ビットコインの種類一覧!おすすめ人気の銘柄と特徴も紹介!

仮想通貨には、ビットコインをはじめとした数多くの種類があります。また、その特徴も多種多様となっているため、仮想通貨の選び方も重要となります。今回はビットコインなどといった仮想通貨の種類から、おすすめとなる人気の銘柄や特徴などについてまとめています。

ビットコインの種類一覧!おすすめ人気の銘柄と特徴も紹介!のイメージ

目次

  1. ビットコインと仮想通貨の種類一覧!特徴や違いも紹介!
  2. 仮想通貨でおすすめの人気銘柄
  3. ビットコイン取引所の選び方
  4. 国内のビットコイン取引所一覧
  5. ビットコインと仮想通貨の種類・特徴まとめ

ビットコインと仮想通貨の種類一覧!特徴や違いも紹介!

仮想通貨とは?

出典: http://bitstock.hatenablog.com

仮想通貨とは、現物を介さずに電子データのみで取引が行われる通貨のことで、世界中の人々が利用している通貨としても知られています。現在、1000を超える種類が存在していると言われており、各仮想通貨の種類によって特徴なども大きく異なってくる傾向にあります。また、近年では飲食店などといった店舗での支払い時にも、仮想通貨が利用可能となるケースが増えてきています。

Bitcoin(ビットコイン)

出典: http://virtual-currency-navi.com

Bitcoin(ビットコイン)とは、2009年に使用開始された仮想通貨のことで、さまざまな人々に利用されている通貨としても非常に有名です。現在、ビットコインの時価総額は7兆円を超えるとされており、仮想通貨市場の中でトップクラスの規模を誇っています。ビットコインにおける特徴としては、発行量が2100万BTCと定められている点や、4年ごとに迎える半減期によって報酬が半減してしまうといった特徴があります。

Dash(ダッシュ)

出典: https://bitdays.jp

Dash(ダッシュ)とは、2014年に使用開始された仮想通貨のひとつで、最近では日本国内でも人気を集めている仮想通貨としても知られています。現在、ダッシュの時価総額は700億円を上回っており、今後の動向に期待されている傾向にあります。ダッシュにおける主な特徴としては、他の仮想通貨よりも匿名性が高いといった点や、送金速度が非常に早いといった特徴が挙げられます。

Ripple(リップル)

出典: https://bitcoin-x.com

Ripple(リップル)とは、C++と呼ばれるプログラミング言語を使用して開発された仮想通貨のことで、日本国内ではビットコインに並んで高い人気を誇っている傾向にあります。現在、リップルにおける時価総額は1兆円を超えると言われており、仮想通貨市場の中で上位の規模を維持しています。リップルにおける特徴としては、処理速度の高さと取引時に発生する費用の安さなどが挙げられます。

Factom(ファクトム)

出典: https://alchembook.com

Factom(ファクトム)とは、アメリカで非常に高い人気を誇っている仮想通貨のことで、次世代を担う通貨のひとつとしても知られています。現在、ファクトムの時価総額は60億円ほどとなっていますが、今後はさらに規模が拡大すると言われています。ファクトムにおける主な特徴としては、重要な情報が記されている書類などをブロックチェーンと呼ばれる技術を用いて保管することに長けているといった点が挙げられます。

Bitcoin Cash(ビットコイン キャッシュ)

出典: https://moblock.jp

Bitcoin Cash(ビットコイン キャッシュ)とは、2017に使用開始された仮想通貨のことで、ビットコインよりも優れた処理能力を誇っているといった魅力があります。現在、ビットコインキャッシュの時価総額は2500億円ほどで推移している傾向にあります。ビットコインキャッシュにおける特徴としては、数多く存在する仮想通貨の中でも、特にビットコインとの連動性が高いといった点が挙げられます。

Augur(オーガー)

出典: https://alchembook.com

Augur(オーガー)とは、ブロックチェーンの技術を用いて開発された仮想通貨のことで、さまざまな人々の注目を集めている通貨のひとつとしても知られています。現在、オーガーの時価総額は150億円を超える規模となっており、今後はさらに人気が高まるとされています。オーガーにおける主な特徴としては、仮想通貨の中でトップクラスの公平性を保っているといった点が挙げられます。

NEM(ネム)

出典: https://cointyo.jp

NEM(ネム)とは、2015年に使用開始された仮想通貨のことで、オーガーと同様にブロックチェーンを利用して開発された仮想通貨でもあります。2019年現在、ネムの時価総額は430億円ほどとなっており、非常に安定した規模を維持し続けている傾向にあります。ネムにおける主な特徴としては、取引速度の早さやハーベストと呼ばれる方法を用いて報酬を得るといった特徴があります。

Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)

出典: https://btc-feed.jp

仮想通貨には、2015年に使用開始されたEthereum Classic(イーサリアム クラシック)という種類があります。現在、イーサリアムの時価総額は500億円ほどの規模で推移している傾向にあります。また、イーサリアムクラシックにおける主な特徴としては、スマートコントラクトと呼ばれるシステムを採用している点や、Ethashというアルゴリズムを取り入れているといった点が挙げられます。

COMSA(コムサ)

出典: https://coinzmoney.com

仮想通貨の種類のひとつとして、Zaifが運営しているCOMSA(コムサ)という通貨が挙げられます。コムサにおける主な特徴としては、2種類のトークンが設けられているといった点や、スムーズな資金調達を実現する際に必要となるICOに適したプラットフォームを提供しているといった特徴があります。

Ethereum(イーサリアム)

出典: https://okaneba.com

Ethereum(イーサリアム)とは、2015年に使用開始された仮想通貨の種類のことで、ビットコインと並んで高い人気を誇っていることでも知られています。現在、イーサリアムの時価総額は1兆円を大きく上回っていると言われており、ビットコインに次ぐ規模を維持しています。イーサリアムにおける主な特徴としては、ビットコインよりも高い機密性があるといった点が大きな特徴とされています。

Zcash(ジーキャッシュ)

出典: http://businessblockchain.org

仮想通貨の中には、Zcash(ジーキャッシュ)という種類も存在します。ジーキャッシュは第二のビットコインとも言われており、近年、数多くの人々から高い人気を得ている仮想通貨となっています。2019年現在におけるジーキャッシュの時価総額は330億円ほどとされていますが、今後はさらに規模が拡大していくと予想されています。

ADA(エイダ)

出典: https://hyip-information.com

ADA(エイダ)とは、カルダノ財団が運営している仮想通貨の種類のひとつで、日本国内における知名度はやや低い現状にあります。現在、エイダの時価総額は1000億円を上回っており、今後の動向に注目が集まっています。エイダにおける主な特徴としては、オンラインカジノで利用するために開発された通貨であるといった点や、さまざまな独自システムを取り入れて運営しているといった点が挙げられます。

Litecoin(ライトコイン)

出典: https://cointyo.jp

2011年に登場したLitecoin(ライトコイン)は、ビットコインから派生した種類のひとつとして非常に有名な仮想通貨とされています。2019年現在におけるライトコインの時価総額は3000億円ほどで推移している傾向にあり、仮想通貨市場第4位の規模を誇っています。ライトコインの主な特徴としては、値動きがビットコインにやや連動しやすいといった点や、ビットコインよりも手数料が安いという特徴があります。

Lisk(リスク)

出典: https://coinotaku.com

Lisk(リスク)とは、次世代のブロックチェーンを担う存在として、近年注目を集めている仮想通貨のひとつとされています。現在、リスクの時価総額は170億円ほどの規模となっていますが、今後はビットコインなどを脅かす仮想通貨になると期待されています。リスクにおける特徴としては、JavaScriptを使用している点や、サイドチェーンというシステムを用いてセキュリティ性を強化している点が挙げられます。

Monero(モネロ)

出典: https://moblock.jp

Monero(モネロ)とは、2014年に使用開始された仮想通貨の種類のひとつで、流動性が非常に高いことでも知られています。現在、モネロの時価総額は800億円を上回る規模で推移しており、数多くの投資家に注目されている傾向にあります。モネロにおける主な特徴としては、ビットコインには無い匿名性があるといった点や、95文字にも及ぶ文字列を用いてセキュリティ性を高めているという特徴があります。

Zaifトークン(ザイフトークン)

出典: https://alchembook.com

Zaifトークン(ザイフトークン)とは、仮想通貨の取引所としても知られているZaifが提供しているトークンのことで、初心者にもおすすめとされています。Zaifトークンにおける特徴としては、発行枚数が90億枚と定められている点や企業規模の拡大に比例してZaifトークンの価値も高まるといった特徴があります。

Thumbビットコインの仕組みを分かりやすく徹底解説!リスクや儲け方は?

仮想通貨でおすすめの人気銘柄

おすすめの人気銘柄①Bitcoin(ビットコイン)

出典: http://www.crossroad.or.jp

仮想通貨におけるおすすめの人気銘柄としては、Bitcoin(ビットコイン)が挙げられます。仮想通貨第1位の規模を維持し続けているビットコインは、数多く存在している仮想通貨の種類の中でも特に流動性が高いため、予期せぬ価格変動の際にも取引が成立しやすいといった魅力があります。しかし、ビットコインの売買には80万円ほどの資金を準備する必要があるので注意してください。

おすすめの人気銘柄②Bitcoin Cash(ビットコイン キャッシュ)

出典: https://coincheck.com

Bitcoin Cash(ビットコイン キャッシュ)も、おすすめの人気銘柄のひとつとして挙げられます。ビットコインキャッシュには、ビットコインの値動きに連動しやすいといった特徴があるため、ビットコインの動向を見極めながら取引をすることが可能となります。また、多くの取引所で取り扱っているため、自分に合った取引所の選び方ができる点も魅力とされています。

おすすめの人気銘柄③Ripple(リップル)

出典: https://coin-girls.com

Ripple(リップル)という仮想通貨も、おすすめの人気銘柄のひとつとして挙げられます。ビットコインに並んで高い人気を誇っているリップルは、アメリカにおいても大きな影響力があるとされており、仮想通貨の中でもトップクラスの安全性を維持しているため、初心者にも親しまれている傾向にあります。

おすすめの人気銘柄④Ethereum(イーサリアム)

出典: https://pecunia9.com

リップルと同様にビットコインに次ぐ規模を誇っているEthereum(イーサリアム)も、おすすめの人気銘柄のひとつとして挙げられます。現在では、国内外の取引所のほとんどでイーサリアムを取り扱っている傾向にあるため、各取引所の手数料や仕組みなどをしっかりと吟味して自分に合った取引所を選ぶことがポイントとなってきます。

おすすめの人気銘柄⑤NEM(ネム)

出典: https://virtual-currency.space

仮想通貨におけるおすすめの人気銘柄として、NEM(ネム)という通貨も挙げられます。市場規模としては、ビットコインやイーサリアムなどには劣りますが、最近ではRightBTCというドバイの取引所に上場するなどといったケースも見られるため、今後の活躍に注目が集まっている現状にあります。

Thumbビットコインで稼ぐ方法を紹介!儲ける仕組みやコツを徹底解説!

ビットコイン取引所の選び方

取り扱い仮想通貨の量

出典: https://zaif.jp

ビットコイン取引所における選び方としては、取り扱い仮想通貨の量を見極めるといった選び方が挙げられます。取引所によって仮想通貨の取り扱い量や種類は異なる傾向があり、例えばビットコイン取引におすすめとされている取引所は、bitFlyerなどといった取引所があります。そのため、自分の投資スタイルに合わせて選び方も変えていくことが重要なポイントとなってきます。

安全性

出典: https://coinchoice.net

取り扱い仮想通貨の量と同様に各取引所の安全性を考慮する点も、ビットコイン取引所の選び方のひとつとして挙げられます。ビットコインをはじめとした数多くの仮想通貨を取り扱っている取引所では、セキュリティ性を高めるために取り入れられているシステムの種類もやや異なるケースがあるため、事前に仕組みを調べたうえで取引所を絞っていくといった選び方がおすすめとされています。

手数料

出典: https://coinpost.jp

ビットコイン取引所の選び方として、手数料を比較するといった選び方も非常に重要となってきます。手数料水準は各取引所によって違いが生じるケースも少なくないため、ビットコインなどで安定した利益を得るには、手数料水準の低い取引所を探すといった選び方がポイントとなってきます。

機能性

出典: https://towani.info

安全性や手数料を比較するといった選び方と同様に、各取引所の機能性を見極めるといった選び方も、ビットコインなどといった仮想通貨の取引を行う際には重要なポイントとされています。また、取引所によって設けられているサービスや取引画面のカスタマイズなどの異なってくるため、自分に合ったビットコイン取引所を選ぶことがおすすめとなります。

流動性

出典: https://hedge.guide

ビットコインなどの仮想通貨で継続的に利益を上げるためには、各仮想通貨の流動性を把握しておくことも重要な選び方のひとつとされています。また、流動性の低い仮想通貨を売買対象にすると、予期せぬ価格変動の際に取引が成立しないといったリスクもあるため、特に初心者の場合は、ビットコインやイーサリアムのような時価総額の大きい仮想通貨がおすすめと言われています。

Thumbビットコイン投資の方法とは?リスクや失敗しないための対策も紹介!

国内のビットコイン取引所一覧

GMOコイン

出典: https://bitdays.jp

日本国内における主なビットコイン取引所としては、GMOコインが挙げられます。主な特徴としては、他のビットコイン取引所よりも圧倒的に手数料が安いといった特徴があります。また、ビットコイン以外の仮想通貨も数多く取り扱っており、セキュリティ性も高水準を維持しているため、初心者にもおすすめとなるビットコイン取引所とされています。

フィスコ仮想通貨取引所

出典: https://coinpost.jp

フィスコ仮想通貨取引所も、日本国内におけるビットコイン取引所のひとつとして挙げられます。フィスコ仮想通貨取引所の特徴としては、ビットコインをはじめとしたさまざまな仮想通貨の取引が可能となる点に加えて、国内ビットコイン取引所の中でトップクラスの安全性を誇っているといった特徴があります。しかし、ビットコインなどを取引する際にかかる各手数料がやや高いので注意が必要です。

BITPoint

出典: https://bitdays.jp

近年注目を集めているビットコインの取引所として、BITPointが挙げられます。BITPointとは、2016年に運営が開始された取引所で、東証二部に上場しているリミックポイントが提供していることでも知られています。主な特徴としては、ビットコインFXの取引に長けているといった点や、ビットコインなどの取引手数料が無料となっている点が挙げられます。

bitbank

出典: https://btc-feed.jp

BITPointと同様にbitbankという取引所も、日本国内における主なビットコイン取引所のひとつとして挙げられます。bitbankの特徴としては、取引手数料などが無料となっている点や、ビットコインに加えてアルトコインの取引にも力を注いでいるといった特徴があります。

Thumbビットコインのデメリットを理解しよう!仮想通貨の問題点を解説!

ビットコインと仮想通貨の種類・特徴まとめ

ビットコインなどといった仮想通貨の種類から、おすすめとなる人気の銘柄やその特徴などについて紹介してきました。いかがでしたでしょうか?現在、仮想通貨にはビットコインをはじめとした数多くの種類が登場しており、その特徴も多種多様となっています。今回紹介したビットコインなどの仮想通貨の情報を参考に、自分の目的に合った仮想通貨を見つけてください。

Thumbビットコインの取引所を徹底比較!おすすめを厳選して紹介!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ