楽天ペイが使えるお店・加盟店一覧!LINE Payとどちらがお得?

楽天ペイを使える店舗であれば、スマホをかざすだけで支払いができるサービスです。楽天ペイでは貯まった楽天ポイントを使うこともできます。この記事では使える店舗が増えている楽天ペイの使い方や加盟店、楽天ペイとLINE Payとの比較に関しても解説しています。

楽天ペイが使えるお店・加盟店一覧!LINE Payとどちらがお得?のイメージ

目次

  1. 楽天ペイの使える店舗が気になる
  2. 楽天ペイが使える店舗や加盟店一覧・コンビニも
  3. 楽天ペイとLINE Payの使える店舗などはどちらがお得?
  4. 楽天ペイの使える店舗とクレカの使い方
  5. 楽天ペイの使える店舗まとめ

楽天ペイの使える店舗が気になる

出典: https://wepli-dot2.hatenablog.com

2018年現在において、加盟店が増え続けている楽天ペイ。どのような店舗で利用できるのか気になります。楽天ペイを使える店舗では現金いらずでスマホをかざすだけでお会計が終了します。楽天ペイが使えるコンビニや楽天ペイの加盟店でお買い物をしていて、もし現金が足りないといった時でも、わざわざ銀行でお金を引き出す事が不要になります。今ではコンビニに関しても楽天ペイの加盟店が増え続けているので、ますます便利になります。

出典: http://gotenzantealab.blogspot.com

この記事では楽天ペイを利用できる店舗や飲食店、コンビニ等について解説しています。楽天ペイの使い方に関しても触れていますので、楽天ペイの使い方や楽天ペイを使う手順、利用できるクレカや店舗について知りたい方は是非ご参考にされてください。

Thumb楽天ペイはマクドナルドで利用可能?メリットから使い方まで!

楽天ペイが使える店舗や加盟店一覧・コンビニも

楽天ペイが使える実店舗

出典: https://jp.techcrunch.com

楽天ペイが利用できる加盟店は全国に数多く存在しています。コンビニではローソンとファミリーマートでは全店舗で楽天ペイを利用できます。洋服を取り扱っているライトオンや、居酒屋として有名な白木屋など幅広い業種の店舗で楽天ペイを利用する事ができます。引っ越しで有名な0123アート引っ越しセンターも楽天ペイ利用する事ができ、コンビニなどを含むと楽天ペイが使える加盟店は多く存在しています。

出典: https://smartpay.rakuten.co.jp

使える店舗の紹介をしているときりがないので、インターネットで「楽天ペイが使える店舗」と検索するだけでどの店舗が楽天ペイを使えるかわかります。2019年以降も楽天ペイの加盟店は増え続けていますので、コンビニではポプラやミニストップも使えるようになります。近い将来セブンイレブンでも利用できるようになる事でしょう。今のクレカを使える店舗が少ないように、そのうち楽天ペイを使えない店舗が少なくなるかもわかりません。

楽天ペイが使えるネットショップ

出典: https://prtimes.jp

楽天ペイはネットショップでも利用する事ができます。楽天ペイが使える代表的なネットショップとしては、ラクマやBUYMA、無印良品のネットショップで使うことができます。通販等で買い物をした場合にクレジットカード払いをする事が多い人は楽天ペイを使うとポイント等の面ではお得になります。ネットショップの場合も楽天ペイを利用できる店舗は徐々に増えてきており、これからますます増えてくる事でしょう。

使える店舗はホームページから

出典: https://www.watch.impress.co.jp

楽天ペイを利用できる店舗や会社について楽天ペイのホームページで検索する事ができます。一番早いのはインターネットで「楽天ペイを使える店」と検索する事です。販売業はもちろんのこと、飲食業の他にネットカフェなどの施設でも利用する事ができます。楽天ペイが使える業種としては、ほぼ全ての業種にまたがっていると考えてもいいでしょう。使える店舗が増えれば増えるほど、生活は便利になっていきます。

楽天ペイが利用できない商品とは

出典: https://pay.rakuten.co.jp

楽天ペイが使える店舗でも商品によっては楽天ペイを使えない場合があります。電車や新幹線などの各種乗車券、バスなどの回数券、各種商品券、クオカード、切手・ハガキ、公共料金などに関しては楽天ペイを利用する事ができません。楽天ペイが使えない場合でもクレジットカードは使える場合があります。また、購入金額が100円未満の場合には楽天ペイを利用できません。

Thumb楽天ペイの使い方を分かりやすく解説!利用できる店舗やメリットも!

楽天ペイとLINE Payの使える店舗などはどちらがお得?

LINE Payの使える店舗

出典: https://news.nifty.com

楽天ペイと類似しているサービスのLINE Payも使える店舗数としては非常に多いです。楽天ペイと違って銀行でのチャージもできるようになっているので、クレジットカードがない場合でも利用する事ができます。LINE Payの場合には専用の端末を店舗に備える必要があり、ビッグカメラやユナイテッドアローズ、メガネスーパーなどの楽天ペイと同じく幅広い業種での利用が可能となっています。

どちらが使える店舗が多い?

出典: https://linepaycorp.com

楽天ペイを使える店舗とLINE Payを使える店舗を比較した場合、2018年現在であれば楽天ペイを使える店舗が多いですが、これから先LINE Payを使える店舗が増えてくることも考えられ、将来的に使える店舗数が同じくらいか、双方が逆転するかもわかりません。どちらにしても、楽天ペイもLINEPayも徐々に使える店舗が増えていっていますので、増えていくにしたがって私達の生活は便利になっていきます。

還元率はどちらがお得?

出典: https://bitdays.jp

楽天ペイとLINE Payの還元率を比較した場合、楽天ペイの場合は利用した金額の0.5%の楽天スーパーポイントが還元される仕組みになっています。クレカのポイントとは別に楽天ポイントが加算され、ポイントを2つとも手に入れる事ができます。期間限定でポイント還元キャンペーンなどが行われることもあり、5%~10%の高還元率になる場合もあります。キャンペーンが多いのも楽天ペイの魅力といえます。

出典: https://iphone-mania.jp

一方のLINE Payの場合は、LINE Payで購入した金額に応じて最大2%のLINEポイントによる還元となっています。コード決済した場合には最大で3%の還元率となっており、還元率だけ見ると高い感じに思えますが、LINEポイントで還元されるため、使い勝手はあまりよくありません。

決済やチャージ手段の比較

出典: https://www.mlab.ne.jp

楽天ペイの場合は決済方法として、ウェブ上の支払いに使う「オンライン決済」とコードを読み取って決済する「実店舗決済」の2つがあります。実店舗決済の場合にはスマホを専用リーダーにかざすのではなく、店舗にあるQRコードかバーコードを読み取る方式となっています。楽天ペイの場合はチャージが必要なく、利用した金額をクレジットカードと同じように翌月末などに支払う方式になっています。月末になってお金が足りない事もあります。

出典: https://monetomo.com

LINEPayの決済方法としては、店舗に設置してある機械にLINEカードを読み込ませる事で料金を支払う事ができます。楽天ペイと違って事前にチャージしておく必要があり、LINEカード等の中に入っている金額しか使うことができません。長所としては、チャージした金額と照らし合わせる事で自分でいくら使ったかを確認する事ができます。月末になってお金が足りないという事がない点では安心して使うことができます。

楽天ペイの使える店舗とクレカの使い方

楽天ペイで使えるクレカ

出典: https://earningextramoney123.blog.fc2.com

楽天ペイの使い方は簡単で、スマホにアプリをインストールした後に楽天会員アカウントでログインし、設定を行うだけで利用できます。楽天会員でない場合には楽天会員になるところから始めます。設定の中で料金を引き落とすクレカを選ぶ必要があり、この時に使えるクレカはVISA、JCB、マスターカードのどれかになります。クレジット会社はほとんどの場合VISAかJCBのどちらかに加盟している場合が多いです。

出典: https://www.koyanagi934.com

楽天カードであれば、VISA、JCB、マスターカードのどれかを登録する事ができますので、ほぼ全てのクレジットカードを利用できるといえるでしょう。楽天カード以外を登録する場合には、VISAかマスターカードのいずれかになります。2018年現在の情報ですので、今後登録できるクレジットカードが増えてくることも考えられます。

楽天ペイでポイント二重取りする方法

出典: https://checkout.rakuten.co.jp

楽天ペイの場合は他の決済手段と比べた場合に使える店舗としては多く、楽天ペイを使うことによって楽天スーパーポイントも獲得する事ができます。後払いである楽天ペイで支払う事によって、料金の支払いに登録したカードのクレジットポイントと楽天スーパーポイントの二重取りをすることができます。

楽天ペイを使う手順

出典: https://pipitchoice.jp

楽天ペイを使う手順としては、最初に楽天ペイのアプリをインストールします。その後楽天会員でない場合には楽天会員に登録をして、料金を支払うクレジットカードを設定します。設定まで完了すると店舗で利用できるようになります。店舗で買い物や飲食をした際に、アプリを開いてバーコードを読み取ってもらうか、スマホをかざすだけで支払いは完了です。

出典: http://eijicycle.com

楽天ペイを使う手順としては単純なので、スマホを使いこなすことができない方でも、手順を踏んでいれば楽天ペイは簡単に使うことができます。他の電子マネーなどと比べた場合は楽天ペイのほうが設定まですれば使い方は簡単です。

楽天ペイの使える店舗まとめ

出典: http://tekipakiranger.com

ここまで楽天ペイの使い方や加盟店、LINEPayとの比較について解説してきましたが、お分かりいただけたでしょうか。コンビニや飲食店、ショッピングモールでも徐々に楽天ペイでの支払いができるようになっているので、大きな買い物でも楽天ペイで支払いをする事ができます。楽天ペイはキャンペーンも多く、楽天ペイで支払いをする事によってポイントも二重取りする事ができるので、楽天ペイを使ってお得な買い物を楽しみましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ