除や公的年金等控除といった仕組みを活用することで、税金を安く済ませることができます。一時金や年金など、受け取り方法を工夫することでより多くのお金を使うことができます。

iDeCo(イデコ)の注意点

60歳まで資産の引き出しができない

出典: https://1-step-forward.net

iDeCoにはさまざまなメリットがありますが、注意点も理解しておきたいところです。その注意点として、iDeCoは原則60歳になるまで資産の引き出しを行うことができません。iDeCoは老後資産の形成を目的としている金融商品だからです。この点には十分注意しておく必要があります。

口座開設と維持手数料がかかる

出典: https://www.money-motto.com

iDeCoは低コストで運用することができますが、それでも全くコストがかからないというわけではありません。口座開設の際の手数料と維持手数料がかかります。口座開設には最低でも2,777円、維持手数料として毎月167円が徴収されるので、注意する必要があります。

Thumbイデコの運用に手数料はかかる?証券会社を選ぶポイントも解説!

iDeCo(イデコ)をSBI証券で始めるメリットまとめ

出典: https://oneinvest.jp

iDeCo(イデコ)とは何か、iDeCo(イデコ)をSBI証券で始めることのメリットなどを中心に具体的にご紹介してきました。iDeCoは老後の資産形成を目的として創設された金融制度です。メリットやデメリット、おすすめの金融商品も含めて理解することで、効果的に活用することが重要です。改めて内容を整理した上で、iDeCoを効果的に活用していきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ