投資ファンドの仕事内容とは?投資信託との違いやファンドの種類など紹介!

投資ファンドの仕事内容について、具体的にご紹介していきます。投資ファンドとはいったいどういった仕事をしているのか気になっているという方も少なくありません。投資信託との違いや金融証券との兼ね合い、ファンドの種類も含めて解説していきます。

投資ファンドの仕事内容とは?投資信託との違いやファンドの種類など紹介!のイメージ

目次

  1. 投資ファンドの仕事内容とは?
  2. 投資ファンドと投資信託の違い
  3. 投資ファンドの種類
  4. 投資ファンドは金融商品
  5. 投資ファンドと証券会社の違い
  6. 投資ファンドのビジネス
  7. 投資ファンドの仕事内容やファンドの種類まとめ

投資ファンドの仕事内容とは?

投資ファンドについての確認

出典: https://www.corniche.co.jp

投資ファンドの仕事内容とは何かというところに焦点を当てて、投資ファンドの特徴や投資信託との違いについて具体的にご紹介していきます。実際に投資ファンドを利用して資産運用をする人も多くなっています。投資ファンドに求められる役割や証券会社との違いも理解しておくことが重要です。その中で、投資ファンドに対する理解を深めていきましょう。

投資案件の開拓

出典: https://www.toushin.or.jp

投資ファンドの仕事内容としては、まず投資案件の開拓を行うことになります。投資案件の開拓に関しては、投資銀行やファーム、証券会社といった企業からの紹介を受けることも少なくありません。また、コネクションを通じて投資案件を開拓することもあります。個人としても組織としても関係を築くことが大切であり、それが投資案件の開拓につながります。

自ら営業をかける

出典: https://found-er.com

場合によっては、投資ファンド自らが企業の情報を見て投資案件を選定することもあります。投資ファンドのスタッフが企業の経営戦略や将来性などを勘案しながら当該企業に対して営業をかけるということです。最初から投資案件にならなくても、時間をかけて案件化することもあります。こうした地道な努力も投資ファンドに求められる仕事内容と言えます。

投資案件の検討と交渉

出典: https://www.cclesson.com

証券会社や銀行、ファームといった組織的なつながりや、個人での営業も含めて投資案件を開拓することが投資ファンドの最初の仕事となります。その上で、投資案件の検討と交渉を行っていくことも仕事内容として求められています。ビジネスコミュニケーションとして、投資先との検討や交渉を重ねます。少しでも良い条件を引き出すことがポイントです。

粘り強い交渉が重要

出典: https://www.daiwasbi.co.jp

金融商品関連のビジネスや交渉に関して、最初の提案や交渉から数年単位で実行に移るということも少なくありません。そのため、基本的に投資ファンドのスタッフは粘り強く交渉していくことが求められます。扱っている金融商品によっては多額の取引になることもあります。1件投資案件を決めるだけでも、会社にとって大きな利益につながることが多いです。

投資を実行する

出典: https://jp.cointelegraph.com

投資ファンドの仕事内容として、投資案件の開拓を挙げることができますが、続いての仕事内容として投資を実行する段階へと移っていきます。具体的には投資スキームの検討、バリエーションの選定、ファイナンスアレンジといった部分を実行に移していきます。どの株式にどれくらいの資産を配分するのかといった細かい部分も詰めていく段階に入ります。

神経を使う仕事内容

出典: https://masouken.com

企業や証券会社からのデータも参考にして、将来性やリスク、現状などを詳細に分析した上で、どのくらいのスパンで利益回収していくのかといった数字も算出して投資を実行することになります。どの仕事内容も重要ですが、実行してから後悔しても遅いのでここは特に重要な部分です。投資ファンドの仕事内容としても、最も神経を使う部分と言えます。

投資先を売却する

出典: https://prtimes.jp

投資ファンドの仕事内容としては、投資案件の開拓から投資の実行にいたるまで重要な仕事が続くことになります。そして、最後の仕事内容として投資先を売却するという仕事が待っています。投資をして終わりではないのが投資ファンドの仕事内容です。投資先を売却して利益を上げるまでが仕事です。数年から数十年かけて売却することも少なくありません。

投資先の切り替えも重要

出典: https://www.daiwasbi.co.jp

投資初期段階でどのくらいの期間でどのくらいの利益を回収するのかといった試算を立てます。その試算通りに投資が進んでいる場合は問題ありませんが、企業業績の不調や経済の落ち込みによって利回りが上手くいかないこともあります。その場合は早めに投資先を切り替えることも重要な仕事内容です。投資先の変更によって資産を守ることが求められます。

一連の流れを覚えて実行する

出典: https://japan.cnet.com

投資先の開拓から投資の実行、さらに投資先の売却や切り替えなどを含めて、これらの一連の流れが投資ファンドの大きな仕事内容となります。全てが一筋縄でいくわけではありませんが、少しでもスムーズに投資が進むようにしていくことが求められます。投資ファンドでの経験を積んで独立する方もいます。その場合もファンドの仕事を覚えることが重要です。

投資ファンドと投資信託の違い

投資信託との違いを確認

出典: https://hedgefund-millionaire-revenge.com

投資ファンドの仕事内容について具体的に確認してきました。投資案件の開拓には長い時間を要することもあるので、我慢強く交渉していくことが求められます。ここからは投資ファンドと投資信託の違いについて解説していきます。投資ファンドと似た存在として投資信託があります。両者の違いを理解しておくことで、投資ファンドへの認識が深まります。

どこが管理しているかで違う

出典: https://komonavi.com

投資ファンドと投資信託との違いとしては、どこが管理しているのかという部分を挙げることができます。実際には投資信託もファンドと呼ばれる業態の1つであり、考え方としては投資ファンドど同様です。その違いは日本監督官庁のどこが管理しているのかという部分にあります。基本的な仕事内容は一緒ですが、管理先によって違いを見出すことができます。

属する法律の違い

出典: https://bigtrade.jp

投資ファンドと投資信託との違いとしては、管理している組織に違いを見出すことができます。さらに、属する法律にも違いがあると考えることができます。資産運用会社のこともファンドと言いますし、投資信託についてもファンドと呼ぶことができます。投資信託として認めてもらうためには、「投資信託および投資法人に関する法律」に従う必要があります。

法律の中身

出典: http://www.chronotape.com

「投資信託および投資法人に関する法律」については、投資信託として事業を展開していくための内部監査の仕組みや人事といった仕組み作り、資本金に関しても厳しいルールがあります。そうしたルールを守って事業を行うことで投資信託として認めてもううことができます。単純に投資ファンドや資産運用会社と名乗るだけであれば、そこまで必要ありません。

投資ファンドは別の法律に従う

出典: https://iapc6.info

ただし、投資ファンドや資産運用会社については、別の法律のもとで認可や届出を出して認めてもらう必要があります。投資信託とはルールや規定が異なるというだけであって、その組織として必要な法律を守っていない場合は投資ファンドとして認めてもらうことができません。あくまでも、法律名や内容が違うだけであることを理解しておく必要があります。

ヘッジファンドと投資信託

出典: https://moneybridge-online.com

投資ファンドと投資信託の違いについて取り上げていますが、ヘッジファンドと投資信託の違いについても理解を深めておきたいところです。ヘッジファンドに関しては、顧客から資金集めて独自のノウハウで運用をする法人のことを言います。独自のノウハウというところがポイントで、大手の組織に属さず独立系として営業しているファンドが一般的です。

どちらも投資成績が重要

出典: https://kakakumag.com

ヘッジファンドの場合でも資産運用や投資信託をするための法律に依拠して、正しい営業を行っていれば、顧客から集めた資金を運用することができます。法律に通過した後は、いかに投資ファンドとして成績を出すかが重要です。これは投資信託でもヘッジファンドでも同じです。投資成績を上げることによって、より多くの資金を集められるようになります。

分別管理しているかどうかで違う

出典: https://www.hdfd.info

ヘッジファンドと投資信託の分野で大きな違いとしては、管理手法にあると言えます。具体的には分別管理しているかどうかで違いがあるというのが実際のところです。個人投資家や機関投資家から集めた資金を分別管理しているのは投資信託の管理手法です。資産運用会社とは別のところに口座を作って、顧客から集めた資金を管理しているところが特徴的です。

分別管理には多額の維持費がかかる

出典: http://www.scala-ip.org

一般的には信託銀行などで管理していることが多いです。万一、資産運用会社が倒産するようなことがあっても、投資家資金はしっかりと守られています。一方で、ヘッジファンドの場合は分別管理をしていないこともあります。顧客から集めた資産が大きくなれば分別管理をするヘッジファンドもあります。しかし、分別管理には多額の管理維持費がかかります。

管理手法の違いを意識する

出典: https://hedge.guide

そのため、運用額がそれほど多くないヘッジファンドについては、直接自分たちの口座に顧客から集めた資金を預けて運用することになります。運用が上手くいっていれば問題ありませんが、そうでなくなった場合の不安が大きいのはヘッジファンドの欠点です。管理手法の違いを意識して投資信託とヘッジファンドのどちらを利用するか決めるのがおすすめです。

投資ファンドの種類

投資ファンドの種類を確認

出典: https://www.yutaka-sec.co.jp

投資ファンドの仕事内容や、ヘッジファンドと投資信託との違いなどを具体的にご紹介してきました。それぞれの特徴や違いを理解した上で、投資ファンドに対する理解を深めていくことがおすすめです。ここからは、投資ファンドの種類について確認していきます。投資ファンドはさまざまな種類があるので、1つ1つ丁寧に理解していくことが求められます。

投資ファンドの種類①ベンチャー(キャピタル)ファンド

出典: http://wasamon-kumamoto.jp

投資ファンドの種類として、ベンチャー(キャピタル)ファンドを挙げることができます。ベンチャー(キャピタル)ファンドは、ベンチャー企業をメインに投資を行っていく投資ファンドです。スタートアップの企業に投資することで、その後の値上がりに期待することができます。一方で、資産が減るリスクも大きいので、投資する際には慎重さも求められます。

投資ファンドの種類②企業再生ファンド

出典: https://mastory.jp

投資ファンドの種類としては、企業再生ファンドを挙げることもできます。企業再生ファンドの特徴は業績不振の企業や経営破たんを起こした企業を安値で買い取ることにあります。その後、企業としての再生を目指し業績を回復した時点で売却するファンドです。収益率が高いところが魅力的ですが、再生できなかった場合のリスクも高いファンドと言えます。

投資ファンドの種類③証券投資信託

出典: https://www.toushin.or.jp

証券投資信託も投資ファンドの種類として覚えておきたいところです。証券投資信託は、債券やデリバティブ、上場株式や短期金融商品に対して投資をすることが特徴的な投資ファンドです。個人投資家からの人気が高いところが特徴で、特に毎月分配金が出る投資信託には人気があります。不動産分野にも手を出しており、今後の成長性にも期待が持てます。

投資ファンドの種類④アクティビストファンド(アクティビティファンド)

出典: https://bigtrade.jp

アクティビストファンド(アクティビティファンド)も、投資ファンドの1つとして特徴的な部分があります。アクティビストファンドでは上場企業株式を中心に投資をして、運用するスタイルが確立されています。モノ言う株主としても有名で、注文をつけて株価の値上がりを促します。株価上昇で売却して利益を得るというシンプルな方法が支持を集めています。

投資ファンドの種類⑤ヘッジファンド

出典: http://freezzaa.com

ヘッジファンドについては投資信託と似た考え方をすることができます。上場株式や債券、デリバティブや短期金融商品など、総合的な配分をすることで少しずつ利益を上げていくファンドです。売りからでも買いからでも利益を上げられるような仕組みを確立しています。会社の口座と一緒に管理されることもあるので、リスクを承知しておくことが大切です。

投資ファンドの種類⑥バイアウトファンド

出典: https://overseas-realestate.jp

バイアウトファンドを利用して資産拡大を目指す人も少なくありません。バイアウトファンドは成熟産業をターゲットに絞って投資を行っていくスタイルに定評があります。企業全体や一部を買収することで経営権を握って再生を促すこともあります。株式投資の基本となる安い時に買って高くなったら売るというセオリーを忠実に守っている投資ファンドです。

投資ファンドの種類⑦不動産投資信託(J-REIT)

出典: https://invest-online.jp

不動産投資信託(J-REIT)も人気のある投資ファンドの種類としてご紹介することができます。不動産価格の値上がりに期待することで利益を得ようとするのが、不動産投資信託の基本的な考え方です。不動産投資信託では個人投資家から資金を集めることを目標にしています。市場での流動性も大きく、換金性に優れていることからも手を出す人が多いです。

投資ファンドの種類⑧商品ファンド

出典: https://bank.epark.jp

投資ファンドの種類としては、商品ファンドをご紹介することもできます。商品ファンドでは、個人投資家から資金を集めて運用することがメインとなります。実際に、金や銀、大豆やとうもころし、ガソリンや天然ガスなどのエネルギー商品に対して投資することが多いです。まさに有形無形の商品に投資することから、商品ファンドという名がつけられました。

投資ファンドの種類⑨現物ファンド

出典: http://www.pasivadepuntadeleste.com

商品ファンドの他に現物ファンドと呼ばれる投資ファンドの種類もあります。現物ファンドの場合は、さまざまなコンテンツやプロジェクトに対して投資をすることが特徴的です。アイドルファンドや競走馬ファンドといった事業が確立されることもあります。1つ1つのプロジェクトを事業化することによって、多額の収益を得ようとするタイプのファンドです。

投資ファンドの種類⑩不動産投資ファンド

出典: https://www.rakumachi.jp

投資ファンドの種類としては、不動産投資ファンドも欠かせないタイプと言えます。不動産投資ファンドでは個人や法人から集めた資金や金融機関からの借り入れを元手にして、複数の不動産を購入することから開始します。そこで家賃収入を確保して分配金を生み出していきます。売却できる場合は、不動産を売却して利益を投資家に還元することもあります。

投資ファンドの種類⑪コンテンツファンド

出典: http://animationbusiness.info

コンテンツファンドも投資ファンドの1つとして理解しておきたいところです。コンテンツファンドとは、映画やゲーム、音楽や知的財産などの情報産業に投資をすることで利益を上げていくスタイルのファンドです。現物ファンドと似たような仕組みを持っているのが特徴です。自分の好きな分野に投資することもできるので、身近な存在として人気があります。

投資ファンドの種類⑫ファンドオブファンズ

出典: https://se-zo.com

最後にご紹介するファンドの種類はファンドオブファンズです。ファンドオブファンズは投資ファンドを対象に投資を行うファンドとして確立しています。ファンドオブファンズの場合は、複数のファンドに分散投資をすることでリスク管理を行っています。ファンドに対して投資をする考え方が広まるきっかけとなったのも、ファンドオブファンズのおかげです。

投資ファンドは金融商品

実績配当型の金融商品

出典: https://linecorp.com

ここからは投資ファンドについての特徴をさらに深く解説していきます。投資ファンドは金融商品であると言うことができます。実績配当型の金融商品も多く、投資先の業績と連動する形で配当金が出る投資ファンドも少なくありません。もともとは基金を意味するのが投資ファンドの特徴でしたが、資産を集めて実績に応じて配当金を出すように変化しました。

商品版の投資信託とも言える

出典: http://furuyacpa.com

投資ファンドは金融商品として認識することができますが、商品版の投資信託と考えることもできます。投資信託の場合も顧客から集めた資金を運用して利益を拡大していきますが、その商品版が投資ファンドと言えます。現物ファンドやコンテンツファンドにしてもそうですが、具体的にイメージできる商品を提示して資金を集めることも多くなっています。

商品ファンドの型

出典: https://alternative-asset-management.jp

金融商品として定義できる投資ファンドですが、その金融商品の中でも商品ファンドには一定の型があります。匿名組合型や信託型、リミテッド・パートナーシップ型の3つの型を挙げることができます。匿名組合型が最もポピュラーな型として認識されています。商法に基づいた組合形態をとっていることもあり、個人投資家の方の投資も増えてきています。

他の金融商品とは相関性が低い

出典: https://crooz.co.jp

商品ファンドには複数の型があるわけですが、他の金融商品とは相関性が低いことも特徴として挙げられます。より独立的な金融商品として投資先を見極めることがポイントです。商品ファンドの運用方法については、契約締結前交付書面で確認することもできます。そうした書面や資料を使って情報を集めてから、投資先の選定を行っても全く遅くはありません。

投資ファンドと証券会社の違い

証券会社との違いを確認

出典: https://zuuonline.com

投資ファンドは、実績配当型の金融商品であるということも意識しながら理解を深めていくことがポイントです。その上で、ここからは投資ファンドと証券会社の違いについて着目していきます。投資ファンドと証券会社にはどういった違いがあるのか気になっているという方も少なくありません。証券会社との違いを明確にすることでスムーズな選択もできます。

投資ファンドは投資を運用する会社

出典: https://bigtrade.jp

投資ファンドと証券会社の違いという点で、投資ファンドの場合は投資を運用する会社だという認識を持っておくことが大切です。個人からでも法人からでも一定の資金を集めて、その資金を運用するのが投資ファンドに求められる役割です。個人や法人は投資を行っています。その投資を運用して利益を上げていくことが、投資ファンドとして大切な仕事です。

証券会社は株式売買の窓口

出典: https://chokin-ct.com

一方で、証券会社の場合は株式売買の窓口になると考えることができます。証券会社が実際に何かを運用するわけではありません。証券会社が株式売買の窓口として個人や法人から資金を集めることになります。近年はインターネット証券も隆盛を迎えており、ますます利便性が高まっています。あくまでも株式売買の窓口として存在するのが証券会社の特徴です。

投資ファンドの役割

出典: https://bigtrade.jp

証券会社は株式売買の窓口となるわけですが、投資ファンドには証券会社とは違った役割も求められます。具体的には投資対象となる金融商品の銘柄分析やマクロ分析、今後の経済情勢や世界情勢などを分析した上で最適な商品を提案することです。投資ファンドは投資家から信託報酬となる手数料を徴収しています。手数料に見合うだけの働きが求められます。

投資ファンドのビジネス

投資ファンドのビジネスを確認

出典: https://minnkane.com

投資ファンドについての理解を深める中で、証券会社との違いや投資信託との違いなども含めて総合的に知見を広げていくことが求められます。その中で、さらに投資ファンドのビジネスについて具体的にご紹介していきます。投資ファンドには一定のビジネスが求められ、成果も期待されます。ビジネスの中身を知ることも投資ファンドを使うためには必要です。

集めた資金を投資する

出典: https://mastory.jp

投資ファンドのビジネスとして、基本的な根幹を成すのが集めた資金を投資するというものです。投資ファンドは個人投資家や機関投資家などから多額の資金を集めることになります。単純に資金を集めるだけではビジネスになりません。ビジネスとして成立させるために投資して運用を行うのです。その先に顧客に対して利益を還元することが重要な役割です。

企業の株式を購入する

出典: https://www.taiyo-co.jp

投資ファンドのビジネスとして集めた資金を運用するという意味では、企業の株式を購入することもビジネスとして求められる役割です。国内株式や海外株式も含めて、さまざまな企業の情報を網羅して最適な投資スタイルを確立していきます。そうすることで利益を上げることが求められているからです。今後利益が出そうな株式を常に分析して購入します。

収益の拡大や資産の活用を目指す

出典: https://note.mu

投資ファンドのビジネスとして、収益の拡大や資産の活用を目指すことも欠かせない部分です。個人投資家や機関投資家から集めた資金をいかに運用して、いかに増やしていくかが投資ファンドのビジネスの醍醐味とも言えます。短期的に増やすのではなく長期的な視点を持つことが重要です。それこそがビジネスとして投資ファンドを長く続けるための秘訣です。

投資ファンドの仕事内容やファンドの種類まとめ

出典: https://www.sankei.com

投資ファンドに注目をして、ビジネスやファンドの種類などを具体的にご紹介してきました。投資ファンドにはさまざまな種類があり、特徴も異なります。自分の大切な資産を預けるという意味では、入念にチェックしておくことがポイントです。投資ファンドのビジネスを理解して、顧客としてもビジネスパートナーとしても上手く利用することが有効です。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ