赤ちゃんに生命保険や学資保険は本当に必要?加入時期や種類なども紹介!

赤ちゃんが産まれると保険に加入させる人がほとんどです。将来の事を考えて保険を選んでいる人がほとんどですが、赤ちゃんに必要のない保険もあるのではないかと疑問に思っている人もいます。赤ちゃんに保険は必要なのか、いつから加入すれば良いのかについてご紹介していきます。

赤ちゃんに生命保険や学資保険は本当に必要?加入時期や種類なども紹介!のイメージ

目次

  1. 赤ちゃんに生命保険は必要なのか?
  2. 赤ちゃんに学資保険は必要なのか?
  3. 赤ちゃんの保険はいつから加入する?
  4. 赤ちゃんにかける保険の種類
  5. 赤ちゃんの保険のおすすめの入り方
  6. 赤ちゃんの生命保険や学資保険の必要性まとめ

赤ちゃんに生命保険は必要なのか?

赤ちゃんが加入する保険について悩んでいる人も多くいます。生命保険はかけるべきなのかという疑問を持っている親御さんも居ますが、保険に加入しておく分には損をすることはありません。生命保険はどんな保険なのか赤ちゃんに生命保険は必要なのかについてご紹介していきます。

赤ちゃんに生命保険は必要

赤ちゃんは生命保険に加入すべきなのかと悩む人も居ますが、生まれたばかりの赤ちゃんを生命保険に加入させている親御さんは多くいます。生命保険とは何かという疑問を持つ人が多いですが、万が一自分が亡くなった時に家族みんなが困らないようにするための保険です。

でも、赤ちゃんは収入がなく、万が一のことがあってもお金には困らないんじゃないのという疑問を持つ人も多くいます。赤ちゃんを生命保険に入れる理由についてご紹介していきます。

保険は入れるときに加入した方が良い

大人でもそうですが保険は加入できる時に加入したほうが良いと言われています。万が一病気が見つかってしまった場合には、生命保険に加入することができなくなってしまう可能性があります。生命保険には「告知」というものがあるため、加入する時に今の健康状態や今までの病歴などを伝えなければいけません。

そのため、病気になる前に加入させなければいけないという親御さんが増え、今では新生児の時から生命保険に加入させる人が多くなりました。いつから加入してよいのか悩んでいる親御さんが居たら、万が一のことが起こる前に、入れる時に加入することをおすすめします。

プレゼントや障害に備えて加入する

子供が大人になるまで生命保険を自分達が払い、成人したときにその保険をプレゼントとして渡す親御さんもいます。そのため、貯蓄性が高い生命保険に加入させる人もいます。赤ちゃんの頃は親名義でも成人すれば本人に名義を変更することが可能です。本人が成人し、受け取った生命保険をそのまま加入し続けても問題ありませんし、解約することも可能です。解約すれば、今まで支払って貯めてたお金を受け取ることも可能です。

0歳のときから生命保険に加入していれば毎月の支払い額はとても安く、成人した本人も払い続けることができるでしょう。生命保険は亡くなった時にお金が降りるものと考えている人も多いですが、それ以外にも万が一障害になってしまった場合の保証もあります。赤ちゃんから生命保険に加入させるという人は、死亡保障ではなく重い障害になってしまったときのことをメインに考えている人の方がほとんどです。

万が一、目が見えなくなってしまったという時にもまとまったお金は必要になります。そんな重い障害に備えて加入する保険は「高度障害保証」です。子供の死亡保険のことを考えるのは嫌という人が多いですが、障害に備えて生命保険に加入すると考えれば、赤ちゃんの生命保険への加入の見方も変わってきます。

赤ちゃんに医療保険は不必要

赤ちゃんには医療費の補助があるため、医療保険は不要と考えてもよいでしょう。赤ちゃんだけでなく、大人も皆国の健康保険に加入しているため、病院を受診したとしても医療費は3割負担すればよいことになっています。しかし、小学校に入学する前の子供は、医療費が2割負担となっています。

さらに、乳幼児医療費助成制度というものがあるので、全額各自治体が負担してくれたり、一部を負担してくれる場合があるので、無料で受診することができたり、数百円で受診することができます。そのため、医療保険は必要ないでしょう。

赤ちゃんの医療費は公的な助成がある

赤ちゃんを医療保険に加入させた方が良いのかと悩む親御さんは多いです。しかし、赤ちゃんの医療費は公的な助成があるため、わざわざ医療保険に加入する必要はないでしょう。万が一入院費などが上限を超えてしまう場合も考えられるので、そう言った場合には医療保険に加入しておいた方が良いでしょう。

乳幼児医療費助成制度について

日本ではみんなが国保や組合保険などの公的な健康保険に加入しています。そのため、小学生以上であれば医療費が3割負担で病院などを受診することができます。しかし、小学生に入る前の6歳までの未就学児は、2割のみの医療費を負担することになります。さらに、健康保険だけでなく乳幼児医療助成制度という公費による助成を受ける事が可能です。

乳幼児が負担する金額を減らすという制度で、負担額は各自治体によって異なります。全額自治体が負担してくれる場合もあれば、一部を負担してくれる場合もあります。乳幼児医療費助成制度があることによって、病院や薬局などにいっても数百円しかかからなかったり、無料で受診してもらえる可能性もあります。

乳幼児医療費助成制度は、赤ちゃんが病院を受診したり薬局で薬を貰う際にだけ適用される制度ではありません。万が一赤ちゃんが入院してしまうことになった場合にも使う事ができます。入院となると莫大な医療費がかかってしまう場合があります。

入院時の治療が保健適用の範囲内であれば、お金がおります。しかし、住んでいる県とは別の県で受診、入院した場合は乳幼児医療費助成制度を使う事が出来ない場合があるので、各自治体に確認してみることをおすすめします。

赤ちゃんが入院することもある

赤ちゃんでも風邪が悪化し入院しなくてはいけないというケースも中にはあります。入院した場合、医療費は助成されていますが、親御さんの費用がかかってきてしまう場合があります。赤ちゃんが入院するということもあって、ずっとつきっきりになってしまいます。

そのため、自分の食費や毎日病院に通う交通費がかかってきてしまいます。さらに、仕事をしている人は赤ちゃんが入院している間は仕事を休まなくてはいけないため、給料が減ってしまうということもあります。

保険をかけるべきケースとは?

医療保険に加入したほうがよいという場合もあります。地域によっって乳幼児医療費助成制度が充実していないところもあります。さらに、赤ちゃんが先天性の疾患の疑いがあると言われた場合、医療費助成制度の対象年齢を超えた場合には、医療保険への加入を考えた方がいいかもしれません。先天性の疾患の疑いがあると言われた場合は、これからも病院に通ったりと医療費が加算でくる可能性があるので、早めに加入しておくことをおすすめします。

Thumb赤ちゃんの10ヶ月の生活リズムは?離乳食の注意点や成長の変化など紹介!

赤ちゃんに学資保険は必要なのか?

学資保険は、赤ちゃんが学校に入学し、大学などに進学するための資金集めとして加入している人が多いです。子供が大きくなり、大学や専門学校に行きたいといった時のために、貯めている人もいます。進学しなくても貯めたお金は成人して何かの役に立ちます。そんな学資保険は赤ちゃんに必要なのかについてご紹介していきます。

赤ちゃんに学資保険は不必要

学資保険に加入する人の方が多いですが、基本的には必要ないと言えます。わざわざ赤ちゃんを学資保険に加入させなくても親の保険を使う事ができます。赤ちゃんが生まれたら、子供が困らないようにとまず自分たちの保険を見直す人が多いです。自分が万が一亡くなったときのために生命保険に加入する人もいます。

生命保険を学資保険として使う事ができる保険は「低解約返戻金型終身保険」です。しかし、家計が苦しく費用が高くなってしまう保険に入るのは難しいと考える人もいます。そんな時は、学資保険でもよいでしょう。

「低解約返戻金型終身保険」がおすすめ

低解約返戻金型終身保険は解約時期によっては、お金が増えて戻ってくるという保険です。保険の解約時期は払込期間を過ぎてからがおすすめです。払込終了前では、返ってくるお金が少なくなってしまいます。低解約返戻金型終身保険という生命保険に加入すれば、自分たちの死亡保険を手厚くでき、教育資金も一緒に貯められることから、学資保険を別に加入させなくても良いでしょう。

学資保険が必要なケースとは?

これから、保育所、小学校、高校と学校に通うようになり、その時に必要な資金を貯めるために学資保険に加入する人も多くいます。大学や専門学校に行くとなると結構お金がかかってきます。学資保険に加入する人の多くは、自分でお金を貯める事ができない人です。自分で貯金箱などで貯めようとしてもまとまったお金が必要になると使ってしまう人も多くいます。そんな時に活用できるのが学資保険です。

Thumb赤ちゃんの3ヶ月のお世話のポイントは?過ごし方や服装などまとめ!

赤ちゃんの保険はいつから加入する?

保険っていつから加入すべきなのかと悩んでいる親御さんは多いです。タイミングが分からずに、気づけば保険に入れない状態になってしまったというケースもあります。加入すべき保険には、必ずいつから加入したらよいのかを確認する必要があります。赤ちゃんの保険はいつから加入すればよいのか種類別にご紹介していきます。

加入時期①生命保険

生命保険にいつから加入したらよいのかと悩んでいる人も居ますが、0歳の時から加入していれば保険料が安くなるのでおすすめです。生命保険は、健康状態や今までの病歴などを告知しなければいけないため、万が一病気になってしまうと加入できない場合もあります。そのため、赤ちゃんのころから加入するとよいでしょう。

加入時期②学資保険

子供が学校に入った際の教育資金を積み立てる目的の保険が学資保険です。子供が契約者となるのではなく、親名義で契約し子供が一定の年齢になったときにお金を受け取ることができます。学資保険には、いくつかの制度があり医療保険や死亡保険を一緒につける事ができたり、進学した際にお祝い金が受け取れる制度もあります。

親が契約者ということもあり、万が一子供が一定の年齢を迎える前になくなってしまう可能性もあります。その場合には、学資保険料の支払いが免除となります。支払いが免除となっても、契約はそのまま続いていくことになるので、子供が一定の年齢に達すればお金を受け取ることができます。

学資保険には、いつごろ加入したら良いのかと悩む人が多いですが、多くの人は出産後すぐに加入している人がほとんどです。学資保険はいつでも加入できるという保険ではないので、出産前から検討しておくことをおすすめします。高校入学のための資金を貯めるには3歳頃までには加入して起き、大学や専門学校に入学するための資金を貯めるには12歳頃までには加入しておかなければいけません。

加入時期③医療保険

医療保険は、万が一子供が怪我をしたり、病気で入院した際にお金がおりる保険です。医療保険にはこども型保険がありますが、6歳未満の子供は公的な助成があるため、医療保険に加入しなくてもよいでしょう。健康保険に上乗せして、乳幼児医療費助成制度もあるため、病院に入院した際も通院した際にも適用されるので、費用を抑える事ができます。

しかし、地域によって乳幼児医療費助成制度が充実していなかったり、先天性の疾患の可能性があるなどと言われた場合には加入したほうが良いでしょう。生まれたばかりの時は何でもなくても、何らかの原因で重篤な病気を発症してしまう可能性があります。医療保険は、病気になってしまってからでは加入することができない場合があります。

そのため、万が一のことを考えて加入する人もいます。子供が入院した場合には、個室代や親のベッド代がかかります。そう言った親が付きそう費用を子供の医療保険でカバーすることができるため、そう言ったことも考えて加入している人も多いです。医療保険にはいつから加入したらよいのかと悩んでいる人も多いですが、赤ちゃんが誕生しすぐに加入することをおすすめします。

医療保険は、病名が付いた時点で加入することができません。そのため、産まれてすぐに病気が見つかってしまった場合には、加入できない可能性があります。そうならないためにも、産まれる前から医療保険への加入を考えておくことをおすすめします。

加入時期④個人賠償責任保険

個人賠償責任保険は、他人に怪我を負わせてしまったり、他人の物を壊してしまった場合に適用される保険です。自転車で人にぶつかり相手が寝たきりになってしまったという事故も過去にはあります。保険に加入していなかったために、9,000万円以上の損害賠償命令が下されたというケースもあります。子供が居れば、野球をしててボールが窓ガラスに当たってしまったということもあるかもしれません。

何か事故が起こる前に個人賠償責任保険に加入しておくことをおすすめします。いつから加入すれば良いのかは、特にありません。1世帯で1人加入していれば全員が対象となるため、個人で加入する必要はありません。そのため、家族が増える前や増えてすぐに加入しておくことをおすすめします。

Thumb赤ちゃんとカラオケはいつから行ける?注意点と与える影響などまとめ!

赤ちゃんにかける保険の種類

保険には沢山の種類があるため、大人でも何の保険に加入してよいのか悩んでしまいます。赤ちゃんには、将来困らない保険に加入させたいと考えている親も沢山います。赤ちゃんにかけられる保険はどのようなものがあるのか、種類についてご紹介していきます。

①生命保険(死亡保険)

生命保険は、親が亡くなったときに子供が困らないようにと加入することが多いため、赤ちゃんにかける必要はあるのかと疑問に思っている人もいます。生命保険は、子供が成人すれば名義を変更することが可能です。そのため、子供名義にすれば保険をプレゼントしたことになります。子供の将来に合った生命保険に加入してあげることをおすすめします。

生命保険は病気になってしまうと加入することができません。そのため、病気を持たない赤ちゃんのうちから加入させようと考える親も多いです。病気になってしまうと加入できず、多額の医療費を請求されることもあります。そうならないために、将来の安心を得るためにも赤ちゃんのうちから加入させる人も多いです。

②学資保険

学資保険の中にも種類があり、貯蓄型の学資保険や保証型の学資保険、バランスの学資保険などがあります。貯蓄型の学資保険の場合は、手厚い保証は特になく本当に教育資金のみを貯めるためだけのプランです。貯蓄型のシンプルな学資保険は、支払った金額に対して戻ってくるお金が100%を超える場合がほとんどです。

保証型の学資保険は、教育資金を貯めるのと同時にいろんな保証を付けることができます。学資保険は親が契約者となるため、万が一親が亡くなったり、障害を負った場合に保証型の学資保険を生活費に充てる事ができます。子供の医療保険なども付ける事ができ、保証型の学資保険は手厚い保証がついている分、支払い金額も上がってしまいます。

バランス型の学資保険の場合は、契約者よりも子供に万が一のことが起こった場合に保証されます。特約として教育資金の満期学資金を付けることになります。特約を付けなければ、戻ってくる金額は支払った額を上回ることがほとんどです。

③医療保険

子供に医療保険は必要なのかと悩んでいる人は多いですが、助成金があるため子供の医療保険は加入しなくてもいいかもしれません。各自治体によっても助成金が充実していない場合もあるので、自分が住んでいる地域に合わせて加入することをおすすめします。赤ちゃんでも入院する可能性もあります。保険診療外の治療を受けなくてはならない場合もあるので、心配な人は加入しておくとよいでしょう。

④傷害保険

傷害保険は病気などは対象とならず、怪我をした場合などに使う事が出来る制度です。遊び回れるようになると、ジャングルジムから落ちたり、子供同士がぶつかってケガしたりと怪我をすることが多くなります。そう言った場合には、傷害保険に入っているとよいケースもあります。

⑤個人賠償責任保険

ぶつかって他人に怪我をさせてしまったり、他人のものを壊してしまったりということも考えられます。これは、お店の中でも商品を壊してしまった場合などにも適用されます。子供だけでなく、飼い犬が怪我をさせた場合にも個人賠償責任保険は適用されます。

1世帯で誰か1人加入していれば全員が対象となるので、自動車保険と一緒に加入している人も多いです。子供がいると誤ってお店のものを壊してしまったということも考えられます。保険に入っていないと多額の請求をさせる可能性もあります。個人賠償責任保険は加入しておくとよいでしょう。

Thumb赤ちゃんのお風呂の注意点は?入れ方や時間・便利なグッズなど紹介!

赤ちゃんの保険のおすすめの入り方

赤ちゃんが加入できる保険は沢山あり、何に加入したら良いのかと悩んでしまう人も多くいます。家計が苦しいから加入できないという人もいます。しかし、今では安い価格で手厚い保証が受けれる保険が沢山あります。赤ちゃんの保険のおすすめの入り方についてご紹介していきます。

おすすめは共済と学資保険

保険に加入する必要はないとはいえ、加入しておいて損はありません。産まれてくる赤ちゃんにどんな保険を加入させたらよいのかと悩んでいる人は多くいます。そんな時におすすめの保険は共済と学資保険です。産まれたばかりの赤ちゃんに1番大切なのは共済です。その次には学資保険となります。

子供にはいつから保険に加入させたら良いのかと悩む親は多いですが、産まれてからすぐに加入させることをおすすめします。産まれてからしばらく保険について考えているうちに子供に病気が見つかってしまう可能性があります。病気が見つかった場合、保険に加入できない場合があるので、なるべく早く加入することをおすすめします。

共済保険がおすすめな理由

共済には、県民共済、都民共済、府民共済、コープ共済、JA共済などがあります。この中でも県民共済や都民共済、府民共済の都道府県の共済がおすすめです。全て保証内容は同じで、子供には「生命共済こども型」というものがあります。共済保険がおすすめな理由としては、1,000円でケガ、がん保険、医療保険、生命保険、賠償を保証してくれます。

安い金額ながらも保障はしっかりしてくれます。その保障には入院、通院、手術、死亡保障などもあります。がん保険などは、アフラックやオリックス生命などには劣るかもしれませんが、これだけの充実した保障が安く受けれるのでおすすめです。

学資保険がおすすめな理由

いつから学資保険に加入すれば良いのかと悩んでいる人も多いですが、いつからでも加入できるというものではありません。学資保険は大学に進学する時などの教育資金を貯めるための保険でもあります。支払う金額にも寄りますが、早く加入しないと大学の入学資金が学資保険ではカバーできなくなってしまう可能性もあります。遅く加入すればその分教育資金は少なくなってしまうのでなるべく早く加入しましょう。

学資保険は生まれてすぐに加入することをおすすめします。早く入れば入った分だけ教育資金が貯まり、有利になります。大学に進学させたいと考える親は多いため、そう言った人は早めに加入するとよいでしょう。

赤ちゃんの保険でコープ共済が人気

赤ちゃんは病気になることも多く、病気になれば親は仕事を休まなければいけません。その分、給料も減ってしまいます。有給休暇を使う事ができても、入院で長期休まなければいけない場合には、有給休暇もなくなり普通に休み扱いとなってしまう場合もあります。そんな時にはコープ共済の入院費保障がおすすめです。

コープ共済は0歳から加入することができ、入院費保障といっても子供の入院費に充てる必要はありません。仕事を休んで給料が出なかった分の補てんとして使う事ができます。子供が加入できる「ジュニア20コース」という保険もあります。0歳から19歳までの子供が加入でき、20歳満期となります。

赤ちゃんの生命保険の他に人気なのは?

三井住友海上あいおい生命保険も人気です。教育資金を積み立てたり、病気やケガをした際の保障もしっかりしています。親が契約者となるため、親に何かあった場合には、保険料を支払わなくても保障を受けることが可能です。

Thumbお年玉の相場はどれくらい?赤ちゃんから大学生まで年齢別に調査!

赤ちゃんの生命保険や学資保険の必要性まとめ

赤ちゃんに生命保険や学資保険は必要なのか、いつから加入させれば良いのかについてご紹介してきました。生命保険は、子供の将来のプレゼントとして加入している人がほとんどです。いつから加入すれば良いのかというと、生命保険は新生児の時から加入していれば、月々の保険料が安くなり、さらに解約したとしても多くのお金を受け取ることができます。そのため、プレゼントとして加入している人が多いです。

学資保険も子供が大学進学をすると言ったときの教育資金として積み立てている人がほとんどです。学資保険もいつからでも入れるという訳ではありません。いつから加入すれば良いのかと悩む人も居ますが、産まれてすぐに加入すればその分、積立額も多くなるので、早めに加入することをおすすめします。

医療保険を考えている人も多いですが、医療保険もいつからでも加入できるという訳ではありません。万が一病気が見つかってしまった場合には、医療保険に加入できない可能性もあります。そうなってしまうと、多額の医療費を請求されてしまうことにもなりかねません。いつから加入してよいのか悩んでいる場合には、産まれてすぐに加入することをおすすめします。

Thumb加湿器で赤ちゃん用に人気なのは?おすすめ製品の選び方や使い方など紹介!

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ