起業したい人向けのやるべき事とは?主婦やお金がない人も必見!

起業したい人は少なくないと思います。実際起業するとなると人生の中でもかなり大きな出来事です。明確なビジョンがないと成功は掴めません。ここでは起業する人のきっかけやおすすめの業種などを紹介していきます。起業したいとお考えの方は是非参考にしてください。

起業したい人向けのやるべき事とは?主婦やお金がない人も必見!のイメージ

目次

  1. 「起業したい」とお考えの方へ
  2. なぜ?起業したいと考えるきっかけ
  3. 実際何をすればいい?起業したいけど
  4. 会社員でも「起業したい」は可能?
  5. 起業したい主婦の選択肢とは?
  6. 増加する「起業したい」大学生
  7. そもそも起業したい理由は?
  8. 起業したい!でもお金がない?
  9. 資金調達の手段とは?起業したい時の助け舟!
  10. まずは!起業したい人へのセミナー参加
  11. 支援機関の存在をご存知?起業したい人の力になる?
  12. 起業したい方におすすめ!地方での起業
  13. おススメ!起業したい方はネットビジネスも!
  14. ストックを狙う!サービス業で起業したいなら
  15. これは重要!起業したいときのアイデア
  16. 起業したい女性へ!「ローリスク起業」とは
  17. 起業したいときフランチャイズの可能性は?
  18. どっち?起業したいが法人と個人の違いは?
  19. 会社の設立方法は?法人で起業したい場合
  20. ここにヒントがあるかも!起業の成功事例
  21. 起業で仲間は必要か?目的を明確にしよう
  22. ご注意!起業する際、やりたい事とできる事は違う!
  23. 起業しやすい今の日本で何をするか

「起業したい」とお考えの方へ

26872183 331185677374317 2643376766655135744 n
takuya19830920さんの投稿

起業したいと考えている方は多いと思います。最近では女性で元主婦でしたという方もいるほどです。自分のしたい仕事を自分のやりたいように出来る事が叶えば確かに理想です。しかし起業するにはお金が必要となります。ここでは起業をするための資金を多くの人はどうしているのか、おすすめの職種はあるのかなど、起業したい方のアイデアに繋がるような内容を紹介します。

なぜ?起業したいと考えるきっかけ

26865941 539145426451082 1188037526586130432 n
demura.yoshiakiさんの投稿

起業というと、自分の思ったように仕事ができるだったり、成功すると大きな収入を得れるなど、プラスの要因を想像してしまいます。しかし、逆に失敗してしまうと自己破産なども想像できます。人生を大きく左右するいわばギャンブルにも近い事ですが、なぜ、起業を実際にした人は「起業したい」となったのでしょうか。

主婦や女性では、子育てが一段落して起業したいと思い、自分の得意分野で勝負しようと起業する人が多いみたいです。最もイメージしやすいところでは、昔から料理が好きでいつかは自分の店を持つという夢を実現した人ではないでしょうか。あとは、女性でもシンプルに稼ぎたいと思ったからという人も多いです。きっかけは様々ですが稼ぎたいというのが共通点のようです。

実際何をすればいい?起業したいけど

26864321 152313478821966 8948933419165810688 n
ohisamayoko_projectさんの投稿

実際に起業したいと思い、気合は十分なもののいざ行動に移そうとしても何をしたらいいのかわからない人が多いでしょう。起業したいと想いだけで突っ走ってしまっては危険です。まずしっかりと目標を立てましょう。目指す年収、年商、社員数など色々と考えてください。そして実際に起業をした人の話を聞くことが大切です。出来るだけ多くの人の話を聞き吸収してください。

起業家が開催しているセミナーへの参加もおすすめです。あと、アイデアを多く出します、要は選択肢を広げるのです。その中からベストな物を選択してください。成功している人に多いのは副業にしていたことで起業した人です。すでに繋がりがあったり、その副業で収入を得ている場合は起業しても強いといわれています。しかしその場合でもビジョンを明確に持っておきましょう。

会社員でも「起業したい」は可能?

26869811 181133195822937 4182190169295683584 n
stabiz_yokouchiさんの投稿

起業をすること自体は簡単です。株式会社、合同会社などいくつかの企業形態はありますが、会社を設立するだけであれば、書類作成をして申請をするだけで完了です。その中でも、現在会社員で、起業したい人は多いです。会社員をしながら起業の準備は大変かと思いますが可能です。重要なのはタイミングでしょう。やるべきことをやるべきタイミングで行うことが求められます。

そしてビジョンです。将来の展望を明確にできていないと失敗するケースが多いのです。成功例を参考に、良いイメージをシミュレーションして、そこから自分のオリジナルのビジョンをまとめるというのも良い方法です。この時、失敗例も見ておきましょう。そして行動力です。チャンスはそう簡単に巡ってきません。ここぞという時に動ける行動力は会社員のみならず大切です。

起業したい主婦の選択肢とは?

最近では、主婦・女性の方の起業も目立ってきました。主婦から起業して成功したという例を聞くことも少なくありません。女性の起業のきっかけにも多くあるのが、出産などで社会から離れ、子育ても一段落ついたタイミングでの起業です。理想の働き方を求めて起業したいという方が多いようです。元主婦や女性の方に多いのはインターネットでの輸入販売などです。

Amazonなどで海外から服など買い付けて販売している女性が多いのです。あと主婦の方に多い起業の職種でおすすめは、料理教室やハンドメイド作品の販売の制作系の職種、着付けや整理収納などの技術を伝える職種、そして多くの人がイメージしやすい、エステやアロマなどの職種です。いずれにしても起業にはお金が必要なので貯金は必須といえるでしょう。

増加する「起業したい」大学生

主婦・女性のみならず目立ってきている起業家が大学生など若い世代と女性です。在学中に起業したいと思い行動している人もいるほどです。学生起業にはメリットがあり、年上の経営者や投資家などの支援が受けやすいのは魅力のようです。会社を起業するとなると、準備に対しての時間も必要です。学生であれば時間の確保もしやすいのでメリットといえるでしょう。

26865124 143837506307186 5243484246063972352 n
chunchunrii07さんの投稿

デメリットもあり、まずはお金・資金面です。支援を受けれる場合は問題ないですがやはりぶつかる課題です。学生起業で多い問題として、学業や就職活動との両立を考えなければならないことがあります。就活をするのか、起業してそのまま卒業を迎えるのかについては多くの学生が悩むポイントでもあります。一番そこで求められるのはやはり未来像、ビジョンを持ててるかです。

そもそも起業したい理由は?

起業したい理由は様々かと思いますが、主婦の方の理由は好きな仕事で再度社会と繋がりを持ちたいというのが多いようです。学生でいうと、きっかけは出会いなどがあるようで、起業した人の話を聞いて、自分もそうなりたいと強い目標を抱く人が多いのです。職種も多く、何がおすすめとは一概にいえませんが、時代背景をしっかり見据えての起業をおすすめします。

また、職種にもよりますが家での仕事も人気のようです。主婦の方が小遣い稼ぎでしていたことが理由で起業するのも珍しくありません。この場合技術も習得しお金も同時に稼げるのでおすすめです。職種としてはライターなどが多く、女性には多い専業主婦の長所を活かしているといえます。学生はお金がないのが課題ですが、職種によっては資金0からでも出来る事もあります。

起業したい!でもお金がない?

26869902 915048795329237 1225308118909452288 n
kazogsさんの投稿

起業したい人の多くの悩みであるのが、お金・資金面です。ほとんどの事がそうですが起業するにお金が必要です。主婦の方に特に多いと思います。お金を集める方法として0円から始めれるものとしてはネットショップがあります。今や足を運ばなくても物が買える時代なので、これは今の時代にはまっている商売といえるでしょう。多くの人が顧客対象となるのも強みです。

26221953 1369017076543739 595074199966449664 n
ozouniyacchaさんの投稿

あとは、一番おもしろい今どきの起業方法は「代行ビジネス」です。代行とはその名の通り、「代わりに行ってあげる仕事」のことで、女性の家事代行などが代表的です。さらにライターなどの職種も登録さえすれば仕事は多くありますので、まずはサイトに登録することもお金がない人にとって取れる手段の一つではないでしょうか。同時にお金も稼ぐことが出来るのでおすすめです。

資金調達の手段とは?起業したい時の助け舟!

起業したいと思ってもお金・資金がなければできません。では、資金を調達、確保するために多くの人はどうしているのでしょうか。まず方法としては助成金というものがあります。これは会社を設立した法人が、国や地方公共団体、民間団体などから返済不要の給付金をもらえる制度の事です。まずはご自身の事業所のある都道府県のホームページを確認してみましょう。

そして信用金庫です。信用金庫は、主な取引先を中小企業や個人とし、地域社会の繁栄を目的とした金融機関です。そのため、株主の利益を優先する銀行と比べて、ハードルが下がります。そして日本政策金融公庫は、政府が100%出資している政策金融機関で、民間の銀行から資金調達を受けにくい中小企業や、これから起業する方などへの融資を行っています。

まずは!起業したい人へのセミナー参加

26867190 1972287236423430 4699601748413644800 n
ta_chan0727さんの投稿

起業したいがどうしたらいいのかわからないとう多くの人の為の起業セミナーというものがありますので活用しましょう。参加費が無料のセミナーも数多くありますので、ネットで検索すると出てきますので是非検索をしてみてください。良いアイデアが見つからない、お金はどうしようなど、職種は、悩み解決のヒントになるはずです。悩んでいるだけでなくまず行動しましょう。

セミナーを選ぶポイントとしては、悩んでいるポイントに焦点を絞って参加することがおすすめです。もちろん起業に関しての全般的なものもありますが、アイデアやノウハウを身につけるには職種別など専門的な方がいいでしょう。主婦などの女性向けや、学生向けなど、現在では多く分類されており参加者も増加傾向にあります。無料か有料かで良し悪しはあまり関係ないようです。

支援機関の存在をご存知?起業したい人の力になる?

17267862 389467204761969 7828701675152998400 n
raise.one.consultingさんの投稿

やはり支援は受けれるのなら受けたいものです。支援は、国などの公的機関で主に行っていることが多いです。独立行政法人中小企業基盤整備機構は、中小企業や小規模企業者を支援することを目的とした独立行政法人で、独立して創業しようという人や独立して間もない人を対象に、創業のための課題や問題点を解決するための情報提供や相談に乗ったりをしてくれます。

26867313 535558010156292 8937628889149079552 n
ss0055ss2200さんの投稿

市区町村が支援も行っていて、国から認定を受けた支援の事業計画に基づき、創業や独立に関するさまざまな支援をおこないます。具体的な支援としては悩みに対して、専門家などを巻き込んだワンストップ相談窓口を設置したり、セミナーを開催したりしています。重要なのが特定創業支援事業で特定創業支援事業による支援を受けた創業者は、継続的に支援を受けることができます。

起業したい方におすすめ!地方での起業

26320474 753605451513831 7374776116466155520 n
roots_nagoyaさんの投稿

「起業したい、上京しよう。」というイメージがありますが、実は都心で起業するよりも、地方で起業する方のメリットが大きいのでおすすめです。理由は自治体の町おこしとして参画すれば、自治体の支援が受けやすくおすすめです。地方の優秀な人材になる得る若者を雇用しやすいメリットもありますし、物価や固定費を安くすることが可能なのでおすすめです。

26867975 255658911635297 5801796227511091200 n
careerdesignersさんの投稿

おすすめポイントは、地方が若者を呼びこむために、土地や建物を無償で提供するなど起業したい方のニーズを満たしてくれることです。地域によっては農業の就業者に800万円の奨励金を支給、最高500万円の創業資金を提供など各種サービスがある場合もあります。地方であれば、お金がかからずに済むケースもありますし、地域が起業したいという気持ちを応援してくれます。

おススメ!起業したい方はネットビジネスも!

26306771 1972720892998744 4773125309278978048 n
kuali.animalsさんの投稿

まず、起業したいと考えた時に元々いろいろアイデアがあるか、起業したいと思ったときからアイデアを考え始めるでしょう。多くの人はこの起業したいと考えたときに、自分の憧れの仕事、自分がやりたいこと、自分の好きなことを中心に考えます。この後、実際に起業までして多くの人はある程度収入を得ることができるようになりますが、時間に追われ楽しくありません。

もしくは仕事は楽しいけど、全然利益が出ないという事態になってしまうことが多いです。まず、やりたいことよりも自分にできることを考えましょう。また、始めやすいものとしては、小資本で始められるものや、利益率が高いもの、在庫を持たないもので、定期的に収入になるものがおすすめです。おすすめの職種はネットショップなどのネットビジネスです。

Thumb起業するならおすすめの業種は?成功するポイントやアイデアも紹介!

ストックを狙う!サービス業で起業したいなら

26154859 1669022393135832 5836054540226396160 n
m._hartaさんの投稿

ネットであれば、小資本で始められますし、自分のアイデアを活かしやすいです。最近ではインフラとまで言われるSNSも活用しやすいことから、広告・宣伝、集客もしやすいです。ネットビジネス・自分のアイデア(できること)を組み合わせたものがおすすめです。もう一つおすすめなのが、ストック型のビジネスです。起業する際の一番の不安は収入があるかどうかです。

26863440 146109742764839 8274363471949201408 n
balinaturalcyclingtourさんの投稿

先程のネットビジネスとの組み合わせもいいと思いますが、サービス業でお客様との報酬の契約を月額制にするというものです。限定されますが、習い事の先生を月謝制でやることや、コンサルタントやコーチなどの相談料などが該当します。ストック型のアイデアであれば、安定した収入への計画が立てやすく、ある程度顧客がいれば、いきなり収入がゼロになることも少なくなります。

これは重要!起業したいときのアイデア

26866557 186960081897150 3678838874290782208 n
recolte38さんの投稿

起業したいと思っても、今の世の中であれば選択肢は無数にあります。その分ニーズがあるようなアイデアを出していかなければなりません。アイデア案自体も多く発信されているので、そこからできそうなものをピックアップすると良いでしょう。もしくはやりたいことをどうやったら利益が出るようにすることもアイデア出しの重要なポイントで、出し続けなければなりません。

もしくは起業のアイデアを販売するというアイデアもいいかもしれません。1つのアイデアとしては、自分がサポートできそうなアイデアを販売します。興味を持ってくれた方がアイデアで起業してサポートをします。利益が出たときにコンサルタント料金を毎月貰うというものです。アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせとよく言われますが、その新しさとは自分のことです。

起業したい女性へ!「ローリスク起業」とは

実は最近では女性・主婦で起業したいという方が非常に増えてきています。要因もお金が欲しいというものが多いようです。特に主婦の方であれば「家事と育児の合間にお金を稼ぎたい」「お金を稼いで家計のプラスにしたい」という声が多いです。また、ローリスク起業という言葉が浸透してきており、生活に合わせ、自分のスキルや経験、知識を活かして起業・仕事をすることです。

28152627 2030067370354233 3464634119206469632 n
yui.hokazono.waさんの投稿

女性や主婦が起業を諦めてしまうのも、家事や育児との両立が難しいからです。ローリスク起業であれば、良くも悪くも自分次第なので、自分のペースに合わせて仕事ができますし、女性でも自分の専門性も活かすことができます。デメリットとしては、認知してもらうのに時間が非常にかかる点です。職種もサービスを知ってもらうことが第一になりますので時間がかかります。

起業したいときフランチャイズの可能性は?

26283997 1574646392584125 3303060146770411520 n
tetsuhirokawanoさんの投稿

起業したいと思ったときに、一度はフランチャイズで起業を考える方も少なくないでしょう。フランチャイズで起業する際もメリット・デメリットがあります。大きなメリットは、知名度が高い企業のフランチャイズであれば、ブランド力があるので広告宣伝費を削減できますし、マニュアル等のノウハウが蓄積されているので成功しやすいことです。また開店の速さもメリットです。

デメリットは、初期費用が高いことです。企業にもよりますが、相場は300万円と言われています。また同様に本部に支払うロイヤリティも高いので、実際の売上が良くてもロイヤリティ分を引くと利益は少ないということもあります。途中でやめると違約金が発生する場合もあります。さらに多店舗展開しているブランドであれば、近隣に同じチェーン店が出店することもあります。

どっち?起業したいが法人と個人の違いは?

26286206 172710246826647 4291393793015414784 n
tetsuhirokawanoさんの投稿

起業したいと思ったときに、個人事業主と法人の2つから選ぶことができます。個人事業主のメリットは手続きが非常に簡単な点が1つ目です。個人事業主の開業届けを出すだけです。デメリットとしては確定申告を自分で行わなければなりません。またその際の控除額や節税対策も法人と比較すると僅かです。職種にもよりますが、法人としか取引をしない会社もあります。

法人のメリットは税金や信用面です。個人事業主は売上から経費を除いたものに税金がかかりますが、法人の場合、売上から経費と経営者の報酬を引いたものに税金がかかるのでお得です。デメリットとしては各種手続きが煩雑で大変ということです。独立後の売上の見込が低い場合は個人事業主として、ある程度の売上が見込める状態であれば法人として起業すると良いでしょう。

会社の設立方法は?法人で起業したい場合

26398688 192446494673035 8314198653669474304 n
tetsuhirokawanoさんの投稿

法人として起業したい場合の方法を紹介します。起業するアイデア・計画は既に固まっているものとすると、最初はまず資金集めです。自己資金で賄えるものであれば不要ですが、店舗を構える場合は初期費用が必要になるので資金を調達します。資金が調達できたら、様々な手続きを行いますが、その前に定款(事業目的や会社名、所在地など)を決めることが必要です。

その後は定款に押印する必要があるので、印鑑を作成します。一般的に印鑑は、法人実印・銀行用の印鑑・角印が必要になります。次に資本金の払い込みをします。出資者が自分以外にいる場合は、出資者の住所と印鑑証明が必要です。最後に公証役場で定款の認証をしてもらい、法務局に提出後に認可が行われれば、会社の設立です。また設立後に社会保険などの手続きが必要です。

Thumb起業するにはどういう手続きが必要?会社設立までの方法を解説!

ここにヒントがあるかも!起業の成功事例

26866086 199503510629204 9142511061235138560 n
ta_chan0727さんの投稿

実際に起業して上手くいきやすい例は「隙間産業」です。起業したいと思ったときの基本のアイデア勝負です。先程の、既存の要素の新しい組み合わせがアイデアになりますが、その発想が誰も思いつかなかったことと、需要がある「あったらいいな」というものかどうかが重要です。うまくビジネスとして起業できれば市場を独占できる可能性もあります。

例えば隙間を狙ったビジネスの成功例でいえば、アパレル業界の「大きいサイズの専門店」などです。通常、アパレルショップの場合、小さなサイズから大きなサイズまで取り揃えていますが、凄い大きなサイズはなかなか置いていない場合が多いです。そこに目をつけ専門店化することで人気になり、ビジネスとして成功したということです同様に隙間を狙えるアイデアを考えましょう。

Thumb起業家タイプってどんな人?成功する性格や特徴を徹底調査!

起業で仲間は必要か?目的を明確にしよう

26868647 191354578121125 1168823655380025344 n
machinaka.biz.aobaさんの投稿

起業する際の目的は人それぞれです。どんな職種にするかということも大事ですが、この目的をどう達成するかが非常に大事です。成功している人の多くはこの目的やビジネス自体に共感した強い仲間がいます。仲間の存在があることで高いパフォーマンスを発揮できるのでビジネスも上手くいきやすいですし、資金面での負荷も一人当たりは軽減されます。

仲間と呼ぶかは難しいですが、複数人で起業するメリットもあればデメリットもあります。ネットで知り合い、顔も見たことないのに起業した方も聞きますし、若い方や主婦同士や女性同士で気軽にあつまってサークル感覚で起業し、すぐ撤退という話しも聞きます。また一番多いのは金のトラブルです。成功するのに仲間は大きな要因ですが、知り合いと仲間は違うので注意しましょう。

ご注意!起業する際、やりたい事とできる事は違う!

26265260 398509693937537 1305442240033718272 n
tetsuhirokawanoさんの投稿

したいことと、できることは違います。目標を持つこと、そしてそれに向かって進むことは大切です。しかし現実を見る事も大切です。したいことを明確にしてそれを達成できなかった場合、本当にそれがやりたいことだったのかを再度問いかけてみてください。本当にしたいことなのか、そうなのであれば何が足りなかったのか分析をすることが必要です。

26155649 324468728059173 4985233342933762048 n
tetsuhirokawanoさんの投稿

人間誰でも得意不得意があります。したいこととできることの違いはゴールと過程の違いではないでしょうか。ゴールはしたいことで、描いている理想です。できることというのはゴールに向かう中での過程でしなければならないことだと思います。今できることを精一杯やる。するとしたいことに繋がると考えてください。それぞれ考え方はありますが、どの職種でもいえる事でしょう。

起業しやすい今の日本で何をするか

26864541 1722772661117752 6397302033036083200 n
tetsuhirokawanoさんの投稿

最近では主婦や女性の方の起業も増えてきています。起業したいと思った理由もお金がないことが多いようです。どのような職種にするかも全ては自分のアイデア次第です。ありがたいことに起業に関しての情報や手段はいくらでもあります。大事なことは目的です。目的を達成するためにアイデアを出し、しっかりと計画を立てて起業までの行動を取ると良いでしょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ