エポスカードは高還元率!お得な使い方・ポイント獲得術を紹介!

エポスカードの利用で貯まるエポスポイントの還元率は普通0.5%ですが、エポスカードの使い方を工夫すると、ポイントがよく貯まるようになります。そのポイント獲得術を解説するとともに、ポイントのお得な使い方にもこの記事で迫ってみます。

エポスカードは高還元率!お得な使い方・ポイント獲得術を紹介!のイメージ

目次

  1. エポスカードのポイントについて解説!
  2. エポスカードのポイントの特徴とは?
  3. エポスカードのポイントのお得な貯め方とは?
  4. エポスカードのポイントの使い道・上手な使い方を紹介!
  5. エポスカードのメリット・デメリットとは?
  6. エポスカードのポイントについてのまとめ

エポスカードのポイントについて解説!

出典: https://www.eposcard.co.jp

エポスカードの利用で貯まるポイントはエポスポイントです。このエポスポイントには本来の獲得方法以外にもお得な貯め方がありますが、そのようにして貯まったポイントの使い道は多く、探すだけでも楽しいです。そこで、今回は、エポスカードのエポスポイントの貯め方、使い方、エポスカードのメリットやデメリットなどについて解説します。

Thumbエポスカードの解約方法と注意点を解説!電話でも退会可能?

エポスカードのポイントの特徴とは?

エポスポイントが貯まる利用方法とは?

出典: https://www.eposcard.co.jp

エポスポイントのお得な貯め方については後で解説するとして、まずは基本的なポイント獲得方法を見てみましょう。エポスポイントの貯め方はいくつかありますが、どの貯め方を利用するにしてもポイントはエポスカードの使用です。どのような使い方があるのかというと、VISA加盟店(実店舗)で支払いに使う、ネットショッピングの決済に使う、公共料金の支払いに使う、公式アプリを使うなどです。

エポスカードを実店舗で使ったエポスポイントの貯め方

出典: https://www.measuretrip.com

エポスカードを実店舗で購入した商品の代金の支払いに使えますが、これでエポスポイントが貯まります。ただし、エポスカードの国際ブランドはVISAだけなので、VISA加盟店でのみポイントが貯まります。と言っても、クレジットカードの加盟店はほとんどVISAを利用できるので、事実上すべてのクレジットカード対応店でエポスポイントが貯まります。

エポスカードをネットで使ったエポスポイントの貯め方

出典: https://www.eposcard.co.jp

エポスカードにはお得にネットショッピングでエポスポイントを貯める方法が用意されていますが、まずは普通のポイントの貯め方です。これは他のクレジットカードの使い方と変わらず、ネットショッピングの決済画面が表示されたら、支払い方法をクレジットカードとし、カード番号や有効期限、セキュリティコードなどを入力していきます。これで決済が行われ、無事エポスポイントが付与されます。

公共料金などの支払いなどでエポスポイントを貯める貯め方

出典: https://www.eposcard.co.jp

公共料金、携帯電話代、固定電話代、税金、プロバイダー料金、新聞代、NHK受信料などの支払いでエポスカードを使ってもエポスポイントが貯まります。ただし、それぞれの設定方法はみな違うので、エポスカードの公式サイトで確認をしてください。いずれにしろこれらの料金を合算すると、かなりの金額になるので、獲得できるエポスポイントも多くなります。

エポスポイントの基本還元率は?

出典: https://onisetsu.com

エポスカードの基本的なポイント還元率は0.5%です。200円の利用につき1ポイント獲得できて、その1ポイントは1円として使えます。この0.5%という還元率は、高還元率のクレジットカードもある中においてはそれほど高い数字とは言えませんが、エポスカードは入会金・年会費が無料のカードです(ゴールドカード以上は有料)。それを考えればこのくらいの還元率もよしとしなければいけませんが、還元率アップの方法も用意されています。

エポスポイントの有効期限について

出典: https://www.eposcard.co.jp

エポスカードの利用で貯まるエポスポイントの有効期限はポイントが付与されてから2年間です。2年を過ぎると、ポイントが使えなくなるのですが、エポスカードには便利なシステムがあります。それは、ポイント有効期限延長制度というもので、3か月以内に有効期限が切れるエポスポイントの場合は、延長の申し込みができるようになっているのです。延長期間は2年間で、本来の有効期限に加えるとかなり長い間ポイントを利用できます。

ゴールドカードやプラチナカードの場合はポイント有効期限なし

出典: https://kakaku.com

エポスゴールドカードやエポスプラチナカードの場合、ポイントの有効期限はありません。そういうと、ゴールドカードやプラチナカードは年会費が高いのではと思う人もいるでしょうが、エポスゴールドカードの年会費は5000円(税込)、エポスプラチナカードの年会費は3万円(税込)です。やはり高いなと感じる人もいるでしょう。しかし、年間利用額が多いかインビテーションがあれば、年会費は無料になるか減額されます。

Thumbエポスカードの締め日と引き落とし日はいつ?支払い日の変更は可能?

エポスカードのポイントのお得な貯め方とは?

「エポトクプラザ」の利用

出典: http://note.credit-119.com

エポスカードには、「エポトクプラザ」という会員専用の優待サイトがあります。この「エポトクプラザ」には、「買う」「遊ぶ」「食べる」「知る」「観る」「磨く」「旅する」「暮らす」などのいろいろなカテゴリーがあり、その中から好きなものを選んで利用すると、ポイント還元率がアップしたり、特別価格で利用できたりするメリットがあります。

家賃の支払いで貯めることも可能

出典: https://www.eposcard.co.jp

公共料金などの支払いにエポスカードを利用すると、エポスポイントが貯まることはすでに説明しましたが、家賃の支払いでもポイントが付与されます。ポイントの貯め方は「Room ID」というサービスを使うのですが、家賃だけでなく保証料の支払いでもポイントが貯まります。実を言うと、この「Room ID」のメリットはポイントが貯まることだけではありません。少しテーマからそれますが、「Room ID」のメリットもついでに見ておきましょう。

ポイントが貯まる「Room ID」のメリット

出典: https://www.eposcard.co.jp

家賃の支払いでポイントが貯まるだけでもありがたいのに、「Room ID」を利用すると、家賃保証までしてくれます。連帯保証人が見つからない人にとってはとても助かるサービスで、賃貸契約に必要な時間を節約できます。それから、エポスカードを所有していなくてもこのサービスを利用できますが、カードを持っている人は家賃がカードの利用代金の支払いと同時になるので便利です。

「たまるマーケット」を経由してのショッピング

出典: https://tokugawax.jp

次のエポスポイントのお得な貯め方は、「たまるマーケット」というサイトを経由してショッピングをする方法です。「たまるマーケット」は、エポスカードを所有し、エポスNetへの登録が済んでいれば、だれでも利用可能です。この「たまるマーケット」には400以上ものショップが入っていますが、大手通販のAmazonや楽天市場も含まれるので、ネットショッピングもしやすいです。ポイント還元率は2倍からなんと30倍にもなります。

「たまるマーケット」でのポイントの貯め方の注意点

出典: https://nekocre.com

ネットショッピングをする場合、対象のネットショップのサイトに直接行って買い物をする場合がありますが、それではエポスポイントは貯まりません。後から「たまるマーケット」のサイトを開き、どう手続きしようが、ポイントは付与されません。当たり前と言えば当たり前ですが、意外にお得なサイトを経由することを忘れてしまう人も多いです。

楽天Edyではポイントが2重取りできる

出典: https://chemney.com

エポスカードを持っている人が、おサイフケータイの楽天Edyも利用すると、ポイントの2重取りができます。どういうことかというと、まずエポスカードで楽天Edyにチャージした時点で1000円につき5ポイントもらえます。これだけではなく、楽天Edyで支払いをすると200円利用につき1ポイント付与されます。これでポイント還元率が上がりますが、おサイフケータイの楽天Edyを使っている人にはうれしいメリットです。

エポスカードでポイントの2重取りの仕方

出典: https://chemney.com

エポスカードで楽天Edyのポイントの2重取りをする場合は、エポスカードとおサイフケータイ対応端末を用意します。次に、アプリをダウンロードして、エポスカードを登録します。次に「Edyでポイント」を設定すると、利用した金額に対してポイントが貯まるようになります。チャージでのポイントの貯め方は、アプリの「チャージ」から1000円単位の金額とパスワードを入力するだけですが、オートチャージにも対応しています。

エポスカード公式アプリでのポイントの貯め方

出典: https://www.eposcard.co.jp

エポスカード公式アプリをダウンロードすれば、さまざまな機能を使えますが、その中にミニゲームが入っています。「ハイ&ロー」という名称で、1日1回チャレンジでき、1日に最大3ポイント貯まります。ゲームの内容は数字の大きさを当てるだけのものであり、簡単にプレーできます。ただ、1日3ポイントしかもらえないのかとがっかりする人もいるかもしれませんが、毎日続ければ少しはポイント還元率アップにつながります。

エポスポイントのお得な貯め方・キャンペーン参加

出典: https://www.eposcard.co.jp

エポスカードの会員サイト、エポスNetでは定期的にキャンペーンを実施しています。キャンペーン内容はエポスNetに登録した人にしかわからないようになっていますが、カードの利用、リボ払いの利用、サービスへの応募などをすれば、ポイント還元率が上がります。そのキャンペーンの種類については、すべての人にポイントが付与されるキャンペーンと抽選でポイントがもらえるキャンペーンなど何種類かあります。

エポスカードの新規入会キャンペーンでのポイントの貯め方

出典: https://www.eposcard.co.jp

エポスカードではよく新規入会キャンペーンをやっています。2019年3月14日までの新規入会キャンペーンの場合は、最大5000ポイントが付与されます。その内容は、公式サイトから申し込みをし、郵送でカード受け取って2000ポイント、買い物での利用で最大1800ポイント、スマホや携帯の支払いで1000ポイント、アプリのダウンロードとログインで200ポイントとなっています。

友達や家族をエポスカードに紹介してポイント獲得

出典: https://voi.0101.co.jp

エポスカードに友達や家族を紹介して、その友達や家族が入会すると、紹介者と入会者の両方にポイントが付与されます。付与されるポイント数は、紹介者の場合は1500ポイント、入会者の場合は3000ポイント(入会特典も含んだポイント数)です。もし知り合いにエポスカードを使ってもいいという人がいたら、ぜひこのメリットを生かして、ポイント還元率を上げましょう。

ゴールド・プラチナカードではボーナスポイントが貯まる

出典: https://www.issy-style.com

エポスゴールドカードやエポスプラチナカードを所有している人は、年間利用額に応じてボーナスポイントがもらえます。ゴールドカードの場合は、50万円以上の利用で2500ポイント、100万円以上の利用で1万ポイント付与されます。プラチナカードの場合は、100万円以上から1500万円以上までいくつものランクがありますが、さすがにプラチナカードだけあって付与ポイントも多く、メリットが大きいです。

エポスカードのポイントの使い道・上手な使い方を紹介!

マルイや通販サイトでの利用

出典: https://ja.wikipedia.org

エポスポイントの上手な使い方の第一は、マルイの店舗やマルイのショッピングサイトでの利用です。どのような使い方があるのかというと、買い物をするときに1ポイントにつき1円の割引があるのです。つまり、ポイントを使うというよりも、ポイント分だけ買い物の代金が引かれるという感じです。似たようなものですが、割引になることはうれしいことです。ただし、クレジットカード払いで、500ポイント以上の利用に限ります。

エポスVisaプリペイドカードの利用

出典: https://matsunosuke.jp

エポスカードでエポスVisaプリペイドカードにチャージをすればポイントを消費できますが、その場合1ポイントからの利用が可能です。エポスポイントの利用では500ポイントや1000ポイント以上でないと1ポイント単位の消費ができないことが多いのですが、エポスVisaプリペイドカードの場合はその心配がありません。

利用額の0.5%がキャッシュバック

出典: https://www.eposcard.co.jp

エポスVisaプリペイドカードの利用でエポスポイントは貯まりませんが、代わりに0.5%のキャッシュバックがあります。つまり、エポスカードの利用で貯めたポイントはエポスVisaカードにチャージしやすいだけでなく、キャッシュバックもあるのでかなりお得です。もちろん、0.5%という数字は決して高くはありませんが、それでもポイントを他の使い方で消費するよりはプラスになります。

エポスVisaプリペイドカードのチャージ方法

出典: http://deresuke-credit.com

エポスVisaプリペイドカードの使い方で大切な部分であるチャージ方法をご紹介しましょう。まず、エポスNetにログインし、「エポスVisaプリペイドカード」の「各種手続き・照会」という項目から始まり、「エポスポイントを移行する」または「エポスカードから入金する」のどちらかを選びます。ここでエポスポイントの数かチャージ額を入力し、エポスカードのセキュリティコードも加えれば、チャージの完了です。

商品券やギフト券への交換

出典: https://ameblo.jp

エポスポイントの使い方で意外におすすめできるのが、商品券やギフト券、ギフトコードへの交換です。どんな商品券などと交換できるのかというと、マルイの商品券、VJAギフトカード、クオカード、Amazonギフト券などです、ほかにもありますが、この中ではAmazonギフト券とVJAギフトカードが一番いいです。なぜなのか理由を次の段落で見てみましょう。

エポスカードのポイントの使い方・おすすめの商品券

出典: https://kinken.co

エポスカードの利用で貯まったポイントの使い方として特におすすめできるのがAmazonギフト券やVJAギフトカードへの交換です。どうしておすすめなのかというと、まずAmazonギフト券への交換は1ポイントからできます。他の商品券などには1000ポイント以上から交換という場合が多く、やや使いにくいです。また、VJAギフトカードの場合は有効期限がないので、エポスポイントを交換しておくといつ使うかの心配がありません。 

エポスカードのメリット・デメリットとは?

エポスカードにはどんなメリットがある?

出典: https://dinksblog.com

ここからは、エポスカードのメリットとデメリットを見ていきますが、まずはメリットのほうです。エポスカードにはいくつものメリットがあり、お得なカードとなっているので、多くの人におすすめできます。では、どうおすすめできるのかというと、一つはマルイでの特典で、マルイを利用する機会が多い人はエポスカードを作っておくべきです。しかし、メリットはこれだけにとどまらず、ほかにもあるので、それを含めて解説しましょう。

エポスカードを店頭で使うとお得

出典: https://www.eposcard.co.jp

エポスカードを全国にある飲食店、カラオケ店、美容院、遊園地、映画館などで使うと、割引サービスや無料サービスを受けられるメリットがあります。その数は1万店舗にも上り、カードを持っているだけで大変お得になります。割引の率ですが、5~30%OFFにもなり、かなりのお金の節約ができます。

もちろんマルイでもお得

出典: https://money-pentagon.com

マルイやマルイのネットショッピングサイト、渋谷モディでは、年に4回「マルコとマルオの7日間」というイベントを行っています。このイベントはエポスカードの会員のためのイベントで、これらの店舗でエポスカードを使うと、買い物の代金が10%割引になります。この10%という数字は大きいので、カード所有者はぜひこの期間に合わせて買い物をすべきです。なお、ポイントでの支払いや現金での決済は10%割引の対象外です。

海外旅行傷害保険が自動付帯

出典: https://shuffles.jp

多くのクレジットカードには旅行傷害保険が付いていますが、その保険には自動付帯と利用付帯があります。このうち、自動付帯の旅行傷害保険の場合は対象のクレジットカードで旅行代金の決済を行わなくても保険の適用があり、安心して旅行ができます。エポスカードの場合、年会費が無料なのに海外旅行傷害保険が自動付帯です。これは大きなメリットで、海外旅行に行く人にとってはとても助かるサービスです。

エポスカードにはどんなデメリットがある?

出典: https://nomad-saving.com

エポスカードのメリットをいくつか挙げましたが、メリットだけというわけにはいきません。メリットもあれば当然デメリットもあります。そのデメリットをこれから見ていきますが、エポスカードを新たに作ることを考えている人は、メリットとデメリットを天秤にかけてからどうするか決めるといいでしょう。

デメリット①ポイント還元率が低い

出典: https://www.slideshare.net

エポスカードの基本的なポイント還元率は0.5%で、200円の利用につき1ポイント貯まります。しかし、この0.5%という数字はお世辞にも高いとは言えません、高還元のクレジットカードの場合は、1%か場合によったら1%以上の還元率であることもあり、それと比べると見劣りします。ただ、エポスカードの使い方によっては、このデメリットも解消できるのでいかに上手に使うかが重要です。

デメリット②エポスカードには家族カードがない

出典: http://www.aeon.co.jp

クレジットカードを作る場合、家族にも同じ種類のカードを持たせて、支払いをまとめて行いたいという人も少なくありません。しかし、エポスカードには家族カードがなく、家族間でエポスカードを共有したいのなら、別々にカードを作る必要があります。それでもいいという人もいるでしょうが、家族カードがあったほうが何かと便利なので、このデメリットもマイナス1点として数えていいでしょう。

デメリット③ブランドがVISAだけ

出典: https://www.sukesuke-mile-kojiki.net

エポスカードの国際ブランドはVISAだけです。もちろん、VISAのカードがあれば、たいていの用はこなせますが、国際ブランドの選択をしたいという人にはこの点がデメリットとなっています。したがって、どうしてもVISA以外のクレジットカードが欲しいのなら、他社のカードを作らなければいけません。

エポスカードのポイントについてのまとめ

出典: https://www.eposcard.co.jp

ここまで、エポスカードのポイントの特徴、お得な貯め方、上手な使い方、エポスカードのメリットやデメリットなどについてまとめてみました。エポスカードを利用するとエポスポイントが貯まりますが、その還元率は0.5%と決して高くはありません。しかし、エポスカードの使い方によってはその還元率を上げることもできます。したがって、上手にポイントを獲得し、賢く消費するようにしましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ