ハローワーク職業相談の質問内容まとめ!求職活動実績の作り方は?

ハローワークで職業相談をする際の質問内容や、求職活動実績の作り方について解説しています。転職をする際の再就職の場合も失業保険の給付を受けるためには求職活動実績を作る必要があるので、ハローワークでの質問内容や職業相談について知りたい方は是非参考にされてください。

ハローワーク職業相談の質問内容まとめ!求職活動実績の作り方は?のイメージ

目次

  1. ハローワークの職業相談の質問内容を知っておこう
  2. ハローワークの職業相談の流れ・相談時間はどれくらい?
  3. ハローワークの職業相談の質問内容
  4. ハローワークの職業相談で求職活動実績の作り方
  5. ハローワークの職業相談は本来就職や転職のため
  6. ハローワークの職業相談の質問内容まとめ

ハローワークの職業相談の質問内容を知っておこう

出典: https://toyokeizai.net

再就職活動や転職を行う際にはハローワークを通して職業相談を行う人がほとんどで、ハローワークの職業相談の質問内容について悩む人も多いです。初めて転職や再就職をする人は特に求職活動実績の作り方や職業相談については質問内容がわからずに不安が残るものです。ハローワークで職業相談をする際の質問内容や、求職活動実績についてあらかじめ知っておくことで転職や最終翌の際の求職活動もスムーズに進むことは間違いありません。

出典: https://www.nikkei.com

この記事では、ハローワークを通して求職活動をする際のハローワークでの質問内容、再就職をするにあたっての失業保険をもらうための条件などに付いて解説しています。ハローワークは厚生労働省の機関になりますので、質問内容によっては相談しづらい点もありますが、ハローワークは国の機関になりますので転職や再就職をする際には、ハローワークを通して求職活動をする事が転職や再就職への1番の近道になります。

Thumb採用証明書の書き方ガイド!ハローワークに提出するときの注意点は?

ハローワークの職業相談の流れ・相談時間はどれくらい?

出典: https://薬剤師転職求人.tokyo

会社を辞めた後に、ただハローワークに失業保険給付を申請するだけでは失業手当をもらう事ができません。ハローワークに登録した後に認定日というものが設定され、認定日に必ずハローワークへ行く必要があります。ハローワークで失業保険の給付を受けるには次回の認定日までに2回以上の求職活動実績を作る必要があります。まずは、ハローワークの職業相談の流れ・相談時間はどれくらいなのかをまとめていきます。

職業相談を受ける流れ

出典: https://kokorokaradaokane.club

失業した場合には、まずはハローワークで登録をする必要があります。ハローワークに登録をしないと求職活動実績を作る事ができず、失業保険の給付を受ける事はできません。ハローワークに登録する事でカードが発行され、職業相談窓口で相談した内容や、就職活動の履歴や求職活動実績がコンピューターに記録として残ります。

出典: http://syusyokukatsudo.net

カードに関しては全国のハローワークでも使えるため、基本的にはどこのハローワークでも全国の求人を見て求職活動実績を作る事ができるシステムになっていますが、何らかの理由があって近隣の県外にある企業に就職したい場合には、管轄のハローワークに尋ねてみるのも1つの方法です。ハローワークがある地域の企業が優先して表示されるため、余裕があれば就職したい企業がある地域のハローワークに行ってもいいかも知れません。

出典: https://www.city.arakawa.tokyo.jp

ハローワークでカードを発行した後は、ハローワークによって受付方法が番号札や受付簿などのやり方が違う場合がありますが、職業相談窓口に呼ばれるまでコンピューターで求人を検索するなどしてハローワーク内で待機します。自分の順番が来たら番号や名字で呼ばれますので、職業相談窓口に行って相談します。窓口で相談してハンコを押してもらう事で求職活動実績を作る事ができますが、質問内容によってはハンコをもらう事ができません。

出典: http://changejob.jahfruit.com

失業保険の給付を受けるためには、ハローワークの職業相談窓口で担当者に聞く質問内容が重要となります。失業保険とは本来「再就職する意思があってもできない人に給付する給付金」となりますので、求職活動実績を作るためだけに窓口に相談に行く場合も、「担当者に再就職したい」と思わせる質問内容を尋ねる必要があります。

求人票の印刷は必要?

出典: http://www.homemate-research-hellowork.com

ハローワークで失業保険を受け取るため、求職活動実績のハンコをもらうのであれば求人票を印刷して窓口に持っていく必要はありません。窓口に求人票を持っていくことによって求人票について深掘りされてしまい、面接等が決まってしまう場合もあります。求職活動実績のハンコをもらうためだけであれば、筆記用具等を持って行かずに、求職活動実績のハンコをもらう冊子だけを持って行っても問題ありません。

出典: http://www.city.akiruno.tokyo.jp

ハローワークでコンピューターの求人票を印刷する事ができます。ほとんどの場合は求人票の印刷は決まった枚数しか印刷できません。よほど自分が就職したい企業がない場合は、気になる求人票を印刷していると数が多すぎてキリがありません。自宅に帰ってから家族に相談する必要がある場合や、転職する際に今在籍している企業との比較をする場合などは構いませんが、やみくもに気になる企業を片っ端から印刷していくことは辞めましょう。

出典: https://www.huffingtonpost.jp

ただ気になる程度の求人しかなく、失業保険をもらうための求職活動実績を作るのであれば、わざわざ求人情報を印刷して持っていく必要はありません。逆に就職したいぐらい気になる企業がある場合には、職業相談窓口に呼ばれた場合にコンピューターの求人情報を印刷して持っていったほうがスムーズに職業相談が進みます。その場合には就職したい企業についての質問内容についても考えておくと窓口での職業相談がスムーズに進みます。

相談時間はどれくらい?

出典: https://job.j-sen.jp

職業相談窓口での相談時間に関して決まりはありませんが、企業に対しての質問内容が多い場合や本気でこの企業に就職したと考えている人に対しては、窓口での相談時間が長くなります。基本的に求職活動実績のハンコをもらうだけであれば、10分程度で終わる事が多いです。目的として求職活動実績を作るだけなので、窓口での企業に対しての質問内容に関しても少なく最低限で終わらせることができます。

Thumb再就職手当の支給条件とは?ハローワークでの手続き方法を解説!

ハローワークの職業相談の質問内容

印刷した求人票についての質問

出典: http://q-waie.koshigaya-kosodate.net

失業保険の給付を受けるための求職活動実績を作るのであれば、印刷した求人票について質問したほうが就職する意思があると感じられます。印刷した求人票についての質問内容を細かくすることで、さらに就職する意思があると思われて、求職活動実績をしたと認められることでしょう。ただし、印刷した求人票に対してあまりにも細かい質問内容にしてしまうと、面接等が決まって、自分が考えている方向と違う方向に行ってしまう事があります。

出典: http://arata-media.com

ハローワークの職業相談窓口での質問内容としては、印刷した求人票についての質問が最も多いです。転職をするために退職した場合には、どうしても給料の面や勤務時間の面で転職する前の企業と比べてしまう部分があり、転職して給料や仕事面でのプラスを考えている人も多いです。印刷した求人票の企業に本気で再就職したい場合には、質問内容についても細かいところまで考えておく必要があります。

出典: https://www.mag2.com

コンピューターで求人情報を閲覧していた場合に、求職活動実績を作るためだけだったとしても、気になった企業名や気になった部分はメモ帳などにメモしておくと、後日コンピューターで求人検索をする場合に検索しやすくなり、窓口で相談する場合にも印刷して持っていきやすくなります。ハローワークのコンピューターには特定の条件にこだわらなければ数百件の求人情報が入っているため、気になる企業は印刷しきれないほどあります。

出典: https://www.odakyu-life.jp

就職を本気で考えている場合には、印刷した求人票についての窓口での質問内容は自分が気になる情報が最優先なので、気になる情報の他、給料面や勤務体系等についても必ず質問しておきましょう。求職活動実績のハンコをもらうだけであれば、転職の場合には前に務めていた企業に対してこの求人票の企業はどうでしょう、などと質問するといいでしょう。深堀りされる場合もありますが、何気ない会話になって窓口での相談は終わります。

業種など大まかな範囲の質問

出典: https://www.topics.or.jp

ハローワークの窓口で相談する場合には業種等についても相談するといいでしょう。求人票に書いてある業種に関してはいくつもありますが、細かい業種として求人票に書いてあることは少ないです。本気で就職を考えている場合にはきちんとした業種を聞く必要がありますが、求職活動実績のハンコをもらうだけであれば、窓口での質問内容として業種などの大まかな質問で大丈夫です。窓口の職員が業種について詳しく説明して面談終了となります。

検討する旨を伝えて質問終了でOK

出典: https://www.city.arakawa.tokyo.jp

求人情報を印刷して窓口に相談した場合には、求人情報について深堀りされてしまいます。逆に求職活動実績を作るために、求人情報を印刷せずに窓口に相談した場合には、大まかな業種について質問すると多くの場合はハンコを押されて終わります。ハローワークの担当者から業種について深掘りされてしまった場合には、検討する旨を伝える事で窓口での相談は終わります。

出典: http://jinzai.pecori.jp

次回ハローワークに来た際に、前回の業種についての質問を聞かれることがありますが、その際は自分に合ってない旨や他の業種を検討している旨を伝えましょう。もしも自分でよく考えた場合に相談した業種が自分に合っているかもわからない場合には、相談した業種への就職も検討しましょう。

出典: https://www.oita-kango.com

求職活動実績を作るための窓口での職業相談は、就職したい企業に対して細かい部分まで窓口で相談をするようにして、万が一話が進んで就職が決まってしまった場合にも後悔する事がないようにしましょう。

毎回同じ質問はNG?

出典: https://www.mhlw.go.jp

ハローワークの窓口で相談する場合に毎回同じ質問をしている場合には、何度も同じ質問をしてくる事に不信感を持たれてしまって、求職活動実績を作るために窓口で相談しているのかと疑われてしまいます。窓口で相談するたびに、前の質問内容の延長線上の質問や質問内容を変える事によって疑われることはなくなります。

職業訓練校について質問する

出典: http://www.town.yokoshibahikari.chiba.jp

求職活動実績を毎月2回以上する必要があるという事は、少なくとも4回~8回は窓口で就職に関する質問をする必要があります。ハローワークの相談窓口で質問する内容が少なくなってきた場合は、職業訓練校について質問するのも1つの方法です。職業訓練校に行きたい旨をアピールする事で求職活動実績と認められます。

Thumb失業保険の認定日とは?ハローワークに行けない場合の対処法も紹介!

ハローワークの職業相談で求職活動実績の作り方

認定日までに2回以上の実績が必要

出典: https://www.city.chitose.lg.jp

失業保険の給付を受ける条件として、次回の認定日までに2回以上の求職活動実績を作っておかないと失業保険の給付を受ける事ができません。失業保険の給付は自己都合で退職の場合は退職後90日後からの給付開始なので、約3か月間決まった認定日にハローワークに行く必要があります。認定日とは基本的には4週間に1日設定されており、失業保険の給付を受けるまでの間は収入を得る事ができないため、認定日には必ず行かないといけません。

出典: http://www.g-get.com

失業保険の給付を受けるための求職活動実績を作っているにも関わらず、失業保険の給付が始まるまでの間に収入が1円でもあった場合は失業保険の給付対象とはなりません。なので原則としてハローワーク側としては認定日にハローワークに来れる事が前提となっており、自分勝手な理由で認定日にハローワークに行けないという事は通用しません。

認定日に相談すると短い時間で終わる?

出典: https://www.city.kazo.lg.jp

認定日には必ずハローワークに行く必要がありますので、認定日の日に求職活動実績を作る事で求職活動実績を作るための時間の短縮につながります。認定日には必ずハローワークに行かないといけない人が多いので、相談窓口も混雑します。相談窓口が混雑するという事は1人に対して多くの時間をかける事ができませんので、スムーズに求職活動実績のハンコをもらう事ができる場合が多いです。

出典: http://airadaisuki.com

相談窓口が混雑してない時間帯や、ハローワークに来ている人が少ない場合に求職活動実績を作るため相談窓口に行った場合は、1人に対しての時間を十分にかける事ができるので、相談する求人票によっては深掘りされてしまって面接等まで行きつく可能性もあります。失業保険の給付を受けるための求職活動実績を作るためには相談窓口に相談するタイミングも重要で、自分が相談した場合に窓口の担当者がどれだけ時間をかけられるかも重要です。

相談からの期間が短いと早く終わる?

出典: http://saposute.sblo.jp

前回からの相談の機関が短い場合には、前回紹介した求人や質問内容によって確認される場合が多く、「まだ検討しています」や「考えています」「悩んでいます」という返答でスムーズに求職活動実績を作る事ができます。求職活動実績を作るために、相談窓口にする質問内容を長く考えれるような内容にしておくと、次回求職活動実績を作りにハローワークの窓口に来た際にスムーズに求職活動実績のハンコをもらう事ができます。

認定日に行けなくなった場合

出典: http://koyou.tsukau.jp

もしもどうしても認定日にハローワークに行けなくなった場合には、ハローワークに連絡して変更してもらう事も可能ですが、前にも説明している通りハローワークに来れるのが原則なので、日程変更する証明書を提出する必要があります。ちなみに認定日に行けなかった場合にはその月の失業保険を受ける事はできません。

Thumb雇用保険被保険者証の再発行は簡単!紛失した場合は慌てずハローワークへ!

ハローワークの職業相談は本来就職や転職のため

就職したくてもできない人もいる?

出典: http://syusyokukatsudo.net

ハローワークは失業保険の給付を受ける目的で求職活動実績を作りに来る場所ではなく、本来は転職する人や再就職する人が職業相談をしに来る場所です。中には失業保険の給付が目的ではなく、本気で就職や転職を考えている人も少なくありません。就職や転職をしたいにも関わらず、なかなか自分が考えているように就職できない人もいます。

出典: http://www.jcp.or.jp

ハローワークの担当者の人は再就職や転職をしてもらおうと、本気で就職や転職に関して相談に乗ってくれているのでその気持ちは大事にしないといけません。求職活動実績を作る目的のためだけに相談窓口に行くことは悪いことではないですが、本気で就職や転職を考えている人の気持ちも考えてあげましょう。

職員さんに悪いからと遠慮はよくない?

出典: http://www.g-get.com

ハローワークの担当者が真剣に相談に載ってくれている事に対して、遠慮して余計に質問する必要はありません。ハローワークの担当者に対して余計な気を使うことで逆に迷惑をかけてしまう場合があります。全く興味がない求人について質問する場合には内容を掘り下げずに検討する意思だけを伝えるといいでしょう。

Thumb雇用保険被保険者証の再発行は簡単!紛失した場合は慌てずハローワークへ!

ハローワークの職業相談の質問内容まとめ

出典: https://www.facebook.com

ここまでハローワークの職業相談について解説してきましたが、お分かりいただけたでしょうか。失業保険の給付を受けるためのハローワークでの求職活動実績の作り方や、質問内容についても解説してきました。失業保険の給付を受けるためには、認定日には必ずハローワークに行く必要があり、その際に相談窓口に行くことで求職活動実績を作る際の効率も上がります。

出典: https://twitter.com

この記事が、失業保険の給付を受ける際や、求職活動実績を作る際の質問内容の手助けになれば幸いです。失業保険も特別な場合を除いて長くて4か月しか給付をしてもらえませんが、この記事が参考になる事を願っています。

Thumb転職の相談ができる窓口や無料相談所はある?ハローワークもおすすめ!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ