ビューカードの年会費の比較!おすすめやポイント還元率を解説!

JR東日本のグループ会社である株式会社ビューカードが発行しているクレジットカードがビューカードですが、種類がいくつもあります。それぞれ年会費が違うので、どれを選ぶか迷うでしょう。そこで、年会費やメリット・デメリットの比較を通しておすすめのカードを考えてみます。

ビューカードの年会費の比較!おすすめやポイント還元率を解説!のイメージ

目次

  1. ビューカードの年会費の比較
  2. ビューカードのおすすめやポイント還元率
  3. ビューカードはSuicaに最適なカード
  4. ビューカードのキャンペーン
  5. ビューカードのメリット・デメリットをカードごとに比較
  6. ビューカードの会員限定割引
  7. ビューカードは使い方や地域で使い分ける
  8. ビューカードの年会費の比較まとめ

ビューカードの年会費の比較

ビューカードは年会費が必要?

出典: https://www.jreast.co.jp

一口にビューカードといっても種類が多いので、どのカードに年会費がいくらかかり、どのカードなら年会費が無料であるのか簡単には説明できませんが、基本的には年会費がかかると見ておいたほうがいいでしょう。その年会費も安いものから高いものまであり、比較してみないとどれがおすすめなのかは一概には答えられません。

ビュースイカカードとルミネカードは年会費が違う

出典: https://www.jreast.co.jp

たくさんあるビューカードのうち、Suica機能と定期券機能が付いたビュー・スイカカードとルミネカードの年会費がどうなっているか、違いを比較してみましょう。ビュー・スイカカードの年会費は477円(税抜)で、家族カードの年会費も同じです。一方、ルミネカードの年会費は953円(税抜)ですが、家族カードはなく、年会費を考える必要はありません。ただし、ルミネカードは初年度年会費が無料なので、少しお得感があります。

年会費無料のビューカードとは?

出典: http://imimatome.com

ビューカードには、初年度年会費無料というカードがいくつかあるものの、永年年会費無料というカードは少ないです。しかし、ないことはないので、取り上げてみましょう。まず、リボ払い専用のカードですが、ビュー・スイカリボカードがあります。リボ払いということは手数料が必要なので、年会費が無料でも負担は大きくなりがちです。それから、ジェクサービュー・スイカカードも年会費が無料です。

その他のビューカードの年会費を比較①JRE CARDなど

出典: https://card.kinri.jp

ここまでに挙げた以外のビューカードの年会費を比較してみましょう。JRE CARDの年会費は477円(税抜)なので、ビュー・スイカカードの年会費と同じです。次に、ゴールドカードであるビューゴールドプラスカードの年会費は1万円(税抜)で、家族カードは1枚目が年会費無料で2枚目以降は3000円(税抜)ですが、家族カードは最大9枚も発行できます。

その他のビューカードの年会費を比較②JALカードSuica

出典: https://www.jal.co.jp

JALカードSuicaは、JALカードとSuicaが一体となったカードで、貯まったマイルを空陸両用に使える便利なカードです。それだけ便利なら年会費も高いだろうと想像しますが、普通カードは初年度年会費が無料で、2年目以降2000円(税抜き)です。家族カードの年会費は1000円(税抜)です。ワンランク上のCLUB-Aカードの場合の年会費は1万円(税抜)で、家族カードが3500円(税抜)なので、少し高いです。

その他のビューカードの年会費を比較③ビックカメラSuicaカード

出典: https://www.jreast.co.jp

ビックカメラ、コジマ、ソフマップを利用している人が使いやすいビックカメラSuicaカードというカードがあります。年会費は初年度無料で、2年目以降477円(税抜)なので、ビュー・スイカカードなどと同じですが、ビックカメラSuicaカードの場合年1回でもカードを利用すると年会費が無料になります。つまり実質的に年会費無料がずっと続くことになります。

その他のビューカードの年会費を比較④JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード

出典: https://www.poitan.jp

JALカードSuicaのゴールドカードがJALカードSuica CLUB-Aゴールドカードです。便利なカードであるJALカードSuicaのゴールドカードなら、さぞかし年会費が高いだろうと推測されますが、その推測は当たっています。ビューカードの中では年会費が高い部類に入る1万9000円(税抜)で、家族カードの年会費は8000円(税抜)です。ゴールドカードを持てればステータスは上がりますが、その分年会費の負担も大きいです。

その他のビューカードの年会費を比較⑤大人の休日倶楽部ジパングカード

出典: https://www.jreast.co.jp

一定以上の年齢の大人が持てる大人の休日倶楽部ジパングカードというビューカードがあります。詳しいことは後で解説しますが、意外にメリットが大きく、おすすめできるカードですが、年会費は4285円(税込)で少しだけ高いです。しかし、夫婦で入会するとその年会費は7320円’(税込)となり、わずかな割引があります。メリットと年会費を天秤にかけると作るべきかどうか迷うでしょうが、決して損とは言えないカードです。

Thumbビューカードのおすすめを徹底比較!メリットは?機能や特典も豊富!

ビューカードのおすすめやポイント還元率

ビューカードのポイントは1ポイント2.5円

出典: https://www.jreast.co.jp

以前は、ビューカードの利用でビューサンクスポイントというものが貯まりました。1000円ごとの利用で2ポイント貯まり、その2ポイントが5円の価値なので実質的なポイント還元率は0.5パーセントでした。つまり、1ポイントにつき2.5円の価値があるということですが、わかりにくいせいか、ビューカードでは2018年6月28日からJRE POINTにシステムを変えました。

JRE POINTのポイント還元率は変わらない

出典: https://card.kinri.jp

ビューカードの利用1000円につき2ポイント貯まり、その価値が5円だったビューサンクスポイントに変わり、現在はJRE POINTというものが導入されていますが、ポイント還元率自体に大きな変化はありません。ビューカードを1000円利用すると、JRE POINTが5ポイント貯まり、1ポイントが1円の価値です。つまり、前と同じようにポイント還元率は0.5%ですが、ポイント還元率は同じでもこのほうが計算しやすいでしょう。

ビックカメラSuicaカードはポイント還元率がいい

出典: https://kakaku.com

同じビューカードでも、ビックカメラSuicaカードはポイント還元率がいいです。ビックカメラSuicaカードはビックカメラやコジマ、ソフマップで利用するとお得なカードですが、それ以外の店舗でもJRE POINTとビックポイントが貯まります。両方ともポイント還元率が0.5%なので、実際は1%還元です。もちろん、ビックカメラでの特典もあり、クレジットチャージしたSuicaで代金を支払うと、11.5%もの合算ポイントがもらえます。

Suica利用者におすすめカードとは?

出典: http://kousatu.com

Suica定期券を購入したり、Suicaにオートチャージしたりした場合は、ビューカードのポイント還元率が上がります。どのくらい上がるのかというと、通常の0.5%より高い1.5%になります。1000円につき15ポイント貯まる計算ですが、このポイント還元率自体はどの種類のビューカードを利用しても変わりません。ということは、Suica利用者におすすめのカードは、Suicaへのオートチャージなどの項目以外で比較する必要があります。

ポイント還元率が一番いいカードは?

出典: https://www.biccamera.co.jp

既にポイント還元率がいいカードとしてビックカメラSuicaカードを紹介しましたが、いいというよりもビューカードの中では一番です。普通に使ってもポイント還元率は1%です。しかし、SuicaにチャージしてそのSuicaでビックカメラの買い物代金を支払うと、ポイント還元率がなんと11.5%にまで跳ね上がります。ほかのビューカードと比較してもこのポイント還元率は断トツで、一番おすすめできるカードです。

ビックポイントの使い道について

出典: https://nomad-saving.com

ビックカメラSuicaカードの利用で貯まったビックポイントはビックカメラの店舗で使うことが多いですが、そのほかにこのポイントでSuicaにチャージもできます。その場合は、ビックポイントが1500でSuica1000円分になります。少し還元率が低くなりますが、それでも11.5%(ビックポイントは10%分)もポイント還元率があることを考えると、大変メリットが大きいです。

ルミネで買い物するならルミネカード

出典: https://www.jreast.co.jp

ルミネやNEWoMan、ネット通販アイルミなどで買い物をする人におすすめなのがビューカードの中のルミネカードです。これらの店舗やサイトでは、買い物代金が常時5%割引になります。それだけではなく年に数回ですが、10%割引という日もあり、とてもお得です。ルミネカードの年会費は2年目以降953円(税抜)かかりますが、ルミネなどでの特典を考えると、その年会費分の元を取るのはそう難しいことではありません。

ルミネカードのポイント還元率

出典: http://imimatome.com

ルミネカードの通常のポイント還元率は0.5%なので、ほかのビューカードと比較しても全く同じです。ただし、ルミネカードの利用で貯まったポイントをルミネ商品券に交換すると、わずかながらにポイント還元率が上がります。たとえば、5200ポイントは6000円分の商品券になり、2万4400ポイントは3万円分の商品券に交換可能でお得です。したがって、ルミネをよく利用し、ルミネの商品券を購入する人には特におすすめのカードです。

Suica機能を使い倒すことが大切

出典: https://lohalib.com

ビックカメラSuicaカードを利用する場合、クレジットカード機能とSuica機能があります。両方を比較してどちらを利用するのがおすすめかというと、Suica機能のほうを主に使うべきです。というのは、クレジット機能よりもチャージ時のポイント還元率がいいことに加え、コンビニやスーパー、飲食店などで利用したポイントも貯まります。特にイトーヨーカドー、スリーエフなどでは、1%の還元があり、大変メリットが大きくなります。

Thumbビューカードのポイント交換をお得にする方法とは?還元率も調査!

ビューカードはSuicaに最適なカード

Suicaへオートチャージできる

出典: https://www.jreast.co.jp

ビューカードがあれば、Suicaにオートチャージができます。オートチャージとは、自動改札機にSuicaを触れさせるだけで、何もせずにチャージが自然に行われるサービスです。Suicaの利用者にとって残高不足は一番困る問題ですが、オートチャージを設定しておけば、残高が一定以下になったときに指定の金額が自動的に加算されます。

ビューカードのオートチャージの設定方法

出典: https://www.survive-m.com

ビューカードのオートチャージにはいくつか種類がありますが、Suica付きビューカードでオートチャージの場合を説明しましょう。新たにビューカードに申し込む人は、ネットからの場合は画面でオートチャージ設定するかどうかを聞かれるので、「はい」と答えます。郵送申し込みの場合は、「利用する」に丸印を付けます。既にカードを持っている人は、駅のATMである「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)を使って設定をします。

ビューSuicaカードの支払い方法

出典: https://www.jreast.co.jp

Suica機能が付いたカードのうち、ビューSuica(スイカ)カードの支払い方法について見ておきましょう。ビュー・スイカカードの支払い方法は豊富です。一括払い、分割払い、ボーナス一括払い、リボ払い、ボーナス払いと分割払いの併用などがあります。それぞれメリットとデメリットがありますが、自分にとって一番いい支払い方法を選びましょう。

ビューカードのキャンペーン

過去に何度も行われたキャンペーン

出典: https://matsunosuke.jp

ビューカードはキャンペーンが多いことでも知られているカードで、過去に何度も新規入会キャンペーンやすでにカードを持っている人向けのキャンペーンを行っています。例を挙げると、新規入会キャンペーンの場合、1年に何度も行われ、入会と利用でポイントがたくさん貯まるようになっています。

新規以外でもキャンペーン豊富

出典: https://creditcard-rescue.com

新規入会キャンペーン以外にもビューカードにはすでにカードを持っている人向けのキャンペーンがたくさんあります、詳しくは、ビューカードのホームページの右下にある「キャンペーン・おすすめ情報」から調べられますが、2019年3月1日現在ではこんなキャンペーンがあります。JRE MALL春のポイントキャンペーンでは、ビューカードで買い物をすると、抽選で500名に2000ポイントが当たるようになっています。

春の入会キャンペーンとは?

出典: https://www.jreast.co.jp

ビューカードでは、春になるとよく春の入会キャンペーンというものを実施します。ビューカードの種類によってキャンペーン内容は少しずつ違いますが、ビックカメラSuicaカードの春の入会キャンペーンの場合、新規入会とカード利用で最大1万8000ポイントが付与されます。どの春の入会キャンペーンも大変お得なので、ポイントが欲しい人はビューカードへの入会をおすすめします。

ビューカードのメリット・デメリットをカードごとに比較

ビュー・スイカカード

出典: https://www.etc-navi.net

ビュー・スイカカードは、ビューカードを代表するカードと言ってもよく、クレジットカード機能、Suica機能、定期券機能が付いています。ビュー・スイカカードには他のビューカードと比較して特に目立った特徴はありませんが、年会費(477円、税抜)もそれほど高くなく、手ごろなカードです。その年会費分もWeb明細利用でもらえる月50ポイントがあるので、元を取るのは簡単です。

ビュー・スイカリボカード

出典: http://kousatu.com

ビュー・スイカリボカードについてはすでに少し触れてありますが、リボ払い専用のカードです。ということは、毎月の支払額は一定になり、今後の予定が立てやすくなります。しかし、リボ払いには手数料が発生するので、最終的には損をするカードです。しかも、ビュー・スイカリボカードでリボ払いをしたとしてもポイントの特典はありません。したがって、一括で支払いができない人以外にはおすすめしにくいビューカードです。

ルミネカード

出典: https://nomad-saving.com

ルミネカードについてはすでに何度か取り上げていますが、ルミネ利用者にはメリットの大きいビューカードです。割引率が5~10%というのは魅力たっぷりで、買い物代金の節約ができます。しかし、いくらルミネでお得であると言っても、それ以外の店舗では割引をはじめ目立ったメリットはなく、ルミネと関係がない人にはおすすめができないビューカードです。

JALカードSuica

出典: https://nekocre.com

年会費の比較のコーナーで取り上げたのがJALカードSuicaですが、JALカードとSuica機能の二つの側面があります。ただし、定期券機能は付いていないので、仕事で通勤に利用する人には不便です。ただ、JALカードとビューカード共通の特典があり、その点ではお得です。

ペリエカード

出典: http://oshirabe-top-master.com

ペリエカードは、千葉県にあるペリエで利用できるビューカードです。ペリエにはいくつか支店がありますが、ペリエカードでボーナスポイントがもらえたり、お誕生月バースデープレゼント企画があったりと、ペリエ利用者ならメリットが大きいです。しかし、ペリエとは関係がない人にはメリットはありません。

アトレビューSuicaカード

出典: https://www.jreast.co.jp

アトレビューSuicaカードは、2018年7月2日からJRE CARDに変更になったので、JRE CARDのメリットやデメリットを見てみましょう。JRE CARDは、Suica・定期券なし、Suica付、Suica定期券付の3種類から選べるようになっています。用途に応じて自分に合ったものを選ぶといいでしょう。それから、JRE CARDを駅ビルやJRE MALLで使うと、ポイント還元率が3.5%になります。ただし、ポイントは1000円ごとに貯まります。

ジェクサービュー・スイカカード

出典: http://kousatu.com

JR東日本のフィットネスクラブ「ジェクサー」に加入するには、ビューカードが必要です。フィットネスクラブに加入するのにビューカードが必要というのも面倒ですが、ビューカードを持っていなければ代わりにジェクサービュー・スイカカードを作らなければいけません。これまた面倒な話ですが、「ジェクサー」の会員がこのカードを持っていると年会費は無料となります。しかし、あまりメリットのあるカードとは言えません。

ビューゴールドプラスカード

出典: http://imimatome.com

ビューゴールドプラスカードは、ビューカード初のゴールドカードです。ゴールドカードだけに年会費は1万円とやや高いですが、それだけの特典やメリットはあります。いくつか例を挙げると、入会時の利用可能枠が80~200万円と高めです。また、年間100万円以上利用すると、JRE POINTが1万ポイント相当付与されるほか、9コースの中からお好きな特典を選べます。なお、ビューゴールドプラスカードのブランドはJCBだけです。

エスパルカード

出典: https://www.jreast.co.jp

ビューカードのラインアップにあったエスパルカードもアトレビューSuicaカード同様JRE CARDに変更になりました。変更になったということは、特典やメリットも変更になったのかというと、そんなことはありません。これまで通り、エスパルでの買い物時のポイント還元率は3倍です。また、ホテルメトロポリタン仙台や山形の宿泊料金も10%OFFです。ただ、ポイントが3倍たまるお店がJRE CARD優待店に広がり、使いやすくなりました。

大人の休日倶楽部ジパングカード

出典: https://kakaku.com

同じビューカードでも少し長い名前が付いたカードが大人の休日倶楽部ジパングカードです。このカードは、男性満65歳以上、女性満60歳以上から利用できるカードで、まさに大人向けです。年会費は4285円(税込)ですが、夫婦で入会するとその年会費が7320円(税込)になります。大人の休日倶楽部ジパングカードにはメリットがいくつもありますが、そのうちの一つがJR東日本線・JR北海道線の切符が何度でも30%OFFになることです。

大人の休日俱楽部ミドルカード

出典: http://kousatu.com

今度も同じ大人の休日倶楽部という名称が付いていますが、ミドルカードの紹介です。大人の休日俱楽部ミドルカードは、男性が満50歳から64歳、女性は満50歳から59歳の人を対象にしたビューカードで、年会費は初年度無料、2年目以降2575円(税込)となっています。ただ、年1回家族旅行をすると、年会費が割引なります。また、こちらのカードでは、JR北海道とJR東日本の切符がジパングカードほどではないものの5%OFFです。

ビックカメラSuicaカード

出典: https://shamojioil.com

ビックカメラSuicaカードはおすすめのビューカードの筆頭格で、そのメリットも大きいですが、それについてはすでに紹介したのでデメリットについて説明しましょう。まず、ポイントは1000円ごとに貯まるので、999円までの買い物ではポイントがつきません。次に、定期券とSuicaを一体にできないので、定期券を別に購入する必要があり、やや面倒です。また、ETCカードが有料で、年会費477円(税抜)かかります。

フェザンカード

出典: https://www.jreast.co.jp

フェザンカードもJRE CARDに変更になったカードの一つですが、フェザンカードの特典はJRE CARDでもそのまま使えます。たとえば、フェザンでの買い物ではポイント3倍、フェザン館内で1000円以上買い物をすると、立体駐車場が2時間無料などの特典はこれまで通りです。カード変更による手続きは必要ありませんが、フェザンカードの有効期限が来ると、新しいJRE CARDが送られてきます。

weビュー・スイカカード

出典: https://www.jreast.co.jp

JRE CARDに変更になった(統合と言ってもいい)ビューカードをいくつも紹介してきましたが、weビュー・スイカカードもその仲間です。やはり、これまでのメリットや特典はそのまま生きています。エクセルやエクセルみなみでの買い物ではポイント3倍、決済金額が1万円以内ならサインの必要がない点などです。いずれにしろ、JRE CARDのほうがもとのカードよりも利便性が高く、利用者思いのビューカードとなっています。

年会費やポイント還元率だけではないメリット・デメリット

出典: https://nekocre.com

ここまで、各ビューカードの種類ごとのメリットやデメリットを見てきましたが、年会費やポイント還元率以外にも比較すべき点はたくさんあります。それらを見たうえで、どのビューカードを選ぶべきか選択しなければいけません。ただ、ここで紹介したメリットやデメリット以外にも重要な情報はあるので、ビューカードのホームページなどで確認をしておいてください。

ビューカードの会員限定割引

ホテルの割引

出典: https://www.jre-hotels.jp

メトロポリタンホテルズ、ホテルメッツ、ホテルニューグランドなどのJR東日本グループのホテルでビューカード決済をすると、ホテルの宿泊代金が20%割引なります。ホテルの宿泊代金というものは決して安くはないので、この割引率はとても助かります。それから、宿泊代金だけではなく、直営のレストランやバーの代金にも割引が適用されますが、その率は10%です。

レンタカーの割引

出典: https://ja.wikipedia.org

JRグループに属するレンタカーサービス店が駅レンタカーです。JR東日本の駅近くにもこの駅レンタカーのお店がありますが、ビューカードで代金の支払いをすると、10%割引になります。駅から簡単に移動ができて、割引も適用されるのなら、駅レンタカーのメリットは大きいです。

レジャー施設の割引

出典: https://travel.navitime.com

ビューカードを利用すると、レジャー施設でも割引を受けられます。たとえば、GALA湯沢スキー場では、場内リフト券(1日・2日券)の10%割引、場内ショッピングの10%割引などの特典があります。そのほかにも割引が受けられる施設はたくさんあり、お金も節約できて、楽しい時間も過ごせてといいことがいろいろあります。

引っ越しサービスの割引

出典: https://tanshingood.com

ビューカードで引っ越し代金を支払うと、割引がされるサービスもあります。アート引越センターの場合は、基本料金が20%OFFで50枚の段ボール付き、サカイ引越センターの場合は基本料金が25%OFFで、やはり50枚の段ボール付きです。引っ越し代金はばかにならないので、ぜひこの割引特典を利用しましょう。

飲食代の割引

出典: https://www.jreast.co.jp

飲食代の場合は、ビューカードを提示するだけで割引になる場合があります。割引が適用されるお店は多いですが、いくつか取り上げると、新宿中村屋レストランでは生ビール、グラスワイン、コーヒー、紅茶、ウーロン茶のいずれかを1杯サービス、目黒雅叙園では飲食代が平日15%OFF、休日10%OFFとなっています。

外貨両替の割引

出典: https://www.jreast.co.jp

ビューカードにはユニークなサービスがあり、外貨両替で割引が受けられます。対象となる外貨両替センターは、JR品川店とJR仙台店で、3万円以上外貨両替をすると、両替レートがお得になるようになっています。外貨両替をどこでしようか迷う人も多いですが、ビューカードがあるならこれらの店舗を利用してみるのも悪くはありません。

年会費が安くても割引は受けられる

出典: https://www.jrerl.co.jp

ビューカードには年会費が高いものから安いものまでありますが、年会費が安いカードでも割引特典は受けられます。したがって、割引特典目当てでビューカードに入会する場合、無理に年会費が高いカードを選ばなくても大丈夫です。

ビューカードは使い方や地域で使い分ける

関東エリアは使う店舗で決める

出典: https://ja.wikipedia.org

関東エリアにはさまざまなお店がありますが、このエリアに住んでいる人は、使うお店でどの種類のビューカードを選べばいいか決めるといいでしょう。たとえば、ルミネを利用する機会が多い人はルミネカード、アトレへよく行く人はアトレビューSuicaカードの後継カードであるJRE CARD、ビックカメラやコジマで電気製品などを買うという人はビックカメラSuicaカードなどとすればいいのです。

仙台ならエスパルカード

出典: https://www.fashion-press.net

エスパルカードは、仙台にあるエスパルで特典があり、ホテルメトロポリタン仙台などで割引を受けられたので、仙台在住の人には一押しのカードだったのですが、すでに説明したようにエスパルカードはJRE CARDに変更になりました。とはいえ、エスパルなどでの特典は引き続き利用できるので、JRE CARDが次のおすすめビューカードです。

定期付のカードもある

出典: http://creditcard-now.net

ビューカードには定期券機能付きのカードがあります。通勤にビューカードを利用したい人はこのほうが便利ですが、主な定期券機能付きカードを紹介すると、ビュー・スイカカード、ルミネカードなどです。それから、JRE CARDの場合は、Suica定期券付が選択制になっているので、これを選べばいいです。

ビューカードの年会費の比較まとめ

出典: https://card.kinri.jp

ここまで、ビューカードの年会費比較、ポイント還元率、キャンペーン、メリット・デメリットなどについて解説しました。ビューカードにはたくさん種類がありますが、それぞれ年会費も特徴も違います。実際にビューカードを申し込むとなったら、それぞれの年会費やメリット・デメリットをよく考慮したうえで、どれを選ぶべきか決めましょう。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ