Apple WatchのApple Payだけで現金いらず!使い方・設定方法は?

Apple Watchには、Apple Payという機能が搭載されています。しかし、いくつかのメリット・デメリットがあるため、使い方を理解しておく必要があります。今回はApple Watchの使い方や、Apple Payの設定方法などについて紹介しています。

Apple WatchのApple Payだけで現金いらず!使い方・設定方法は?のイメージ

目次

  1. Apple WatchのApple Payは現金いらずのメリットも
  2. Apple WatchのApple Payの使い方や設定方法
  3. Apple WatchのApple Payのチャージ方法
  4. Apple WatchのApple Payのメリット
  5. Apple WatchのApple Payのデメリット
  6. Apple WatchのApple PayはiPhoneなしで使える?
  7. Apple WatchのApple Payの使い方などまとめ

Apple WatchのApple Payは現金いらずのメリットも

出典: https://www.itmedia.co.jp

数多くの人々に親しまれているApple Watchには、Apple Payという便利な機能があり、日々の生活に欠かせない存在となっています。また、現在ではApple Watchの利用者数が4000万人を上回ると言われており、今後もApple Watchにおけるニーズは拡大すると予想されています。今回は、Apple Watchの使い方から、Apple Payのメリット・デメリットなどについてまとめています。

Apple WatchのApple Payの使い方や設定方法

Apple Watchとは?

出典: https://japanese.engadget.com

Apple Watchとは、2015年にアップル社が販売した着用できる腕時計型のコンピュータのことで、スマートウォッチとも呼ばれています。Apple Watchにおける主な特徴としては、iPhoneとの連携によって多岐にわたる機能が利用できるといった使い方が挙げられます。また、いくつかのSNSの通知を表示することが可能となるなどといった機能も搭載されているため、非常に利便性の高いものとされています。

Apple Payとは?

出典: https://www.itmedia.co.jp

Apple Payとは、Apple Watchなどのアップル社のモバイル端末に搭載されている機能のひとつで、非接触型の決済サービスが利用できるといった特徴があります。日本国内においては2016年にApple Payの利用が可能となり、現在ではさまざまな店舗で使うことができます。また、交通機関での使用も可能となっているため、幅広い人々に重宝されている傾向にあります。

Apple WatchのApple Payの登録方法

出典: https://id-credit.com

Apple WatchのApple Payにおける登録方法としては、Apple WatchをiPhoneと連携させることが必要不可欠となってきます。また、Apple Payの機能を利用するためには、クレジットカードやSuicaを登録しておくことも重要なポイントのひとつです。しかし、iPhoneのバージョンによっては、Apple WatchのApple Payが使用できないケースもあるので注意してください。

クレジットカードの登録手順

出典: https://www.businessinsider.jp

クレジットカードの主な登録手順としては、iPhoneを用いてApple Watchのアプリ内にある「カード追加」の項目を選ぶ方法が挙げられます。また、表示されたカード追加の画面に自身のクレジットカードを合わせてから、セキュリティコードと呼ばれる番号を入力することで、クレジットカードの登録が完了します。

Suicaの登録手順

出典: https://sftt.jp

Suicaの登録手順も、クレジットカードと同様にiPhoneを利用して設定することとなります。Apple WatchでSuicaを利用するには、SuicaのアプリをiPhoneにダウンロードすることが必須となり、ダウンロードが完了したら、各選択項目の入力や注意事項を確認したうえで、Suicaへのチャージ金額を設定するといった手順となります。また、カードを選択する際には指紋認証が必要となります。

Apple WatchのApple Payの使い方について

出典: https://enjoypclife.net

数多くの人々に親しまれているApple WatchのApple Payは、さまざまな使い方ができるといった魅力があります。例えば、飲食店での会計時にもApple WatchのApple Payが利用できます。また、公共交通機関でも利用が可能となっています。さらに、金額が足りない場合にはサイドボタンをダブルクリックすることで、不足分をチャージすることができるので、非常に利便性の高いものとなっています。

Apple Watchをかざして改札を通る方法

出典: http://appletechlab.jp

Apple Watchをかざして改札を通るといった使い方の特徴としては、読み取り精度が非常に高いといった点が挙げられます。通常、iPhoneなどを用いて改札を通る際には、画面と改札機の読み取り面を水平にしないと上手く読み取れないといったケースがありますが、Apple Watchの場合には、読み取り面から10cmほど離れていても読み取りが可能となるため、スムーズに改札を通ることができます。

iDやQUICPayで支払う方法

出典: https://www.poitan.jp

Apple Watchを用いてiDやQUICPayで支払う方法としては、QUICPayなどを設定することが必要不可欠となってきます。また、各設定が完了したら、QUICPayなどでの決済が可能となりますが、店頭で支払う際には、Apple WatchのウォレットアプリでQUICPayを表示させたうえで、Apple Watchのサイドボタンをダブルクリックして電子マネー端末にタッチさせることで支払いができます。

Suicaで支払い方法

出典: https://ja.wikipedia.org

Suicaでの支払いを行うためには、SuicaのアプリをダウンロードしたiPhoneとApple Watchを連携させることが必須となってきますが、Suicaを用いて料金決済をする場面では、金額が足りないといったケースも少なくありません。そのため、Suicaを使って公共交通機関を利用する際には、Apple WatchからSuicaに不足分をチャージする方法も知っておくことが重要となります。

Apple WatchのApple Payのチャージ方法

Apple WatchのApple Payのチャージ方法とは?

出典: https://cre-hikaku.com

Apple WatchにおけるApple Payのチャージ方法は、利用する決済方法によってやや異なってくる傾向にあります。Apple Payの機能を用いて決済するケースとしては、Suicaを使用して電車などの公共交通機関を利用するケースが一般的となっています。また、Apple WatchのApple Payには、オートチャージという方法も可能となるため、事前に使い方を把握しておくことも重要とされています。

Suicaへのチャージ手順

出典: http://www.appbank.net

Suicaにおける主なチャージ方法としては、各駅に設けられている自動券売機などでチャージする方法が挙げられます。その際には、画面に表示される指示に従ってチャージ金額を選び、現金を投入することとなります。また、Apple WatchのApple Payを用いたチャージ方法は、ウォレットアプリ内でチャージしたい金額を設定して、指紋認証などで入金を完了させるといったチャージ方法となります。

オートチャージの手順

出典: http://rararasan.hatenablog.com

Apple WatchにおけるApple Payのチャージ方法には、オートチャージと呼ばれるチャージ方法があります。オートチャージとは、入金されている残高がある一定額を下回った際に自動で入金されるチャージ方法のことで、数多くの人々に利用されているチャージ方法としても知られています。使い方や設定方法としては、オートチャージの申し込みや金額を設定することで使用が可能となります。

Apple WatchのApple Payのメリット

Apple WatchとApple Payのメリットとは?

出典: https://mamegoro.com

Apple WatchにおけるApple Payのメリットとしては、iPhoneを出さずに決済ができるという点や生体認証なしでも支払えるといったメリットが挙げられます。また、いくつかのチャージ方法が可能となっている点や、バッテリーが非常に長持ちするといったメリットもあります。特に、近年では電子マネー決済が導入されている店舗も増加している傾向にあり、今後もその需要が伸びると予想されています。

iPhoneを出さずに支払える

出典: https://ringofcolour.com

Apple WatchにおけるApple Payの大きなメリットのひとつとして、iPhoneを出さずに支払いが行えるといった点が挙げられます。通常、iPhoneを用いて決済をする場合には、iPhoneを取り出して支払いを済ませることとなりますが、Apple Watchの際にはその手間が省けるため、改札を通る場面でも非常にスムーズな決済が可能となります。

生体認証なしで支払える

出典: https://app-sin.com

生体認証なしで支払いが行えるといった点もApple Watchにおける大きなメリットのひとつとなります。Apple WatchにおけるApple Payにも生体認証機能は搭載されていますが、パスコードを入力してロックを解除することによって、決済時の生体認証が不要となる設定ができるため、多岐にわたる場面で活躍する機能となっています。

バッテリーが長持ち

出典: https://gigazine.net

近年では、著しい技術の発展に伴って、Apple Watchのバッテリーも非常に長持ちするようになっています。アップル社によると、Apple Watchにおけるバッテリー駆動時間はおよそ18時間ほどとされており、発売当初よりも長い利用時間が維持されるようになり、現在ではバッテリーの残量も一目で分かるように設定されているため、外出中にApple Watchが使えなくなるといったケースも少なくなっています。

チャージが100円からできる

出典: https://japanese.engadget.com

チャージが100円からできるといった点も、Apple WatchのApple Payにおけるメリットとされています。そのため、残高に不安を感じる場合には、必要な分だけ入金するといったチャージ方法も可能となっています。また、チャージに費やされる時間も数分ほどとなる傾向にあるので、非常にスムーズなチャージができる点も魅力のひとつとされています。

チャージ額を確認できる

出典: https://hu-ten.com

100円単位からのチャージが可能となる点と同様に、チャージ額をいつでも確認することができるといった点も、Apple WatchにおけるApple Payの大きな魅力のひとつとなっています。また、Apple Watchを着用していれば、不足分のチャージからその金額の確認までをその場で行うことができるため、無駄な時間を省くことが可能となるメリットもあります。

Suicaを購入しなくていい

出典: https://www.gizmodo.jp

Apple WatchにおけるApple Payのメリットとして、Suicaを購入しなくてもいいといった点も挙げられます。また、SuicaアプリをiPhoneにダウンロードしてApple Watchと連携させることによって、自動券売機などでチャージする必要もなくなるので時間の節約にも繋がるとされています。

Apple WatchのApple Payのデメリット

Apple WatchとApple Payのデメリットとは?

出典: https://kadentity.com

Apple WatchにおけるApple Payの主なデメリットとしては、改札がやや通り抜けにくいといった点やオートチャージの際にiPhoneが必要となる点が挙げられます。また、Suicaが複数必要となるケースやiPhoneのバージョンによってはクレジットカードが登録できないなどといったデメリットもあります。

改札を通り抜けにくい

出典: https://www.ex-it-blog.com

Apple WatchのApple Payにおけるデメリットとして、Suicaに比べて改札が通り抜けづらいといった点が挙げられます。しかし、iPhoneを用いた決済方法に比べると、取り出す手間が省けるといった点に加えて、読み取り精度も高い傾向にあるため、ストレスを感じるほどのデメリットではないと言われています。

自動改札オートチャージにiPhoneが必要

出典: https://nlab.itmedia.co.jp

自動改札オートチャージを設定する際にiPhoneが必要不可欠となる点も、Apple WatchのApple Payにおけるデメリットのひとつとされています。また、Suicaやクレジットカードを登録する場合にもiPhoneとの連携が必須となるため、Apple Watchを用いてさまざまな支払いを行う際には注意が必要となります。

Suicaが2枚必要なことも

出典: https://www.mag2.com

Apple WatchのApple Pay機能を用いてSuicaを使う際には、Suicaが2枚必要となるケースもあります。また、Apple Payには同じiPhoneに複数枚のSuicaを登録することができるといった特徴があるため、使用目的に合わせて利用するSuicaを使い分けることも重要となるというデメリットがあります。

取り込めないSuicaも

出典: https://www.goodspress.jp

Apple WatchにおけるApple Payのデメリットとして、Suicaが取り込めないケースがあるといった点が挙げられます。例えば、Apple Payに対応していないiPhoneを使用している場合にはSuicaが取り込めないため、事前に自分のiPhoneのバージョンなどを調べておくことがポイントとなってきます。

iPhone6s以下では使えないクレジットカードも

出典: https://www.smbc-card.com

Suicaが取り込めないといったデメリットと同様に、クレジットカードを登録する際にもiPhoneのバージョンによっては使用ができないケースがあります。特に、iPhone6s以前の機種の場合は、それらの機能が搭載されていないため、各決済機能の利用を検討している際には、最新のiPhoneに買い換えることも重要なポイントとなってきます。

アップデートに時間がかかることも

出典: https://www.web-planners.net

アップデートに時間がかかるという点も、Apple WatchのApple Pay機能におけるデメリットのひとつとして挙げられます。アップル社では、細かい機能を定期的にバージョンアップする傾向にあるため、そのたびに自身のApple Watchのデータを更新する必要があります。また、修正内容によってはアップデートに1時間以上かかることもあります。

Series1では使用できない

出典: http://www.pencil-pencil.com

Series1のApple Watchを利用している際には、Apple Pay機能が使用できないといったデメリットがあるので注意が必要となります。また、Suicaなどを使うためには、Series3以降のApple Watchが必要不可欠となるため、場合によってはApple Watchを買い換える必要があります。

Apple WatchのApple PayはiPhoneなしで使える?

Apple WatchにはGPSモデルとセルラーモデルが

出典: https://gori.me

Apple Watchには、GPSモデルとセルラーモデルというものが存在します。GPSモデルは、iPhoneを常に所持していないと利用できる機能が制限されるといった特徴がありますが、セルラーモデルではiPhoneを持たずに外出をしてもさまざまな機能が使用できるといった違いがあるため、自分の目的や生活スタイルに合ったモデルを選ぶことがポイントとなります。

iPhoneなしで使う方法

出典: https://japanese.engadget.com

いくつかのチャージ方法や、搭載されている各機能をiPhoneなしで使用する方法としては、セルラーモデルのApple Watchを選ぶケースが一般的となっています。しかし、日頃から常にiPhoneを持って生活している人の場合には、GPSモデルのApple Watchで十分と言われています。

Apple WatchとApple Payの将来性

出典: https://delaymania.com

近年では、Apple WatchのApple Pay機能を利用している人が増えている傾向にあり、それらの機能に対応した店舗も年々増加しているため、今後はさらにApple WatchにおけるApple Payのニーズが拡大すると予想されています。

Apple WatchのApple Payの使い方などまとめ

Apple Watchの使い方や設定方法から、Apple Payのメリット・デメリットやチャージ方法などについて紹介してきました。日々の生活に欠かせないApple WatchのApple Pay機能は、数多くの人々に重宝されており、その需要は今後も高まっていくと言われています。今回紹介したApple WatchやApple Payの情報などを参考に、自分に合った使い方を見つけていただけると幸いです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ