Vプリカの買い方とチャージ方法を解説!コンビニでお得に購入する方法も!

Vプリカというプリペイドカードがあります。プリペイドカードなので事前にチャージして使うのですが、買い方が少し変わっています。Vプリカはネット専用のカードであり、プラスチックカードが発行されないために買い方が普通のプリペイドカードと違うのです。

Vプリカの買い方とチャージ方法を解説!コンビニでお得に購入する方法も!のイメージ

目次

  1. Vプリカの買い方や使い方が気になる
  2. Vプリカのインターネット上での買い方
  3. Vプリカの買い方とチャージ方法や使い方
  4. Vプリカのコンビニでのお得な買い方
  5. Vプリカの買い方と年齢制限
  6. Vプリカの買い方と手数料
  7. Vプリカの買い方とお得なカード
  8. Vプリカの買い方や使い方まとめ

Vプリカの買い方や使い方が気になる

出典: https://nomad-saving.com

インターネット上のVISA加盟店で使えるのがVプリカというプリペイドカードです。したがって、使えるのはネット上だけであり、実店舗では役に立たないのですが、このVプリカを欲しいという人は結構います。しかし、買い方がよくわからないし、使い方についても十分理解していなという人もいます。そこで、今回は、Vプリカの買い方、チャージ方法、使い方などについて詳しく説明します。

ThumbAmazonでのVプリカの使い方を解説!ギフト券購入やプライム登録もできる?

Vプリカのインターネット上での買い方

Vプリカはインターネット上で簡単に買える

出典: http://icip.info

Vプリカの買い方はいくつかありますが、そのうちの一つがインターネット上での購入です。特に忙しい人や時間がとりにくい人には、インターネット上でのVプリカの購入はおすすめできます。というと、購入手順が難しいのではないかと思う人がいるかもしれませんが、そんなことはないので次の段落で解説しましょう。

インターネット上で買う手順

出典: http://vpc.lifecard.co.jp

これからVプリカをインターネット上で買う買い方を解説しますが、用意するものはネットに接続されたパソコンかスマホ、後は支払い方法にもよりますがお金です。購入手順は、まずVプリカの公式サイトを開き、「Myページ」にログインし、「Vプリカ購入」を選びます。次に、支払い方法を決め、支払いが済めばVプリカが発行されます。

Vプリカを買う場合はアカウントの開設を

出典: http://www.vpreca.info

話は前後しますが、Vプリカをネット上で購入する場合は、その前にアカウント開設が必要です。アカウント開設の方法は、Vプリカの公式サイトの右上にある「アカウント開設」を選び、メールアドレスの登録、送られてきたURLのクリック、本登録、登録完了のメールアドレスの到着と進みます。後は、設定したIDとパスワードで「Myページ」にログインでき、Vプリカの購入も含めてさまざまな手続きが可能となります。

支払いはクレジットカードでも

出典: https://www.smbc-card.com

Vプリカの支払い方法にはクレジットカード払いがあり、この方法を利用すればチャージの手間がかからず便利です。このほかの支払い方法にはインターネットバンキングや店舗(WonderGOO)、コンビニ払いなどがありますが、クレジットカード払いの場合、ポイントが多くたまることもあり(カードにもよるが)、おすすめできます。

Vプリカの買い方で使えるクレジットカード

出典: https://kakaku.com

Vプリカの支払いに使えるクレジットカードは、ライフカード、VISAカード、MasterCardです。これらのクレジットカードのうち1枚でも所有しているものがあればそれを使えばいいのですが、この中ではライフカードが一番おすすめです。なぜかというと、Vプリカの購入金額が常に200円安くなるからです。それから、ライフカードの場合、もらったポイントがそのままVプリカの購入代金に充てられるメリットもあります。

クレジットカードでのVプリカの買い方

出典: https://nomad-saving.com

クレジットカードでVプリカを購入する場合、まず「Myページ」にログインし、「Vプリカ購入」を選びます、次に、支払い方法をクレジットカードとし、SMS認証か電話での認証を行います。その後クレジットカードから代金が支払われて、即Vプリカの発行となります。ここで大事なのは、インターネットバンキングではなくクレジットカード払いを選択することです。

インターネットバンキングからの支払いで利用できる銀行

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

Vプリカの購入代金をインターネットバンキングから支払う人は次のようの金融機関を使用できます。都銀、地銀、ネット銀行では、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、それから信用金庫、信用組合、労働金庫などです。2015年8月17日に利用できる金融機関が増えたので、以前よりは利用しやすくなっています。

インターネットバンキングでのVプリカの買い方

出典: http://vpc.lifecard.co.jp

インターネットバンキングでVプリカを購入する手続きの最初はクレジットカード払いと同じです、次に、支払い方法でインターネットバンキングを選び、SMS認証か電話認証をし、金融機関のサイトに飛ぶのでそこで支払い手続きをします。その後入金確認ができれば、晴れてVプリカの発行となります。

出典: http://okozukai.red

ThumbVプリカの使い方の基本を徹底解説!チャージ方法や有効期限は?

Vプリカの買い方とチャージ方法や使い方

Vプリカの登録と発行手順

出典: https://11874.click

Vプリカのアカウントの開設(登録)方法については説明済みですが。この登録が済んで初めてVプリカの購入へと進めるので、必ず手順を踏んでやるべきことをやっておきましょう。それから、Vプリカをコンビニや店舗で購入した場合は発行コードが発行されるのですが、そのままではVプリカの購入手続きは終わりません。この場合はこの発行コードを「Myページ」からアカウントに入力し、それが済んだのちにVプリカの発行となります。

Vプリカは使い捨て

出典: http://vpc.lifecard.co.jp

これからVプリカのチャージ方法を解説しますが、実をいうとVプリカにはチャージという考え方がありません。公式サイトを見てもチャージという項目はありません。なぜかというと、Vプリカをチャージする場合、同じカードに上乗せ金額が加算されていくのではなく、古いカードの残額にお金を足して、新しいカードが発行されるからです。つまり新カードの購入ということですが、この記事ではわかりやすいようにチャージという言葉を使います。

Vプリカのチャージ方法

出典: https://11874.click

Vプリカのチャージでは、加算という方法を使います。まず「myページ」にログインし、新しいVプリカを購入するか新たな発行コードを入力し、新規のVプリカを発行してもらいます。次にチャージ(加算)する対象のVプリカを選びます。そして、支払い方法を選び、代金が支払われるとチャージ(加算)されたカードに更新されます。最後に「Vプリカ購入」、本人認証と続いて、チャージ(加算)手続きは完了です。

チャージがされたかどうか確認を

出典: http://qa.itmedia.co.jp

新規のVプリカに正しくチャージ(加算)がされたかどうか確認してみましょう。確認方法は、「Myページ」にログインし、「カード情報」を選び、現在残高を見ます。もし以前の残高が548円で、2000円のVプリカを購入したとすると、現在残高が2548円になっているはずです。間違えが起こることはまずありませんが、一応確認だけはしておきましょう。

Vプリカ購入には手数料が必要

出典: https://bitcoin-allnavi.com

Vプリカの券種はコンビニで買うかインターネット上で買うかによって種類が違いますが、いずれの場合も手数料がかかります。手数料は券種の額により、大体200円から390円に設定されています。たとえば、1万円のVプリカをコンビニで購入したとすると、手数料は390円です。Vプリカは使い勝手がいいプリペイドカードですが、この手数料があるために買うのを渋る人がいます。

チャージには手数料が

出典: https://xn--t8j1jva9ig0jxgycv870d.jp

Vプリカにチャージ(加算)する場合、既存のカードに金額が上乗せされるのではなく、新たなカードが発行されて、そこに加算されることを説明しましたが、これはつまり手数料がかかることを意味します。なぜかというと、チャージとはいえ新規のカードを購入するからです。いちいちチャージごとに手数料がかかるのは不愉快ですが、これもVプリカのルールなので受け入れるしかありません。

Vプリカの使い方

出典: http://vpc.lifecard.co.jp

ネット専用のVプリカの使い方は、まず支払い方法でVISAのクレジットカードを選びます。次に、Vプリカの「Myページ」にログインし、カード情報を見て、ショッピングサイトの決済画面に入力します。VISA認証サービスを利用するサイトもありますが、それが済めば決済が完了します。決済内容については、メールでお知らせが来るように設定することもできます。

ThumbVプリカのチャージ方法を徹底解説!上限金額や手数料はいくらかかる?

Vプリカのコンビニでのお得な買い方

ローソンでの買い方

出典: http://www.lawson.co.jp

コンビニのローソンではLoppiというマルチメディア端末でVプリカを購入します。Loppiの使い方ですが、まず「各種サービスメニュー」から進み、「携帯・国際プリペイド/ネット用マネー」「ネット用マネー」「Vプリカ」と選びます。次に、「OK」を押したら、券種の選択画面が出てきますが、ローソンの場合は5種類です。後は画面の指示に従い、印刷された申し込み券をレジに持って行って代金を払い、発行コードを受け取ります。

ファミリーマートでの買い方

出典: http://www.family.co.jp

コンビニのファミリーマートではFamiポートという機器を使います。使い方ですが、まず画面に触れ、「プリペイド」「電子マネー(オンラインマネー)」「Vプリカ」と進みます。次に注意事項を確かめ、券種を選びますが、5種類から選択します。後の使い方はローソン同様画面の指示に従い、申し込み券をレジに持参して支払うだけです。これで発行コードを受け取れるので、「Myページ」にログインし、コード情報を入力します。

セブンイレブンでの買い方

出典: https://blog.goo.ne.jp

セブンイレブンの場合は、マルチコピー機でVプリカを購入しますが、使い方はメニューの中から「プリペイドサービス」を選び、「電子マネー・音楽・動画」「ネットショッピング」「ブランドプリペイド」の3つの画面にタッチし、「Vプリカ」を選択します。その後は画面の指示に従い、券種と枚数を決め、代金振込票をもってレジで支払いをします。これでサービスチケットが手渡されますが、その中に発行コードが記されています。

サークルKサンクスでの買い方

出典: https://settle.point.recruit.co.jp

サークルKサンクスというコンビニは、2018年11月30日をもってファミリーマートに統合されたので、現在は店舗がありませんが、参考までに店舗があったころのVプリカの購入方法を示しておきます。まずKステーションで購入するのですが、使い方は「ネットプリカ」「電子マネー」と進み、「Vプリカ」を選んで、券種を決め、後は確認などをしながら受付票をレジへ持っていき支払いをします。ここでもネットプリカチケットを受け取ります。

ミニストップでの買い方

出典: https://www.ministop.co.jp

ミニストップでも同じコンビニのローソンと同様にLoppiというマルチメディア端末でVプリカを購入します。名称が同じであることからもわかるように使い方も変わりません。そして、最後に申し込み券が印刷されてから30分以内にレジへ行き支払いを済ませます。券種もローソンと同じく5種類ですが、その内訳は、2000円券(2200円)、3000円券(3200円)、5000円券(5200円)、7000円券(7280円)、1万円券(1万390円)です。

デイリーヤマザキやセイコーマート

出典: https://baito-kami.com

デイリーヤマザキとセイコーマートなどのコンビニの場合は、ほかのコンビニとはVプリカの購入方法が違います。これらのコンビニではサンプルカードというものを使いますが、使い方は、店頭にあるサンプルカードをレジへ持参し、券種を伝えて、支払いをします。その後、デイリーヤマザキではレシート、セイコーマートでは「プリペイドIDシート」が発行されるので、そこに記載された発行コードを「Myページ」から入力します。

ThumbVプリカをコンビニで購入する方法を調査!金額はいくらから?

Vプリカの買い方と年齢制限

クレジットカードやプリペイドカードの年齢制限

出典: https://creditcard-exam.com

Vプリカの年齢制限を見る前に、クレジットカードや他のプリペイドカードの年齢制限を確認しておきましょう。まず、クレジットカードの場合は18歳以上(高校生は不可)でないと、申し込みができません。上限はカード会社によっても違いますが、65歳から70歳くらいです(カードの所持には年齢制限がない場合が多い)。一方、一般的なプリペイドカードの年齢制限は各社で違い、12歳以上や15歳以上、18歳以上などとなっています。

Vプリカの購入の年齢制限

出典: https://vandle.jp

12歳以上や15歳以上という年齢制限の会社もあるプリペイドカードですが、Vプリカの年齢制限は18歳以上となっています。他社のプリペイドカードに比べると、やや条件が厳しいとも言えますが、これはVプリカがネット専用であるためでしょう。もし実店舗でも使えるのなら、もう少し年齢制限が緩和されているかもしれません。したがって、Vプリカの年齢制限はクレジットカードと同じですが、高校生が不可とはなっていません。

年齢確認はある?

出典: http://www.ps4pro.jp

年齢制限が18歳以上となっているVプリカですが、実際に購入者がその年齢制限に引っかかるかの年齢確認は行われていません。クレジットカードの申し込みの場合は、本人確認書類などで年齢制限に適合しているか審査する場合がありますが、Vプリカにはそのような審査はありません。したがって、年齢制限の範囲外であっても、購入しようと思えば購入できるのがVプリカです。

Vプリカの買い方と手数料

購入にかかる手数料

出典: https://news.mynavi.jp

Vプリカの購入にかかる手数料についてはすでに簡単に触れてありますが、いくつか具体例を見てみましょう。まず多くのコンビニでは、2000円券、3000円券、5000円券、7000円券、1万円券などを購入できますが、前の3種類は手数料が200円で、7000円券の手数料は280円、1万円券の手数料は390円です。一方、インターネット上でVプリカを購入した場合の手数料はすべて200円です。

休眠カード維持の手数料

出典: https://okodukai-guide.com

Vプリカには、休眠カード維持の手数料というものがあります。どういうことかというと、Vプリカの発行か最後の利用時から3か月間カードを使わないと、残高から125円が維持費として引かれるのです。残高がないか足りなければ、125円までは引かれませんが、利用者にとって休眠カード維持手数料は厄介な制度です。したがって、たとえ125円という少ない額であっても、少し損をした気分になるでしょう。

海外事務取扱の手数料

出典: https://xn--v-e8tthsgli7a9fe3211ilyyaiv1e.jp

Vプリカを使って海外のサイトで買い物をする場合は海外事務取扱の手数料というものを支払わなければいけません。その理由は、海外のサイトでは外貨で買い物をする場合がほとんどなので、その外貨を円に換算する際に処理の費用がかかるためです。もし海外のサイトで日本円で決済をするのならば、海外事務取扱手数料は必要ありませんが、普通は外貨での買い物なので支払う必要があります。手数料の割合は、4.0パーセントです。

購入にかかる手数料を安くする方法

出典: https://kurekahikaku.com

Vプリカの休眠維持の手数料や海外事務取扱手数料を安くする方法はありませんが、購入にかかる手数料は安くできます。すでに何度も紹介しているようにライフカードでVプリカを購入すれば、200円割引となるからです。それから、ライフカードではキャンペーンを定期的に実施し、2019年3月31日までではありますが、ライフカード発行だけで2000円分のVプリカをもらえます。

ThumbVプリカの手数料はいくらかかる?無料で入手する方法を調査!

Vプリカの買い方とお得なカード

プリペイドカード「GAICA」

出典: https://www.gaica.jp

VプリカのライバルとなっているプリペイドカードにGAICAがあります。ライバルとはいえ、使い勝手のよさではGAICAのほうが上を行くかもしれません。GAICAの使い方ですが、ネットだけではなく実店舗でも使えるし、年齢制限も13歳以上となっています。また、チャージ手数料がないので、Vプリカよりもお得です。さらに、海外ATMで現地通貨を引き出せるなど、メリットが多いのもGAICAの特徴です。

三菱UFJ-VISAデビットカード

出典: https://kakaku.com

三菱UFJ-VISAデビットカードも便利なカードで、年会費が1000円ほどかかりますが、クレジットカードを使いたくない人にはおすすめできます。その年会費ですが、15~23歳までは無料となっています。また、三菱UFJ-VISAデビットカードにはキャッシュバックもあるし、補償も付いています。もちろん、ネットショッピングだけでなく実店舗でも使えるので、Vプリカのような制限は受けません。

Vプリカの買い方や使い方まとめ

出典: http://peacedayz.blog58.fc2.com

ここまで、Vプリカの買い方や使い方、チャージ方法、年齢制限、手数料などについて解説しました。Vプリカは便利なプリペイドカードで、買い方もそれほど難しくなく、使い方も簡単です。ただし、購入にあたって手数料が必要な場合が多く、少し損をしたような気分になりますが、その手数料を抑える方法もあります。したがって、上手にVプリカを使って、楽しくネット上で買い物をしましょう。

ThumbVプリカギフトの基本を解説!有効期限や残高を使い切る方法は?

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ