アルトコインのおすすめ取引所は?将来性のある取引所を徹底比較!

ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインの種類やビットコインとの違い、有望な取引所、さらに将来性のあるおすすめの取引所を詳しく解説しています。また取引所を選ぶ際におすすめできる比較ポイントなど、まだまだ未知数であるアルトコインも含めて解説しています。

アルトコインのおすすめ取引所は?将来性のある取引所を徹底比較!のイメージ

目次

  1. アルトコインとはどんな仮想通貨?
  2. アルトコインのおすすめ取引所
  3. アルトコインの将来性のあるおすすめ取引所
  4. アルトコインの取引所比較ポイント
  5. アルトコインは将来有望でおすすめ?
  6. アルトコインのおすすめ取引所比較まとめ

アルトコインとはどんな仮想通貨?

仮想通貨といえばビットコインを思い浮かべる人は多いでしょう。なぜなら一番最初に仮想通貨として世の中に出てきたのがビットコインだったからです。なので多くの人が仮想通貨=ビットコインと思っています。しかし、仮想通貨にはビットコイン以外にもたくさんの種類があります。

ビットコイン代わりのアルトコイン

アルトコインとは日本語で「その他の通貨」となり、ビットコイン以外の仮想通貨のことを総称して指します。アルトコインはビットコインと違い一つの通貨を指しているわけではありません。アルトコインはビットコインが抱える問題を解決するために開発されたコインや、ビットコインでは実現が困難なことを可能にするために開発されたコインなど様々な種類があります。

種類豊富なアルトコイン

アルトコインの正確な数を把握するのは難しく、確認されているだけでも1,000種類以上あると言われています。それは、いまこの瞬間にも新しい仮想通貨が開発されていたり、まだ誰にも知られていない仮想通貨であったりと、アルトコインの数は日々増えており現状を把握するのは難しいからです。

アルトコインはビットコインとは違う

ビットコインもアルトコインも仮想通貨ですが、何が違うのでしょうか。ビットコインとは一番最初に作られた仮想通貨であり、すべてのプログラムが公開されています。少しの技術と知恵があれば、ビットコインのプログラムを基に新たな仮想通貨、アルトコインを生み出すことができます。すなわち、ビットコインは全ての仮想通貨の基であり、アルトコインはそれを基にして生み出されたという決定的な違いがあります。

アルトコインのおすすめ取引所

アルトコインの数は日々増えており、どの取引所が良いのか悩みます。ここでは、数あるアルトコインの中でも機能的に優れ、将来を有望されているおすすめの取引所を紹介していきます。

アルトコインのおすすめ取引所①イーサリアム

仮想通貨を少しでもかじったことのある人ならばアルトコインの中で最有力候補である「イーサリアム」を聞いたことがあるのではないでしょうか。イーサリアムとはアプリケーション開発のプラットホーム、プラットホーム構築のプロジェクトの呼び名になります。ビットコインとの違いとして、決済だけでなく様々な手段に使用できるポテンシャルを秘めており、非常に将来を有望視されている仮想通貨であるといえます。

またビットコインと比較してイーサリアムはブロックチェーンを活用した契約内容の保存と自動履行の機能を備えており、さらにイーサリアムの強みには創業者を中心としたコミュニティの強さであるといわれています。国内外・業種問わずに大手企業がイーサリアムのプロジェクトに参加・出資しており高く将来を有望視されておりおすすめの取引所であると言えます。

アルトコインのおすすめ取引所②XP

草コインとはアルトコインの中でも時価総額が低く、投機の意味に近い要素のコインのことを指します。この草コインの先駆け的な存在がXPです。XPは主にゲームの中で報酬として受け取ることができ、それをゲーム内で使用したり、実店舗での決済などでも使用することができます。ゲーム感覚で集めることができ、コミュニティも盛り上がっているなど、仮想通貨の価値が今後上がっていく上で重要な観点となりXPはおすすめといえます。

アルトコインのおすすめ取引所③なんJコイン

日本で開発された仮想通貨の中で有望視されているのが、なんJコインです。匿名電子掲示板の5ch(旧2ch)内のなんでも実況版より生み出された国産のコインになります。仮想通貨のなかでは珍しいスポーツの支援に特化したコインになります。eスポーツへの支援や、アプリを通じて好きな時に好きな球団や好きな選手への寄付、観戦グッズやチケットの購入などの決済で使用することができます。

なんJコインは将来的には球団を買収し運営していくことを目的としており、スポーツの支援の観点などから国内でも人気のある仮想通貨でありおすすめです。また、なんJコインは5chという強いコミュニティから生まれており、徐々に利用者を増やしている注目のコインであるといえます。

アルトコインのおすすめ取引所④イオス

イオス(EOS)は2017年6月に誕生し、1年で1000円を超える価値にまで上がりました。しかしその後、価格は下落しましたがイオスを支持する人は非常に多く将来性が期待されているコインになります。イオスはイーサリアムのプログラムを基に創られており、分散型青アプリケーションの開発をするためのプラットホームを構築することを目指しています。

イオスは、プラットホームの機能とスマートコンタクトの機能に加え、処理速度に優れています。また他のアルトコインと比較して、ユーザーの手数料が無料であったり、情報処理速度が速い事が挙げられ優秀な機能を持ち合わせています。

非常に将来性を有望視されているイオスですが、日本国内での取引所での扱いがなく購入は現時点ではできません。さらに、イオスの仮想通貨のトークンの使い道がなく投機目的となってしまっているのが現状です。そんなイオスですが、将来的にイオスのプラットホームが実用化されたときにイオストークンに価値がでると期待されているコインであり非常におすすめです。

アルトコインのおすすめ取引所⑤リップル

リップルはカナダで誕生し、サンフランシスコに本社を置く「リップル社」が管理している仮想通貨になります。リップルはクレジットカードの決済の代わりや、銀行間での送金の代わりに使われる国際通貨のプラットホームになる仮想通貨を目指すという明確なビジョンを掲げています。現在国際間での銀行への送金は、費用が高く日数も何日も掛かってしまうの事が問題視されています。

しかしリップルを使うことにより、送金の費用が従来の約10分の1にまで軽減でき、数秒で送金できるようになります。この事から注目を集め提携先銀行も着々と増やしており、将来性の高い仮想通貨であるといえます。仮想通貨の取引所では現在ビットコインが基軸通貨として使われビットコインを中心に動いていますが、一度に多人数で送金しようとすると何時間もかかってしまったりと問題を抱えています。

ビットコインの送金処理能力と比較してリップルは数秒で送金処理をすることが可能です。さらには、将来的にビットコインの代わりにリップルが基軸通貨となる可能性を秘めており、仮想通貨市場はさらに拡大していくことからリップルは非常に将来性を有望視されているコインでありおすすめです。また、イーサリアムなどの発行枚数を制限していないアルトコインと違い、リップルには上限枚数があり希少価値が上がっていくと期待されています。

アルトコインのおすすめ取引所⑥ヴィチェーン

ヴィチェーン(Ve chain)とはシンガポールで誕生した仮想通貨であり、注目を集めているアルトコインの一つです。ヴィチェーンは「商品」の偽物を発見し、本物を守ることを目的としており、ブロックチェーンを使用した「商品の審議」を見分ける機能を備えています。

商品に特殊なチップを埋め込むことにより、どんな経緯で店頭に並んだのか、さらには盗難被害の際の追跡を行うことができます。このチップにより、ブランド品のみならず、車・酒・運送関係などで活用を見込まれており、さらには医療や様々な食品に応用ができることを期待されており、おすすめであるといえます。

アルトコインの将来性のあるおすすめ取引所

仮想通貨市場は今後ますますの発展を期待されています。まだ、注目度が低く価値も低いが、機能性の面からも大きく伸びるかもしれない可能性を秘めているアルトコインについて紹介していきます。

将来性のある取引所①ネム

2018年1月に起きた「コインチェック事件」でアルトコインのネムの存在を知った人は多いでしょう。この事件ではネム自体には問題はなく、コインチックの管理体制に問題がありました。ネムは新しい経済団を作り出すことを目的とした仮想通貨です。

新たな仮想通貨の在り方を作るための独自のブロックチェーン技術で開発され、高いセキュリティや活発なコミュニティ、報酬獲得のハードルが低いことなどから大きく飛躍する要素を秘めており有望視されています。事件によりあまりいいイメージを持たれないネムですが、実態は高いセキュリティなどが高評価されています。さらに超高速処理が可能になる大型アップデートが控えており、ますます将来性が期待されるコインです。

将来性のある取引所②ライトコイン

ビットコインの次に歴史が古いのがライトコインであり、「ビットコインが金ならばライトコインは銀」と言われるような仮想通貨です。ライトコインはビットコインの性質を引き継ぎつつも、その問題点を補い改良する形で誕生しました。ビットコインと比較すると、決済・送金スピードに特化しています。

またライトコインは地道に提携企業を増やしたり、さらなる技術向上を目指しており、それにより取引スピードが速くなり手数料もさらに安価になることが期待されています。「銀」という位置づけでビットコインの問題点を補い、実用性の高い通貨であることから今後の将来性を有望視されています。

将来性のある取引所③トロン

トロンはYouTubeなどの無料コンテンツの仕組みを構築する目的から誕生し、エンターテイメントシステムの開発に特化したアルトコインになります。トロンのブロックチェーン技術により、より自由な動画再生や投稿が可能になる可能性を秘めていることから有望視されています。

現行のシステムの場合はコンテンツ提供の為に高いチャンネル料金を製作者側が払う必要がありますが、トロンを使用することによりチャンネル料金を排除し製作者側が収益を獲得しやすくできる特徴があります。ユーザーにとってメリットのあるプロジェクトであることから将来性を期待されています。

将来性のある取引所④ビットコインキャッシュ

ビットコインから初めて分裂して誕生したのがビットコインキャッシュです。ビットコインと比較して、取引量増加にも耐えられるシステムがあり、データを処理する能力がビットコインよりも優れています。ビットコインキャッシュは時価総額が常に安定しりビットコインに代わる通貨としての期待値も大きく、今後さらなる拡大が有望視されているコインといえます。

将来性のある取引所⑤ダッシュ

ダッシュは高い送金スピードと、送金の匿名性が特徴のコインです。ビットコインの送金時には取引履歴が公開され比較的簡単に送金額や送金先を特定されてしまうのに対し、ダッシュは送金するコインを一時的に集めてから送金する仕組みになっており、送金額や送金先が特定されにくくなっています。

すでに自動販売機での決済など実用性もあり、ダッシュの技術の高さは広く認知されています。このようなことから今後、幅広く活用される可能性を秘めた将来性の高いコインであるといえます。

将来性のある取引所⑥リスク

リスクは日本国内でも人気があり、国内最大手の取引所である「ビットフライヤー」に上場しています。リスクはイーサリアムと同様にスマートコントラクトと分散型プラットホームの有用な機能を持ち合わせています。

イーサリアムと比較して、リスクはメインとは別のサイドチェーンを構築することにより、問題が起きてしまった場合でもブロックチェーンまで影響しないという特徴を持っています。また国内最大手のビットフライヤーに上場したことにより、更なる成長が見込まれており将来性を有望されています。

将来性のある取引所⑦ネオ

ネオはt中国で開発されたプラットホーム型の仮想通貨であり、中国版のイーサリアムと呼ばれています。ネオを利用してアプリを開発したり、基本的なプログラミング用語もネオなら利用できたりと、アルトコインの中でもハイテクな機能を持ち合わせています。また、中国という大規模な市場規模での仮想通貨であるため、今後の発展が期待されている仮想通貨になります。

将来性のある取引所⑧カルダノエイダコイン

イーサリアムの開発者の一人によってカルダノエイダコインは生み出されました。カルダノというプラットホームで使用されるのがエイダコインになります。カルダノエイダコインは複雑な契約に対応できる機能性と強固なセキュリティを持ち合わせており、さらにエイダコインは高セキュリティ、高速送金システムを有しています。このように非常に高い有用性を持ち合わせていることから、将来性を期待されています。

アルトコインの取引所比較ポイント

アルトコインには様々な種類があり、これからの成長が期待されている市場になります。しかし種類が多く、何を基準に選んだらいいかわかりません。アルトコインを選ぶ際の取引所比較ポイントについて解説していきます。

手数料の比較は重要

アルトコインでの取引をする際には手数料の比較は重要なポイントになります。仮想通貨は、売買手数料や保管料、さらには両替や投機的な利用など様々な事に対して手数料が発生します。手数料が大きくなりすぎると利益にも影響してくるので、手数料の比較は大変重要なポイントになります。

セキュリティーの高さで選ぶ

インターネットが普及した現代では、仮想通貨の取引所がサイバー攻撃を受けてしまう可能性があります。取引所を選ぶ際にはセキュリティが高く優れており、コールドウォレットと呼ばれるネット以外の方法で機密情報を保管しておくサービスがあるのかどうかで選ぶのが良いでしょう。

信頼性や規模の大きさ

その仮想通貨の株主として大手企業や銀行がいるのか、上場企業との関係性など、資本が強固であれば安心な取引所であるといえます。さらには、顧客資産の分離や信託保全があることなどを比較して選ぶことにより、信頼性の高い取引所を選ぶことができます。

スマホで取引が可能か?

仮想通貨のトレードは素早い取引や、市場の分析機能により利益が大きく左右します。出先でも素早く確認できるように、スマホで簡単・便利に取引できるのかも重要な比較ポイントになります。

取り扱っている仮想通貨の種類

仮想通貨での取引において、対円以外にも対ドルでの取引も重要となります。仮想通貨での取引の幅を増やすためにも、取り扱いの種類の多い取引所を比較して選ぶと良いでしょう。

取引ツールの使いやすさ

仮想通貨の市場はまだ出てきたばかりで、FXの取引ツールのように便利なものばかりではありません。いくら手数料が安い取引所であっても、使いこなせなければ意味がありません。取引所を選ぶ際にはいかに使いやすいのかよく比較して選ぶのが重要です。

アルトコインは将来有望でおすすめ?

アルトコインはまだまだ認知度も低く、価値がないも当然の通貨まで存在しています。そんなアルトコインですが、将来有望とされるにはどんな理由が挙げられるのか解説していきます。

今が狙い目のアルトコイン

アルトコインは現時点では価値がないものが多く、認知度も低くまだまだ発展途上にあります。しかし、ビットコインも当初と比較すると大きく値上がりしたり、ビットコイン以上の成長をしたアルトコインもあります。必ず上がるとは言い切れませんが、アルトコインへの投資は将来性が高く有望視されており、価値の低い今が狙い目であるといえるでしょう。

今アルトコインが注目されている理由

ビットコインには送金に時間がかかったり、手数料が高いなどの問題を抱えています。しかし、アルトコインの中には高速送金が可能であったり、安価な手数料などビットコインに無い機能を補足するように日々開発研究が重ねられています。ビットコインに足りない機能を備え、実用性を兼ねている観点からも注目されています。

金融機関も参加しはじめている

アルトコインのリップルのように国際間の送金をスムーズに行う仮想通貨の出現により、世界的な金融機関もアルトコインへの提携を始めています。様々な実用性に優れたアルトコインが出てくることにより、今後の金融機関の仕組みを大きく変えてしまう可能性を秘めています。今後さらに金融機関の提携、参加が増えていくことが予想されます。

アルトコインのおすすめ取引所比較まとめ

アルトコインへの投資は非常に夢があり、アルトコイン市場は今後ますますの拡大が見込まれます。まだまだ未知数のアルトコインですが、高い機能性や実用性など将来的に有望なものが多くあります。どの取引所でアルトコインの取引をするのかは、よくリサーチ・比較して選ぶのが良いでしょう。

おすすめと言われるアルトコインにもメリット・デメリットがあります。アルトコインでの取引をする前にはそのコインの優れている点に加え、問題点と指摘されている部分も調べたうえでの取引をすることが大事といえるでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ