生活保護の支給日はいつ?土日の場合や受取方法まで徹底解説!

日本で生活保護を受けている人は年々増加しています。生活保護の支給日はいつなのか知らないと生活保護が受け取れない可能性もあります。生活保護の支給日はいつなのか、支給日が土日の場合や受け取り方法などについてご紹介していきます。

生活保護の支給日はいつ?土日の場合や受取方法まで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 生活保護の支給日や受け取り方法を知っておこう
  2. 生活保護の支給日はいつ?毎月決まっている?
  3. 生活保護の支給日が土日や休日の場合
  4. 生活保護の支給日の受け取り方法・銀行振込も?
  5. 生活保護の支給日に受け取りに行けない場合
  6. 生活保護の支給日や受け取り方法まとめ

生活保護の支給日や受け取り方法を知っておこう

生活保護を受けなければ生活できないという人は沢山います。生活に困窮に申請している人は年々増加しています。生活保護は誰でも受け取れるという訳ではなく、しっかりと面談や家庭訪問などで調査した上で決定されます。その生活保護の支給について知らない人も沢山います。生活保護の支給日や受け取り方法についてご紹介していきます。

Thumb生活保護と年金は両方受給できる?それぞれの支給金額を徹底比較!

生活保護の支給日はいつ?毎月決まっている?

日本で生活保護を受けている人は沢山います。身体に障害がある人や子供を抱えている人などは安定した生活をするだけの収入を得ることが困難という人もいます。保護を受けるのにも条件があるため、生活保護を受けられたからと言って、全てがメリットになるわけではありません。生活保護の支給日はいつなのか、毎月決まった日に支給されるのかについてご紹介していきます。

支給日は毎月1日から5日の間?

生活保護の支給日は地域によっても異なりますが、5日に設定されているところがほとんどです。毎月受給額がどれくらいなのかというのは、支給される前に事前に封書で通知が届きます。生活保護法の中には保護金品の支給方法という項目があります。その項目によれば、生活保護の支給は遅くても5日以内に設定するべきということで1日から5日までと決まっています。

地域によって違う?

自分が住んでいる地域によって毎月の支給日は異なるので、福祉事務所で申請の際に確認しておくとよいでしょう。基本的に5日と決められているところがほとんどです。5日でなくても毎月1日から5日までには支払われます。例えば、東京都足立区では毎月3日、名古屋市は1日、深谷市5日、札幌市1日、京都市4日とそれぞれ日にちが違うことが分かります。

Thumb生活保護受給中でも車を所有するための条件まとめ!名義変更は必要?

生活保護の支給日が土日や休日の場合

最近では、高齢者が生活保護を受けているのではなく、若者も生活に困窮し生活保護を受けているという実態があります。健康な若い人の場合は、働けるのではないかということから生活保護を受けられない可能性があります。受けられたとしてもいろんなことが制限されてしまうため、普通の生活ができなくてなってしまいます。生活保護の支給日が土日や休日の場合はいつ支給されるのかについてご紹介していきます。

土日になる場合

例えば毎月の支給日が5日だとします。5日が土日や祝日の場合は、月曜日に支給されるのかという疑問を持つ人が居ます。生活保護支給日が土日の場合には、前倒しして支給されるので、金曜日に支給されることになります。1日でも同じです。毎月1日が支給日なのに土日となっている場合には、前の月の月末金曜日が支払日となります。窓口での受け取りの場合は、前倒し支給についても覚えておくとよいでしょう。

ゴールデンウィークの場合

ゴールデンウィークは長いですし、休みが終わるまで支給されないの?と不安に思う人もいますが、考え方は土日と同じです。ゴールデンウィークが始まる前に支給されます。お金を支払うという場合は、休み明けになりますが、基本的にお金を受け取るといった場合には、休みの前に受け取ることができます。

年末年始の場合

毎月1日が支給日の地域は、1月1日に本来なら受け取るはずですが、1月1日は役所がお休みのため受け取ることができません。そのため、前倒しで支給されます。地域によって役所の年末年始は異なるため、役所が休みになる前に1月分の生活保護は支給されます。

Thumb生活保護の受給条件まとめ!収入や貯金がある人は申請できない?

生活保護の支給日の受け取り方法・銀行振込も?

生活が苦しく生活保護を受けることを考えている人もいるかも知れません。生活保護を受ければ生活が楽になるかもしれませんが、沢山の制限があります。生活保護の支給日の受け取り方法について分からない人もいるかもしれません。生活保護の支給日の受け取り方法は銀行振込や手渡しもできるのかについてご紹介していきます。

受け取りは銀行振り込みか手渡しに

生活保護費の受け取り方法は、銀行への振込か窓口での手渡しになります。生活保護の支給方法は基本的に自分で選択することができます。申請時に決めた方法でも、途中で変更することも可能です。支給方法の変更はケースワーカーに相談すれば手続きを行ってもらえます。

銀行振り込みになる場合

銀行振込の場合は、窓口にわざわざ行く必要がないので楽です。しかし、生活保護費の支給日と金融機関とで調整が入るため、手渡しで受け取るよりも遅れてしまう可能性もあります。窓口で手渡しで受け取る方法では5日に支給されたのに、銀行振込の場合は10日になってしまうこともあります。早く受け取りたいという人は窓口で受け取ることをおすすめします。

手渡しになる場合

手渡しの場合には福祉事務所の窓口へ直接行き、受け取ることになります。その際には、印鑑が必要なので必ず持参していくようにしましょう。忘れた場合には受け取ることができません。地域によっては印鑑ではなく、持参物が異なる場合があります。受け取りに行く前に何が必要なのか確認してから行く様にしましょう。

生活保護の支給日に受け取りに行けない場合

生活保護費は、銀行振込や窓口での受け取りになります。銀行振込の場合には、勝手に銀行に支給されるので受け取りに行けないなどの心配がありません。しかし、窓口での受け取りの人は支給日に福祉事務所まで行かなくてはいけません。生活保護の支給日に受け取りに行けない場合にはどうしたら良いのかご紹介していきます。

支給日から遅れても受給は出来る

生活保護の支給日の受け取り方法には、銀行振込と窓口での手渡しの2つの方法があります。銀行振込の場合は、支給日に銀行へ振込まれるため、支給日に受け取れないという事は基本的にありません。しかし、受け取り方法を福祉事務所の窓口で手渡しと選択した場合には、福祉事務所までいかなければいけません。

手渡しの場合には、自分で支給日に伺うため遅れてしまう可能性もあります。支給日に体調を崩してしまったり、急遽就職の面接が決まったりと行けない場合もあります。支給日よりも就職の方が大切なので、支給日に受給できなくても仕方ありません。支給日に必ず福祉事務所に行かなきゃと思っている人も多いですが、必ずその日に行かなければいけないというわけではありません。

どうしてもいけない場合もあるため、数日遅れても生活保護が支給できなくなるということはありません。1週間程の遅れは福祉事務所も待ってくれます。遅れる際には、必ず福祉事務所へ理由を説明するようにしましょう。

連絡がなければ支給取り消しになる場合も

1週間をすぎ1ヶ月経っても生活保護の支給日に受け取りに来ない人もいます。そう言った場合には、生活保護費がなくても生活できていると判断されるため、生活保護費が受け取れなくなってしまいます。生活保護費は1週間以内に受け取りにいくようにし、何らかの理由で1週間以内に受け取れない場合には、ケースワーカーに受け取りに行けない理由を伝えるようにしましょう。

Thumb生活保護のメリット・デメリットを徹底解説!制限や規制は多い?

生活保護の支給日や受け取り方法まとめ

生活保護の支給日や受け取りの方法などについてご紹介してきました。生活保護の支給方法について知らない人も沢山います。生活保護の支給日には銀行振込か窓口までいき直接受け取るという2つの方法があります。福祉事務所へわざわざ伺うというのが大変という人は銀行振込を選択するとよいでしょう。

窓口での支給の場合、支給日から1週間以内には受け取りに行く様にしましょう。何の理由もなく、1ヶ月以上遅れてしまった場合には、生活保護の支給ができなくなってしまう可能性もあります。生活保護は、生活に困窮している人が受けることができるため、受け取りに来ないという事は生活保護費がなくても安定しているととらえられてしまいます。理由があっていけない場合には、ケースワーカーに相談するようにしましょう。

Thumbニートの末路を実話を元に徹底調査!高齢者は生活保護が多数で悲惨?

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ