子供の医療保険おすすめ11選!加入の必要性や入る時期も解説!

子供の医療保険のおすすめについて11選という形で具体的にご紹介していきます。医療保険と言うと大人が加入するものと考えている方も少なくありません。実際には、子供でも医療保険に加入することがおすすめです。加入の必要性や加入時期についても解説していきます。

子供の医療保険おすすめ11選!加入の必要性や入る時期も解説!のイメージ

目次

  1. 子供の医療保険おすすめ11選
  2. 子供の医療保険の加入の必要性
  3. 子供の医療保険に入る時期はいつから?
  4. 子供の医療保険の比較ポイント
  5. 子供の医療保険で共済のデメリットを知る
  6. 子供の医療保険のタイプ
  7. 子供の医療保険おすすめ11選まとめ

子供の医療保険おすすめ11選

おすすめの医療保険を紹介

出典: https://hoken-bridge.jp

子供向けの医療保険としておすすめの保険を11選にわたってご紹介していきます。子供の時期から医療保険に加入しておくことで、子供時代もそうですし大人になってからも子供自身の身を守ることにつながります。いかにして、医療保険を選択して加入するかが重要なポイントです。そのための参考として、11選の医療保険を確認することがポイントです。

おすすめ①コープ共済

出典: http://www.coop-aizu.jp

まず、子供の医療保険としておすすめなのがコープ共済です。コープ共済は掛金が月額1,000円で済むところが魅力的な医療保険となっており、入院した場合は1日あたり6,000円の補償費を補てんしてもらうことができます。ケガので通院に関しても1日2,000円の補償金が発生します。口コミでも評価が高く、より実用的な医療保険としておすすめです。

おすすめ②都道府県民共済

出典: https://hokenb.net

子供の医療保険としては、都道府県民共済もおすすめすることができます。県民や都民、府民を総称して呼ぶ共済のことであり、月1,000円の掛金で加入できるところはコープ共済と同様です。入院の場合は1日あたり5,000円の補償を受けることができます。子供が18歳以降になっても、月額1,000円で総合保障型に加入を続けられる点もメリットの1つです。

おすすめ③JA共済

出典: https://kocchake.com

子供向けの医療保険としてはJA共済もおすすめすることができます。0歳から5歳の子供に関しては、月額2,300円の掛金で加入することができます。また、6歳を過ぎた子供は月額5,000円の掛金が必要となります。掛金はやや高いですが、入院時の補償は1日あたり1万円です。さらに、手術や放射線治療の場合は10万円ほどの補償を受けることもできます。

おすすめ④ソニー生命の新医療保険「メディカル・ベネフィット」

出典: https://hoken-bridge.jp

子供のおすすめの医療保険として、ソニー生命の新医療保険「メディカル・ベネフィット」を挙げることもできます。メディカル・ベネフィットは従来の医療保険と比較しても補償範囲が広いところに特徴がある保険商品です。払い込んだ保険料が全額戻ってくるタイプの商品もあります。加入は3歳から可能なので、子供の成長と合わせて加入するのが有効です。

おすすめ⑤アフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」

出典: https://fukuoka.parco.jp

アフラックの「ちゃんと応える医療保険EVER」も、子供の医療保険としておすすめすることができます。ちゃんと応える医療保険EVERは、年齢や性別によって月々の掛金が変動するところに特徴があります。平均的に965円から1,385円の範囲内で、1日あたり5,000円分の入院補償を受けることができます。通院時補償も1日3,000円あるのでおすすめです。

おすすめ⑥東京海上日動あんしん生命「メディカルkitNEO」

出典: https://www.hokennavi.jp

子供におすすめの医療保険にはさまざまなものがありますが、東京海上日動あんしん生命「メディカルkitNEO」もそのうちの1つとして挙げることができます。メディカルkitNEOは月額999円の掛金から加入可能で、病気や事故の際の治療費や入院費を保障してもらうことができます。特約をプラスすることで、先進医療の補償も受けられるところが魅力です。

おすすめ⑦オリックス生命「医療保険 新CURE」

出典: https://www.hoken-minaoshi-lab.jp

オリックス生命が販売している「医療保険 新CURE」も子供向けの医療保険としておすすめすることができます。医療保険 新CUREでは、月額掛金が1,032円からとなっており病気や事故による入院費や手術費の保障を行ってくれます。さらに先進医療にも対応しているところが嬉しいポイントです。がん保障プランも充実しているので加入検討がおすすめです。

おすすめ⑧ネオファースト生命「ネオdeいちじきん」

出典: http://download.neofirst.co.jp

ネオファースト生命の「ネオdeいちじきん」も子供向けの医療保険として人気のある商品です。ネオdeいちじきんは月額の掛金が709円から支払いが可能となっているため、より手軽に加入しやすい医療保険としても重宝されています。入院1回につき5万円の補償サービスもついています。日帰り入院も支払い対象となっているので、安心して加入できます。

おすすめ⑨損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「新健康のお守り」

出典: https://ja.foursquare.com

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「新健康のお守り」も子供の医療保険としておすすめすることができます。新健康のお守りはもともと健康に不安を抱えている方に向けた医療保険となっており、子供のうちから加入することで少しでも保険料を抑えることができます。中でも、入院給付金として日額5,000円を受け取れるプランが人気を誇っています。

おすすめ⑩アクサ生命「スマート・ケア」

出典: https://hoken-heartful.com

アクサ生命「スマート・ケア」も子供向けの医療保険として、おすすめです。アクサ生命はさまざまなタイプの保険商品を販売していますが、中でもスマート・ケアは子供から大人まで人気のある商品として商品価値を高めてきています。日帰り入院から一時金を受け取れるところが魅力的な保険プランです。先進医療に対応した保険プランも人気となっています。

おすすめ⑪メディケア生命「メディフィットリターン」

出典: https://www.hokende.com

メディケア生命「メディフィットリターン」も子供の医療保険としておすすめすることができます。メディフィットリターンの最大の特徴は、給付金の受け取りがなかった場合に、払い込んだ保険料の全額が返済されることです。運用状況によってはそれ以上の返金があることもあります。病気をしても安心できますし、健康を維持しても嬉しさのある保険です。

Thumb自転車保険のおすすめを比較!子供がいる家庭は必見!保険料が安いのはここ!

子供の医療保険の加入の必要性

医療保険加入の必要性を確認

出典: https://www.hokennavi.jp

子供が加入するに際しておすすめの医療保険について、11選という形でご紹介してきました。他にも医療保険は数多くありますが、参考として11選を頭に入れておくのが賢明です。さらに、ここからは子供の医療保険の加入の必要性について確認していきます。子供が本当に医療保険に加入する必要があるのかどうか、慎重に吟味する姿勢も求められます。

子供の病院受診率

出典: https://hoken.kakaku.com

子供が医療保険に加入する必要があるかどうかという点について判断する上では、子供の病院受診率を参考にしておくことも賢明です。子供の病院受診率について平成23年度と平成26年度のデータを参考にすると、0歳から4歳までの外来受診率と60歳か64歳までの外来受診率がほぼ同水準となっています。それだけ、病院受診率が高いと考えることができます。

リスクに備える

出典: http://hokenadvice.com

20代や30代といった大人と比較しても、0歳から4歳児の柄以来受診率は2倍から3倍程度となっています。したがって、医療保険に加入する必要性で言えば、20代や30代の大人よりも必要だと考えることもできます。決して必要ではないと言い切れないのが子供の医療保険です。小さいからといって安心するのではなく、リスクに備える心構えが求められます。

子供は医療費が負担される

出典: https://fukudafp.net

子供が医療保険に加入する必要性として理解しておきたいポイントに、子供の医療費が負担されるという点を挙げることができます。子供も入院などをした場合は食事代やベッド代、交通費といった雑費がかかってきます。それに加えて医療費もかかるので、大きな金額になりがちです。それらの負担を軽減するという意味でも、医療保険への加入は必要です。

一時的に大きなお金が必要になる

出典: https://mamari.jp

また、万一子供が入院などをした場合、父親や母親が看病のために仕事を休まなければならないこともあります。そうすると給料も少なくなりますし、病院代や食事代、付き添いの人の食事代などの負担も一気にかさむことになります。一時的に大きな資金が必要になるという点でも、医療保険への加入が重要です。リスクへの備えは欠かさずにしておくことです。

子供の医療保険に加入する理由

出典: https://192abc.com

子供の医療保険に加入する理由としては、子供本人の病気やケガのためだけではありません。小さな子供の場合、友達と遊んでいる間に他の子供をケガさせてしまう可能性もあります。その際の保険として医療保険に加入することで、障害保険の代わりにすることができます。子供同士の遊びやけんかに備えるという点で加入の必要性を理解することが大切です。

Thumb子供の養育費の平均相場はいくらくらい?大学生までの金額を調査!

子供の医療保険に入る時期はいつから?

いつから加入すれば良いか確認

出典: http://tottori-hoken.com

子供の医療保険の加入の必要性についての理解を深めて、適切な医療保険に加入することをおすすめします。ここからは具体的にいつから子供の医療保険に加入すれば良いのか、その時期についての確認を行っていきます。必要性を理解してもいつから加入すれば良いかわからないというケースもあります。医療保険の具体的な加入時期について確認していきます。

なるべく早く加入すべき?

出典: https://jiro-invest.space

子供の医療保険の加入時期に関してはいつから入れば良いのかという疑問を抱く方も少なくありません。いつからという疑問については、なるべく早く加入するべきという回答になります。と言うのも、医療保険は大人と同様の扱いとなり、子供が健康なうちにしか加入することができません。だからこそなるべく早めの時期に加入しておくことがおすすめです。

健康な方が保険料も安くなる

出典: http://gakushihoken.xyz

医療保険にいつから加入するべきなのか、その具体的な時期については0歳のなるべく早い段階と言えます。万一、小さいうちに病気やケガなどをしてしまうと、安い保険料ではなく特約事項などがついた高い保険料に切り替わってしまうこともあります。健康なうちに医療保険に加入しておけば、保険料の支払いを安くできることも考慮しておきたい部分です。

加入制限とは?

出典: https://hugkum.sho.jp

いつから医療保険に加入すれば良いかという時期の問題については、加入制限の考え方も理解しておくことがポイントです。医療保険に加入したくても加入できない場合があります。それは持病や既往症がある場合です。そうしたケースでは病気になるリスクも高いので、保険会社も医療保険に加入させたがりません。その結果加入できなくなってしまいます。

通常タイプの保険に入れない

出典: https://hokenpedia.jp

生まれて間もなく先天性の疾患が見つかる場合もあります。あるいは、何かの事故などに巻き込まれて重い病気を患ってしまうこともあります。病気を抱えた時点で、通常タイプの医療保険に加入することが難しくなります。そうならないことが一番ですが、リスクに備えておくことは大切です。そのため、なるべく生まれてすぐの時期に加入することが賢明です。

いつから加入させるか話し合っておく

出典: https://192abc.com

子供がいつから医療保険に加入すれば良いのかという時期については、できるだけ妊娠がわかった段階で夫婦間で話し合っておく必要があります。もちろん子供は自分自身で医療保険に加入するべきかどうか、その時期について判断することができません。だからこそ、夫婦間でいつから加入させるかの時期を決めて、適切に行動を進めていくことが求められます。

加入時期は早めが有効

出典: https://hoken.kakaku.com

子供も生まれてきたら、大人と同様に1人の人間として立派に成長していくことが期待されます。その大切な子供を守るという意味でも、早い時期から医療保険に加入しておくことがポイントです。いつから加入させれば良いのかは難しい問題でもあります。しかし、なるべく早い時期に加入することで保険料も安くすることができるので時期は早めが有効です。

Thumb子供の貯金はいくら必要?毎月のお金の貯め方のポイントも紹介!

子供の医療保険の比較ポイント

比較ポイントの確認

出典: https://uto-blog.com

子供の医療保険についていつから加入すれば良いか、その具体的な時期について夫婦間でしっかりと確認しておくことがポイントです。その上で、ここからは子供の医療保険についての比較ポイントを具体的にご紹介していきます。子供の医療保険にもさまざまなタイプやプランがあります。その中で最適だと思える医療保険に加入することが大切な視点です。

掛金

出典: https://licht-rikon.com

子供の医療保険の比較ポイントについては、月々の掛金を挙げることができます。月々の保険料がいくらになるのかは大きなポイントです。その相場としては、月額1,000円が目安となります。1,000円以下に抑えることができれば、比較的良い掛金と言えます。一方で月額1,000円を超える保険料についてはやや高いです。その辺を基準にすることが賢明です。

保障期間

出典: https://www.tablerocktours.com

いつから加入するかによって掛金も変わってくることがあるので、理解しておく必要があります。その上で、さらなる比較ポイントとして保障期間も頭に入れておきたいところです。子供の医療保険については、定期型と終身型の2つのタイプがあります。定期型では0歳から18歳までの保障が多くなっているので、その辺も検討事項として覚えておきたいです。

保険金

出典: https://www.choice-medical-insurance.net

また、保険金についても医療保険の比較ポイントとして理解しておきたい部分と言えます。月々の保険料支払いに対して、入院や通院、手術の際の保険金がどれだけ準備されているのかも気になる部分であり、加入する際には慎重に検討していく必要があります。子供の医療保険への加入に際しては、複数の保険会社から具体的なプランを聞くことが重要です。

割戻金

出典: https://www.fpwoman.co.jp

さらに子供の医療保険の比較ポイントとしては、割戻金がどれくらいあるのかという点も考慮しておきたいところです。月々の掛金からどれくらいのお金が戻ってくるのかを示すのが割戻金です。割戻金が大きくなればなるほど、月々の支払い負担も減っていきます。その他の要素と合わせて検討することが大切です。毎月の出費に関わる問題でもあります。

費用対効果に焦点を当てる

出典: https://monskiny.net

子供の医療保険に加入する際には、いつから加入するべきかという時期の問題も重要ですが、上記で取り上げたような比較ポイントにも留意をして行動していくことが求められます。単純に言えば医療保険の費用対効果という部分に焦点を当てることです。月々の支払い保険料に対してどれくらいのリターンがあるのか、比較検討して選択することが有効です。

Thumb子供にかかるお金はどれくらい?教育費用など生涯にかかる金額を調査!

子供の医療保険で共済のデメリットを知る

共済のデメリットを確認

出典: https://hajimete-kaigyo.com

子供の医療保険にはいつから加入すれば良いのか、あるいは比較ポイントについて理解を深めて慎重に判断を進めていくことがポイントです。その上で、ここからは子供の医療保険で共済のデメリットについて確認していきます。共済保険に加入する人もいますが、デメリットも多くあります。それらを踏まえた上で、他の医療保険と比較することがおすすめです。

60歳以降の保障が少ない

出典: https://hoken-connect.jp

共済のデメリットとしては、60歳以降の保障が少ないことが挙げられます。例えば、60歳以前までは入院1日あたり1万円の保障があったとしても、それ以降は年々保障額が減額されていくということも珍しくありません。60歳を過ぎてからの方が医療リスクは高まりますが、それに反して保障が少なくなっていくのです。これは共済の最大のデメリットです。

コープ共済は終身保険がある

出典: https://car-moby.jp

共済のデメリットとして60歳を過ぎると保障が薄くなっていくことが挙げられますが、コープ共済やこくみん共済といった保険には終身保険もあります。保障が少なくなるのであれば終身保険に入ることでデメリットを緩和できるのではないかという考えた方もすることができます。ただし、終身保険の場合は、月額の保険料が割高になりやすのが特徴です。

民間の保険会社の方がおすすめ?

出典: https://hoken-bridge.jp

割安な民間会社の終身保険であれば、月額1,600円から2,000円前後が相場となっていますが、コープ共済の場合は月額保険料が2,500円程度となります。これが毎月の出費としてかさむことになるので、大きな違いが出てきます。終身保険に加入するのであれば、民間の保険会社を選んだ方が得策とも言えます。その辺は慎重に判断する必要があります。

共済の終身保険のメリットとは?

出典: https://lavel.jp

共済の終身保険にはメリットはあるのでしょうか。実際のところ、共済の終身保険にメリットがあるとは言い難い状況です。月額保険料が高い分、保障が手厚くなるのではないかと期待する方もいますが、民間の終身保険と比較しても保障内容に大きな違いがないのが特徴です。入院や手術、がんや通院の際の保障についても、民間と同じような保障内容です。

さまざまな選択肢を持つ

出典: https://saruwakakun.com

つまり、終身保険に加入するのであれば民間保険会社の医療保険から比較して選択するのが賢明です。共済を選択するのは、子供の間などの一定期間だけ保障をかけておきたい場合に留めておくことがポイントです。そうすることで、費用対効果を最大限に高めることができます。さまざまな選択肢を持った中で、最適だと思える選択をすることが求められます。

Thumb子供の扶養控除の年齢は何歳から何歳までが対象?控除金額も解説!

子供の医療保険のタイプ

子供の医療保険のタイプを確認

出典: https://mamasup.me

子供の医療保険に注目をして、加入時期や比較ポイント、おすすめの医療保険について具体的にご紹介しています。ここからは子供の医療保険のタイプに注目をして、解説を進めていきます。一言で子供の医療保険と言ってもさまざまなタイプがあり、種類もさまざまです。一方向だけではなく、さまざまな角度から医療保険について理解していくことが有効です。

ノーマルタイプとは?

出典: https://hokenselect.jp

まず、子供の医療保険のタイプとして挙げられるのがノーマルタイプの医療保険です。これは文字通り通常の医療保険であり、子供専用の医療保険ということではありません。大人も加入できるタイプの保険として知られています。かつては、ノーマルタイプの医療保険に子供が加入できないこともありました。しかし、今では0歳児から加入することができます。

柔軟性がある

出典: https://oumakaeru.com

子供の年齢が低いうちにノーマルタイプの医療保険に加入することで、保険料を安く抑えることができます。反対に年齢が高くなればなるほど、月々の保険料は上がっていきます。中途解約できるタイプの医療保険や契約途中でオプションをつけられる商品も多くなっています。より柔軟性を持たせるという点でも、ノーマルタイプの医療保険はおすすめです。

特約でカスタマイズする

出典: https://keieinourawaza.com

子供の医療保険のタイプとしては、特約でカスタマイズするという方法も挙げることができます。ノーマルタイプの医療保険に自らの要望を入れてカスタマイズした形での保険に加入するということです。子供の状況や家庭の経済状況も踏まえて、自由にアレンジすることができます。本当にその親と子供に合った保険を選ぶという点では、有効な契約方法です。

自分たちに合ったプランで契約できる

出典: https://tap-biz.jp

例えば、育英資金といった特約をつけることで、子供が22歳になるまでに親が亡くなった場合に子供の経済面での支援を受けることができます。あるいは、死亡時保険金の特約もつけることができます。これは子供本人が亡くなった場合に親が受け取れるタイプの保障です。こうした形で、自分たちに合ったプランで契約できるのがカスタマイズの魅力です。

学資と医療の合体型

出典: https://tarohibi.com

子供の医療保険のタイプという意味では、学資と医療の合体型もおすすめすることができます。学資保険と医療保険を別々に契約する家庭も少なくありませんが、両方を合体させた形で契約することによって、支払い保険料を少しでも安くすることができます。子供が成長していくにつれて、学費も高くなっていきます。その際に重宝できるのが学資保険です。

教育費にも使える

出典: https://mamari.jp

教育のために必要な資金を子供の成長に合わせて貯めていくことで、大学受験や大学の学費支払いといったまとまったお金がかかる場合に利用することができます。また、万一病気やケガを負ってしまった場合のリスクに備えることもできる点が魅力的です。お金をコツコツと貯めつつ、一定のリスクに備えることができる合体型の保険もおすすめできます。

自分たちでも考える

出典: https://hoken-connect.jp

子供の医療保険にはさまざまなタイプがあり、場合によってはカスタマイズできることも理解しておくことがポイントです。保険会社から提案される商品を鵜呑みにするのではなく、自分たちで考えてみることも大切です。そうすることで、本当に必要な内容とそうでない内容を区別することができます。そうして徐々に最適なプランを選択することが重要です。

Thumb学資保険とは?必要性や特徴を解説!子供の教育資金は早めに貯めよう!

子供の医療保険おすすめ11選まとめ

出典: https://www.fpwoman.co.jp

子供の医療保険に焦点を当てて、おすすめの医療保険やいつから加入するべきなのか、その時期について具体的にご紹介してきました。いつから加入するべきかというのは難しい問題でもありますが、なるべく早い時期に加入させてあげるのが賢明です。その中で、医療保険の比較ポイントやタイプなどを知りつつ、最も合ったプランを選ぶことがおすすめです。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ