贈与税の住宅取得資金の非課税とは?贈与してもらう特例などまとめ!

贈与税の住宅取得資金の非課税に注目をして、その仕組みについて具体的に解説を行っていきます。資産を贈与してもらう際には、贈与税がかかることが通常です。住宅取得資金のための贈与について非課税となることもあるので、その特例についてご紹介していきます。

贈与税の住宅取得資金の非課税とは?贈与してもらう特例などまとめ!のイメージ

目次

  1. 贈与税の住宅取得の特例で財産を有効活用
  2. 贈与税の住宅取得資金の非課税とは?
  3. 贈与税で住宅取得資金の非課税の条件
  4. 贈与税の住宅ローン返済で援助を受ける注意点・夫婦間では?
  5. 贈与税で住宅取得資金の非課税の手続き
  6. 贈与税の住宅取得資金の非課税まとめ

贈与税の住宅取得の特例で財産を有効活用

出典: https://suumo.jp

贈与税の住宅取得の特例で財産を有効活用するための方法や、具体的な手続きについての解説を行っていきます。一定の金額を贈与した場合に発生するのが贈与税ですが、住宅取得の特例を活用することで贈与税の支払いを回避することができます。非課税にすることで資産の有効活用にもつながります。その住宅取得の特例について確認を進めていきましょう。

贈与税の住宅取得資金の非課税とは?

直系尊属からの贈与は非課税?

出典: http://shm-keiei.com

まず、贈与税の住宅取得資金の非課税とはいったいどういった制度なのかについて確認を進めていきます。直径尊属からの贈与に関しては、非課税でお金を受け取れるのが住宅取得資金の非課税と呼ばれる仕組みです。消費税が8%の物件や住宅であれば、最大1,200万円分まで贈与税を非課税にできます。非課税は直径の尊属というところが大きなポイントです。

非課税枠が消費税率や契約時期で違う

出典: https://fp-soudan-jimusyo.com

直径の尊属からの住宅取得のための資金については非課税でお金を受け取ることができます。その非課税枠に関しては、消費税や住宅の契約時期によって異なることもあるので注意しておく必要があります。例えば、住宅の契約時期が2016年1月1日から2020年3月31日であれば、非課税枠は最大1,200万円です。その他の契約時期も確認することが大切です。

相続時精算課税制度

出典: https://www.happy-souzoku.jp

住宅取得の資金として相続税の非課税枠を活用することができますが、さらに相続時精算課税制度と呼ばれる仕組みを利用することも可能です。この制度は、60歳以上の父母や祖父母から資金をいただいた場合に活用できる制度です。相続時精算課税制度を選択することで、最大2,500万円分の資金について贈与税の負担を抑えることができておすすめです。

相続時精算課税選択の特例

出典: https://smtrc.jp

住宅取得のための資金を受け取った場合に、相続時精算課税選択の特例を利用することが効果的です。相続時精算課税制度の特例を利用することによって、2,500万円の非課税枠と住宅取得にあたる部分の1,200万円の非課税枠を合わせて、最大3,700万円まで非課税枠を増やすことができます。一定の条件はありますが、住宅取得の際には利用したい仕組みです。

Thumb贈与税の時効はいつから?原則6年と故意7年の違いなどまとめ!

贈与税で住宅取得資金の非課税の条件

非課税の受贈者の要件

出典: https://asset-campus-oag.com

住宅取得資金を受け取った場合の贈与税の非課税の仕組みについて、受贈者の要件を確認していきます。住宅取得のための資金を受け取った側は、父母や祖父母などの直系尊属であることが求められます。また、住宅取得のための資金贈与時に日本に住所があることも要件です。住宅取得の資金を受け取る贈与者の年間所得が2,000万円以下であることも条件です。

住宅取得のために資金を使う

出典: https://fudousano.com

その他、住宅取得の際の非課税が適用される要件として、平成21年から平成26年にかけて住宅取得資金非課税枠を活用していないことも求められます。また、取得する住宅が親族から得た住宅ではないことも要件です。贈与を受ける年から翌年3月15日まで住宅取得のために資金を使うことが求められます。住宅取得以外のことに資金を使ってはいけません。

非課税の物件の要件

出典: https://financial-field.com

住宅取得の非課税に関しては物件にも要件があります。父母や祖父母から財産を得る場合でも、住宅や物件の要件を確認しておくことが重要です。物件の要件としては、登記簿での床面積が50平方メートル以上である必要があります。なおかつ、240平方メートル以内で半分以上を居住用スペースにすることも要件です。築20年以内であることも求められます。

住宅取得の非課税枠活用のために

出典: http://kawatsu-zeirishi-blog.com

また、耐火建築の住宅の場合は築25年以内であれば住宅取得の非課税枠を活用することができます。住宅取得の非課税を受けるためには耐震基準を満たしていることも必要で、それを証明するための書類提出も求められます。築年数や耐震基準の条件を満たしていない住宅に関しては、財産贈与を受けた翌年3月15日までに耐震基準を満たす必要があります。

非課税の増改築の要件

出典: https://www.happy-souzoku.jp

住宅取得にかかる贈与税の非課税を活用するという点では、増改築する際の要件について理解を深めておくこともポイントです。増改築の際に住宅取得の贈与税非課税を利用するためには、登記簿での床面積が50平方メートル以上である必要があります。240平方メートル以下で、半分以上が居住用スペースであることも条件です。これは住宅の基準と同じです。

住宅を増改築した際に住宅取得の非課税が適用される

出典: https://media.whatzmoney.com

さらに住宅取得の贈与税の非課税を受けるためには、受贈者が生活をする住宅で実際に増改築のための工事が行われたことを証明する書面を提出する必要があります。さらに、住宅工事にかかった費用が100万円以下であることも住宅取得のための贈与税非課税を受ける条件となります。これらの条件を満たすことで、住宅を増改築した際に非課税が適用されます。

Thumb贈与税の不動産とは何か?計算方法や評価額・節税の方法など紹介!

贈与税の住宅ローン返済で援助を受ける注意点・夫婦間では?

資力喪失の場合は非課税

出典: https://manetatsu.com

住宅取得の贈与税非課税を目指すうえでは、住宅ローン返済の援助を受ける場合も適用させることが可能です。住宅ローンの返済に当たって、必要な資金がないと認められた場合は贈与に対して課税されることはありません。いわゆる資力喪失と判断されると、贈与税がかからないのです。資力喪失の判定は難しい面もあるので、専門家に相談することが大切です。

非課税の特例としっかり比較を

出典: https://www.sansaibooks.co.jp

住宅ローン返済に際して、贈与税の非課税を活用するという意味では、住宅取得の非課税の特例としっかりと比較をしてから実行することがポイントです。住宅ローンの返済をメインに父母や祖父母から資金援助してもらうと、年間110万円までの贈与に関しては贈与税がかかりません。住宅取得の特例と比較してどちらがお得か検討することもおすすめです。

夫婦で負担する場合

出典: http://www.myhomenozeikin.net

住宅ローン返済に際して、夫婦で住宅ローン負担を分担していくこともあります。住宅ローンの返済を夫婦で負担する場合は、夫に対して妻からの贈与があったと見なされてしまう可能性もあります。その反対もあるので、しっかりと確認しておく必要があります。その場合も年間110万円分までであれば、控除を活用して贈与税の支払いが免除となります。

ペア住宅ローンから借り換える場合

出典: https://biz.moneyforward.com

ペア住宅ローンから借り換える場合についても、贈与税との関連を認識しておく必要があります。ペア住宅ローンからの借り換えを行った場合は、不動産登記を変更することが大切です。不動産登記を変更しないままでいると、夫が妻の住宅ローンを支払っていると見なされてしまいます。逆パターンもありますが、登記の変更で贈与税を抑えることができます。

Thumb贈与税がかからない方法とは?非課税枠をうまく利用する方法まとめ!

贈与税で住宅取得資金の非課税の手続き

非課税の手続きの方法

出典: http://homeclub.misawa.co.jp

住宅取得の資金として財産を受け取る場合は、贈与税の非課税の手続きを進めてから、実際に住宅取得の非課税を受けることが重要です。その手続きの方法としては、納税地の所轄税務署に必要書類を届け出る必要があります。住宅取得に際して贈与してもらった金額や、住宅の規定なども知らせます。そうすることで住宅取得の非課税を受けることができます。

手続きの必要書類

出典: https://zuuonline.com

実際に住宅取得の非課税を受ける際の手続きに必要となる書類については、戸籍謄本や登記事項証明書、新築や取得の契約書の写しなどを挙げることができます。また、マイナンバーカードの持参も忘れずに行うことです。また、住宅取得の非課税の特例の適用を受けることを記載した贈与税の申告書も必要です。これらの書類を用意して手続きを進めていきます。

住宅取得の非課税を確実に活用する

出典: https://asset-campus-oag.com

住宅の購入や住宅の増改築に憧れを抱く人も多く、住宅を持つことを意気に感じている人も少なくありません。住宅取得に際しては、住宅取得の贈与税の非課税を活用することがおすすめです。そうすることで資金を有効活用できますし住宅取得にかかる費用も捻出することができます。住宅の取得に喜びを感じると同時に、住宅取得の非課税を活用しましょう。

Thumb贈与税は税務署にばれるの?可能性やどんなタイミングかを解説!

贈与税の住宅取得資金の非課税まとめ

出典: http://www.myhomenozeikin.net

贈与税の住宅取得取得の非課税に焦点を当てて、住宅取得の際に活用できる仕組みをご紹介してきました。両親や祖父母が財産を抱えているケースもあります。その財産を有効活用する上で、住宅取得資金として使うことが効果的です。住宅の取得はお金がかかる行為でもあります。その住宅取得に際して、非課税の情報を知って正確に手続きすることが賢明です。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ