ウェルスナビの評判まとめ!運用実績やメリット・デメリットも!

ウェルスナビの評判についてまとめたものを、具体的にご紹介していきます。投資信託や資産運用の一環としてウェルスナビの利用者も多く、評判も増えてきています。その中でウェルスナビの運用実績やメリット、デメリットも含めて解説を進めていきます。

ウェルスナビの評判まとめ!運用実績やメリット・デメリットも!のイメージ

目次

  1. ウェルスナビの評判やメリット・デメリットを紹介!
  2. ウェルスナビとは何か
  3. ウェルスナビにはどんなメリットがある?
  4. ウェルスナビにはどんなデメリットがある?
  5. ウェルスナビの評判や運用実績とは?
  6. ウェルスナビの解約について
  7. ウェルスナビの評判やメリット・デメリットのまとめ

ウェルスナビの評判やメリット・デメリットを紹介!

出典: https://monetomo.com

ウェルスナビの評判やメリット、デメリット、運用実績などに注目をして、ウェルスナビの魅力について具体的に解説を行っていきます。ウェルスナビでは、ロボットアドバイザーと呼ばれるロボットを活用して資産運用していくことでも注目を集めています。メリットやデメリットを含めて理解を深めていき、ウェルスナビを効率的に活用していきましょう。

ウェルスナビとは何か

ロボットアドバイザーとは?

出典: https://hitori-kurashi.com

まずは、ウェルスナビとは何かといったところから確認していきます。ウェルスナビについての理解を深めていく上では、ロボットアドバイザーについて理解する必要があります。ロボットアドバイザーとは人間の代わりにロボットが最適な運用を考えて提案してくれるシステムのことです。投資判断やタイミングのサポートをする存在として期待されています。

適切な投資へ導くのがロボットアドバイザー

出典: https://coinnews.tokyo

ウェルスナビを含めて資産運用を自分の判断で行おうとすると、投資する銘柄やタイミングなどの判断を誤ってしまうことも少なくありません。そこで役立つのがロボットアドバイザーです。ロボットアドバイザーは適切な投資判断をしてくれますし、人間のように感情に左右されることもありません。より冷静な判断によって適切な投資へと導いてくれるのです。

日本でもロボットアドバイザーが注目される

出典: https://dagashiya-bitcoin.com

ロボットアドバイザーはすでに10年程度前からアメリカで注目を集めた存在となっていました。その後、日本でもロボットアドバイザーが注目をされ出してきて、ロボットアドバイザーを活用した投資手法の確立が進んできたという背景があります。ロボットアドバイザー市場は拡大を続けており、2020年には5兆円程度の市場規模になるとも言われています。

ウェルスナビもロボットアドバイザーを活用

出典: https://availability89.com

ロボットアドバイザーとウェルスナビは相互に関係しているものであり、ロボットアドバイザーの判断によって、個人投資家や機関投資家たちの資産を順調に拡大させるための手助けを行っています。実際にロボットアドバイザーを活用して資産運用をサポートしているのがウェルスナビの存在です。サービス開始後から利用者の数も拡大を続けています。

ウェルスナビの始め方やキャンペーンについて

出典: https://tomoyuki65.com

実際にロボットアドバイザーの働きやウェルスナビについて知ることで、ウェルスナビを始めたいと考える人も増えてきています。ウェルスナビの始め方やキャンペーンについても解説していきます。ウェルスナビの始め方としては、最初に無料診断を行うことがポイントです。ウェルスナビの公式サイトに行くことで、5分程度で終わる無料診断を受けられます。

6つの質問に回答する

出典: https://sin-savingmoney.com

現在の年齢や年収、金融資産や毎月の積み立て金額、資産運用の目的や株価が1ヶ月で20%下落した場合についてなど、合計で6つの質問に回答するだけで無料診断は終了となります。全ての質問に回答すると、診断結果のシミュレーションを表示してもらうことができます。その診断結果をベースにして、運用方針が決まります。無料診断は何度でも行えます。

メールアドレスとパスワードの入力へ

出典: https://kobaryoblog.com

無料診断を終えることができたら、そのままウェルスナビのユーザー登録へと進んでいきます。ユーザー登録に際してはメールアドレスとパスワードが必要となります。メールアドレスとパスワードの入力が済んだら、ウェルスナビの登録は完了です。全て合わせても10分かからずに登録することができるので、空いた時間を有効活用してみるのがおすすめです。

お得なキャンペーンもある

出典: https://monetomo.com

スマホやパソコンがあればいつでもどこでも簡単に登録することができるウェルスナビですが、お得なキャンペーンについて知っておくこともおすすめです。ウェルスナビは月間でお得なキャンペーンを行っており、キャッシュバックなどを受けることも可能です。月ごとにキャンペーンの内容が変わることもあります。内容を見てエントリーするのも効果的です。

条件を確認して行動する

出典: https://www.jimpei.net

ウェルスナビのキャンペーンを活用するためには、エントリーを行う必要があります。そのためには口座を開設しておく必要があるので、口座開設を済ませてからキャンペーンにエントリーすることが求められます。実際に積み立てをすることで現金を受け取れるというキャンペーンもあります。それぞれの条件を確認してから行動に移すことがポイントです。

ウェルスナビにはどんなメリットがある?

ウェルスナビのメリットを確認

出典: https://roboadvu.com

まずは、ウェルスナビやロボットアドバイザーに対する理解を深めて、実際の資産運用に対するイメージを膨らませていくことが求められます。その上で、ここからはウェルスナビにはどういったメリットがあるのかについて注目していきます。ウェルスナビには多くのメリットがあります。それらのメリットを享受して資産を拡大していくこともおすすめです。

全て自動で運用してもらえる

出典: https://shikamori-p.com

ウェルスナビのメリットとしては、全て自動で運用してもらえる点を挙げることができます。ウェルスナビではロボットアドバイザーを活用していることをご紹介しましたが、全て自動で運用するので、投資家が何かを判断する必要はありません。スタートからポートフォリオの組み直しにいたるまで、全てロボットが判断してくれるので、とても簡単です。

忙しい方でも投資しやすい

出典: https://crypto-theta.com

普段は仕事で忙しいというサラリーマンやOLの方であっても、毎月一定金額を積み立てていくだけで、自動的に資産が増えていくという感覚を得ることができます。銀行や証券会社からおすすめされる投資商品に投資をするという選択肢もありますが、ロボットアドバイザーの方がより客観的に商品を決めてくれます。資産拡大の可能性においてもメリットです。

利回り実績について

出典: https://roboadvu.com

さらにウェルスナビのメリットとして、高い利回り実績があることも挙げられます。さまざまなロボットアドバイザーの資産運用成果を調査したデータを参考にすると、ウェルスナビでは利回り実績もトップクラスの成績を残しています。最大で20%程度の利回りを出した経験もあります。それだけ高い成果を上げられていることもウェルスナビの魅力です。

手数料がシンプルでわかりやすい

出典: https://sumaraku.blogspot.com

また、ウェルスナビのメリットとしては手数料がシンプルでわかりやすいという点も挙げることができます。ウェルスナビの手数料は預かり資産が3,000万円までで年率1.0%と固定されています。また、預かり資産が3,000万円を超える部分については、0.5%の手数料です。一般的な証券会社と比較しても手数料がとても安く、効率的に資産運用をできます。

ほとんど全ての取引で手数料無料

出典: https://robot-money.net

口座開設や出金手数料、売買手数料や為替手数料といった手数料負担もなく、全て無料で行えるのがウェルスナビのメリットです。金融機関振込による入金に関しては利用者負担での手数料が発生しますが、その他の取引に関しては基本的に全て手数料が無料です。ウェルスナビへのクイック入金や自動積み立てについても手数料負担なしで行うことができます。

特定口座への対応・確定申告も不要である

出典: https://money-laboratory-ryoma.net

数多くのメリットがあるウェルスナビですが、さらなるメリットとして特定口座への対応や確定申告が不要である点も挙げることができます。ウェルスナビでは特定口座に対応しているため、年間取引報告書を証券会社に作成してもらうことができます。源泉徴収ありかなしかを選択することができますが、源泉徴収ありを選択すれば確定申告も不要となります。

セキュリティがしっかりとしていて安心である

出典: https://tony0721.com

セキュリティがしっかりとしていて安心であることも、ウェルスナビのメリットとしてご紹介することができます。ウェルスナビは大手証券会社並みの管理を行っており、セキュリティ対策も万全です。利用者の資産とウェルスナビの資産は別で管理しているので、利用者の資産は確実に保護されます。安心して投資を行えるという点でも魅力的なサービスです。

自動税金化サービスがある

出典: https://www.wealthnavi.com

また、ウェルスナビには自動税金化サービスがあるところも魅力的なポイントと言えます。「DeTAX」と呼ばれるサービスですが、税金の負担を軽減してくれるサービスのことです。含み損がある場合に資産を売却して税負担を軽減してくれるのです。DeTAX機能によって効率的な資産運用につなげることができて、なおかつ税負担も減らすことが可能です。

スマホアプリがある

出典: https://robot-money.net

さらに、ウェルスナビにはスマホアプリがあることも特徴的なメリットとしてご紹介することができます。初心者の方にも使いやすい設計になっており、視覚的にも見やすいと評判になっています。日々の運用チェックを手軽に行えるという点でも、スマホアプリには価値があります。投資のハードルを下げてくれるという点で、ウェルスナビならではの魅力です。

ウェルスナビにはどんなデメリットがある?

ウェルスナビのデメリットを確認

出典: https://roboadvu.com

ウェルスナビについて、さまざまなメリットや魅力についてご紹介してきました。メリットや魅力を把握することで、より効果的にウェルスナビを活用していくことがおすすめです。その上で、ここからはウェルスナビのデメリットに注目をして解説を行っていきます。物事にはメリットもあればデメリットもあります。双方の視点を大切にすることが賢明です。

元本割れのリスクがあり損失になる可能性もある

出典: https://tomoyuki65.com

さまざまなメリットもあるウェルスナビですが、元本割れのリスクがあるという点も理解しておく必要があります。ロボットアドバイザーの投資判断についても絶対的なものではなく、投資につきものである損失が出る可能性もあります。損失については、自分で投資を行う場合も出ることがあります。損失が出る可能性があることを理解する必要があります。

分散投資と長期投資を心がける

出典: https://chokinchokin.com

元本割れをして損失になるリスクを回避するためには、分散投資と長期投資を心がけることが大切です。ウェルスナビに限った話ではありませんが、投資においてはいかにリスクヘッジをするかが重要です。一時的に損失になったとしても再び回復すれば問題ありません。損失からの利益拡大へつなげるという意味でも、分散投資と長期投資が基本と言えます。

NISAの利用ができない

出典: https://blogger-yamato.com

元本割れをして損失が出る可能性もあることがウェルスナビのデメリットですが、NISAの利用ができないこともウェルスナビのデメリットとして取り上げることができます。ウェルスナビではNISAに非対応となっています。これは累計買い付け額が120万円を超える可能性が高く、NISAの上限に収まらないと想定されているためでありデメリットと言えます。

すぐに始めることができない

出典: https://okanesaito.com

また、すぐに始めることができないこともウェルスナビのデメリットとして挙げられます。資産運用を行うためには、本人確認などの手続きが必要でマイナンバーカードの提出など、やるべきことが多くあります。個人の大切な資産を預かるという点でも、厳重なチェックが行われるのです。したがって、やりたいと思ってもすぐに始められるわけではありません。

書類の不備などに注意

出典: https://tecomane.jp

ウェルスナビを開始するには、最短でも1週間程度かかることを想定しておくことが重要です。書類などに不備があると2週間から1ヶ月以上かかることもあるので、提出書類や記載内容については入念に確認しておく必要があります。無料登録はいつでもできるので、あらかじめ行っておくこともおすすめです。そこから徐々に投資を開始していくのも有効です。

投資は余剰資金内で行う

出典: https://setsuyakuplus.net

ウェルスナビを開始する際には、メリットだけでなくデメリットもしっかりと頭に入れた中でスタートすることがポイントです。特に元本割れによる損失には注意が必要です。投資はあくまでも余剰資金内で行うことが重要です。損失が出ると生活に支障が出るというレベルで行ってはいけません。生活費とは切り分けた中で投資を進めていくことが求められます。

ウェルスナビの評判や運用実績とは?

ウェルスナビの評判や運用実績を確認

出典: https://akilog.jp

ウェルスナビのメリットやデメリットについて、具体的に確認してきました。メリットだけではなく、損失も含めてデメリットを理解した中で徐々にウェルスナビを活用していくことがポイントです。ここからは、ウェルスナビの評判や運用実績に注目していきます。損失が出る可能性もあるウェルスナビですが、評判や運用実績はポジティブなものも多いです。

ウェルスナビを23ヶ月続けた運用実績の例とは?

出典: https://www.hibineta.com

実際に、ウェルスナビを活用して23ヶ月の投資を行った方の運用実績について確認していきます。2017年3月から2019年2月にかけての運用実績であり、頭金が100万円で、その後の毎月積み立て金額が3万円であることが前提条件です。8ヶ月を経過した2017年11月の運用実績では含み益で10万円の資産が拡大しています。かなり高い運用実績と言えます。

損失のリスクもある

出典: https://money-growing.com

さらに、1年7ヶ月を経過した2018年10月時点では、15万円の含み益となっており、高い運用実績をキープしています。しかし、2019年1月には積み立て投資金額が166万円になったのに対して、評価額が161万円と約5万円分の損失となっています。ドル円のレートが円高に振れたことが影響して損失が出ました。損失のリスクもあることがうかがえます。

23ヶ月時点ではプラスの運用実績

出典: https://money-hacker.com

最終的に23ヶ月目を迎えた2019年2月時点の運用実績については、元本を除いて10万円の含み益となっています。どの時点で資産を下ろすかにもよりますが、基本的には分散投資と長期投資を心がけることで損失のリスクを減らすことが重要です。銀行にお金を預けてもほとんど資産が増えることはないので、ウェルスナビを使って資産を増やすのが有効です。

ウェルスナビの実際の利用者の評判とは?

出典: http://kashikoku.info

23ヶ月経過した時点の運用実績はプラスとなっているのが、ウェルスナビの実態です。23ヶ月とはいわず、5年、10年、20年、30年といったスパンで長期投資をすることで、順調に資産を拡大させていくことができます。ここからは、ウェルスナビの実際の利用者の評判について確認していきます。ウェルスナビは利用者の数も多く評判も増えてきています。

初心者でも簡単

出典: https://roboadvu.com

ウェルスナビの評判としては、初心者でも簡単に資産を増やせるといった声があります。ロボットアドバイザーが適切な商品や配分を示してくれるので、素人でもわかりやすいことがウェルスナビの評判につながっています。「長期投資をしているので、短期的な結果にはこだわっていない」という声もあり、ウェルスナビを上手く活用できている人も多いです。

中長期の投資に向いている

出典: https://www.fincy.jp

過去のデータを参考にして長期投資ができるところもウェルスナビの評判につながっています。リーマンショック級の金融危機が発生しても、「長期・積立・分散」投資を後押ししてくれるウェルスナビなら、信頼して自分のお金を預けられるといった声も多くなっています。「中長期的に資産を増やしていくならウェルスナビが一番」という評判もあります。

ライフスタイルにまで影響を与える

出典: https://tony0721.com

「ロボットアドバイザーさまさまです。年間の利回りが10%を超えていてびっくりしました」など、驚きを持ってウェルスナビを称賛する声も多くなっています。20年くらいの積み立てによって一気に資産を拡大できるという声も多く、働き方にも余裕が出てきたという人も増えてきています。人々のライフスタイルにまで影響を与えてくれる存在と言えます。

多くの情報を参考にする

出典: https://miyagon.com

ネットでの口コミや評判を参考にしてウェルスナビを始めてみるのもおすすめです。また、身近な友人や知人、家族などでウェルスナビを活用している人がいれば、そういった人たちから評価を確認してみるのも効果的です。自分だけの判断では不安な点も少なくありません。さまざまな情報を集めてそれを効率的に活用することで、資産拡大につなげられます。

ウェルスナビの解約について

ウェルスナビの解約についての確認

出典: http://jibun-discovery.com

ここまでウェルスナビのメリットやデメリット、運用実績や評判について具体的に確認してきました。さまざまな情報を網羅的に整理した中で、ウェルスナビを効果的に活用していくことがおすすめです。ここからは、ウェルスナビの解約について確認していきます。損失などが膨らんで解約したいと思った場合は、その手順を理解しておくことが求められます。

解約する前に確認することとは?

出典: https://monetomo.com

ウェルスナビを解約したいと思った場合は、事前に確認しておくべきことがいくつかあります。まず、ウェルスナビを解約する前に、必ず全額出金しておく必要があります。解約してから出金しようとしても出金できないことがあるので、出金メニューにお金が残っていないか確認することです。出金に関しては、手数料無料で行うことができるので便利です。

現金化には3営業日ほどかかる

出典: https://snowball-effect.jp

また、ウェルスナビを使って自動積み立てをしている方は、積み立て投資の設定を解除することも重要です。これを忘れると、ウェルスナビを解約してもそのまま自動積み立ての機能が働いてしまう可能性があります。また、出金依頼をして現金化されるまでには3営業日ほどかかることが多いです。時間に余裕を持った状態で解約手続きを進めることが大切です。

税金がかかる可能性も考慮

出典: https://www.hibineta.com

ウェルスナビを解約する前には出金依頼をすることが重要ですが、依頼した出金額と実際に銀行口座に振込まれる金額に乖離があることもあります。それは、売却によって発生する譲渡益が関係していることもあります。投資元本に対して値上がり益が出た場合は、約20%が課税されます。売却時の取引明細は電子交付書面で確認しておくことがポイントです。

円高の場合は解約を待ってみる

出典: https://roboadvu.com

また、運用実績が悪いことや損失が拡大しているからウェルスナビを解約しようと思った場合は、一度冷静になって考えてみることもおすすめです。それは、円高が原因で損失が出ている場合です。ドルに対して円の価値が高くなっている場合、ウェルスナビの運用実績に関係なく損失が膨らむ可能性があります。その場合は、解約を少し待ってみるのも賢明です。

経済情勢を考慮する

出典: https://cryptoclip.net

一時的に1ドル110円台だったのが1ドル100円台になることもあります。その場合、再び1ドル110円台に戻ることで、利益が拡大することもあるからです。為替相場の変化によって損失が拡大している場合は、状況が落ち着くのを待ってから解約した方が手元に残るお金も増やすことができます。経済情勢も考慮しながら、解約について検討することが重要です。

ウェルスナビの解約方法とは?

出典: https://tony0721.com

事前の確認ポイントを踏まえた上で実際にウェルスナビを解約したいと思った場合は、お客様サポートから解約を申し込むことになります。ウェルスナビのお客様サポートに連絡を入れると、解約手続きに必要な書面が郵送されてきます。その書面に解約の意思や必要な情報を記入して、返送することが求められます。それで解約手続きは完了となります。

現金化の日数も考慮する

出典: https://tecomane.jp

解約手続きについては、簡単に行うことができて手数料がかかることもありません。したがって、解約したいと思ったら、まずはお客様サポートに解約したいという意思を伝えることが重要です。その前に、現金化を含めてやるべきことをやっておくことが求められます。現金化は3営業日ほどかかるので、その日数も考慮した上で手続きを進めることが賢明です。

長期投資が基本

出典: https://robot-money.net

基本的にロボットアドバイザーやウェルスナビについては、長期投資や分散投資をすることで資産を拡大していこうとするサービスです。1年や2年程度の積み立てで利益をあげようと考えるのはやや無理があります。ウェルスナビを行う場合は最低でも5年、できれば10年や20年といったスパンで行うことが賢明です。その辺も考慮しておく必要があります。

ウェルスナビの評判やメリット・デメリットのまとめ

出典: http://investorsheart.com

ウェルスナビに注目をして、ロボットアドバイザーとは何か、メリットやデメリット、評判や運用実績などについて具体的に解説を行ってきました。ウェルスナビにはさまざまな評判があるので、そうした評判を参考にして利用するか否かを決めるのも効果的です。運用実績としても魅力的な実績があるので、安心して利用できるサービスとしておすすめできます。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ