株の空売りとは?仕組みや失敗のリスク・価格規制まで初心者向けに解説!

株の空売りとは何かというところに焦点を当てて、その仕組みや失敗のリスクについて具体的にご紹介していきます。株式投資によって資産運用をする方も増えてきています。その中で空売りの価格規制の点も含めてわかりやすく解説を行っていきます。

株の空売りとは?仕組みや失敗のリスク・価格規制まで初心者向けに解説!のイメージ

目次

  1. 株の空売りを初心者向けに解説
  2. 株の空売りの仕組み
  3. 株の空売りの失敗のリスク
  4. 株の空売りの価格規制とは?
  5. 株の空売りをする銘柄の選び方
  6. 株の空売りを上手に活用する
  7. 株の空売りを利用しなくても仕組みは理解する
  8. 株の空売りのための専用口座の審査とは?
  9. 株の空売りと仕組みや失敗のリスク・価格規制まとめ

株の空売りを初心者向けに解説

株の空売りについての確認

出典: https://toushi-blog.net

株の空売りに焦点を当てて、初心者向けにわかりやすく解説を行っていきます。株式投資を行う際には安く買って高く売ることが原則ですが、空売りの場合はその反対を行きます。高く売って安く買うことで利益を上げられるのが空売りの最大の特徴です。信用取引との兼ね合いも理解しておくことが大切です。初心者のうちに認識しておくことがおすすめです。

信用取引だからこそできる

出典: https://kabumado.jp

株の空売りについては、信用取引だからこそできる取引のタイプと言えます。信用取引とは、手持ちの資金以上に取引を行えるシステムであり、架空の株式投資のようなスタイルと考えることができます。空売りの場合は実際に株を所有するわけではありません。それでも利益をあげられる仕組みが整っているので、空売りをして資産運用する人も増えています。

一定のリスクに注意する

出典: https://orekabu.jp

信用取引の特徴としては、少ない担保で大きな取引ができることが挙げられます。つまり、手持ちの資金以上の取引をすることが可能となっており、レバレッジをきかせるといった考え方をすることもできます。その反面、損失が出た場合のリスクも高いので注意しておく必要があります。空売りを行う際も一定のリスクに注意しながら実行することが賢明です。

売建てとは?

出典: https://allabout.co.jp

信用取引を使って空売りを行う際には、売建てと呼ばれる仕組みも確認しておく必要があります。売建てとは証券会社から株を借りて売ることを言います。つまり、空売りの別名として認識することができます。空売りの仕組みは証券会社から株を借りて、その株を売ることに起因しています。売建ても空売りと同様の仕組みとして覚えておくことが効果的です。

高く売って安く買う

出典: http://www.margin-trade.com

株式投資初心者の方も含めて、空売りの仕組みをしっかりと理解しておくことが重要です。その簡単な仕組みとして、売建てと空売りは似た意味を持つ言葉であると認識しておきたいところです。空売りで利益を上げていくためには高く売って安く買うことがポイントです。一般的な株式投資とは反対のパターンになるので、初心者の方は特に注意が必要です。

Thumb株の相続手続き方法や手順を徹底解説!税金対策や名義変更のやり方は?

株の空売りの仕組み

株の空売りの仕組みを確認

出典: https://tradelife.jp

初心者の方も含めて株の空売りとは何か、売建てとは何かといったところを注意深く理解しておくことが求められます。その上で、株の空売りの仕組みについてさらに詳しく解説をしていきます。手持ちの資金以上に株式投資を行えるのが信用取引の仕組みです。その信用取引の仕組みを使うのが空売りです。信用取引にも2種類のパターンを確認していきます。

担保があれば大きな取引ができる?

出典: https://toushi117.com

株の空売りの仕組みとして理解しておきたいことに、担保があれば大きな取引を行える点を挙げることができます。株の空売りは信用取引を使って行う投資スタイルです。その信用取引については、証券会社に現金や有価証券を担保として預けることでお金や株を借りることができる仕組みです。その担保の約3倍程度の取引を行えることが信用取引の特徴です。

得られるリターンも大きくなる

出典: https://www.rumeblog.com

証券会社によっても異なることがありますが、例えば30万円の保証金を預けておけば100万円ほどの取引を行えることもあります。これが信用取引の特徴であり、仕組みとして理解しておきたい部分です。そのため、一定の担保としての現金や有価証券を預けておけば、より大きな取引を行うことができます。その分得られるリターンも大きくなりやすいです。

株価が下がっていても利益を上げられる

出典: http://225index.com

株の空売りの仕組みは初心者も理解しておきたいところですが、その仕組みとして株価が下がっていても利益を上げられるという点を挙げることができます。空売りの場合は通常の株式投資のように、安く買って高く売るという考え方の反対をいきます。つまり、株価が下がっていたり下落局面にあったりした場合でも利益を上げることができるのです。

通常の投資とは反対の考え方

出典: https://xn--6oqw2ql3aq7f2u5c.com

通常であれば、例えば、株価が1,000円の時に買って2,000円になった時点で売却すれば、手数料を考慮しないと1,000円分の利益が出ます。これは初心者にもわかりやすい仕組みですが、空売りの場合は反対です。株価が2,000円の時に空売りをして1,000円になった時点で買い戻すのです。そうすることで、1,000円分の利益を得ることができる仕組みです。

一般信用取引とは?

出典: https://money-on.jp

初心者の方も含めて空売りの仕組みを丁寧に理解していくことがポイントです。その中で信用取引の種類についても確認していきます。信用取引には一般信用取引と制度信用取引の2つのタイプがあります。一般信用取引とは、ほぼ全ての銘柄を対象にして取引を行えるタイプです。株の返済や資金の返済期間に関しても無期限になっていることが大きな特徴です。

制度信用取引とは?

出典: https://www.smbcnikko.co.jp

一方で、制度信用取引とは、証券取引所が指定した銘柄でしか取引を行うことができません。一般信用取引ではほぼ全ての銘柄で取引できたのと比べて、選択できる銘柄が少なくなります。また、制度信用取引では資金や株の返済期間については6ヶ月間と定められています。これも一般信用取引とは異なる部分であり、半年の間に取引を終える必要があります。

空売りできるか否か

出典: https://kabu-lounge.com

初心者の方も覚えておきたいのが一般信用取引と制度信用取引の違いです。さらに、両者の違いとして空売りできるかどうかという点も理解しておきたいポイントです。制度信用取引の場合は指定された銘柄であれば空売りを行うことができます。一方で、一般信用取引では多くの証券会社で空売りの取引ができません。SBI証券や松井証券では空売りができます。

資金以上の取引が可能

出典: https://www.smbcnikko.co.jp

株の空売りを行う上では一般信用取引と制度信用取引の違いを理解しておく必要があります。その上で、空売りの仕組みについての理解を深めるためには、資金以上の取引が可能ということも認識しておきたいところです。途中でもご紹介しましたが、担保となる資金や株式の3倍程度の取引を行うことができます。これが信用取引の醍醐味で、大きな特徴です。

初心者は一般的な取引からがおすすめ

出典: https://hal-kabu.com

株式投資初心者の方であれば、まずは一般的な株式の売買から入ることがおすすめです。安く買って高く売るという規則に慣れることができた段階で、空売りに興味があればチャレンジしてみることです。資金以上の取引が可能になることもあり、最初からやるのはリスクが高いです。信用取引自体を甘く見ていると痛い目にあるので、注意する必要があります。

Thumb株の勉強方法まとめ!投資の初心者が押さえておきたい基礎知識とは?

株の空売りの失敗のリスク

株の空売りのリスクを確認

出典: https://kakaku.com

初心者の方にもわかりやすく株の空売りや信用取引についてご紹介しています。一般信用取引と制度信用取引の違いも理解した上で、投資できる銘柄について理解を深めておくこともポイントです。その上で、ここからは株の空売りの失敗のリスクに焦点を当てていきます。大きなリターンが得られる可能性も秘めている一方で、リスクも注意する必要があります。

損失が出たときが大きい

出典: http://miyabi-kabu.info

特に初心者の方は注意しておきたいリスクですが、株の空売りに関しては損失が出た時の損失額が大きくなることが挙げられます。例えば、手持ちの資金が30万円ほどでも100万円分の取引を行えるのが信用取引であり、空売りの特徴です。利益が出る場合も大きなリターンとなりますが、損失が出たときのリスクも大きくなるので注意が必要となります。

予想とは異なることが多い

出典: http://toushi-life.secret.jp

レバレッジをきかせることによってハイリターンを狙えるところが信用取引や空売りの魅力ですが、担保となる保証金以上の損失を出してしまうリスクもあることを承知した上で投資を行うことが求められます。特に初心者のうちは株価の流れについていけないことがあります。予想とは異なる値動きをすることが多いのが株であり、それに慣れることが大切です。

通常取引にはないコストがかかる

出典: https://kabutousi.net

株の空売りのリスクとしては、通常取引にはないコストがかかることも理解しておきたいです。空売りによって株価の下落局面でも利益をあげるチャンスが増えますが、その分コストもかさんでいきます。一般信用取引の場合は年の金利が3.09%、制度信用取引でも2.80%の金利がかかります。一般的な株式投資の金利や手数料より高いコストがかかるのです。

貸株料や逆日歩

出典: http://random-potato.hatenablog.com

また、信用取引を行う際には貸株料と呼ばれる手数料も取られます。一般信用取引の場合は2%から3.9%程度、制度信用取引の場合でも1.15%の貸株料が徴収されます。さらに制度信用取引の場合は逆日歩と呼ばれる手数料も徴収される可能性があります。逆日歩とは、株が足りなくなった場合に投資家が追加で負担する手数料のことで、取引コストとなります。

逆日歩とは何の費用?

出典: http://batque.com

逆日歩とは制度信用取引で発生する投資家にかかるコストのことで、一般信用取引でかかることはありません。指定された銘柄で空売りをすることができる制度信用取引ですが、取引コストがかさむことにも注意が必要です。貸株料や金利、逆日歩を合わせると手数料だけで損失が増えていきます。さらに、空売りでの損失が出る可能性もあるということです。

保証金が追加で必要になる状態とは?

出典: https://naokitokyo.com

株の空売りを行う際のリスクとして、保証金が追加で必要になる状態についても確認していきます。初心者の方は特に注意が必要ですが、空売りをしていていつまでも空売り状態を続けていると追加保証金が必要なケースが出てきます。保証金が必要なのは、追証と呼ばれる状態になった場合です。保証率が約30%ほどですが、それを超えるケースで必要です。

担保が足りなくなった場合

出典: https://www.happy-investment-life.com

つまり、30万円程度の担保で100万円分の空売りをしていた場合、株価が上昇して110万円や120万円になってしまうと、委託保証金が30%を超えてしまいます。その30%を超えた分に関して発生するのが追証と呼ばれる仕組みであり、保証金が追加で必要となります。担保として預けている現金や証券が足りなくなった場合に追証を求められることになります。

リスクに備えることが重要

出典: https://kabu.opendata-web.site

初心者の方も含めて、信用取引や空売りには一定のリスクがあることを承知した上で、そのリスクに備えるような行動を取っていくことがポイントです。リスクヘッジをせずにその場の流れや雰囲気で投資をしていると、大きな損失につながることがあります。ここで取り上げたようなリスクは最低限のものとして把握をして、しっかりと対策することが重要です。

Thumb株のスクリーニングとは?無料で使えるアプリやサイト・銘柄検索方法も紹介!

株の空売りの価格規制とは?

空売りの価格規制について確認

出典: https://toushi-kyouyou.com

株の空売りの仕組みや信用取引の仕組み、リスクについて理解を深めて適切な行動につなげていくことがポイントです。ここからは株の空売りの価格規制について具体的にご紹介していきます。株の空売りは自由に行えるわけではなく、一定の規制がかけられた中で取引するものです。その考え方として、空売りの価格規制について理解することが求められます。

意図的な売り崩し行為防止のための法律

出典: https://www.hs-sec.co.jp

空売りに関しては、過去に意図的に株価を下落させる目的で乱用された背景があります。そのため、意図的な売り崩し行為を防止するための法律として誕生したのが空売り価格規制です。2013年から法律が施行され、悪意のある空売りに関しては規制の対象となっています。通常の取引や個人的な売買であれば問題ありませんが、組織的な空売りには注意です。

トリガー方式による価格規制とは?

出典: https://www.smbcnikko.co.jp

意図的な売り崩し行為を防止するための法律が施行された中で、トリガー方式による価格規制も誕生しました。トリガー方式による価格規制とは、空売りにかかる銘柄が一定の条件を満たした場合に適用されるルールです。基本的に、前の営業日の終値と当日基準価格を比較して10%以上株価が下落している場合には、トリガー銘柄として規制対象になります。

10%の基準

出典: https://kabu.com

前の営業日から10%以上価格が下落している株式があった場合、新規の空売り注音に対して51単元以上の発注をすることが禁止の状態となります。例えば、当日の基準価格が1,000円だった場合、901円までの空売りに関しては問題なく実行することができます。一方、900円や899円などの注文は出すことができません。10%の下落幅を超えるためです。

51単元以上が規制対象

出典: http://kabu.jyohokyoku.jp

空売りの価格規制に関してはトリガー方式も抑えておきたいところですが、51単元以上という考え方も理解しておく必要があります。基本的に個人投資家や初心者の方も含めて、50単元以内の売買や取引であればいつでも自由に行うことができます。50単元の考え方として、100株単位で取引される銘柄に関しては5,000株まで売買ができるということです。

空売り価格規制対象中

出典: https://toushi-kyokasho.com

あるいは、1,000株単位で売買されている銘柄については5万株までが50単元以内として取引成立します。しかし、空売り価格規制が適用されている状態の場合、100株単位の銘柄について5,000株以上の取引を行うことができません。注文自体はできたとしても、証券取引所の方で審査機能が働き注文が取り消されます。50単元未満でしか取引が成立しません。

過料処分の可能性も

出典: https://j-i-s.info

空売り価格規制中に、何らかの方法で51単元以上の空売りをしようとすると過料処分が課されることがあります。例えば、新規売建て注文での数量分割や、時間を分散して51単元以上の発注をしようとした場合、複数口座から発注した場合も処分の対象となります。これは、悪意があるかないかに関わらず30万円以下の過料処分の対象となるので要注意です。

価格規制はいつまで適用されるのか?

出典: http://yharuno.jp

一定の条件に基づいて施行される価格規制ですが、規制はいつまで適用されるのかという点も気になる部分です。価格規制に関しては、翌営業日の取引終了時点まで適用されることになります。当日中や翌営業日中に株価が回復した場合でも、翌営業日の終了段階まで規制が解かれることはありません。その点にも注意をしながら取引を進めることが求められます。

理解を深めて取引を行う

出典: https://kabu-maga.com

信用取引を使って空売りをする場合は、価格規制の仕組みや考え方も理解した中で売買を進めていくことがポイントです。意図のあるなしに関わらず価格規制中に51単元以上の空売りをしようとすると、過料処分の対象になる可能性があります。初心者の方も知らなかったでは済まされません。このルールを守った中で、適切な取引を進めることが求められます。

Thumb株式投資で儲かる方法とは?おすすめの買い方や銘柄の探し方まで徹底解説!

株の空売りをする銘柄の選び方

銘柄の選び方を確認

出典: https://kabumado.jp

株の空売りをする際には一定のリスクに注意を払いつつ、価格規制の考え方や過料処分の可能性について理解を深めておくことがポイントです。その上で、ここからは株の空売りをする際の銘柄の選び方について解説を進めていきます。空売りをする際には銘柄選びも重要なポイントとなります。いかにして銘柄を選定していけば良いか、その考え方を解説します。

銘柄の選び方①判断する指標の1つ騰落レシオ

出典: https://xn--u9j460nu9a58aw75c.com

株の空売りをする銘柄の選び方として、騰落レシオを挙げることができます。騰落レシオとは、いわゆる買われ過ぎや売られ過ぎを見るためのテクニカル指標のことです。過去5日間や10日間といった期間を区切って、その中の買い場と売り場を見定めるための指標として用いられています。空売りに適している場面を見定めるためにも参考となる指標です。

市場全体の加熱度を見る

出典: https://twitter.com

市場全体の加熱度を見るという点でも、騰落レシオの考え方を理解して銘柄選びをすることが重要です。短期売買を繰り返す方であれば、5日間騰落レシオや10日間騰落レシオをよく見ておくことが効果的です。チャートを見る上での参考指標にもなります。株価が下落している局面で空売りをするのが効果的です。反対に上昇局面では控えておきたいところです。

銘柄の選び方②上昇トレンドの崩れ

出典: http://heishicho.net

株の空売りの際の銘柄の選び方としては、上昇トレンドの崩れを見ることも重要です。一般的な株式投資の手法としては、株価が安くなったら買って高くなったら売るという考え方になります。しかし、空売りではその反対を行く必要があります。そのため、上昇トレンドが崩れている銘柄は空売りのチャンスです。そのタイミングを見定めることがポイントです。

銘柄の選び方③信用買い残の水準は銘柄ごとに違う

出典: https://fukugyo-concierge.jp

空売りの際の銘柄の選び方としては、信用買い残の数値を見ることも効果的です。信用買いについては、一定の期間で決済を迎える必要があります。そのため、信用買い残が多い銘柄に関しては売り圧力が強まる可能性が高いと言えます。そのタイミングで空売りをすれば利益を得やすいのです。銘柄ごとの信用買い残の数に注目しておくこともおすすめです。

銘柄の選び方④移動平均乖離率とは?

出典: http://heishicho.net

株の空売りの際の銘柄の選び方としては、移動平均乖離率に注目してみるのも効果的です。移動平均乖離率とは、移動平均線からどれくらい離れた水準で株価が推移しているかを示す指標です。乖離率としては5%が目安となります。移動平均線と比較して5%以上上昇している場合は売り局面に変わり、5%以上下落している場合は買い局面になりやすいです。

移動平均線より5%以上高い銘柄を選ぶ

出典: https://kabu-maga.com

つまり、空売りをする銘柄を選定する基準としては、移動平均線より5%以上高い状況にある銘柄を選ぶことが効果的です。必ず下がると言い切れるわけではありませんが、一般論として移動平均線より5%以上高い株価を推移している場合は下がる可能性が高いのです。そのタイミングで空売りをしておくことで、実際に株価が下がった段階で利益が発生します。

自分なりの考え方につなげる

出典: https://kabu-maga.com

株の空売りをする際の銘柄の選び方としては、さまざまな指標を駆使して自分なりの考え方にまとめていくことがポイントです。1つの指標で上手くいかなければ複数の指標を組み合わせてみるのもおすすめです。株価のトレンドについては、変化することも少なくありません。100%絶対はないということを頭に入れつつ、判断の目安にすることが効果的です。

Thumb株のトレーダーで生活する方法まとめ!稼ぐための手法や年収は?

株の空売りを上手に活用する

空売りを上手に活用する方法を確認

出典: https://allabout.co.jp

初心者の方も含めて、株の空売りをする際にはさまざまな指標や考え方を上手く組み合わせた中で取引を進めていくことがポイントです。ここからは株の空売りを上手に活用する方法について確認していきます。できるだけ利益率を高めるためには、ちょっとした工夫も大切です。手数料や決済方法も含めて、株の空売りを上手に活用する方法について解説します。

手数料を節約する方法

出典: https://kabutousi.net

まずは、株の空売りで手数料を節約する方法について確認していきます。株の空売りや信用取引に関しては、取引にかかる手数料負担が大きくなることがデメリットです。そこで活用したいのは現引と呼ばれる手法です。現引とは現物取引のことで、信用取引で購入した株を現物で返済することです。現引をすれば返済売りよりも手数料を安くすることができます。

むさし証券もおすすめ

出典: https://matsunosuke.jp

また、証券会社という点ではむさし証券を利用するのがおすすめです。一般的な証券会社と比較してむさし証券では、信用取引にかかる手数料が安いという特徴があります。例えば、制度信用取引の場合、他社では2.85%の手数料が発生するのに対して、むさし証券では1.35%で済みます。証券会社を選ぶ段階から手数料を節約するのがおすすめです。

信用売りの決済方法とは?

出典: https://zuuonline.com

信用取引で空売りをすることは信用売りと呼ばれることもあります。信用売りの場合の決済方法については、反対売買と現渡による決済の2つとなっています。反対売買に関しては、株を買い戻して証券会社に返す決済方法となります。現渡は空売りをしている株と同じ株を持っている場合に利用できます。同じ株式の同じ株数を証券会社に返還する決済方法です。

空売りの基本を理解する

出典: https://gentosha-go.com

空売りの決済方法に関しては、反対売買と現渡の2種類がありますが、いずれにしても株価が値上がりしていると赤字に、値下がりしていれば利益になります。空売りは基本的に株価が下がることによって利益を出す投資スタイルです。そのことをしっかりと理解した上でタイミングを見定めることが重要です。株を保有していれば現渡も有効な決済方法です。

株主優待のタダ取りとは?

出典: https://toyokhttps

空売りを上手に活用する方法としては、株主優待のタダ取りを挙げることもできます。いわゆるクロス取引やつなぎ売りと呼ばれることもありますが、空売りと現物取引の両方を組み合わせることによって、株主優待を無料同然で手に入れることができます。それは権利確定日の翌日は株価が下落しやすいことに起因しており、初心者の方でも行いやすい手法です。

損失を出さずに株主優待を取得できる

出典: https://sunday-investment.com

株主優待のタダ取りをするためには、A株を現物取引と信用取引を使った空売りを同時に行います。空売りに関しては株価が下落した局面で利益が出るので、権利確定日の翌日に売れば利益が出やすいです。それと同時に現物取引で取得した株も売却します。この方法で、株価が上がった場合でも下がった場合でも損失を出すことなく株主優待が手に入ります。

手数料や金利はかかる

出典: https://kabu-maga.com

株価の変動に対するリスクに備えられるのがつなぎ売りの魅力です。ただし、実際には取引手数料や信用取引の金利の部分がマイナスとなるので、完全に無料で株主優待を取得できるわけではありません。その点には注意をしておく必要があります。それでも、株価変動のリスクを避けられることが魅力的です。安心して株主優待を取得することができます。

株の空売りを利用しなくても仕組みは理解する

空売りの仕組みを再度整理

出典: https://money-knowhow.com

株の空売りについて初心者の方にもわかりやすく解説を進めていますが、その仕組みを具体的に理解しておくことがポイントです。実際に空売りを利用する機会がないという方でも、仕組みは理解しておきたいところです。そういった仕組みがあることを理解しておくだけでも、株式投資に対する見方が変わっていきます。その辺に注目して詳しく解説を行います。

信用売り残が多ければ値上がりする

出典: https://mokudaikouji.com

株の空売りの仕組みについて理解する上では、信用売り残について確認しておくことがポイントです。信用売り残が多い場合、株価が値上がりする可能性が高いので空売りのタイミングとして要注意です。制度信用取引を利用している場合は、6ヵ月以内に株を購入しなければなりません。そのため、近いうちに株価の上昇局面を迎えることも想像しやすいです。

信用買い算が多ければ値下がりする

出典: http://www.asahi.com

反対に、信用買い残が多い場合は株価が下落局面に入りやすい傾向にあります。信用買い残に関しても制度信用取引を利用していれば6ヵ月以内に売却する必要があります。そのため、投資家の多くの売却タイミングが重なってしまうと、その分株価の値下がりも激しくなります。空売りをするタイミングとしては最適なので、狙いを定めることがおすすめです。

逆日歩の売りなし買いなしとは?

出典: https://toyokeizai.net

信用買い残と信用売り残に注目をして、その数を把握しておくこともポイントです。その上で、逆日歩の売りなしと買いなしについても確認していきます。逆日歩の発生を見ることで、株価が上昇するか下落するか判断する指標とすることができるのです。株の不足が進んでいき逆日歩が大きくなってくると、投資家は手数料に耐え切れなくなることがあります。

逆日歩と株価の関係

出典: https://kabu-maga.com

そのため、信用取引を使って空売りをしている投資家は買い戻しをしやすい状況が発生するのです。そうすることによって、株価が短期的に上昇するのが逆日歩に売りなしと言われるゆえんです。逆日歩に買いなしはその反対です。株不足が解消されて逆日歩がなくなると、多くの投資家が信用売りをするようになるので、株価がどんどん下落していきます。

指標の1つとして認識する

出典: https://jp.reuters.com

信用取引の買い残や売り残、逆日歩と株価の関係については、空売りをしない人でも覚えておく必要があります。一般的な現物取引をする場合でも、株価が上昇するのか下落するのか判断するための指標になるからです。株式投資においては、テクニカル分析も含めてさまざまな指標があります。そうした指標の1つとして、認識しておくことがおすすめです。

Thumb株式で大損した事例や体験談まとめ!損失を回避する方法は?

株の空売りのための専用口座の審査とは?

専用口座の審査について確認

出典: https://www.sankeibiz.jp

株の空売りをする方もそうではない方も含めて、空売りの仕組みや考え方を理解しておくことが効果的な株式投資への第一歩となります。その上で、ここからは株の空売りをするための専用口座の審査について確認していきます。実際に空売りをするためには専用口座を開設する必要があります。スムーズに審査に通過するための条件を確認することも大切です。

信用取引専用口座が必要

出典: https://kabuhime.com

株の空売りをするためには信用取引を行うための口座を開設する必要があります。しかし、誰でも簡単に信用取引の口座を開設できるというわけではありません。それは信用取引にはリスクが高いという懸案事項があるためです。担保を預けることで、実際の資金より大きなお金で取引できるのが信用取引です。そのリスクも把握して口座を作る必要があります。

口座開設の条件は証券会社ごとで違う

出典: https://mokudaikouji.com

実際に信用取引の口座を作る際には、証券会社が規定している条件をクリアする必要があります。その条件に関しては証券会社ごとに異なるというのがポイントです。年齢や資産、投資経験などの審査項目をクリアすることによって晴れて信用取引専用口座が開設されます。自分が条件をクリアできそうかどうか判断してから、口座開設に進むのもおすすめです。

初心者は口座開設できない?

出典: https://www.newsweekjapan.jp

場合によっては、初心者では信用取引の口座開設ができないこともあります。例えば、松井証券の専用口座開設条件には、信用取引または株式投資経験が1年以上あり、信用取引に関する知識もあることという条件が設定されています。つまり、投資初心者では口座を開設することができません。まずは投資経験を積んでから次のステップに進むことが重要です。

余剰資産内で取引を行う

出典: https://toushimaster.com

また、松井証券の信用取引専用口座を開設する条件として、金融資産が300万円以上あることも求められます。これは、万一損失が拡大した際に保証金として預けられる資産があるかどうかを確認するための条件です。信用取引はハイリスクハイリターンの投資スタイルです。その投資スタイルにも注意しつつ、余剰資産内で取引を行うことがポイントです。

まずは口座開設から

出典: https://kabutousi.net

信用取引を使って空売りをする際には、まず専用の取引口座を開設することを理解しておく必要があります。いくら信用取引をしたいと思っても、口座がなければ取引することはできません。その条件を無理なく超えられる余裕を持ってからチャレンジすることも賢明です。

株の空売りと仕組みや失敗のリスク・価格規制まとめ

出典: http://chaos2ch.com

株の空売りに注目をして、その仕組みや信用取引の考え方、失敗のリスクや価格規制について具体的にご紹介してきました。株式投資の経験がある方も初心者の方も含めて空売りについて理解することで、リスクヘッジをした中で取引を行うことが重要です。価格規制について理解することも求められます。その中でルールを守って取引することがポイントです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ