生活保護費の支給金額はいくらもらえる?計算方法までを徹底解説!

生活保護は不正受給などの問題がニュースでも取り上げられていますが、そもそも生活保護費の支給金額はいくらもらえるのでしょうか。そこで今回は、計算方法までを解説しながら、「生活保護費の支給金額はいくらもらえるのか」についてまとめています。

生活保護費の支給金額はいくらもらえる?計算方法までを徹底解説!のイメージ

目次

  1. 生活保護費の支給金額はいくらもらえる?
  2. 生活保護費の計算方法
  3. 生活保護費の1ヶ月の受給例
  4. 生活保護費で母子家庭や障害がある場合
  5. 生活保護費の高齢者一人暮らしの受給
  6. 生活保護の受給条件
  7. 生活保護費の受給目安とは?
  8. 生活保護費の受給による制限
  9. 生活保護費の支給金額と計算方法まとめ

生活保護費の支給金額はいくらもらえる?

生活保護は8つの扶助から成り立っている

出典: https://news.nicovideo.jp

生活保護とは金銭的に生活をすることが厳しい人に対して、国からお金がいくらか援助される制度を言います。そして、生活保護は8つの扶助から成り立っており受給の条件を満たしていなければもらうことはできません。近年、生活保護の不正受給等も問題になっていますが、きちんと把握をしていなかったがために法を犯すケースも少なくないのが実状です。

理解しておかなければ法を犯すことに

出典: http://www.takashimalaw.com

知識がなければ気付かぬうちに法律違反をして生活保護の不正受給をしてしまっていることがあります。生活保護を受けるための8つの扶助とは生活扶助・住宅扶助・教育扶助・医療扶助・介護扶助・出産扶助・生業扶助・葬祭扶助です。これらは人によって必要とする費用は異なり、それぞれの状況によって生活保護の加算額が加えられ支給額が計算されます。

生活状況により加算額がある

出典: https://financial-field.com

上記にある8つの扶助は人それぞれ異なります。例えば生活扶助は日常生活に必要なお金のことを意味しますが、当然年齢によっても変わってくるため一律ではありません。そして住宅扶助も同じです。さらには高齢者の場合であれば介護扶助等も関わってくるため若い人とは違います。それぞれに対して生活保護は加算額をプラスし援助を受けることが可能です。

いくらもらえるかは人それぞれ

出典: https://sakuya-shougainenkin.com

加算額はそれぞれの状況を鑑みて算出されます。加算額の計算方法は、生活扶助と住宅扶助から収入を引いて計算をする方法や、障がいをお持ちの方や母子家庭などいくつか分類されており、障がいについては等級によって変動します。また、母子家庭の場合でも子供の人数によって生活保護の加算額は異なるため事前に確認しておくことが大切です。

状況次第で変わる受給額

出典: http://www.kaigo-shien-blog.com

生活保護は加算額だけでなく受給金額もいくらもらえるかは状況次第で変わってきます。この状況というのは収入面や夫婦や母子家庭による子供の人数、また高齢者の方であれば一人暮らしかどうかなどです。1ヶ月だけで考えるとそこまで大きな開きはありませんが、長い目で見ると大きく差が出てくるため生活をするためにしっかりと確認する必要があります。

地域によって条件は異なる

出典: https://minne.com

そして、生活保護を受給するためには定められている最低生活費によって金額は変わってきます。最低生活費は地域によって異なるため、同じ生活保護の対象となる環境下で生活をする人でも受給金額には違いが出るということです。都市部は何でも高くなるため、郊外やいわゆる地方に住んでいる人と比較すると生活保護の受給金額は多くなります。

Thumb生活保護の支給日はいつ?土日の場合や受取方法まで徹底解説!

生活保護費の計算方法

生活扶助と住宅扶助が大きな金額

出典: https://seikathuhogomanabou.com

生活保護は収入が少ない人などにとっては生きるために必要なお金です。では、生活保護がいくらもらえるかはどのようにして計算するのでしょうか。まず、生活保護を算出する上で大事になるのが生活扶助と住宅扶助です。生活扶助は日常で必要となるお金のことを指しますが、大きく2種類に分けられます。生活扶助1類は食費など個人にかかる金額です。

いくらか加算額が加わる場合も

出典: https://seikathuhogomanabou.com

そして生活扶助2類は光熱費などの世帯に対してかかるお金を意味します。これに住宅扶助、つまり家賃等にかかるお金を合算し生活保護の受給金額が出されそこに加算額も加わる形です。加算額だけでなく各種扶助も加わることになるため細かい金額は人それぞれ異なります。では、生活保護で受け取れる金額の大まかな計算方法はどうなるのでしょうか。

大まかな支給額の計算方法

出典: https://getnavi.jp

生活保護の受給金額の計算方法を大まかに説明すると、地域によって差はありますが生活扶助1類と2類を足した金額と住宅扶助もプラスします。そして、合計した金額から収入を引きます。すると生活保護として手にすることができる大まかな金額を求めることが可能です。把握をしておけば難しい計算ではないため、自分で勉強することも大事になります。

ポイントとして押さえておこう

出典: https://seikathuhogomanabou.com

そして、最終的に手元に入ってくる生活保護の金額は加算額や各種扶助も加わったものです。上記でも述べたように生活扶助や住宅扶助は地域によっても異なります。加算額については障がいの等級や母子家庭や夫婦における子供の人数、高齢者の一人暮らしなど様々な状況によって判断されるため、まずはベースとなる計算方法を知っておくことが大切です。

Thumb生活保護受給中でも貯金はできる?上限金額や隠した場合の罰則まで徹底調査!

生活保護費の1ヶ月の受給例

生活保護をいくらもらえるかは気になる

出典: https://enagent.com

生活保護を受けなければ生きていく上で厳しい状況下にある人は少なくありません。しかし、生活保護は誰でも対象となるものでもないため、きちんと受給できるかを把握しておく必要があります。そして、自分が生活保護の対象であるとわかった場合に気になってくるのがいくらもらえるかです。生活保護をいくらもらえるかは人それぞれ異なります。

代表的な受給例を紹介

出典: https://www.njg.co.jp

子供の人数や夫婦か母子家庭なのか、または高齢者の一人暮らしなど様々なパターンがあります。状況に従って生活保護の受給金額や加算額も変わります。では、目安として一体どれくらいの金額が生活保護としてもらえるのでしょうか。ここからは、東京在住を例にして生活保護として受け取ることができる1ヶ月の金額について紹介していきます。

1ヶ月の受給例①夫婦と子供一人の場合

出典: https://mamasup.me

まずはじめになる1ヶ月の生活保護受給例は、夫婦と子供が一人の場合になります。非常に多い家族構成であり、十分な収入を得ることができていない家庭にとっては生活保護は生きていく上で大事なものです。まず、生活保護を受給するにあたって食費等の生活扶助がポイントになり、例として生活扶助に1ヶ月で150,000円必要であると考えて計算します。

おおよその受給金額を把握

出典: https://momonestyle.com

そこに住宅扶助として60,000円を加えます。そして、子供が一人になるため自動養育加算として10,000円をプラスすると全部で220,000円です。こちらの家族が得る1ヶ月の収入が80,000円であると家庭した場合、140,000円になります。これが生活保護として受給できる金額です。140,000円という金額以外に各種加算額も加わり最終的な金額が決定します。

1ヶ月の受給例②高齢者夫婦の場合

出典: https://chiebukuro.oasisnavi.jp

そして続いては高齢者夫婦が1ヶ月に受給できる生活保護の金額を求めていきます。高齢者夫婦は現代において非常に増加傾向にあり、社会的な問題にもなりつつあるものです。高齢者の場合は年金によって生活を行います。まず、1ヶ月で生活扶助の1類が66,000円で2類が50,000円必要であると仮定し、そこに住宅扶助のおよそ60,000円をプラスします。

年金収入の金額はマイナスする

出典: https://seniorguide.jp

生活扶助と住宅扶助の金額を合算すると176,000円です。高齢者夫婦の場合、1ヶ月生活をするために得るお金は年金です。この場合は176,000円から年金受給金額を引いて生活保護費を打ち出します。例えば高齢者夫婦が年金で90,000円受け取っていた場合、176,000円から90,000円を引いた86,000円が生活保護として国から受け取れる金額です。

1ヶ月の受給例③高齢者一人暮らしの場合

出典: https://www.irs.jp

高齢者の一人暮らしも増加傾向にあり日本が抱える大きな問題の一つです。では、高齢者の一人暮らしとなる場合は、1ヶ月でどれくらい生活保護として受給することができるのでしょうか。先ほどの高齢者夫婦は収入として年金を例にしていたため、ここでは一人暮らしで収入が全くない場合を計算していきます。まず、生活扶助でいくらかかるのかが大事です。

高齢者の一人暮らしで1ヶ月の収入が0の場合

出典: http://wadatyou-tyounaikai.ldblog.jp

生活扶助1類と2類を合わせて計算すると75,000円必要であると仮定します。そして、ここに住宅扶助をプラスする必要があるため50,000円とした場合、全部で1ヶ月にかかる生活費は125,000円です。上記では1ヶ月にかかる生活扶助と住宅扶助に対して給料や年金を引いて生活保護費を計算しましたが、高齢者の一人暮らしで収入ゼロの場合は引きません。

1ヶ月の受給例④母子家庭で子供2人の場合

出典: https://manetatsu.com

最後は母子家庭で子供が2人いる場合に1ヶ月で受給できる生活保護の金額を計算します。母子家庭の場合は収入が少ないにも関わらず子供を育てるためにお金が必要となるため、生活保護を受けれる場合はきちんと受給することが大切になります。まず、母子家庭で1ヶ月に生活扶助で127,000円必要であると考えて計算したケースはいくらになるのでしょうか。

現代に多くなっている

出典: https://blog.ieagent.jp

生活扶助127,000円に対して1ヶ月にかかる住宅扶助を69,000円と仮定します。そして、自動養育費25,000円と母子家庭の場合は母子家庭加算と言われる金額もプラスされ、計算すると全部で245,000円です。ここから、1ヶ月の収入を引いた金額が母子家庭の人に対する生活保護受給金額となります。状況に応じて加算額もプラスされる場合があります。

Thumb生活保護受給中に入院した際の注意点まとめ!費用の自己負担は?

生活保護費で母子家庭や障害がある場合

8つの扶助以外に加算額がある

出典: http://my-real-intention.blog.jp

1ヶ月で支給されるおおよその生活保護受給金額がわかったところで、母子家庭や障害がある人に対しての生活保護について学んでいきます。まず、生活保護には生活扶助や住宅扶助、教育扶助など8つ種類があり、1ヶ月にいくらかかるか計算をして収入をマイナスし実際に支給される金額を求めます。そして、計算をして出された金額に加算額が加わります。

加算額は状況によって変動する

出典: https://www.huffingtonpost.jp

正確に言うと加算額を加えた金額から収入をマイナスして計算したものが1ヶ月で受け取ることができる金額です。加算額は状況によって変動するため人それぞれ1ヶ月で支給される金額は異なります。子供の人数や障害をお持ちである方の場合は、生活が困難になることが想定されるため通常の生活保護として支給される金額よりも上乗せされるということです。

母子家庭の加算額は子供の人数で変わる

出典: https://financial-field.com

年々増加している母子家庭の場合、生活保護には加算額がプラスして計算をされます。そして、母子家庭の場合は子供の人数によって加算額は変わるため事前に把握をしておくことが大切です。母子家庭で子供の人数が1人の場合、1ヶ月で加算される金額はおよそ22,000円です。そして2名の場合は24,000円ほどとなり、それ以降はプラス900円ほどになります。

大きな差はみられない

出典: https://part.shufu-job.jp

子供の人数に対して大きな差はみられませんが、養育費として考えると1ヶ月で加算される金額は生活をする上で非常に大きな支えとなります。また、子供の年齢によっても加算額は差が出てくるため把握をしておく必要があり、当然小学生と高校生では1ヶ月の食費など生活扶助に開きが出るため高校生の子供を持つ母子家庭の方が加算額は大きいです。

障害の度合いによっても加算額が変わる

出典: http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp

そして母子家庭だけでなく障害を持っている人の場合も加算額をプラスして計算したものが1ヶ月で受給される生活保護の金額になります。障害をお持ちの方の加算額は等級によって差があり身体・知的障害1級と2級、また障害年金1級相当となる人の場合は1ヶ月で21,000円から26,000円ほどが加算額としてプラスして計算したものが生活保護受給金額です。

障害者年金は加算額に関係

出典: https://www.jtl.or.jp

また身体・知的障害3級で障害者年金2級相当の方であれば1ヶ月の加算額はおよそ15,000円から17,000円相当になります。生活保護において障害年金は収入として計算をされるため、全体の金額からマイナスするものです。1級と2級で金額は変わってくるため、生活保護受給金額を求める場合は、障害年金として受け取っている金額の把握も必要となります。

Thumb生活保護のメリット・デメリットを徹底解説!制限や規制は多い?

生活保護費の高齢者一人暮らしの受給

日本は高齢化社会が進んでいる

出典: https://www.mag2.com

現在日本が抱えている問題の一つが高齢化社会です。少子高齢化は以前から危惧されていましたが、最近では特に深刻となっています。そして、生活保護を受けなければ1ヶ月暮らすことができない高齢者も多く、特に一人暮らしの場合は年金を受給できない人や、受給していたとしても生活を送る余裕はないというケースも少なくありません。

高齢者一人暮らしの生活保護の実態とは

出典: https://www.imairumo.com

高齢化社会が進む昨今、収入として受け取るお金だけでは1ヶ月生活をすることができず生活保護を受けている人も増加しています。特にここ最近では高齢者の一人暮らしが多くなっておりおよそ88万世帯です。生活保護を受給しているうちの54%を占めている高齢者の一人暮らしは、対象者となる人の中でも最も多い割合となっており深刻な問題と言えます。

年金受給者でも生活保護費は受取れる

出典: https://news.goo.ne.jp

また、高齢者の一人暮らしで年金を受給している場合で1ヶ月生活をすることが困難と判断された場合は生活保護を受け取ることができます。年金金額は人それぞれ異なるため生活保護の受給金額にも影響しますが、特に国民年金の場合は1ヶ月で受け取れる満額が66,000円になります。そのため、高齢者の一人暮らしでも1ヶ月生活をすることは困難です。

他の状況から判断して決まる

出典: https://www.bengo4.com

そのため、元々自営業をしていた方に多い国民年金の場合、高齢者の一人暮らしでも生活困難と判断され生活保護を受け取ることができます。しかし、国民年金であれば誰でも生活保護の対象になるわけではありません。もちろん生活保護の受給には審査があり、高齢者の一人暮らしでも資産がある場合や誰かからの援助を受けられるなどは対象外です。

生活保護受給者は老人ホームに入居できる?

出典: http://www.kaiteki.info

高齢者が一人暮らしをする場合、多くの人は老人ホームに入居することが検討されます。では、高齢者の一人暮らしで生活保護を受給している場合は老人ホームに入居することはできるのでしょうか。生活保護を受けていることは在宅で暮らす印象を受けますが、高齢者の一人暮らしの場合は老人ホームに入居することは国からきちんと容認されています。

住宅扶助と生活扶助が老人ホームに入るポイント?

出典: https://www.senior-anshin.com

また、高齢者の一人暮らしとなる場合1ヶ月生活をする上でかかる生活扶助と在宅扶助が大きなポイントになります。老人ホームを選ぶ上で、家賃は在宅扶助の上限として決められている金額内である必要があり、生活にかかるお金についても生活扶助として支給される金額の上限内となる老人ホームでなければ一人暮らしの人でも入ることができません。

郊外の方がみつけやすい

出典: http://www.nagato.or.jp

では高齢者の一人暮らしとなる場合老人ホームを探すにはどうすれば良いのでしょうか。まず探し方として大きなポイントになるのは都市部にある老人ホームは除外することです。しかし、老人ホームについて情報が少ない場合はどうすれば良いかわかりません。その場合は生活保護の受給について担当しているケースワーカーに相談することをおすすめします。

老人ホームの入居条件

出典: http://www.h-minamikaze.com

しかし、高齢者の一人暮らしで生活保護を受けていたとしても、全ての人が老人ホームに入居できるとは限りません。条件として特別養護老人ホームであることが挙げられます。特別養護老人ホームの場合は、入居者の所得に応じて必要となる費用が軽減されるからです。そのため、生活保護を受給している人でも問題なく1ヶ月暮らすことができます。

事前に確認をしておこう

出典: http://www.senshoukai.com

高齢者の一人暮らしは今の日本が抱える深刻な問題です。そして、介護が必要となる場合は在宅で生活するには厳しい場合が考えられます。その際は老人ホームに入居することが多くありますが誰でも入れるわけではありません。きちんと生活保護を受給している高齢者の一人暮らしとなる人でも、老人ホームに入居できる条件を把握しておくことが大切です。

Thumb生活保護と年金は両方受給できる?それぞれの支給金額を徹底比較!

生活保護の受給条件

4つの条件を全て満たす必要がある

出典: https://seikathuhogomanabou.com

生活保護は誰でも受けられるものではありません。当然ですが、国からの支援を受けるにはいくつかある条件をクリアする必要があります。そして、その条件とは4つあり高齢者の一人暮らしの場合や母子家庭で子供がいる、夫婦に子供がいるなど様々な事情でも基本的には満たしていなければ生活保護としてお金を受け取ることはできないと定められています。

生活保護を受けられるか重要なポイント

出典: http://pescaripe.net

4つの条件は生活保護を受ける上で非常に重要なポイントとなるため、きちんと把握をしておくことが大切です。また、いくら収入が少なく生活をすることに困難となる場合でも、国が定める条件を満たしていなければいけないものになります。では、どのような条件が定められているのでしょうか。ここからは、生活保護を受けるため条件を紹介していきます。

資産があると受給できない

出典: https://president.jp

まず一つ目に挙げられる生活保護受給のために満たしておく条件は資産がある場合です。資産とは主に貯金・土地・車・家屋などを指しており、これらを所有している人は生活保護として国からお金を受け取ることはできません。これらがあるとなぜ生活保護を受給することができないかというと、売却をしてお金に変えることができるからになります。

生活保護を受給できないのは当然のこと

出典: http://sevensflow.com

お金に変えることができるものがあるにも関わらず生活保護を受給するというのはおかしいため当然と言えます。そのためいくら収入が少なく1ヶ月生活をすることが困難な場合でも、生活保護を受給する上で行われる審査の段階で資産となるものを確認できた場合お金を受け取ることはできません。資産の有無は申請前に確認することが必要なものになります。

どうしても働けない事情がある

出典: http://www.living.jpn.org

そして、生活保護を受けるための条件としてどうしても働くことができない事情がある点も重要になります。生きていく上で当たり前のことですが、働けるのであれば仕事をして稼いで生活をすることは大前提です。そのため、生活保護の申請をする際にやむを得ない事情で働くことができないと判断された場合は、お金を受け取ることができます。

収入があっても生活保護対象の場合も

出典: https://news.cardmics.com

しかし、働いていても生活をすることができないと判断をされた場合は生活保護の受給対象者となるため、仕事をしている人は全て受給対象外になるとも限りません。上記にあるように収入があったとしても高齢者の一人暮らしで年金では生活が苦しい場合や、母子家庭で子供を支えていくのが困難な場合は生活保護を受けることが可能な場合もあります。

他の制度がないか確認する

出典: https://mimizuku-edu.com

そして、生活保護を受けるにあたって他の制度を利用することができるかどうかも大きなポイントになります。生活保護以外にも日本では国からお金を受け取ることができる制度があり、例えば年金や様々な種類の保障手当がそうです。生活保護以外に支えとして利用できる方法が残されている場合は、それらを先に利用することを国から求められます。

見落としに注意しよう

出典: https://enjoynstyle.com

日本にはいくつかお金を受け取ることができる制度があります。そのため、生活保護を検討するにあたってまずは様々な手段を調べることが重要です。生活保護以外の制度も当然審査等があるため確実に受給することができるとは限りません。その場合は生活保護の検討をするのも良いですが、見落としがないようにしっかりと確認することが大切になります。

親戚の援助がある場合は受給できない

出典: https://marriage-book.net

生活保護を受給するにあたって、親戚の援助などを受けることができるかどうかは審査の段階でみられる部分です。当然ですが親戚からお金の援助を受けることができる場合は生活保護の受給を受けることはできず、助けてもらうことをお願いされてしまいます。しかし、親戚が多くいる場合でも全ての人がお金の援助を依頼することができるとは限りません。

最終手段として生活保護を検討

出典: https://www.businessinsider.jp

その場合はきちんと審査をした上で、生活保護を受給することができる可能性もあります。そして、生活保護の受給を考えられている時点で親戚からの支援を受けることは厳しい状況であることも想定できるため、まずはきちんと自分が置かれている状況を話すことが大切です。生活保護の受給を受けることは最終手段として考えておく必要もあります。

生活保護受給の流れとは?

出典: https://gentosha-go.com

では、生活保護を受給するにはどのような流れとなるのでしょうか。生活保護を受けるためにまず行うことは相談と申請です。相談をする場所はご自身が住んでいる地域の市役所の生活保護課になります。そして生活保護の相談と申請を行うと受給の対象となるか様々な状況をみられ審査を行い、生活保護を受けるにあたって相応しいかどうか判断されます。

きちんと段階を踏んでいこう

出典: https://www.seikatuhogojouken.com

そして、生活保護を受けるに相応しい状況にあると判断されて審査を通過した人のみ受給をすることが可能です。そして、生活保護を受給しだしてからは自分の収入状況を毎月必ず申告をしなければいけません。生活状況に変化がみられる場合は生活保護の受給を停止する場合もあるため、法を犯すことが起きないようにきちんと毎回報告を行う必要があります。

Thumb生活保護の申請方法を徹底解説!必要書類や受給までの期間・注意点は?

生活保護費の受給目安とは?

目安は最低限度の生活費

出典: https://kaiteki.gr.jp

生活保護を受給するためにはいくつかの条件を満たしておく必要があります。そして、目安となるものが最低限どの生活費に達しているかどうかです。最低生活費とは生きていく上で最低レベルの生活を保つことができるかどうかを表す数字になります。しかし、最低生活費とは一体いくらになるかを知らない人は少なくありません。

地域で最低生活費は変わる

出典: https://kaiteki.gr.jp

最低生活費とは人それぞれに定められているわけではなく、地域によって決まっています。収入に対して最低生活費を引いたとき、マイナスになっていれば生活保護を受けることができる条件となりますが、住む地域によって家賃や食品を購入するために重要となる物価などは異なります。そのため、それぞれの地域で最低生活費は違うため調査が必要です。

年齢でも生活費は変わる

出典: https://offer.able.co.jp

そして、生活保護を受けるにあたって重要となる最低生活費は地域だけでなく年齢によっても違いがあります。30歳の人と70歳の人では当然必要となるお金には違いがあるため、最低生活費には差が生まれます。そしてその中でも最も違いが生まれる部分が食事に関してです。想像できますが、70歳の人と若い年齢の人では当然食べる量は違います。

食費等は大きく関係する

出典: https://brava-mama.jp

最低生活費の中でも大きく異なる部分は食費であり、老人と若い世代の人であれば生活費がかかるのは一目瞭然です。そのため、地域だけでなく年齢によっても最低生活費は分けられています。しかしここで疑問として生まれてくるのはどのようにして最低生活費を知るのかという点です。生活保護を受給できるかどうかを知るためにも大きなポイントになります。

最低生活費の確認方法

出典: https://globo-site.com

最低生活費の確認方法で最も明確な数字を知るためには自身が住む地域の市役所に確認をすることです。市役所の生活保護を担当する課の職員に相談をすると教えてくれます。地域の最低生活費だけでなく年齢によって違いがある金額についても把握することができるため、生活保護の受給を検討している人はまず確認する必要があります。

確認方法はいくつかある

出典: http://pat.intellectual-info.com

また、最低生活費を確認する方法は市役所に問い合わせるだけでなく最近では別の手段もあります。一つは厚生労働省の公式ホームページにて確認をする方法です。そしてもう一つはアプリの活用になります。何れにしても自分の状況を入力することで最低生活費を割り出すことができるため是非活用していただきたい方法です。

Thumb生活保護の受給条件まとめ!収入や貯金がある人は申請できない?

生活保護費の受給による制限

貯金はできない?

出典: https://www.lifehacker.jp

生活保護を受給することによって制限はないのか気になります。生活をする上で必要なお金がないことを理由に受給しているわけなので、してはいけないことはあってもおかしくありません。では、生活保護を受給しているにも関わらず貯金をしても良いのでしょうか。貯金については禁止されておらず、生活保護受給者でも承認されています。

後々のリスクになる場合も

出典: https://www.mag2.com

いくらまでは貯金をしても良いという決まりもないため、自己判断でできると言えます。しかし、貯金額が大きくなってくると生活保護を受ける身ではないと判断される可能性が高く、返還や生活保護費の停止が命じられることがあります。そのため、どれくらいの金額であれば貯金をしても良いか市役所の職員に相談をすることが無難です。

車の保有

出典: http://fun-busi.com

そして、生活保護を受けているにも関わらず車を保有することはどうでしょうか。車については基本的には生活保護を受給する段階で売りに出すなど処分を支持されることが多いです。しかし、生活環境によっては車がなければ厳しい場合も考えられます。子供の送り迎えを車でしなければいけない可能性は母子家庭や夫婦など関係なく考えられるからです。

レンタカーは?

出典: https://www.suzuyo-rentacar.jp

そのため、例外として車の保有は認めてもらえる可能性があるため、一度相談することが必要となります。そして、最近流行りのレンタカーになりますが、生活保護の受給においては車の保有よりも厳しくみられます。理由は賠償能力に欠ける点が挙げられており、各地域で禁止にしている傾向となっているため避けた方が良いです。

借金がある場合

出典: http://www.saimuseiri-suruto.com

そして、借金がある場合でも生活保護を受給することができるかについてですが、基本的には対象となります。しかし、借金の金額によっては債務整理を行わなければいけない可能性もゼロではありません。理由としては、生活保護として受け取っているお金を借金の返済にあてることは禁止されているからです。しかし例外もあります。

全て明かすことが大切

出典: http://www.saimuseiri-suruto.com

借金の返済に生活保護のお金をあてることは、市役所の生活保護課に話をすると場合によっては認めてもらえる可能性もあります。生活保護を受けている期間に新たな借金を作ることは禁止されており、発覚すると生活保護費は減額や停止の可能性が極めて高いです。借金がある人は申請をする際に全て明かすことが大切になります。

ペットは飼える?

出典: https://www.citymobile.co.jp

そして、最後はペットを飼うことはできるかになります。今ではペットは家族の一員として考えられており、生活をする上で負担とならなければ生活保護を受給していても飼育は良いとされています。一見生活保護を受給しているにも関わらずペットを飼っていることに違和感を感じますが、その点については国も寛大な考えを持っています。

メンタル面の支えにもなってくれる

出典: https://cbchintai.com

ペットは人間の心に癒しをくれます。そのため、メンタル面でも支えになってくれるため特に制限をかけていません。もちろん生活をするにあたって支障をきたすほどの費用を要する場合は別問題になりますが、禁止はされていないためペットは飼えないという考えは捨てるべきです。気持ちの支えとして家族を迎え入れる生活保護の受給者も少なくありません。

Thumb生活保護受給者はクレジットカードは作れる?申込基準や利用方法を調査!

生活保護費の支給金額と計算方法まとめ

出典: https://www.redpurlknits.com

高齢者の一人暮らしや母子家庭の人など、金銭面が厳しい場合に支えとなってくれるのが生活保護です。生活保護を受給するために満たすべき条件や申請方法などをきちんと把握し、法を犯さないようにすることが大切になります。自分がいくら受け取ることができるか支給金額を知っておくことや、計算方法を理解することも正しい金額を受け取る上で重要です。

Thumb生活保護受給者がパチンコをするとどうなる?処分や指導について調査!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ