生活保護受給者でも引っ越しはできる?転居費用が支給される条件を調査!

生活保護受給者でも引っ越しをすることはできるのかという点に焦点を当てて、具体的に解説を行っていきます。生活保護受給者でも引っ越しをしたいと思うことは少なくありません。その中で転居費用が支給される条件や上限についてご紹介していきます。

生活保護受給者でも引っ越しはできる?転居費用が支給される条件を調査!のイメージ

目次

  1. 生活保護受給者の引っ越しについて解説!
  2. 生活保護を受けていても引っ越しはできる?
  3. 生活保護受給者への引っ越し費用支給制度とは?
  4. 生活保護受給者の転居で認められやすい条件とは?
  5. 生活保護受給者への引っ越し費用の支給の上限とは?
  6. 生活保護の引っ越しについてのその他の疑問を解決!
  7. 生活保護受給者の引っ越しについてのまとめ

生活保護受給者の引っ越しについて解説!

出典: https://seikathuhogomanabou.com

生活保護受給者の引っ越しに注目をして、引っ越しできるのかどうかや認められる範囲などについて具体的にご紹介していきます。生活保護受給者であっても、何らかの事情や理由で引っ越しをしたいと思うことがあります。その場合の対応方法なども理解しておく必要があります。県外への引っ越しや保証人なしでの引っ越しができるかどうかも解説します。

Thumb生活保護受給中でも貯金はできる?上限金額や隠した場合の罰則まで徹底調査!

生活保護を受けていても引っ越しはできる?

引っ越しをすることは自由である

出典: https://taku-mag.com

まず、生活保護を受けていても引っ越しをすることはできるのかという点について確認していきます。実際に生活保護を受けている方であっても、引っ越しをすることは自由であるというのが見解です。担当のケースワーカーに引っ越しを拒否する権限はありません。指導指示とは別の部類であり、生活保護受給者であっても自由に引っ越しすることができます。

自費負担であれば自由

出典: https://hikkoshione.net

生活保護でも引っ越しは自由に行うことができますが、その際は自分で引っ越し費用や初期費用を用意する必要があります。生活保護受給者には別途引っ越し費用支給制度という制度があります。その制度を活用するには、あらかじめ規定されたルールに基づいて引っ越しをする必要があります。自費負担で引っ越しをする場合は条件もなく誰でも自由に行えます。

県外への引っ越しは可能?

出典: https://www.homes.co.jp

また、生活保護受給者の中には県外に引っ越しをしたいというニーズが出てくることもあります。その場合も、基本的には県外に自由に引っ越しをすることができます。この場合も自費負担であれば、県外のどこに引っ越しても問題ありません。ただし、費用の支援を受ける場合は別です。県外の生活保護管轄地域での条件を満たした物件を探す必要があります。

基本的には自由だと理解する

出典: https://hikkoshihajimete.net

基本的に生活保護受給者の引っ越しに関しては、県外でも県内でも自由にできるということを理解しておく必要があります。何でもかんでも、担当のケースワーカーに許可を取らなければいけないわけでもありません。県外に親戚や家族がいる場合は、県外に行くことで生活が安定することもあります。その辺を踏まえて生活の拠点を決めることがポイントです。

Thumb生活保護の申請方法を徹底解説!必要書類や受給までの期間・注意点は?

生活保護受給者への引っ越し費用支給制度とは?

引っ越し費用支給制度の確認

出典: https://seikathuhogomanabou.com

県外や県内も含めて、生活保護受給者の引っ越しに関しては基本的に自由であることを理解した上で、今後の行動につなげていくことが求められます。その上で、生活保護の引っ越しについてはなかなか自費で対応できないということも少なくありません。その場合に活用したいのが引っ越し費用支給制度です。この制度について中身を詳しく確認していきます。

引っ越し費用を支給してもらえる条件とは?

出典: https://hikkosi-tetuduki.info

引っ越し費用支給制度とは、生活保護を受けている人が引っ越しをする際に、一定程度の引っ越し費用を支給してくれる仕組みのことです。具体的には引っ越しにかかる転居費用や敷金を負担してもらうことができます。引っ越し費用支給制度を活用するためには、16通りある条件のうち1つを満たす必要があります。単純に転居したいだけでは認められません。

現在よりも家賃が安くなること

出典: https://www.homes.co.jp

例えば、実施機関の指導に基づき、現在支払われている家賃又は間代よりも低額な住居に転居する場合などは生活保護受給者が引っ越し費用支給制度を活用する条件として満たしやすいものと言えます。つまり、現在住んでいる住居の家賃より安くなることが条件ということです。なおかつ、地域ごとに定められている家賃の上限金額を下回る必要があります。

就業先が遠い場合

出典: https://www.seikatsu110.jp

他には、現在住んでいる場所と就労する場所に距離があって、就業先に向かうのが著しく困難である場合も引っ越し費用支給制度を活用できる可能性が高まっていきます。その場合は引っ越しをすることによって通勤時間の短縮になることや世帯収入の増加も求められます。より多く働くことが前提となるものであり、収入を増やすことも求められる条件です。

退職する場合

出典: https://avenue-life.jp

比較的容易に引っ越し費用支給制度の条件を満たしやすいのは、上記で取り上げた2つの条件です。いずれかの条件を満たせば、引っ越し費用支給制度を活用して引っ越しにかかる費用を負担してもらうことができます。その他には、退職等により社宅等から転居する場合も制度活用が認められます。退職することになった場合の参考として理解しておきたいです。

建物自体に問題やトラブルが発生した場合

出典: http://www.fudousankanri.net

または、居住している物件や建物自体に問題やトラブルが発生した場合も、引っ越しにかかる費用を負担してもらうことができます。例えば、火災等の災害により現住居が消滅した場合や、老朽又は破損により居住にたえない状態になったと認められる場合が挙げられます。何らかのトラブルがあった場合は、速やかに福祉事務所に相談することがポイントです。

親戚や知人との連携

出典: https://exsia.jp

さらに、住居が確保できないため、親戚、知人宅などに一時的に寄宿していた者が転居する場合も引っ越しにかかる費用を負担してもらうことができます。親戚や知人、友人などと連携を取っている場合、そういった人たちを頼りにしてみるのもおすすめです。離婚によって新たな住居が必要になった場合についても、引っ越しにかかる費用負担の対象となります。

自費での勝手な引っ越しは引っ越し費用が支給されないので注意!

出典: https://hikkosi-tetuduki.info

生活保護受給者が引っ越し費用支給制度を活用して引っ越しにかかる費用を負担してもらうためには、16ある条件のうちのいずれかを満たす必要があります。そのことを認識した上で、引っ越しを検討することがポイントです。自費での勝手な引っ越しに関しては費用を支給してもらうことができません。その点も十分に理解しておくことが求められます。

自費以外の手段を念頭に置く

出典: http://foryou2010.jp

自費負担での引っ越しに関しては、生活保護として受給しているお金をコツコツと貯めながら引っ越し費用を捻出する必要があり、簡単なことではありません。まずは自費ではなく引っ越し費用支給制度の活用を検討することがポイントです。自費でも引っ越しできると考えるのであれば問題ありませんが、そうでなければ自費以外の手段を考えるのが賢明です。

担当のケースワーカーに相談してみる

出典: https://www.seikatsu110.jp

生活保護受給者の方が引っ越しをしたいと思った場合は、まず担当のケースワーカーに相談してみることもおすすめです。自分1人で悩んでいても解決しないことが多いため、まずは有識者に指南を仰ぐことがポイントです。どういった条件を満たせば引っ越し費用支給制度を活用できるかも丁寧に教えてもらえます。その中で満たる条件を探すことも効果的です。

Thumb生活保護の不正受給はばれるとどうなる?やってはいけない禁止事項を紹介!

生活保護受給者の転居で認められやすい条件とは?

認められやすい条件を確認

出典: https://hikkoshi-woman.net

生活保護受給者が引っ越し費用支給制度を活用して引っ越しをするためには、一定の条件を満たす必要があります。そのことを踏まえた上で行動を起こしていくことが求められます。その中でも転居に際して認められやすい条件を活用していくことがおすすめです。県外や県内も含めて、自費での引っ越しを避けるためのポイントについてご紹介していきます。

最も使われる転居理由は低家賃住宅地への転居

出典: https://www.life-and-f.com

生活保護受給者が自費での引っ越しを避けるために最もよく使われるのが、低家賃住宅地への転居です。現在住んでいる住居よりも家賃が安くなることが前提であり、なおかつ家賃上限金額以内の住居に転居する場合に認めてもらえる条件です。上限金額については、地域ごとに定められています。この理由で引っ越し費用を負担してもらう生活保護が多いです。

上限金額を下回ること

出典: https://www.sumaistar.co.jp

例えば、現在の賃貸の家賃が6万円だと仮定します。そして該当地域の家賃上限金額が5万円だった場合、5万円や4万9,000円といった家賃の物件に引っ越す場合は、引っ越し費用を負担してもらえるということです。反対に、上限金額を上回る5万1,000円や5万5,000円といった物件では対象になりません。あくまでも家賃の上限金額を下回る必要があります。

東京23区内の上限金額

出典: https://xn--p8j1foby30un1ok6bhxhw2ynkbe56bmga83svm0am24bxdc.xyz

自費負担であれば、県外でも上限金額を上回る物件でも自由に引っ越しをすることができます。しかし、費用を負担してもらいたい場合は地域ごとの上限金額を意識しておく必要があります。例えば、東京23区内の家賃の上限金額については、1人暮らしの場合で5万3,700円までとなっています。東京23区内でこの上限金額を満たすのは難しい側面もあります。

公営住宅の方が探しやすい

出典: http://seikatu-hogo.com

そのため、基本的に生活保護の方が上限金額の条件を満たそうとすると、民間会社が運営している物件ではなく、都営住宅やUR住宅などの公営住宅を探す方が見つかりやすい状況です。公営住宅の場合は、空き部屋があっても抽選が行われることが多いです。その場合はすぐに引っ越しができるわけではないので、一定期間の猶予を持たせることも求められます。

勤めている会社付近へ転居する際の条件とは?

出典: https://lrchintai.jp

また、生活保護受給者が引っ越し費用を負担してもらうための条件として満たしやすいのが、勤めている会社付近へ転居するケースです。この条件を満たすためには、ある程度の収入があるか見込まれる必要があります。また、現在の居住地からでは通勤が困難であることも含まれます。それほど通勤時間がかからないと判断された場合は却下されてしまいます。

収入の増加が期待できることも

出典: https://www.minnanokaigo.com

現在住んでいる居住地よりも会社への通勤時間が短くなることが条件で、なおかつ福祉事務所が定めている家賃上限金額以内であることが求められます。勤務先に近くなることによって、シフトに入る回数が増えるなど、収入の増加が期待できることも加味されます。これらの条件を全て満たさないと、引っ越し費用を支給してもらうことができません。

自動車を保有しているケースは注意

出典: https://www.zurich.co.jp

現在の居住地からの通勤に関しては、自動車を保有している場合で見解が分かれることもあります。バスや電車といった公共交通機関を利用していると、乗り換えの事情で通勤に時間がかかることがあります。しかし、自家用車で通勤できる場合は通勤が困難であると判断されないこともあります。その場合は引っ越しをあきらめるか自費でする必要があります。

病気療養中で住んでいる環境が悪い場合

出典: https://www.sunao-hiroba.com

県外への引っ越しを含めて、引っ越し費用を負担してもらうための条件として、病気療養中であるケースも挙げることができます。例えば、うつ病などの精神的な疾患を患っているケースで、現在の居住地に問題があると判断された場合は、引っ越し費用の負担が認められることもあります。自然豊かな場所への引っ越しを案内されるケースも少なくありません。

バリアフリーが施されていない場合

出典: https://diamond.jp

また、身体障がい者の方で、バリアフリーが施されていない物件に居住しているケースでも引っ越しの費用負担が認められることがあります。身体的に障害があってバリアフリーが施されていないと、そもそもの日常生活に支障が出てきてしまいます。その場合もケースワーカーに相談することが重要です。病院の診断書なども合わせて持参することが賢明です。

少なくとも1つの条件を満たすこと

出典: http://seikatu-hogo.com

県内や県外を含めて、生活保護受給者が自費負担での引っ越しを避けるためにはさまざまな条件や要件を満たすことが求められます。少なくとも1つの条件を満たす必要があり、その中でも満たしやすいと思われる条件を頼りにすることが有効です。身体的な障害や精神的な病気を抱えている場合もまずは相談することです。そこから視野を広げることが大切です。

Thumb生活保護受給中に入院した際の注意点まとめ!費用の自己負担は?

生活保護受給者への引っ越し費用の支給の上限とは?

引っ越し費用の支給の上限を確認

出典: https://seikathuhogomanabou.com

生活保護受給者の方は、県外への引っ越しや引っ越しにかかる費用負担についての理解を深めておくことが重要です。その上で、生活保護受給者への引っ越し費用の支給上限について確認していきます。一定の条件を満たすことで、費用を負担してもらえるのが生活保護受給者の引っ越しです。ただし、費用負担にも上限があるので理解しておく必要があります。

引っ越し業者へ支払う費用について

出典: https://100yen-hikkoshi.com

まずは、引っ越し業者へ支払う費用負担について確認していきます。生活保護受給者が引っ越しをする場合、一定の条件を満たしていれば、基本的に引っ越し業者へ支払う費用は全額負担してもらうことができます。県外への引っ越しでは業者に支払う費用も大きくなります。それでも全額負担してもらうことができるので、経済的な負担は緩和できます。

複数業者への見積もりが必要

出典: https://hikkosi-tetuduki.info

ただし、どの引っ越し業者に依頼しても良いというわけではありません。基本的には3社程度の業者に見積もり依頼をお願いして、その中から最も安い業者に引っ越し業務を依頼する必要があります。複数の業者に見積もりを依頼する場合は、一括見積もりサイトの活用もおすすめです。実際に担当者に自宅に来てもらうことで、交渉の余地も広がっていきます。

引っ越し業者への費用と敷金のみ負担

出典: https://www.zba.jp

引っ越しに際してかかる費用については、引っ越し業者への費用だけでなく、その他にも多くの費用がかかってきます。敷金や礼金、仲介手数料や前家賃、害虫駆除料や入居安心サービス料といった費用がかかることもあります。しかし、基本的に福祉事務所が負担してくれるのは、引っ越し業者への費用と敷金のみです。その他は自費で負担する必要があります。

敷金の上限の計算方法とは?

出典: https://www.chintaikeiei.com

敷金についても費用負担をしてもらうことができますが、一定の計算式にもとづいて上限金額が算出されることになります。それは、住宅扶助上限(家賃補助上限)×1.3×3という計算式です。例えば、東京23区への引っ越しの場合は5万3,700円が上限金額です。「5万3,700円×1.3×3=20万9,430円」となります。つまり20万9,430円が敷金の上限です。

管轄している福祉事務所に確認する

出典: https://benngosi.info

地域ごとの住宅扶助上限についてはそれぞれ変わってくるので、管轄している福祉事務所に問い合わせる必要があります。おおよそ上限金額の3倍ほどの敷金まで負担してくれるということです。一般的な物件であれば、1ヶ月分から2か月分徴収されることが多いので心配ありません。十分に福祉事務所からの支給だけで敷金を支払うことが可能だと言えます。

計画的にお金を貯める

出典: https://www.chintai.net

生活保護受給者が引っ越しに際して負担してもらえる費用としては、引っ越し業者に支払う費用と敷金だけだということを理解しておく必要があります。反対に言えば、仲介手数料や礼金、前家賃などは自費で負担する必要があります。それだけの余剰資金を残しておくことも求められます。引っ越しをする場合は、計画的にお金を貯めていくこともポイントです。

Thumb生活保護と年金は両方受給できる?それぞれの支給金額を徹底比較!

生活保護の引っ越しについてのその他の疑問を解決!

その他の疑問を確認

出典: https://hikkoshi-woman.net

生活保護受給者が引っ越しをする場合については、さまざまな条件をクリアした中で、引っ越し業者に支払う費用と敷金のみが支給されることを頭に入れておく必要があります。その点も踏まえた中で、生活保護の引っ越しに関するその他の疑問についても解決していきます。保証人がいない場合や同棲相手がいる場合など、さまざまな疑問を確認していきます。

賃貸契約をする際の保証人について

出典: https://offer.able.co.jp

まず、生活保護受給者が賃貸契約をするケースにおいて、保証人が必要なのかどうかという疑問を解決していきます。生活保護を受給しているか否かに関わらず、物件や不動産会社によって保証人に対する考え方は変わってくると言えます。保証人がいなくても契約できる物件もありますし、反対に保証人がいなければ契約できないという物件もあります。

保証人なしでもOKの物件を探す

出典: https://www.homes.co.jp

つまり、生活保護受給者で保証人がいない場合は、保証人なしでもOKや生活保護でもOKといった物件を探すことがポイントです。実際に不動産会社に行く際には生活保護を受給していることをあらかじめ伝えておくことが重要です。生活保護に対応している物件は一般の方と比較してもそれほど多くないので、不動産会社の負担を減らすことも求められます。

保証会社の利用も可

出典: https://offer.able.co.jp

中には、保証人がいなくても保証会社を利用して契約すれば問題ないと判断される物件もあります。その場合は、保証会社の審査に通る必要があるため、生活保護だと厳しくなる部分もあるので100%入居できるとは言い切れません。一番良いのは誰かに保証人を依頼することです。保証人がいない場合は、不動産会社の方と相談しながら探すことになります。

生活保護に寛容な大家さんを探す

出典: https://okinawa-iju.info

また、物件を管理する大家さんによっては生活保護受給者に対して寛容な姿勢を見せてくれることもあります。生活保護受給者には住宅扶助が出ることを知っていれば、確実に家賃を回収できると考える大家さんも少なくありません。そうした大家さんを頼って物件探しをすることもおすすめです。その場合は保証人がいなくても契約できる可能性があります。

不動産屋の仲介を拒否される?

出典: https://myhome.nifty.com

保証人がいるかいないかによっても難しい部分がある生活保護受給者の物件探しですが、続いての疑問として不動産屋の仲介を拒否されるのではないかといった疑念を抱く人も少なくありません。かつては、生活保護受給者への物件案内を拒む不動産屋もありました。しかし、現在では多くの不動産屋で生活保護受給者に対しても親切に対応してくれます。

大手の不動産屋であれば仲介してくれる

出典: https://offer.able.co.jp

一部の個人経営の不動産屋の場合は、生活保護受給者であることを理由に仲介を拒否するケースもありますが、大手の不動産屋であれば基本的に拒否されることはありません。大手の不動産屋の場合は、扱っている物件も多いため、生活保護の方でも入居できる物件を紹介できるからです。まずは生活保護受給者も不動産屋に問い合わせをしてみることが重要です。

引っ越し業者に配送を拒否されることがある?

出典: https://realestate.yahoo.co.jp

県外への引っ越しも含めて、生活保護受給者であることを理由に引っ越し業者に配送を拒否されることがあるのではないかといった疑問を持っている方もいます。こちらも実際に生活保護受給者であることを理由に拒否されることはありません。生活保護受給者であるかに関わらず、繁忙期となる3月や4月に混み合っていることを理由に断られることはあります。

料金未払いの心配が少ない

出典: https://hikkoshi-chie.com

引っ越し業者も生活保護受給者の場合は、行政が引っ越し料金を負担してくれるということを知っています。そのため、料金が未払いになることを懸念して配送拒否をすることはありません。生活保護受給者の場合は、引っ越し業者としても値引きする必要がなく、利益が出やすい顧客と言えます。そのため、喜んで受け入れてくれる業者も多くなっています。

同棲相手がいる場合は?

出典: https://rennai-up.com

保証人がいないケースや生活保護受給者であることを理由に不利になることがあるのかといった疑問を解決していくことが大切です。さらなる疑問として、生活保護受給者に同棲相手がいる場合について確認していきます。保証人がいなくても同棲相手はいるということも考えられます。その場合でも、基本的に引っ越しをすることは生活保護受給者の自由です。

生活保護が打ち切りになることも

出典: http://www.love-mission.com

同棲相手と一緒に暮らす場合は、引っ越しの条件が世帯単位となります。また、同棲相手の収入が安定している場合は生活保護が不要になったと判断されることもあります。同棲相手も生活保護を受給している場合は、担当のケースワーカーに相談する必要があります。まずは専門家の指示を仰ぐことによって、その後の対応を決めていくことがポイントです。

疑問を解決することが最優先

出典: https://hikkoshi-rakunavi.com

生活保護受給者が引っ越しをする際には、上記でご紹介した以外にもさまざまな疑問や問題点が生じてくることが想定されます。そうした1つ1つの疑問を確実に解消してから行動を起こすことが大切です。わからないまま引っ越しをしてしまうと、後で不利な状況に追い込まれる可能性もあります。1人で悩まずに周囲の方に相談してみることもおすすめです。

Thumb生活保護費の支給金額はいくらもらえる?計算方法までを徹底解説!

生活保護受給者の引っ越しについてのまとめ

出典: https://hikkosi-mitumori.sakura.ne.jp

生活保護受給者の引っ越しに焦点を当てて、自費負担になるケースや引っ越し費用を負担してもらえるケース、県外への引っ越しは可能か、保証人がいない場合の対応も含めて具体的にご紹介してきました。さまざまな条件を確認する中で、自分が満たせそうな条件を見つけることもポイントです。その中で、できるだけ良い居住環境を手に入れていきましょう。

Thumb生活保護受給者がパチンコをするとどうなる?処分や指導について調査!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ