金投資の始め方ガイド!運用のメリット・デメリットまで初心者にもやさしく解説!

安定した資産運用を目指す際には、金投資を行うことが重要とされています。しかし、金投資の方法には様々な種類が存在しており、それによって特徴なども大きく異なってくる傾向にあります。今回は金投資の始め方から、運用時のメリットやデメリットなどについて紹介しています。

金投資の始め方ガイド!運用のメリット・デメリットまで初心者にもやさしく解説!のイメージ

目次

  1. 金投資を初心者にもやさしく解説
  2. 金投資の始め方ガイド
  3. 金投資運用のメリットとデメリット
  4. 金投資にかかる価格と税金
  5. 金投資のおすすめの方法
  6. 金投資の相場変動を知る
  7. 金投資の始め方ガイドまとめ

金投資を初心者にもやさしく解説

金投資とは?

出典: http://gold.mmc.co.jp

金投資とは、金・銀・プラチナなどといった貴金属の中で最も知名度の高い投資のことで、数多くの人々に親しまれていると言われています。また、数多く存在している投資方法の中でも非常に安定した資産運用が可能となる投資として知られており、現在における金相場の取引額は、年間で数百億円にも及ぶとされており、自身の資産を守るためには金投資の活用が必要不可欠となっています。

金投資の歴史について

出典: https://allabout.co.jp

金投資の歴史は、1973年から開始された純金相場が発祥とされています。また、石油ショックや金融自由化などといった経済動向の影響を受けて、最盛期には金の価格が約7000円ほどとなり、国際的にも金融市場を代表する金融商品となりました。その後も、さまざまな価格変動を生じてきましたが、依然として数多くの投資家に重宝され続けている傾向にあります。

金は一般人でも買える

出典: https://leaders-online.jp

株式投資やFXなどと同様に、金は一般人でも購入が可能となる金融商品としても非常に有名です。また、他の金融商品に比べて購入方法も数多く存在しているため、自分の資産や目的に合った投資が行えるといった点も大きな魅力のひとつとなっています。さらに、現在ではインターネットの普及や金融自由化に伴って、金相場の動向を簡単に把握することができるので、初心者にもおすすめとされている投資のひとつとなります。

金投資は守りの資産

出典: https://money-on.jp

金投資は守りの資産とも呼ばれており、特に戦争などといった政情不安の際には非常に有効な投資方法とされています。また、10年国債などの債券相場と同様に、価格の変動がとても穏やかであるといった特徴があるため、初心者に限らず老後の資産運用の対象として選ばれるケースも少なくありません。そのため、安定した資産運用を行う際には金投資が欠かせないものとなっています。

資産の10~20%が投資の目安

出典: https://zuuonline.com

守りの資産としても知られている金ですが、実際に投資を行う場合は、リスクコントロールの徹底が必要不可欠となってきます。金融市場では、さまざまな思惑を材料として常に価格変動を引き起こしている傾向にあり、場合によっては価格が予期せぬ動きを見せるケースもあるため、事前に金投資への資産配分の計画を立てておくことが重要となります。金投資における資産配分の目安としては、10%から20%ほどが一般的とされています。

金投資の始め方ガイド

金投資を始める方法とは?

出典: https://oboenook.com

金投資を始める方法には、さまざまな種類が存在しています。主な投資方法としては、金地金を購入する方法や金貨を購入するといった方法が挙げられます。また、現在では金相場に関連したファンドが数多く提供されているため、各証券会社などを通じてファンドに投資するといった方法もおすすめとされています。しかし、金に限らず投資の世界においては、価格変動リスクが付き物なので、常に金相場の価格動向を把握しておくことも重要です。

金地金で購入する

出典: https://www.crowdport.jp

金投資の始め方としては、金地金で購入するといった方法が一般的とされています。現在、金地金にはいくつかの種類が提供されている傾向にあり、最小で5グラムからの購入が可能となっています。また、最大で1kgの金地金を購入することもできるため、自分の目的に合った買い方が選べるという点も魅力のひとつとなります。しかし、500グラムを下回る金地金を購入した際にはバーチャージと呼ばれるコストが発生するので注意してください。

金貨を購入する

出典: https://oboenook.com

金地金と同様に金貨を購入する方法も、初心者におすすめとされている投資のひとつとして挙げられます。金貨の主な購入方法としては、田中貴金属工業や三菱マテリアルが運営している店舗での購入が一般的とされていますが、宝飾店などで購入が可能となるケースもあります。また、金貨の種類もとても豊富で、最も知名度の高い金貨としては、カナダのメイプルリーフと呼ばれる金貨が挙げられます。

純金積み立てで購入する

出典: https://www.crowdport.jp

純金積み立てとは、毎月一定の金額で金投資が行える方法のことで、純金積み立てを取り扱っている証券会社によっては、数千円からの投資も可能となるため、初めて金投資を行う際にもおすすめとなる投資方法とされています。また、他の金投資よりもリスク管理がしやすいといったメリットがありますが、購入時や売却時に手数料が発生する点や、金投資の口座における年会費といった費用がかかるので注意が必要です。

金関連のファンドに投資する

出典: https://www.tantonet.jp

純金積み立てと同様に、金関連のファンドに投資する方法も初心者におすすめとされています。金関連のファンドに投資するためには、銀行や証券会社といった金融機関の口座を開設することが必須となります。また、口座開設が完了したら、各金融機関で販売されている投資信託を購入することとなりますが、現在では多岐にわたる商品が提供されている傾向にあるため、自分に合ったファンドを厳選することが重要なポイントとなってきます。

金投資運用のメリットとデメリット

金はそのものに価値がある

出典: https://oboenook.com

金投資における大きなメリットとしては、金はそのものに価値があるといった点が挙げられます。数多く存在している貴金属の中でも特に稀少性が高いとされている金は、純金相場が始める以前からさまざまな場面で重宝されており、現在でも各国の中央銀行で保有されています。また、紙幣とは異なり市場や情勢の混乱によって、金の価値が著しく低下するといったケースが少ない点もメリットのひとつとされています。

金はインフレに強い

出典: https://www.tantonet.jp

金そのものに価値があるといった点と同様に、金の価格はインフレに強いといったメリットもあります。その理由としては、インフレが起きると金をはじめとした資源関連の相場が、市場全体の上昇を牽引するケースが多く見られるといった理由が挙げられます。一方で、デフレの際にはモノの価格が軒並み下落する傾向にありますが、景気サイクルは一定のリズムを刻む場面が多いため、下落しているタイミングで金を購入する人も少なくありません。

美しさを楽しめる

出典: https://manechie.so-net.ne.jp

金投資におけるメリットとして、美しさを楽しめるといった点も挙げられます。金の美しさは現在でも数多くの人々を魅了し続けており、特に時計や指輪なとどいったジュエリー業界では、金を用いてさまざまな装飾を施すといったケースも多く見られます。また、日本国内ではブライダルリングを作る際にプラチナを使用することが一般的となっていますが、ヨーロッパなどでは金を用いることが主流と言われています。

元本保証がない

出典: https://www.yossy-blog.net

インフレに強い点や金そのものに価値があるといったメリットの一方で、金投資には元本保証がないというデメリットが存在します。このデメリットは、金に限らず株式投資やFXなどを行う際にも言えることで、投資の世界では常に自身の資産が増減するリスクと隣り合わせになっているため、特に初心者の場合は、リスクコントロールのスキルをしっかりと身に付けて金投資を行うことが必要不可欠となってきます。

利子や配当がない

出典: https://www.etf-gateway.jp

元本保証がないといったデメリットと同様に利子や配当が存在しないという点も、金投資におけるデメリットのひとつとして挙げられます。通常、株式相場や債券相場での投資の際には配当や利子というものが設けられているため、長期にわたって保有し続けることで、一定の利益を継続的に得ることが可能となりますが、金投資においてはその恩恵を受けることができないため注意が必要となります。

現物は保管の場所を取る

出典: http://gold.mmc.co.jp

金投資におけるデメリットとして、現物は保管の場所を取るといった点も挙げられます。近年ではさまざまな業界で電子化が進んでおり、株式相場においても株券の電子化が実施されたことによって、ネット上での管理が行えるようになりました。しかし、金相場では現物の保有を求める人も少なくないため、依然として保管場所を取るというデメリットは解消されていない現状にあります。

手数料がかかる

出典: https://www.etf-gateway.jp

保管場所を取るといったデメリットと同様にさまざまな手数料が発生する点も、金投資におけるデメリットのひとつとして挙げられます。金投資の種類によって手数料はやや異なってきますが、ファンドなどを利用する場合には購入時や売却時に加えて、口座の維持費もかかってきます。また、現物を保有する際には、バーチャージと呼ばれるコストが生じるというデメリットもあります。

金投資にかかる価格と税金

延べ棒購入で必要な価格

出典: https://www.crowdport.jp

金投資にかかる金額は、購入する種類によってやや異なってくる傾向にあります。例えば、金地金などの延べ棒を購入する際には、1kgあたり約500万円ほどの資金が必要となってきます。また、500グラムを下回る延べ棒の購入時にはバーチャージという手数料が別途でかかってくることになり、売却時に利益が発生する場合には、その金額によって税金が課されるので、購入の際には注意が必要となります。

金貨購入で必要な価格

出典: https://moneliy.jp

延べ棒を購入する際と同様に金貨の購入を検討している場合にも、その種類によって金額が異なってくる傾向にあります。しかし、延べ棒よりも少額の資金で購入することが可能となるため、金貨の購入は初心者にもおすすめとされている金投資となります。購入金額の範囲としては、1万円ほどから20万円弱となる場合が一般的とされていますが、金貨の売却時に利益が発生した際には、税金が課されることもあるので注意してください。

純金積み立ての月額とは?

出典: https://www.news-postseven.com

初心者に最もおすすめとされている純金積み立てにおける月額としては、最少で数千円となるケースが一般的とされています。また、提供している証券会社などや積み立て金額によって月額費用が異なってくる傾向にありますが、他の金投資に比べると総じて手数料が低く設定されているといった点もおすすめする理由のひとつとなります。しかし、金貨購入などと同様に、利益にかかってくる税金には十分に注意する必要があります。

金ファンドで必要な価格

出典: http://afr.co.jp

純金積み立てと同様にファンドを利用した金投資も、非常にデメリットの少ない方法のひとつと言われています。金ファンドを活用する際に必要となる金額としては、購入金額の1%から2%ほどが手数料としてかかるといった点が挙げられます。また、売却時に税金が課されるケースもありますが、金投資の中でも特に安定した資産運用ができるという魅力があるため、数多くの人々に重宝されています。

金投資ごとで税金の種類が違う

出典: http://gold.mmc.co.jp

金投資の種類によって、対象となる税金も異なってくる傾向にあります。例えば、延べ棒や金貨を購入する際には、消費税という税金がかかってくることとなります。また、売却時にも同様の税金が発生するため注意が必要です。さらに、純金積み立てにおける税金は雑所得に分類される一方で、金の先物取引で発生した利益における税金は、分離課税として通常の税金とは別に申告を行う必要があります。

金投資のおすすめの方法

金投資のおすすめの方法とは?

出典: https://www.mag2.com

金投資におけるおすすめの方法としては、純金積立や投資信託などが挙げられます。また、金ETFや金先物取引といった投資方法を選ぶケースも少なくありません。特に、純金積立や投資信託は、金投資の中でも非常にデメリットが少ない方法として数多くの人々に実践されている方法なので、自分の資金量や目的に合った投資スタイルを選ぶことが重要なポイントとなってきます。

おすすめ①純金積立

出典: https://i-hiroyuki.com

純金積立の主な特徴としては、他の金投資よりも少額資金で投資を行うことが可能となるといった点が挙げられます。また、継続的に純金積立を行うことで延べ棒などの現物と交換することもできるため、初心者にもおすすめの投資方法とされています。しかし、純金積立における税金は雑所得に分類されるため注意が必要となります。

おすすめ②投資信託

出典: https://nobu0824.com

投資信託における主な特徴としては、純金積立と並んで安定した資産運用ができるといった点が挙げられます。また、金地金や金貨とは異なり、保管する際のコストが発生しないという魅力もあります。しかし、価格変動リスクを受けやすいといった点や、他の税金とは別に申告する必要があるといった点を十分に考慮する必要があります。

おすすめ③金ETF

出典: https://mokudaikouji.com

金ETFとは、金相場の価格動向に連動する金融商品のことで、株式市場と同様の取引ができるといった特徴があります。また、取引時に発生する手数料も非常に安く、少額資金での投資も可能とされているため、さまざまな人々からの注目を集めている金投資のひとつです。

おすすめ④金先物取引

出典: https://www.fpwoman.co.jp

金ETFと同様に金先物取引も、株式相場と同じような取引ができる金投資となっています。また、非常に大きなレバレッジ率を適用している点も特徴のひとつで、積極的に利ざやを狙っていく人々に重宝されている傾向にあります。しかし、他の金投資よりも資産増減リスクが高い方法となるため、リスク管理の徹底が必要不可欠となってきます。

金投資の相場変動を知る

金投資における現在の価格は?

出典: https://www.yossy-blog.net

金投資における現在の価格としては、買い取り価格の場合が4900円ほどとなっており、小売価格の際には5000円ほどで推移している傾向にあります。しかし、金価格は依然として高値圏を維持している現状にあるため、予期せぬ価格変動に備えて、常に金相場の動向を把握しておくことが重要となってきます。

金は大きな相場変動はない?

出典: https://nobu0824.com

金融市場の中でも価格の変動が穏やかとされている金相場ですが、市場全体の突発的な下落や情勢動向などの影響を受けて大きな相場変動が生じるケースもあります。例えば、金融不安などで株式市場や為替市場などが暴落している場面では、金価格もその影響を受けて一時的に下落する傾向にあるため注意が必要となります。

過去の変動要因

出典: https://www.nexus13.co.jp

過去の変動要因としては、1970年代に発生した石油ショック時の価格急上昇や、2003に発生したイラク戦争時における価格上昇などが挙げられます。また、有事の金とも呼ばれている金相場では、戦争などといった有事が起きると金価格が上昇するといった特徴があります。

金価格の相場を予想する

出典: https://www.fpwoman.co.jp

金価格の相場を予想するためには、株式市場や為替市場などといった金融相場全体の動向を見極めることが必要不可欠となってきます。また、日本国内や海外における情勢を常にチェックすることも、安定した資産運用に繋がるとされています。

金投資の始め方ガイドまとめ

金投資の始め方から、運用時のメリットやデメリットなどについて紹介してきました。いかがでしたでしょうか?金投資は、数多く存在している投資方法の中でも非常に安定した資産運用が可能となる投資として知られており、現在でもさまざまな人々に親しまれている投資方法のひとつです。今回紹介した金投資における情報を参考に、自分に合った金投資を見つけてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ