Apple PayでのモバイルSuicaの使い方と設定方法を解説!

Apple PayはSuicaなど電子マネーと連動してiPhoneだけで支払いができ、使い方もとても簡単・便利です。この記事ではApple PayでのモバイルSuicaの使い方や設定方法、Apple Payの学割やメリット・デメリットを紹介します。

Apple PayでのモバイルSuicaの使い方と設定方法を解説!のイメージ

目次

  1. Apple PayでのモバイルSuicaの使い方
  2. Apple PayでのモバイルSuicaの設定方法
  3. Apple PayのモバイルSuicaのメリット
  4. Apple PayのモバイルSuicaのデメリット
  5. Apple PayのモバイルSuicaの支払い方法
  6. Apple PayのモバイルSuicaの学割は?
  7. Apple PayでのモバイルSuicaの使い方と設定方法まとめ

Apple PayでのモバイルSuicaの使い方

iPhoneを介して支払いができるApple Payはとても便利な支払い方法です。Suica(スイカ)、QUICPay(クイックペイ)、iD(アイディ)の3種類の電子マネーと提携しており、使用できる店舗が多いことも魅力です。ここでは、Apple PayでのモバイルSuicaの使い方・設定方法、メリット・デメリット、支払い方法や学割について紹介します。

使い方はかざすだけ?

出典: https://trendy.nikkeibp.co.jp


Apple Payに登録されているSuicaを使用する場合、iPhone8/7だと指紋認証の「Touch ID」を用います。使用方法は指をTouch IDに乗せた後、リーダーにかざすだけです。iPhone Xの場合は、顔認証の「Face ID」を用いるため、サイドボタンを2回クリック(ダブルクリック)してからスクリーンに目線を送った後、リーダーにかざして使います。

出典: https://www.survive-m.com

また、Suica以外のカードを用いる場合は、Touch IDに指を乗せずに、そのままリーダーにかざし、「Wallet」を立ち上げて使用したいカードを選びます。iPhone Xで「Wallet」を立ち上げる場合は、サイドボタンをダブルクリックします。iPhoneをかざすだけでSuicaが使えるのは非常に楽でお得です。

電車に乗るときの使い方

出典: https://arigato-ipod.com

Apple PayでのSuicaの使い方として最初に挙げられるのは電車での使い方です。電車でApple PayのSuicaを使用する際は、あらかじめSuicaをiPhoneのエクスプレスカード(交通系ICカード)に設定しておけば、Touch IDやFace IDも必要なくなり、改札にピッとかざすだけで利用が可能となります。

出典: https://support.apple.com

Apple Payのこの機能はSuicaにのみ適用されるため、QUICPayやiDでは適用されません。そのため、Apple PayにSuicaさえ登録しておけば、Suicaカードを常に所持する必要がなくなります。

Suicaに対応している店舗での買い物

出典: https://getnews.jp

コンビニやスーパーなどでApple PayのSuicaを使う際は、レジで「Suicaでお願いします」と言って、iPhoneをリーダーにかざせばOKです。使い方或いは伝え方の注意点としては、「Apple Payでお願いします」と言っても店員さんに通じないことが挙げられます。そのため、店舗利用の際はSuicaで支払うと伝えましょう。

Apple PayでのモバイルSuicaの設定方法

iPhoneの下にカードを置くだけ?

出典: https://getnavi.jp

Apple PayにモバイルSuicaを追加する設定方法は非常に簡単です。iPhoneでアプリ「Wallet」を開き、「カードを追加」でSuicaを選び、Suicaの情報を入力します。そしてSuicaのカードをiPhone本体の下に置きます。設定方法はたったこれだけです。この簡単な設定方法をクリアするだけでApple Payの中にSuicaが追加されます。

Suicaがない場合はSuicaアプリから新規発行

出典: https://www.appps.jp

Suicaカードは関東圏のみで発行されるICカードなので、上記のiPhoneを乗せてSuicaを追加する設定方法ができない方も多いと思われます。しかし、Suicaカードを持っていなくても大丈夫です。iPhoneのSuicaのアプリをインストールすれば、Suicaを新規発行することが可能です。Apple PayとSuicaの相性はバッチリなので、関東圏以外のiPhoneユーザーの方は、アプリでSuicaを新規発行することがおすすめされます。

新規発行後の設定方法

出典: https://ushigyu.net

Suicaアプリの新規発行後の使い方・設定方法ですが、アプリのインストールが完了したら、Suicaの使用を可能にする設定を施していきます。Suicaのアプリを開き、画面右下の「Suica発行」と書かれたボタンをタッチしてください。新規発行の中にも「Suica(無記名)」「My Suica(記名式)」「Suica定期券」がありますが、ここでは「My Suica(記名式)」を選び、説明していきます。

出典: https://ushigyu.net

「ようこそ」の画面が出て来たら、会員規約の確認をして、「会員登録」のボタンを押します。すると今度は氏名・メールアドレス・パスワード・秘密の質問など、Suicaの会員登録用の情報入力画面に移ります。情報入力画面ではクレジットカードの登録もできるので、Suicaと相性の良いオートチャージ可能なビューカード系を登録するとお得と言われています。

出典: https://no-genkin.com

もしApple Payを利用するのであれば、ビューカード系のクレジットカードを作り、Suicaと連動させて使用することをオススメします。Suica新規発行の最後は一定金額のチャージです。アプリで登録したクレジットカードかApple Payに登録したカードからチャージが行われます。チャージの完了と同時にSuicaの新規登録が完了します。「My Suica(記名式)」を選ぶと、Suicaアプリに自分が設定した名前が反映されます。

登録できないSuicaとは?

出典: https://www.jp-bank.japanpost.jp

Apple Payに登録できないSuicaの例としては、定期券付きの通学用Suica、クレジット機能付きSuica(ビュー・スイカなど)、氏名や生年月日が異なるSuica、ゆうちょICキャッシュカード一体型Suica、19,500円以上の残高があるSuica、学生証や社員証が一体型となったSuica、JR東日本で発行されていないSuica、小児専用のMy Suicaなどが該当します。

出典: https://kakaku.com

クレジット機能が付属しているSuicaは、クレジットカードとしては登録が可能ですが、Apple Pay上ではSuicaの機能が使用不可能となってしまいます。定期券付きの通学用Suicaは登録できないと上記しましたが、大学や専門学校のものであればApple Payに登録可能となっています。忘れてはならないことは、Apple Payに一度でも登録したSuicaは、カードに戻すことができないため注意する必要があります。

出典: https://nikomama.net

Apple PayにSuicaを登録する際の注意点は他にもあります。Suicaを銀行口座からチャージ、または携帯電話のキャリア決済チャージをしている方達は特に注意が必要です。SuicaをApple Payに登録すると、これら2つのチャージ方法はできなくなってしまいます。もし該当するのであれば、チャージする方法を他に検討する必要があります。

認証不要にする方法

出典: https://gori.me

認証不要でApple Payを使えるのはSuicaのみです。改札を通る時もスムーズになるのでストレスが軽減されます。Apple Payのエクスプレスカード機能は、指紋認証なしのスリープモードでもSuicaの機能が使える優れものです。Suicaをエクスプレスカードに設定する必要がありますが、Suicaの新規発行や登録の際に自動的に設定されるので、設定方法はとても簡単です。

Apple PayのモバイルSuicaのメリット

メリット①カードレス

出典: https://www.rbbtoday.com

設定方法が簡単なApple PayでSuicaを利用すれば、財布またはパスケースが不要になるため、一々煩わしい思いをすることが減ります。iPhoneはポケットの中など手にしやすい場所にしまう傾向が多いため、改札前などですぐに取り出してApple Payを利用すれば不自由は感じません。さらにSuicaのアプリではチャージや残高確認もできるため、活用すればするほどメリットが感じられます。

メリット②どこでもチャージ可能

出典: https://uwasanoblog.com

支払いや使い方がシンプルなApple Payはメリットで溢れています。何かを買いたくなったり、Suicaの残高が少なくなった時には、Suicaのアプリを起動すればその場でチャージができるメリットがあります。どこでもチャージができるので、わざわざ券売機などに行く必要もなくなります。Apple PayはSuicaアプリと併用すると大きなメリットが感じられます。

メリット③クレジットカードによってはポイントがたまる

出典: https://goo.gl

カード会社によってはApple PayのSuicaを使用することでポイントがたまるメリットがあります。万が一クレジットカードを忘れた場合でも、iPhoneさえあればApple Payでクレジットカードの利用ができます。Apple Payを使った=クレジットカードを使ったということになるので、そのカードの会社のポイントがたまるのです。これは非常に魅力的なメリットです。

Apple PayのモバイルSuicaのデメリット

デメリット①充電がなくなると使えない

出典: https://www.norarikulife.com

Apple Payのデメリットとして一番大きなものは、充電切れに対応できないことです。ICカードのSuicaであれば充電がなくなることを気にする必要がありません。バッテリー切れに対応するためには、モバイルバッテリーの所持がオススメされます。モバイルバッテリーさえ持っていれば、Apple Payの利用は可能ですし、iPhone自体の電池切れを防げるので安心感があります。

デメリット②紛失時のリスクがある

出典: https://www.itmedia.co.jp

iPhoneを紛失した際に生じるデメリットは、勝手にApple Payを使用されるケースです。親切な人に拾ってもらえれば良いのですが、そうとも限らないので、こうしたデメリットを踏まえて利用する必要性があります。特にオートチャージ機能を使われると厄介なので、紛失時のデメリットには気を配りたいものです。

デメリット③関東圏以外だと不便なことも

出典: https://seniorguide.jp

Apple PayのSuicaのオートチャージは非常に便利な機能です。しかし、関東圏以外ではそのオートチャージ機能が使えないデメリットも生じています。関東圏にいるとApple Payのデメリットは少なく感じますが、県を跨いでの利用ができないことは大きなデメリットだとされています。

Apple PayのモバイルSuicaの支払い方法

クレジットカードでチャージして支払う

出典: https://did2memo.net

Apple PayのSuicaの支払い方法は、Suicaをアプリでチャージして行うことが主です。クレジットカードのチャージ支払いはSuicaのアプリ、またはWalletのアプリで行うことができます。アプリにクレジットカードを登録するだけでチャージが可能になるため、大変便利な支払い方法になってします。

オートチャージ機能は使える?

出典: https://www.survive-m.com

ビューカード系のクレジットカードを登録すると、オートチャージでの支払いが可能になります。チャージをするごとにポイントが還元されていくビューカードは、Apple PayのSuicaと相性抜群で使い方も簡単です。オートチャージ機能を使用する場合は、Suicaアプリの「チケット購入・Suica管理」を押し、「オートチャージ設定」をタップして設定を行いましょう。

支払いが便利になるエクスプレスカード

出典: https://gori.me

SuicaをApple Payのエクスプレスカードに設定した場合、指紋認証はパスされ、電車の改札通過はもちろん、コンビニでの買い物もピッとリーダーにかざすだけで支払いが終了します。Apple Prayのエクスプレスカードの設定方法や使い方は上記の通りで、よりスムーズにより快適にSuicaでの支払いを支えています。

Apple PayのモバイルSuicaの学割は?

学割がある通学定期券は購入方法が違う

出典: https://www.jreast.co.jp

Apple PayでのSuica通勤定期券とSuicaカードでの通学定期券の購入方法は全く異なります。Apple PayのSuica通勤定期券は、iPhoneのSuicaアプリに登録されたクレジットカードで購入を行います。この通勤定期券はクレジットカードだけでなくデビッドカードでも購入可能です。一方、普通のSuicaカードで通学定期券を買う場合は、学割を受ける代わりに学生証など通学証明が必要となります。

通学定期券の購入方法は2通り

出典: https://www.itmedia.co.jp

上記では、学割の通学定期券はApple PayのSuicaで購入することは不可能だと記載しましたが、それは中学生や高校生に限ったことで、大学生や専門学校生が学割定期券を購入したい場合は、Apple Payでの対応が可能です。ここでは、駅でICカードのSuica学割定期券を購入する場合のケースをします。先にみどりの窓口(駅にある窓口)での購入方法①は、通学定期券申込書を書き、学生証などの通学証明書を見せてICカード型の学割定期券のSuicaが発行する方法です。

 

出典: https://biz-journal.jp

その後、アプリ「Wallet」でSuicaの情報を読み込めばApple PayでモバイルSuicaの使用が可能となります。iPhone7以降の機種であれば、この方法で学割定期券を購入することができます。ちなみに学割カードを発行する際には、デポジットの500円がかかります。

出典: https://japanese.engadget.com

購入方法②は、iPhone7以降のiPhoneを所有していない人でも、Apple Payの学割Suicaが購入できる方法です。その条件を満たしている方は、Apple Watch Series 2以降のApple watchを持っている方です。

出典: https://www.bhphotovideo.com

注意としては、Apple WatchでSuica学割定期券を購入する場合は、最短でも7日間待つこととなり、学割定期券の利用開始が、購入方法①よりもかなり遅れてしまいます。購入方法②は、モバイルSuicaの会員サイトで手続きを行った後、Suicaのアプリ内で学割定期券を買うという方法です。

出典: https://www.sprint.com

iPhone7以降の普通のiPhoneも例に漏れず、モバイル会員登録での学割定期券購入は最短で7日間かかるので、駅のみどりの窓口で買う購入方法①をおすすめします。iPhone7以降の機種でApple Pay Suicaの学割定期券を作った場合、ICカードの情報をiPhoneに読み込ませると、Apple Wathcにそれを移動させることができます。

定期券を継続して使う場合

出典: https://www.jreast.co.jp

定期券の継続利用がしたい場合は、iPhoneの「Wallet」アプリ内の定期券の項目を選択し、有効期限が過ぎる前に「定期券を更新」を押さなければなりません。もし期限を過ぎてしまった場合は、Suicaのアプリから再び定期券を購入する事態に陥るので、注意が必要です。することになりますので、注意しましょう。簡単に言えば、新規購入する際にはSuicaアプリ、継続購入の際にはWalletのアプリということになります。

定期の払い戻しも可能

出典: https://appllio.com

Apple PayにSuicaを登録すると、通常のものから定期券なまで払い戻しが可能です。Suicaアプリを立ち上げて「チケット購入・Suica管理」を押せば簡単に手続きができます。払い戻しでは、カード1枚につき手数料220円がかかります。大体2週間から1ヶ月が過ぎると、持ち主が指定した金融機関の口座に料金の払い戻しが行われます。

Apple PayでのモバイルSuicaの使い方と設定方法まとめ

出典: http://i.meet-i.com

この記事では、Apple PayでのモバイルSuicaの設定方法や使い方を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?Apple PayにSuicaを登録する設定方法はとても簡単なものでした。Apple PayでのモバイルSuicaのメリット・デメリット、支払い方法や学割に至るまで様々な面を見ることができました。iPhoneユーザーの方はApple PayでSuicaを利用することを検討してみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ