ビットコインに確定申告は必要?税金がかからない方法を調査!

ビットコインの税金は政府が施策など講じている段階です。そのため、ビットコインの確定申告が重要視されてきている傾向にありますので、無申告による罰則を受けない為に仕組みを理解しておくべきでしょう。ここでは、確定申告までに税金がかからない方法までを調査しています。

ビットコインに確定申告は必要?税金がかからない方法を調査!のイメージ

目次

  1. ビットコインの確定申告について解説!
  2. ビットコインなどの仮想通貨での儲けに対して確定申告は必要である
  3. ビットコインの利益にかかる税金の計算方法とは?
  4. ビットコインとその他の投資の税金の違いとは?
  5. ビットコインは節税できる?
  6. ビットコインの確定申告についてのまとめ

ビットコインの確定申告について解説!

出典: https://toyokeizai.net

ビットコインをはじめアルトコインなどの仮想通貨取引は、税金がどのように課せられるのでしょうか?仮想通貨の取引による税金は、取引に携わる人にとって特に気になる問題です。仮想通貨取引の税金に関しては、FXと株式投資との違いがあるという事ですので、これまでの認識で確定申告をしてはならないといえるでしょう。そこで、仮想通貨の利益に関する税金の仕組みから、FXや株式投資との違いを比較して明確にしていきます。

Thumbビットコインに税金はかかる?確定申告・所得税の疑問や節税方法を解説!

ビットコインなどの仮想通貨での儲けに対して確定申告は必要である

確定申告とは?

出典: https://www.freee.co.jp

確定申告とは、計算期間の1月1日から12月31日までの1年間を対象に、所得にかかる税金を確定させる手続きの事です。確定する税金として「所得税および復興特別所得税」を計算し、確定申告後はこれらの税金を支払います。そして、確定申告日が翌年の2月16日から3月15日までの期間に税務署に申告・納税します。

確定申告の対象者

出典: https://airregi.jp

確定申告は対象者に該当する場合に必要です。確定申告の必要がある人として「①給与収入が2,000万円を超えている、②配当所得や不動産所得などの所得が20万円を超える、③2箇所以上から収入が発生している、④医療控除、雑損控除をうける、⑤対象年度の途中で会社を退職して、再就職していない事から年末調整がうけられない、⑥ふるさと納税の納付先自治体が6か所以上ある」などがあります。

仮想通貨の課税対象とは?

出典: https://we-love-car.com

ビットコインが確定申告の対象者に該当する場合が、「配当所得や不動産所得などの所得が20万円を超える」となります。たとえば、1月1日から12月31日までの間に、ビットコイン取引の損益結果が40万円だった場合は、2月16日から3月15日までに確定申告をしなければなりません。また、ビットコインに限らず、その他仮想通貨のアルトコインに関しても、同様に確定申告が必要ですので、注意しておきましょう。

ビットコインは「雑所得」に分類される

出典: https://www.komonhiroba.com

以前までは、ビットコインの利益が所得税に分類されていました。しかし、ビットコインの利益は、「雑所得」に分類されることとなったのです。雑所得以外に、譲渡所得や事業所得などがありますが、雑所得だと株や証券などの利益に該当する際に課せられます。また、ここでもビットコインに限らず、アルトコインも同様に雑所得として確定申告をしますので覚えておきましょう。

雑所得は総合課税の対象

出典: https://fx-rk.com

租税を雑所得で分類する場合は、総合課税の対象となるという事が重要です。総合課税とは、給与所得などの所得が別にある場合は合算して計算をします。そこで、この計算した総合所得に税率をかけて所得税額を算出する課税方式です。つまり、ビットコインの利益以外に所得がある場合は、ビットコインが総合課税という事ですので、課せられる税金が多くなるという事を覚えておきましょう。

雑所得は損益通算の対象外である

出典: https://talking-english.net

雑所得に分類された場合は「損益通算」ができないという事も重要です。損益通算とは、取り引きで得た利益から損失を差し引く事によって、所得に対して課せられる税金の割合を低くする節税方法です。つまり、損益通算ができないとなると、ビットコインで得た利益から、ビットコインで出した損失と差し引いて確定申告が出来ません。

繰越控除も対象外である

出典: http://kekkon-katsudou.net

株式投資などであれば、損益通算に加えて「繰越控除」の適用ができます。繰越控除とは、株式投資で損失を出した(赤字)その年に確定申告を行う事によって、翌年から3年間損失を繰り越して損益計算ができるという制度です。しかし、ビットコインの雑所得の場合は、繰越控除が適用できませんので、節税効果が期待できないという事になるのです。

ビットコインで確定申告をしなかった場合は?

出典: https://mailmarketinglab.jp

ビットコインの確定申告について理解している人が少ない傾向にあるのですが、もしビットコイン取引で確定申告をしなかった場合は、「①延滞税②加算税③5年以下の懲役あるいは500万円以下の罰金」と3種類の罰則を受けます。それでは、それぞれの罰則内容を確認していき、ビットコインで確定申告をしなかった場合のリスクを具体的にしていきます。

確定申告をしなかった場合の罰則①延滞税

出典: https://www.kaitaiguide-blog.net

延滞税の税率として7.3%~14.6%の税金が課せられる事になりますが、この罰則は税金の納付までに発生している状態です。つまり、ビットコインの取引で確定申告をしなかった場合、税金の納付までに、金額や確定申告の期日(日数)が遅れるほど課せられる税金が多額になる可能性が高いという事を意味します。

出典: http://ilearningdiary.com

また、税率の7.3%だと納期限の翌日から2月を経過する場合の税率、そして7.3%以降の税率では納期限の翌日から2月を経過する日の翌日から発生します。もし、税金の納期限の日から2月が経過し、2月経過して翌々日を超えた場合は、年「14.6%」と「特定基準割合+7.3%」のいずれか低い割合が加算されます。

確定申告をしなかった場合の罰則②加算税

出典: https://www.factus-homme.biz

加算税の種類は、「過少申告加算税」「無申告加算税」「重加算税」の3種類あります。まず、無申告加算税に関しては、名称の通り、確定申告をしなかった場合の罰則になりますが、一方、過少申告加算税だと確定申告はしたものの、納付すべき額よりも小さかった場合にかかります。最後に重加算税なのですが、この罰則は事実を隠蔽するなどの悪質なケースだと判断された場合に課せられる罰則です。

出典: https://www.kireie.com

特に重加算税の税率が高く、35%~40%を追加で支払わなければならないので、注意しなければなりません。そして、ビットコインの確定申告がもし遅れてしまった場合では、無申告加算税の15%、また確定申告の申告額が小さい場合が過少申告加算税の10%が課せられます。

確定申告をしなかった場合の罰則③5年以下の懲役あるいは500万円以下の罰金

出典: http://tissue1222.hatenablog.com

確定申告をしなかった(脱税)に対しての罰則として「5年以下の懲役あるいは500万円以下の罰金」が課せられ、この両方の罰則が生じる場合もあります。この罰則は税法違反と判断された場合に課せられますので、注意しなければなりません。

Thumbビットコインの購入方法・買い方を初心者向けにわかりやすく解説!

ビットコインの利益にかかる税金の計算方法とは?

出典: https://iekon.jp

ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨による利益は、「購入・売却によって得た利益」「ビットコインの採掘による利益」の2種類あります。この2種類によって、課税方法や計算方法が違ってきますので、ビットコインの利益の区分の仕方や区分に応じた計算方法を理解しておく必要があります。ここでは、ビットコインの購入・売却による利益の場合と、ビットコインの採掘による利益の場合で計算方法を解説していきます。

購入・売却で得た利益の場合の税金の計算方法

出典: https://www.mag2.com

ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨で得た利益では、「販売価格-仕入れ価格-50万円」が計算方法です。この計算によってビットコインの利益が譲渡所得として算出できます。この計算式に当てはめる項目は、ビットコインの購入が「仕入れ」、そして販売を「譲渡」としています。そのため、ビットコインの譲渡による利益から仕入れによる費用を差し引いているという事になるのです。

ビットコイン採掘の場合の分類

出典: https://doda.jp

ビットコインの採掘によって得られる利益では、「事業所得」「雑所得」と分類されます。それぞれの分類の判断基準は、事業の結果だという事をおさえておく必要があります。この事業の結果というのが、「事業として相応の時間を費やし、労働と認識している」「正当性のある職業であるか」「安定して収入が得られる事業であるか」という事です。

採掘で得た利益の場合の税金の計算方法

出典: https://www.businessinsider.jp

ビットコインの採掘によって、事業所得となった場合の計算式が「収入-必要経費」で事業所得を算出できます。この事業所得に課せられる税率が、「5~45%」なのですが、計算方法として「195万円以下~4000万円超え」まで様々な所得金額によって、区分がありますので、最低でも5%の税率をビットコインの事業所得へ課せられるという事をおさえておきましょう。

出典: https://www.zangyou.jp

続いて、ビットコインの採掘による利益が雑所得扱いとなった場合の計算式が、「雑収入-20万円」で雑所得が算出できます。このビットコインの雑所得に関しては、「累進分離課税制度」の適用を受ける事ができますので、利益金額によって税率が変動します。そのため、ビットコインの採掘による確定申告でも、必ず確認する事が大切です。

Thumbビットコインの利益に税金はかかる?確定申告方法や対策を解説!

ビットコインとその他の投資の税金の違いとは?

出典: https://ytrsdijun.com

ビットコインとその他の投資として「FX」「株式投資」が挙げられます。前述では雑所得以外に、譲渡所得や事業所得があると解説していましたが、この分類によって大きく課せられる税金に違いが出てきます。そして、ビットコインだと総合課税が対象になりますので、この点に着目して違いを解説していき、節税効果の面にも触れていますので、理解を深めていきましょう。

ビットコインとFXの税金の違い

出典: http://finowledge.com

ビットコインと同様にFXの税金は、「雑所得」に分類されます。ただし、ビットコインの場合は総合課税になりますが、FXでは「分離申告課税」の対象であるという事がビットコインとFXの違いです。つまり、所得を合算して利益を計算する事ではなく、単体の利益に税金が課せられるという事です。そこでFXの場合は「所得税15%+復興特別所得税0.0315%+住民税5%」で計算されます。

出典: http://yukihiro.hatenablog.com

また、FXはビットコインとは違い、損益通算や繰越控除の制度を適用する事ができるという特徴もありますので、課税対象以外に制度にも違いがあるという事を覚えておきましょう。

ビットコインと株式投資の税金の違い

出典: http://richdad-lab.com

株式投資の利益は「譲渡所得」に分類されます。そしてFXと同様に「申告分離課税」の対象だという事ですので、ビットコインとは大きな違いがあるといえます。そしてこの場合も課税の税率が「所得税15%+復興特別所得税0.0315%+住民税5%」です。また、損益通算や繰越控除も適用ができるという事ですので、FXと比較すると、譲渡所得としての分類に違いが確認できます。

出典: https://info.monex.co.jp

また、株式投資では「NISA(少額投資非課税制度)を利用する事によって、年間120万円までの利益に対して税金がかからないという事も特徴として挙げられます。利益の対象として、株式や投資信託で得た利益(配当金、売却益)が対象ですので、節税対策の幅が広いといえるでしょう。

Thumbアルトコインとは何か?ビットコインとの違いや種類・特徴などまとめ!

ビットコインは節税できる?

出典: https://www.n-estem.co.jp

ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨による利益は、損益通算や繰越控除が出来ないという事ですので、節税対策を講じるのは厳しいというのが実情です。しかし、ビットコインやアルトコインで発生する利益を調整する方法や、法人を設立するなどの努力によって、節税の見込みがありますので、具体的に解説していきます。

法人の設立

出典: https://www.d2c.co.jp

「法人を設立する」というのは、ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨取引で含み益が大きくなるほど節税効果を発揮します。実は、法人の場合の最高税率は住民税を含めて37%で抑える事ができ、個人事業と比較すると18%も税率の差が出てきます。それでは、金額でどの程度の節税ができるのかを確認すると、所得金額が4,000万円以上であれば、520万円も差が出てくるという事になります。

利益確定金額の調整

出典: https://mysuki.jp

ビットコインの購入や売却による譲渡所得では、事業所得でも触れていた税率が課せられる事になります。したがって「5%~45%」までの課税対象となる所得金額を確定申告までに調整する方法が挙げられます。この場合は、あらかじめ譲渡所得にかかる税率の段階を把握しておき、逆算していく状態になりますので、一定範囲を超えないように注意していきましょう。

譲渡所得による課税範囲

出典: https://pixabay.com

譲渡所得の金額によって税率が7段階に分けられています。課税範囲が、①195万円以下の所得金額の場合は税率5%で控除額0円、②195万円~330万円以下の所得金額の場合は税率10%で控除額97,500円、③330万円~695万円以下の所得金額の場合は税率20%で控除額427,500円、④695万円~900万円以下の所得金額の場合は税率23%で控除額636,000円。

出典: https://torisedo.com

⑤900万円~1,800万円以下の所得金額の場合は税率33%で控除額1,536,000円、⑥1,800万円~4,000万円以下の所得金額の場合は税率40%で控除額2,796,000円、⑦4,000万円超えの所得金額の場合は税率45%で控除額4,796,000円。が課税範囲です。

所得金額の調整例

出典: https://allabout.co.jp

もしビットコインやアルトコインなどの仮想通貨によって、利益が確定申告日までに700万円の見込みがあるとします。この場合は695万円以下を目標として、残り5万円の差額を調整する事によって23%の税率から20%に落とします。この調整段階で3%の税率の変化より、利益5万円が合理的だと判断した場合は調整をしないという事もできます。

出典: https://gigazine.net

しかし、900万円~1,800程になる場合は、23%から33%へと10%も税率が上がってしましますので、900万円を超える見込みがある場合は、確実に調整していた方が良いでしょう。税率の変化も195万円~330万円を超える場合に10%も上昇するという事ですので、所得金額が低いが高いかに限らず重要ですので、逆算のために把握しておく事が大切です。

Thumbビットコインは儲かるのか?その仕組みや理由、儲かる投資方法も紹介!

ビットコインの確定申告についてのまとめ

出典: https://gigazine.net

ビットコインをはじめアルトコインなどの仮想通貨取引では、確定申告が必要になる可能性が高いという事が分かりました。仮想通貨取引の所得分類が「総合課税方式」「雑所得」だという事ですので、FXと株式投資とは課税の方法に大きな違いがあるという認識が大切です。これら課税方法に違いがあるという事が影響して、仮想通貨は節税が難しいという事ですので、本記事で紹介した節税方法を確定申告日までに行うのもいいでしょう。

Thumbビットコインダイヤモンドとは?時価総額からチャート・価格まで!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ