フラット35の審査基準とは?期間や条件・通らない場合などまとめ!

審査の基準や条件が緩いとされているフラット35は、数多くの人々が活用している住宅ローンのひとつです。しかし、審査が通らない場合も見られるため、事前の準備が重要となります。今回はフラット35の審査の基準から、その条件や借入期間などについて紹介しています。

フラット35の審査基準とは?期間や条件・通らない場合などまとめ!のイメージ

目次

  1. フラット35の審査基準とは?
  2. フラット35の借入期間
  3. フラット35の条件
  4. フラット35が通らない場合とは?
  5. フラット35の金利を比較
  6. フラット35のメリット
  7. フラット35のデメリット
  8. フラット35に向いている人
  9. フラット35と銀行の住宅ローンを比較
  10. フラット35の審査基準まとめ

フラット35の審査基準とは?

フラット35は住宅ローンの名称

出典: https://www.whalehouse.co.jp

フラット35とは、住宅金融支援機構や銀行などの金融機関が提供している住宅ローンのひとつで、長期固定金利が設けられているといった特徴があります。また、民間の住宅ローンに比べて審査が比較的緩くなっていることでも知られており、住宅の購入や新築などを検討している数多くの人々に重宝されている傾向にあります。現在ではさまざまな金融機関がフラット35を提供しており、その特徴も多岐にわたっています。

フラット35における審査について

出典: https://www.whalehouse.co.jp

フラット35における審査の内容としては、それぞれの金融機関が実施する事前審査や本審査などが挙げられます。また、提供している金融機関などによって基準や条件が異なってくるケースが多いとされており、金融機関のなかには、民間の住宅ローンよりも審査の条件が甘く設定されている場合もあるため、自分のプランに合ったフラット35を選ぶことが重要となります。

それぞれの金融機関で行う事前審査

出典: https://www.whalehouse.co.jp

それぞれの金融機関が行う事前審査への申し込み方法としては、パスポートや住民票などの本人確認書類の提出が必須となります。また、各金融機関が提供しているフラット35における事前審査申請書という書類を提出することも重要なポイントです。さらに、事前審査に申し込んだ日から約3営業日ほどで結果が通知されることが一般的とされており、事前審査通過後に本審査に必要となる書類が送られることとなります。

フラット35を提供している機関での本審査

出典: https://ringsplus.net

フラット35を提供している機関での本審査への申し込み方法としては、本人確認書類に加えて借入を申し込む書類や本人の所得を証明する書類の提出が必須となります。また、住宅などの物件に関する書類も用意する必要がありますが、本審査の結果が通知されるまでの期間が最長で2ヶ月ほどかかるケースもあるため、事前に本審査で必要となる各書類を自身で準備しておくことも重要となります。

フラット35は審査が通りやすい?

出典: https://www.whalehouse.co.jp

フラット35における審査の基準や条件は、民間の住宅ローンに比べて通りやすいと言われています。その理由としては、住宅金融支援機構と呼ばれる独立行政法人が提供しているといった点が挙げられます。民間企業と異なり、国が管理している独立行政法人の場合は、貸し倒れが発生しても自社の損害とならない傾向にあるため、フラット35の審査が緩くなっているとされています。

フラット35における種類について

出典: https://www.whalehouse.co.jp

現在、フラット35にはいくつかの種類が存在しています。主な種類としては、フラット35S・フラット50・フラット20・ダブルフラットの4種類が挙げられます。しかし、提供されているフラット35の種類によって、審査における基準や条件から、借入期間や金利などが大きく異なってくる傾向にあるので、自分に合ったプランを選ぶことが重要なポイントとなります。

フラット35Sの審査基準とは?

出典: http://www.alcjapan.co.jp

フラット35Sとは、フラット35よりも金利が優遇されている住宅ローンのことを言います。フラット35Sにおける主な審査基準としては、ローンの対象となる住宅の省エネにおける精度や耐震強度などの条件を満たすことやフラット35と同様の各書類の提出が必須となります。また、高齢者にも利用しやすい住宅設計が行われているかという点も審査の基準となってきます。

フラット50の審査基準とは?

出典: https://www.whalehouse.co.jp

フラット50とは、最長で50年となる長期固定金利が適用される住宅ローンのことを言います。フラット50の主な特徴としては、優良とされる住宅を対象としている点やフラット35などの住宅ローンと併用することが可能となっている点などが挙げられます。また、フラット50の審査では、本人確認書類などといった必須書類に加えて、年齢が44歳を下回っていることも非常に重要な条件のひとつとなってきます。

フラット20の審査基準とは?

出典: https://www.karin-house.com

フラット20とは、20年を下回る借入の期間を選ぶ際に利用できる住宅ローンのことを言います。大きな特徴としては、フラット35よりも低い金利水準で借入をすることが可能となるといった点が挙げられます。また、フラット20における審査の基準は、フラット35と同様の条件を満たすことが必須となりますが、定められている年齢や年収額の基準をクリアすることも重要です。

ダブルフラットの審査基準とは?

出典: https://www.whalehouse.co.jp

ダブルフラットとは、それぞれの借入期間が異なっているフラット35のプランのなかから2つを選んで利用する住宅ローンのことを言います。フラット35では長期間にわたってローンを返済することとなるため、ダブルフラットを活用して返済金額を徐々に減らすことができるというメリットがあります。また、審査基準としては利用する各ローンの条件をそれぞれ満たすことが必須となるので、事前に必要書類を準備しておくことが肝心です。

Thumb住宅ローンのフラット35とは?人気のフラット35Sの特徴も合わせて解説!

フラット35の借入期間

フラット35における借入期間について

出典: https://www.whalehouse.co.jp

フラット35における借入期間は、利用するプランによって大きく異なってきます。フラット35には、借入期間が非常に長くなるフラット50や、プランの中で最も期間が短いフラット20といった種類があり、金利水準もそれぞれ違いが生じるため、自分の用途にあった種類を選ぶことが非常に重要とされています。

借入期間①フラット35S

出典: https://www.whalehouse.co.jp

フラット35Sにおける借入期間としては、最長で35年となることが一般的とされています。また、借入の期間中に金利が徐々に下がっていく点も特徴のひとつで、借入の期間が5年から10年までは0.25%ほど引き下げられる傾向にあるので、数多くの利用者からの支持を集めています。しかし、通常よりも高い技術基準が求められるため注意が必要です。

借入期間②フラット50

出典: https://www.arrgallery.jp

フラット50における借入期間としては、最高で50年ほどとなるケースが多いとされています。また、借入の際に生じる金利も約1.7%から2.2%ほどで長期固定されるという特徴があるため、金利の変動が激しい場面では特に有効とされています。しかし、フラット50を利用するには厳しい住宅設計の条件を満たす必要があります。

借入期間③フラット20

出典: https://www.whalehouse.co.jp

フラット20における借入期間としては、最長で20年ほどになることが一般的とされています。また、借入の期間が21年を上回るケースよりも金利水準が低くなるといったメリットがあるため、短い期間で返済を終える計画を立てている利用者におすすめのプランと言われていますが、自身の所得金額を十分に考慮したうえで利用することが重要となります。

借入期間④ダブルフラット

出典: https://www.whalehouse.co.jp

ダブルフラットにおける借入期間は、組み合わせるプランの種類によって大きく異なってくる傾向にあります。例えば、フラット20とフラット35を併用する際には、最長で35年の借入期間が設けられることとなり、フラット35のみの利用よりも金利や返済額を低く抑えることが可能とされています。

フラット35の条件

フラット35の審査における条件とは?

出典: http://www.bizimcankirigazetesi.com

フラット35の審査における条件は、融資の条件や資金の使い道などによって異なってくるケースが多く見られます。また、フラット35特有の住宅の技術基準や、新築・中古住宅に設けられている条件によっても違いが生じるため、自身が検討している住宅プランと照らし合わせて、各条件を把握することが重要なポイントとなってきます。

フラット35の融資条件

出典: http://www.bizimcankirigazetesi.com

フラット35における借入の融資条件としては、年収金額の水準が挙げられます。例えば、1年間の所得金額が400万円を下回る際には、30%までの融資が可能となるケースが一般的とされており、所得金額が400万円を上回っている場合には、35%までの融資が適用される傾向にあります。

資金の使い道

出典: http://www.bizimcankirigazetesi.com

フラット35における融資条件は、資金の使い道によっても異なってきます。例えば、フラット35の制度を利用する本人が住宅を所有しているケースや新築住宅などを購入するといった使い道の場合には、フラット35の融資が可能となってきます。また、その家族が暮らす住宅を建設する際にもフラット35の融資が可能となります。

フラット35特有の住宅の技術基準

出典: https://www.nomu.com

フラット35特有の住宅の技術基準には、いくつかの種類が存在します。例えば、新築・中古住宅の際には住宅に面している道路に接する幅も基準とひとつとなってきます。また、床面積の大きさや耐震強度に加えて住宅の構造などといった数多くの基準が設けられています。しかし、検査を受ける際には適合証明書という書類の取得が必須となるので注意してください。

新築住宅の基準

出典: https://www.universalhome.co.jp

新築住宅における技術基準としては、住宅に面している道路に接する幅が2mを上回っているといった点が挙げられます。また、住宅の床面積が70㎡を上回っていることなども基準のひとつとなってきます。しかし、マンションの際には床面積が30㎡以上であれば基準を満たすことになり、住宅の種類によって設けられている基準もやや異なるケースがあるので注意が必要です。

中古住宅の基準

出典: https://www.universalhome.co.jp

中古住宅における技術基準としては、概ね新築住宅のケースと同様の基準が設けられている傾向にあります。しかし、住宅の耐震性における技術基準にやや違いが生じており、中古住宅の際には住宅が建築された日が1981年6月1日以降の場合にのみ技術基準を満たしていると認められることとなります。

フラット35が通らない場合とは?

フラット35の審査が通らないケース

出典: https://www.universalhome.co.jp

フラット35の審査が通らないケースとしては、いくつかのパターンが考えられます。審査が通らない主な理由としては、融資の条件を満たしていない場合や住宅技術基準の条件をクリアしていないといった点が挙げられます。また、資金の使用目的がそぐわない場合にも審査が通らないケースがあるため、それらの点を十分に考慮したうえでフラット35を利用することが重要となります。

融資の条件が満たない場合

出典: https://www.chibabank.co.jp

フラット35の審査が通らない大きな原因として、融資の条件を満たしていないといった点が挙げられます。フラット35は民間の住宅ローンに比べて審査が緩いと言われていますが、継続的に借入金利などを支払う能力があるかという点はフラット35においても審査基準のひとつとなっているので、自身の所得金額と照らし合わせてフラット35の活用を考えることが必須となります。

資金の使用目的の違い

出典: https://www.universalhome.co.jp

フラット35における融資条件の中には、制度の悪用を防ぐために資金の使用目的が問われる審査基準が設けられています。そのため、自身が所有する住宅への使用を目的とした制度の利用や、家族の住宅を新築する場合などといったケース以外は、フラット35の融資が受けられないため十分に注意してください。

総返済負担率が関係する

出典: https://www.universalhome.co.jp

フラット35の審査が通らない理由として、総返済負担率も関係していると言われています。総返済負担率とは、フラット35における借入金利の返済などが計画的に行われるかどうかを判断する際に用いられる審査方法のことで、年収金額が400万円を下回る場合は30%まで、400万円を上回っているケースでは35%までの融資が可能となります。

中古住宅購入は注意する

出典: https://www.universalhome.co.jp

中古住宅を購入する際には、審査の基準がやや異なってくる傾向にあるため、フラット35の審査が通らないといったケースも少なくありません。フラット35の融資を受けて中古住宅を購入するためには、接道の範囲や耐震性などの条件に加えて、建築された日も審査基準のひとつとなってくるため、中古住宅を購入する際には、事前に建築日を調べておくことも重要なポイントとなります。

住宅技術基準を満たしているか?

出典: https://www.jibunbank.co.jp

フラット35の審査が通らない原因のひとつとして、住宅技術基準を満たしていないといった理由も挙げられます。住宅技術基準では、新築や中古によっても条件がやや異なってくる傾向にあり、住宅の種類が一軒家かマンションかによっても求められる技術基準に違いが生じるため、十分に住宅技術基準のルールを理解しておく必要があります。

フラット35の金利を比較

フラット35における金利について

出典: https://www.universalhome.co.jp

フラット35における金利水準は、提供している金融機関によって違いが生じる傾向にあります。また、利用するフラット35の種類によっても設定されている金利が異なるため、自分のプランに合った住宅ローンを活用することによって、支払う借入金利の金額を低く抑えることも可能となってきます。

提携金融機関は多数ある

出典: https://www.universalhome.co.jp

現在では、フラット35を提供している金融機関が数多く存在しています。また、大手金融機関に限らず、他業種で活躍している企業も住宅ローンの分野に参入するといったケースが多く見られるため、住宅の購入や建築を検討している人にとって追い風となっています。また、非常に低い金利水準を設けている場合もあるため、以前よりも少ないコストでマイホームを持つことが可能と言われています。

事前に金利や手数料の検索が可能

出典: https://zuuonline.com

インターネットの普及と住宅ローンの多様化によって、近年では事前に金利や手数料の検索が簡単に行えるようになってきています。特に、インターネット上にはフラット35を提供する金融機関の情報を公開しているサイトが数多く存在しているため、初めて住宅ローンを利用する際にも、簡単に比較することが可能となっています。

総返済額を調べることができる

出典: https://www.universalhome.co.jp

金利や手数料と同様に、インターネットを利用して総返済額を調べることも可能となっています。また、各金融機関の情報を公開しているサイトのなかには、融資の金額や借入期間などの項目を埋めることで簡単に総返済額を調べることができるシュミレーション機能を設けたサイトもあるため、フラット35を活用する際には事前に自分で見積もりを立てておくことも大切となります。

金融機関ごとの金利手数料が一目瞭然

出典: https://www.universalhome.co.jp

総返済額のシュミレーション機能が設けられているサイトと同様に、各金融機関における金利手数料の違いが一目で分かるサイトも数多く存在しています。また、サイトによっては新しく参入した企業の情報を公開しているケースも少なくないため、自分の目的に合った金融機関を選ぶことが以前よりも容易になっていると言われています。

フラット35のメリット

フラット35の審査におけるメリットとは?

出典: https://www.universalhome.co.jp

フラット35には、さまざまなメリットがあるとされています。主なメリットとしては、長期固定金利における恩恵や保証人などが不要といった点が挙げられます。また、優良住宅とみなされるケースでは金利が通常よりも低くなるなどといったメリットがあるため、民間の住宅ローンよりも利用しやすいと言われています。

固定金利なので景気に左右されない

出典: https://www.web-housing.jp

フラット35における大きなメリットとしては、固定金利なので景気に左右されないといった点が挙げられます。変動金利の場合には、金融市場や景気の動向によって金利水準が大きく変動する傾向にありますが、固定金利の際には契約時の金利が維持されるといった特徴があるため、継続的な金利の支払いがしやすいとされています。

保証料も保証人も不要

出典: https://www.universalhome.co.jp

固定金利という点と同様に保証料や保証人が不要といった点も、フラット35における大きなメリットのひとつとして挙げられます。通常、民間が提供している住宅ローンの際には貸し倒れリスクを軽減するために複数の保証人などを求めるケースがありますが、フラット35の場合にはそれらが必要とならないため、ローンの契約がしやすいと言われています。

繰上げ返済手数料が無料

出典: https://www.universalhome.co.jp

フラット35では繰上げ返済手数料が無料となるため、利用者にとって大きなメリットとなってきます。繰上げ返済を利用すると、総返済額をある程度減らすことが可能となっているため、さまざまな利用者が活用する方法ですが、繰上げ返済を行う際には1ヶ月ほど前から各金融機関に、その旨を伝える必要があるので注意してください。

優れた住宅は金利が優遇される

出典: https://www.universalhome.co.jp

フラット35には、優良住宅は金利が優遇されるといったメリットがあります。この制度は、主にフラット50を利用する場合に適用されることが一般的となっており、長期間にわたる住宅ローンの活用を検討している人に有効とされています。しかし、優れた住宅と判断されるためには、いくつかの条件を満たすことが必要不可欠となってくるため注意が必要です。

団体信用生命保険加入が任意

出典: https://www.web-housing.jp

フラット35のメリットとして、団体信用生命保険への加入が任意となっている点も挙げられます。団体信用生命保険とは、フラット35などの住宅ローンを利用している人物が死亡した際に、残っている返済額を保険金で賄う制度のことで、通常の住宅ローンでは団体信用生命保険への加入が義務付けられていますが、フラット35では自由に選択できるといった特徴があります。

家族の収入を合算できる

出典: https://www.universalhome.co.jp

フラット35では、家族の収入を合算できるという点もメリットのひとつとして挙げられます。例えば、配偶者や両親などといった家族がフラット35を利用している人物と生活を共にしている場合には収入の合算が認められます。しかし、フラット35を利用している人の年齢が、申し込んだ時点で70歳を上回っている際は合算ができないので注意してください。

セカンドハウスにも使える

出典: https://www.universalhome.co.jp

フラット35では、通常の住宅以外にもセカンドハウスにおける制度の活用も可能となるといったメリットがあります。また、セカンドハウスにおける審査は通常と同様の基準が設けられているため、民間の住宅ローンよりも審査が通りやすいとされています。しかし、第三者などにセカンドハウスを貸す場合にはフラット35が利用できないので注意が必要です。

フラット35のデメリット

フラット35の審査におけるデメリットとは?

出典: https://www.universalhome.co.jp

数多くのメリットがあるフラット35ですが、いくつかのデメリットが生じるケースもあるので注意が必要となってきます。主なデメリットとしては、金利が割高になるといったケースや厳密な住宅技術基準が設けられているといった点が挙げられます。また、融資手数料というコストが発生するというデメリットもあります。

金利が割高になることがある

出典: https://airregi.jp

フラット35における大きなデメリットのひとつとして、金利が割高になるといった点が挙げられます。金融市場や景気の先行きが好調な際には、高い金利水準を維持するケースが多いため長期固定金利が有効とされますが、景気が後退している場面では低い金利が維持される傾向にあるため、場合によっては固定金利の方が不利となる場面もあります。

技術基準がかなり厳密

出典: https://www.universalhome.co.jp

金利が割高になるといった点と同様に住宅技術基準がかなり厳密である点も、フラット35におけるデメリットのひとつとして挙げられます。新築・中古住宅における技術基準にはいくつかの項目が設けられており、その条件を全て満たすことが必要となってくるので、住宅技術基準を満たせないために審査が通らないといったケースも少なくありません。

保証料はないが融資手数料がある

出典: https://www.universalhome.co.jp

フラット35には保証料や保証人が不要となるメリットがある一方で、融資手数料というコストが発生するというデメリットがあります。また、融資手数料の金額はフラット35を提供している金融機関によって異なってきますが、数十万円にも及ぶ融資手数料を支払うといったケースもあるため注意が必要となります。

団信加入の場合手数料がかかる

出典: https://www.universalhome.co.jp

フラット35を利用する際には、団体信用生命保険の加入における手数料も考慮する必要があります。フラット35では、団体信用生命保険の加入が任意となっていますが、加入する場合には借入金利の支払いなどとは別に、団体信用生命保険の手数料を支払うこととなります。

フラット35の審査には特典が少ない

出典: https://www.universalhome.co.jp

フラット35における審査や利用の際には、民間の住宅ローンよりも特典が少ないといったデメリットもあります。民間の金融機関が提供している住宅ローンでは、金利の変更やローン返済の支援に加えて、指定された店舗で買い物をした際に割引されるなどといったさまざまな特典が用意されていますが、フラット35のケースでは口座変更などの際にかかる費用が安くなるといったサービスが特典として設けられている傾向にあります。

フラット35に向いている人

フラット35に向いている人の特徴とは?

出典: https://airregi.jp

フラット35に向いている人の主な特徴としては、詳細な返済計画を立てる人や金利の変動に左右されたくない人などが挙げられます。また、在職期間が比較的短い人の場合にもフラット35の活用が向いているとされているため、自分のプランに合った住宅ローンを探すことが大切となります。

詳細な返済計画を立てたい人

出典: https://www.universalhome.co.jp

フラット35に向いている人の特徴として、詳細な返済計画を立てたいというケースが挙げられます。フラット35では、長期間にわたってローンを返済していくこととなるため、事前に綿密なプランを立てることが必要不可欠となります。また、利用途中で返済ができなくなるといった事態を避けるためにも、余裕を持った計画作りが重要となります。

金利の上下が嫌な人

出典: https://www.universalhome.co.jp

金利の上下が嫌な人の場合にも、フラット35の利用が向いているとされています。フラット35では、変動金利ではなく固定金利が適用されるため、安定的なローン返済を行うケースでは非常に有効と言われているので、数多くの利用者に重宝されています。しかし、景気が後退している場面では固定金利のほうが不利となるケースもあるので注意してください。

在職年数が短い人

出典: https://www.universalhome.co.jp

金利の上下が嫌な人と同様に在職年数が短い人にも、フラット35の利用は非常に有効とされています。特に、フラット20では、借入の期間が20年を下回る際に通常よりも低い金利が適用されるといった特徴があるため、在職年数が短い人から高い評価を得ています。

世代をまたいで長く住みたい人

出典: https://www.satofull.jp

世代をまたいで長く住みたいと考えている人にも、フラット35の活用が向いていると言われています。特に、フラット50では最長で50年までの借入期間の設定が可能となるため、非常におすすめのプランとなります。しかし、フラット50を利用するには優良住宅とみなされる必要があるので注意してください。

フラット35と銀行の住宅ローンを比較

フラット35の審査と銀行住宅ローンの違いは?

出典: https://www.universalhome.co.jp

フラット35の審査と銀行住宅ローンの違いは、さまざまな種類が存在しています。主な違いとしては、商品がどこで作られているかという点や金利プランの違いなどが挙げられます。融資の金額も異なってくる傾向にあるため、自分の目的に合った住宅ローンを利用する際には、いくつかのポイントに注視して金融機関を選ぶことが重要となってきます。

商品がどこで作られているか?

出典: https://www.universalhome.co.jp

フラット35と銀行の住宅ローンを比較する際には、商品がどこで作られているかをしっかりと把握しておくことも重要なポイントとなってきます。また、提供している金融機関によっては金利や融資金額に加えて、付与されている特典にも違いが生じるケースがあるので、事前に各金融機関の仕組みを調べることも大切です。

どこを視て審査するか?

出典: https://www.universalhome.co.jp

どこを視て審査をしているかという点も、フラット35と銀行の住宅ローンを比較する際には大切なポイントとなってきます。フラット35などといった住宅ローンを提供している金融機関の多くが、ローンの対象となる住宅の状態やローン契約する人物の所得などの個人情報を参考に審査することが一般的とされています。

金利プランが違う

出典: https://www.cigr.co.jp

フラット35と銀行の住宅ローンには、金利プランの違いが生じる傾向にあります。通常では、民間の住宅ローンよりもフラット35の方が低い金利水準を設けているケースが一般的となりますが、契約する人物によってはフラット35を選ばない方がメリットがある場合もあるので、自分に合ったものを選ぶことが必要不可欠となります。

融資金額が違う

出典: https://www.universalhome.co.jp

金利プランの違いと同様に、融資金額にも違いが生じるケースが多く見られます。また、フラット35と民間の住宅ローンにおける比較に限らず、フラット35の種類によっても融資を受けることが可能となる金額は異なってくるため、事前に各プランの制度を理解しておくことがポイントとなってきます。

団体信用生命保険加入が必要か?

出典: https://www.universalhome.co.jp

フラット35の場合には、団体信用生命保険への加入が任意となっているため、契約者本人が自由に選ぶことが可能となります。しかし、住宅ローンを組んでいる人物が死亡した際や予期せぬ事故や災害によって重い障害を負ってしまった場合には、団信への加入が非常に心強いものとなるので、事前に加入をしておくことが一般的とされています。

フラット35の審査が甘い銀行とは?

出典: https://www.universalhome.co.jp

フラット35の審査が甘い銀行には、いくつかの種類があると言われています。主な金融機関としては、楽天銀行やイオン銀行などが挙げられます。また、みずほ銀行や住信SBIネット銀行などといった大手に加えて、ARUHIといった金融機関も比較的審査が通りやすい機関のひとつとされています。

楽天銀行における審査について

出典: https://twitter.com

楽天銀行とは2000年に設立された金融機関のひとつで、ATMや他行への振り込み手数料が一定回数まで無料になるといったメリットがあります。また、口座開設時の審査も非常に緩く、インターネット上で開設することが可能となっています。

イオン銀行における審査について

出典: https://twitter.com

イオン銀行とは、2006年に設立されて金融機関のひとつで、楽天銀行と同様にATMや他行への振り込み手数料が一定回数まで無料となる特徴があります。また、イオン銀行におけるフラット35では、インターネットでの事前審査の申し込みが可能となっているため、非常に利便性の高い仕組みとなっています。

みずほ銀行における審査について

出典: https://twitter.com

大手金融機関のひとつであるみずほ銀行では、非常に充実したサポートが設けられているといった魅力があります。また、住宅ローンにおける事前審査では結果が即日通知されるため、非常に高い評判を集めています。

住信SBIネット銀行における審査について

出典: https://twitter.com

住信SBIネット銀行における主な特徴としては、住宅ローン業界の中でトップクラスの低金利を誇っているという点が挙げられます。また、借入が開始されるまではすべてネットバンクで管理されるため、数多くの人々に重宝されている傾向にあります。

ARUHIにおける審査について

出典: https://twitter.com

ARUHIとは、住宅ローンに特化した金融機関のひとつで、フラット35においても高い人気を集めている傾向にあります。また、他行と比べても金利水準が低く、借入や審査までの手続きも迅速に行われる特徴があるため、現在でもさまざまな利用者に親しまれています。

財形住宅金融における審査について

出典: http://mylifemoney.jp

財形住宅金融とは、厚生労働大臣の登録を受けた唯一の福利厚生企業で、非常に歴史が古い会社としても知られています。また、全国に9000を超える支社が設置されているため、非常に迅速な審査が行われる点も人気のひとつです。さらに、金利や融資手数料が選べるプランが用意されているため、初めて住宅ローンを活用する場合にもおすすめとされています。

フラット35の審査基準まとめ

フラット35の審査基準から、その期間や条件などについて紹介してきました。いかがでしたでしょうか?民間の住宅ローンよりも審査基準や条件が緩いとされているフラット35は、金利も比較的低い水準を維持している傾向にあるため、現在でも数多くの人々に重宝されています。今回紹介したフラット35の情報などを参考に、自分に合ったフラット35のプランを見つけてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ