生活保護の申請方法を徹底解説!必要書類や受給までの期間・注意点は?

生活保護の申請方法に焦点を当てて、具体的に申請の流れややり方について解説を行っていきます。生活保護を申請する人も増えてきており、社会的な問題として取り上げられることもあります。申請の際の必要書類や受給までの期間についてもご紹介していきます。

生活保護の申請方法を徹底解説!必要書類や受給までの期間・注意点は?のイメージ

目次

  1. 生活保護の申請方法の流れ
  2. 生活保護の申請の必要書類
  3. 生活保護の受給までの期間
  4. 生活保護の申請の注意点
  5. 生活保護の受給条件
  6. 生活保護の申請先
  7. 生活保護以外の制度とは?
  8. 生活保護費搾取する団体に注意
  9. 生活保護の申請方法と必要書類や受給までの期間まとめ

生活保護の申請方法の流れ

生活保護の申請方法の流れを確認

出典: https://camatome.com

生活保護に焦点を当てて、その申請方法や必要書類、受給条件や申請の流れについて具体的にご紹介していきます。2018年時点で210万人を超える生活保護受給者がいると言われています。人として最低限度の生活を維持するための仕組みが生活保護制度です。いざという時に適切に生活保護を受給することができるように申請の流れを確認していきましょう。

申請方法の流れ①生活の困窮の証明を持って相談する

出典: http://seikatuhogo.angelaw.jp

まず、生活保護の申請方法の流れとして、生活が困窮していることを証明する書類を持って相談することがポイントです。生活保護の申請自体は誰でも行うことができますが、生活保護を認めてもらえるかどうかは別の話です。そこで、生活に困窮していることを客観的に示す書類が必要です。証拠を持参することで、相談もスムーズに進めやすくなります。

具体的に持参したい書類

出典: http://tanakaryusaku.jp

具体的には、預金通帳や給与明細、家賃や公共料金の請求書といった書類を持参することで、お金がないことを提示することができます。失業中の場合であれば、離職票や雇用保険受給資格者証を、病気で働けない場合は、障害者手帳や病気の診断書などを持参することです。通院の記録や住民票などを持っていくと、自身の状況をより証明しやすくなります。

申請方法の流れ②書類をそろえて申請する

出典: https://trends.whotwi.com

申請の流れとしてまずは生活保護を受給したいことを、福祉事務所の窓口で相談することがポイントです。その流れの中で、続いては書類をそろえて申請する段階へと移行していきます。生活保護の申請に際しては、生活保護の申請書や申告書、本人確認書類、収入に関する書類や資産に関する書類などが必要です。その他、指定された書類も必要となります。

困窮していることを認めてもらう

出典: https://seihonomikata.com

生活保護の申請書や申告書に関しては福祉事務所に用意されていますが、最初から申請書や申告書を配布してくれないこともあります。そのため、まずは相談の段階で生活に困窮していることを示す必要があります。客観的に生活に困窮していることが認められなければ申請自体が却下されてしまいます。そのことを肝に銘じて申請にいたることが求められます。

収入や資産状況の確認

出典: https://pna0831jp0203.xyz

本人確認書類に関しては、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードや健康保険証といったもので対応してもらうことができます。また、印鑑も忘れずに持参することがポイントです。収入や資産に関しては、給与明細書や年金通帳、年金証書や公的制度に関する書類が必要です。また、通帳や登記簿謄本、車検証や生命保険の保険証券なども提出します。

生活において不利なことを証明する書類

出典: https://girlschannel.net

離婚している場合や失業中の場合など、生活状況において不利になるものがあればそれらに関する書類も提出しておくことで、生活保護の審査に通る可能性を高めることができます。例えば、離婚を示す書類や失業を示す書類、医療費に関する書類や診断書などもあれば持参することです。具体的に生活に困窮していることを示すことで申請もスムーズに進みます。

申請方法の流れ③申請後調査が行われる

出典: https://today-is-the-first-day.com

生活保護の申請方法の流れとして、福祉事務所に相談をして必要な書類を提出すると、続いて申請後調査と呼ばれる流れに移行していきます。生活保護は誰でも受給できるものではないので、本当に条件を満たしているか、生活保護がないと生活できないのかといったことを調査するものです。資産調査や生活状況の調査、扶養調査などが行われることになります。

さまざまな調査が行われる

出典: http://saigaijyouhou.com

また、就業可否の調査や他の公的制度を利用できるかどうかに関する調査、借金の調査といったことも申請後調査の流れの中で行われていきます。資産調査の段階で、10万円以上の現金を保有している場合は生活保護の申請を却下される可能性があります。当面生活できる資金があると判断されると、生活保護を受給することはできないので注意が求められます。

家庭訪問も

出典: https://xn--8mrq80fdei.net

また、生活状況の調査に関しては、実際に福祉事務所の職員が生活保護申請者の自宅を訪問して、部屋の様子を確認します。その際に売却できるものがある場合は、生活保護申請が却下されることもあります。例えば、大型テレビや貴金属、宝石や高級家具といったものです。当面生活できそうだと判断されると、この調査の段階で申請が却下されてしまいます。

申請方法の流れ④調査結果が届く

出典: http://game5057.super-proxy-server9.life

生活保護の申請方法の流れとして、さまざまな形での調査が終了すると調査結果が届く段階へと移行していきます。調査結果の通知に関しては、郵送か電話によって知らされることになります。郵送の場合は、保護決定通知書か保護申請却下通知書と呼ばれる書類が自宅に送られてきます。それらの書類を確認して、申請結果を確認することが求められます。

再審査を求めることもできる

出典: http://burusoku-vip.com

また、生活保護の申請結果に納得できない場合に関しては、再審査を求めることも可能であり、再度申請書を提出する段階から開始していきます。その時点では生活できていたとしても、数ヵ月後に再び生活に困窮することもあります。その場合も、再度生活保護申請を出すことが重要です。再び同じ流れで、生活保護を受給できるかどうか調査してもらえます。

Thumb生活保護の支給日はいつ?土日の場合や受取方法まで徹底解説!

生活保護の申請の必要書類

生活保護の申請の必要書類を確認

出典: https://cardloan-q.jp

生活保護の申請に際しては、生活保護の相談から調査結果の発表にいたるまで、一連の流れを確認してその流れに沿って行動を起こしていくことがポイントです。その流れに沿って必要書類や手続きを完了させていくことによって、スムーズな生活保護受給につなげることができます。ここからは、生活保護の申請に際しての必要書類について確認していきます。

必要書類①生活保護の申請書と申告書

出典: https://manekari.com

生活保護申請に際しての必要書類としては、生活保護の申請書と申告書の提出が求められます。申請書と申告書はどちらも福祉事務所で用意されているので、そこでもらいます、申請書には世帯員や扶養義務者の情報、申請理由などを記入します。また、生活保護の申告書に関しては、収入に関する情報と資産に関する情報を記入してから提出することになります。

必要書類②収入が分かる書類

出典: https://news.biglobe.ne.jp

生活保護の申請に際する必要書類としては、収入がわかる書類の提出も求められます。例えば、給与明細書や年金手帳、年金証書といった書類です。また、給付を受けているものがあれば、公的制度に関する書類の提出も求められます。資産がある場合は、記帳済みの通帳も必要書類です。その他、自動車を保有している方であれば車検証も必要書類となります。

必要書類③本人確認書類

出典: https://www.seikatsu-hogo.info

生活保護の申請には必要書類も多いですが、本人確認書類も必要書類の1つとして認識しておく必要があります。基本的に本人確認書類に関しては、顔写真付きの書類を提示する必要があります。運転免許証やパスポート、住民基本台帳カードやマイナンバーカードがそれらに該当します。それ以外であれば、健康保険証でも対応してもらえることがあります。

必要書類④その他書類

出典: https://seikathuhogomanabou.com

生活保護申請の際の必要書類としては、その他の書類も挙げることができます。生活保護の申請に際して特段の事情がある場合、それらも提示することで条件を満たしやすくなります。例えば、離婚を示す書類や失業を示す書類がそれらに該当します。病気を抱えている場合は、病気の診断書や治療証明書、医療費に関する書類を提出することもポイントです。

Thumb生活保護と年金は両方受給できる?それぞれの支給金額を徹底比較!

生活保護の受給までの期間

生活保護の受給までの期間を確認

出典: https://seikathuhogomanabou.com

生活保護の申請に際しては、申請の流れや必要書類について理解を深めて、できるだけスムーズに手続きを進行できるようにしておくことがおすすめです。必要書類の提出を怠ってしまうと、なかなか申請が進まないことがあるので注意しておきたいところです。その上で、ここからは生活保護受給までの期間を確認します。申請の流れも踏まえて理解したいです。

申請後の決定までの期間

出典: https://seikathuhogomanabou.com

生活保護の申請開始から申請後の決定にいたるまでには、さまざまな流れや手続きを踏んで必要書類を提出していくことも求められます。実際に生活保護の申請後、決定までの期間としては原則で14日以内、最長30日以内に決定すると定められています。したがって、遅くとも1ヶ月以内には生活保護を受給できるかどうかがわかるというレベルになります。

不安があれば担当者に確認を

出典: https://seikathuhogomanabou.com

万一、14日以上経過しても生活保護申請の結果連絡がない場合には、担当者に見通しを尋ねてみるのも効果的です。条件の確認で時間がかかっている場合もありますし、生活保護申請者が多いことが理由でなかなか確認が進まないこともあります。最長でも30日以内で結果を教えてもらうことはできますが、不安な方は14日経過した時点で確認することです。

決定してすぐにお金は支給されない

出典: https://xn--t8j3b8esc1fui.com

生活保護の受給可否に関する結果については、原則14日以内、最長でも30日以内に決定されることになっています。受給が決定した場合でも、決定後すぐにお金が支給されるわけではありません。そのため、まずは当座をしのぐための資金を確保しておく必要があります。申請したからと言って必ず受給できるわけではないので、自分で身を守ることが重要です。

申請から支給まで1ヶ月以上かかる

出典: https://tanoshii-kaigo.com

生活保護の申請後すぐにお金を受給できるわけではありませんが、具体的に申請からお金の支給開始までは1ヶ月以上かかることが多いです。そのため、ギリギリの状態になる前に生活保護の申請を出しておくことが重要です。最短でも1ヶ月は自力で生活していかなければなりません。すぐにお金を受給できるわけではないことを理解しておく必要があります。

貸付制度の利用

出典: https://www.saimubengo.com

生活保護の申請から受給開始までは1ヶ月以上かかるわけですが、その期間を耐えしのぐことができない場合もあります。その場合は、社会福祉協議会の緊急小口融資と呼ばれる貸付制度を利用することがおすすめです。この貸付制度によって最大10万円分のお金を借りることができます。さまざまな手段を駆使しながら、自分自身の身を守ることが大切です。

申請までの期間も考慮する

出典: https://yamikinsenshi.com

生活保護の申請から受給開始までは1ヶ月以上の期間がかかるわけですが、申請手続きまでの期間も考慮しておく必要があります。福祉事務所に行ったその日に申請できるとは限りません。必要書類の準備や扶養者への連絡など、一定期間を経て申請の流れにいたることもあります。申請までの期間も考慮した中で、ご自身の生活と向き合っていく必要があります。

Thumb生活保護のメリット・デメリットを徹底解説!制限や規制は多い?

生活保護の申請の注意点

生活保護の申請の注意点を確認

出典: https://seikathuhogomanabou.com

生活保護の申請に際しては、申請の流れや必要書類、申請から受給可否の連絡が来るまでの期間についても確認しておく必要があります。すぐに生活保護を受給できるわけではないという点も理解しておくことがポイントです。その中で、ここからは生活保護の申請に際しての注意点を確認していきます。注意点を守って正しく申請することも大切なポイントです。

申請拒否は法律違反?

出典: https://gimonn-kaiketu.com

まず、生活保護を申請する側の立場から見た時に、福祉事務所から申請拒否をされた場合は、法律違反だと指摘することが大切です。自治体によっては財政状況が苦しいケースもあり、なかなか申請を受け入れてくれないこともあります。窓口でしっかりと生活保護を申請すると言っているにも関わらず拒否される場合は、法律違反だと指摘することが大切です。

うその申告はしない

出典: http://rainbowpaper.net

また、生活保護を申請する際の注意点として、うその申告はしないことを心がけることが重要です。申請の段階では通ったとしても、調査の段階で確実にうそはばれます。実際に受給開始した後に申請の時点でうそがあった場合も受給取り消しとなって、お金の返済を求められることになります。正しい情報で正しく生活保護の申請を進めることがポイントです。

提出書類や調査には応じる

出典: https://ninbai-saisei.com

また、生活保護の申請に際して福祉事務所からの提出書類や調査といった要求には確実に対応することがポイントです。福祉事務所からの要求に対応していないと、それだけで申請を却下されることもあります。これは法律違反でも何でもありません。福祉事務所としては生活保護の申請を受け入れる用意があるのに、申請者側が対応しないことが大きな問題です。

専門家や公的機関を頼る

出典: http://haru-natu-aki-fuyu.com

さらに生活保護の申請に際しては、専門家や公的機関を頼ることもポイントです。1人だと不安に感じることや、どういった手続きを進めれば良いのかよくわからないといったケースも出てきます。その場合は、地域の民生委員や弁護士、司法書士に頼るのもおすすめです。1人で悩むことはもったいないことであり、まずは助けになる人を探すことが賢明です。

法テラスの活用

出典: https://www.onayamiooyasan.com

弁護士や司法書士への依頼に関しては、依頼する際のお金が足りないという方も出てきます。その場合は、法テラスと呼ばれる日本司法支援センターの民事法律扶助を利用することで、費用を立て替えてもらうことができます。この費用は後から返済することになりますが、生活保護の受給対象となる方は免除されることもあるので、まずは相談が重要です。

生活保護の受給条件

生活保護の受給条件を確認

出典: https://www.akai-tantei.com

生活保護の申請に際しての必要書類や、申請期間、申請の際の注意点なども踏まえて生活保護に対する理解を深めていくことがポイントです。その上で、ここからは生活保護の受給条件について確認を行っていきます。生活保護に関しては誰でも受給できるわけではありません。一定の条件を満たすことが必要であり、その受給条件を確認しておくことが大切です。

受給条件全てにあてはまれば申請できる

出典: https://singlemother-tama.com

生活保護の受給に関しては、受給条件の全てに該当することによって申請できるという考え方をしておくのが基本です。一部例外もありますが、基本的には全ての条件を満たすことによって生活保護の審査に通過することができます。生活が困窮していることを客観的に示すこともポイントです。まずは、さまざまな条件があることを理解する必要があります。

最低生活費以下でなければ申請できない

出典: https://logolife.net

基本的に生活保護の申請をするためには、最低生活費以下であることが求められます。最低生活費とは憲法で定めるところの最低限の生活を営むためのお金のことであり、世帯人数や年齢、居住地などによって定められています。例えば、東京23区内に住む単身30歳の方であれば、最低生活費が13万2,930円と定められており、この金額以下が対象となります。

1ヶ月以上という期間を考慮して相談を

出典: https://woman-money.nifty.com

地域や年齢、貯金などによっても最低生活費の考え方は変わってくるので、まずは最寄りの福祉事務所を訪問して計算してみることが重要です。生活保護を受給するまでの期間としては1ヶ月以上あるので、その期間を考慮して申請することが求められます。1ヶ月という期間を耐えしのぐことができないと体にも悪影響なので、早めに相談することが重要です。

申請が却下されてしまう条件とは?

出典: https://venture-finance.jp

最低生活費以下であることも生活保護の受給条件として定められていますが、具体的に申請が却下されてしまう可能性が高い条件についても確認していきます。申請自体は基本的に誰でも行うことができますが、誰でも審査に通るわけではありません。例えば、10万円以上のお金を持っている場合や、他の公的制度の給付が受けられる人は申請が却下されます。

借金がある場合

出典: https://saimu4.com

また、不動産や自動車など、売却することで生活できそうな資産や財産がある場合も申請が却下されやすいです。借金がある場合に関しても、生活保護の申請を受け入れてもらうことができません。住宅ローンや自動車ローン、教育ローンやクレジットカードのキャッシングなどが該当します。その場合は、まず債務整理の手続きをすることが求められるからです。

借金があっても問題ない場合

出典: https://www.seikatsuhogo.net

生活保護の申請条件として借金があっても問題ないケースもあります。それは、奨学金や生活福祉資金、母子父子寡婦福祉資金といった類の借金です。クレジットカードに関しても、一括払いや分割払いのものであれば問題ありません。基本的に公的機関からの借り入れに関しては、生活保護と併用することができるので、あきらめずに申請することが大切です。

働ける状態にある場合

出典: https://www.y-cashing.com

さらに、生活保護の申請が却下されるケースとして、働ける状態にあることも挙げられます。本人はもちろんのこと、同じ世帯に20代から60代の健康な人がいる場合も生活保護の申請が却下される可能性が高いです。就職活動をしていないケースや、就職活動をしていても現実的に就業不可な企業にしか応募していないケースについては、申請が却下されます。

所有してはいけないもの

出典: https://kuruma-uru.sakura.ne.jp

生活保護を受給するに当たっては、所有してはいけないものもあります。例えば、10万円以上の預金や預貯金を所有することはできません。また、生命保険や医療保険、学資保険など貯蓄性のある保険も解約する必要があります。株券や投資用口座、申請者が居住していない住宅や土地なども処分が必要です。これらがある状態でも申請を却下されてしまいます。

Thumb生活保護受給中でも車を所有するための条件まとめ!名義変更は必要?

生活保護の申請先

生活保護の申請先を確認

出典: https://twitter.com

生活保護の申請の流れや受給開始までの期間、申請条件なども含めて総合的に理解を深めていくことが求められます。その上で、ここからは生活保護の申請先についても確認していきます。生活保護を申請するに当たっては、申請先を理解しておくことも大切です。スムーズに手続きをして、生活保護の申請期間を短縮できるようにすることも重要なポイントです。

福祉事務所へ申請する

出典: https://mainichi.jp

生活保護の申請先としては、福祉事務所を挙げることができます。基本的にはご自身が居住している地域を管轄する福祉事務所に申請を行うことが求められます。福祉事務所に関しては生活保護の申請に対応してくれる拠点として住民のセーフティーネットとなっています。生活に際して何か困ったことがあれば、迷うことなく相談することがおすすめです。

管轄の福祉事務所の探し方

出典: http://blog.livedoor.jp

生活保護の申請先は地域を管轄している福祉事務所となりますが、その福祉事務所の探し方についても確認していきます。福祉事務所は厚生労働省のホームページから一覧形式で確認することができます。あるいは、インターネットで「各市区町村名 福祉事務所」と検索してみるのもおすすめです。ネット検索の方が手早く必要な情報を取得することができます。

住所不定の場合の申請場所

出典: http://www.nikkeyshimbun.jp

現在住んでいる家があって、住所もある方であれば管轄の福祉事務所で申請すれば問題ありませんが、住所不定で生活保護を申請したいというケースもあります。ネットカフェで生活していたり、知人の家で生活していたりする場合は、住民票も取得ありません。その場合は、近くの福祉事務所に行けば対応してもらえます。まずは相談することがポイントです。

Thumb生活保護の受給条件まとめ!収入や貯金がある人は申請できない?

生活保護以外の制度とは?

生活保護以外の制度を確認

出典: https://news.headlines.auone.jp

生活保護の申請に際しては、申請の条件や期間、手続きの流れや注意点、どこで申請をすれば良いのかといった点も含めて理解を深めておくことがポイントです。特に申請条件については厳しくチェックされるので、自身でも確認しておくことが求められます。ここからは生活保護以外の制度について確認していきます。何らかの方法で生活することも可能です。

生活困窮者自立支援制度とは?

出典: https://seniorguide.jp

まずは、生活困窮者自立支援制度という制度について確認していきます。生活困窮者自立支援制度とは、2015年4月から開始されたサービスのことで、生活に関する全ての悩みを相談したり、解決したりしてくれる支援制度のことです。経済的な支援だけではなく、心のケアや生活の立て直しにいたるまで、ひとまとめでサポートする制度として人気があります。

生活が安定するまで支援を受けられる

出典: http://www.sakurashakyo.or.jp

自立に向けた総合的な支援を受けたい方や、生活が安定するまで継続的に支援を受けたいという方は、まず生活困窮者自立支援制度を活用してみることがポイントです。生活困窮者自立支援制度の窓口が設置されているので、その窓口で相談を行ってから申請を行います。生活保護を受給している場合はこの制度を利用できないので、注意する必要があります。

病気や怪我で働けない場合

出典: https://sakuya-shougainenkin.com

生活保護以外の制度として、病気やケガで働けない場合の仕組みについても確認していきます。一定の条件を満たしている場合、病気やケガで仕事ができない期間に傷病手当金を受け取ることも可能です。傷病手当金は最長1年6ヶ月間にわたって受給することが可能で、それまでの給料の3分の2が支給されます。加入している健康保険に申請することです。

医師の診断書が必要

出典: http://shogai-suppo.com

ただし、国民健康保険の加入者に関しては、傷病手当金を受け取ることができないので注意が必要です。医師の診断書が必要となりますが、連続して4日以上働いていない場合は傷病手当金の対象となります。また、仕事に関係ないところで起きた病気やケガであることも条件です。会社に相談して申請書の準備をしてから勤務先に申請書を送る必要があります。

住居確保給付金と一時生活支援事業

出典: https://naturalsocialwork.life

生活保護以外の制度という点で、住居確保給付金と一時生活支援事業の活用も有効です。家賃の支払いに困窮している場合や、住む家がない場合に頼りになるのが住居確保給付金と一時生活支援事業です。世帯人数によって支給額が異なり、単身世帯の場合は最大5万2,000円まで支給可能です。まずは、生活困窮者自立支援制度の窓口に相談してみることです。

借金問題ならまずは弁護士相談

出典: https://www.riconhiroba.com

借金や債務整理などの金銭的な事情で苦しんでいる場合は、まず弁護士に相談することがおすすめです。法テラスと呼ばれる民事法律扶助を活用すれば、弁護士費用を立て替えてもらうことも可能です。債務整理や自己破産、任意整理といった法的手続きを経ることで、借金の問題を解決できることもあります。1人で悩まずに専門家を頼ることがポイントです。

困ったときのフードバンクとは?

出典: https://foodbank-shibata.org

お金も食べるものもなくて困っているという方はフードバンクに頼ってみるのが有効です。フードバンクは無料で食べ物を提供してくれる団体であり、当座をしのぐことができます。生活困窮者自立支援制度の相談窓口に行けば、NPOやボランティア団体を紹介してもらうことができます。食べ物がなくて困っていることを相談すれば食料を支給してもらえます。

フードバンクの例

出典: http://www.city.sapporo.jp

例えば、東京都町田市の例を参考にしてみると、町田市にはフードバンクとしてセカンドハーベストジャパンと呼ばれる団体を紹介してもらうことができます。実際に支援を受けられるようになれば、お米やラーメン、ジュースやお菓子などを支給してもらえます。2週間分にわたる保存食となっているので、一定期間は食べ物がなくて苦しむことはなくなります。

生活福祉資金貸付制度

出典: https://www.toyama-shakyo.or.jp

生活費に困ってどうしてもお金が必要になったケースでは、生活福祉資金貸付制度を利用することもできます。生活福祉資金貸付制度を活用して審査に通過することができれば、最大10万円のお金を無利子、無担保で借りることができます。相談窓口は最寄りの社会福祉協議会です。申込書や借用書といった書類をもらえるので、そこで申請を行うことです。

母子家庭なら母子生活支援施設

出典: https://www.tama-dhk.or.jp

母子家庭の生活の困窮を支える仕組みとして、母子生活支援施設の活用を行うこともできます。DV問題や経済問題など、何かと悩みが多い母子家庭を支えてくれるのが母子生活支援施設です。福祉事務所に行くと、最適な母子生活支援施設を紹介してもらうことができます。最長で子供が20歳になるまで利用できるので、まずは相談してみることが重要です。

医療費が払えない場合の制度とは?

出典: http://www.kawaguchi-clinic.coop

生活に困窮していて医療費が払えないというケースも出てきます。その場合は、一部負担金減免制度か無料低額診療事業を活用することがポイントです。一部負担金減免制度であれば、3ヶ月から6ヵ月にわたって医療費の免除や減額、猶予を受けることができます。無料低額診療事業を活用できる場合、1ヶ月から6ヵ月間にわたって医療費が無料になります。

対処者は国民健康保険の加入者のみ

出典: http://www.chuwa-hp.jp

無料低額診療事業で医療費が無料にならない場合は、一部減額してもらうことも可能です。一部負担金減免制度か無料低額診療事業を活用できるのは、国民健康保険の加入者のみとなっているので注意が必要です。企業の保険組合に加入している方は対象外です。制度の対象となる方は、自治体の国民健康保険の担当課に行って手続きをすることが求められます。

さまざまな制度を活用する

出典: https://www.fukui-saiseikai.com

生活保護以外にもさまざまな仕組みや制度があることを理解して、いざという時には利用できるように準備を進めていくことがポイントです。悩みは1人で抱えていても解決することがありません。そうではなく、勇気を持って行動を起こすことで次へのステップにつなげていくことが大切です。

Thumbニートの末路を実話を元に徹底調査!高齢者は生活保護が多数で悲惨?

生活保護費搾取する団体に注意

生活保護と団体の関係について

出典: https://lrchintai.jp

生活保護を受給するための条件や生活保護以外の支援制度の仕組みも含めて、理解を深めておくことがポイントです。何かしら困ったことがあれば、1人で悩まずに公的機関に相談することが重要です。その中で解決策を見出していくことが求められます。ここからは生活保護と関係団体について確認していきます。悪徳団体には特に注意をする必要があります。

親切な団体もあれば卑劣な団体もある

出典: https://news.nicovideo.jp

生活保護が必要な生活困窮者に対しては、さまざまな形で支援してくれたりサポートしてくれたりする団体があります。その中には親切な団体も多く、無料で相談に乗ってくれたり具体的な支援をしてくれたりすることもあります。しかし、中には卑劣な団体もあるので注意しておきたいところです。少しでも不信に思うことがあればすぐに離れることが重要です。

最初は全てサポートしてくれる

出典: https://tap-biz.jp

生活保護が必要な方を助けてくれる支援団体については、最初は全てサポートしてくれて良いように扱ってくれます。それが継続的に続いていけば問題ありませんが、中には悪巧みを考えている団体もあるのです。最初は優しいふりをして、信頼させることに全力を注ぎます。その罠にはまってしまうと、後で痛い目にあうことになるので注意したいところです。

生活保護費が給付されるとお金を搾取される

出典: http://dailynewsonline.jp

最初は全てサポートしてくれて親切にしていた団体でも、生活保護費が支給された途端に、お金を搾取するようなこともあります。実際に受給者にわたるお金がわずかばかりということも少なくありません。これは完全に詐欺であり、警察への相談が必要です。信頼できる団体やNPOもあれば、そうではない団体もあることを肝に銘じておく必要があります。

生活保護の申請方法と必要書類や受給までの期間まとめ

出典: https://sakuya-shougainenkin.com

生活保護の申請に焦点を当てて、申請の流れや必要書類、受給開始までの期間などについて具体的にご紹介してきました。生活保護については、誰でも条件を満たすわけではなく受給してもらえないケースもあります。しかし、それでも粘り強く交渉を進めていくことがポイントです。人間として最低限度の生活を保障してもらえるように進めることが重要です。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ