マイニングリグは自作できる?必要なパーツからおすすめまで紹介!

仮想通貨のマイニングで収益を得るには、マイニングリグを自作することが必須とされています。しかし、マイニングリグの自作にはさまざまなスキルを習得することが重要となります。今回は、マイニングリグの作り方や、必要となるおすすめのパーツなどについて紹介しています。

マイニングリグは自作できる?必要なパーツからおすすめまで紹介!のイメージ

目次

  1. マイニングリグは自作できるのか?
  2. マイニングリグの自作に必要なパーツについて
  3. マイニングリグの自作におすすめのパーツの選び方
  4. マイニングリグの作り方
  5. マイニングの一日あたりの収益は?
  6. マイニングリグは自作できるのか?まとめ

マイニングリグは自作できるのか?

マイニングリグの意味とは?

出典: https://www.businessinsider.jp

マイニングリグとは、ビットコインなどといった仮想通貨を採掘する際に用いる設備のことを言います。近年、急激な発展を遂げた仮想通貨では、マイニングと呼ばれる作業によって日々通貨が発行されており、その規模は年々拡大化している傾向にあります。また、マイニングリグの設置によって大きな収益を得ようとする個人も増えているため、今後も仮想通貨の市場においてマイニングリグの存在は欠かせないものになると予想されています。

個人でもマイニングはできる?

出典: https://hbol.jp

マイニングリグにおける仮想通貨の採掘を行う際には、大規模な設備を整えることが一般的となっていますが、現在では個人でマイニングリグを自作して仮想通貨の採掘を行うことも可能となっています。しかし、ビットコインをはじめとした仮想通貨市場の普及に伴って、その取引量も飛躍的に増加している傾向にあるため、個人でマイニングリグを自作する際には多額の電気代や設置費用などがかかるケースもあります。

マイニングリグの自作におけるメリット

出典: https://bitcoinlabo.com

マイニングリグの自作における主なメリットとしては、大きな収益を得ることが可能となるといった点が挙げられます。通常、仮想通貨市場で収益を得るには、市場に流通している通貨を売買することで収益を得るケースが一般的とされていますが、マイニングの場合には購入金額などといったコストが不要となるメリットがあります。また、価格変動リスクの影響を受けないといった魅力もあります。

マイニングリグの自作におけるデメリット

出典: https://gigazine.net

マイニングリグの自作における主なデメリットとしては、設備投資にある程度の費用がかかるといった点が挙げられます。仮想通貨のマイニングを行う際には、ハイスペックのパソコンを準備することが必要不可欠となるため、場合によっては30万円ほどの費用がかかるケースも少なくありません。また、パソコンやマイニングリグの設備を自作するためには、専門的なスキルも必須となってきます。

マイニングリグの自作に必要なパーツについて

マイニングリグのパーツ選びに関して

出典: https://www.businessinsider.jp

マイニングリグを自作するためには、さまざまなパソコンのパーツを準備する必要があります。主なパーツとしては、CPUやマザーボードなどが挙げられます。また、グラフィックボードやメモリに加えて優れた性能を誇っているストレージなどを用意することも、マイニングリグを自作する際には必要不可欠となってきます。さらに、それらのパーツを全て自分で組み立てることとなるため、専門的なスキルを身に付けることが重要となります。

パーツ➀CPU

出典: https://gigazine.net

CPUとは人間の頭脳にあたるパーツのことで、パソコンを正しく起動させるためには欠かせないものとされています。また、CPUには数多くの種類が存在しており、その種類によって基本性能も大きく異なってくるため、マイニングリグの作成に適したCPUを選ぶことが重要なポイントとなってきます。しかし、近年ではCPUの品薄によって価格が高騰している傾向にあるため、購入の際には注意が必要です。

パーツ②マザーボード

出典: https://ja.wikipedia.org

マザーボードとは、パソコンを作成する際に最も重要となってくるパーツのひとつのことを言います。パソコンやマイニングリグを自作する際には、各パーツを正しく作動させるためにマザーボードと呼ばれる電子回路基板を用いることが必要不可欠となるので、仮想通貨のマイニングで大きな収益を得るには性能に優れたマザーボードを用意することも非常に大切とされています。

パーツ③グラフィックボード

出典: https://gigazine.net

グラフィックボードとは、パソコンのモニターに画像や動画を映し出す際に必要不可欠となるパーツのことを言います。また、仮想通貨のマイニングでは迅速な映像処理が必須となるため、高性能なグラフィックボードを設置することも重要なポイントとされています。しかし、仮想通貨におけるマイニングの普及によってグラフィックボードの価格が上昇している傾向にあるため、以前よりもコストがかかってしまう現状にあります。

パーツ④ストレージ

出典: https://satsumahomeserver.com

ストレージとは、パソコン内のデータを長期間にわたって保管しておく際に必須となるパーツのことで、補助記憶装置とも呼ばれています。また、ストレージにはさまざまな種類が存在しており、その種類によって性能などにも大きな違いが生じることとなります。ストレージの主な種類としては、HDD・SSD・光ディスク・SDカードなどといった種類が挙げられ、特にSSDは非常に高い性能を誇っていると言われています。

パーツ➄メモリ

出典: https://www.itmedia.co.jp

メモリとはCPUが数多くの作業を行う際に必要となる処理スペースのことで、マイニングリグを作成するためには欠かせないパーツのひとつとされています。また、仮想通貨のマイニングでは膨大なメモリ量が必要となるケースが一般的となっているため、マイニングリグを自作して大きな収益を得るには、高性能なメモリを準備することも重要なポイントとなってきます。

パーツ⑥ライザーカード

出典: https://www.wdic.org

ライザーカードとは、マザーボードなどとは別の電子基板を挿入する際に必要となるパーツのことで、メモリと同様にマイニングリグの自作には欠かせないパーツとされています。また、マザーボードの補完を目的とした使い方が一般的とされており、マイニングリグ以外でも用いられる傾向にあります。しかし、誤った設置方法をすると他のパーツが故障してしまう危険性があるので注意してください。

パーツ➆電源

出典: http://www.oyaide.com

優れたマイニングリグを自作するためには、マイニング専用の電源を準備することも重要となってきます。マイニングリグ専用の電源におけるメリットとしては、高性能な商品が低価格で購入することが可能といった点が挙げられます。仮想通貨のマイニングではパソコンに重い負荷をかけ続けることとなるため、大きな収益を得ることができるマイニングリグを作るには、高性能と低コストを両立した電源を選ぶことがポイントとなります。

パーツ⑧OS

出典: http://mouretsuswitch.com

個人でマイニングリグを自作するには、OS選びも非常に重要となります。現在では、数多くのOSが存在していますが、仮想通貨のマイニングを行う場合は「ethOS」と呼ばれるマイニング専用のOSを活用することがおすすめとされています。ethOSではLinuxというOSを基に開発されており、初心者にも手軽に扱えるといった魅力があります。また、高い安定性を誇っているため、数多くのユーザーに重宝されている傾向にあります。

パーツ➈ワットチェッカー

出典: https://www.itmedia.co.jp

ワットチェッカーとはパソコンの消費電力などを調べるパーツのことで、パソコン以外のさまざまな家電製品にも使用される傾向にあります。特に仮想通貨のマイニングにおいては、膨大な電力量を消費することが一般的とされているため、コスト削減を目的としてワットチェッカーを活用するといったケースも少なくありません。

パーツ⑩ケース

出典: https://www.dospara.co.jp

仮想通貨の普及によって、現在ではマイニングリグ専用のケースが販売されています。また、ケースの種類も数多く存在しており、その種類によって価格帯も多岐にわたっています。マイニングリグ専用のケースにおける平均価格としては、およそ10000円前後となる傾向にあるため、他のパーツよりもコストを抑えることが可能と言われています。

パーツ⑪無線LAN

出典: http://nw-knowledge.blogspot.com

仮想通貨のマイニングを行うにはインターネットに接続することが大前提となってくるため、無線LANなどを準備しておくことも重要となります。しかし、通信状況が不安定な人の場合にはノイズによって通信が落ちるといったケースが多く見られるため、無線LANよりも有線LANの使用がおすすめとされており、自分の環境に合った通信設備を選ぶことが必要不可欠となってきます。

マイニングリグの自作におすすめのパーツの選び方

マイニングリグの自作におけるパーツの選び方とは?

出典: https://bitcoinlabo.com

マイニングリグの自作におけるパーツの主な選び方としては、CPUの性能にこだわりすぎないといった点が挙げられます。また、マイニングによって安定した収益を得るためには、性能とコストパフォーマンスに優れた電源を選ぶことや、ストレージにおいてはHDDよりもSSDを選ぶといった点もマイニングリグの自作における重要なポイントとなってきます。

CPUはこだわらなくても良い

出典: https://www.gizmodo.jp

マイニングリグの自作における重要なポイントのひとつとして、CPUの購入コストを抑えるといった点が挙げられます。現在では数多くのCPUが販売されていますが、仮想通貨の普及に伴って価格が高騰している傾向にあるため、コストパフォーマンス重視でCPUを選ぶといった方法もおすすめとされています。

電源はケチらない

出典: http://torano-maki.net

CPUの購入コストを抑える一方で、マイニングリグ用の電源にはある程度のコストをかけることが必要不可欠となってきます。CPUと同様に、近年ではマイニングリグ専用の電源も数多く存在しており、その種類によって性能にも大きな違いが生じることとなります。また、高い性能を誇っているマイニングリグ専用の電源の場合は、価格が2万円から3万円ほどで推移している傾向にあるので、その点を十分に考慮する必要があります。

HDDよりもSDDを選ぶ

出典: https://www.pro.logitec.co.jp

マイニングリグ専用の電源と同様に、ストレージにもある程度のコストをかけることが重要なポイントとなってきます。特に、ストレージの中でトップクラスの性能と評価を誇っているSSDを選ぶといった点も、仮想通貨のマイニングで収益を得るためには必要不可欠とされています。SSDにおける平均価格としては、2TBの場合は約30000円となり、960GBの際には20000円を下回る傾向にあります。

マイニングリグの自作におけるおすすめのパーツとは?

出典: http://ikiben.biz

マイニングリグの自作におけるおすすめのパーツとしては、カラーアングルという製品などが挙げられます。また、仮想通貨のマイニングで利用するパソコンの自作におけるおすすめのCPUやストレージとしては、Celeronに分類されるIntelのCPUや、Samsung社が提供しているSSDなどが一般的とされています。特に、ストレージの価格は近年下落基調にあるため、低コストでの購入が可能となっています。

おすすめのパーツ➀100均「カラーアングル30型 」

出典: https://www.cainz.co.jp

マイニングリグの自作におけるおすすめのパーツとして、「カラーアングル30型」という製品が挙げられます。カラーアングルとは鋼材を用いて作られている器具のことで、さまざまな場面で重宝されている傾向にあります。また、現在ではダイソーやセリアなどといった100均でも購入が可能となっているため、初心者にも手軽に準備することができます。

おすすめのパーツ②Intel 「Celeron G3930 2.9GHz」

出典: https://www.ark-pc.co.jp

マイニングリグの際におすすめとなるCPUとしては、Intel社の「Celeron G3930 2.9GHz」というシリーズが挙げられます。Celeron(セレロン)における主な特徴としては、Coreなどに比べると性能はやや劣りますが、コストパフォーマンスに優れているといった特徴があり、仮想通貨のマイニングには最も適していると言われているCPUのひとつです。

おすすめのパーツ③Samsung「SD 120GB 850 2.5インチ」

出典: https://akiba-souken.com

マイニングリグの自作におけるおすすめのストレージとしては、Samsung社の「SSD 120GB 850 2.5インチ」という製品が挙げられます。個人でマイニングリグを作る際には、Samsung社のストレージが活用される傾向にあり、価格も比較的安価なので、初めてマイニングリグを自作する人にもおすすめとなる製品とされています。

マイニングリグの作り方

マイニングリグの作り方について

出典: https://blog.codecamp.jp

マイニングリグにおける作り方の手順としては、購入した各パーツを組み立ててマイニング用のパソコンを完成させるといった方法が挙げられます。また、組み立てたパソコンを正しく起動させるために、マイニング専用のOSをインストールすることも必要不可欠となってきます。さらに、仮想通貨のマイニングを実践して、マイニングリグの作動状況を確認することも重要となります。

パソコンを組み立てる

出典: https://www.itmedia.co.jp

マイニングリグの作り方としては、最初にパソコンを組み立てることとなります。パソコンにはCPUやマザーボードといった数多くのパーツを用いて作成していきますが、どのパーツも非常に繊細なので慎重に扱うことが重要となってきます。また、作り方を間違えると正しく起動しないケースも少なくないため、専門的な知識のある人からのアドバイスを受けながら組み立てるといった作り方もおすすめとなります。

OSのインストール

出典: http://p.otona-m.net

マイニングリグにおける作り方の手順として、パソコンの組み立てが完了した後にOSをインストールするといった作り方が一般的とされています。また、仮想通貨のマイニングを行う際には、マイニングリグ専用のOSをインストールすることも重要なポイントとなってきます。

マイニングリグの状況を確認する

出典: https://bitcoin-matome.info

マイニングリグにおける作り方は、いくつかのスキルを身に付けて自作する方法や、専門的な知識のある人物からの手助けを受けて完成させるといった作り方となりますが、実際にマイニングを行って、自作したマイニングリグの状況を確認する作業も重要となってきます。場合によっては上手く作動しないケースもあるため、その際には再度作り方を確認したうえで修復していく必要があります。

マイニングの一日あたりの収益は?

1日に掘れるコインの量について

出典: https://www.businessinsider.jp

1日に掘れるコインの量は、各仮想通貨の発行量によって異なってくる傾向にあります。例えば、ビットコインにおける発行総量は2100万BTCほどとされており、現在の採掘総数は1700万BTCにのぼると言われています。また、仮想通貨の中には採掘が進んでいないケースもあるので、依然として数多くの人が大きな収益を求めてマイニングを行っている現状にあります。

一日辺りの電気代について

出典: https://blog.codecamp.jp

マイニングにおける1日あたりの電気代は、マイニングリグを設置している場所によって異なる傾向にありますが、日本国内では1日あたり約700円ほどのコストがかかってくるとされています。また、契約しているアンペアによっても金額に違いが生じることとなるので、その点を十分に考慮する必要があります。

マイニングリグの現状と将来性

出典: https://www.pakutaso.com

近年では各仮想通貨の下落に伴って、マイニングにおける収益も減少しているといった現状にあります。しかし、いまだにマイニングが進んでいない仮想通貨も数多く存在しているため、今後も仮想通貨のマイニングで大きな収益を得るためには、マイニングリグの作り方などといったスキルを身に付けることが必要不可欠とされています。

マイニングリグは自作できるのか?まとめ

マイニングリグの作り方や、その際に必要となるおすすめのパーツなどについて紹介してきました。いかがでしたでしょうか?仮想通貨の普及によって、近年ではマイニングリグを自作して大きな収益を得ようとするケースが多く見られる傾向にあるため、今後も仮想通貨の市場においてマイニングリグの存在は欠かせないものになるとされています。今回紹介したマイニングリグの情報などを参考に、マイニングリグの自作をしていただけると幸いです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ