レターパックの送り方・出し方を解説!発送方法の注意点とは?

レターパックはコンビニでも買え、ビジネスで郵便物を出すのにとても便利な発送方法です。レターパックの送り方、出し方について、追跡サービスの利用方法、レターパックの配達日数などついてまとめてあります。レターパックの送り方や出し方を再確認しましょう。

レターパックの送り方・出し方を解説!発送方法の注意点とは?のイメージ

目次

  1. レターパックの送り方や出し方などについて解説!
  2. レターパックは2種類!それぞれの特徴とは?
  3. レターパックの送り方・出し方とは?
  4. レターパックを利用・発送方法の注意点とは?
  5. レターパックはどこで購入できる?
  6. レターパックの送り方や出し方などについてのまとめ

レターパックの送り方や出し方などについて解説!

出典: https://www.kurachic.jp

レターパックは、宅急便や普通郵便とはまた別の発送方法です。宅急便で送ると配達地域によって配達料が変わってきますが、レターパックは全国どこでも発送料が一律ですので、レターパックで発送が可能なものであれば、宅急便よりもレターパックを使った方がお得なのです。今回は、レターパックの送り方・出し方などを解説します。

Thumbレターパックの補償内容を調査!紛失率や補償金額からメリット・デメリットまで

レターパックは2種類!それぞれの特徴とは?

レターパックは用途に合わせて変える

出典: http://noaidea.me

レターパックには、レターパックライトとレターパックプラスの2種類があります。金額と、送れる荷物の厚み、発送方法に違いがありますので、送るものや発送方法で、使い分けると良いでしょう。レターパックライトとレターパックプラスの特徴を説明します。

レターパックライトの特徴について

出典: http://noaidea.me

レターパックライトは、青いレターパックの方を言います。レターパックライトの金額は360円です。レターパックライトを買う時に360円を払います。この360円にレターパックライト本体の代金と発送料の両方が含まれています。発送料は日本全国一律です。つまり、沖縄や北海道へ発送しても、360円は変わりません。

出典: https://belluna.jp

レターパックライトの厚さは、3センチまでとなっています。横の部分の折り曲げることで、簡単に厚さを調節できるようになっています。レターパックの大きさはA4サイズですので、基本的などのような書類も送付することが可能です。重量は4キロ以内と決まっています。4キロはかなりの重量なので、特に気にする必要はないでしょう。

出典: https://torisedo.com

レターパックを利用するにあたり、便利なのが追跡サービスです。会社に書類を発送した際、「届いておりますでしょうか。」といちいち確認の電話をするのは、相手の手も止めてしまうので、なるべくならば、避けたいものです。そんな悩みを解決してくれるのがレターパックの追跡サービスです。QRコードで簡単に確認をすることができます。

出典: http://evenear.com

レターパックの出し方は、普通郵便と同様のポスト投函です。レターパックプラスの厚みならば、ポストの大きい投函口に入れることができます。もしも、ポストに入らなければ、最寄の郵便局窓口に持って行き出しましょう。レターパックはコンビニで買うことはできますが、レターパックをコンビニに出すことはできませんので注意して下さい。

レターパックプラスの特徴について

出典: http://noaidea.me

レターパックプラスの色は赤色になります。重さは4キロ以内、追跡サービスが使えること、ポストに投函ができることは、レターパックライトと同じです。レターパックプラスの配送料は日本全国一律の510円になります。金額がレターパックプラスよりも高くなりますが、その分、レターパックプラスだからこその特徴があるのです。

出典: http://yubin.2-d.jp

レターパックプラスは、厚さの制限がありません。要するに、レターパックプラスに入り4キロ以内ならば、厚みが10センチ超えたとしても送ることが可能です。レターパックプラスならば、送ることができないと制限が設けられているものを除いて、書類以外でも書籍や洋服、ノベルティなど、あらゆるものを送ることができるという利点があります。

出典: https://setuyaku-lifebox.com

レターパックプラスのもう一つの特徴は、配達員が対面手渡しで荷物を配送してくれるという点です。レターパックプラスならば、確実に相手の届いているかの確認を、追跡サービスで行うことができます。急ぎのもので、尚且つ重要度が高い信書などならば、レターパックプラスでの出し方が安心で確実な出し方なので、ビジネスで良く使われます。

出典: https://allabout.co.jp

レターパックライトの場合には、相手のポストへ投函する方法となっています。日中は外出中の人宛てに送るならば、レターパックライトの方が受け取り印が要らないので、早く届きます。注意点は、レターパックライトはポストに投函した時点で配達完了と追跡サービスに載りますが、配達員が間違って投函したとしても配達終了となってしまいます。

確実性はレターパックプラス

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

まとめると、信書をレターパックで送りたいと考えるならば、相手が受けっとたことが分かるレターパックプラスのほうが、確実と言えるでしょう。逆に、レターパックライトならば、相手が外出中でもポストに入りますので、昼間は殆どいない相手へ送るならば、レターパックライトの方が早く手元に届く可能性があります。

Thumbレターパックは集荷してくれる!依頼用の電話番号と時間帯を調査!

レターパックの送り方・出し方とは?

表面に必要な情報を記入

出典: http://www.imakan.ac.jp

レターパックの送り方は、まず表面に必要情報を記入します。宛先の住所、名前、電話番号、依頼主の住所、名前、電話番号を記入したら、品名を記入します。レターパックは複写ではないので、宛名シールを使うことも可能ですし、ゴム印で会社名や住所を記入しても大丈夫です。記入する時には、正式名称で正しくはっきりと書くようにします。

出典: https://gragg.jp

品名が記載されていない場合、航空便を使用することができないため、配達に時間が掛かる場合がありますので、品名は必ず書くようしましょう。また、品名を書く時に、小物、日用品、雑貨のような抽象的な表現や、ハンカチ等のように、等や他を使った表現方法は、品名が把握できないため、発送が遅れる場合がありますので、注意して下さい。

荷物の梱包

出典: https://www.shimojima.co.jp

レターパックを利用する場合、レターパック専用の封筒を購入します。コンビニや郵便局で買いましょう。郵便局郵便局でならば、送りたいものを持って行って、その場で梱包して出すと言った配送方法を取ることが可能です。レターパックライトにするか、レターパックプラスにするか、ゆうパックにするかを迷うならば、郵便局で配送方法を尋ねましょう。

出典: https://torekaoh.blog.fc2.com

書類など紙類の送り方は、クリアファイルに入れて出すようにしましょう。レターパックは紙ですので、雨が降った時など濡れる可能性があります。小物でレターパック内で動いてしまいそうなものは、梱包材に包んだり、土台を用意して固定する方法などを取ると良いでしょう。

郵便局かポストにて発送

出典: https://setuyaku-lifebox.com

レターパックは、コンビニで発送を取扱っていません。しかし、コンビニでも一部のローソンには投函ポストが設置されています。レターパックの出し方は、郵便局に持ち込むかポストに投函する方法を取ります。レターパックを出す際には、「ご依頼主保管用シール」を忘れずに剥がして下さい。シールに追跡サービスの追跡番号が載っています。

Thumbレターパックは時間指定や日付指定ができない?代替サービスも!

レターパックを利用・発送方法の注意点とは?

レターパックで送れるものとは?

出典: https://hajicolle.smt.docomo.ne.jp

レターパックはA4サイズに入って、尚且つ4キロ以内のもを発送することが可能です。携帯電話やカメラでも壊れないようにしっかりと梱包すれば、配送日数は掛かってしまいますが、送ることができます。また、レターパックの利点は信書の発送方法として選択することができるところです。ビジネスでは、かなり重宝する送り方と言えます。

信書とは?

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

信書とは、特定の人に宛てた、意思を他人に伝達する文書のことを言います。ビジネスでの信書とは、納品書、受領書、請求書、見積書、契約書、申請書、証明書類のことです。信書を普通の宅急便で送るのは違法行為に当たります。信書の発送方法は、書留にするかレターパックを使うかなので、そう考えるとレターパックは大変便利です。

レターパックで送れない品物とは?

出典: https://jp.techcrunch.com

レターパックで送れないものと言えば、現金です。現金の送り方は現金書留のみとなっています。他のものと一緒に送りたいという時があったとしても、現金をレターパックで送るのは郵便法違反で、れっきとした法律違反行為となりますので止めましょう。郵便局ではX線検査で現金が入っていないかのチェックが行われているので、誤魔化しはききません。

出典: http://kr04010604.mv.ymc.ne.jp

その他レターパックで送らないものは、壊れやすいガラスや陶磁器、精密機械、なまもの、生き物です。芸術品などで代替え品の入手が困難なものです。損害賠償がないので、高額なものや貴金属類。爆発物や毒薬物です。アルコールが使われているもの、例で言うと香水やスプレー類などは、爆発の危険があるので、レターパックでは送れません。

発送方法の注意点は?

出典: https://trilltrill.jp

発送方法の注意点は、レターパックで送ってはいけないものは送らないことです。「中身が見えないから大丈夫だろう。」と安易に考えて出してしまうと、「配達は出来ません」と荷物が帰ってきてしまいます。こうなると、もう一度出し直す手間も掛かりますし、送り先に迷惑も掛かります。その上、レターパック代が無駄になってしまいます。

出典: https://minnkane.com

配送方法として記入欄はしっかりと書くことも重要です。住所を間違わないことはもちろんですが、品名を書き忘れた場合は、郵便局でレターパックが開封され中身を確認されることもあります。こうなりますと、配達日数にも遅れが生じますし、一度開いたレターパックが相手に届くことになると、相手の気分を害する可能性もありますので注意しましょう。

追跡サービスの利用方法

出典: https://torisedo.com

追跡サービスは、送った荷物が今どこにあるのか、送り先に届いているのかが把握できる、便利なシステムです。レターパックの追跡サービスは、QRコードを読み取ってネットで確認する方法と、郵便局のホームページから確認する方法、レターパックの追跡サービス専用電話から確認する方法があり、自分がやりやすい方法を選ぶことが可能です。

追跡サービスを利用する際の注意点

出典: https://ticket.st

追跡サービスを利用する為には、レターパックの表面に付いている「ご依頼主様保管用シール」に載っている、追跡番号が必要です。この追跡番号が無いと追跡サービスを利用することができません。レターパックで出す利点と言っても過言ではない、追跡サービスを利用放棄しない為にも、必ず出す前に「ご依頼主様保管用シール」を外しましょう。

出典: https://zippoclub.com

追跡サービスの照会結果の表示の仕方は、「引受」した日にちと時間、回収している郵便局名、「到着」した日にちと時間、配達担当の郵便局名、そして最後に「お届け先にお届け済み」と届けた日にちと時間、配達した郵便局名が表示されるようになっています。また、下には配達を担当した郵便局の電話番号も載っています。

出典: https://pinky-media.jp

追跡サービスの照会画面には、流石に誰に届けたかの個人識別情報は載っていません。配送方法の注意点にもなりますが、一度に多方面にレターパックで送るならば、「ご依頼様保管用シール」にある余白に、送り先名を分かるように書いておくことをお勧めします。個人は追跡サービスの表示だけでは、確認することが困難だからです。

お届け日数に関しての注意点

出典: http://ilearningdiary.com

レターパックの配送日数は、速達と同じ日数で早ければ翌日には相手に届けてくれます。速達と同じ日数で配達してもらう出し方は、回収係りの人のその日の回収が終了する前に出すことが必須条件となります。ポストの横に時間帯が書いてありますので、確認しておくと良いでしょう。郵便局の窓口ならば、17時迄に出せば間に合います。

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

レターパックの配送日数は速達と同じ翌日と言われていますが、地域によって異なる場合があります。航空便を使用する場所へ送る時などは特に、多めに配送に掛かる日数を考えておくと良いでしょう。気候や配送会社の状況で日数に変更が出てしまう場合もあります。これは致し方ありませんので、早めに送る又は、相手には2・3日で到着と伝えましょう。

出典: https://torisedo.com

レターパックは土日も配達してくれます。これはとても助かるシステムですが、宅急便やゆうパックとは違い、配達日の指定をすることはできません。レターパックプラスの場合、受け取り人が不在なら不在表がポストに入ります。受け取り人が再配達を要請しないと再度配達してもらえませんので、日数が掛かってしまうこともあります。

Thumbレターパックをポストに投函して送る方法は?入らない時の対処法も!

レターパックはどこで購入できる?

郵便局

出典: http://quiizu.com

一番はやはり、郵便局で購入する方法です。郵便局の窓口ならば、発送方法を丁寧に教えてくれますし、送りたいものを準備して行けば、その場で宛名などを記入して窓口に出してしまうことも可能です。また、窓口で出すと、郵便局員さんが、レターパックの表面がちゃんと記入されているかの確認も行ってくれます。初めてならば郵便局がおすすめです。

郵便局のオンラインショップ

出典: http://jsjnchem.com

郵便局には、オンラインショップがあり、そこで切手やギフト、レターパックが購入できるようになっています。オンラインショップでは、レターパック20枚単位での購入で、配送方法は郵便局から1週間程度の日数で来るようになっています。大量に使うならば、オンラインショップで買えば、買いに行く手間を省くことができます。

レターパックを取扱っているコンビニとは?

出典: https://seisin-gr.com

レターパックを取扱っている主なコンビニは、セブンイレブン、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキなどで、切手など郵便物を販売しているコンビニで購入することができます。コンビニならば、時間を気にせずに買いに行けるというのが大きな利点です。しかし、必ずしも行ったコンビニで販売しているとは限りません。

出典: https://kakakumag.com

また、コンビニでは郵便局のようにレターパックを多在庫として持ってはいませんし、レターパックライトが欲しかったのに、レターパックプラスしか在庫が無かったといったことも起こりうるのです。取り扱っているコンビニの中で一番確実と言えるのはローソンです。郵便局の回収ポストがあり、必ず郵便局員が来ますので、お願いすることが可能です。

金券ショップ

出典: https://pathee.com

金券ショップでの購入ならば、実際のレターパック料金よりも割安で販売されています。少しでも安く買いたい人には良いでしょう。ただし、金券ショップによっては、10枚単位での販売や、どの金券ショップでもレターパックを扱っているとは限りません。金券ショップで購入したい場合は、問合せをしてから買いに行くのが良いでしょう。

ネットショッピング

出典: http://affiliate-ruby.com

ヤフオクやメルカリなどのネットショッピングでも、レターパックを購入することができます。まとめ買いすれば、安く購入することをできますし、ネットショッピングのポイントを貯めることも出来るのでお得です。ネットショッピングもやはり大量に買う人ではないと、配送料が掛かり割高となる場合がありますので、注意しましょう。

出典: http://rakka-beercan.cocolog-nifty.com

ネットで購入すると、発送方法は宅急便なので、手元に届く日数は最低でも1日は掛かります。大量に購入するならネットショッピングで、急ぎで使うならば郵便局かコンビニで購入といったように、状況で使い分けると良いでしょう。

Thumbレターパックが購入・発送できるコンビニ一覧!お得に買う方法も!

レターパックの送り方や出し方などについてのまとめ

出典: https://pinky-media.jp

レターパックの送り方や出し方、発送方法について紹介しました。レターパックは速達と同じ日数で送れる上に、追跡サービスが付いており、ビジネスで活用できるのがポイントです。送りたい物の用途に合わせて、レターパックライトとレターパックプラスを使い分けしましょう。但し、送ってはいけないものは避けるように気をつけてください。

Thumbスマートレターの料金はお得?レターパックと使い分けるコツを公開!

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ