フラット35のデメリットとメリットとは?注意するべきポイントなどを紹介!

皆さんは「フラット35」という商品名を耳にしたことはありませんか?在宅ローンを組む時に1度は、フラット35という言葉に触れるでしょう。このフラット35にはデメリットとメリットがあります。この記事では、デメリットとメリットのポイントを分かりやすく解説しています。

フラット35のデメリットとメリットとは?注意するべきポイントなどを紹介!のイメージ

目次

  1. フラット35のデメリットの注意ポイントを知っておこう
  2. フラット35のデメリット・金利が高めな住宅ローン
  3. フラット35のデメリット・団信加入で負担が増える
  4. フラット35のデメリット・自己資金の金額で金利上昇
  5. フラット35のデメリット・審査基準は物件次第
  6. フラット35のデメリット・繰り上げ返済の金額
  7. フラット35のデメリット・特典が少ない?
  8. フラット35のデメリットとあわせてメリットも
  9. フラット35のデメリットとメリットまとめ

フラット35のデメリットの注意ポイントを知っておこう

出典: https://www.jio-kensa.co.jp

住宅ローンを検討する人は、「フラット35」という名前を必ず1度は耳にされていたのではないでしょうか?フラット35は、他の住宅ローンと何が違うのでしょう?フラット35のデメリットとメリットについてこれから確認していきましょう。この記事で、フラット35の注意するポイントを理解しやすいように説明をしていきます。

Thumb住宅ローンのフラット35とは?人気のフラット35Sの特徴も合わせて解説!

フラット35のデメリット・金利が高めな住宅ローン

フラット35のデメリットも理解しよう

出典: https://www.life-rhythm.net

フラット35は、自営業で働く人も仕事の勤務年数が少ない人でも比較的契約には問題がないところがメリットとなっています。しかし契約しやすいと言われているフラット35ですが、実はメリットばかりだけではありません。フラット35のデメリットもありますので、理解した上で住宅ローンについて考えてみて下さい。

住宅ローンを返済する3つのタイプとは?

出典: https://kaigo-shigoto.com

住宅ローンには、「変動金利型」と「全期間固定金利型」と「固定期間選択型」があります。住宅ローンを選択する時、一番に考えることが金利のタイプだと考えられます。どのタイプを選ぶと低金利で住宅ローンを組むことができるか気になっている人もいるのではないでしょうか?その3つの金利のタイプについてそれぞれ確認していきましょう。

変動金利型の住宅ローン

出典: https://asset-formation.com

変動金利型タイプは、金融機関で決められた金利で半年ごと見直しをできるタイプです。金利を見直すことで、元本と利息の割合の返済額も変更されます。注意することは、5年間の月々と賞与時の返済額変わらないため、金利の上昇がある時は利息部分しか支払えない場合もあることです。しかし借入した時の金利は、一番低いタイプだと言われています。

全期間固定金利型の住宅ローン

出典: http://www.shinkin.co.jp

全期間固定金利型のタイプは、最初に決めた金利で住宅ローンが完済されるまで返済し続けるタイプです。全期間固定金利型のタイプのメリットは、金利の動向の影響を受けなくて済むことです。そのため将来のライフプランの設計も考えることもできます。金利の上昇前に選択すると良いですが、上昇後に選択すると返済額が多くなるデメリットもあります。

固定期間選択型の住宅ローン

出典: https://www.f-l-p.co.jp

固定期間選択型のタイプは、変動金利型と全期間固定金利型の2つを合わせたタイプです。最初に固定金利期間が定められ、その期間が近づくと変動型と固定期間選択型から選択することができます。固定期間は3年・5年・10年から選択して長期間ほど金利は高くなります。固定期間選択型タイプも金利の上昇のリスクもあるので注意しなければなりません。

低金利なら変動金利に恩恵が

出典: https://www.zenginkyo.or.jp

上記の3つのタイプを参考にして、賢く住宅ローンを返済していきましょう。誰でも住宅ローンを組む時は低金利で受けたいと考えています。3つタイプで低金利で受けられるのは、変動金利型のタイプです。将来金利が急激に上昇した場合は、全期間固定金利でも恩恵は受けられますが、上昇しない場合損してしまうことがあることを忘れてはいけません。

フラット35は長期全期間固定金利

出典: https://suumo.jp

ではフラット35の住宅ローンの返済タイプを考えていきましょう。フラット35で住宅ローンを組む時は、全期間固定金利型のタイプで返済をします。変動金利型と固定期間選択型に比べると金利が高くなっています。月々の返済額も高いのですが、金利が減少しても最初に決めた金利で返済しなければならないのでそこがデメリットとも言われています。

金利によって毎月の返済額が負担に

出典: https://vegablog.exblog.jp

変動金利型のタイプと全期間固定金利型のタイプは、月々の返済額に違いがあります。フラット35で住宅ローンを組む人は、他のタイプと比較して注意するポイントをしっかりと確認しておきましょう。金利が高いと負担に感じる人もいます。これから変動金利型のタイプと全期間固定金利型のタイプの金利の違いを例に挙げますので見ていきましょう。

フラット35と変動金利型タイプの違い

出典: https://www.nomu.com

例えば住宅ローンを組む時に、3,000万円の借り入れをして35年間で返済すると考えてみます。変動金利型の場合、0.625%の金利で月々の返済額が91,411円になります。それに比べて全期間固定金利型の場合、1.48%の金利で月々の返済額が103,248円となります。その金額で30年間支払いし続けると約426万円もの差額が生じてしまいます。

フラット35のデメリットを考え住宅ローンを組む

出典: https://www.nomu.com

これだけの差額が生じると変動金利型のタイプを選択する人も増えてくるのではないでしょうか?フラット35のように全期間固定金利型のタイプは、金利が上昇しても影響は受けませんが損をする可能性が高いと考えられるデメリットがあります。その注意するポイントを考えた上で住宅ローンを組んで下さい。

Thumbフラット35の審査基準とは?期間や条件・通らない場合などまとめ!

フラット35のデメリット・団信加入で負担が増える

フラット35は団信加入が任意である

出典: http://www.nomu.com

ここでは、民間銀行とフラット35の団信加入について触れていきます。フラット35は団信加入することが任意となっています。団信加入とは、団体信用生命保険の略です。フラット35の団信加入が任意だとどのようなデメリットがあるのか、また民間銀行の団信加入との違いについてを一緒に確認していきましょう。

民間銀行とは?

出典: http://apamanshop.jp.net

民間銀行とフラット35の団信加入の違いは、どのようなところでしょうか?まずは民間銀行の団信加入についての説明からしていきます。民間銀行で住宅ローンを組む時は、団信加入が義務となっています。なぜかと言えば元々の金利に団信特約料が含まれ無料になっているからです。団信加入をすると、直接本人が支払う負担はなくなります。

フラット35とは?

出典: https://outinonayami.com

一方フラット35団信加入が任意であり、毎年団信特約料も支払うタイプとなっています。もちろん、万一の備えとして保険に加入した方が安心なのでおすすめなのですが、中には団信加入をしなくても良いと考えられている人もいます。そのように考えるとフラット35は、団信加入が任意の選択となっているので一つのメリットとも言えるのかもしれません。

団信加入で別除特約料

出典: https://www.homes.co.jp

上記でフラット35は、別除の特約料の支払いがあることをお話ししましたので説明をしていきます。フラット35は団信加入をする場合、保険料を毎年負担していかなければなりません。その保険料も安くなく、とても大きな負担金額と言われています。下記でどのくらいの負担金額となっているのか、例に挙げて紹介をしていきます。

実際にフラット35の団信加入を確認しよう

出典: https://www.mag2.com

フラット35で、住宅ローンを3,000万円借り入れして35年間で返済すると考えてみます。最初の頃は年間10万円以上の負担金額が必要だと考えられます。そのまま35年間支払い続けると、200万円以上の負担金額が必要だと考えられます。また保険料の払い忘れには、十分に注意しておかなければなりません。

民間銀行との団信加入の違い

出典: https://smile.re-agent.info

ここで団信加入の必要性について考えていきましょう。民間銀行で住宅ローンを組む時は、団信加入をすることが申し込み時の条件になっています。団信の保険はどのような時に適用されているのでしょうか?団信とはどのような保険であるか具体的に説明をしていきます。

団信には3種類ある

出典: https://suumo.jp

団信の保険は契約した人が万一死亡した場合、契約者の代わりに住宅ローンを一括で返済してもらえるとても安心な保険です。団信にも種類が3種類ありどれも特徴が異なります。その3種類の団信とは「団体信用生命保険」「住宅金融支援機構団信」「医療系団体信用生命保険」のことです。その中でフラット35はどの団信の保険に当てはまるのでしょうか?

フラット35は民間銀行の団信加入とほぼ同じ

出典: https://loankiso.com

上記の3種類の団信の中で、フラット35は「住宅金融支援機構団信」が当てはまります。民間銀行の団信加入と内容がほぼ変わりはありません。これからフラット35の保険が適用する内容を具体的に説明していきます。どのような時に保険が適用されるか、適用されるポイントを注意して確認をしていきましょう。

フラット35の団信に適用されることは?

出典: https://www.housebokan.co.jp

フラット35で団信の保険が適用される時は、「契約した人が亡くなった時」と「契約した人が高度障害になった時」の2つの場合のみです。この2つについて深くお話しをしていきます。フラット35の団信加入される人は、注意する点とポイントをしっかりとみて参考にして下さい。

団信加入していて契約者が亡くなった時

出典: https://ouchi-kaumaeni.com

まず契約した人が亡くなった時に、団信加入しているとどのようなメリットがあるかについて説明します。もしも団信契約した人が亡くなった場合返済しなければならなかった、残りの住宅ローンを団信の保険から代わりに一括で完済してもらうことができます。しかし団信に加入していなければ、配偶者や家族が代わりに返済していかなければなりません。

高度障害の人とは?

出典: https://hoken.rakuten.co.jp

次に契約した人が、高度障害になった時について説明をしていきます。どのような人が、高度障害に当てはまる例に挙げて説明をしていきます。①視力を失った人②胸腹部や臓器に障害があり、終身まで介護が必要な人③言語の機能を失った人④両上肢または両下肢や手関節または足関節以上を失った人などが高度障害に当てはまります。

団信に適用されない場合とは?

出典: http://septet-life-consulting.jp

また団信で場合によっては、適用されない場合もあります。①契約した日から規定期日内に契約者が自殺をしてしまった場合②契約者の故意による高度障害③契約以前から疾病があった場合などです。不平行為の理由がある場合も適用されません。

民間銀行と大差ない金額に?

出典: https://splash-go.jp

民間銀行のようにフラット35は、団信加入を義務付けられていませんが万一の備えとして適用される保険の内容は大きく変わりはありません。民間銀行は、団信加入が義務である代わりに団信特約料は無料となります。その一方フラット35は、団信は毎年特約料が別除必要なのですが加入するかは自由です。どちらを選んでも比較的大差のない金額となります。

団信には加入がおすすめ

出典: https://madoguchi.iyell.jp

団信加入をしてなければ、保険料の負担額も必要がなくなるため確かに返済に苦しいと感じることも少なくなるかもしれません。しかし万一のことがあった場合、団信加入をしていなければ大変なことになることも考えておいた方が良いでしょう。何があるかはわかりませんが、万一に備えての団信加入はとても大切なことなのでおすすめしたいと考えております。

フラット35のデメリット・自己資金の金額で金利上昇

自己資金の割合で金利に大幅な違い

出典: https://risesupport-tax.com

フラット35は、自己資金の金額で金利に大幅な違いが出てきます。自己資金は事前に、用意しておくことが大切です。例えばフラット35は、自己資金が 1割以上と1割未満では、金利の差に大きく違いがあり負担も掛かります。自己資金が1割未満の場合、1割以上に比べてその差は0.4から0.5%高いと言われています。

民間銀行の住宅ローンの場合は

出典: https://diamond.jp

民間銀行の住宅ローンは、自己資金が20%以上必要となります。また20%以上の自己資金が用意出来れば、金利が低く抑えられると言う大きなメリットもあります。

フラット35のデメリット・審査基準は物件次第

フラット35の審査基準とは?

出典: https://suumo.jp

ここでフラット35の審査基準についてお話しをします。フラット35は物件を中心とする審査基準となっています。その審査にクリアしなければ、住宅ローンを組むことが出来ません。民間銀行の審査の場合毎月安定した給与をもらい、しっかりと返済が出来るかが審査基準となります。これから、フラット35の審査基準について具体的に説明をしていきます。

収入が高くても審査に落ちる場合が

出典: https://mamaworks.jp

フラット35の審査では、どのようなことで落ちてしまう場合があるのでしょうか?民間銀行の審査基準に比べると優しいと感じられている人も多いのではないでしょうか?しかしどんなに収入が多くても、審査に落ちてしまう場合があります。では、なぜ審査に落ちてしまうのでしょうか?

フラット35の審査の注意するポイント

出典: https://townwork.net

年収が多くても審査に通らない時は、住宅ローン以外にまだ他にもローンを組んでいる場合のある場合のことです。ローンと言うとクレジットのローン・車のローンなど様々にありますが、もしそのようなローンがまだ返済されてない場合、二重にローンを組むことになるため負担が多く審査に通らなくなってしまう場合がありますので注意しなければなりません。

フラット35の審査基準

出典: https://suumo.jp

上記のポイントも注意して、フラット35の審査基準について確認をしましょう。まず契約する人の条件から見ていきます。①契約者は申し込みする時70歳以下であること②日本国籍の人・永住許可得ている人・特別永住者の人に当てはまること③ローンは年収が400万円以下ならば30%以下・それ以上の年収ならば35%以下で返済することが条件になります。

フラット35の住宅の審査基準

出典: https://www.suumocounter.jp

消費税込みで次に住宅の審査基準の条件について見ていきます。①床面積が一戸建ての場合70㎡以上・マンションの場合30㎡以上であること②住宅金融支援機構の技術基準に適合される新築・中古の住宅③建築金額が消費税込みで1億円以下の新築・中古の住宅が条件になります。

フラット35の借入の金額の基準

出典: https://www.chukyo-bank.co.jp

借り入れできる金額の基準について見ていきます。①借入が100万円以上から8,000万円以下であること②建設費の90%以内であることが条件になります。ちなみにフラット35は、住宅の購入額の10%ははじめに頭金として必要となってきます。

フラット35の借入期間の基準

出典: http://www.kenchikukensa.com

次に借入する期間の条件について見ていきます。①60歳以上の契約者・連帯債務者の場合10年以内でなければならないこと②60歳以下の場合最長35年間で15年以上であること③家族で収入ある人が50%以上超える場合は契約者・その収入がある家族の年齢が高い人から適用することが条件になります。

フラット35の返済の基準

出典: https://www.flat35-hikaku.info

最後に返済する基準について見ていきます。①ボーナス払いは可能であること②月々の返済額を固定されていることとなっています。その他の基準として融資の手数料は必要です。保証料や保証人は必要ありません。担保は住宅と敷地に抵当権が設定されています。以上がフラット35の条件になります。

物件検査には手続きや手数料が

出典: http://land-central.co.jp

フラット35のデメリットの一つとして、物件の検査には手続きや手数料が掛かってきます。検査の手続きや手数料とはどのようなものがあるのでしょうか?これから検査の手続きや手数料について説明をしていきます。

フラット35のデメリット検査や書類の提出が必要

出典: https://www.harinavi-f.jp

フラット35では物件の検査や書類の提出を必要とされます。そして新築の住宅と中古の住宅によりそれぞれ検査や書類の提出の違いがあります。新築住宅は、設計検査・中間現場の検査・竣工現場の検査が必要となります。一方中古住宅は、現場の調査・書類確認が必要となります。

時間が掛かるデメリットがある

出典: https://www.qupio.jp

フラット35は、物件の検査や書類の提出などに時間が掛かることもデメリットと考えられています。また抵当権の設定費・住宅ローンの抵当抹消費も掛かりますが、その他にもフラット35の融資手数料や印紙などの費用も必要となります。手続きや手数料に時間も費用も掛かると言うポイントを注意して頭に入れておいて下さい。

フラット35のデメリット・繰り上げ返済の金額

繰り上げ返済の設定金額が高めのデメリットがある

出典: https://www.homes.co.jp

ローンが残っていると、誰もが少しでも早く終わらせたいと考えるものです。ボーナスや臨時収入など特別な収入が入った時、繰り上げ返済で住宅ローンの返済も早く終わらせることができます。しかしここで注意しなじなければならないポイントがあります。フラット35の繰り上げ返済の支払いの最低金額が高めの設定で考えられています。

銀行窓口で繰り上げ返済はデメリットである

出典: https://contents.healthy-home.co.jp

繰り上げ返済を行うと住宅ローンも早く終わらせることができますが、他にも利息を支払う金額を減らすことができると言うメリットもあります。しかしフラット35で繰り上げ返済を行うためには、返済方法がインターネットの方法と銀行の窓口の方法があり、どちらも返済の支払い最低金額の設定が高めの設定なので注意しておかなければなりません。

繰り上げ返済のデメリットに注意するポイント

出典: https://ansin-home.com

フラット35の上記の繰り上げ返済方法を説明していきます。まずインターネットの繰り上げ返済方法は、「住・MyNote」の手続きから行います。この返済方法を利用すると銀行の窓口の返済方法より良いメリットもあります。それはフラット35は、銀行の窓口での繰り上げ返済の支払い最低金額は100万円と言う大きな金額で設定されています。

フラット35の繰り上げ返済はインターネットがおすすめ

出典: https://www.zenginkyo.or.jp

それに比べてインターネットの繰り上げ返済方法は利用する時にIDが必要となりますが、繰り上げ返済の支払い最低金額は10万円の設定となっています。フラット35の繰り上げ返済方法はインターネットがおすすめですが、それでも最低金額10万円なので高いと感じている人も少なくないでしょう。では次に民間銀行との返済額の違いを比較して見ましょう。

民間との繰り上げ返済額の違い

出典: https://dol.ismcdn.jp

フラット35と民間銀行では、繰り上げ返済額にどのくらい違いが見られるのでしょうか?フラット35では、繰り上げ返済の支払い金額に最低でも10万円の用意が必要でした。ところが民間銀行を調べると繰り上げ返済の支払いの最低金額が、銀行の窓口で50万円・ネットバンキングを利用すると1万円からでも利用ができるようになっています。

繰り上げ手数料では利点が

出典: https://suumo.jp

フラット35の繰り上げ返済額が高いと言うお話を聞くと、デメリットにしか感じない人もいるかもしれません。しかしフラット35は、繰り上げ返済額が高く設定されていることで民間銀行より良い点もあります。これからそのポイントも注意して見ていきましょう。

民間銀行に比べて手数料が掛からない

出典: https://magazine.aruhi-corp.co.jp

フラット35は繰り上げ返済の最低支払い金額が高めでありますが、手数料が掛からないと言うメリットもあります。この手数料に違いがあるのには訳があります。民間銀行は繰り上げ返済が1万円から支払えるため、何度でも繰り上げ返済を行うことができます。しかし何度も繰り上げ返済を行うと言うことは、手数料も多く掛かっていると言うことになります。

フラット35のデメリット・特典が少ない?

メリットとデメリットを確認しておこう

出典: https://asatochi-column.jp

これまでフラット35の注意するポイントを説明してきました。フラット35は決してメリットだけではありません。もしフラット35で在宅ローンを組む時、損をしてしまったと後悔をしないようにデメリットもこの記事で詳しく説明しています。参考にしながら在宅ローンを組んでいただけると良いと考えています。

民間銀行の特典

出典: https://eco-s-hmnkk.com

フラット35とは違う民間銀行の特典を見ていきましょう。フラット35との違いは、団信加入が義務付けられていることです。団信加入は、契約者が亡くなった時や高度障害になった時に代わりに在宅ローンを一括で支払ってもらえるのでとても助かる保険です。しかしフラット35は別除で入らなければなりません。どちらが良いかよく考えて選択をしましょう。

フラット35のデメリットとあわせてメリットも

それぞれのデメリットとメリットを抑えよう

出典: https://www.emotions.co.jp

フラット35のこれまでのポイントを抑えて、デメリットとメリットを合わせて見ていきましょう。フラット35はデメリットもありますが、民間銀行にないメリットもあります。しっかりと比較して考えて下さい。

固定金利で将来設計が安心

出典: https://pixta.jp

フラット35は、変動金利に比べ金利が固定されています。メリットで言うと金利が上がる心配がなく安心して将来設計を考えることができます。その一方フラット35は、変動金利に変更できません。金利が高い時に在宅ローンを組んでしまうと大きな負担が掛かるデメリットもあります。

高品質な住宅の取得を応援

出典: https://tokyo-chumon.com

フラット35は、高品質な住宅取得を応援しています。どのようなことかと言うと耐震性・バリアフリー性・省エネルギー性・耐久性をしっかりと守り、より安全に住めるように質の良い住宅の取得ができるように応援されています。

保証料や繰り上げ返済手数料が不要

出典: https://www.iichi.com

フラット35のメリットは、保証料や繰り上げ返済手数料が要りません。民間銀行の場合は、繰り上げ返済額が1万円から可能となっています。少しずつ繰り上げ返済を行うと、手数料の負担も多くなります。デメリットで言うとフラット35は、繰り上げ返済の最低額が10万円以上必要だと言うことです。

保証人が不要で審査に通りやすい

出典: https://realestate.yahoo.co.jp

フラット35は、民間銀行に比べて保証人が不要で審査に通りやすいと言うメリットがあります。しかしどんなに高収入であっても他のローンが残っている場合、審査に通らなくなってしまう場合があります。よく注意をしてローンを組んで下さい。

フラット35のデメリットとメリットまとめ

出典: https://media.whatzmoney.com

フラット35は民間銀行に比るとデメリットの部分もありますが、反対にメリットな部分もあります。在宅ローンを考える時は、フラット35と民間銀行の注意するポイントをしっかりと掴んでから組むようにして下さい。特に手数料については、フラット35と民間銀行は異なりますのでポイントを抑えておくと良いでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ