新築祝いの金額相場はいくら?兄弟や親戚・上司など相手別に紹介!

新築祝いを渡す機会は意外と多いです。兄弟や親、親戚だけでなく、会社の上司や部下などにも贈らなくてはいけない場合があります。そんな時の悩みは新築祝いの金額と贈るタイミングです。新築祝いで渡す金額相場を兄弟や親戚、会社の上司など相手別にご紹介していきます。

新築祝いの金額相場はいくら?兄弟や親戚・上司など相手別に紹介!のイメージ

目次

  1. 新築祝いの金額相場やマナーを知っておこう
  2. 新築祝いの相手別の金額相場・親戚や会社の上司や友人の場合
  3. 新築祝いの金額相場と渡すタイミング
  4. 新築祝いの金額相場とふさわしいプレゼント
  5. 新築祝いの金額相場とプレゼントのタブー
  6. 新築祝いの金額相場とのしの書き方
  7. 新築祝いの金額相場とマナーまとめ

新築祝いの金額相場やマナーを知っておこう

新築祝いを渡したことがある人もいるかもしれませんが、渡す金額について悩む人は多いです。現金だけでなく他のものを新築祝いとして渡す人も多いですが、相手によっては、現金を渡すのはマナー違反と考える人もいます。新築祝いには贈っていけないものもあります。新築祝いの相手別の金額相場やマナーについてご紹介していきます。

新築祝いの相手別の金額相場・親戚や会社の上司や友人の場合

新築祝いを渡す機会は意外と多いかもしれません。家族だけでなく、親戚や友人、会社に勤めていれば、会社の同僚や上司などにも渡さなければいけない場合もあります。新築祝いには現金だけではありません。他にも贈って喜ばれるものは沢山あります。家族や親戚、友人、上司など、相手によっても金額が異なります。新築祝いの金額相場を相手別にご紹介していきます。

兄弟や姉妹の場合

兄弟や姉妹または、夫や妻の兄弟や姉妹に新築祝いを渡す場合の金額相場は、3万円~5万円程です。兄弟や姉妹の場合は、何が欲しいのか事前に聞いておき、リクエストされたものを渡すのもいいかもしれません。その他には、自由に選べるカタログギフトも喜ばれます。現金だけでなく、商品券を渡す人も多く、自分で何か物を買って渡したい場合には、新築を見せてもらい新築の雰囲気にあったものをプレゼントするという方法もあります。

両親の場合

自分の両親や夫・妻の両親が家を新しくすることもあります。その場合に渡す新築祝いは5万円から10万円が金額相場と言われています。兄弟や姉妹に比べると金額が高くなってしまいます。もし、家計に余裕がない場合には、現金を渡すのではなく何か物を買って渡すとよいでしょう。

新築祝いということもあるので、家電やインテリア用品などでも喜ばれます。1人でプレゼントしようとすると高くなってしまうので、兄弟や姉妹がいる場合には、お金を出し合って一つの高級家電を買うのもいいかもしれません。何がいいかわからない場合は、両親と一緒に新築祝いを選びにいってもいいでしょう!

子どもの場合

子どもが家を建てた場合に、両親は新築祝いを渡さなければいけません。その金額相場は、5万円以上と言われています。しかし、家を建てたり購入する際に、親がお金を少しでも支払っていれば、そのお金が新築祝いとなります。

子どもへの新築祝いは人それぞれで、金額相場より多めに現金で渡す人もいれば、商品券を渡す人います。中には、現金や商品券と一緒に新築に必要なものをあわせて合わせてプレゼントする人もいます。孫が産まれている場合には、孫へのプレゼントを足してもよいでしょう。

親戚の場合

一般的に両親や子ども、兄弟や姉妹が新しく家を建てたり、買った場合には新築祝いを渡します。しかし、親戚の場合は新築祝いを渡したら良いのかと悩むところです。親戚といっても幅広く、付き合いがある親戚、あまり付き合いがない親戚など様々です。小さい頃は一緒に遊んでいた姉の子や兄の子でも大人になってしまえば親戚付き合いもなくなってしまうことがほとんどです。

そういった親戚にも渡さなこればいけないのかと悩む人もいます。もし、自分の両親や自分が年に一回でも年賀状のやりとりをしていたり、少しでも関わりがあるのであれば、疎遠になってしまった親戚でも新築祝いを渡すとよいでしょう。今は関わりがなくても、これから付き合っていかなくてはならないかもしれません。

親戚に渡す新築祝いの金額相場は、5千円~3万円と言われています。あまり、高額な新築祝いを渡してしまうと相手が逆に気を遣ってしまうかもしれません。付き合いの度合いによって新築祝いの金額を決めるとよいでしょう。

友人の場合

友人が新しく家を建てた場合にも新築祝いを渡しますが、友人に渡す機会の方が家族や親戚に渡すよりも多いかもしれません。友人に渡す新築祝いの金額相場は、5千円~3万円です。現金の他にも商品券やカタログギフトで送っても贈ってもよいでしょう。新築祝いということで、これから使える家電などをプレゼントする人もいますが、その場合には友人に何が良いか聞いてみましょう。

家電は安いものではないので、すでに買ったものと被らないようにするために、友人に確認しておくことをおすすめします。個人で友人にプレゼントしようとするとどうしても高くなってしまうので、何人かの友達同士でお金を出し合って購入するのもよいでしょう。

そもそも友人に新築祝いは必要なのかと考える人も居ますが、親しい仲であれば贈った方が良いでしょう。親しい仲であるにもかかわらず、お祝い事をおろそかにしてしまうと仲が悪くなってしまう可能性もあります。これからも友人であるためにも、お祝い事などはおろそかにせず心からお祝いの気持ちを渡すようにしましょう。

会社の同僚や部下の場合

会社の部下や同僚が新しく家を建てた場合などにも新築祝いを贈ることがあります。会社の部下や同僚への新築祝いの金額相場は、5千円~1万円と言われています。あまり多く渡してしまうと、逆に相手に気を遣わせてしまう可能性があります。自分の立場が相手よりもかなり上の場合には、1万円以上の新築祝いを渡した方がよいでしょう!現金や商品券と合わせてお酒や日用品などをプラスして渡す人もいます。

同僚や部下と親しい人は、個人で贈ることが多いですが、会社でお祝い事をする時は皆でお金を出し合って贈ることがほとんどです。その場合には、5千円~1万円程と相場は決まっていますが、少し高めのものをみんなで購入したり、現金で渡すのも良いでしょう。1人で渡すよりも安く済みます。

上司や目上の人の場合

会社の上司や目上の人に新築祝いを渡す機会もあるかもしれません。会社の部下や同僚などには、現金やギフト券を渡しても問題はありませんが、会社の上司や目上の人に対しては失礼と思われてしまう可能性があります。そのため、何か品物にするかカタログギフトにするとよいでしょう!金額相場は、5千円~1万円程です。会社の同僚などとお金を出し合って、何か一つのものをプレゼントしてもいいかもしれません。

新築祝いの金額相場と渡すタイミング

新築祝いについて悩んでいる人の多くは、金額だけでなく渡すタイミングです。いつ渡したらマナー違反にならないかと考えている人もいます。新築祝いを渡す際には、金額だけでなく渡すタイミングにもマナーがあります。目上の人に対して渡す際には、正しいマナーを知らないと常識のない人と思われてしまうかもしれません。それでは、新築祝いを渡すタイミングについてご紹介していきます。

引越し直後は避ける

遠くに住んでいる友人や家族、親戚、会社の上司など家にお邪魔できない人も中にはいます。そんな時は、新築祝いを贈ってあげるとよいでしょう。しかし、引越し直後に贈るのはあまりよくないと言われています。基本的に新しい家で生活を初めてから、「おめでとう」という気持ちでお祝いを渡します。

生活がまだ始まっていないのに、渡すのは新築祝いの意味とは変わってきてしまいます。引越しをしてすぐに贈っても問題はありませんが、引越しをしてすぐはバタバタしているため、お祝いにまで手が回らない可能性があります。新築祝いを貰えば、お返しをしなければいけないため、引越し直後だと準備が大変になってしまいます。新築祝いを贈る際は、半月から2か月が経ってからにしましょう。

新築に招かれときに渡す

新しい家を建てたり、購入した場合に、友人や家族、親戚を招いて家をお披露目することもあります。新築祝いは、基本的に自宅に招かれた時に渡すのがマナーです。新築にお邪魔した際に、ただ新築祝いを渡すのではなく、新築祝いと一緒にお祝いの言葉を添えて渡すようにしましょう。

新築祝いと一緒にお手紙を

新築祝いを渡す際に一言お祝いの言葉を伝えますが、さらにお手紙を添えると気持ちが伝わりやすくなります。直接訪問して新築祝いを渡す場合は、「ご新築おめでとうございます。ささやかではありますが、気持ちをお贈りします。」という様に短い文章でよいでしょう。

遠くて新居に伺う事ができず、新築祝いを送る場合には、「ご新築おめでとうございます。」と最初に必ず伝えます。「ご新居に住まわれて〇日が経ちますが、住み心地はいかがですか?ささやかですが、お祝いの気持ちを贈らせていただきます」と新築祝いを送りましたということを記載します。

その後で「引越しが落ち着い頃にお伺いしたいと思います。」といった言葉を添え、最後にご家族みんなの健康を願う文章で締めるとよいでしょう。お手紙を添えると気持ちが伝わりやすくなりますが、失礼のない文章を心がけましょう。

新築祝いの現金は新札を包む

新築祝いには現金を贈る人が多いですが、必ず新札を包むようにしましょう。折り目があるお札は、香典やお見舞いなどに包む際に使用します。新札を包むのにもちゃんとした理由があります。新札はいつでも家にあるものではありませんが、結婚や出産、新しく家を建てるなどお祝い事の予定が分かっている場合には、お祝いとして渡すために新札を用意します。

これは、「あなたのために事前に用意しました」という意味が込められています。しかし、折り目のあるお札を使用する香典やお見舞いの際に新札を渡すのは失礼に当たります。病気やケガをしている人のお見舞いや亡くなった人に対して、新札を渡したら「事前に用意しておきました」という意味になってしまい失礼にあたります。新札を渡すのにはちゃんとした理由があるので、覚えておくと良いでしょう。

新築祝いの金額相場とふさわしいプレゼント

新築祝いを会社の上司や友人、親戚に贈る機会がある人も居ますが、何を送ったら良いのかと悩んでいる人も多いです。新築祝いは現金だけではありません。他にもふさわしいプレゼントが沢山あります。新築祝いのふさわしいプレゼントについてご紹介していきます。

ブランド物の食器やグラス

新築と聞くと夫婦で暮らすことがほとんどです。お揃いのブランド物のグラスにしたり、食器にしても喜ばれます。お酒を飲む人ならブランド物のお酒のグラスでもいいかもしれません。食器やグラスは毎日でも使えるものなので、新築祝いとして贈る人も多いです。

カタログギフト

何をプレゼントしてよいのかわからない場合は、カタログギフトもおすすめです。カタログギフトには、これから新しいお家で暮らしていく上で、必要なものが沢山乗っています。会社の上司には現金を渡すことは失礼と思われてしまう可能性があるので、そういった場合などもカタログギフトを贈ると良いでしょう。親戚や友人でも何を渡したら良いのか迷った時はカタログギフトがおすすめです。

観葉植物やプリザーブドフラワー

新築祝いに観葉植物もおすすめです。あまり、贈る人は少ないかもしれませんが、観葉植物が好きな人にはいいかもしれません。どんな観葉植物が良いのか悩んだ際には、育てやすいことや花言葉を重視して選ぶようにしましょう。新築祝いに贈る観葉植物の花言葉は、「永久の幸せ」や「すこやか」などが良いでしょう。

プリザーブドも良いでしょう。リースにしてあるものも良いですが、リースになっていると壁にかけなくてはいけません。壁に掛けるものは新築祝いには向いていないため、置くタイプのものが良いでしょう。壁掛けの場合は絶対に壁にかけなくてはいけないため、壁に穴をあけることになります。

新築の場合は、壁に穴をあけるのを嫌がる人も居ますし、せっかくもらったから壁に掛けなくてはと、自分の好みのインテリアの中に別な雰囲気のインテリアがあることになるのでおかしくなってしまいます。リースなどではなく、小さめの置き型のプリザーブドフラワーにすることをおすすめします。

シンプルな時計などインテリア用品

時計は時を刻んでいくものとして、新築祝いとしてプレゼントする人も多いです。インテリア用品は意外と人気がありますが、本人の好みもあります。どんなインテリア用品が良いのか悩んだ場合には、親しい人であれば直接聞いてみてもいいかもしれません。

タオルなど日用品

タオルや洗剤などの日用品はどれだけあっても困らないということから、新築祝いとして贈る人も多いです。タオルと言ってもスーパーなどで売っている安いものではなく、オーガニック素材の高級メーカーのタオルなどを渡すと良いでしょう。洗剤も普通に売っているものではなく、少し高めのものを選んで贈ると喜ばれます。

新築祝いの金額相場とプレゼントのタブー

新築祝いに贈るプレゼントに悩む人は多いです。何でも良いという訳ではなく、送ってはいけないプレゼントもあります。贈ってはいけないプレゼントについても知っておかなければ、相手から失礼と思われてしまう可能性もあります。新築祝いにプレゼントしてはいけないものについてご紹介していきます。

火に関係するもの

火を連想させる物は新築祝いにはふさわしくありません。火は火事に繋がるため、新しく家を建てたり、購入した際に渡すプレゼントにはむきません。新築が燃えてしまうといったイメージを相手にさせてしまうため、マナー違反となってしまうので注意しましょう。

知らないで渡してしまう人も居ますが、渡す前にちゃんと確認するようにしましょう。家を建てたり、購入するというのは一生に一度の大きな買い物になります。喜んでいるのに、火事を連想させるお祝いを貰っても素直に喜べません。火を連想させる贈りものとしては、灰皿、ストーブ、ライター、ヒーター、キャンドルなどがあります。その他には赤色のものも火をイメージさせてしまうので避けるようにしましょう。

広い場所を取るもの

部屋において場所をとるものは避けましょう。新築なのに場所をとるものを置いてしまうと窮屈に感じてしまいます。新しい家に住んだら、本人たちの好きなインテリアや家具の配置もあります。スペースを取るものだと部屋の雰囲気を壊してしまことにもなります。そのため、広い場所をとるものは避けるようにしましょう。

壁に掛けるもの

壁に掛けるプレゼントはなるべく避けるようにしましょう。壁掛けだとせっかく会社の上司からもらったから、友人に貰ったからと絶対飾らなければいけないと思ってしまいます。もし、飾ってなかった時プレゼントしてくれた人が来た際に申し訳なく思ってしまい、相手に気を遣わせてしまうため、壁に掛けるものはなるべく避けるようにしましょう。

壁に掛けるもののほとんどは、壁に穴を開けなくてはいけません。新築なのに、穴をあけるのに抵抗がある人の方がほとんどです。壁に掛けなくてはいけない、時計や絵画などは避けるようにしましょう。

一般的にタブーとされているもの

新築祝いだけでなくお祝い事には向いていないものもあります。例えば、お茶やハンカチ、クシ、4万円や9万円などがあります。お茶は不幸な行事などの贈るものとして用いられることが多いため、お祝い事に贈るものとしては向いていません。ハンカチを漢字に直すと「手巾」となり、「手巾」は「てぎれ」と呼びます。

てぎれはお別れを意味する言葉であるため、新築祝いには向いていません。しかし、白色で無地のハンカチは良くないと言われていますが、柄があるものであればよいと言われています。クシは、「9」と「4」になり「苦」と「死」を連想させてしまいます。昔から「9」と「4」は良くない数字と言われているので連想させてしまうクシはやめた方がよいでしょう。

現金で新築祝いを渡す際に、「4万円」と「9万円」は避けるようにしましょう。クシと同じように「4は死」「9は苦」となってしまうため、縁起が悪くなってしまいます。せっかく夢だった新築に住むことができたのに、プレゼントによって気分を害さないように気を付けるようにしましょう。

目上の人へのタブー

会社の上司や目上の人に新築祝いを渡す機会もあるかもしれません。家族や友人、親戚などに贈ることは良くても、会社の上司や目上の人にはタブーな場合もあります。特に会社の上司や目上の人はお祝い事などに関しては敏感な人が多いので、失礼のないもの贈るようにしましょう。

上司や目上の人に贈ってはいけないものは、スリッパやマット、現金やギフト券、時計や鞄などがあります。スリッパやマットは、日用品なので良い気もしますが、足で踏みつけているもののため、上司や目上の人を踏みつけているという意味に捉えられてしまいます。そのため、失礼に当たるのでスリッパやマットは避けた方が良いでしょう。

新築祝いの金額相場とのしの書き方

新築祝いを贈る機会は意外と多いかもしれません。そんな時に正しい贈り方を知らないと恥をかいてしまうかもしれません。年齢が上の人に渡す際には、正しいマナーを知っていないと厳しい目で見られてしまうかもしれません。新築祝いの金額相場とのしの書き方などについてご紹介していきます。

新築祝いの表書きと水引き

お祝い事で使うのしには、その祝い事によっても使うものが異なります。結婚式もお祝い事ですが、結婚な何度もあってはいけないことなので、水引付きののしを使用します。新築祝いは何度も何度も行ってよいことから、紅白の蝶結びの熨斗を使用します。家を建てたり、新しい家を購入したり、新築のマンションを購入した場合で表書きも異なります。

家を購入したり、建てた場合に贈る新築祝いののしの表書きは「御新築御祝」や「祝御新築」となります。新築マンションを購入した場合の新築祝いののしの表書きは「新居御祝」となります。

中古住宅やマンションの場合

新築の家やマンションだけでなく、中古の住宅や中古のマンションを購入する場合もあります。その場合に「祝御新築」と表書きしてしまうのは、失礼に当たりマナー違反となります。中古の場合には「御引越御祝」と記載するのがマナーです。一戸建てやマンションなどを購入するのではなく賃貸に引っ越す場合もあります。こういった場合には「御餞別」などと書くのがマナーです。

最近では新しく家を建てたり新築のマンションを購入するのではなく、中古の物件を購入して新築のようにリフォームする人も多くいます。そう言った場合に贈るお祝いののしも新築とは異なり、「御祝」と記載するとよいでしょう。

新築祝いの金額相場とマナーまとめ

新築祝いの金額の相場を友人や会社の上司、親戚など相手別にご紹介してきました。親に新築祝いを渡すのか、会社の上司に渡すのか、友人に渡すのかでも金額は異なります。友人や会社の部下などには現金を渡しても失礼に当たりませんが、上司に対して現金を贈るのは失礼と考える人もいるので、上司には現金を贈るのは避けましょう。

他にも新築祝いで贈っていけないものがあります。友人や親戚など親しい人に対しては、間違って贈ってしまっても許してくれるかもしれませんが、目上の人に対して贈ってはいけないものを贈ってしまうとマナー違反と思われてしまう可能性があります。新築祝いを渡す際には、何を渡してはいけないのか事前に確認してから贈るようにしましょう。

新築祝いであまり贈りすぎると逆に相手は気を遣ってしまいます。新築祝いを貰ったら、逆にお返しもしなければいけないので、高額なものを貰ったらそれなりのお返しを相手は考えなくてはいけないので困ってしまいます。あまり高額すぎず、相手が困らない金額のものを贈るようにしましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ